サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

WiMAXのギガ放題を最安で使いたい!プロバイダはどこがおすすめ?

  /    
  インターネット完全ガイド, ネットまるごと完全比較

WiMAXのギガ放題プランは1か月インターネットが利用し放題で、光回線よりも安く契約できます。

さらにお得に利用したいのなら、最安のWiMAXプロバイダを選びましょう。ギガ放題の月額料金やキャンペーン内容は、契約するプロバイダによって大きく差がでますよ。

2020年1月時点でもっとも安くギガ放題を申し込むなら、GMOとくとくBB WiMAXで高額キャッシュバックキャンペーンか、月額料金大幅割引キャンペーンを選んで契約しましょう。

今回は最安でギガ放題を利用するために知っておきたいポイントを、さらにくわしくご紹介します。低料金でWiMAXを使いたいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

WiMAXを最安で利用するためのポイント

WiMAXを契約できる窓口はありふれているので、どこで契約すればいいのか悩んでしまいます。

最安料金でWiMAXを使いたい人は以下4つのポイントを基準にしてプロバイダを選んでみるといいでしょう。

  • 実店舗ではなくプロバイダを選ぶ
  • 実質利用料金が最安のプロバイダを選ぶ
  • 解約は違約金がかからないタイミングで行う
  • さらに費用を抑えたいなら通常プランにする

上記のポイントを知っていると、格安でWiMAXを使えるプロバイダが見つかります。

実店舗ではなく、プロバイダを選ぶ

WiMAXはauショップや家電量販店といった実店舗での契約も可能ですが、プロバイダでの契約のほうが料金は安くなります。

実店舗とプロバイダで利用料金に違いが出る理由は、お得なキャンペーンがあるかどうかです。 auショップや家電量販店ではスタッフへ給料を支払うための人件費や家賃などの運営費が必要なので、どうしてもキャンペーンにまわせる予算が少なくなってしまいます。

プロバイダはオンライン窓口で契約を受け付けているので人件費を削減でき、お得度が高い月額割引やキャッシュバックの実施を可能にしています。

実質利用料金が最安のプロバイダを選ぶ

プロバイダによって実施されているキャンペーンや月額料金の設定が異なっているので、数あるプロバイダから最安の契約先を選ぶべきです。

2020年1月の時点で利用料金が最安なプロバイダはGMOとくとくBB WiMAXです。

のちほどご紹介する比較表を見ればわかりますが、GMOとくとくBB WiMAXは高額キャッシュバックや月額料金の大幅割引を実施中なので、実質の利用料金が最安値クラスになります。

解約は違約金がかからないタイミングで行う

どのプロバイダでWiMAXを契約するにしても、解約するときは違約金がかからないタイミングで手続きをする必要があります。

WiMAXには契約期間が2~4年のいずれかに設定されていて、以下のようなタイミングで訪れる更新月でないと解約するときに違約金が発生します。

契約期間 更新月
2年
2年ごとに1度
3年
3年ごとに1度
4年
4年ごとに1度

解約の際は上記の契約が満了するタイミングに手続きをすれば、違約金がかからずお得です。

さらに費用を抑えたいなら通常プランにする

WiMAXにはギガ放題プランと通常プランの2種類があり、それぞれ内容が異なります。

ギガ放題プランは名前の通り利用できるデータ量(ギガ)が毎月使い放題、通常プランは利用できるデータ量が毎月7GBまでのプランです。

ほとんどのプロバイダでギガ放題プランよりも通常プランは、料金が安く設定されています。 たとえばGMOとくとくBB WiMAXで大幅割引キャンペーンを選んだ場合、ギガ放題プランと通常プランではこのように料金が変わりますよ。

GMO とくとくBBWiMAX 月額2,170円〜引用:GMOとくとくBB WiMAX

1か月でおよそ500円料金が安くなるので、あまりインターネットを使う頻度が少なく、とにかく料金を安く抑えたい方は、通常プランを選びましょう。

ただし、速度制限が通常プランは1か月に7GBを超えると最大128kbpsの低速状態に月末まで陥るのに対して、ギガ放題プランは3日間で10GB以上のデータ通信を行わないと速度制限になりません。

ギガ放題の速度制限は約8時間でYouTubeの標準画質を視聴できる程度のおおむね1Mbpsでるので、安心です。

ただし、ギガ放題プランでもハイスピードプラスエリアモード(LTEオプション)を有効にした状態で利用したデータ量が7GBになると月末まで通信制限がかかるので注意しましょう。

プロバイダの利用料金を徹底比較!

2020年1月時点で。ギガ放題プランを契約した場合の料金や、キャンペーンを主要プロバイダ8社で比較してみました。

■料金の比較条件

  • 最新機種W06を使用
  • ギガ放題プラン
  • クレジットカード払い
プロバイダ 月額料金 キャッシュバック 3年間実質料金
GMOとくとく
BB(CB)
1か月目~2か月目:3,609円
3か月目~36か月目:4,263円
34,500円
120,660円
GMOとくとく
BB(割引)
1か月目~2か月目:2,170円
3か月目~36か月目:3,480円
2,000円
123,660円
JPWiMAX
1か月目~3か月目:2,800円
4か月目~24か月目:3,500円
25か月目~36か月目:4,100円
10,000円
124,100円
DTI WiMAX
1か月目~2か月目:0円
3か月目:2,590円
4か月目~36か月目:3,760円
0円
129,670円
Broad WiMAX
1か月目~2か月目:2,726円
3か月目~24か月目:3,411円
25か月目~36か月目:4,011円
0円
131,626円
So-net WiMAX
1か月目~12か月目:3,380円
13か月目~36か月目:4,379円
0円
148,656円
UQ WiMAX※
3,880円
3,000円
154,680円
BIGLOBE WiMAX※
1か月目~3か月目:2,980円
4か月目~36か月目:3,980円
7,000円
155,480円
@nifty WiMAX※
1か月目~2か月目:3,670円
3か月目~36か月目:4,350円
0円
178,240円

※2020年1月時点での料金です。
※別途事務手数料3,000円がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)
※1:別途端末料金がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

一覧表からわかるとおり、3年間ギガ放題プランを利用した場合の料金がもっとも安いのはGMOとくとくBB WiMAXです。

GMOとくとくBB WiMAXでは、高額キャッシュバックキャンペーンか、月額料金大幅割引キャンペーンを選んで申し込みができます。

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバック金額は利用するルーターの種類で変わりますが、2020年1月時点ではどの機種を選んでも34,500円が契約から1年後に受け取れますよ。

端末
キャッシュバック額
W06
34,500円
WX05
WX05本体+クレードルセット
HOME 01
HOME L02

※2020年1月時点

GMOとくとくBB WiMAXで月額料金の大幅割引キャンペーンを選んだ場合は、契約から2か月目まで2,170円という安い料金で利用できますよ。 ご自分の希望にあわせて、お得なキャンペーンを選んでくださいね。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

最安値だとサービス内容に問題はある?

WiMAXでは最安値のプロバイダで契約したからといって通信速度が劣ったり、対応エリアが狭まったりといったことはありません。

WiMAXは、どのプロバイダで契約しても利用する回線は同じで品質は変わらないからです。

また、ここでおすすめしているGMOとくとくBBはWiMAXの数あるプロバイダのなかでも大手であり、信頼性が高いので安心して契約できます。

WiMAXを最安値で利用するためのポイント

WiMAXを契約するプロバイダが選べたら、次は申し込む前に以下2つのポイントをチェックしておきましょう。

  • プロバイダのキャンペーン特設ページで申し込む
  • キャッシュバックは確実に受け取る

上記のポイントをおさえておかないとキャンペーンが受けられなくなり、かえって利用料金が高くなる可能性もあるので要注意です。

キャンペーン特設ページで申し込む

WiMAXを最安で契約するためには、選んだキャンペーンが受けられる特設ページからの申し込みが必須です。プロバイダのキャンペーンページ以外で申し込むと、特典が受けられない恐れもありますよ。

たとえば、GMOとくとくBBでキャッシュバックキャンペーンを選んだ場合はこちらの特設ページから申し込み手続きを行わないと、受けられるはずのキャッシュバックがもらえません。

主要のプロバイダは公式サイトと電話窓口で契約を受け付けていますが、確実にキャンペーンを受けるために公式サイトでの申し込みを徹底しましょう。

キャッシュバックは確実に受け取る

キャッシュバックを実施しているプロバイダで契約する場合、特典の受け取り方法もチェックしておきましょう。

キャッシュバックをもらうには、契約が完了したあとに手続きをする必要があるからです。

たとえばGMOとくとくBBで契約する場合、端末を受け取った月から数えて11ヶ月目に届くメールから振り込み口座を登録することでキャッシュバックを受け取れます。

GMOとくとくBB キャッシュバックの流れ引用:GMOとくとくBB WiMAX

申請用のメールが届いてから30日以内に手続きをしないとキャッシュバックがもらえなくなるので、忘れないように注意しましょう。

キャッシュバックの申請手続きが面倒だと感じる方や、忘れてしまいそうで不安な方は、自動的に割引特典が適用される月額割引キャンペーンページから申し込んでくださいね。

まとめ

WiMAXでデータ通信無制限でできるギガ放題を最安の料金で使いたいのであれば、GMOとくとくBBで申し込むのがおすすめです。

GMOとくとくBBは34,500円の高額キャッシュバックや大幅な料金割引キャンペーンを実施しており、実質料金を他社プロバイダよりも安く抑えられます。

ただし、確実にギガ放題を最安で契約するために、以下のポイントに注意してくださいね。

  • プロバイダのキャンペーン特設ページで申し込む
  • キャッシュバックは確実に受け取る

キャンペーンを受けるための適用条件や申請方法はしっかりと確認し、WiMAXのギガ放題で安く快適にインターネットを楽しんでくださいね。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

  関連記事

 - インターネット完全ガイド, ネットまるごと完全比較