サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

【2020年】最安の光回線はコレ!安さ以外の選び方・キャリア別おすすめ光回線をご紹介

  /    
  光回線

イメージ

光回線を契約するなら、最安の会社を選んで申し込みたいですよね。
しかし、料金だけを重視して選ぶのはおすすめできません。

さくまる
月額料金だけを重視して選ぶと、損をする可能性があるまる!

光回線を選ぶときは、以下の3つのポイントに注目しましょう。

  • 実質料金
  • スマホとのセット割
  • 速度の実測値

今回は、最安光回線の選び方やスマホキャリアごとにおすすめ光回線をご紹介します。
自分にあった最安の光回線を知ることができますよ。

自分に合った最安光回線の選び方3ステップ

現在では、多くの光回線が存在します。
光回線には、利用できるエリアが決まっていて、それぞれ利用料金の設定も異なっています。

自分に合った光回線を選ぶということは、利用できる光回線事業者の中からもっとも利用料金の安いものを選ぶことにつながります。

人によっては「少しくらい高くても品質の良いものを使いたい」と考える人もいるかもしれません。
そういったその人独自の物差しも光回線選びには重要な選択材料となっていきます。

まずは主な光回線の種類と、簡単な料金比較を見ていきましょう。

【主な光回線】

光回線 プロバイダ 戸建て マンション
フレッツ光 選択可 東日本 5,600円~6,100円
西日本 5,400円
東日本 3,650円~4,900円
西日本 3,660円~4,760円
ドコモ光 選択可 5,200円 4,000円
auひかり 選択可 5,100円 3,800円
ソフトバンク光 Yahoo!BB 5,200円 3,800円
NURO光 So-net 4,743円 2,500円~
So-net光プラス So-net 5,480円 4,480円
OCN光 OCN 5,100円 3,600円
エキサイト光 BBエキサイト 4,360円 3,360円
@nifty光 @nifty 4,500円 3,400円

※表示はすべて税抜

上記の表に記載してある料金は月額基本料金です。
この月額基本料金だけを見て光回線を選ぶことは、おすすめできません。

なぜなら、通常ここに工事費やオプション料金などが加算されるからです。
逆にキャンペーンにより月額料金の割引きや、キャッシュバックを受け取れることもあります。

そういった加算・減算を加味して「実質料金」を導きだすことが、本当に安い光回線を選ぶ第一歩となるのです。
それと同時に、スマホとのセット割や通信速度などもチェックするとよりよい光回線が見つかります。

実質料金が安い光回線を選ぶ

光回線を契約すると支払う必要があるのは月額基本料金だけではありません。

多くの光回線の契約時には契約事務手数料が発生しますし、自分の使い勝手をよくするために有料オプションを追加すると、支払う額も増えます。

ただし、月々の料金は増えるだけではありません。
キャンペーンによる一定期間の割引きや、キャッシュバックにより現金が戻ってくることもあります。

最安の光回線を選ぼうと考えるのであれば、それらをすべて含めた上で実際に契約したら支払うことになる「実質料金」を計算し、比較することが大切です。
【加算されるもの】

  • 月額基本料金
  • 契約事務手数料(初回のみ)
  • プロバイダ料(光回線によってはコミコミの場合有)
  • 有料オプション代(光電話や光テレビなど)

【減算されるもの】

  • キャンペーンによるキャッシュバック
  • キャンペーンによる月額割引

加算・減算をすべて含めた12ヶ月分の料金を算出し、それを12で割ることで1ヶ月分の実質料金がわかります。

スマホとのセット割がある光回線を選ぶ

光回線と、スマホやタブレットなどの端末を一緒に使うことでセット割が適用される光回線があります。

このような光回線とスマホとのセット割は、契約者本人だけでなくその家族にも適用されるものが多いため、家族で同じキャリアのスマホを使っていると、それだけで大幅な割引を受けられます。

【スマホのセット割がある光回線】

割引されるキャリア名 光回線名 最大割引額
docomo ドコモ光 1回線毎に最大1,000円/月
シェアパックの場合は最大3,500円/月
au ・auひかり
・So-net光プラス
・ビッグローブ光
・@nifty光
・eo光(近畿のみ)
・コミュファ光(東海のみ)
・ピカラ光(四国のみ)
・BBIQ光(九州のみ)
・メガエッグ光(中国のみ)
1回線毎に最大1,000円/月
データ定額の場合は最大2,000円/月
SoftBank ・SoftBank
・ソフトバンク光
・NURO光
1回線毎に最大1,000円/月

※表示はすべて税抜

スマホとのセット割を利用するためにはオプション加入が必要ですが、ほとんどの場合、加算されるオプション料金よりもセット割によって割引される額の方が大きいため損にはなりません。

むしろ、料金が相殺された状態で便利なオプションが利用できるのでメリットといえます。

速度が出やすい光回線を選ぶ

光回線を選ぶうえで料金の安さは重要なポイントですが、安く契約できたとしてもインターネットを快適に使えなければ意味がありませんよね。

光回線の中には最大2Gbpsや、プランによって5Gbps、10Gbpsといった高速通信が可能なものもありますが、通常、ほとんどの回線が最大1Gbpsという速度です。

この回線速度は利用環境や時間帯によって変化するため、実際に使ってみないとどれくらいの速度が出るのかわかりません。
しかしできることなら自分の住んでいる地域での回線速度がどの程度なのか、契約前に確認しておきたいものです。

そのようなときには、Twitterによる口コミや、速度評価サイトなどを参考にしてみましょう。
気になる光回線の通信速度がどのようなものなのかが、実際のユーザー評価を見ることで掴めてきます。

みんなのネット回線速度:こちら

光回線申し込み前の3つの注意点

光回線へ申し込みを決めたら、さっそく手続きしたいと思うかもしれません。
しかし、申し込みの前に3つの注意点があります。

知らないと損してしまったりトラブルになってしまったりすることがあるので、しっかりチェックしておきましょう。

高額すぎるキャッシュバックには注意!

光回線の代理店サイトの中には、契約特典として10万円以上のキャッシュバックをうたっているものがあります。

しかし、「契約すれば10万円以上もらえるのならすごくお得!」だと安易に考えることはおすすめしません。
なぜなら、そのような高額すぎるキャッシュバックには、適用条件が厳しいものが多いからです。

以下に、高額キャッシュバックでありがちな適用条件をまとめました。

・高額な有料オプションに加入する必要がある
・受取時期が遅い
・受け取り方法が複雑

お得に思えるキャッシュバックでも、高額な有料オプションに入らなければならなければ、結局毎月の支払いが多くなってしまいます。

また、せっかくキャッシュバックがもらえると思って契約したのに、「手続き不備」でキャッシュバックを受け取れないケースもあるのです。
キャッシュバックの受け取り時期が遅すぎて受け取りを忘れてしまうというケースも多発しています。

キャッシュバックキャンペーンは、実質料金を下げる嬉しい特典です。
しっかり受け取って得をするためには、「条件が優しい」「手続きが簡単」「すぐに受け取れる」といった優良な代理店を選びましょう。

乗り換えユーザーは解約費用がかかる可能性がある

現在、他光回線を契約していて別の光回線に乗り換えようと考えているユーザーは、解約費用のことも頭に入れておく必要があります。
解約費用とは主に「解約違約金」「工事費残債」です。

光回線には多くの場合契約期間が設定されており、契約期間が自動更新される2年ないし3年のタイミング以外で解約すると解約違約金が発生します。
違約金の金額はその光回線によって異なりますが、一般的に9,500円~25,000円程度です。

また、光回線を利用する際は、必ず回線の開通工事を行います。
開通工事費は初期費用として請求されますが、分割払いを選択すると月額利用料から同額が割引かれて相殺され、結果実質工事費無料とするキャンペーンを多くの回線事業者が実施しています。

この分割払いは36回で設定していることが多く、工事費全額を割引で相殺するためには3年間の継続利用の必要があるのです。

したがって工事費の分割払いが完了する3年間以内に解約してしまうと、工事費の残債が解約時に一括請求されてしまうことを覚えておきましょう。

マンションの場合は、工事が可能か管理会社に確認する

マンションに住んでいる場合、「契約したい」と思う光回線があっても、マンション自体にその光回線の導入設備が整っていなければすぐに契約できません。

「戸建ての場合のように回線開通工事をすれば良いじゃないか」と思うかもしれませんが、マンションの場合の開通工事は建物全体に関わるものとなるため、マンションの管理会社に工事可能かどうかを確認しなければなりません。

それだけでなく、住民の承諾や契約戸数の確保などかなり大がかりなこととなってしまうため、マンションの回線開通工事はハードルが高いです。

したがって、マンションに住んでいる場合はその建物にすでに導入済みの光回線を契約するか、もしくは入居前であれば自分が契約したい光回線を導入済みのマンションを探してから入居を決めることを、おすすめします。

最安の光回線はスマホキャリアで選ぶ!おすすめ5選

光回線とスマホとのセット割は大きな割引を得られるため、有効です。
スマホとのセット割が適用される光回線を選ぶことは、実質料金を下げるためにできる一番メジャーな方法といえるでしょう。

ここでは、スマホキャリア別に最安のおすすめ光回線をご紹介していきます。

ドコモスマホユーザーならドコモ光

ドコモのスマホを使っている人におすすめする光回線は、「ドコモ光」です。
スマホとのセット割である「ドコモ光セット割」はドコモ光でしか適用されません。

ドコモ光公式では申し込み特典としてdポイントが最大5,000ptもらえるキャンペーンを実施しています。
dポイントはドコモだけでなく、いろいろなお店で使えて貯められる便利なポイントです。
普段から利用しているユーザーも多いので、嬉しい特典だといえるでしょう。

新規工事費無料キャンペーンも実施中です。

【ドコモ光の概要】

対象エリア 全国(エリア確認はこちら
戸建ての月額料金 1ギガ タイプA 5,200円
1ギガ タイプB 5,400円
1ギガ タイプC 5,200~6700円
1ギガ 単独タイプ 5,000円
ドコモ光ミニ 2,700~5,700円
ドコモ光 10ギガ 2,700~5,700円
マンションの月額料金 1ギガ タイプA 4,000円
1ギガ タイプB 4,200円
1ギガ タイプC 5,200~6700円
1ギガ 単独タイプ 3,800円
工事費 申し込み特典で実質無料
契約事務手数料 3000円

※「ドコモ光 10ギガ」「1ギガ タイプC」の提供エリアは一部地域となる。
【ドコモ光のセット割「ドコモ光 セット割」について】

割引額 戸建て 家族全員永年最大1,000円/月(最大20回線)
マンション
セット割の条件 「ファミリー割引」グループやシェアグループ内で当月内にドコモ光の基本使用料の課金が1回線以上あること

ドコモ光最安の窓口はGMOとくとくBB

ドコモ光を契約するのであれば、申込窓口はGMOとくとくBBがおすすめです。
GMOとくとくBBから申し込みすると、独自キャンペーンとして最大20,000円のキャッシュバックを受け取れます。

また、設定などに不安がある場合に安心な「訪問サポート」も無料で受けられます。
さらに、高性能ルーターを無料でレンタルできるので自宅でのWi-Fi利用も可能です。

【GMOとくとくBBキャッシュバックサービス】

キャッシュバック金額 最大20,000円
受け取り時期 開通月を含む5ヶ月目以降
受け取り方法 開通月を含む5ヶ月目以降
オプション加入の有無 あり(なしの場合は5,500円キャッシュバック)

【ドコモ光の窓口別キャンペーン比較】

窓口 キャッシュバック金額 受け取り時期 受け取り方法 オプション加入の有無
GMOとくとくBB 最大20,000円 開通月を含む5ヶ月目以降 メールにて申請
ネットナビ 最大20,000円 最短開通翌月末 メールにて申請
ぷらら 最大15,000円+10,000ぷららpt 開通月を含む5ヶ月目以降 メールにて申請
株式会社ドリーム・トレイン・インターネット 最大20,000円 開通月を含む6ヶ月目以降 メールにて申請
\最大20,000円キャッシュバック+5,000dポイントプレゼント!/

ドコモ光×GMOとくとくBBの詳細を見る

ソフトバンクスマホユーザーならNURO光

NURO光は光回線の中でも最大速度2Gbpsという最速級のスピードを誇る光回線です。
もちろん、ベストエフォート値であるこの最大速度が出ることはありませんが、それでもストレスのない通信を可能にする速度は出ます。

通信速度評価サイトでの2020年5月20日現在のNURO光の速度ランキングは2位で、直近3ヶ月の平均下り速度は353.2Mbpsでした。
100Mbpsも出ていればスムーズにインターネットを使えるので、この350Mbps越えのスピードはとても速いといえます。

したがって、NURO光は速度重視のユーザーにおすすめできる光回線です。
【NURO光の概要】

対象エリア 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城)
東海(愛知・静岡・岐阜・三重)
関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良)
九州(福岡・佐賀)
北海道(エリア確認はこちら
月額料金 4743円
工事費 申し込み特典で実質無料
契約事務手数料 3,000円

【NURO光のセット割「おうち割光セット」について】

割引額 戸建て 家族全員永年最大1,000円/月(最大10回線)
マンション
セット割の条件 ・NURO光でんわを申し込むこと
・NURO光の契約者が個人名義であること
・登録するスマホがNURO光契約者本人、または家族名義の契約であること

NURO光最安の窓口はNURO公式

NURO光を契約するのであれば、申込窓口はNURO光公式サイトをおすすめします。
NURO光では最大45,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

さらに40,000円の開通工事費が実質無料となったり、リモートまたは訪問サポートが1回無料となったりします。
公式キャンペーンなので安心して申し込むことができるでしょう。

【NURO光キャッシュバックサービス】

キャッシュバック金額 最大45,000円
受け取り時期 開通月+2ヶ月後
受け取り方法 開通月+2ヶ月後に案内メールが来るので、それに従って手続きを行う。
(受け取り手続き期間は45日間)
オプション加入の有無 なし

【NURO光の窓口別キャンペーン比較】

窓口 キャッシュバック金額 受け取り時期 受け取り方法 オプション加入の有無
So-net
(特設サイト)
最大45,000円 最短開通2ヶ月後 メールにて申請
So-net
(標準サイト)
最大43,000円 最短開通翌月15日 メールにて申請
株式会社アウンカンパニー 最大35,000円 最短開通翌月末 口頭で口座番号登録
株式会社フルマークス 最大33,000円 開通月を含む8ヶ月目以降 メールにて申請
\最大45,000円キャッシュバック/

NURO光の詳細を見る

NURO光エリア外のソフトバンクユーザーはソフトバンク光

NURO光は提供エリアが限られているので、それ以外の地域に住んでいるソフトバンクユーザーにはソフトバンク光をおすすめします。

ソフトバンクでは新生活応援キャンペーンとして、引っ越しと同時にソフトバンク光を申し込んだ場合、最大24,000円のキャッシュバックまたは1,000円×24ヶ月の月額割引を行っています。

また、他社からの乗り換えキャンペーンとして、他光回線の解約費用を満額負担してくれるので現在他の光回線を利用している人も安心して乗り換えることができるでしょう。

【ソフトバンク光の概要】

対象エリア 全国(エリア確認はこちら
料金 戸建て:5,200円
マンション:3,800円
工事費 フレッツ 光ネクスト/光コラボ利用の場合 0円
フレッツ 光ネクスト以外利用/フレッツ光を利用していない場合 戸建て/光ファイバー未導入:24,000円(室内工事のみの場合9,600円)
光ファイバー導入済みマンションなど:2,000円
契約事務手数料 3,000円

【ソフトバンク光のセット割「おうち割光セット」について】

割引額 戸建て 家族全員永年最大1,000円/月(最大10回線)
マンション
セット割の条件 ・光BBユニットレンタル、Wi-Fiマルチパック、ホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/BBフォンのいずれかを申し込む
・ソフトバンク光の契約者本人またはその家族がiPhone、スマートフォン、ケータイ、iPad、タブレット、Wi-Fiルーター、モバイルシアターを対象の料金サービスで利用する

ソフトバンク光最安の窓口はSTORY

ソフトバンク光の正規代理店STORYから申し込むと、最大34,000円のキャッシュバックサービスを受け取れます。

また、申し込みから開通までの間もインターネットを利用したい人のために、モバイルルーター機器を無料でレンタルしてくれるサービスも実施中です。

通常、光回線を申し込んでから工事日調整、工事完了まで1ヶ月~2ヶ月程かかります。
その間、ネット環境がないと困る人でも安心して申し込めるサービスなのでおすすめです。

【ソフトバンク光正規代理店STORYのキャッシュバックサービス】

キャッシュバック金額 最大34,000円
受け取り時期 最短2ヶ月後
キャッシュバック金額 受け取り方法 開通工事完了後にカスタマーセンターに電話をし、口座情報を告げる。確認後最短2ヶ月で登録口座に振り込み完了。
オプション加入の有無 なし

【ソフトバンク光の窓口別キャンペーン比較】

窓口 キャッシュバック金額 受け取り時期 受け取り方法 オプション加入の有無
株式会社STORY(LPページ) 最大34,000円 最短2ヶ月後 口頭で口座番号登録
株式会社NEXT 最大33,000円 最短開通2ヶ月後 口頭で口座番号登録
株式会社アウンカンパニー 最大33,000円 最短開通2ヶ月後 口頭で口座番号登録
株式会社S&Nパートナー 最大34,000円 最短開通2ヶ月後 口頭で口座番号登録
\最大34,000円キャッシュバック/

ソフトバンク光の詳細を見る

auスマホユーザーならauひかり

auひかりはNTTフレッツ光回線ではなくKDDIの独自回線を使用しています。
そのため、回線の混雑が起きにくく、回線速度も低下しにくいのが特徴です。

通信速度評価サイトでの2020年5月20日現在のauひかりの速度ランキングは9位で、直近3ヶ月の平均下り速度は292.8Mbpsでした。
速度の低下しやすい夜間でも270Mbps以上を観測しているので、速度に不安がある人も安心して利用できる回線です。

【auひかりの概要】

対象エリア 全国(エリア確認はこちら
戸建ての月額料金 ずっとギガ得プラン 1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目~:4,900円
ギガ得プラン 5,200円
戸建ての月額料金 マンション都市機構 3,800円
タイプV 3,800円
タイプE 3,400円
タイプF 3,900円
タイプG 4,300円
マンション ギガ 4,050円
マンションミニ ギガ 5,000円
工事費 申し込み特典で実質無料
契約事務手数料 3,000円

※マンションの場合住んでいる建物によってプランが決まる。
【auひかりのセット割「auスマートバリュー」について】

割引額 戸建て 割引額 戸建て 家族全員永年最大1,000円/月(最大10回線)
マンション
セット割の条件 ・auひかりの「ネット+電話」「ネット+テレビ」「テレビ+電話」のいずれかを契約すること
・auひかりとau携帯電話の契約者が同一性・同一住所であること
・別姓やau携帯電話が合計5回線以上の場合は家族証明と同一住所証明が必要

auひかり最安の窓口はGMOとくとくBB

GMOとくとくBBから申し込むと最大61,000円のキャッシュバックを受け取れます。
さらに他社からの乗り換えであれば上乗せで30,000円、合計91,000円もの高額キャッシュバックが受け取れます。

もちろんauひかりの公式キャンペーンも適用されるので、テレビサービス料やかけつけ設定サポートサービス料が割引してもらえます。

【auひかり公式プロバイダGMOとくとくBBのキャッシュバックサービス】

キャッシュバック金額 受け取り方法
受け取り時期 開通月から11ヶ月目と23ヶ月目の2回に分けて付与
受け取り方法 開通月を含む11ヶ月目と23ヶ月目に案内メールが来るので、返信後の翌月末日までに振り込み完了。
受け取り方法 なし

【auひかりの窓口別キャンペーン比較】

窓口 キャッシュバック金額 受け取り時期 受け取り方法 オプション加入の有無
GMOとくとくBB 最大61,000円 12ヶ月目
24ヶ月目
メールにて申請
フルコミット(株) 最大60,000円 最短開通翌月末 口頭で口座番号登録
株式会社NEXT 最大52,000円 最短開通翌月末 口頭で口座番号登録
NNコミュニケーションズ 最大52,000円 最短開通翌月末 口頭で口座番号登録
\最大61,000円キャッシュバック/

auひかり×GMOとくとくBBの詳細を見る

キャッシュバック金額が60,000円で、GMOとくとくBBと比べて1,000円しか変わりませんが、受け取り方法がより簡単なauひかり正規代理店フルコミットもおすすめです。

auひかりのキャッシュバックについて詳しく解説している記事も合わせてご覧ください。

\最大60,000円キャッシュバック/

auひかり×フルコミットの詳細を見る

auひかりがエリア外のauユーザーはSo-net光プラス

auひかりがエリア外で契約できなかった場合は、So-net光プラスをおすすめします。
So-net光プラスには、キャッシュバックはないものの大きな月額料金割引サービスを実施しています。

キャッシュバックと違って受け取り手続きも必要なく、契約後自動的に料金を割引いてくれるので受け取り忘れもなく安心です。

【So-net光プラスの概要】

対象エリア 全国(エリア確認はこちら
戸建ての月額料金 1年目~2年目:2,980円
3年目~5年目:5,580円
6年目~:5,580円
マンションの月額料金 1年目~2年目:1,980円
2年目~4年目:4,480円
5年目~:4,480円
工事費 24,000円
契約事務手数料 3,000円

【So-net光プラスのセット割「auスマートバリュー」について】

割引額 戸建て 家族全員永年最大1,000円/月(最大10回線)
マンション
セット割の条件 ・So-net光電話を申し込むこと
・So-net光プラスとau携帯電話の契約者が同一性・同一住所であること
・別姓やau携帯電話が合計5回線以上の場合は家族証明と同一住所証明が必要

So-net光プラス最安の窓口はSo-net公式

So-net光プラスでは月額料金を大幅に割引してくれるキャンペーンを行っています。
通信費が抑えられると月々の支払いが楽になるので、光回線でのインターネットをはじめたいという人におすすめです。

また、v6プラス対応の高機能ルーターも無料でレンタルしてもらえるので、Wi-Fiで便利にインターネットを活用できるでしょう。

【So-net光プラスの月額割引サービス】

割引金額 戸建て 1~24ヶ月:3,000円割引/月
25~60ヶ月:400円割引/月
マンション 1~24ヶ月:3,000円割引/月
25~48ヶ月:500円割引/月
受け取り方法 受け取り方法 申し込みの必要なし
オプション加入の有無 なし

【So-net光の窓口別キャンペーン比較】

窓口 キャッシュバック金額 受け取り時期 受け取り方法 オプション加入の有無
So-net光公式 総額86,400円割引 開通月から開始
株式会社NEXT 最大30,000円 最短開通2ヶ月後 口頭で口座番号登録
BIGUP株式会社 最大30,000円 最短開通翌々月末 開通後14日までに支払い情報を登録
ライフサポート株式会社 最大70,000円 申請書に記載 申請書に記載
\最大60ヶ月まで月額料金の割引がつづく/

So-net光プラスの詳細を見る

格安スマホユーザーなら「NURO光」「So-net光プラス」

格安スマホを使っているという人には「NURO光」または「So-net光プラス」がおすすめです。
なぜなら、格安スマホでは光回線とスマホとのセット割の割引率が低いため、セット割にこだわると実質料金が高くなってしまう可能性があるからです。

したがって格安スマホユーザーは、セット割ではなく通信速度や月額料金の安さを重視して光回線を選ぶことをおすすめします。

まとめ

自分に合った最安の光回線を選択するためには、以下のポイントを押さえることが必要です。

  • 実質料金の安い光回線を選ぶ
  • スマホとのセット割ができる光回線を選ぶ
  • 速度が出やすい光回線を選ぶ

光回線を選ぶ際は、キャッシュバック額だけに惑わされず、しっかりと優良な申し込みサイトを見極め、他社から乗り換える場合には解約費用が発生することも覚えておきましょう。
マンションに住んでいる人は、トラブル回避のためにもマンションに任意の光回線設備が導入されているかどうかの確認をしましょう。

スマホキャリア別のおすすめ光回線は以下のとおりです。

毎月の通信費を抑えながら、速度の安定している光回線で快適なインターネットを楽しむことができればストレスなく、日々の生活を豊かにできるでしょう。
ぜひ自分に合った最安の光回線を見つけてみてください。

  関連記事

 - 光回線