サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

モバイルWi-Fiルーターとは?特徴や利用方法を紹介します

  /    
  インターネット完全ガイド, ネットまるごと完全比較

なんとなく分かっているようで、案外よく分からない「モバイルWi-Fiルーター」。気になりつつも、どれが良いのかよく分からずに契約を躊躇している人も多いです。

そもそもモバイルWi-Fiルーターは、さまざまな業者から同じような名前のサービスが数多く提供されているため、それぞれの違いや特徴などを見ていると、どれが良いのか分からなくなってしまいます。

そこでこの記事では、モバイルWi-Fiルーターの基本から、選び方のポイント、オススメのサービス、そしてお得な利用方法まで、役立つ情報を一挙にご紹介します。

モバイルWi-Fiルーター選びに迷っている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

どんなときもWiFiへの申し込みはコチラから

どんなときもWiFi

モバイルWi-Fiルーターとはなにか?

そもそも「Wi-Fiルーター」とは、スマホやノートパソコンをWi-Fiに接続するために利用する端末で、モバイルWi-Fiルーターとは、持ち運びが可能なWi-Fi接続用の端末という事になります。

「モバイルルーター」や「ポケットWi-Fi」と呼ばれる事もあります。ポケットWi-Fiは本来Y!mobileの製品に使われる名称なのですが、モバイルWi-Fiルーターとの厳密な使い分けをしている人は少なく、同じ意味で使われる事が一般的です。

モバイルWi-Fiルーターを利用するメリット

スマホでもインターネットを利用することは可能ですが、モバイルWiFiルーターの利用にはメリットがあります。

本章ではモバイルWi-Fiルーター利用の3つのメリットについてご紹介します。

自宅でも外出先でも気軽に利用できる

1つ目のポイントは、自宅でも外出先でも気軽にインターンネットが利用できる点です。

スマホでもタブレットでもノートパソコンでも通信が可能ですから、出先の隙間時間に仕事のメールをチェックしたり、資料を送ったりする事も可能です。

また、自宅でも工事不要でインターネットが利用できるというメリットがあります。賃貸で光回線の工事ができないという場合や、今すぐにインターネット環境が欲しいという場合に、モバイルWi-Fiルーターは便利ですよ。

一人暮らしでわざわざネットワーク回線をひくほどでもないという理由からモバイルWi-Fiルーターを選択する人も増えています。

複数の端末で同時接続ができる

モバイルWi-Fiルーターにはスマホ、タブレット、ノートパソコンなど複数の端末を同時に接続することが可能です。

スマホでストリーミングを楽しみながら、手元のノートパソコンで調べものをする事もできますし、友人との旅行先で誰かがモバイルWi-Fiルーターを持っていれば、友人の端末からもインターネットに接続可能です。

1つのモバイルWi-Fiルーターにつなげる端末の台数は機種により異なります。いくつもの端末を同時に接続したいという場合には、最大接続台数の情報をチェックしてみてください。

スマホのデータ通信量の節約になる

3つ目のポイントはスマホのデータ通信量の節約になる点です。

スマホの契約によってはデータ通信量に制限が設けられており、それを超えると速度制限の対象となってしまい、通信速度が非常に遅くなってしまいます。

一方、モバイルWi-Fiルーター経由でインターネットに接続しておけば、スマホ側のデータ通信量は発生しません。 そのため、スマホの契約をデータ通信量がもっとも少ないプランにして、モバイルWi-Fiルーターと併用すれば、金銭的な節約にもつながります。

格安SIMなどと組み合わせれば、ますますお得にスマホを利用できるのです。

モバイルWi-Fiルーターを比較するポイント

モバイルWi-Fiルーターの契約を検討してみると、さまざまなプランや機種が用意されており、いったいどれを選ぶべきか分からなくなるものです。

この章では、モバイルWi-Fiルーターを比較するための5つのポイントについてご紹介します。

通信速度

1つ目のポイントは通信速度です。通信速度が速いほど、インターネットはサクサクと動きます。

通信速度をチェックする際には、公式サイトの情報をチェックするだけではなく、ユーザーによる口コミもチェックしてみてください。

ツイッターなどではユーザーが実測した通信速度情報が挙げられており、実際の使用感を確認できますよ。

データ通信量

1ヶ月に利用可能なデータ通信量もチェックしておきたいポイントです。

月に7GBという上限が設けられているプランもあれば、月のデータ通信量無制限といったプランも用意されています。 どれくらいインターネットを利用するか分からない場合には、データ通信量無制限のプランをオススメします。

動画やゲームを楽しんでいますと、7GBという上限は案外すぐに超えてしまうものです。 もちろん「仕事でメールのやり取りにしか使わない」と、使用用途が限定されている場合であれば、無制限を選択する必要はありません。

なお、データ通信量無制限のプランでも、3日間で10GBという細かな制約が設けられているものも多々あります。これは無茶な使い方をして、他のユーザーに迷惑をかけないようにするための制約です。

普通に動画を楽しんでいるだけでは3日間で10GBも使う事はないので、とくに気にする必要はありません。

対応エリア

モバイルWi-Fiルーターはインターネットに無線接続するため、対応可能なエリアが限られています。そのため、自宅や職場・学校などよく使うエリアが対応エリア内なのかを必ず確認しておきましょう。

また、対応エリアは広いものをオススメします。旅先や出張先などでは、地図やグルメ情報が欲しくなるもの。そのようなときに安心してインターネットに接続できるというのは重要です。

対応エリアは公式サイトから確認可能です。たとえばWiMAXの対応エリアであれば、GMOとくとくBBのエリア検索からチェックできますよ。

利用料金

インターネットの利用料金は、業者によって案外違うもの。

とくにモバイルWi-Fiルーターに関しては、その利用料金が大きく異なるため、業者選びは重要です。 月額の利用料金はもちろんのこと、各社で行っているキャッシュバックキャンペーンなどの情報も見逃さず、しっかりと比較してください。

解約金

一部の業者を除き、モバイルWi-Fiルーターは複数年契約をする事が一般的です。

そのため、途中で解約してしまいますと解約金が発生します。この金額も業者によって大きく異なる部分ですから、途中解約する可能性が少しでもあるのなら、チェックしておく事をオススメします。

なお、複数年も利用しないという人であれば、あらかじめ契約年数の縛りがない業者を選択しておきましょう。数日から数ヶ月という場合にはレンタルもオススメです。

モバイルWi-Fiルーターはどれが良い?性能を比較

続いてはモバイルWi-Fiルーターを提供している主要企業の中から代表的な7機種を選び、それぞれの性能についてご紹介します。 まずは下表をチェックしてみてください。

機種名 回線速度 質量 サイズ バッテリー使用時間 同時接続数 利用回線
WiMAX W06
下り最大1.2Gbps
約125g
約128×64×11.9mm
約9時間
最大16台
WiMAX
au
Aterm
MR05LN
接続回線による
約115g
約115×63×11mm
約14時間
最大10台
SIMフリー
Aterm
MP01LN
接続回線による
約71g
約91×50×12mm
約10時間
最大10台
SIMフリー
Pocket WiFi
801HW
下り最大972Mbps
約145g
約128.4×65.6×13.8mm
約10時間
最大16台
Y!mobile
SoftBank
Pocket WiFi
601HW
下り最大612Mbps
約135g
約109.9×65.1×15.5mm
約8.5時間
最大14台
SoftBank
NEXT mobile
D1
下り最大150Mbps
約151g
約127×65.7×14.2mm
約12時間
最大5台
au
SoftBank
docomo
Wi-Fi STATION
HW-01L
下り最大1.2Gbps
約150g
約130×66×13.8mm
約11時間
最大17台
docomo

通信速度やバッテリー使用時間など、機種ごとに大きく異なる事が分かります。自分がどういった使い方を想定しているのかによって、機種を選ぶことが肝心です。

とくに、スマホ・タブレット・ノートPCなど接続台数が多いという人は同時接続数の情報は重要です。

Wi-Fiサービスはどれが良い?料金やサービスを比較

続いてはモバイルWi-Fiルーターを提供している企業ごとに、料金や契約期間などを比較していきます。

まずは下表をチェックしてみてください。

契約先 月額料金 通信速度 月間データ利用量 契約期間
au WiMAX
4,292円
下り最大1.2Gbps
無制限※2
2年
UQ WiMAX※1
3,880円
2年
GMOとくとく
BB(CB)
1か月目~2か月目:3,609円
3か月目~36か月目:4,263円
3年
Broad WiMAX
1か月目~2か月目:2,726円
3か月目~24か月目:3.411円
25か月目~:4,011円
3年
BIGLOBE WiMAX※1
1か月目~3か月目:2,980円
4か月目~36か月目:3,980円
1年
ソフトバンク
PocketWiFi※1
7,480円
下り最大972Mbps
50GB
なし
ワイモバイル
PocketWiFi※1
4,380円
無制限※2
なし
どんなときもWiFi
1か月目~24か月目:3,480円
25か月目~:3,980円
下り最大150Mbps
完全無制限
2年
縛りなしWiFi
3,300円
下り最大612Mbps
無制限※3
なし
ドコモ
Wi-Fi STATION※1
6,980円
下り最大1.2Gbps
30GB
2年

※2020年1月時点での料金です。

※別途事務手数料3,000円がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

※1:別途端末料金がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

※2:3日間で10GB以上通信すると速度制限あり

※3:1日で2GB以上通信すると速度制限あり

月額料金、契約期間など、プランごとに大きな差があることが分かります。 契約前には月額料金や通信速度だけでなく、契約期間などの情報もチェックして、自分にぴったりのプランを見つけましょう。

オススメのWi-Fiサービス5選

続いてはオススメのWi-Fiサービスについて、それぞれのポイントと共にご紹介します。どの業者にするべきか迷ったら、以下のいずれかがオススメです。

広いエリアが広くて完全無制限で利用できる「どんなときもWiFi」

確実にインターネットに接続したい人や、日本だけでなく海外でも使用したい人にオススメなのが「どんなときもWiFi」です。

利用している回線はドコモ・au・ソフトバンクという大手3大キャリアです。それぞれの接続状況を比較し、一番つながりやすい回線を自動で選択してくれるため、日本中のほとんどのエリアで安定した通信が可能です。

また、海外(世界107ヵ国)でそのまま使えるというのもうれしいポイントです。出張先の空港やホテルなど、場所を選ばず、安心してインターネットに接続可能ですから、世界を飛び回るビジネスマンにもオススメです。

どんなときもWiFiへの申し込みはコチラから

どんなときもWiFi

契約期間の縛りなしで使える「縛りなしWiFi」

複数年の契約をしたくない人であれば、「縛りなしWiFi」がオススメです。

縛りなしWiFiはその名の通り契約年数の縛りがありません。最低利用期間は1ヶ月で、それを過ぎればいつでも解約可能です。

もちろん違約金といったものは発生しないので、柔軟な使い方に対応してくれます。

縛りなしWiFiへの申し込みはコチラから

縛りなしWiFi

安く契約したい人は「WiMAX」

安価で高速通信が可能なモバイルWi-Fiルーターを利用したい人には「WiMAX」がオススメです。WiMAXとは通信の規格で、日本ではKDDIのグループ会社であるUQ WiMAXが提供しています。

そして、WiMAXはUQ WiMAXで契約できるのはもちろんのこと、いくつかのプロバイダでも契約が可能です。契約するプロバイダにより、同じWiMAXの回線を利用していますが、月額の利用料金やサービスなどに違いがあります。

自分にぴったりのプロバイダを選択できれば、それだけお得に契約できます。 それでは、WiMAXを提供している大手プロバイダ3社について、その特徴と共にご紹介します。

WiMAXを最安で利用できる「GMOとくとくBB WiMAX」

とにかく安くWiMAXを利用したいという場合、「GMOとくとくBB WiMAX」を検討してみてください。

GMOとくとくBB WiMAXでは2020年1月時点で34,500円という高額のキャッシュバックを実施しているため、3年間の実質料金で考えた場合、もっともお得にWiMAXを利用できますよ。

GMOとくとくBB WiMAXへの申し込みはコチラから

キャッシュバックキャンペーン

口座振替に対応している「BIGLOBE WiMAX」

クレジットカードを持っていないという人や、カードを極力利用したくないという人にオススメなのが「BIGLOBE WiMAX」です。

口座振替に対応していますので、クレジットカードがなくても契約・利用が可能です。

また、BIGLOBE WiMAXは契約期間が1年と短く、最低利用期間の1年を過ぎたらいつ解約しても違約金がかかりません。万が一、一年以内に解約したとしても、違約金は1,000円ですよ。

口座振替を利用したい方や、短期間でのWiMAX利用を検討中の方はぜひチェックしてみましょう。

BIGLOBE WiMAXの申し込みはコチラから

BIGLOBE WiMAX

他社乗り換えの違約金を負担してもらえる「Broad WiMAX」

他社からの乗り換えを検討している場合にオススメなのが「Broad WiMAX」です。

乗り換えを検討する際に厄介な違約金ですが、Broad WiMAXでは最大19,000円まで違約金を負担してくれます。 違約金が19,000円を超えることはほとんどないため、実質的には全額負担といえます。

違約金を負担してもらう条件として、「月額最安プラン(ギガorライト)の申し込み」と「クレジットカード払い」という事がありますので、その点のみご注意ください。

Broad WiMAXの申し込みはコチラから

Broad WiMAX

モバイルWi-Fiルーターの基本的な使い方

この章では、モバイルWi-Fiルーターの基本的な使い方を解説します。

難しい事はありませんし、一度設定してしまえば、次からは自動で接続可能です。

1.充電しておく

モバイルWi-Fiルーターの現物が届いたら、まずは充電をしてください。

モバイルWi-Fiルーターは持ち運びが前提ですから、バッテリーでの利用が基本です。 専用の充電台(クレードル)に設置するか、付属のUSBケーブルを接続すれば充電が開始されます。

フル充電に必要な時間は機種によって異なります。

2.電源を入れる

ある程度の充電できたら電源を入れましょう。

一般的な端末であれば電源ボタンの長押しするか、スライドする事で電源が入ります。詳しくは各種マニュアルをご確認ください

3.SSID・パスワードを設定する

モバイルWi-Fiルーターの電源を入れたら、続いてはスマホやノートパソコンなど端末側の設定です。

まずは端末の接続設定から、モバイルWi-FiルーターのSSIDを探します。SSIDとはネットワークを識別する名前のようなもので、モバイルWi-Fiルーターごとに決まっています。

端末の接続設定は機種ごとに異なりますが、たとえばiPhoneであれば「設定」-「Wi-Fi」と進めば、接続可能なWi-Fi一覧の中に、モバイルWi-FiルーターのSSIDが見つかるはずです。

それを選択した後はパスワード入力画面に進むはずですから、モバイルWi-Fiルーター側で指定されているパスワードを入力します。

これで接続設定は完了で、以降はモバイルWi-Fiルーターがインターネットに接続されている限り、自動で接続されます。

まとめ

モバイルWi-Fiルーターの基本から選び方のポイント、オススメの機種やサービスについてご紹介してきました。

今回ご紹介したオススメなモバイルWiFiルーターの中でも、自分の使用用途や要望にぴったりな契約を見つける事がモバイルWi-Fiルーターを快適に、そしてお得に利用するためのポイントです。

しっかりと比較して、これぞという1台を手に入れてください。

どんなときもWiFiへの申し込みはコチラから

どんなときもWiFi

  関連記事

 - インターネット完全ガイド, ネットまるごと完全比較