サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

安いWiMAXを利用する方法!格安のオススメプロバイダは?

  /    
  スマホをもっと上手く使う, ネットまるごと完全比較

安くWiMAXを利用する方法

WiMAXは、数かる通信サービスの中でも安い価格帯なので、とにかく安く利用したいと考えている人は多くいるのではないでしょうか。

ですが選ぶプロバイダやプランによって使用料金が大きく変わってしまうので、慎重に検討しなければなりません。

実は以下の3つのポイントに注目することで、料金を大幅に抑えることができます。

  1. プロバイダは最安のものにする
  2. 通信プランは最低限のものにする
  3. 解約はベストなタイミングでする

また、WiMAXは2年・3年と継続して利用をする中で料金が高くなってしまうことがあるため注意が必要です。

この記事では、WiMAXをお得に利用するための方法を解説していきます。最後まで読み進めれば、格安料金プランでWiMAXを損することなく利用することができるでしょう。

WiMAXを安く利用するための方法

WiMAXを安くするポイント3つ

WiMAXを安く利用するためには、先程掲げた3つのポイントを重視して、シンプルに考えていけば簡単なことばかりです。

それぞれをわかりやすく解説していきます。

プロバイダは最安のものにする

WiMAXの料金は選ぶプロバイダによっても大きく変わります。また、プロバイダの選び方は2パターンあり、自分に合った方法を選択しましょう。

  1. 目先の月額料金を安くしたい人→月額料金が一番安いプロバイダ
  2. 3年間総額の料金を安くしたい人→キャンペーンも加味する

これらの違いは「初月無料」など一定期間の月額割引を受ける、もしくは「キャッシュバック30,000円」などを受けて利用総額を実質安くする方法にあります。

プロバイダによっても月額割引の期間や料金は異なりますが、WiMAXの契約期間である3年間利用するのであれば、本当の意味で安くなるのはキャッシュバックです。

ただし、ほとんどのプロバイダではキャッシュバックを受け取るための手続きが必要で、契約開始から11ヶ月前後にお知らせメールが送られてくるなど、その存在を忘れてしまっている人も少なくありません。

また、プロバイダによっても微妙にルールが変わってくるため注意が必要です。

通信プランは最低限のものにする

通信プランは以下の2パターンから選ぶことになります。

  • 通信量7GBの「通常プラン」3,609円(税抜)
  • 通信量無制限の「ギガ放題プラン」4,263円(税抜)

上記に記載した料金はGMOとくとくBBを参考にしたものですが、1,000円近く差が出ています。では、どちらのプランを選べばよいのでしょうか。

MM総研が実施したアンケート調査結果によると、スマートフォンの月間通信量は50%以上が3GB以下の使用量であることが分かっています。最安のプランである通信量7GBの基準は以下の通りです。※参考:ソフトバンク公式データ

メールの送受信およそ14,630通
ホームページの閲覧およそ24,430ページ
動画の視聴およそ31時間30分
音楽のダウンロードおよそ1,750曲

初月は7GBの通常プランで契約してみて、どうしても足りないと感じるようなことがあれば、途中で通信量無制限のギガ放題プランに変更するといったこともできます。

解約はベストなタイミングでする

WiMAXの契約期間は基本的に3年です。ほとんどのプロバイダでは、契約月の翌月を1ヶ月目として更新月を37ヶ月目としています。

たとえば、2019年12月に契約をすれば、契約更新月は2022年12月です。そして、契約更新月に解約手続きをしないと、違約金が発生してしまいます。

契約期間違約金
1~12ヶ月目19,000円
13~24ヶ月目14,000円
25ヶ月目9,500円
37ヶ月目0円
それ以降9,500円

WiMAXの違約金は解約月によって変化していき、契約から1年未満での解約は19,000円、それ以外でも9,500円の違約金が発生するため十分に注意しましょう。

契約更新月を間違えず、余分なお金を支払わないで解約手続きをしましょう。

利用料金がもっとも安いのは「JPWiMAX」!

2019年11月現在、格安で安心して使えるWiMAXならJPWiMAXです。

JP WiMAXの月額利用料
JPWiMAXの月額料金

料金プランをギガ放題しか選択できないというデメリットはあるものの、3年総額54,580円もお得になります。どれだけ安いのか他のプロバイダと比較してみましょう。

プロバイダ 3年間総額 備考
GMO とくとくBBGMOとくとくBB 120,360円 キャッシュバック34,800円
JP WiMAXJPWiMAX 124,800円 アマゾンギフト券10,000円
Broad WiMAXBroad WiMAX 131,626円 初期費用18,857円割引
BIGLOBE WiMAXBIGLOBE WiMAX 155,480円 キャッシュバック10,000円
So-net WiMAXSo-net 148,656円 月額料金割引キャンペーンを適用

主要プロバイダ5社で比較してみても、JPWiMAXは3年間総額でGMOとくとくBBに次ぐ2位の安さとなっています。

また、実質のキャッシュバックでもあるアマゾンギフト券は、端末と同梱されている契約IDを申請URLに入力するだけなので、受け取り忘れの心配もありません。

料金以外にプロバイダの違いはある?

では、プロバイダ選びの基準に料金以外のポイントはあるのでしょうか。

すべてのプロバイダに共通していえるのは、UQコミュニケーションズが管理するWiMAXの通信回線やauの4G LTE回線を使用する同じインターネット接続回線ということです。

UQコミュニケーションズがWiMAXののサービス提供元
もとの回線は全てUQ WiMAXと同じ

そのため、どのプロバイダと契約しても、モバイルルーターの端末機種はもちろんのこと、サービス提供エリア、通信回線速度、速度制限などに違いはありません。

さくまる

ここまででわかるように、WiMAXのプロバイダの違いは料金設計やキャンペーンなんだ。もっとWiMAXのプロバイダを比較したい方は、こちらの記事をチェックするまる!

キャッシュバックで選ぶならGMOとくとくBB

7GBの通常プランも視野に入れるならGMOとくとくBBがオススメです。

2019年11月現在に申し込むと最大34,800円のキャッシュバックが適用され、通常プランなら3年間総額で120,360円とお得に利用することができます。

他にも、GMOとくとくBBを利用するメリットをご紹介します。

20日以内の解約なら違約金がかからない

GMOとくとくBBは、初期契約解除制度を20日間に設定しています。

インターネット接続サービスのデメリットは、実際に使ってみるまでは「通信速度がどれくらいか分からなかったり」「サービス提供エリア内なのかが曖昧だったり」することです。

初期契約解除制度とはクーリングオフ制度と似たようなもので、実際にWiMAXを利用してみて不便に感じることがあれば、違約金を支払わずに解約することができるという制度です。

他のプロバイダの場合、8日以内に手続きを行わなければ適用されませんが、GMOとくとくBBは20日以内であれば違約金不要で解約可能です。ただし、初期契約解除制度が適用されても、事務手数料の3,000円だけは戻ってきません。

端末代0円で機種変更が可能

現在、モバイルルーターとして契約できる端末は「W06」と「WX05」の2種類です。

とくにW06はWiMAX史上最速の下り最大1.2Gbpsという高速通信を実現し、モバイルルーターとは思えないほどの高いパフォーマンスを体感することができます。

最新機種が発売されれば、利用中に乗り換えたいと感じることもあるでしょう。

GMOとくとくBBでは、WiMAXを20ヶ月以上利用し続ければ、端末代0円で機種変更が可能です。

契約更新月以外でも契約解除料0円で、送料も無料なのでお得といえます。

auユーザーはさらにお得になる

GMOとくとくBBは「auスマートバリューmine」に対応しています。

auスマートバリューmineとは、auユーザーの方がGMOとくとくBBのWiMAXをセット利用することで、auの利用料金が毎月最大1,000円割引になるオプションサービスです。

割引額は契約プランによって違います。たとえば、auフラットプランまたは、auピタットプランのスーパーカケホに加入し、2GB以上使用していれば1,000円割引の対象となります。

auのスマートフォン/ケータイをご利用中の方は、GMOとくとくBBがオススメです。

キャンペーンが実施される

WiMAXの利用料金を安くするためには、キャンペーン内容も加味しましょう。GMOとくとくBBは、業界内でも突出したキャッシュバックキャンペーンが行われており、34,800円のキャッシュバックを受け取ることができます。※2019年11月現在

キャッシュバックを確実に受け取るために、GMOとくとくBBでは利用開始後11ヶ月目に送られてくる「口座情報登録メール」から振込口座を登録してください。たったそれだけですが、2つの注意点があります。

  1. 口座情報登録メールはGMOのプロバイダで設定したアドレスに送られてくる
  2. 振込口座の登録はメールが送られてきてから1ヶ月以内に行わなければいけない

これらの情報を知らずに過ごしていると、キャッシュバックが受け取れないことも十分に考えられるため、しっかりと把握しておきましょう。

契約する際の注意点

WiMAX契約の注意点!しっかり選ばないと損?

目先のことばかりに集中していると、後から失敗したことに気づくことはよくあります。

WiMAXの契約でも、事前にしっかりと調べているはずなのに、利用し始めたら注意すべきポイントをすっかり忘れてしまうということは少なくありません。

「結局損をした」ということにならないためにも、契約する際の注意点をご紹介します。

契約終了時は乗り換えるのを忘れない

GMOとくとくBBの月額料金

上記の図は、GMOとくとくBBにおけるギガ放題プランの料金表です。1~2ヶ月目は月額3,609円(税抜)と通常料金よりもお得ですが、3ヶ月目以降は月額4,263円(税抜)と、特別な割引は適用されていないことがわかります。

そのため、契約更新月である37ヶ月目以降も継続してGMOとくとくBBを利用し続けるメリットはありません。

これは他のプロバイダでも同じことが言えます。また、同じ端末を使用し続けると機能性が古くなるため、他のプロバイダに乗り換えて新しい端末を受け取る方がお得です。

特典の受け取りには条件がある

WiMAXの契約時に注意すべき点は、キャッシュバックなど特典の受け取り方法です。

キャッシュバックなどで実質お得になるプロバイダは多く、特典を逃してしまうと最安どころか他社よりも高額な利用料金を支払うことになりかねません。

特典を受け取るための手続き方法は契約開始から11か月目などプロバイダによってルールが異なるため、事前にしっかりと把握しておくことが大切です。

JPWiMAXなど、契約後すぐに受け取れるプロバイダもあります。

WiMAXの利用に関するQ&A

WiMAX利用に関するQ&A

はじめてWiMAXを利用する人は、疑問点を解消してから契約するようにしましょう。

ここではとくに多くの人が不安に感じている内容についてお答えしていきます。いままで使ったことがある人も、再確認しながら読み進めてみましょう。

WiMAXの月々の利用料金を確認する方法は?

プロバイダによっては月額料金が変動する場合もあります(たとえば、1~3ヶ月目は〇円、4~24ヶ月目は×円、25ヶ月目以降は△円など)。

実際に契約してみると、現在の利用料金が分からなくなることもあるでしょう。そんなときに月額料金が確認できれば、より安心して使用できるのではないでしょうか。

基本的には各サービスのマイページから行います。トップページの「契約内容の確認・変更」などから確認することができます。他にも、オプションの解除や変更手続きなども会員ページから簡単に行えるようになっています。

通信容量を超過すると追加料金はかかる?

  通常プラン ギガ放題プラン
容量 月に7GBまで 3日で10GBまで
速度制限後 最大128Kbps 最大1Mbps
解除時期目安 翌月 翌日18時~2時
追加料金 なし なし

WiMAXの通信プランは「通常プラン」と「ギガ放題プラン」の2つです。通常プランは「月に7GBまで」、ギガ放題プランなら「3日で10GBまで」という制限があります。では、これらの制限を超えると追加料金が請求されるのでしょうか。

実際には、決められた容量を超えても追加料金は発生しません。しかし、それぞれの容量を超えると速度制限がかかります。通常プランは「最大128Kbps」、ギガ放題プランは「最大1Mbps」という速度になってしまうため注意が必要です。

しかし、通常プランは「翌月」、ギガ放題プランは「翌日18時~2時」に解除されます。

WiMAXが壊れたときの修理料金はいくら?

  補償オプションなし 補償オプション(通常) 補償オプション(+α)
メーカー保証 あり あり あり
保証期間 1年 契約期間内 契約期間内
補償料金 無料 月300円~ 月500円~
水漏れ修理 × ×
修理費用 1年以内は無料 無料 無料

WiMAXの端末はレンタルではないため、紛失・故障をしても違約金は発生しません。また、無料の交換を行っていないため、修理する必要が出てきます。

どのプロバイダでも新規契約であれば、端末に1年間のメーカー保証が付いてきます。

そのため、製造元に連絡をすれば無償修理が受けられる可能性があります。ただし、メーカー保証は自然故障に対する保証のため、落下や水漏れなどによる端末の故障が心配な人は、別途でプロバイダの補償サービスを検討してみてください。

たとえば、GMOとくとくBBなら月額300円で故障修理が無料になります。他にも、月額500円を支払えば水漏れ故障修理が無料になる補償サービスもあります。

まとめ

結論!このプロバイダを選べば間違いなし

結論、2019年8月時点でお得に契約できるWiMAXのプロバイダは、GMOとくとくBBです。しかし、キャッシュバックの受け取りを忘れてしまいそうと不安に感じている人には、JPWiMAXをオススメします。

キャッシュバックや月額割引といったキャンペーンが適用されることで3年間の総額が変わってくるWiMAXは、目先の料金の安さよりも長期的な目線で契約することが大切です。

また、契約後もキャッシュバックの受け取り方や解約月などで大きく得をするか損をするかの分かれ目になってくることもあるため、事前に確認しておきましょう。

  関連記事

 - スマホをもっと上手く使う, ネットまるごと完全比較