サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

【ちょっとまって】auひかりで一番お得なキャッシュバックを受け取る方法!15社を徹底比較

  /    
  auひかり

auひかりどこで申し込む?

auひかりは申込窓口によって、高額のキャッシュバックが受け取れます。

しかし、キャッシュバックは適用条件や振込時期が窓口によって違いますし、金額以外にも注目すべきポイントが多いので、結局どこで申込めばいいのか迷ってしまいますよね。

結論として、auひかりをもっともお得に申し込みたいのであれば、代理店サイトかプロバイダ窓口の利用がオススメです!
なかでも、最短翌月末に最大60,000円のキャッシュバックがもらえる「フルコミットは、2020年5月時点でもっともオススメな窓口となっています。

今回は、フルコミットを含めたauひかりの窓口15社を以下のポイントで徹底比較してみました。

  • キャッシュバック額
  • オプション加入の有無
  • 申請手続きのカンタンさ
  • 振込時期

記事内では、キャッシュバック窓口の選び方や、auひかりのキャッシュバックに関するよくある質問と答えも紹介しますので、お得にauひかりを申し込みたい方はぜひご覧ください。

auひかりのキャッシュバック窓口はプロバイダ経由か代理店サイトがオススメ

auひかりは公式サイト以外にも、以下の窓口から契約できます。

  • 代理店サイトやプロバイダ窓口(Web申し込み)
  • auショップ
  • 家電量販店

どの窓口でも独自キャンペーンを実施しているので公式サイトから申し込むよりお得ですが、もっともお得なのは「代理店サイトやプロバイダ窓口」です!

なぜ代理店サイトやプロバイダ窓口の利用がもっともお得といえるのかは、以下2つの理由にあります。

  • 理由①:キャッシュバックなどの特典内容が、ほかの窓口より充実している
  • 理由②:実質料金最安でauひかりを申し込める

ひとつずつ、くわしく解説していきましょう。

理由①:キャッシュバックなどの特典内容が、ほかの窓口より充実している

冒頭でお話ししたとおり、auひかりは公式サイト以下にも以下の窓口から申し込むことができます。

  • 代理店サイトやプロバイダ窓口(Web申し込み)
  • auショップ
  • 家電量販店

どこから契約をしてもauひかりのサービス内容に変わりはありませんが、もっともお得に申し込めるのは「代理店サイトやプロバイダ窓口」からの申し込みです!

auショップや家電量販店には、スタッフへ直接契約内容を確認できるというメリットがあります。
しかし、店員を雇うと人件費や店舗維持費で予算が削られてしまうため、結果的にキャッシュバックへ充てる予算が少なくなってしまうのです。

一方、代理店サイトやプロバイダ窓口は店舗をかまえる必要がないので、auショップや家電量販店のように人件費や店舗にかけるコストを大幅にカットできます。
その結果、浮いた予算をキャッシュバックや豪華な契約特典でユーザーに還元できるのです!

理由②:実質料金最安でauひかりを申し込める

理由①で説明したとおり、auひかりは実店舗から申し込むより代理店サイトやプロバイダ窓口から申し込んだほうが高額キャッシュバックを手にできます。
キャッシュバック額が高いということは実質料金も必然的に安くなるので、auひかりを申し込むなら代理店サイトやプロバイダ窓口の利用がオススメなのです。

しかし、代理店サイトやプロバイダによってもauひかりのキャッシュバック額や適用条件は違います。
本当にお得な窓口を見極めるには、以下の条件を加味した状態で各社の実質料金を調べることが重要です。

  • オプション加入の有無
  • 契約期間内の月額料金
  • 特典による割引額

一見、高額キャッシュバックを掲げているサイトでも、満額受け取るためには有料オプションに入らなくてはならないことがあります
これではどんなにキャッシュバック金額が高くても、実質料金を安くすることはできません。

<ひかり電話は申し込むべきオプション!>
キャッシュバックのオプションの中でも、ひかり電話だけは申し込んでも損しないオプションです。
その理由は、以下の2点です。
・スマホとのセット割「auスマートバリュー」の条件になっている
・工事費実質無料(戸建てのみ)の特典の条件になっている
ひかり電話の月額料金500円(税抜)以上のメリットが受けられますから、キャッシュバック条件の「ひかり電話」部分はデメリットになりません

一方、キャッシュバックがなくても、窓口によっては月額料金の大幅割引特典を受けられるところがあります。
場合によっては大幅割引特典のほうが実質料金を安くできる可能性もあるので、窓口を選ぶ際は、すべての条件を加味した実質料金をチェックする必要があるのです。

そこで、auひかりのプロバイダ窓口8社とキャッシュバックを実施している代理店窓口3社の実質料金を、以下の条件で比較してみました。

実質月額料金 = (月額料金総額 + 事務手数料 + 工事費 ― キャッシュバック額や月額料金割引額) ÷ 契約月数
※契約期間は、戸建て36ヶ月、マンション24ヶ月
  窓口名 独自の特典内容 CB受け取り時期 その他条件 実質月額
戸建て※1 マンション
プロバイダ GMOとくとくBB(CB) 最大61,000円CB 12か月目と23か月目 メールで手続き
3,247円
1,225円
GMOとくとくBB(CB・割引) ・月額料金割引
・最大30,000円CB
12か月目と23か月目 メールで手続き
3,139円
1,367円
So-net 月額料金割引
3,467円
2,502円
BIGLOBE 最大50,000円CB 11か月目と24か月目 メールで手続き
4,039円
2,163円
DTI 38,000円CB 13か月目 メールで手続き
4,372円
2,663円
@nifty 最大30,100円CB 12か月目と24か月目 メールで手続き
4,592円
2,992円
BIGLOBE
(月額割引)
月額料金割引
4,847円
2,569円
au one net(公式) 10,000円CB 4か月目 au WALLETへチャージ
5,150円
3,350円
ASAHIネット 月額料金割引 無条件
5,376円
4,246円
@TCOM
5,428円
4,246円
代理店サイト フルコミット 最大60,000円CB 翌月末と6か月後 2回目はメールから手続き
3,761円
1,746円
25 戸建て:最大60,000円CB
マンション:最大50,000円
11か月後 有料オプション必要
書面で手続き
即日申込
3,761円
2,163円
グローバルキャスト 戸建て:最大60,000円CB
マンション:最大45,000円CB
7か月目 有料オプション必要
書面で手続き
即日申込
3,761円
2,371円
NNコミュニケーションズ 戸建て:最大52,000円CB
マンション:最大47,000円CB
翌月末と6か月後 2回目はメールから手続き
3,983円
2,288円
NEXT 戸建て:最大52,000円CB
マンション:最大47,000円CB
翌月末と6か月後 2回目はメールから手続き
3,983円
2,288円
アシタエクリエイト 45,000円CB 翌月末
4,178円
2,371円

※価格はすべて税抜
※キャッシュバック=CBで表記。
※算出方法(戸建て) =事務手数料+36ヶ月分月額料金(ネット+電話)ーCB料金/36
※算出方法(マンション) =事務手数料+24ヶ月分月額料金(ネット+電話)ーCB料金/24
※月額料金割引の場合は、割引後の価格で算出。
※1:「ずっとギガ得プラン」(契約期間3年)を契約した場合

12社の実質料金を比較した結果、代理店サイトならフルコミット、プロバイダ窓口ならGMOとくとくBBがもっとも安く契約できることがわかりました。
ただし、この2つの窓口はキャッシュバック額や受取完了期間に違いがあります。

下の項目で、さらにくわしく各窓口のキャンペーン内容を解説していきましょう。

auひかりのオススメキャッシュバック&料金割引窓口

今回、auひかりの申込窓口としてとくにオススメしたいのは、以下の3社です。

それぞれ実施しているキャンペーン内容や、キャッシュバックの適用条件などを解説していきましょう。

キャッシュバックの多さ・もらいやすさ受け取り時期が早い!フルコミット

フルコミット春の画像

当サイトでは、以下のポイントからフルコミットをauひかりのオススメ申し込み窓口第1位にしました!

  • 最短翌月末に最大60,000円のキャッシュバックがもらえる
  • オプション加入条件なしで現金キャッシュバックがもらえる

各ポイントについてくわしく解説していきましょう。

最短翌月末にもらえる!最大60,000円キャッシュバック

フルコミットでは、auひかり電話とネットを同時契約すると60,000円、ネット契約だけでも50,000円のキャッシュバックがもらえます。
60,000円のキャッシュバックは、のちほどキャッシュバック額No.1として紹介する「GMOとくとくBB」(最大61,000円)に匹敵するレベルなので、かなり優秀ですよ!

ちなみに、ひかり電話は「auスマートバリュー」「工事費実質無料(auひかりスタートサポート)」といった公式キャンペーンの条件になっています。
ほとんどの方が同時申し込みするものですので、電話が条件になっていることはデメリットにはなりませんからご安心ください!

フルコミットのキャッシュバックは、以下のとおりフルコミットとプロバイダSo-netの2ヶ所から別々に振り込まれます。

フルコミット キャッシュバックの内訳引用:フルコミット

最大60,000円のキャッシュバックをもらった場合、実質料金はどこまで安くなるのか戸建てタイプ・マンションタイプ別に見てみましょう。

【戸建てタイプ】

事務手数料 3,000円
2~12か月目 61,600円
13~24か月目 66,000円
25~36か月目 64,800円
工事費 0円
キャッシュバック -60,000円
合計 135,400円

※価格はすべて税抜
※「ずっとギガ得プラン」(契約期間3年)を契約した場合

【マンションタイプ】

事務手数料 3,000円
2~24か月目 98,900円
工事費 0円
キャッシュバック -60,000円
合計 41,900円

※価格はすべて税抜
※「V16/G16/都市機構DX/都市機構G」(契約期間2年)のいずれかを契約した場合

フルコミットの場合、自社分のキャッシュバックと、So-net分のキャッシュバックで合計2回、申請手続きが必要です。
しかし、フルコミット分のキャッシュバックは申込時にかかってくる電話で口座情報を伝えれば翌月末に振り込まれるので、もらい忘れる心配がありません

So-net分のキャッシュバックは契約から4か月後に届くメールで手続きをおこなう必要がありますが、口座情報を入力すれば早くて当日中に現金が振り込まれるので安心です。

オプション加入条件なしで現金キャッシュバックがもらえる

フルコミットのもうひとつのメリットといえば、オプションに加入する必要なく、現金キャッシュバックがもらえる点です。

フルコミットでは、ネット契約だけでも50,000円という高額キャッシュバックがもらえます!
窓口の中には複数の有料指定オプションに申し込まなければキャッシュバックを受け取れないところもあるので、これはかなり嬉しいポイントですね。

このように、キャッシュバックを全額受け取るまでの期間や受け取りやすさ、金額などで考えても、フルコミットがauひかりの申込み窓口No.1といえます。

\オプション加入条件なしで現金キャッシュバックがもらえる/

auひかり×フルコミットのキャンペーン詳細はこちら

キャッシュバック額No.1!GMOとくとくBB

auひかりのプロバイダであるGMOとくとくBBから申込む際には、2つのキャンペーン窓口を選んで契約できます。

理由②:実質料金最安でauひかりを申し込めるで料金を比較したとおり、auひかりの実質月額料金はGMOとくとくBBからの申し込みが最安です!

では、GMOとくとくBBの2つのキャンペーンについて、オススメできるポイントや注意点などをさらにくわしく解説していきましょう。

戸建てなら月額料金割引キャンペーンがお得!

auひかり GMOとくとくBB - 月額2,600円~キャンペーン
実質料金
(実質月額)
戸建て:3,139円
マンション:1,367円
月額料金
戸建て:5,100円
マンション:3,800円
キャッシュバック
最大30,000円
月額割引
戸建て:4,000円(3年間)、マンション:2,600円(2年間)
オプション
ひかり電話
キャッシュバック受取時期
申し込みから12か月後と24か月後の2回
申請手順
1.申し込みから11か月後に届くメールで口座情報を伝える
2. 申し込みから23か月後に届くメールで口座情報を伝える

※価格はすべて税抜

戸建てタイプでGMOとくとくBBからauひかりを契約した場合、もっとも実質料金が安くなるのが月額料金割引&30,000円キャッシュバックキャンペーンです。

auひかりの戸建てタイプをひかり電話込で申込んだ場合、基本料金は5,600円〜ですが、3年間の契約期間内は4,000円まで値引きされます。
また、マンションタイプをひかり電話込で契約した場合も、基本料金4,300円~が2年間2,600円になりますよ。

さらに、こちらのキャンペーンでは、月額料金割引を受けても30,000円のキャッシュバックがもらえる点も嬉しいポイントです!

キャッシュバックキャンペーンの適用にはひかり電話の加入が必要ですが、GMOとくとくBBはプロバイダ特典でひかり電話のオプション料金(500円/月)が無料になります。
これなら実費負担がないので安心ですね。

ただし、GMOとくとくBBのキャッシュバックは契約から数ヶ月後、2回に分けて申請をしなくてはならないので、もらい忘れないよう注意が必要です。

のちほどauひかりを申し込んでキャッシュバックを受け取る手順 の項目で確実に受け取るためのポイントなどを解説しているので、あわせてご覧ください。

\月額割引&最大30,000円キャッシュバック/

auひかり×GMOとくとくBBの詳細を見る

マンションなら高額キャッシュバックキャンペーンがお得!

auひかり GMOとくとくBB - 高額キャッシュバック
実質料金
(実質月額)
戸建て:3,247円
マンション:1,225円
月額料金 戸建て:5,100円
マンション:3,800円
キャッシュバック 最大61,000円
月額割引
オプション ひかり電話
キャッシュバック受取時期 申し込みから12か月後と24か月後の2回
申請手順 1.申し込みから11か月後に届くメールで口座情報を伝える
2. 申し込みから23か月後に届くメールで口座情報を伝える

※価格はすべて税抜

マンションにお住まいの方が契約する場合、GMOとくとくBBの高額キャッシュバックキャンペーンがもっとも実質料金をおさえて契約できます。
高額キャッシュバックキャンペーンは月額料金割引がありませんが、最大で61,000円のキャッシュバックが受け取れる点が特徴です。

満額のキャッシュバックをもらうには、ひかり電話の同時申込みが条件となります。
インターネットのみの契約だけでいいという方も、オプションなしで最大51,000円のキャッシュバックが受け取れますよ。

ただし、こちらの高額キャッシュバックキャンペーンも、契約から数ヶ月後2回に分けて申請をしなくてはならないので、もらい忘れないよう注意が必要です。
auひかりを申し込んでキャッシュバックを受け取る手順もよく読んで、しっかり申請手続きをおこないましょう。

\最大61,000円キャッシュバック/

auひかり×GMOとくとくBBの詳細を見る

プロバイダ独自の特典も受けられる

GMOとくとくBBは、どちらのキャンペーン窓口から申し込んでも以下のプロバイダ特典が受けられます。

  • 利用開始月の月額料金無料
  • 光電話オプション料金(500円)が戸建ては36か月、マンションは24か月無料
  • セキュリティソフト最大12か月無料
  • Wi-Fi公衆無線LAN最大2か月無料
  • auのホームIoT最大2か月無料

どれもお得な内容ですので、「キャッシュバックの受取完了時期が遅くなってもいいから実質料金を安くしたい!」という人は、GMOとくとくBBを選んでみてはいかがでしょうか。

【番外編】キャッシュバックにこだわらないならSo-netの月額料金割引もオススメ!

So-net

戸建てタイプ マンションタイプ
実質料金
(実質月額)
3,467円 2,502円
月額料金 1~36か月:3,480円 1~24か月:1,980円
キャッシュバック
月額割引 1~11か月:-2,245円
12~23か月:-2,145円
24~36か月:-2,045円
1~24か月:-3,070円
オプション

※価格はすべて税抜

プロバイダ・So-netの公式サイトでは、キャッシュバックキャンペーンの代わりにauひかりの月額料金を大幅に値下げする割引キャンペーンを実施しています。

割引キャンペーンは面倒な手続きをしなくても初月から自動適用されるので、手間をかけずにauひかりを安く契約したいと考える方にオススメです!

戸建てタイプをSo-netから申込むと、auひかりの月額料金が3年間ずっと3,480円になるので、3年間で総額53,100円分の還元が受けられることになります。
また、マンションタイプをSo-netから申し込んだ場合は、auひかりの月額料金が2年間ずっと1,980円になるので、2年間で総額43,680円分の還元が受けられますよ。

現金キャッシュバックのほうが金額的にお得ですが、So-netの特典は適用させるために必要な手続きなども必要ないので、もらい忘れるリスクもありません
「キャッシュバックをもらうより毎月安く使いたい!」というあなたは、ぜひSo-netから申し込んでみてくださいね。

\無条件で月額大幅割引/

auひかり×So-netの詳細を見る

キャッシュバック窓口を選ぶ3つのポイント

キャンペーンがオススメな窓口を紹介しましたが、auひかりの申込窓口は無数にあるので、選んだ窓口が本当に自分にあっているのか不安ですよね。

auひかりのサービス内容はどこから入っても変わらないので、同じauひかりを申込むなら少しでもキャッシュバックが高額なところを選ぶのがベストです。
しかし、キャッシュバックの適用条件や申請方法は窓口によって違うので、以下のポイントをおさえ、本当に安心して契約できる代理店を見極めましょう。

ひとつずつ詳しく解説していきます。

キャッシュバック額の内訳をチェックしよう

キャッシュバックを用意している代理店サイトなどでは、「最大150,000円のキャッシュバック!」といった驚くほど高い金額を特典として掲げていることもあります。

しかし、10万円を超えるようなキャッシュバックを掲げているところは、以下のように公式特典まで含んでいる場合がほとんどです。

《例:とある代理店Aの 「157,500円還元」の内訳》

30,000円(auひかり公式の違約金還元キャンペーン)
フレッツ光などからauひかりに乗り換える場合、そこでかかった違約金を30,000円まで還元してもらうことができますが、これはKDDIの施策なのでどこで申し込んでも適用されます。
37,500円(auひかり公式の工事費割引キャンペーン)
auひかりでは工事費が37,500円かかりますが、同額の割引が入るので実質負担はありません。これもauひかり全体でのキャンペーンです。
50,000円(代理店限定キャッシュバック)←ココに注目!
この窓口から申し込むことで代理店+プロバイダから口座に振り込まれる金額です。この金額が窓口独自で受けられるキャッシュバック額です。
40,000円(紹介キャンペーン)
代理店によっては、一緒に誰かと申し込むとキャッシュバックが増加するキャンペーンがあります。この場合は1人紹介するごとに20,000円、2人まで紹介することができます。

上記の場合、窓口独自のキャンペーンとして受けとれるのは、50,000円のキャッシュバックだけです。
違約金還元キャンペーンなどの公式特典はどこから申し込んでも適用されるので、特典の豪華さを比較する場合は、代理店独自の特典だけを見ていくようにしましょう

ちなみに、キャッシュバックの受取条件に知人などの紹介が必要なところはトラブルの元になる可能性もあるので、注意をしてください。
キャッシュバックをもらいたい人は、フルコミットやGMOとくとくBBのように、公式特典と代理店限定のキャンペーンをわけて明記していている親切な会社を選びましょう

キャッシュバック条件のオプションなどをチェック

キャッシュバック特典のある窓口から申し込む際は、キャンペーンの適用条件もしっかりチェックしたいポイントです。
たとえば、代理店の中には高額キャッシュバックを受け取る条件として、auひかりの契約とは別に以下のようなオプション契約を必須としているところもあります。

  • モバイルルーターの購入(またはレンタル)
  • ウォーターサーバー
  • 動画配信サービス
  • あんしんサポートなどの補償

条件となっているオプションが自分にとって必要な場合は問題ありませんが、不必要なオプションだった場合は契約を見合わせたほうが懸命です。
ただし、ひかり電話やセキュリティソフトなど、必要なオプションを条件としている窓口なら問題ありませんよ

受け取り時期や申請方法もチェック

キャッシュバックは窓口によって振り込まれるまでの期間や申請手続きをする時期が違います。
受け取るための手順も窓口によってさまざまなので、申し込む際はしっかり把握しておきましょう。

たとえば、以下の申請方法と振り込み時期を掲げる代理店から、申し込むとします。

  • 10ヶ月後に届くメールに送信日から1か月以内に返信をすると、翌月末にキャッシュバック

この窓口の場合、申請手続きを期間内におこなわなければキャッシュバックを受け取ることはできません
申請するタイミングを忘れてしまいそうな人や、複雑な手続きはしたくないという人は、かんたんな手続きで開通後すぐにキャッシュバックを受け取れる窓口を選びましょう。

たとえば、代理店のフルコミットでは、申し込み時にかかってくる電話で口座番号を告げれば翌月末に自社分のキャッシュバックが振り込まれます。
残りのSo-net分のキャッシュバックは後日、受取り手続きをしなくてはいけませんが、開通4か月後といった早いタイミングで届くメールから手続きできます。
So-net分は手続後早くて数時間後に現金が振り込まれまるので、忘れにくいといえるでしょう。

開通4ヶ月後でも心配という人は、キャッシュバックの申請時期をカレンダーなどにメモしておくと安心ですよ。

auひかりを申し込んでキャッシュバックを受け取る手順

オプション加入なしでキャッシュバックが最短翌月にもらえるフルコミットからauひかりを申し込み、キャッシュバックを満額受け取るまでの手順を確認しておきましょう。
あらかじめキャッシュバックを受け取るまでの流れを把握しておけば、もらい忘れる心配がありませんよ。

  1. フルコミットにアクセスする
  2. プランや契約者情報を入力し、auひかりを申込む
  3. 折り返しかかってくる電話で、キャッシュバックの振込先口座を伝える
  4. 翌月にフルコミット分のキャッシュバックが振り込まれる
  5. auひかりの開通工事がおこなわれる
  6. 契約から4ヶ月後、So-netのメールアドレスにSo-net分のキャッシュバック申請メールが届く
  7. メールの受信日の翌月末日までに返信をして、振込口座の登録をする
  8. 申請後、すぐSo-net分のキャッシュバックが振り込まれる

フルコミットのキャッシュバックを確実に受け取るために気をつけたい点は、以下2つのみです。

  • 契約から4か月後にSo-netアドレス宛に届くメールを見逃さない
  • メールが届いた翌月末日までに必ず返信をして手続きを済ませる

メールはauひかり契約時に作成したSo-netのプロバイダメールアドレスに届きます。
メールからキャッシュバックを振り込んで欲しい口座を登録しますが、手続きできる期限はメールの受信日の翌月末日までです。

期限を過ぎてしまうとキャッシュバックが受け取れなくなるので、メールに気がついたらすぐ手続きをすすめましょう
忘れそうな場合はスマホのスケジュールなどに申請期限を登録したり、リマインダーアプリを利用したりするといいですね。

\オプション加入条件なしで最大60,000円キャッシュバック/

auひかり×フルコミットのキャンペーン詳細はこちら

どこから申し込んでも受け取れる公式キャッシュバック

auひかり公式キャンペーンの「auひかり新スタートサポート(他社解約違約金負担キャッシュバック)」は、どの窓口から申し込んでも適用されます。

auひかり新スタートサポートは、他社回線解約時に発生した違約金を最大30,000円までau WALLETへのチャージ、または郵便為替で還元してくれる特典です。
還元額はauひかり契約時に選ぶプロバイダによって変わるので、くわしい金額は以下の表でご確認ください。

  • auひかりの申込みから遡って1か月以内まで、他社の固定回線や他社モバイルデータ通信端末を契約している
  • 「ずっとギガ得プラン」、「光電話」、「電話オプションパックEX」を新規で申込む
  • auひかりの申込月から12か月以内に「スタートサポート共通申請書」で申請手続きをする
  • 申請書の送付までにau WALLET プリペイドカードを申し込む(郵便為替での還元は不要)

他社回線からauひかりに乗りかえて、auひかり新スタートサポートを受け取る手順も確認しておきましょう。

  1. 他社回線の解約から1か月以内にauひかりを申込む
  2. auひかりの開通工事が行われる
  3. au WALLET プリペイドカードを申し込む(郵便為替での還元は不要)
  4. 申込月から12か月以内に「スタートサポート共通申請書」と他社回線の解約違約金明細のコピーをKDDIに送付する
  5. 申請の受付からau WALLET での還元なら約1か月後、郵便為替なら約1か月半~2か月後に還元される

ちなみに、他社解約違約金のキャッシュバック額は契約するauひかりのプロバイダによって違います。

auひかり 新スタートサポート ホーム - 還元額引用:au新スタートサポート

ただし、auひかり新スタートサポートを適用させるためには以下の条件を満たす必要があります。

  • auひかりを申し込む1か月以上前に、他社の固定回線や他社モバイルデータ通信端末を解約している
  • 「ずっとギガ得プラン」「光電話」「電話オプションパックEX」を新規で申込む
  • auひかりの申込月から12か月以内に「スタートサポート共通申請書」で申請手続きをする
  • 申請書を送付するまでに、au WALLET プリペイドカードを申し込む(郵便為替で還元を受ける場合は不要)

すべての条件を満たした乗り換えユーザーは、以下の手順でauひかり新スタートサポートを適用させてください。

  1. 他社回線の解約から1か月以内にauひかりを申込む
  2. auひかりの開通工事がおこなわれる
  3. au WALLET プリペイドカードを申し込む(郵便為替で還元を受ける場合は不要)
  4. 申込月から12か月以内に「スタートサポート共通申請書」と「他社回線の解約違約金明細のコピー」をKDDIに送付する
  5. 申請の受付からau WALLET での還元なら約1か月後、郵便為替なら約1か月半~2か月後に還元される

auひかりのキャッシュバックに関するQ&A

auひかりのキャッシュバックは金額も高いので非常に魅力的です。
しかし、他社回線よりキャンペーンが充実していることを不安に感じる方や、キャッシュバック額を増やすためにひかり電話を契約すべきなのか悩んでしまう人も多いようです。

ここではauひかりのキャッシュバックに関して多く寄せられている質問に答えていくので、「なんでだろう?」と疑問に思うことがある人は、ぜひ読んでみてください。

auひかりのキャッシュバックはどうして高額なの?

auひかりのキャッシュバック額は、他社の光回線と比べても高い部類に入ります。

回線事業者 キャッシュバック額
auひかり
最大61,000円
NURO光
45,000円
ソフトバンク光
最大33,000円
BIGLOBE光
最大25,000円
ドコモ光
最大20,000円
ぷらら光
最大35,000円

せっかく光回線を引くならより多くの特典が受けられるとうれしいですが、auひかりだけなぜこんなにキャッシュバック額が高いのか気になっている人もいるようです。

auひかりでは、運営元のKDDIとプロバイダからそれぞれ特典を用意できるうえに、代理店を経由すると、さらに代理店独自の特典を上乗せして契約者に還元できます。

現在auひかりのプロバイダは8社もあるので、各社はより多くの高額キャッシュバックを提示し、自社で契約してもらえるよう努力を続けているのです。
そのため、auひかりは自社のプロバイダと一体型になっている回線事業者などと比べても、特典が充実しているんですよ。

auひかりのキャッシュバックが増額になるひかり電話は契約するべき?

auひかりの申込窓口によってはキャッシュバックの受取り条件として、ひかり電話の加入が必須の場合があります。

ひかり電話は月額500円のオプション料金がかかりますが、auスマホとのセット割「auスマートバリュー」を適用するために必須のオプションです。

また、auひかりの初期工事費用割引や、他社解約違約金のキャッシュバックを受けるための適用条件でもあります。
auユーザーや乗りかえユーザーなど、最初からひかり電話を契約する予定がある人は、ひかり電話を契約するだけでキャッシュバックが増額するのはうれしいですよね。

たとえば、先ほど紹介した代理店のフルコミットではauひかりの契約のみなら50,000円のキャッシュバックですが、光電話も同時に申し込むと60,000円に上乗せされますよ。

\オプション加入条件なしで最大60,000円キャッシュバック/

auひかり×フルコミットのキャンペーン詳細はこちら

auひかりちゅらでもキャッシュバックはもらえる?

同じauひかりでも、沖縄県にお住まいの方はauひかりちゅらが契約できます。

しかしauひかりちゅらは、auひかりと料金、運営会社、ホームページが違うため、受けられるキャンペーンも異なるので注意してください。

auひかりちゅらでは2020年5月時点で、最大50,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

auひかり ちゅら -キャッシュバック引用:auひかり ちゅら

沖縄県でauひかりの利用を検討している方は、ぜひチェックしてみましょう。

auひかりのキャッシュバックに関する問い合わせ先は?

auひかりのキャッシュバックについて、申請方法や適用条件などに疑問がある場合や、いつ受け取れるのか問い合わせたいときもありますよね。

auひかりの公式特典である「auひかり新スタートサポート」に関する疑問は、以下の方法でauひかりに直接問い合わせましょう。

  • KDDIお客様センター(0077-7078、受付時間:9時~20時)へ電話する
  • メールで問い合わせる

プロバイダや代理店窓口の限定キャンペーンについては、KDDIとは別で実施しているものなので上記ではわからない場合があります。

よって、プロバイダや代理店で実施しているキャンペーンに関する疑問は、契約した窓口に問い合わせるようにしましょう。
キャッシュバックを満額受け取るまでは、必ず契約先の会社名や電話番号を控えておいてくださいね。

まとめ

auひかりのキャンペーンを受けられる窓口を15社で比較した結果、キャッシュバック額が高く、受け取りやすさも抜群な窓口は、代理店フルコミットであることがわかりました。
フルコミットから申し込むと、申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけで、最短翌月末と4か月後に合計で最大60,000円のキャッシュバックが振り込まれますよ!

ただし、キャッシュバックキャンペーンには適用条件や申請手続きなど、注意すべき点もいくつかあります。
キャッシュバックの受け取りわすれが不安な人や、確実に還元を受け取りたい人は、月額料金を大幅値引きしているプロバイダSo-netからの申込みも検討してみてくださいね。

  関連記事

 - auひかり