サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

【注意】auひかりのデメリット7点!営業マンが隠す注意点

  /    
  失敗しない乗り換え術

乗り換える前にチェック!auひかり営業マンが隠したがる7つのデメリット

最近ではフレッツ光に続いて人気が出てきて、テレビCMなど名前を聞く機会も増えてきたauひかり。

お客様満足度もNTTを抜いて1位になり、固定回線の中では「一番安くて速くて安心な回線」と言われるほどになりました。

今までフレッツ光を使い続けてきて「毎月高いなぁ」と悩んでいたり、またこれからネットを引く上で少しでも安いところがいいと思っているあなたにとってはピッタリの、今一番オススメ出来る回線です。

しかし、そんな一見良さそうに見えるauひかりですが、実際のところはどうなのでしょうか。

ここでは誰も教えてくれないauひかりのデメリットを紹介していくと同時に、auひかりならではこそのメリットについても解説していきます。
ぜひ今後の回線選びの参考にしてみてください!

auひかりはauのスマホをお使いの方は特にオトクな回線です。今なら最短翌月にキャッシュバック60,000円がもらえるので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね♪

フルコミットへの申し込みはコチラから

auひかり

おすすめ記事:【最新版】一番安いインターネット!光回線ランキングTOP10

乗り換える前にチェック!auひかり7つのデメリット

フレッツ光と比較すると圧倒的に安いauひかりですが、フレッツ光と比べて劣るデメリットが大きく分けて7つあります。

人によってはデメリットをデメリットと感じないほどのことだったりもしますし、いくら安くても譲れないポイントがあるかもしれませんので、あなたにとって問題のあるものがあるかどうかをチェックしていきましょう。

1.ipアドレスが「固定」

auひかりは「固定ipアドレス」になります。

ipアドレスとはインターネットの住所のようなもので、ipアドレスが固定されることで特定されたり狙われやすくなるという説が多いので、コチラがデメリットとしてあげられるのかもしれません。

しかし、固定ipアドレスでないと使えないサービスもたくさんあるので、固定でないことで不便になることもありますし、もしフレッツ光で固定ipにするには追加料金がかかるほどなので、一概にデメリットとは言えません。

また固定が危ないというのは「家の住所が特定されると怖いからホテル暮らしをする」というようなもので、ちょっと慎重になりすぎですね。

一つの住所に家を建ててもしっかりと戸締り(セキュリティ)をしていれば問題はありません。

また、固定じゃないフレッツ光は住所不特定だから誰にもバレないのかというとそんなことはなく、ネット犯罪者が次々に捕まっているように、固定でも固定じゃなくても特定される時はどうしてもされてしまいます。

2.ひかり電話は2台(2番号)まで

フレッツ光では電話機をいくつも使えるので、電話機をたくさん使いたいような事務所やお店の場合はとても使い勝手が良いですが、auひかりでは固定電話を引けるのは2番号までとなってしまいます。

(ちなみに2台の中に子機は含まれませんので、親機が2台までということです。)

番号をたくさん使いたいという人にとってはデメリットになりますが、これは少し一般的ではないというか、稀なケースと言えそうです。

3.対応プロバイダーが7社のみ

NTTでは好きなプロバイダーを選べますが、auひかりでは以下7社のプロバイダーの中からしか選べません。

au one net・So-net・BIGLOBE・@nifty・@TCOM・ASAHINET・DTI

OCNやYahoo!BBなどメジャーなプロバイダーは入っていないのと、もし現在この7社以外のプロバイダーを使っている場合は変更になります。(メアドを残す方法もあります

しかし、プロバイダーを7社にしぼったことにより実はメリットもあります。それは、プロバイダー料金が込み料金というところです。

  • フレッツ光はプロバイダーを選べるが別料金がかかる
  • auひかりはプロバイダーが限られているが別料金はかからない

こだわりのどうしても入りたいプロバイダーがある場合はデメリットになりますが、特にこだわりがない場合は逆に料金も安くなるのでauひかりがオススメ出来そうです。

4.工事が入る(無料)

他社フレッツ光を引いている場合には「光回線は通っているから工事は入らない」と思いがちですが、auひかりではフレッツ光の回線とは別の独自の回線を持っているために引き込み直す工事が必要になります。

しかし、フレッツ光の回線のルートからそのまま引き込めるので、新規穴あけ工事などはほとんどせず、すんなりと回線を通すことが出来ます。

また、auひかりでは工事費を無料にするキャンペーンが適用になるために、フレッツ光のように工事費を負担する必要はありません。

(工事費無料にするためには、30ヶ月以上継続利用、ひかり電話の2つの条件があります。)

5.申し込みから工事まで1ヶ月前後かかる

フレッツ光を申し込むと約2週間後には工事が入りますが、auひかりは申し込んでから約1ヶ月ほどかかってしまいます。(混み具合による)

ネットが使えない状態ですぐにでも使いたい人にはデメリットになるので、もし契約するときにはお早めに、前もって申し込んでおく必要がありそうです。

6.3年間の自動更新がある

auひかりに限らず、ケータイ電話を含めた通信関係にはどれにもつきものですが、auひかりにも年契約があります。

戸建ての場合は3年間の契約となり、更新月以外に解約すると15,000円の解約金が発生します。(マンションタイプはなし)

ただその分毎月の料金は比べてもかなり安くなっているため、長く使う人にとっては問題なくメリットの方が大きくなっています。

7.エリア外が多いので入りたくても入れない人も

auひかりの申し込みが可能なエリアは全国で70%ほどと言われています。(フレッツ光は90%以上)

首都圏はほとんどエリアになり、地方にもどんどんエリアを広げてはいますが、場所によっては入れない場所もありますし、またマンションの場合はauひかりの設備が導入されていないと提供することが出来ません。

とにかく安くてお得!5つのメリットもチェック!

以上auひかりの7つのデメリットでした。

確かにデメリットと言えることではありますが、ほとんどの人の場合は特に問題のないことが多いのではないでしょうか。

また、これらのデメリットとは別に、フレッツ光よりもauひかりがオススメな5つのメリットもあります。こちらも比較してみましょう。

1.料金が毎月1,000円以上安くなる(戸建て)

インターネット回線で一番気になるのは何よりも月々の料金ですよね。

というわけでまずはフレッツ光とauひかりのインターネット料金をそれぞれプロバイダー料金込みで比較します。

回線名 1年目 2年目 3年目~
auひかり 5,100円 5,000円 4,900円
フレッツ光 6,100円

(auひかり:ずっとギガ得プラン/フレッツ光:OCN・にねん割)
※マンションの場合は、auひかりが3,800円、フレッツ光が4,150円となります。

auひかりの方が毎月1,000円も安くなりますし、一年ごとに100円ずつ安くなっていくので使い続ければそれだけお得になっていくプランで、長く使うだけ嬉しいメリットがあります。

3年目からは4,900円で使えるようになるのがかなり破格ですね!auひかりの方が今すぐも安いし、長く使ってもお得な料金プランになっています。

2.キャッシュバック60,000円!

以前は電機屋さんに行けばフレッツ光の派手なキャンペーンが目に付いていましたが、現在ではフレッツ光のキャンペーンはほとんど終了。多くても5,000円程度しかもらえなくなってしまいました。

auひかりでは逆に今が一番お得な時期で、数多くの代理店がキャンペーンを行っており、キャッシュバックも最大でなんと60,000円を現金還元しているところもあります。

auひかり60,000円キャッシュバック実施中

他の光回線と比べても圧倒的に高額なので、せっかく光に入るならauひかりでお得に申し込みましょう!

3.速度も速くてストレスなし!

回線速度を比較すると、auひかり、フレッツ光と共に1ギガの高速回線を使うことが出来るので、どちらを選んでも速度的には同じです。

ただ、フレッツ光に関しては加入数が全国1位なので、かなりの回線利用者がいます。

そのため、土曜日の夜などみんなが一斉に使う時間帯では速度が遅くなったり繋がらなくなったり途切れるなんて話を聞くことがあります。

その点auひかりは全国にエリアが広がってはいますがエリアを制限しているため、土日でもゴールデンタイムでも混雑をしにくくサクサク快適にネットを使うことが出来ます。

4.スマホ1台につき1,000円引き!

テレビCMで名前だけなら聞いたことがある人も多いと思いますが、auひかりを引いていると家族のauスマホがセットで安くなる「auスマートバリュー」が適用になります。

割引額はスマホの契約プランによって変わります。

(例)

契約プラン 割引額
新auピタットプランN 永年500円
auデータMAX Pro 永年1,000円

この割引は10台まで入るので、例のように「auデータMAX Pro」を契約しているスマホが1台あれば1,000円引き。

3台もあれば毎月3,000円も安くなります。auユーザーは間違いなくauひかりでまとめたいですね!

5.フレッツ光からの乗り換え無料!

フレッツ光からauひかりに乗り換えると、大きく分けてこの2つの負担がかかります。

  1. フレッツ光の違約金(9,500円)
  2. auひかりの工事費(37,500円)

しかし、フレッツ光など他社光回線の違約金はKDDIが負担してくれます。さらに工事費も無料キャンペーン中なので、実質乗り換えでかかるのはauひかりの登録料3,000円のみです。

安くなるのはいいけどそのために負担があるのはちょっと悩んでしまいますが、今ならとってもお得に乗り換えが出来るのは大きなメリットですね!

まとめ

以上auひかりのメリット、デメリットをまとめてみました。

【デメリット】

  1. 固定ipアドレス
  2. 光電話は最大2番号
  3. 対応プロバイダが7社
  4. 工事が入る
  5. 開通まで約1ヶ月かかる
  6. 3年の自動更新
  7. エリア外の場合もある

【メリット】

  1. フレッツ光より1,000円以上安い
  2. 60,000円キャッシュバック
  3. 速度が混雑しにくく速い
  4. スマホもセットで安い
  5. 違約金&工事費がかからない

とにかく5つのメリットの方がとてもお得なので、総合的に見てみるとauひかりはとてもお得で一番オススメ出来ます。

デメリットの中で「どうしても難しい」というようなものがなければ、是非auひかりを選んでみてくださいね!

auひかりキャンペーン窓口ランキングTOP3

ひかり営業マンが徹底比較した「一番オススメのauひかり代理店サイト」をランキング形式で紹介します。「たくさんあってどこから入ればいいのか分からない」というあなたは是非参考にしてみて下さい。

1位:フルコミット【最大60,000円キャッシュバック】

auひかり フルコミットのキャッシュバックキャンペーン

  • ネット+電話で60,000円キャッシュバック!
  • ネット回線のみでも必ず50,000円キャッシュバック!
  • 有料オプション加入不要!
  • 電話で口座番号を伝えるだけで手続き完了!
  • 最短翌月にキャッシュバックを受け取れる!
 
 

当サイトが調べた中で最も好条件のキャッシュバックが行われていたのが、代理店フルコミットです。

手軽に高額なキャッシュバックをもらいたい方はフルコミットから申し込みましょう。

フルコミットへの申し込みはコチラから

auひかり

フルコミットの詳細はこちら

2位:25【最大115,000円キャッシュバック(オプションあり)】

auひかり 25のキャッシュバックキャンペーン

  • 最大115,000円キャッシュバック
  • ただし、有料オプション+即日申込が条件
  • 申し込みから約11か月に振込(要申請手続き)

人気優良代理店の1つである25(トゥエンティファイブ)。

特典を満額もらうには有料オプションの加入やキャッシュバック申請をはじめ、様々な条件がありますが、「それでも最大額のキャッシュバックを受け取りたい!」という方にはオススメです。

25への申し込みはコチラから

auひかり

代理店の詳細はこちら

3位:So-net【キャッシュバックよりも割引派のあなたは】

auひかりSo-netのキャンペーン

  • 月額料金割引実施中
    戸建て:3,500円(3年間)
    マンション:2,100円(2年間)
So-netへの申し込みはコチラから

【So-net 光 (auひかり)】

So-netでは月額料金を割引してくれる特典を用意しています。

総額を考えるとキャッシュバックがもらえる代理店がおすすめですが、「いきなり現金が入っても計画的に使えない」というような人には毎月の負担を長く減らせるのはとてもメリットになりますね。

auひかりについてもっと詳しく知りたい方は「auひかりキャッシュバックランキング」も参考にして、少しでもお得な代理店を探して見て下さい。


  関連記事

 - 失敗しない乗り換え術