サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

ポケットWi-FiとWiMAXの違いって? 失敗しないお得な選び方は?

  /    
  ポケットWiFi

サクッと光

自宅や外出先など、さまざまな場所で通信に使えるモバイルルーターサービスとして、Y!mobileのポケットWi-Fi(Pocket WiFi)とWiMAXが挙げられます。ポケットWi-FiとWiMAXには似通っている部分もありますが、細かく仕様を比べてみると、異なる部分も数多く存在します。

この記事では、ポケットWi-FiとWiMAXの違いを実際にスペック・仕様を比べながら解説します。最後までお読みいただければ、ご自身にとってどちらのサービスが合っているかを判断できますので、参考にしてください。

WiMAX×GMOとくとくBBの詳細を見る Y!mobile PocketWiFiの詳細を見る

ポケットWi-Fiとは

ポケットWi-Fiとは主にY!mobileやソフトバンクで展開されているモバイルルーターのサービスです。

ソフトバンクが所有する広い回線帯域を使えるため、通信範囲が広いのが特徴となっています。

また、月額684円(税抜)の「アドバンスオプション」に対応するルーターを購入し、ルーターの設定からアドバンスモードを適用することで、1か月のデータ通信容量が上限なしで使えることも見逃せません。

WiMAXとは

WiMAXとはUQコミュニケーションズが展開していて、GMOとくとくBB WiMAXやSo-net WiMAXなど、さまざまなプロバイダから申し込むことができる無線のインターネットを指しています。

WiMAXは通信スピードが速いことが魅力で、最新のルーターであるW06では下り最大1.2Gbpsの通信に対応しています。

そしてWiMAXはプロバイダごとにさまざまなキャンペーンを行っていて、キャッシュバックや月額割引などの特典を受け、お得に利用できるのも見逃せないメリットです。

WiMAXでは「ギガ放題」プランを選ぶことで、月間の通信容量上限なしで使えるのも要チェックポイントでしょう。

ポケットWi-FiとWiMAXのサービスの違い

 

ポケットWi-FiとWiMAXには似ている部分もありますが、仕様が大きく異なっている部分も存在します。

10種類の項目でサービスの違いを比較してみましたので、契約先を決めるにあたっての参考にしてください。

①対象機種

ポケットWi-Fi、WiMAXのどちらも、たくさんの選択肢から希望のルーターを選べます。以下の表に、主な対象機種(2020年6月時点)をまとめてあります。

  ポケットWi-Fi(Y!mobile) WiMAX(GMOとくとくBB)
対応機種 ・801HW
・701UC
・601ZT
・603HW
・502HW
・WX06
・W06
・WX05
・L02
・HOME 02
・HOME 01
・L01s


WiMAXでは「ホームルーター」と呼ばれる、自宅用の据置式ルーターを選ぶこともできます。

ホームルーターは同時にインターネットに接続できる台数が多かったり(例:W06は16台、ホームルーターのL02は42台)、電波を広い範囲に届けられたりするメリットがありますので、自宅メインでインターネットを使う方にオススメの選択肢です。

②速度(USB接続時)

ポケットWi-FiとWiMAXの通信速度も異なります。まずは、USB接続でノートパソコン等と接続した際の速度を比べてみましょう。

  ポケットWi-Fi(801HW) WiMAX(W06)
下り最大速度 988Mbps 1.2Gbps

※有線接続や一部エリア限定など一定の条件を満たした場合の最大通信速度です


最大通信速度を比較すると、ポケットWi-FiよりWiMAXの方が高速です。

③速度(無線LAN接続時)

スマートフォンなどの機器と無線LANで接続する場合は、USB接続より通信速度が下がります。

  ポケットWi-Fi(801HW) WiMAX(W06)
下り最大速度 588Mbps 867Mbps


無線LAN接続時でも、WiMAXのほうが最大通信速度は高速という特徴があります。

なおWiMAX・ポケットWi-Fiともに、最大通信速度はあくまで仕様上の速度です。使う場所によっては、WiMAXよりもポケットWi-Fiの方が電波を受信しやすく、高速で通信できるケースもあります。

④データ通信量・速度制限

ポケットWi-Fi・WiMAXともに、データ通信量と速度制限の内容が決まっています。以下にそれぞれの通信量上限や、速度制限内容をまとめたのでご確認ください。

  ポケットWi-Fi WiMAX(W06)
通信量上限 アドバンスオプション適用時:なし

標準モード:7GBなど(端末ごとにプラン、上限が異なる場合あり)
ギガ放題適用時:なし

通常プラン&ハイスピードプラスエリアモード:7GB
速度制限 アドバンスオプション適用時:3日間につき10GB以上通信時、当日18時~翌日1時頃まで1Mbpsに制限

標準モード:月末まで128kbpsまで制限
ギガ放題適用時:3日間につき10GB以上通信時、翌日18時~翌々日2時頃まで1Mbpsに制限

通常プラン&ハイスピードプラスエリアモード利用時:月末まで128kbpsに制限

WiMAXもポケットWiFiも無制限でのデータ使い放題プランやサービスがありますが、直近3日間に10GB以上通信すると夜間に速度制限がかかってしまいます。

SNSやネットサーフィン程度であれば、1Mbpsでも十分快適にサービスを利用できます。 しかし、動画再生やオンラインゲームなどは、速度制限がかかると読み込み時間が長くなり、快適にサービスを利用できない恐れがあるので注意しましょう。

制限内容はどちらかというとポケットWi-Fiの方が緩く、制限がかかる時間は1時間ほど短くなっています。ただし、深夜の制限が1時間短いだけですので、真夜中に通信する機会が多くない限りは、それほど差を気にする必要はないでしょう。

また、使い放題以外のサービスには、7GBなどの通信量上限があることに気をつけましょう。ハイスピードプラスエリアモードで速度制限に達すると、ギガ放題も速度制限は月末まで継続しますよ。

⑤エリア

ポケットWi-FiもWiMAXも提供エリアは日本全国ですが、使われている回線の種類が異なりますので、エリアも変わってきます。

  ポケットWi-Fi(801HW) WiMAX(W06)
使われている回線 ソフトバンク回線(AXGP、FDD-LTE、TDD-LTE) WiMAX2+
au 4GLTE(ハイスピードプラスエリアモード利用時)


各社のエリア確認サイトで、使いたい場所で利用できることを確認してから申し込みましょう。

⑥稼働時間

ポケットWi-FiやWiMAXはバッテリー駆動ですので、稼働時間も決まっています。最新ルーターにおける稼働時間をご覧ください。

  ポケットWi-Fi(801HW) WiMAX(W06)
バッテリー駆動時間 8時間、省電力設定時10時間 9時間(スマート設定時)

※スマート設定は、いわゆる省電力設定です。 ご覧のとおり、省電力設定をするなら801HWの方が長持ちします。

ポケットWi-FiやWiMAXのルーター性能は機器ごとに異なりますので、他のルーターを申し込む場合はスペックを確認し、実際のバッテリー駆動時間をご確認ください。

なお、WiMAXのホームルーターはコンセント接続なので、外に持ち出せない代わりにバッテリーを気にせず使えます

⑦サイズ

ポケットWi-FiとWiMAXのルーターは、機種によっても異なってくるものの、サイズが概ね同じくらいです。

2020年6月時点での、最新ルーターのサイズを比べてみました。

  ポケットWi-Fi(801HW) WiMAX(W06)
サイズ 128.4×65.6×13.8mm 128×64×11.9mm


見てのとおり、わずかにW06の方がコンパクトですが、ほとんど誤差の範囲内といえます。

機種によってはもっと小さかったり、反対に大きかったりしますので、ルーター選びの際は実際に家電量販店などで現物を見て確認することをオススメします。

⑧重量

ルーターの重量も機種ごとに異なりますので、一例として2020年6月時点の最新ルーターにおける重量をご覧ください。

  ポケットWi-Fi(801HW) WiMAX(W06)
重量 145g 125g


重量は、WiMAXのW06の方が20g軽量でした。軽量なルーターのほうが、持ち運びにおけるストレスを軽減できて有利です。

⑨月額費用

ポケットWi-FiやWiMAXは、契約先によって月額費用が異なります。

以下の表では、Y!mobileのポケットWi-FiとGMOとくとくBBのWiMAXの月額料金を比べています。

  ポケットWi-Fi(Y!mobile、801HW利用時) WiMAX(GMOとくとくBB、W06)
月額料金(税抜) アドバンスオプション適用時:4,380円
標準モード:3,696円
ギガ放題プラン
初月~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目~:4,263円
通常プラン
3,609円
端末代 1,050円×36回、月額割引で実質無料 0円
その他 なし 27,200円キャッシュバック


月々の支払額はわずかにWiMAX(GMOとくとくBB)の方が割安です。

しかし、重要なのはキャッシュバックと端末代割引です。ポケットWi-Fiは端末代を月額割引で実質0円にするしくみですが、WiMAX(GMOとくとくBB)は特典で端末代金そのものが0円になります。

さらにGMOとくとくBBでは、2020年6月時点で27,200円のキャッシュバックをもらえます。キャッシュバックを考慮した場合、3年間WiMAXとポケットWiFiを利用したときの実質料金は以下のとおりです。

  実質月額料金(税抜)
GMOとくとくBB WiMAX(ギガ放題) 127,960円
ポケットWiFi(アドバンスオプション) 160,680円
※2020年6月時点の情報

月額費用はキャッシュバックが受け取れるGMOとくとくBB WiMAXのほうが、お得と言えるでしょう。

なお、プロバイダごとに料金や特典が異なりますので、選び方によってはポケットWi-Fiの方がお得になるケースもあります。

⑩契約期間

2020年6月時点におけるポケットWi-FiとWiMAXの契約期間は、同じと考えてよいでしょう。

  ポケットWi-Fi(Y!mobile) WiMAX(GMOとくとくBB)
契約期間 3年 3年

※プロバイダによっては、WiMAXを1~2年契約できるケースもあります。

WiMAXはもともと2年契約が主流でしたが、2020年6月時点では、GMOとくとくBBやBroad WiMAXなどさまざまなプロバイダが3年契約プランを中心に展開しています。 UQ WiMAXでは2年契約が、BIGLOBE WiMAXでは1年契約ができるので、もし短い契約期間を希望する場合は検討してみましょう。

ポケットWi-Fiを比較する際のポイント

 

申し込むポケットWi-Fiの窓口を選ぶにあたっては、性能・サービス内容を比較する必要がありますが、チェックしておきたいポイントは以下の4点です。

  • データ容量
  • 速度制限の内容
  • 月額料金の安さ
  • 活動範囲におけるつながりやすさ・速さ


4つの条件について確認し、それぞれ希望を満たしている契約先を選びましょう。

①データ容量

WiMAXやポケットWi-Fiでは、選ぶプランや機種(ポケットWi-Fiの場合)によって使えるデータ容量が異なります。希望に合うデータ容量で契約しましょう。

たとえば、使い放題の契約をしたい場合は、WiMAXならギガ放題での契約が必須、ポケットWi-FiはY!mobileで801HWなどの対応機種を購入して「アドバンスオプション」を申し込む必要があります。

②速度制限

ポケットWi-Fi・WiMAXともに速度制限がありますので、事前に内容を確認しましょう。仕様を知らずに使っていて、突然速度制限にかかり困ることもあります。

たとえば、使い放題のWiMAX「ギガ放題」やY!mobileのポケットWi-Fiにおける「アドバンスモード」では、それぞれ直近3日間に10GBの高速通信上限があり、使い切ると夜間に速度が制限されますのでご注意ください。

③月額料金が安いか

WiMAXやポケットWi-Fiは、契約窓口ごとに月額料金が異なります。各窓口の料金設定を比較して、一番割安なものを選びましょう。キャッシュバックや月額割引などの特典も、考慮する必要があります。

④高速通信できる対応エリア

WiMAX・ポケットWi-Fiともに提供エリアが決まっていますので、エリア検索をして活動範囲(自宅、学校、会社など)で使えるかどうか確認しましょう。高速・割安でも、エリア外でしたら使えませんので、意味がなくなってしまいます。

ポケットWi-Fiの選び方

 

最後に、ここまでの解説を踏まえつつ、あらためて契約するポケットWi-Fi・WiMAXを選ぶ流れを順番に解説します。下記の手順に沿って、申込みを進めてみてください。

①契約プランを決める

まずは、使うプランを決めましょう。たとえば、WiMAXを通信量上限なしで使いたい場合は、「ギガ放題」を選ぶこととなります。ポケットWi-Fiを使い放題で利用したい場合は、「Pocket WiFiプラン2」にオプションで「アドバンスオプション」を適用すると良いでしょう。

②機種を決める

モバイルルーターサービス各社では、複数の選択肢から使う機種を選べますので、希望に合う性能・機能の機種を選びましょう。迷ったら、速度・使えるサービスなどがもっとも充実している最新のルーターを選ぶことをオススメします。

③プロバイダを決める

モバイルルーターサービスには複数の申し込み窓口(プロバイダ)がありますので、利用するプロバイダを選びましょう。

WiMAXはプロバイダが豊富で、プロバイダごとにキャッシュバックなど異なる申込み特典があったり、月額料金が異なっていたりします。

還元額だけでなく、キャンペーン適用条件(指定プラン申し込み、オプション契約、特典の受け取り手続き内容など)も合わせて確認し、自分に合うプロバイダを選ぶことが大事です。

なお、プロバイダによっては取扱機種が限られていることにご注意ください。

まとめ

 

今回は、WiMAXとポケットWi-Fiのサービス内容・機種性能の比較や、契約するモバイルルーターサービスの選び方について解説しました。

ポケットWi-Fiは主にエリアの広さやWiMAXより1時間短い速度制限の短さ、WiMAXはスピードの速さや特典の充実が魅力です。月額料金やルーター性能、提供エリアの範囲などを調べて、自分に合ったサービスを申し込みましょう。

とくにWiMAXは特典の異なるさまざまなプロバイダがありますので、申込み窓口選びも重要です。自分の使い方に合った窓口を選び、お得にサービスを活用してください。

WiMAX×GMOとくとくBBの詳細を見る Y!mobile PocketWiFiの詳細を見る

  関連記事

 - ポケットWiFi