サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

【最新】本当におすすめのポケットWiFiはコレだ!|ポケットWiF10社を徹底比較

  /    
  ポケットWiFi

おすすめのモバイルルーター比較ランキング

ポケットWiFiは、月々使う容量に合わせて選ぶと料金も安く済みます。 容量ごとにおすすめのポケットWiFiは以下の通りです。

また、速度をなによりも重視して選びたいなら、【WiMAX】(実質100GB)がおすすめです。

今回は、各社を徹底比較し、目的にピッタリ合うポケットWiFiを紹介しています。
ポケットWiFiを選ぶ際にチェックすべきポイントも記載しているので、記事を最後まで読んでいただければ、自分に合ったポケットWiFiを見つけられますよ!

※2021年7月時点の情報です

【728×90】OCN光

ポケットWiFiを選ぶなら「クラウドSIM系」がおすすめ

ポケットWiFiには、大きく分けて「WiMAX」と「クラウドSIM系」の2種類がありますが、これから申し込むならクラウドSIM系がおすすめです! なぜなら、以下の表からもわかるとおり、【クラウドSIM系ポケットWiFi】には、このようなメリットがあるからです。 ※タップで容量別にオススメのクラウドSIM系ポケットWiFiへの解説へジャンプします

  • au、ドコモ、ソフトバンクの3回線が使えるため、対応エリアが広い
  • WiMAXより料金が安い
  • 20~200GB超えの幅広いプランから選べる
  • 契約期間の縛りがないプランもある

【WiMAXとクラウドSIM系ポケットWiFiの比較】

容量実質月額料金契約期間実測値使‌用‌回‌線‌
WiMAXBroad WiMAX実質100GB3,876円3年36.39MbpsWiMAX2+ au
GMOとくとくBB WiMAX (CB)実質100GB3,535円3年33.84Mbps
GMOとくとくBB WiMAX (割引)実質100GB3,471円3年33.84Mbps
BIGLOBE WiMAX実質100GB4,500円1年21.81Mbps
クラウドSIM系ゼウスWiFi (縛りあり)20GB2,310円2年17.85Mbspau ドコモ ソフトバンク
ゼウスWiFi (縛りなし)20GB2,750円なし17.85Mbsp
Ex Wi-Fi50GB3,080円2年
AiR-WiFi(1年契約)100GB3,278円1年16.42Mbps
AiR-WiFi(縛りなし)100GB3,608円なし16.42Mbps
hi-ho Let’s WiFi210GB4,614円2年

※価格はすべて税込
クラウドSIM系には以前まで完全無制限のプランがありましたが、ユーザー全員に安定した電波を供給できないという判断から、現在はなくなっています。

しかし、今回ご紹介しているクラウドSIM系ポケットWiFiには、いずれも低料金の大容量プランが用意されているため、無制限とはいかなくても十分な容量がありますよ。

表からもわかるとおり、速度を重視するなら実測値の速い【WiMAX】がおすすめです。 ※タップでWiMAXのオススメ窓口の解説へジャンプします。

容量で選ぶ!クラウドSIM系ポケットWiFiのおすすめ4社を紹介

自分が必要とするデータ容量別に選ぶなら、以下のクラウドSIM系ポケットWiFiが安くておすすめです!

【クラウドSIM系ポケットWiFi比較】

容量ポケットWiFi名実質料金月額料金初期費用
契約事務手数料端末代
20GBゼウスWiFi ※2年契約2,310円2,178円3,300円0円
どこよりもWiFi ※2年契約2,640円2,508円3,300円0円
50GBEx WiFi ※2年契約3,064円2,948円3,300円26,136円 ※3年間の継続利用で実質無料
どこよりもWiFi ※しばりなしプラン3,828円3,828円0円0円 ※返却時にクリーニング代として2,200円
100GBAiR-WiFi(1年契約)3,532円3,278円3,300円0円
AiR-WiFi(縛りなし)3,862円3,608円3,300円0円
どこよりもWiFi ※2年契約3,850円3,718円3,300円0円
ゼウスWiFi ※2年契約3,894円1〜2ヶ月目:3,278円 3ヶ月目以降:3,828円3,300円0円
Ex WiFi ※2年契約3,850円3,718円3,300円26,136円 ※3年間の継続利用で実質無料
それがだいじWiFi ※2年契約3,639円3,718円3,300円26,400円 ※2年間の継続利用で実質無料

※価格はすべて税込 20GB・50GB・100GBそれぞれで楽しめるコンテンツの量は、以下の通りです。 これを参考に、自分に合った容量を把握してみてくださいね! 【20GBでできること】

PCスマホ
ネット閲覧6,948ページ108,000ページ
メール(写真付)6,666通6,666通
Google MAP16,666回表示28,640回表示
YouTube約20時間約40時間

【50GBででできること】

PCスマホ
ネット閲覧120,000ページ270,000ページ
メール(写真付)16,660通16,660通
Google MAP41,650回表示71,600回表示
YouTube約50時間約100時間

【100GBでできること】

PCスマホ
ネット閲覧234,740ページ540,000ページ
メール(写真付)33,330通33,330通
Google MAP83,330回表示143,200回表示
YouTube約100時間約200時間

低容量の20GBなら「ゼウスWiFi」がおすすめ

【ゼウスWiFiの概要】

スタンダードプラン (2年契約)フリープラン (契約期間ナシ)
月額料金 (20GB)2,178円2,750円
初期費用端末代0円
契約事務手数料3,300円
実測値下り平均速度: 17.04Mbps 上り平均速度: 12.35Mbps
契約期間2年なし
解約金10,450円

※価格はすべて税込 月20GB程度しか使わない人には、他社の低容量プランと比較しても最安級で利用できる「ゼウスWiFi」をおすすめします! ゼウスWiFiは、最低利用期間のある「スタンダードプラン」と、契約期間のない「フリープラン」があります。 他社の場合、20GBだと3,000円~3,500円/月はかかりますが、ゼウスWiFiは2年以上使うことを前提にすれば、月3,000円以下で利用できますので、低容量プランのある安いポケットWiFiを探している人におすすめです。 契約から2年間経過すれば、いつ解約しても解約金がかかかりません。 ちなみに、月々2,948円~の40GBプランも選ぶことができます。 ゼウスWiFiの詳細をみる

50GBなら「Ex Wi-Fi」がおすすめ

Ex Wi-Fi

【Ex Wi-Fiの概要】

月額料金 (50GB)2,948円
初期費用端末代26,136円 ※3年間の継続利用で実質無料
契約事務手数料3,300円
実測値不明 (最大速度150Mbps)
契約期間3年
解約金4,950円

※価格はすべて税込 月50GB程度の容量が必要な人は、50GBプランを安く提供している「Ex Wi-Fi」を選びましょう! Ex Wi-Fiには3年という長めの契約期間がありますが、長期利用をするなら、50GBを2,948円/月で使える点はお得です。 50GBを契約できるものは、他社だと「縛りなしWiFi」しかなく、料金も3,080円/月とEx Wi-Fiより高額です。 したがって、容量50GBのポケットWiFiを長期的に安く使いたい人には、Ex Wi-Fiがよいでしょう。 Ex Wi-Fiの詳細をみる

100GBなら「AiR-WiFi」がおすすめ

Mugen WiFi

【AiR-WiFiの概要】

月額料金 (100GB)3,278円(1年契約)
3,608円(縛りなしプラン)
初期費用端末代0円
契約事務手数料3,300円
実測値下り平均速度: 16.13Mbps 上り平均速度: 9.28Mbps
契約期間1年・縛りなし
解約金1年:7,700円 2年:5,500円 3年:5,500円円

※価格はすべて税込 ※毎月100GB近いデータ量を消費するのであれば、上限100GBを最安料金で利用できる「AiR-WiFi」を選びましょう。 上限100GBのポケットWiFiは多数ありますが、他社でも3,600円~4,200円/月くらいかかるため、3,278円/月で使えるAiR-WiFiは安いことがわかりますね! また、契約から2年間経過すれば、いつ解約しても解約金がかかかりません。ちなみにAiR-WiFiでは、契約前に「30日間お試しレンタル」を利用すると、30日間でお試し利用できます。 AiR-WiFiが気になっている人は、ぜひこのキャンペーンを利用して、お得にAiR-WiFiを使ってみましょう! AiR-WiFiの詳細をみる

大容量の200GB以上なら「hi-ho Let’s WiFi」がおすすめ

hi-ho Let's Wi-Fi

【hi-ho Let’s WiFiの概要】

月額料金 (7GB/日)1~2ヶ月目:3,278円 3ヶ月目以降:4,730円
初期費用端末代0円
契約事務手数料0円
実測値不明 (最大速度150Mbps)
契約期間2年 (以後1年ごとの自動更新)
解約金1~11ヶ月:20,350円 12ヶ月~(更新月以外):10,450円

※価格はすべて税込 月間データ消費量が200GBを超えるヘビーユーザーには、1日7GBまで高速通信が利用できる「hi-ho Let’s WiFi」をおすすめします。 1日7GBというと、月間データ容量は最大210GBにもなりますが、月200GB以上のプランを契約できるものは、いまのところhi-ho Let’s WiFi以外にありません! 1日7GB以上使ってしまうと、翌々日に最大128kbpsの速度制限をかけられてしまいますが、7GBはYouTubeを14時間も視聴できるレベルなので、ヘビーユーザーの方でも安心です。

さくまる

ちなみに7GBだとビデオ通話約22時間、メール約およそ14,630通できるまる! 毎日オンラインゲームや映画などを長時間楽しみたい人は、ぜひhi-ho Let’s WiFiを選んでみましょう! hi-ho Let’s WiFiの詳細をみる

速度を求めるならWiMAX!条件で選ぶおすすめ窓口3社を紹介

ポケットWiFiに実測値のスピードを求めるのであれば、安定した高速通信を利用できるWiMAXがおすすめです。 WiMAXは、運営母体がKDDIグループの「UQコミュニケーションズ」であるため、非常に信頼性の高いサービスとなっています。 WiMAXは、どのプロバイダで契約をしてもサービス内容は同じです。 しかし、以下のように料金やキャンペーン内容などは変わってくるので、各プロバイダの違いをよく把握しておきましょう。 WiMAXプロバイダは、各目的別に以下3社がおすすめといえます。

【WiMAXの窓口8社比較】

実質月額月額料金初期費用キャンペーン内容
端末代手数料
Broad WiMAX3,876円0〜2ヶ月目:2,999円 3〜24ヶ月目:3,753円 25ヶ月目以降:4,413円0円3,300円・初期費用20,743円割引 ・端末代無料 ・乗り換え元の違約金を最大19,000円まで負担 ・乗り換えユーザーは、初期費用無料 ・5,000円キャッシュバック
GMOとくとくBB WiMAX (キャッシュバックタイプ)3,535円0~2ヶ月目:3,969円 3ヶ月目以降:4,688円0円3,300円・最大29,000円キャッシュバック ・端末代無料
GMOとくとくBB WiMAX (割引タイプ)3,471円0~2ヶ月目:2,849円 3~24ヶ月目:3,678円 25ヶ月目以降:4,689円0円3,300円・6,000円キャッシュバック ・月額料金割引 ・端末代無料
BIGLOBE WiMAX4,500円開通月:0円 月額4,378円21,120円3,300円・端末同時購入で、17,000円キャッシュバック
カシモWiMAX3,993円開通月:1,518円 月額料金:3,971円0円3,300円・端末代無料 ・月額料金割引
So-net WiMAX4,228円開通月:0円 1〜12ヶ月目:3,718円 13ヶ月目以降:4,816円0円3,300円・端末代無料 ・月額料金割引
DTI WiMAX3,834円0〜1ヶ月目:0円 2〜3ヶ月目:2,849円 4ヶ月目以降:4,136円0円3,300円・端末代無料 ・最大2ヶ月間、月額料金無料
UQ WiMAX5,048円4,268円16,500円3,300円

※価格はすべて税込 1社ずつ詳しく見ていきましょう。

月額割引で安く経由したいなら「Broad WiMAX」

Broad WiMAX

【Broad WiMAXの概要】

月額料金0〜2ヶ月目:2,999円 3〜24ヶ月目:3,753円 25ヶ月目以降:4,413円
初期費用契約事務手数料3,300円
端末代0円
実測値下り平均速度: 36.45Mbps 上り平均速度: 6.75Mbps
契約期間3年
解約金1~24ヶ月:20,900円 13~24ヶ月:15,400円 25ヶ月目以降:10,450円 (更新月以外の場合)

※価格はすべて税込 今回8社のプロバイダを比較した結果、もっともおすすめの窓口は「Broad WiMAX」だとわかりました。 Broad WiMAXでは、月額割引・違約金負担といったたくさんのキャンペーンを実施しています。 <Broad WiMAXで受けられるキャンペーン>

  • 月額料金割引
  • 端末代金無料
  • 5,000円キャッシュバック
  • 他社解約違約金負担キャンペーン
  • 初期費用20,742円無料キャンペーン
  • いつでも解約サポート

中でも違約金負担キャンペーンはWiMAXプロバイダで唯一、Broad WiMAXだけが実施しています。 他社回線からの乗りかえでBroad WiMAXを契約する方に向けて、違約金最大19,000円まで還元してくれますよ。 また、クレジットカード払いで申し込めば初期費用20,743円が無料になり、端末代金もかかりません。 また、万が一Broad WiMAXに満足できなければ、「いつでも解約サポート」を利用することで、更新月以外でも無料解約ができます。 「いつでも解約サポート」を利用するためには指定回線への乗り換えが必要ですが、乗り換え先は豊富ですし、専門オペレーターと相談しながら自分に合う乗り換え先を見つけられるので、安心です。

さくまる

以下のボタンから「Webフォーム」経由で申し込めば、5,000円のキャッシュバックについてももらえるまる! Broad WiMAXの詳細をみる

高額キャッシュバックが欲しいなら「GMOとくとくBB WiMAX」

GMOとくとくBB WiMAX3月

【GMOとくとくBB WiMAXの概要】※キャッシュバックキャンペーン適用時

月額料金0~2ヶ月目:3,969円 3ヶ月目以降:4,689円
初期費用契約事務手数料3,300円
端末代0円
実測値下り平均速度: 34.65Mbps 上り平均速度: 4.71Mbps
契約期間3年
解約金1~24ヶ月:27,280円 25ヶ月目以降:10,450円(更新月以外の場合)

※価格はすべて税込※キャッシュバックキャンペーン適用時 WiMAXを最安料金で契約したい人は、「GMOとくとくBB」で契約しましょう! GMOとくとくBB WiMAXでは、最大29,000円の現金キャッシュバックがもらえるキャンペーンを行っています。 このキャッシュバックがあるおかげで、GMOとくとくBBはWiMAXの実質料金を最安値にできます!

  • 受取時期:申し込みから1年後
  • 受取方法:端末発送月を含む11ヶ月後に届く申請メールに返信すると、翌月振り込まれる

GMOとくとくBBの詳細をみる ただし、GMOとくとくBBのキャッシュバックは申請し忘れるリスクが高いため、もらい忘れないよう、カレンダーやスマホのリマインダー機能を活用する必要があります。 それでももらい忘れが心配だという人は、キャッシュバックキャンペーンではなく、「月額料金割引特典」を利用しましょう。

GMOとくとくBB割引3月

【GMOとくとくBB WiMAXの概要】※月額料金割引キャンペーン適用時

月額料金0~2ヶ月目:2,849円 3~24ヶ月目:3,678円
初期費用契約事務手数料3,300円
端末代0円
実測値下り平均速度: 34.65Mbps 上り平均速度: 4.71Mbps
契約期間3年
解約金1~24ヶ月:27,280円 25ヶ月目以降:10,450円 (更新月以外の場合)

※価格はすべて税込※月額料金割引適用時月額料金割引特典を選択すると、1~2ヶ月間は1,840円、3ヶ月~24ヶ月間は1,010円の割引が自動的に適用され、さらに6,000円のキャッシュバックももらえます。 還元額は28,900円とキャッシュバックより少なくなりますが、初月から確実に還元を受けられるため、確実性を求めるなら、こちらのキャンペーンがおすすめです。 とにかく料金重視でWiMAXを利用したい人は、ぜひGMOとくとくBBをプロバイダに選択してくださいね! GMOとくとくBB 月額料金割引の詳細をみる

口座振替で支払いたいなら「BIGLOBE WiMAX」がおすすめ

BIGLOBE WiMAX

【BIGLOBE WiMAXの概要】

月額料金4,378円
初期費用契約事務手数料3,300円
端末代21,120円
実測値下り平均速度: 35.95Mbps 上り平均速度: 4.36Mbps
契約期間3年
解約金1~12ヶ月:1,100円 13ヶ月目以降:0円

※価格はすべて税込 ポケットWiFiの料金を口座振替で支払いたい人には、口座振替時の実質料金が最安になる「BIGLOBE WiMAX」がおすすめです! WiMAXは、ほぼ全社がクレジットカード払いのみとなっている中、以下3社が口座振替に対応しています。

実質月額月額料金初期費用キャンペーン内容
端末代手数料
UQ WiMAX5,280円4,268円16,500円3,300円
BIGLOBE WiMAX4,728円4,378円 + 口座振替手数料220円21,120円3,300円・端末同時購入で、 17,000円キャッシュバック
Broad WiMAX4,727円0〜2ヶ月目:2,998円 3〜24ヶ月目:3,752円 25ヶ月目以降:4,412円 + 振替手数料220円0円3,300円+ 20,742円・端末代無料

※価格はすべて税込 この表を見ると、BIGLOBE WiMAXは端末代に21,120円もかかるため、一見お得には思えませんが、端末とSIMを同時に申し込めば翌月に17,000円がキャッシュバックされるため、実際の負担額は4,700円まで安くなります! 口座振替を希望している方は、ぜひBIGLOBE WiMAXを検討してくださいね。 BIGLOBE WiMAXの詳細をみる

ポケットWiFiを選ぶ際にチェックすべき4つのポイントを紹介

ポケットWiFiを選ぶときは、以下4つの点に注意をしてください。

ひとつずつチェックしましょう。

実質料金の安さ

実質料金とは、契約期間中に発生する料金(加算項目)から、契約期間中に割引される料金(減算項目)を引いた金額です。 実質料金=契約期間中に発生する料金ー契約期間中に割引される料金

契約期間中に発生する料金 (加算項目)契約期間中に割引される料金 (減算項目)
・契約事務手数料 ・端末代 ・月額料金 ・オプション料金・キャッシュバック ・月額料金割引

月額料金だけでは実費負担を正確に確認できないので、料金を正確に把握したい場合は、必ず実質料金を確認するようにしましょう。

実測値の速さ

サイトに書かれている最大〇〇Mbpsという速度は、あくまで理論値です。 実際はそこまでのスピードが出ることはないので、速度が知りたい場合は、実際に使っている人の口コミや、「みんそく」などの速度評価サイトを参考に、実測値を調べましょう。 実測値は、Web検索だと10Mbps、動画を見る場合でも20Mbpsあれば十分快適に利用できますよ。

速度制限の緩さ

ポケットWiFiの速度制限は、以下のように契約先やプランによって条件が異なります。

  • 1日または1ヶ月当たり○GB使うと厳しい速度制限
  • 基本無制限だが、直近3日で10GBを消費すると、翌日から夜間のみ軽い速度制限

厳しい速度制限が課せられるポケットWiFiの場合、制限にかかってしまうと、WebサイトのTopページさえ開けないレベルまで落とされてしまいます。 これではポケットWiFiが使い物にならなくなってしまうので、速度制限の緩さは必ずチェックしておきましょう。

対応エリアの広さ

ポケットWiFiはエリア内でないと通信できないため、対応エリアの広さは重要です。 今回ご紹介したWiMAXは、都市部はほぼ対応エリア内になっているものの、全国的に見ると未対応のエリアもあります。 そのため、地方や山間部にお住まいの方は注意が必要です。 一方、クラウドSIM系はトリプルキャリアに対応しているため、まれにエリア外の地域があるものの、日本全国の広いエリアで使えますよ。 対応エリアは、各社とも提供エリア判定ページで公開しています。 申し込む際は、自宅だけでなく頻繁に訪れる場所も事前に確認しておきましょう。

ポケットWiFi以外も検討!条件別におすすめ回線を紹介

ここまでポケットWiFiについて解説をしてきましたが、以下のように、求める条件によってはポケットWiFi以外のツールを使ったほうがいい場合もあります。

各手段を解説しましょう。

自宅のみで使うなら「ホームルーター」もおすすめ

ホームルーターとは、自宅に端末を設置するだけで光回線並みのWiFi環境が整う、自宅据え置き型のWiFiルーターです。 ホームルーターは端末をコンセントに接続するだけでよいため、以下のような人におすすめといえます。

  • 自宅でしかネットを利用しない人
  • 開通工事ができない物件に住んでいる人
  • 光回線より安く自宅のWiFi環境を整えたい人

これからホームルーターを契約する場合は、下記ホームルータ―がおすすめです。(※タップで関連記事へジャンプします)

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

速度を重視するなら「光回線」がおすすめ

光回線とは、自宅に光ファイバーを引き込むインターネット回線です。 光回線はどんな方法より実測値が速くなるため、以下のような人におすすめといえます。

  • 自宅でしかネットを利用しない人
  • 安定した高速通信を利用したい人
  • 速度制限を気にせずネットを使いたい人

光回線は、以下の組み合わせでスマホとセット割が適用できるものを選ぶと、毎月スマホ料金が最大1,100円/月安くなるためお得です。

(※タップで関連記事へジャンプします)

ただし、格安SIMユーザーはセット割ができる光回線を選んでも割引額が少ないため、セット割ではなく、実質料金の安さや通信速度の速さに着目して光回線を選びましょう。 以下に格安SIMユーザー向けのおすすめ光回線をリストアップしたので、参考にしてください。

  • 格安SIMユーザーにおすすめ:NURO光
  • NURO光がエリア外の格安SIMユーザー:auひかり
  • NURO光・auひかりがエリア外の格安SIMユーザー:So-net光プラス

使用頻度が低いなら「テザリング」も検討

テザリングとは、スマホのデータ容量を使い、ほかのデバイスでインターネット接続を行う方法です。 パソコンやゲーム機などをほとんどネットに接続しない人は、ポケットWiFiや光回線などを契約すると逆に高くついてしまうので、必要時のみテザリングを使うのもいいでしょう。 ただし、テザリングは速度が遅く、スマホのバッテリーも急速に減ってしまうため、緊急性がない限りはおすすめできません。 基本的には、ポケットWiFiやホームルーター、光回線のいずれかを利用することをおすすめします。 テザリングについての詳しい解説はこちらの記事をご覧ください。 テザリングについてもっと知る

まとめ

目的別に見ると、各ポケットWiFiは、それぞれ以下の組み合わせがおすすめです。 【クラウドSIM系WiMAX】

【WiMAX】

本記事を参考に、自分にピッタリ合うポケットWiFiを選んでみてくださいね!

関連記事

【2021年最新】おすすめのポケット型WiFi厳選9社!選び方や申込手順も解説!

  関連記事


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ssw-ac/public_html/saku10-hikari.com/wp-content/themes/saku10ver1-3/kanren.php on line 5

関連記事はありませんでした

 - ポケットWiFi