サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

WiMAXのキャッシュバックを徹底比較!再契約でもキャッシュバックがもらえるプロバイダはあるの?

  /    
  WiMAX

WiMAXプロバイダのなかで最もキャッシュバック額が多いプロバイダは、GMOとくとくBBです。最短で契約から12か月後に、最大27,200円のキャッシュバックが受け取れるのでお得です。

しかし、お得なキャッシュバックを受け取るには、プロバイダ独自の受け取り手続きがあり、適用条件を満たしていなければなりません。また、キャッシュバックを受け取る時期もプロバイダによりバラバラです。

WiMAXプロバイダ各社のキャッシュバック適用条件やいつ受け取れるのか、キャッシュバックを受け取った場合の実質料金を紹介します。

過去に解約したプロバイダで再契約したときや、お金を受け取るまでに解約した場合でもキャッシュバックが受け取れるのかも調べてみました。

WiMAXプロバイダのキャッシュバックについてくわしく知りたい方は、要チェックですよ。

WiMAX×GMOとくとくBBの詳細を見る

WiMAXはWebでの申し込みがお得!

WiMAXの主な申し込み窓口は、大きく分けて次の3種類です。

ショップ
・auショップ
・UQスポット
家電量販店
ビッグカメラ、ヨドバシカメラ、ケーズデンキなど
Webでの申し込み
・WiMAXプロバイダ公式サイト
・au公式サイト
・価格.com

この中で一番お得なのは、WiMAXプロバイダの公式サイトです。

auショップやUQスポット、家電量販店は、店員さんにわからないことを相談できるメリットがありますが、店舗の運営費と人件費がかかるのであまりお得なキャンペーンを用意していません。

auの公式サイトから契約するWiMAXもキャッシュバックキャンペーンがないので、あまりオススメできません。

一方、価格comはプロバイダにより高額キャッシュバックを提供することもありますが、条件によっては解約金が高かったり、プロバイダの他のキャンペーンが受け取れなかったりする場合があります。

その点、WiMAXプロバイダの公式サイトからの申し込みだとキャッシュバックも含めて、以下のキャンペーンが適用される場合があるのでお得です。

  • 月額料金の割引
  • 端末代0円
  • LTEオプション無料

WiMAXの利用を考えている人はキャッシュバックがもらえてお得な特典が多いプロバイダの公式サイトから、申し込みをしてくださいね。

【プロバイダ別】WiMAXキャッシュバック一覧

WiMAXプロバイダはたくさんあるので「どのプロバイダでキャッシュバックが一番もらえるの?」と迷ってしまいますよね。

2020年6月時点でキャッシュバック額が一番多いのはGMOとくとくBBです。

人気プロバイダ10社で最新機種W06をギガ放題プランで申し込んだ場合のキャッシュバック額と、3年間利用した場合の実質料金を比較して表にまとめてみました。

お得なキャッシュバックがもらえるプロバイダを探している人は、参考にしてくださいね。

プロバイダ 月額料金 キャッシュバック 3年間実質料金
GMOとくとく
BB(CB)
1か月目~2か月目:3,609円
3か月目~36か月目:4,263円
27,200円
127,960円
JPWiMAX
(新規受付停止中)
1か月目~3か月目:2,800円
4か月目~24か月目:3,500円
25か月目~36か月目:4,100円
10,000円
123,100円
GMOとくとく
BB(割引)
1~2か月目:2,590円
3~24か月目:3,344円
25~36か月目:4,263円
3,000円
129,904円
DTI WiMAX
1か月目~2か月目:0円
3か月目:2,590円
4か月目~36か月目:3,760円
0円
129,670円
Broad WiMAX
1か月目~2か月目:2,726円
3か月目~24か月目:3,411円
25か月目~36か月目:4,011円
0円
131,626円
BIGLOBE WiMAX※
3,980円
15,000円
150,480円
カシモWiMAX
1か月目:1,380円
2か月目~24か月目:3,580円
25か月目~36か月目:4,079円
0円
135,668円
So-net WiMAX
1か月目~12か月目:3,380円
13か月目~36か月目:4,379円
0円
148,656円
UQ WiMAX※1
3,880円
3,000円
154,680円
@nifty WiMAX※1
(新規受付終了)
1か月目~2か月目:3,670円
3か月目~36か月目:4,350円
0円
178,240円
au WiMAX
(新規受付終了)
4,880円
0円
178,680円

※2020年6月時点
※クレジットカード払い
※別途事務手数料3,000円がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)
※1:別途端末料金がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

GMOとくとくBBはキャッシュバック額が27,200円と一番多く、端末も無料で提供されるため、ギガ放題プランを3年使った場合の実質料金が一番安いです。

一方、BIGLOBE WiMAXやUQ WiMAXにもキャッシュバックがありますが、端末代が必要なので実質料金はあまり安くなりません。

その他プロバイダはキャッシュバックではなく、月額料金の割引キャンペーンを提供しています。

月額料金の割引はプロバイダの公式サイトから利用プランに申し込むだけで適用されますので、キャッシュバックの申請などが面倒だと感じる方や不安だと思う方はあわせて検討してみましょう。

機種によって通信速度が異なる可能性も!

WiMAXを選ぶときは料金だけでなく、WiMAXルーターの機種にも注目しましょう。機種により最大速度が違うからです。

また、速度だけでなく電波の受信感度、バッテリーの持ち時間、接続可能な端末台数も機種により異なります。

人気端末のW06とWX5の機能を一覧にまとめみました。WiMAXルーターの機種選びの参考にしてくださいね。

  W06 WX05
速度 ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード ハイスピードモード、
ハイスピードプラスエリアモード共通
下り最大:558Mbps
上り最大:30Mbps
下り最大1.2Gbps
(Wi-Fi接続時最大867Mbps)
上り最大75Mbps
下り最大440Mbps
上り最大30Mbps
連続通信時間
(ハイスピードモード、エコモード時)
約11時間40分
約14時間
接続可能台数
最大16台
最大10台

速度をみるとW06のほうがハイスピードモードだと最大558Mbps、ハイスピードプラスエリアモードは最大1.2Gbpsと速いです。

ネットサーフィンをするとき、速度にこだわる人はW06を選ぶとよいでしょう。

ただし、最大速度とはあくまでも理論上の通信状態がよいときの速さです。場所や通信環境により、実効速度は変化することも理解しておきましょう。

また、W06の最大速度1.2Gbpsは下記条件をすべて満たした場合の理論値です。

  • 東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリア
  • USB3.0以上のType-Cケーブルで有線接続
  • ハイパフォーマンスモードで4×4MIMO設定をON

一方、WX05は最大速度440Mbpsとそこまで速くありませんが、バッテリーの持ち時間が最大14時間と他の機種に比べて長持ちです。

速度がある程度安定しており、外出先で長時間使いたい人はWX05がオススメです。

W06とWX05はどちらも従来の機種と比べて、電波の感度がアップする機能が搭載されるので、自宅やビル内など電波が届きにくい場所でも安定した通信品質でインターネットに接続できますよ。

自分の利用目的にあったWiMAXルーターを選んでくださいね。

オススメのプロバイダはGMOとくとくBB

2020年6月時点でもっともオススメのプロバイダは、GMOとくとくBBです。

最新機種のWX06を選んでも端末無料で最大27,200円のキャッシュバックが受け取れ、3年間利用した場合の実質料金も最安値だからです。

GMOとくとくBBのキャッシュバックの受け取り方法や受け取り時期、注意点を詳しく調べてみました。

キャッシュバック詳細

GMOとくとくBBのキャッシュバックの受取金額は機種ごとに異なります。

機種ごとに適用されるキャッシュバックの金額を一覧にまとめました。

端末
キャッシュバック額
WX06
27,200円
WX06本体+クレードルセット
24,200円
HOME 02
27,200円
W06
27,200円
HOME L02
27,200円

※2020年6月時点

キャッシュバックは下記適用条件を満たした人でなければ受け取ることはできません。

  • GMOとくとくBBに初めて入会する
  • キャンペーンの期間中にキャッシュバックキャンペーンの専用サイトから申し込む
  • キャッシュバックを受け取るまでに月額料金を滞納していない
  • 途中でWiMAXから別のGMOのサービスに変更していない

GMOとくとくBBは、WiMAX以外にもフレッツ光やドコモ光など光回線も取り扱う大手プロバイダです。

たとえば、過去にGMOとくとくBBからドコモ光に申し込んで、WiMAXもGMOとくとくBB経由で申し込みたい人は、キャッシュバックの対象外です。

また、キャッシュバックキャンペーンの専用サイトからの申し込み、かつキャンペーン期間中の申し込みでないと特典は受け取れません。

また、特典を受け取るまでに月額料の支払いを1回でも滞納した人も、キャッシュバックの適用対象外となるので注意してください。

新規入会でも特典を受け取る前にWiMAXからドコモ光やフレッツ光などにサービス変更した人も、キャッシュバックを受け取れません。

しかし、ギガ放題プランと通常プランのどちらを選んでもキャッシュバック金額は同じです。

また、契約後に途中で通常プランからギガ放題プランと料金プランを変更してもキャッシュバックの特典が失効することはありません。

GMOとくとくBBのキャッシュバック受取方法

GMOとくとくBBのキャッシュバックを受け取る方法は以下のとおりです。

  1. 端末発送月から数えて11か月後にGMOからキャッシュバックの手続きに関するメールが届く
  2. キャッシュバックの案内メールを開き、指定のURLにアクセスして振込口座を登録して受け取り手続きを行う
  3. 手続きを行った翌月末日に指定の口座にGMOからキャッシュバックが振り込まれる

GMOとくとくBBは最短で翌日には端末が届くので、2020年1月に端末を受け取ったら2020年11月にキャッシュバックの案内メールが届きます。

キャッシュバックの案内メールは、GMOとくとくBB入会時に作った基本メールアドレスに宛てに届きますよ。

GMO基本メールアドレスに届くメールの確認は、GMOのWebmail Systemから行います。普段使うメールソフトでは確認できないのでWebメールをあまり使わない人は、スマホやパソコンのメールソフトに転送設定しておきましょう。

GMOからキャッシュバック振込日や振込完了の案内のメールは届きません。入金日になったら自分で口座にお金が振り込まれているか確認するようにしてくださいね。

解約したらキャッシュバックはもらえないので注意しよう!

キャッシュバックを受け取るまでに、GMOとくとくBBを解約したらキャッシュバックはもらえません。

WiMAXを使ってみて、途中で別のモバイルWi-Fiや光回線に乗り換えたいと思っても、キャッシュバックを受け取るまでは解約しないようにしましょう。

再契約、解約後でもキャッシュバックはもらえるのか?

GMOとくとくBBでは、再契約の人やお金を受け取る前に解約するとキャッシュバックの対象外となります。

他プロバイダのキャッシュバックも同じなのでしょうか。

キャッシュバックが受け取れるWiMAXプロバイダのキャッシュバック適用条件を調べてみました。

プロバイダ 再契約時にキャッシュバックが適用 解約後でもキャッシュバックが適用
GMOとくとくBB WiMAX
JP WiMAX
〇(※)
BIGLOBE WiMAX
UQ WiMAX

※初回契約で登録したクレジットカードの名義人と別名義であれば再契約可能。同一名義はNG。

キャッシュバックキャンペーンを行う4つのプロバイダのキャッシュバック適用条件を調べたところ、全プロバイダで解約後はキャッシュバックが適用されないことがわかりました。

一方、再契約した場合に現在実施中のキャッシュバックが適用されるか調べたところ、GMOとくとくBB以外は、適用されるとのこと。

BIGLOBEやUQ WiMAXではWiMAX以外にも通信サービスを提供していますが、BIGLOBE光やUQモバイルの会員である人がWiMAXに申し込む場合も、キャッシュバックは受け取れますよ。

JP WiMAXの再契約のキャッシュバックの適用条件として、以前の契約と同じクレジットカードで契約する場合は、キャッシュバックが適用されません。

しかし、別の名義のクレジットカードなら過去にJP WiMAXで契約したことのある人でも、キャッシュバックを受け取ることは可能です。

また、各社のキャッシュバックの受け取り時期と金額は以下のようになっています。

プロバイダ 最短受け取り時期 キャッシュバック額
GMOとくとくBB WiMAX
12か月後
最大27,200円
JP WiMAX
※新規受付停止中
申し込みから2~3日後
11,000円
(Amazonギフト券)
BIGLOBE WiMAX
WiMAX利用開始日の翌月
15,000円
UQ WiMAX
契約開始月の翌月
3,000円

※2020年6月時点

※JPWiMAXは2020年6月現在、新規受付停止中です

受け取り時期が一番早いのがJP WiMAX。申し込みから2~3日後に端末が到着して即日でキャッシュバックが受け取れます。

JP WiMAXのキャッシュバックの受け取り手順は下記を参考にしてみてください。

  • 端末が自宅に届いたら同封の契約書に記載のAmazonギフト券を申請するための契約IDを確認する
  • Web申し込み完了後に届くメールを開く
  • メール記載のAmazonギフト券申請URLにアクセスして、契約IDを入力
  • Amazonギフト券が発行される

BIGLOBE WiMAXのキャッシュバックは、利用開始月の翌月2日目から45日以内に手続きをしないと現金がもらえないので注意してくださいね。

  • WiMAXの利用を開始した翌月1日に「【重要】【BIGLOBE】送金受取手続きのご案内」という件名のメールが届く
  • 利用開始の翌月2日の午後以降にBIGLOBEのマイページにアクセスする
  • 「特典一覧」-「受取手続きへ」にアクセスして、振込口座を登録
  • 口座登録から数日後にキャッシュバックが振り込まれる

UQ WiMAXのキャッシュバックは、メールをもらってから30日以内に手続きをすませないとキャッシュバックは受け取れません。

  • 契約月の翌々月に申し込みの際に登録したメールアドレスにキャッシュバックの手続きに関するメールが届く
  • メール記載のURLにアクセスして口座情報を入力
  • 翌営業日もしくは数日後にキャッシュバックが振り込まれる

お金を受け取るまでに未払いの月額金があったときもキャッシュバックの対象外となりますので、気をつけましょう。

初めての契約ならGMOとくとくBBがおすすめ

GMOとくとくBBは、キャッシュバックの最大27,200円と高額キャッシュバックが受け取れ、実質料金も他社プロバイダより安いです。

そのため、これまでGMOとくとくBBをWiMAXも含めて他サービスで使ったことがない人に一番おすすめのプロバイダです。

もし、注意点を挙げるならキャッシュバックの受け取り手続きを行うのが端末発送から11か月後と時間があきます。

確実にキャッシュバックを受け取るために、契約後にもらい忘れがないよう工夫しておくことをオススメします。

  • キャッシュバックの受け取り手続きのメールが届く時期をカレンダーに登録
  • BBNaviにログインして、普段使うメールへの転送設定

まとめ

キャッシュバックが最大27,200円と高額なGMOとくとくBB WiMAXは、業界最安値の実質料金で使えるWiMAXプロバイダです。

人気機種W06をギガ放題プランで3年間使ったときの実質料金は127,960円で、端末代金も0円ですよ。

ただし、GMOとくとくBBはキャッシュバックが口座に入金されるのは、契約から11か月後に受取手続きをした翌月です。

確実に受け取るためにも注意事項に目を通し、キャッシュバック申請メールに気が付くよう工夫してくださいね。

また、過去にGMOとくとくBBのほかのサービスを使っていた人は、残念ながらキャッシュバックの対象外です。

各社のキャッシュバックの条件を調べた結果、GMOとくとくBB以外なら端末到着当日にAmazonギフト券で11,000円の還元が受け取れるJP WiMAXがオススメですよ。

WiMAXプロバイダのキャッシュバックの金額は頻繁に変わりますので、契約を検討する際には最新の情報をしっかりチェックしてくださいね。

  関連記事

 - WiMAX