サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

無制限で利用可能なポケットWi-Fiは?おすすめを紹介します!

  /    
  スマホをもっと上手く使う

外出先でもスマホやパソコンをWi-Fiに繋いでインターネットを利用できるのが、ポケットWi-Fiです。

「契約したいけど、できれば月間データ通信量を気にせず使える無制限のサービスを選びたい」と、考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、無制限で利用可能なポケットWi-Fiにはどのような会社があるのか、それぞれの月額料金や対応エリアをご紹介いたします。

各社のサービスを比較することで、自分の条件とのマッチング具合を確認することができます。最適なサービスと思える会社を見極めて契約しましょう。

【最新情報】どんなときもWiFiの通信障害

どんなときもWiFiでは、2020年2月から3月にかけて一部ユーザーの間で通信障害が発生しています。

〇2020年2月28日連日の通信不具合に関するお詫び
〇2020年3月19日通信障害発生のお知らせ

3月21日には”十分なサービスの提供ができない可能性が高い”として、希望するユーザーへ休止申込から3月末までの料金発生を免除する「回線休止」の措置をとることを案内しています。

〇2020年3月21日回線休止のご案内

回線の復旧も未定ですし、端末の在庫切れにより新規契約は予約受付のみというのが現状です。

今すぐポケットWi-Fiをお探しの方は、3日で10GB以上通信すると速度制限はありますが、無制限で通信できるWiMAXを検討してみましょう。

ポケットWi-Fiのオススメは?主要10社を徹底比較!

どんなときもWiFiへの申し込みはコチラから

どんなときもWiFi

無制限で利用できるポケットWi-Fi6社

ポケットWi-Fiには、大きく分けて次の2つの契約プランがあります。

  • 月間○GBまでというように月のデータ通信量に上限のあるプラン
  • 1か月のデータ通信量上限が設定されていない無制限プラン

データ通信量に上限のあるプランのほうが料金はリーズナブルですが、上限を超えると月末まで通信速度を制限されてしまいます。

そのため、ストレスなくインターネットを楽しみたい方には「無制限プラン」のほうがおすすめです。

ここではまず、無制限プランに対応している6社のおさえておきたい特徴と料金をチェックしていきましょう。

契約先 無制限プランの月額料金
UQ WiMAX
4,380円
au モバイルルーター
4,292円
ワイモバイル PocketWiFi
4,380円
どんなときもWiFi
クレジットカード払い:3,480円
口座振替:3,980円
縛りなしWiFi
3,300円
STAR WiFi
3,373円

※価格は税抜

それぞれの契約先について、くわしく紹介します。

UQ WiMAX

UQ WiMAXは、WiMAX回線を使ったモバイルWi-Fiルーターの販売元です。

UQ WiMAXの無制限プランは、月額4,380円で利用できます。

契約期間は3年か2年が選べますが、3年契約なら4G LTE回線での接続が可能な「ハイスピードプラスエリアモード」のオプション料金(1,005円/月)が無料になるメリットがあります。

通信速度は実際に使用するルーターの機種によって異なりますが「W06」の場合、Wi-Fi接続時で下り最大867Mbpsです。

有線接続やLTE接続を利用するハイスピードプラスエリアモード設定時には、最大1.2Gbpsと光回線を超えるレベルでの通信が可能です。さらに、上りも最大75Mbpsと申し分ありません。

また、無制限プランの対象接続エリアが広いところも、UQ WiMAXの強みのひとつです。都心部から地方までバランスよくカバーされていますよ。

au モバイルルーター

auのポケットWi-Fiも、UQ WiMAXが提供するWiMAX回線を使用したサービスです。そのため、利用できる端末や通信速度、提供エリアはUQ WiMAXとまったく同じ条件になります。

無制限プランの月額料金は4,292円で、「ハイスピードプラスエリアモード」のオプション料金(1,005円/月)が別途必要です。

ただし、UQ WiMAXでは無料となっている端末代がauの場合は、月々の料金割引という形で還元されます。 そのため、契約期間の途中で解約した場合は、払い終わっていない端末代の残金を一括で支払う必要がありますので注意しましょう。

ワイモバイル PocketWiFi

ワイモバイルのPocketWiFiにはベースとなる料金プランに加えて、「アドバンスオプション」(月額684円)という有料サービスがあります。この「アドバンスオプション」へ申し込みを行うことで、実質的な無制限プランとして利用することができるようになります。

ベースの料金プランが月額3,696円のため、無制限で利用するためにかかるトータル費用は月額4,380円です。 また、この料金で契約できるプランには元々3年契約の縛りがありましたが、2019年10月1日以降はワイモバイル全体の価格改定に伴い「契約期間なし(解除料もなし)」で契約できるようになりました。

ワイモバイルの場合、無制限で使えるエリアに注意が必要です。ワイモバイルのアドバンスオプションの対象エリアは、都心部がメインとなるため地方にお住まいの方は契約前に確認しましょう。

ワイモバイルが取り扱う機種の通信速度は、2019年9月現在の最新機種「803ZT」だと下り最大866Mbps、USBでの有線接続時なら最大988Mbpsとなっています。こちらも光回線に匹敵するレベルです。

どんなときもWiFi

どんなときもWiFiでは「クレジットカード払い」「口座振替」と、支払い方法によって無制限プランの月額料金が異なります。

  • クレジットカード払いの場合:月額3,480円
  • 口座振替の場合:月額3,980円

口座振替に比べてクレジットカード払いのほうが500円安くなっており、契約期間はいずれも2年間です。

どんなときもWiFiのルーターは、下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsの通信速度をもっています。

さらにSIMに縛られない「クラウド型wifi」を導入しているため、幅広いエリアで快適に利用することができます。 クラウド型wifiは、ドコモ・au・ソフトバンクのLTE回線のうち、そのとき最も繋がりやすい回線を自動で判別して切り替えてくれます。

また、海外での利用も特別な手続きの必要がなく、普段使用している端末でそのまま通信できるところが魅力のひとつです。ただし、海外利用時の料金は別途請求されます。

縛りなしWiFi

縛りなしWiFiは、その名の通り契約期間の縛りがないポケットWi-Fiです。

他社では基本的に3,000円で統一されている契約事務手数料も縛りなしWiFiなら1,000円で済み、端末代金もかからないところが特徴です。

さらに料金は「月額3,300円」とリーズナブルで、ルーター端末はWiMAXとソフトバンクのPocketWiFiの2種類です。機種に応じて、対応エリアと通信速度が決まりますよ。

ただし、WiMAXのハイスピードプラスエリアモード(LTE回線)への切り替えには原則対応していません。そのため、手元の端末で万が一切り替えを行ってしまった場合には「月額1,005円のオプション料」を上乗せ請求される場合もあります。

また、その月のデータ通信量も無制限から7GBまでに制限されてしまうため、注意しましょう。

STAR WiFi

STAR WiFiも契約期間に縛りのないポケットWi-Fiです。

初期費用は他社で一般的な契約事務手数料2,980円に加えて、端末新規登録料として4,980円が必要です。ただし、月額料金は3,373円とリーズナブルですよ。

回線はソフトバンクのものを使用しているため、ソフトバンクのスマホが繋がるエリアならどこでも利用できます。

通信速度も、端末代込みプランで選べる「601HW」を例に挙げると、下り最大612Mbps・上り最大37.5Mbpsの高速通信が可能です。

ソフトバンクやドコモは無制限に対応していない?

ソフトバンクとドコモは、auとあわせてスマホの三大キャリアとして知られています。

ポケットWi-Fiのサービス自体は展開されていますが、いずれも月間データ通信量に上限のあるプランのみの提供で、無制限プランは用意されていません。

ソフトバンクの場合、先ほどご紹介した「縛りなしWiFi」と「STAR WiFi」でなら無制限プランで回線を利用することができますので「どうしてもソフトバンク回線がよい」という方は「縛りなしWiFi」か「STAR WiFi」のいずれかのサービスの利用を検討しましょう。

無制限プランと完全無制限は違う!契約時の注意点

無制限プランの契約で注意しておきたいのが、一定のデータ通信量を超えると速度制限がかかる場合があり、「完全無制限」の会社だけではないという点です。

無制限プランを提供している6社のうち、次の4社では以下のような速度制限がありますよ。

契約先 速度制限の条件 制限期間 制限後の速度
UQ WiMAX
3日間で10GB以上
翌日の18~26時
おおむね1Mbps
au モバイルルーター
ワイモバイル PocketWiFi
翌日の18~25時
縛りなしWiFi
1日で2GBまで
当日中
最大128kbps

上記のような一時的な速度制限も一切なく、完全無制限で使えるポケットWi-Fiは「どんなときもWiFi」と「STAR WiFi」の2社だけなので、覚えておきましょう。

3日で10GBの制限がかかるとどれくらい遅くなる?

速度制限としてWiMAXやPocketWiFiで採用している「3日で10GB以上のデータ通信」という条件ですが、これを超えてしまうと制限後の速度は最大1Mbpsになります。

「それって実際どれくらい遅いのか」「我慢できないくらい遅くなってしまうのは困る……」と心配な方のために具体例を挙げましょう。

最大1Mbpsでも次のような操作ならストレスなく行うことができます。

  • メールの送受信
  • テキスト主体のSNSやWebサイトの閲覧
  • YouTubeを標準画質で再生

オンラインゲームや株の売り買いなどに対応できる安定さはありません。しかし、一般的なインターネットの利用としては問題なく行えます。

最大1Mbps制限されたからといって、日常的に困ることはあまりないでしょう。

無制限プランのある6社のデータを比較!

ここまでご紹介してきた6社のデータをまとめると、次のとおりです。

契約先 月額料金 最大通信速度 対応エリア 契約期間
UQ WiMAX
4,380円
1.2Gbps
2年・3年
au モバイルルーター
4,292円
1.2Gbps
2年
ワイモバイル PocketWiFi
4,380円
988Mbps
なし
どんなときもWiFi
3,480円
150Mbps
2年
縛りなしWiFi
3,300円
867Mbps
なし
STAR WiFi
3,373円
612Mbps
なし

※月額料金はクレジットカード払いの場合

最も月額料金が安いのは「縛りなしWiFi」の3,300円ですが、UQ WiMAXが販売元となっているWiMAX回線はほかのプロバイダからも契約を行うことができます。同じ通信速度・エリア・契約期間でさらにリーズナブルな月額料金を実現しているプロバイダも数多く存在しています。

WiMAX回線を契約するのであれば、プロバイダ経由で申し込むのが最もお得になります。

次の項目でプロバイダごとの料金設定を詳しく見ていきましょう。

WiMAXはプロバイダによっても料金が異なる!データを比較!

ここからは、WiMAXを取り扱うプロバイダ別に、さらに掘り下げて月額料金を比較していきます。

WiMAXはプロバイダごとに独自のキャンペーンを実施しているところが魅力のひとつです。なかには、契約時に高額なキャッシュバックを受け取れるプロバイダもあります。

目安として、3年間の月額料金からキャッシュバック額を差し引いた「実質の支払い料金」についても記載しましたので、ぜひ参考にしてください。

■料金の比較条件

  • 最新機種W06を使用
  • ギガ放題プラン
  • クレジットカード払い
プロバイダ 月額料金 キャッシュバック 3年間実質料金 解約違約金
GMOとくとく
BB(CB)
1か月目~2か月目:3,609円
3か月目~36か月目:4,263円
34,500円
120,660円
1ヶ月目~12ヶ月目まで:19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目まで:14,000円
25ヶ月目以降、契約更新月以外:9,500円
GMOとくとく
BB(割引)
1か月目~2か月目:2,170円
3か月目~36か月目:3,480円
2,000円
123,660円
JPWiMAX
1か月目~3か月目:2,800円
4か月目~24か月目:3,500円
25か月目~36か月目:4,100円
10,000円
124,100円
1年未満:30,000円
1年~3年まで:25,000円
3年以降、契約更新月以外:9,500円
Broad WiMAX
1か月目~2か月目:2,726円
3か月目~24か月目:3,411円
25か月目~36か月目:4,011円
0円
131,626円
1ヶ月目~12ヶ月目まで:19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目まで:14,000円
25ヶ月目以降、契約更新月以外:9,500円
BIGLOBE WiMAX※
1か月目~3か月目:2,980円
4か月目~36か月目:3,980円
7,000円
155,480円
1ヶ月目~12ヶ月目まで:1,000円(ギガ放題1年の場合)
13ヶ月目以降:0円
カシモWiMAX
1か月目:1,380円
2か月目~24か月目:3,580円
25か月目~36か月目:4,079円
0円
135,668円
1ヶ月目~12ヶ月目まで:19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目まで:14,000円
25ヶ月目以降、契約更新月以外:9,500円
UQ WiMAX※
3,880円
3,000円
154,680円
契約更新月以外:1,000円

※2020年1月時点での料金です。

※別途事務手数料3,000円がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

※1:別途端末料金がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

キャンペーンによるキャッシュバック額を反映させると、3年間の実質料金が最も安いのは「GMOとくとくBB WiMAX」という結果になりました。

続いて「JP WiMAX」「Broad WiMAX」となっています。

JP WiMAXは、更新月以外に解約を行ってしまうと、そのほかのプロバイダよりも多めの違約金が発生するので要注意しましょう。

無制限でおすすめのポケットWi-Fiは?

最終的にどのポケットWi-Fiが最もおすすめなのか、料金やエリア、契約期間などそれぞれのニーズに合わせてピックアップしました。

自分の希望にぴったりのポケットWi-Fiを見つけてみましょう。

とにかく安さを追求するなら「GMOとくとくBB WiMAX」

「とにかく安さを1番重視する」という方には、GMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAXでは34,500円の高額キャッシュバックと、ギガ放題でも2,180円から利用できる大幅割引キャンペーンを選んで利用できるので、実質料金がWiMAXプロバイダでは最安値ですよ。

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックを受け取る際には手続きが必要ですので、忘れずに申請してくださいね。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

口座振替が良いなら「BIGLOBE WiMAX」

プロバイダのなかには、料金の支払い方法がクレジットカードのみのサービスもあるので、カードをお持ちでない方にとっては「口座振替に対応しているかどうか」が大きな注目ポイントです。

口座振替で無制限プランが契約できるサービスはUQ WiMAX・BIGLOBE WiMAX・Broad WiMAX・どんなときもWiFiの4社です。

しかし、クレジットカード払いでも口座振替でもキャンペーン内容や月額料金が変わらないのは、BIGLOBE WiMAXとUQWiMAXだけです。

Broad WiMAXでは口座振替を選ぶと初期費用無料キャンペーンが適用外になり、契約時に18,857円が上乗せされてしまうため、割高になってしまいます。どんなときもWiFiでは口座振替の場合、月額料金がクレジットカード払いより500円高いですよ。

また、実質料金はUQWiMAXよりもBIGLOBEWiMAXの方が安いので、口座振替を利用したい方はぜひチェックしてみましょう。

BIGLOBE WiMAXの申し込みはコチラから

BIGLOBE WiMAX

違約金をかけずに乗り換えたいなら「Broad WiMAX」

すでにポケットWi-Fiを利用中で、この度乗り換えを検討している方にはBroad WiMAX がおすすめです。

Broad WiMAX だと、現在契約中のサービスで発生する違約金を最大19,000円まで負担してもらえます。 対象となるサービスは、ほかのプロバイダのWiMAX・ワイモバイル・SoftBank Airです。

これらのサービスからの乗り換えなら、更新月以外のタイミングでも違約金は実質無料となるため、自己負担をだいぶ軽くすることができます。

Broad WiMAXの申し込みはコチラから

Broad WiMAX

広いエリアで完全無制限がよいなら「どんなときもWiFi」

「せっかく無制限プランを利用するなら、短期の速度制限も一切なしの完全無制限がいい」という方には、完全無制限かつトリプルキャリアで広いエリアもカバーできる「どんなときもWiFi」がおすすめです。

口座振替よりもクレジットカード払いのほうが月々500円安く利用できるので、カードをお持ちの方はクレジットカード払いを選択しましょう。

どんなときもWiFiへの申し込みはコチラから

どんなときもWiFi

契約期間に縛られずに完全無制限で利用したいなら「STAR WiFi」

どんなときもWiFiには2年間の契約期間があるため「縛りなしで気軽に利用したい」という方は、もうひとつの完全無制限サービス「STAR WiFi」を選びましょう。

どんなときもWiFiとほぼ同水準の月額料金の安さで、通信速度も最大612Mbpsと高速です。

STAR WiFiへの申し込みはコチラから

STAR WiFi

まとめ

月間データ通信量が「無制限で利用できる」ポケットWi-Fiには、主に6つのサービス会社があります。

そのなかのひとつWiMAXは選ぶプロバイダによっては、料金を安く抑えることも可能です。GMOとくとくBB WiMAXでは高額キャッシュバックと、月額料金の大幅割引キャンペーンを選んで契約できますよ。

また、完全無制限のサービスなら6社中だと「どんなときもWiFi」と「STAR WiFi」の2社しかありません。WiMAXやPocketWiFiでは「3日で10GB」などの条件によって、短期の速度制限がかかります。

広いエリアで安定した通信環境と完全無制限を求める方は「どんなときもWiFi」を選びましょう。

各社よいところもあれば欠点もあります。条件や目的に合わせて選ぶことが大切です。自分の条件に合ったサービスを選んでお得に無制限プランを楽しみましょう。

どんなときもWiFiへの申し込みはコチラから

どんなときもWiFi

  関連記事

 - スマホをもっと上手く使う