サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

auひかりの料金は高い?おすすめの申し込み窓口と安く抑える4つの方法

  /    
  auひかり

auひかりの料金を徹底解説

「auひかりって結局、安いの?他と比べて高いのか安いのか設定がわかりにくい……できれば安くしたい」

このような要望にお応えします。

たしかにauひかりの料金体系は、やや複雑でわかりにくいかもしれません。
しかし、auひかりは、特典を多く受け、auスマホユーザーが使えるauスマートバリューを活用すれば、確実に安くてお得になります。

記事では、大きく以下3つについて解説していきます。

①auひかりの料金の成り立ち
②新規でauひかりを契約する方が、お得になる申し込み窓口
③既にauひかりを契約している方が、料金を安く抑える方法

この記事を読めば、あなたにとってauひかりはお得なのか、そして、auひかりの料金を安く抑える方法もわかるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

※記事中の料金はすべて税抜きです。

auひかりの料金の詳細

auひかりの料金は、一見わかりにくく感じますが、整理すると5つの要素にわけられます。

要素 料金、割引など
1.月額基本料金 ・戸建て:5,000円前後
・マンション:4,000円前後
2.初期費用 ・事務手数料:3,000円
・工事費
(戸建て:37500円、マンション:30000円)
3.光電話
(オプション)
500円+通話料
4.auスマートバリュー auスマホ1台につき最大1,000円割引
5.キャンペーン キャッシュバックや月額割引など

auひかりの月額基本料金は、お住まいによって4,000円~5,000円ほどになります。

のちほど詳しく解説しますが、工事費は実質無料になります。
あとはauスマートバリューで料金を下げるか、キャッシュバックの大きなキャンペーンを活用するかで料金を抑えることができます。

それぞれの要素について、注意点なども含めて解説していきます。

auひかりホーム、マンションの月額基本料金

auひかりの基本料金は、お住まいが、戸建てかマンションかで異なり、それぞれ「auひかりホーム」と「auひかりマンション」にわかれます。

【auひかりホーム】

プラン 1年目 2年目 3年目
ずっとギガ得(3年縛り) 5,100円 5,000円 4,900円
ギガ得(2年縛り)
5,200円
標準(縛りなし)
6,300円

※いずれも、最大通信速度1Gbps

最低契約期間のない標準プランは、解約時に契約解除料がかからないメリットはありますが、月額料金が高くなります。

一方、ずっとギガ得、ギガ得プランは、それぞれ3年、2年の縛りはありますが、契約期間が長いほどお得になります。

長期間auひかりを使う予定の方は、ずっとギガ得プランなどを選ぶといいでしょう。

【auひかりマンション】

タイプ
(プラン)
条件など 月額料金
(お得プランA/標準プラン)
備考
タイプG 16契約以上 3,800円/4,900円 ・建物共有部まで光ファイバー、各戸まで電話線
・最大664Mbps
8契約以上 4,100円/5,200円
タイプV 16契約以上 3,800円/3,800円 ・建物共有部まで光ファイバー、各戸まで電話線
・最大100Mbps
8契約以上 4,100円/4,100円
都市機構 UR都市機構の賃貸の居住者向け 3,800円/3,800円 ・建物共有部まで光ファイバー、各戸まで電話線
・最大100Mbps
都市機構G UR都市機構の賃貸の居住者向け 4,300円/5,400円 ・建物共有部まで光ファイバー、各戸まで電話線
・最大664Mbps
タイプE 16契約以上 3,400円/3,400円 ・建物共有部まで光ファイバー、各戸まで棟内LAN
・速度は棟内設備による
8契約以上 3,700円/3,700円
タイプF 3,900円/3,900円 ・各戸まで棟内光ファイバー
・速度は棟内設備による
ギガ 4,050円/4,050円 ・各戸まで直接auひかりの光ファイバー
・最大1Gbps
ミニギガ 3階建て以下、総戸数8戸以上のマンション向け 5,000円/5,000円 ・各戸まで直接auひかりの光ファイバー
・最大1Gbps

※お得プランA:2年縛り、おうちトラブルサポートオプションつき
※標準プラン:縛りなし、おうちトラブルサポートオプションをつける場合は有料

auひかりマンションは、契約者がタイプ(プラン)を選べるわけではなく、建物の設備次第で決まります。

光ファイバーをどこまで引いているか、また、そのマンションでの契約戸数や最大通信速度によってタイプが異なります。

(例:タイプG)

共用部まで光ファイバー

(出典:auひかり公式サイト

どのタイプを契約できるかは、管理人さんやauひかり公式サイトに問い合わせの上、ご確認ください。

工事費は、「ネット+電話」で実質無料!

光回線とひかり電話のセット契約で、工事費実質無料!」としている申し込み窓口がほとんどです。

お得なのは間違いないですが、以下の点に注意してください。

  • auひかりホーム:工事費37,500円を60回分割払い(625円×60か月)とし、その625円が月々割り引かれる
  • auひかりマンション:工事費30,000円を24回分割払い(1,250円×24か月)とし、その1,250円が月々割り引かれる

auひかりホームなら60か月、マンションなら24か月で工事費完済(実質無料)となります。
つまり、それ以前に解約すると、未払い分をまとめて請求されてしまうのです。

完済時期がいつなのかをチェックしておくのがいいでしょう。

auスマートバリューなら、auスマホ1台あたり最大1,000円割引!

auスマートバリューは、auひかり、ひかり電話、auスマホ(タブレット)の契約でスマホ代(タブレット代)を割り引くサービスです。

auスマートバリューの適用には、「ひかり電話」への加入が条件になるため、電話の月額基本料金500円がかかります。

しかし、スマホを1台契約していればひかり電話代の元が取れ、プランや台数によっては大幅にお得になります。

また、家族の契約も含め、auスマホの契約台数分だけ1台あたり500円~1,000円(最大10台)割り引かれます。

auスマホユーザーにとっては、これほどの割引を受けられる光回線は他社にはありません。

※プランごとの割引額はauひかりの料金について、よくある質問に回答します!をご覧ください。

auひかりの料金を光回線主要6社で比較!

auひかりの月額基本料金は、お住まいの建物によって決まりますが、他社と比べて安いのか、比較していきましょう。

戸建て(ホーム)タイプの比較

まず、戸建て(ホーム)タイプの月額料金を比較します。

回線名 月額基本料金 スマホセット割 主な割引、キャッシュバック
auひかり 4,900円~6,300円
(電話代+500円)
auスマートバリュー
(auスマホ代割引)
最大61,000円キャッシュバック
(プロバイダー特典)
フレッツ光東日本 5,400円~5,700円
+プロバイダ料金
・ギガ・スマート割引(月300円割引)
・にねん割(月700円割引)
フレッツ光西日本 5,400円
+プロバイダ料金
・グループ割(月330円割引)
・光はじめ割(月最大1,419円割引)
ドコモ光 5,200円~5,400円 ドコモ光セット割
(ドコモスマホ代割引)
最大20,000円キャッシュバック&dポイント最大5,000pt
(プロバイダー特典)
ソフトバンク光 5,200円 おうち割
(ソフトバンクスマホ代割引)
最大33,000円キャッシュバック
(代理店特典)
NURO光 4,743円 おうち割
(ソフトバンクスマホ代割引)
45,000円キャッシュバック

※比較のためNURO光を除き、通信速度が最大数百Mbps~1Gbpsまでのプランを取り上げています。
※フレッツ光以外の光回線料金についてはプロバイダ料込の価格です。

auひかり単体では、他社と比べて特別安いわけではありません

しかし、auスマホユーザーならスマホの契約数の分お得になります。
さらに他社からの乗り換えを含む新規契約の方なら、大きなキャッシュバックを受けられますね。

マンションタイプの比較

次に、マンションタイプの月額料金を比較します。

回線名 月額基本料金 スマホセット割 主な割引、キャッシュバック
auひかり 3,800円~5,400円
(電話代+500円)
auスマートバリュー
(auスマホ代割引)
最大61,000円キャッシュバック
(プロバイダー特典)
フレッツ光東日本 3,050円~4,350円
(+プロバイダ料)
・ギガ・スマート割引(月200円割引)
・にねん割(月100円割引)
フレッツ光西日本 2,860円~4,950円
(+プロバイダ料)
・グループ割(月330円割引)
・光はじめ割(月最大1,419円割引)
ドコモ光 4,000円~4,200円 ドコモ光セット割
(ドコモスマホ代割引)
最大20,000円キャッシュバック&dポイント最大5,000pt
(プロバイダー特典)
ソフトバンク光 3,800円 おうち割
(ソフトバンクスマホ代割引)
最大33,000円キャッシュバック
(代理店特典)
NURO光 4,743円 おうち割
(ソフトバンクスマホ代割引)
45,000円キャッシュバック

※比較のためNURO光を除き、通信速度が最大数百Mbps~1Gbpsまでのプランを取り上げています。
※フレッツ光以外の光回線料金についてはプロバイダ料込の価格です。

マンションタイプも戸建て(ホーム)タイプと同じで、auひかりは、auスマホやキャッシュバックの分だけ他よりお得ですね。

auひかり、16個の申込み窓口を比較!【新規契約者向け】

新規で契約する方は、キャッシュバックや月額料金割引がお得な申し込み窓口で契約すると、料金を大きく抑えられます

申し込み窓口 主な特典
(キャッシュバック金額、割引)
受け取り時期など 実質月額料金
戸建て マンション
GMOとくとくBB
(キャッシュバック)
最大61,000円 12か月目、23か月目 3,247円 1,225円
GMOとくとくBB
(月額割引+キャッシュバック)
・月額料金割引
・最大30,000円
12か月目、23か月目 3,139円 1,367円
So-net 月額料金割引 なし 3,467円 2,502円
BIG LOBE
(キャッシュバック)
最大50,000円 11か月目、24か月目 4,039円 2,163円
BIG LOBE
(月額割引)
月額料金割引 なし 4,847円 2,569円
DTI 38,000円 13か月目 4,372円 2,663円
@nifty 最大30,000円 12か月目、24か月目 4,594円 2,996円
au one net
(公式)
10,000円 4か月目
(au WALLETにチャージ)
5,150円 3,350円
ASAHIネット 月額料金割引 なし 5,376円 4,246円
@TCOM 5,428円 4,246円
フルコミット 最大60,000円 翌月末、4か月後 3,761円 1,746円
25 ・戸建て:最大60,000円
・マンション:最大50,000円
(※オプション必要)
11か月後 3,761円 2,163円
グローバルキャスト ・戸建て:最大60,000円
・マンション:最大45,000円
7か月目 3,761円 2,371円
NNコミュニケーションズ ・戸建て:最大52,000円
・マンション:最大47,000円
翌月末、4か月後 3,983円 2,288円
NEXT ・戸建て:最大52,000円
・マンション:最大47,000円
翌月末、4か月後 3,983円 2,288円
アシタエクリエイト 45,000円 翌月末 4,178円 2,371円

※各申し込み窓口共通の条件:ホームは3年縛り、マンションは2年縛り、ひかり電話への加入
※実質月額料金は、ホームタイプ:{事務手数料+月額料金(ネット+電話)×36か月-キャッシュバック}/36、マンションタイプ:{事務手数料+月額料金(ネット+電話)×24か月-キャッシュバック}/24
※マンションは、タイプV(月額3,800円)をもとに実質料金を算出

特典の受け取りやすさで選ぶなら、代理店フルコミット!

特典の受け取りやすさ、実質月額料金、月々の支払い料金という観点で見ると、申し込み窓口のおすすめは、フルコミット、GMOとくとくBB、So-netになります。

フルコミットは、実質料金はGMOとくとくBBに次いで2番目ですが、簡単な手続きでキャッシュバックが受けられます。
キャッシュバックは、最短翌月末と半年後の2回にわけて行われますが、メールでの手続きは半年後の1回だけです。
キャッシュバックを早く受け取りたい方、煩雑な手続きをしたくない方には、フルコミットがおすすめです。

フルコミット

auひかりの詳細を見る

実質料金が一番安い窓口なら「GMOとくとくBB」!

手続きはややめんどうですが、とにかく料金を安くしたい方はGMOとくとくBBがおすすめです。
3年間(契約年数)の実質料金では戸建てなら「月額料金割引+30,000円キャッシュバック」、マンションなら「61,000円キャッシュバック」が16個の申し込み窓口で最安になりますよ。

キャッシュバックが高額なのはもちろんですが、特典を受けるための条件であるひかり電話も60か月無料で使えます。

GMOキャッシュバック

毎月の支払料金を抑えたいなら「So-net」!

また、月々の支払額を抑えたい人は月額料金割引額が大きいSo-netもおすすめです。
なお、So-netは、戸建てプランに限りひかり電話が60か月無料なので、戸建てにお住まいで、月々の料金を安くしたい方には特におすすめです。

So-net

auひかり×So-netの詳細を見る

なお、上記すべての申し込み窓口では、auひかりの公式特典である、違約金負担、工事費実質無料特典も受けられますよ。

auひかりの料金を安くする4つの方法【すでに契約している方向け】

すでにauひかりを契約している方は、料金を安くする方法として、以下3つがあります。

  • auひかりホームの方はプランを見直す
  • auスマートバリューに申し込む
  • 使っていないオプションは解約する

auひかりホームの方はプランを見直す

auひかりホームの料金は、最低契約期間の有無、長さによって異なります。

プラン 1年目 2年目 3年目 契約解除料
ずっとギガ得(3年縛り) 5,100円 5,000円 4,900円 15,000円
ギガ得(2年縛り)
5,200円
9,500円
標準(縛りなし)
6,300円
0円

表記のように、縛りによって契約解除料がありますが、長く使う方なら標準プランよりも、ギガ得・ずっとギガ得プランの方が月額料金が安くなるので、お得です。

特に理由なく標準プランを使っているという方は、ギガ得・ずっとギガ得プランを検討してみるのがいいでしょう。

auスマートバリューに申し込む

auスマホ(タブレット)ユーザーは、加入しているプランによって、以下の割引を受けられます。

プラン スマホ1台あたりの割引額
(月額)
ピタットプラン 5G ピタットプラン 4G LTE 500円
(1GB超~7GBの利用)
データMAX 5G データMAX 5G Netflixパック auデータMAXプランpro
auデータMAXプラン Netflixパック auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N auフラットプラン7プラスN
1,000円
auピタットプラン(S) 最大1,000円
カケホ(3Gケータイ・データ付) 934円
タブレットプラン20 1,000円

※2020年5月現在、新規受付しているプランです。
※「5G」という表示のあるプランは、新しい通信規格「5G」対応のプランです。

ただし、契約していても、auスマートバリューの申し込みをしなければauスマートバリューは適用されないので気をつけてください。

申し込みは、3つの窓口から手続きできます。

  • My au
  • KDDIお客様センター
    ・157(au携帯限定、局番なし、無料)
    ・0077-7-111(au以外の携帯から、無料)
    ・0120-977-033(左のいずれもご利用できない場合)
  • auショップ(実店舗)

auスマートバリューは、契約台数分割引されますし、条件を満たせば、離れて暮らす家族の分も適用されます。
まだ申し込んでない方は、auスマートバリューを活用しましょう。

※適用条件など、詳しくは公式サイトもご確認ください。

使っていないオプションは解約する

auひかりにはさまざまなオプションがありますが、キャンペーンの契約条件や最初の数ヶ月は無料お試しなどの理由で契約したものの、解約し忘れているということはないでしょうか?

オプションは月額数百円ですが、複数加入していると高くつくこともありますし、使っていないならもったいないですね。

オプションの解約手続きは、上で紹介したauスマートバリューと同じ窓口でできます。
一度、請求書をよく確認し、不必要なオプションを契約していないかどうかをチェックしましょう。

電話代を抑える

ひかり電話は、基本料金は月額500円ですが、別途通話料がかかります。

国内であれば、8円/3分なので、そこまで高額にはなりにくいとは思いますが、一度確認してみるといいでしょう。

auひかりの料金について、よくある質問に回答します!

ここまで解説しきれなかった、auひかりの料金に関するよくある質問に回答していきます!

キャンセルはできますか?

契約した後であれば、初期契約解除制度を使うことで契約解除料(解約金)なしでキャンセルできます。

初期契約解除制度は、契約書などの受領日から数えて8日以内なら契約解除料なしで解約できる制度です。

しかし、解約までにかかった事務手数料、工事費などは支払うことになります。

あくまで契約解除料だけが免除される制度なので、気を付けてください。

解約金はかかりますか?

更新月以外で解約した場合、契約解除料(解約金)がかかります
(auひかりホーム標準プラン、auひかりマンション標準プランであれば、いつ解約しても契約解除料はかかりません)

【auひかりホーム】

プラン 契約期間 解約手数料
ずっとギガ得プラン 3年 15,000円
ギガ得プラン 2年 9,500円

【auひかりマンション(お得プランA)】

プラン 契約期間 解約手数料
タイプG 2年 9,500円
タイプV 都市機構 2年 7,000円
都市機構G 2年 9,500円
タイプE タイプF
ギガ ミニギガ
2年 7,000円

また、解約時には、契約解除料以外にも以下のような請求を受ける可能性があるので注意してください。

  • 分割の工事費(ホーム:37,500円、マンション30,000円)の未払い分の一括請求
  • ホームの方のみ、回線の撤去工事費(28,800円)
  • プロバイダーごとの違約金(かからないプロバイダーもあり)

なお、解約手続きは、契約しているプロバイダーごとに進めていくことになります。
解約する場合は、まずは契約しているプロバイダーに連絡しましょう。

更新月はいつですか?

契約解除料のかからない更新月は、3年縛りでも2年縛りでも契約期間満了後の2か月間です。

(例:2年縛りの場合の更新月)

auひかり更新月

(出典:GMOとくとくBB公式サイト、ギガ得プランの場合

解約する場合は、更新月を狙いつつ、他の請求があるかどうかをよくチェックするのがいいでしょう。

auひかりの解約月の料金では、日割りはありますか?

auひかりの解約月にはひと月分の月額料金が発生します。

ただし、プロバイダーがau one netの場合のみ、auひかりの解約月の月額料金が日割りになります。

au one net以外のプロバイダーでは、解約する月の1日でも契約していた場合、1ヶ月分の料金が発生するので気を付けましょう。

詳しくは、各プロバイダーの情報をチェックしましょう。

引っ越しする場合、別途料金は発生しますか?

結論から言えば、別途料金が発生します。

ただし、引っ越しの際は、「引っ越し手続きをする」よりも「一度解約してから新規契約する」方がお得になります。

単に引っ越し手続きをした場合、最終的に引っ越し登録料800円だけがかかります。
※元の住居での未払い工事費、回線の撤去工事費などは還元、免除となります。

一方で、一度解約してから新規契約とした場合は、解約の際に契約解除料など諸々の費用がかかります。
しかし、プロバイダーのキャッシュバックなどで相殺されてプラスになるため、結局お得になるのです。

詳しく知りたい方は、auひかりの引っ越し料金に関する記事をご覧ください。

引っ越しの際は、一度解約し、再度、上で紹介したお得な申し込み窓口で新規契約するのがいいでしょう。

どのような支払い方法がありますか?

支払方法は、プロバイダー(回線をつなげている業者)によって決まっています。
基本的にはクレジットカード、口座振り込みが可能です。

プロバイダー クレジットカード 口座振替 KDDIまとめて請求
GMOとくとくBB
So-net ○*
BIG LOBE ○*
DTI
@nifty ○*
au one net(公式) ○*
ASAHIネット ×
@TCOM ×

*:振り込み手数料200円/月がかかります。
※KDDIまとめて請求とは、auひかりの料金を、auスマホなどの他のサービスとまとめて支払うことです。

フルコミットなどの代理店窓口での契約の場合、提携しているプロバイダーによります。
例えば、フルコミットなら、プロバイダーはSo-netになります。

プロバイダーごと、可能な支払方法をよく確認しておきましょう

auひかりの問い合わせ先はどこですか?

auひかり公式の問い合わせ窓口は、以下の通りです。

  問い合わせ窓口 営業時間
電話 0077-7061(通話無料) 9:00~20:00(年中無休)
Web アプリ「My au」
※au IDとパスワードが必要
24時間(年中無休)

電話での問い合わせ窓口は、問い合わせの目的によって異なります。
上記は、料金に関する問い合わせ窓口ですが、他に用件のある方はau公式サイトからご確認ください。

まとめ

auひかりの料金のポイントを整理すると、以下の通りです。

①料金は5つの要素で決まり、auスマートバリューの活用、キャンペーンの利用でお得になる。

要素 料金、割引など
1.月額基本料金 ・戸建て:5,000円前後
・マンション:4,000円前後
2.初期費用 ・事務手数料:3,000円
・工事費
(戸建て:37500円、マンション:30000円)
3.光電話
(オプション)
500円+通話料
4.auスマートバリュー auスマホ1台につき最大1,000円割引
5.キャンペーン キャッシュバックや月額割引など

②auひかりをお得に契約するなら、以下3つの申し込み窓口がおすすめ。

申し込み窓口 特典 特徴 申し込み窓口
フルコミット 60,000円キャッシュバック 煩雑な手続きなく高額キャッシュバックを 受けられる auひかりの詳細をみる
【戸建ての方向け】
GMOとくとくBB(月額割引+キャッシュバック)
・月額割引
・30,000円キャッシュバック
実質月額料金が最も安くなる(戸建ての方) 【月額割引】GMOとくとくBB×auひかりの詳細をみる
【マンションの方向け】
GMOとくとくBB(キャッシュバック)
61,000円キャッシュバック 実質月額料金が最も安くなる(マンションの方) 【キャッシュバック】GMOとくとくBB×auひかりの詳細をみる
So-net 月額割引 月額割引が大きく、月々の支払いを抑えられる So-net 光 (auひかり)の詳細をみる

③auひかりは、auスマートバリューの利用、お得な申し込み窓口での契約で、他社よりも安く利用できる。

この記事では、auひかりを新規で契約される方、すでに契約されている方向けに、それぞれauひかりの料金を安くするための方法まで解説してきました。

この記事が、あなたの光回線選び、auひかりを安く利用するための参考になれば幸いです。

  関連記事

 - auひかり