サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

auひかりの工事内容まとめ!工事費無料にする方法、注意点を解説

  /    
  今更聞けないネット選びの基礎知識

auひかりの工事内容まとめ

auひかりの工事は「ホーム(戸建て)タイプ」と「マンションタイプ」で大きな違いがあり、配線方法によっても工事内容が別れます。また、両タイプとも工事費はauひかり電話と同時申し込みで実質無料になり、工事費をかけたくない方にオススメです。

しかし、「ホームタイプ」のみ解約時は撤去工事費用が必要となるので覚えておきましょう。 この記事では、auひかりの「ホームタイプ」と「マンションタイプ」の工事内容や手順について解説していきます。

  • ホームタイプの工事手順はこちら
  • マンションタイプの工事手順はこちら

auひかり工事の流れ【ホーム(戸建て)タイプ】

auひかりの工事は以下の図で示す1~5の順で行われます。

auひかり工事の流れ【ホーム(戸建て)タイプ】

auひかり工事の流れ【ホーム(戸建て)タイプ】

出典:工事内容:auひかりホーム1ギガ

  1. 自宅近くの電柱から、自宅壁面まで光ファイバーケーブルを引き込む
  2. 自宅壁面に光ファイバーケーブルを固定する
  3. エアコンのダクトなど、引込み口付近まで光ファイバーケーブルを引き、固定する
  4. エアコンのダクトなど既存の引込み口から宅内に光ファイバーケーブルを通す
  5. 引込み口付近に設置した光コンセントにONUを接続する

なお、工事の予約は2~3週先の予約しかできず、2~3月は新生活の準備で混みあいます。申し込みから完了までは、約1~2ヶ月を見ておきましょう。また、工事当日は立ち合いが必要なので、都合をつけてくださいね!

auひかりホームタイプ申し込みから利用開始までの流れは以下のとおりです。

1:auひかり申し込み後、工事日調整の連絡がくる

auひかりを申し込むと、後日auから工事日を調整するための電話連絡が入ります。ただし、年度末や長期休みなどの引越しシーズンは連絡が遅れがちですので、この時期にauひかりを開通させたい方は、早めに申し込みを行いましょう。

auひかりの工事は当日の立ち合いが必要です。仕事などで平日の立ち合いが難しい場合は追加費用3,000円で土日祝日に依頼できるので、確実に立ち会える日を調整しましょう。

auひかりの申し込みは、Webまたは下記電話より受け付けています。

<KDDIブロードバンドキャンペーンセンター>

電話番号:0120-92-5000

受付時間:9~21時(12/31は9~18時、1/1・1/2は除く)

2:工事前に宅内機器が届く

工事日が確定すると、工事日の3日前までに自宅へ宅内機器(ONUとホームゲートウェイ)が届けられます。ONUとホームゲートウェイは工事完了後の接続設定で必要な機器なので、工事当日まで大切に保管しておきましょう。

3:光回線工事が行われる

auひかりホームタイプの工事内容は以下のとおりです。

  1. 自宅近くの電柱から、自宅壁面まで光ファイバーケーブルを引込む
  2. 自宅壁面に光ファイバーケーブルを固定する
  3. エアコンのダクトなど、引込み口付近まで光ファイバーケーブルを引き、固定する
  4. エアコンのダクトなど既存の引込み口から宅内に光ファイバーケーブルを通す
  5. 引込み口付近に設置した光コンセントにONUを接続する

工事時間は1~2時間ほどですが、必ず立ち合いが必要なので、事前に日程調整を行っておきましょう。

4:宅内機器を自分で設定して利用開始する

工事完了後は、以下の手順を参考に、先日届いたONUとホームゲートウェイをご自身で設定してください。

  1. ONUから出ている光ファイバーケーブルを光コンセントに差し込む
  2. ONUに電源アダプタを取りつけ、コンセントに差し込んだ後「通信」「光入力」「電源」の各ランプが緑色になっていることを確認する
  3. ONUとホームゲートウェイをLANケーブルで接続する
  4. スマホやパソコンなどのWiFi設定画面を開き、ホームゲートウェイに記載されたSSIDを選択する
  5. ホームゲートウェイに記載されたパスワード(暗号化キー)を入力する
  6. 利用開始

ただし、ご自身での設定が難しい場合は「かけつけ設定サポート」の利用もオススメです。 「かけつけ設定サポート」を利用すれば、専門スタッフが直接ご自宅で機器設定を行いますので、ガジェットに詳しくない方でも安心です。有線接続のサポートは6,800円、無線接続のサポートは9,500円となります。

ちなみに、「かけつけ設定サポート」ではオプションメニューとして、プリンターやゲーム機といった周辺機器をネット接続させるサービスも実施しています。ご自身での設定が難しい場合は利用してみるとよいでしょう。

auひかり工事の流れ【マンションタイプ】

auひかりマンションタイプを契約した方は、その建物に配線方式によって工事内容が変わります。配線方式は建物ごとであらかじめ決められているため、ご自身で選ぶことはできません。

マンションの配線方式は「VDSL方式」と「光配線方式」の2種類で、各工事内容は以下のとおりとなっています。

【VDSL方式】

  1. 共有スペースから電話回線を室内に引込む(業者)
  2. ご自身でVDSL専用モデムに引込まれた電話回線を接続する

【光配線方式】

  1. 共有スペースから光ケーブルを室内に引込む(業者)
  2. 光コンセントがない場合は新たに光コンセントを設置する(業者)
  3. ご自身で、光ケーブルとONU、ONUとホームゲートウェイを接続する

マンションギガおよびマンションミニギガは光配線方式なので、必ず引込み工事が必要です。

ただし、マンションタイプは解約時に設備を残してもよいので、前の住人がauひかりを使用していれば引込み工事を行う必要はありません。マンションタイプを契約する方は、入居する際、工事の有無を確認しておきましょう。

auひかりの工事には費用がかかる

auひかりはホームタイプ・マンションタイプともに、以下の初期費用がかかります。

【auひかり工事費用および事務手数料】

費用項目
ホームタイプ
マンションタイプ
契約事務手数料
3,000円 3,000円
工事費
一括払い
37,500円 30,000円
分割払い
625円×60回 1,250円×24回

※価格はすべて税抜 auひかりの工事費は、支払方法を一括もしくは分割払いから選択できます。契約時の出費を抑えたい方は、分割払いを選択しましょう。

以下にauひかりの工事費を他社光回線の工事費と比較してみたので、ご覧ください。

【光回線工事費比較表】

事業者名
ホームタイプ
マンションタイプ
auひかり
37,500円 30,000円
フレッツ光
東日本
18,000円 15,000円
西日本
19,800円(税込) 16,500円(税込)
ドコモ光
18,000円 15,000円
ソフトバンク光
24,000円 24,000円
NURO光
40,000円 40,000円

※価格は特記のない限り税抜

auひかりとNURO光は独自回線なので、フレッツ光や光コラボ回線と比較すると、工事費が高い傾向にあります。

ただし、auひかりはauひかり電話と同時に申し込むことで、工事費を実質無料にできますよ!

auひかり電話と同時申し込みで工事費実質無料に!

auひかりの工事費は、ネットとauひかり電話を同時契約するだけで毎月の分割分と同額が割引されるため、実質無料です。

ただし、工事費を完全無料にするためには、工事費の分割払いが終了する60ヶ月間(ホームタイプ)または、24ヶ月間(マンションタイプ)の継続利用が必要です。

工事費は無料となっても3,000円の登録料は初期費用としてかかります。

また、auユーザーがネットとauひかり電話を契約すると、auスマートバリューが適用されます。

auスマートバリューが適用されると、auスマホ・ケータイ・タブレットの料金が永年毎月最大1,000円割引されるため大変お得です。auスマートバリューは光回線1契約につき最大10回線まで適用されるので、ご家族にauユーザーが多い方は、ぜひ契約してみましょう。

auひかりの工事に関する注意点

auひかりの工事に関する注意点を以下にまとめました。

  1. すでに光回線設備がある場合でも通常通りの工事費が発生する
  2. ホーム(戸建て)タイプは解約の際に撤去工事費が必要
  3. auひかり未導入のマンションでは許可がないと工事できない

各注意点を一つひとつチェックしていきましょう。

すでに光回線設備がある場合でも通常通りの工事費が発生

auひかりマンションタイプは解約時に回線設備を撤去する必要がありません。よって、前の住居者がauひかりを契約していた場合、回線設備がそのまま残されていることがあります。このように、宅内へ光ファイバーケーブルの引込み工事が完了している物件であれば、改めて開通工事が行われることはありません。

しかし、開通工事が不要な物件であっても、工事費は通常どおり発生します。ご注意ください!

ネットと同時にauひかり電話を契約すれば、工事費を実質無料にできますよ。

ホームタイプは解約の際に撤去工事費が必要

2018年3月以降に戸建て・マンション問わずauひかりホームタイプを新規契約した方は、解約時に光回線設備の撤去が義務化されました。auひかりホームタイプの回線撤去工事費は28,800円となっていますので、ホームタイプを契約している方は解約時に必ず出費があることを覚えておきましょう。

回線撤去工事費は、au側で割引したり無料にしたりできません。少しでも自己負担を抑えたい方は、乗り換え先の光回線が行っているキャンペーンで負担してもらうか、キャッシュバックで補填することをオススメします。

auひかり未導入のマンションでは許可がないと工事できない

auひかりは、フレッツ光回線を利用した光コラボではないため、マンションで利用する場合は建物自体にauひかりの設備が導入されていないと利用できません。新たにauひかりの設備をマンションに導入する際は、大家さんや管理会社の許可が必要です。ただし、インターネット設備を導入するほど大掛かりな工事は、まず許可がおりることはありません。

よって、auひかり未導入のマンションにお住いの方は、auひかりの契約が難しいといえるでしょう。

ただし、マンションにフレッツ光回線(NTTの回線)が導入されている場合は、auひかりホーム(S)が契約できます。auひかりホーム(S)はフレッツ光回線を使用するタイプのauひかりです。設備や回線のスペックは光コラボと同じですが、auひかりの窓口で契約ができます。

疑問が生じた場合の問い合わせ先

auひかりの工事に関して疑問が生じた場合は、メッセージ・電話・メールの3パターンより問い合わせできます。各問い合わせ先の情報を以下にまとめましたので、参考にしてください。

<メッセージ>

  • +メッセージからのお問い合わせはこちら
  • iMessageからのお問い合わせはこちら
  • My auアプリからのお問い合わせはこちら
  • LINEからのお問い合わせはこちら
  • 受付時間:10~22時(年中無休)

<電話>

  • 電話番号:0077-7078(無料)
  • 受付時間:9~20時(年中無休)

<メール>

お問い合わせフォームからはこちら

まとめ

auひかりの工事は、「ホームタイプ」も「マンションタイプ」も開通工事が行われるため、当日は立ち合いが必要です。工事費はホームタイプ37,500円、マンションタイプ30,000円ですが、ネットと同時にauひかり電話を契約すると、実質無料にできます。

ちなみに、前の住人がauひかりの設備を残して行ったマンションにお住いの方は、宅内工事を行う必要がありません。しかし、工事費は通常どおり30,000円かかりますのでご注意ください。

また、auひかりホームタイプを契約した方で解約する場合には、必ず28,800円の回線撤去費用がかかります。回線撤去費用はau側で無料にできないので、費用を抑えたい方は、乗り換え先のキャンペーンで負担してもらうか、キャッシュバックで補填するようにしましょう。

auひかりキャンペーン窓口ランキングTOP3

ひかり営業マンが徹底比較した「一番オススメのauひかり代理店サイト」をランキング形式で紹介します。「たくさんあってどこから入ればいいのか分からない」というあなたは是非参考にしてみて下さい。

キャンペーンの詳細な解説も見たい方はauひかりのキャッシュバックを比較した記事をご覧くださいね。

1位:フルコミット【最大60,000円キャッシュバック】

auひかり フルコミットのキャッシュバックキャンペーン

  • ネット+電話で60,000円キャッシュバック!
  • ネット回線のみでも必ず50,000円キャッシュバック!
  • 有料オプション加入不要!
  • 電話で口座番号を伝えるだけで手続き完了!
  • 最短翌月にキャッシュバックを受け取れる!

当サイトが調べた中で最も好条件のキャッシュバックを行なっていたのが、代理店のフルコミットです!

不要なオプションの加入は必要なく、キャッシュバックの還元も早いですよ。

満額を受け取るためには光電話だけ加入が必要ですが、「auとのセット割」や「工事費無料」の条件になっているので、損はありません。

代理店分のキャッシュバックは翌月末に、プロバイダSo-net分のキャッシュバックは半年後にもらえます。

手軽に早く高額なキャッシュバックをもらいたい方はフルコミットがオススメですよ。

フルコミットのキャンペーン詳細を見る

代理店フルコミットの紹介記事はこちら

2位:GMOとくとくBB【一番安く契約するなら!】

auひかり GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン

  • 一番安くauひかりを申し込むならGMO!
  • ▼選べる二つのキャンペーン
  • ①最大61,000円キャッシュバック
  • ②最大30,000円キャッシュバック+月額割引
  • キャッシュバックは11か月後と23か月後の2回
  • auひかり電話500円/月が36か月間無料
    ※マンションは24か月間

「一番安くauひかりを申し込みたい!」そんなあなたは、プロバイダ「GMOとくとくBB」のキャンペーンがオススメです。

GMOとくとくBBでは二つのページでキャンペーンを行っていますが、戸建ての方は「最大30,000円キャッシュバック+月額割引」、マンションの方は「最大61,000円キャッシュバック」のキャンペーンを選ぶとそれぞれ一番安くauひかりを契約できますよ。

ただし、1つだけ注意点が。

それはキャッシュバックの受け取りが、11か月後と23か月後の2回に分けられていることです。

手続き自体忘れてしまう可能性もあるので、スマホのカレンダーに記入しておくなど対策しておきましょう!

GMOとくとくBBの詳細記事はこちら

3位:So-net【キャッシュバックよりも割引派のあなたは】

auひかり So-net割引キャンペーン

  • 月額料金割引実施中
    戸建て:3,480円(3年間)
    マンション:1,980円(2年間)
  • 工事費込みでこの値段!
  • auひかり電話500円/月が60か月間無料
    ※戸建てのみ
  • 引っ越し後の心配も不要。撤去工事費を負担してくれる

プロバイダの一つである「So-net」では、月額料金を大幅に割引してくれるキャンペーンを用意しています。


確かに総額を考えるとGMOとくとくBBのほうが安いです。


しかし、「キャッシュバックは手続きとかめんどくさいから月々安く使いたい!」といった方にはSo-netがシンプルで一番おすすめですよ!


auひかり×So-netの詳細を見る

auひかり×So-netのメリットは?


auひかりのキャンペーンについてもっと詳しく知りたい方は「auひかりキャッシュバックランキング」も参考にしてみて下さい。

  関連記事

 - 今更聞けないネット選びの基礎知識