サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

WiMAXの新機種の性能は?旧機種との違いを徹底的に比較!

  /    
  インターネット完全ガイド, ネットまるごと完全比較

WiMAXをこれから利用しようか考えている場合、新機種の性能が気になる方もいるのではないでしょうか。どれだけ性能が高いのか知っていれば、ルーター選びをしやすくなります。

そこで今回は、WiMAXルーターにおける新機種の性能を、旧機種の性能と比較しながら紹介します。ルーター選びで迷っている方は、参考にしてください。

ちなみに、2020年1月以降にWiMAXの最新機種として、モバイルルーターのWX06とホームルーターのHOME 02をNECプラットフォームズから発売される予定ですよ。

無料でWiMAXの最新機種を手に入れるなら、端末無料キャンペーンとあわせて高額キャッシュバックキャンペーンなども実施しているGMOとくとくBB WiMAXをチェックしてみましょう。

GMOとくとくBB WiMAXの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

WiMAXの新機種の性能

2020年1月時点で、WiMAXの最新機種は以下の2種類です。

  • 小型で持ち運び可能!モバイルルーターのW06
  • 自宅での利用に!据え置き型ホームルーターのHOME L02

ここでは、これらの機種のスペックを紹介していきます。それぞれの特徴を押さえておきましょう。

モバイルルーター最新機種|Speed Wi-Fi NEXT W06

自宅でも外でも場所を選ばず、小型で持ち運び可能なモバイルルーターなら、2020年1月時点でW06が最新機種です。

W06はファーウェイ製で、条件を満たせば下り最大1.2Gbpsの高速で通信できる点が魅力です。

W06のスペックは、以下のとおりです。

機種名 W06
速度
下り最大1.2Gbps
上り75Mbps(※1)
大きさ
約W128×H64×D11.9mm
重さ
約125グラム
連続通信時間
約9時間
接続台数
最大16台

※1:有線接続、提供エリアなど一定の条件下の最大速度
※2:2020年1月時点

W06で下り最大1.2Gbpsに対応しているのは、以下の条件を満たしたときだけです。

  • ハイスピードプラスエリアモード
  • 東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリア
  • USB3.0以上のType-Cケーブルで有線接続
  • ハイパフォーマンスモードで4×4MIMO設定をON

Wi-Fi接続でスマートフォンなどとつなげるとしても下り最大867Mbpsと高速です。

さらに、機器を同時に接続できる台数も16台と多く、スマートフォンやPC、タブレット、ゲーム機など機器をたくさん持っている方でも安心です。

バッテリーも9時間持つため、たとえば朝10時に利用を開始した場合、帰宅時間の19時までたっぷりと通信することができます。

W06は、速度重視の方・外でたくさん使うためバッテリー持ちを重視したい方、どちらにとっても満足できるオススメの機種です。

ホームルーター最新機種|Speed Wi-Fi HOME L02

自宅で通信するために使うホームルーターの新機種は、2020年1月時点でHOME L02です。

HOME L02は下り最大1Gbpsに対応しているため、光回線と変わらないくらいの高速で動画やアプリなどのデータを読み込むことができます。

機種名 HOME L02
速度
下り最大1Gbps
上り75Mbps(※1)
大きさ
約W93×H178×D93mm
重さ
約436グラム
接続台数
最大42台
バッテリー持続時間
コンセント接続

※1:有線接続、提供エリアなど一定の条件下の最大速度
※2:2020年1月時点の情報

HOME L02の場合も、下り最大通信速度1Gbpsに対応するのは以下の条件を満たした場合のみです。

  • ハイスピードプラスエリアモード
  • 東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリア
  • LANケーブルで有線接続

Wi-Fi接続時はW06と同じく最大867Mbpsですが、十分な速度が期待できますよ。

HOME L02は最大42台の機器を同時にインターネットに接続できるため、家族でWiMAXを使いたい場合にも役立ちます。家族一人ひとりがスマホやタブレット、ゲーム機などを所有している場合もあるでしょう。

HOME L02を自宅に設置していれば、家の中の広い範囲でたくさんの機器で通信できるため安心です。

なお、HOME L02はコンセント接続式の機器になるため、外出先で使うことはできない点に気を付けましょう。

WiMAXの現行4機種の特徴

2020年1月時点で、WiMAXルーターの現行機種として挙げられるのは以下の4種類です。

  • WX05
  • W05
  • HOME 01
  • HOME L01s

それぞれの特徴を解説していきます。旧機種の中で自分に合う機種がないか探している方は、参考にしてください。

Speed Wi-Fi NEXT WX05

WX05は2020年1月時点にNECが販売するWiMAXルーターとして最新機種で、下り最大440Mbpsに対応しています。

速度
下り最大440Mbps
上り75Mbps
大きさ
約W111×H62×D13.3mm
重さ
約128グラム
連続通信時間
約14時間
接続台数
最大10台

※2020年1月時点

速度ではW06の方が有利ですが、バッテリー持続時間においてはWX05がW06を上回っています。W06は9時間でしたが、WX05は最大18時間と2倍も長く通信できるため、外で長時間ルーターを使って通信をする予定の方は、必要に応じてWX05を選ぶとよいでしょう。

WX05は厚みこそW06よりもあるものの、縦横の長さが短く小型なので、リュックやポケットなどに入れて持ち運びやすいのも魅力です。 バッテリー持ちを最重視する方は、WX05を検討してみてください。

Speed Wi-Fi NEXT W05

W05はW06の前機種で、最大通信速度は下り最大758Mbpsとなっています。

機種名
W05
速度
558Mbps
(LTE利用時:708Mbps)
上り112.5Mbps(※1)
重さ
131g
大きさ
W130×H55 ×D12.6mm
連続通信時間
9時間
最大接続台数
10台

※1:Wi-Fi接続時のau 4G LTE網への接続、提供エリアなど一定の条件下の最大速度
※2:2020年1月時点

後継機のW06が発売中な関係上、とくに性能面において「W05だけのメリット」と呼べる部分はありませんが、強いて言えばWX05より下り最大速度が速いのはポイントと言えるでしょう。

また、W05はブラック×ライムやホワイト×シルバーといった鮮やかなカラーで、角張った形状をしています。一方、W06は角が丸くなっていて、色はブラック×ブルーとホワイト×シルバーです。

ブラック×ライムのカラーや本体デザインに魅力を感じる方は、あえてW05を選ぶこともひとつの方法です。ただし、性能は後継機であるW06の方が高くなっています。

WiMAX HOME 01

ホームルーターのHOME 01はNECが展開しているホームルーターで、下り最大440Mbpsに対応しています。

機種名 HOME L02
速度
下り最大440Mbps
上り75Mbps
大きさ
約W70×H155×D100mm
重さ
約338グラム
接続台数
最大22台
バッテリー持続時間
コンセント接続

※1:2020年1月時点

ルーター本体がHOME L02に比べて一回り小さいため、自宅に設置するスペースを減らしたい場合は検討してみましょう。

ただし性能面では、最大速度はHOME L02の半分以下、接続台数は半分程度になってしまうので、性能重視ならHOME L02を選ぶことがオススメです。

Speed Wi-Fi HOME L01s

HOME L01sはHOME L02の前機種で、下り最大440Mbpsで通信可能となっています。

機種名 HOME L02
速度
下り最大440Mbps
上り30Mbps
大きさ
約W93×H180×D93mm
重さ
約450グラム
接続台数
最大42台
バッテリー持続時間
コンセント接続

※1:2020年1月時点

機器最大接続台数が42台なので、実は後継機のHOME L02よりも2台多くスマートフォン等をインターネットに接続できます。

ただし、HOME L02でも40台とたくさんの機器をインターネットに接続できるため、よほどたくさんの機器を持っていない限りはHOME L02でも十分でしょう。接続台数を重視する方は、HOME L01sも検討してみてください。

現行機種のスペック一覧

WiMAXルーターは、新機種になればなるほど性能は高くなります。

古いルーターでも通信自体は問題なく行なえますが、契約時点で最高の性能のWiMAXを使いたい方は、最新ルーターを選ぶようにしましょう。

以下の表に、WiMAXルーター各種の速度をまとめました。

機種 通信速度
W06
下り最大1.2Gbps、上り最大75Mbps※
HOME L02
下り最大1Gbps、上り最大75Mbps※
WX05
下り最大440Mbps、上り最大75Mbps
W05
下り最大758Mbps、上り最大112.5Mbps※
HOME 01
下り最大440Mbps、上り最大75Mbps
HOME L01s
下り最大440Mbps、上り最大30Mbps

※1:Wi-Fi接続時のau 4G LTE網への接続、提供エリアなど一定の条件下の最大速度
※2:2020年1月時点

見てのとおりモバイルルーターならW06、ホームルーターならHOME L02と最新機種の方が高速通信できるようにバージョンアップしています。

これからWiMAXを利用するなら新機種を選ぶべき?

WiMAXをこれから契約するなら、デザインがよほど気に入らない(旧ルーターに魅力を感じる)など、特別な理由でもない限りは新機種を選ぶことをオススメします。

新機種がオススメである理由として挙げられるのは、通信速度や機器の同時接続可能数といった性能面が新しい機種になるほど優れている傾向にあるからです。

高速で快適にWiMAXを使いたい方は、最新ルーターを選びましょう。

最新機種はいつ発売される予定なの?

WiMAXではモバイルルーターの場合、各メーカーが年に1度程度の間隔で新しい機種が発売されています。

2019年は、すでにファーウェイが最新のW06を発売しているため、W06の後継機については2020年に発売されると考えられます。

また、2020年1月以降にNECがWX05の後継機WX06と、ホームルーターのHOME 02を発売する予定です。

ただしあくまでも予想であり、実際どの機種がいつ発売されるかは断言できません。プロバイダやUQ WiMAXの公式サイトで、最新情報を定期的に確認してみてください。

新機種をお得に手に入れるなら機種変更より新規契約がオススメ!

WiMAXを現在使っていて、最新のルーターに交換したい場合は、現在のプロバイダで機種変更をするよりも、他社での新規契約を検討してみましょう。

機種変更の場合、プロバイダによっては端末代0円で最新機種へと機種変更できるサービスが提供されています。

しかし機種変更するよりも一度解約をして、端末無料のプロバイダで新規契約した方が新規契約者向けの割引キャンペーンやキャッシュバックを受けられるためお得ですよ。

キャンペーン豊富なプロバイダで契約をする

最新のWiMAXルーターをお得に使うには、お得なプロバイダを利用して契約を申し込むことがオススメです。 プロバイダの選び方で、使えるルーターやルーターの代金なども変わってくるため、しっかり各社を比較して選びましょう。

WiMAXプロバイダは各社がお得キャンペーンを実施しています。キャンペーンにより端末代が無料となっているプロバイダもたくさんあり、新機種だからといって料金が高くなるとは限りません。

WiMAXでルーターの新機種をお得に使いたい場合はプロバイダ各社を比較して、ルーターの代金がかからない窓口から申し込んでみてはいかがでしょうか。

最新機種を無料で手に入れるならGMOとくとくBB WiMAX WiMAXがオススメ!

WiMAXの実質利用料金 を下げたい場合は、キャッシュバック額が大きいGMOとくとくBB WiMAXをオススメします。

WiMAXではプロバイダごとにキャンペーン内容やキャッシュバック額が異なりますが、GMOとくとくBB WiMAXでは、2020年1月時点でどの機種を選んでも34,500円のキャッシュバックをもらえます。

また、月額料金が大幅に安くなる割引キャンペーンも選べますよ。

どちらのキャンペーンがご自分にとってメリットを感じるのか、よく比較してみましょう。

  GMOとくとく
BB(CB)
GMOとくとく
BB(割引)
月額料金
(ギガ放題)
1か月目~2か月目:3,609円
3か月目~36か月目:4,263円
1か月目~2か月目:2,170円
3か月目~36か月目:3,480円
キャッシュバック
34,500円
34,500円
3年間実質料金
(ギガ放題)
120,660円
123,660円

※価格は税抜、2020年1月時点

無料でWiMAXの最新機種を手に入れるなら、端末無料キャンペーンとあわせて高額キャッシュバックキャンペーンなども実施しているGMOとくとくBB WiMAX WiMAXをチェックしてみましょう。

GMOとくとくBB WiMAXの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

まとめ

WiMAXにおける2020年1月現在の最新ルーターは、W06とHOME L02です。どちらも下り最大1Gbps以上の高速に対応していて、快適に動画を見たり、ネットサーフィンを楽しんだりできます。

なおルーター選びの際は、基本的に最新・最高の性能を発揮できる最新のルーターがオススメですが、性能以上に本体のデザインを重視したい場合などは、必要に応じて古い機種を選ぶこともよいでしょう。

WiMAXの新機種を利用したい場合は、端末代0円で格安利用できるGMOとくとくBB WiMAXなどのプロバイダへの乗り換えも検討してみてくださいね。

GMOとくとくBB WiMAXの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

  関連記事

 - インターネット完全ガイド, ネットまるごと完全比較