サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

auひかりで一番お得なキャッシュバックを受け取る方法!12社を徹底比較

  /    
  代理店の評判・口コミ

auひかりどこで申し込む?

auひかりは申込窓口によって、高額のキャッシュバックが受け取れます。

しかし、キャッシュバックには適用条件があったり、振込時期が窓口によって違ったり、金額以外にも注目すべきポイントも多く、結局どこから申込めばいいのか迷ってしまいますよね。

今回はauひかりの窓口12社を比較し、キャッシュバック額とあわせてオプション加入の有無や申請手続きの簡単さ、振込時期などを徹底的に調査してみましたよ。

結論として、2020年3月時点でオススメしたいキャッシュバック窓口は以下の2社です。

また、キャッシュバックよりも月額料金割引でauひかりを安く利用したい方にオススメのプロバイダ・So-netの窓口についても解説します。

あなたにぴったりのキャッシュバック窓口を選ぶポイントや、auひかりのキャッシュバックに関するよくある質問と答えも紹介しますので、お得にauひかりを申し込みたい方はぜひ参考にしてくださいね。

※2020年3月サクッと光調べ

auひかりのキャッシュバック窓口はプロバイダ経由か代理店サイトがオススメ

auひかりは公式サイト以外にも、独自のキャッシュバックキャンペーンを展開しているプロバイダ窓口や代理店サイトなどで契約ができます。

auショップや家電量販店でもauひかりの契約キャンペーンを実施していることがありますが、インターネットから契約者を募るプロバイダや代理店窓口と比べるとキャッシュバック額が少ないことが多いです。

理由として、実際の店舗は直接スタッフに契約内容の確認や質問ができる代わりに、人件費や店舗の維持費もあるので、キャッシュバックに当てられる予算がどうしても削減されてしまうからです。 代理店は人件費や店舗にかけるコストを大幅にカットできるので、その分を契約者への特典に充てられますよ。

しかし、プロバイダや代理店によっても、auひかりのキャンペーン内容や適用条件は違います。

本当にお得な窓口を見極めるには、オプションの加入など同じ条件で契約期間内の月額料金から特典での割引額などを引いた実質料金で比較しましょう。 一見、高額のキャッシュバックを掲げているサイトでも、よく見ると満額を受け取るには有料オプションに入らなくてはいけないこともあります。

また、キャッシュバックがない窓口でも独自の料金割引特典が受けられ、現金でもらうよりも実質料金が安くなる可能性もありますよ。

auひかりのプロバイダ窓口8社とキャッシュバックを実施している代理店窓口3社を、以下の条件での実質料金で比較してみました。

実質月額料金=3年間の月額(初月含まず、ひかり電話込み)+事務手数料(3,000円)
+工事費(戸建て:37,500円、マンション:30,000円)
―キャッシュバック額や月額料金割引額 ÷35か月
  窓口名 実質月額
戸建て※1 マンション
プロバイダ GMOとくとくBB(割引)
3,228円
1,426円
GMOとくとくBB(CB)
3,340円
1,278円
So-net
3,585円
2,730円
BIGLOBE
4,382円
2,256円
DTI
4,511円
2,778円
@nifty
4,951円
3,113円
au one net
5,311円
3,995円
@TCOM
5,597円
4,430円
ASAHIネット
5,904円
4,430円
代理店サイト フルコミット
3,882円
1,821円
NNコミュニケーションズ
4,111円
2,169円
NEXT
公式サイト・auショップ
5,597円
4,430円

※事務手数料(3,000円)、光電話オプション料金(500円)込み、価格は税抜

※1:「ずっとギガ得プラン」(契約期間3年)を契約した場合

12社のキャンペーンを実質料金で比較した結果、プロバイダ窓口のGMOとくとくBBがもっとも安く利用できるとわかりました。戸建てタイプの方は料金割引&キャッシュバックキャンペーンが、マンションタイプの方は高額キャッシュバックキャンペーン が最安値で契約できます。

また、代理店サイト3社では、フルコミットのキャッシュバックキャンペーンがお得ですよ。

さらにくわしく、オススメのキャッシュバック窓口を解説していきましょう。

auひかりのオススメキャッシュバック&料金割引窓口

今回、auひかりの申込窓口としてとくにオススメしたいのは、以下の3社です。

それぞれ実施しているキャンペーン内容や、キャッシュバックの適用条件などを解説していきましょう。

キャッシュバック額No.1!GMOとくとくBB

auひかりのプロバイダであるGMOとくとくBBから申込む際には、2つのキャンペーン窓口を選んで契約できます。

キャッシュバックとあわせて毎月の支払いをしっかり押さえたい方は、料金割引&キャッシュバック窓口を、現金で高額のキャッシュバックがほしい方は61,000円キャッシュバックを選ぶといいでしょう。

しかし、金額的には月額料金からの割引も加えるとどちらがお得なのか、一見わかりませんよね。

GMOとくとくBBで受けられる2つのキャンペーンを、それぞれ月額料金や契約期間が異なる戸建てタイプとマンションタイプで比較してみましたので、一緒に確認してみましょう。

まずは、戸建てタイプで契約をした場合、2つの窓口で支払う3年間の総額を比較します。

  割引&CB 高額CB
事務手数料
3000円
3000円
2~12か月目
44000円
56100円
13~24か月目
48000円
60000円
25~36か月目
48000円
58800円
工事費
0円
0円
キャッシュバック
-30000円
-61000円
合計
113000円
116900円

※価格は税抜

戸建てタイプの場合は、料金割引と30,000円キャッシュバックを受けられるキャンペーンを選んだほうが、61,000円キャッシュバックと比べて3,900円安く利用できるとわかります。

続いて、マンションタイプで契約した場合、2年間の契約期間でそれぞれ支払う総額を確認してみましょう。

  割引&CB 高額CB
事務手数料
3,000円
3,000円
2~24か月目
59,800円
87,400円
工事費
0円
0円
キャッシュバック
-30,000円
-61,000円
合計
32,800円
29,400円

マンションタイプで契約した場合は、61,000円キャッシュバックを受け取った方が、料金割引&キャッシュバックよりも実質料金が3,400円安くなるとわかります。

しかし、GMOとくとくBBの2つのキャンペーンはお得度の差額がそれぞれ3,400円~3,900円でしたので、ご自分にとって重視したいポイントとあわせて、検討してくださいね。

また、どちらのキャンペーン窓口を選んでも以下のプロバイダ特典が受けられるのも、注目したいポイントです。

  • 利用開始月の月額料金無料
  • 光電話オプション料金(500円)が戸建ては36か月、マンションは24か月無料
  • セキュリティソフト最大12か月無料
  • Wi-Fi公衆無線LAN最大2か月無料
  • auのホームIoT最大2か月無料

では、GMOとくとくBBの2つのキャンペーンについて、オススメできるポイントや注意点などをさらにくわしく解説していきましょう。

戸建てなら月額料金割引キャンペーンがお得!

auひかり GMOとくとくBB - 月額2,600円~キャンペーン
キャッシュバック
30,000円
月額割引
戸建て:4,000円(3年間)、マンション:2,600円(2年間)
オプション
光電話
キャッシュバック受取時期
申し込みから12か月後と24か月後の2回
申請手順
1.申し込みから11か月後に届くメールで口座情報を伝える
2. 申し込みから23か月後に届くメールで口座情報を伝える

戸建てタイプでGMOとくとくBBからauひかりを契約した場合、もっとも実質料金が安くなるのが月額料金割引&30,000円キャッシュバックキャンペーンです。

auひかりを戸建てタイプで申込んだ場合基本料金は5,100円〜ですが、3年間の契約期間内は4,000円まで値引きされます。

また、マンションタイプで契約した場合は、基本料金4,300円~が2年間2,600円になりますよ。

また、月額料金割引を受けても、30,000円のキャッシュバックが受け取れるのが嬉しいですね。

ただし、キャッシュバックキャンペーンの適用には、光電話の加入が必要なことも覚えておきましょう。とはいえ、GMOとくとくBBではプロバイダ特典として、光電話をオプション料金無料で利用できます。

GMOとくとくBBでは、2回にわけてキャッシュバック申請をしなくてはいけません。

のちほどauひかりを申し込んでキャッシュバックを受け取る手順 の項目で確実に受け取るためのポイントなどを解説しているので、あわせてご覧ください。

auひかり×GMOとくとくBBの詳細を見る

マンションなら高額キャッシュバックキャンペーンがお得!

auひかり GMOとくとくBB - 高額キャッシュバック

マンションにお住まいの方が契約する場合、GMOとくとくBBの高額キャッシュバックキャンペーンがもっとも実質料金を抑えて契約できます。

高額キャッシュバックキャンペーンは月額料金からの割引がありませんが、最大で61,000円のキャッシュバックが受け取れます。

GMOとくとくBBで満額のキャッシュバックをもらうには光電話の同時申込みが必要ですが、インターネットだけでいいという方もオプションなしで51,000円のキャッシュバックが受け取れますよ。

高額キャッシュバックキャンペーンでも受取は申込みから12か月後と24か月後の2回にわかれます。auひかりを申し込んでキャッシュバックを受け取る手順 もよく読んで、しっかり申請手続きなどを行いましょう。

auひかり×GMOとくとくBBの詳細を見る

キャッシュバック受け取り時期が早い!フルコミット

フルコミット キャッシュバック金額すぐにキャッシュバックが受け取りたいなら、フルコミットがオススメです。その理由として、最短で開通の翌月にキャッシュバックが受けられることと、代理店の中ではキャッシュバック額がもっとも多い点が挙げられます。

フルコミットのキャッシュバックはオプションの加入条件もなく、ネット回線のみの契約でも必ず50,000円もらえるのが嬉しいところです。また、ひかり電話も加入するなら60,000円に増額されますよ。

ただし、フルコミットのキャッシュバックは代理店からの自社キャッシュバックと、プロバイダSo-netからのキャッシュバック分にわかれます。

フルコミット キャッシュバックの内訳引用:フルコミット

フルコミットも自社分のキャッシュバックと、So-net分のキャッシュバックで合計2回、申請手続きが必要ですよ。

フルコミット分のキャッシュバックは、申込時にキャッシュバックの振込口座情報を伝えるだけで、翌月末にキャッシュバックが振り込まれます。

So-net分のキャッシュバックは、So-netのプロバイダメールアドレスへ契約から4か月後に申請メールが届くので、口座情報を入力したら早ければ当日中に現金が振り込まれますよ。

すべてのキャッシュバックを受け取るまでの期間で考えても、最短で契約から4か月後と早く還元されるのがフルコミットで申込むメリットですね。

auひかりの詳細を見る

【番外編】キャッシュバックにこだわらないならSo-netの月額料金割引もオススメ!

auひかり 割引特典 - So-net

プロバイダ・So-netの公式サイトでは、キャッシュバックキャンペーンの代わりにauひかりの月額料金を大幅に値下げする割引キャンペーンを実施しています。

キャッシュバックは基本的に申請や適用条件がありますが、面倒な手続きをしなくても確実に月額料金から還元を受けたいと考える方に、So-netはオススメですよ。

So-netを戸建てタイプで申込んだ場合、auひかりを3年間ずっと3,480円で使えるので、3年間で総額53,100円分の特典が受け取れますよ。

マンションタイプで契約した場合は、契約期間の2年間ずっと1,980円という低価格でインターネットを使えます。マンションタイプの特典総額は、2年間で43,680円分です。

現金キャッシュバックの方が金額的にお得ではありますが、月額料金割引のように毎月の負担を長期的に減らせたほうがメリットだと感じる方もいるでしょう。また、特典を受け取るための手続きなども必要ないので、キャッシュバックのような「受け取り忘れ」のリスクもありません。

「キャッシュバックよりも毎月安く使いたい!」というあなたは、ぜひSo-netから申し込んでみてください。

auひかり×So-netの詳細を見る

キャッシュバック窓口を選ぶ3つのポイント

キャンペーンがオススメな窓口を紹介しましたが、auひかりの申込窓口は無数にあるのでどれが本当に自分にあっているのか不安ですよね。

auひかり自体のサービス内容はどこで入っても変わりませんので、同じauひかりを申込むなら少しでもキャッシュバックが高額なところを選ぶのがベストです。

しかし、キャッシュバックの適用条件や申請方法は窓口によって違うので、以下のポイントを抑えて本当に安心して契約できる代理店を見極めましょう。

窓口を選ぶうえで注目したい点を、くわしく解説していきます。

キャッシュバック額の内訳をチェックしよう

キャッシュバックを用意している代理店サイトなどでは、「最大150,000円のキャッシュバック!」といった驚くほど高い金額を特典として掲げていることもあります。

しかしその内訳を見ると、代理店限定のキャッシュバックだけでなく、どこで申し込んでも適用される公式キャンペーンまで含まれている場合があるので、代理店としての特典額だけで比較しましょう。

《例:とある代理店Aの 「157,500円還元」の内訳》

30,000円(auひかり公式の違約金還元キャンペーン)
フレッツ光などからauひかりに乗り換える場合、そこでかかった違約金を30,000円まで還元してもらうことができますが、これはKDDIの施策なのでどこで申し込んでも適用されます。
37,500円(auひかり公式の工事費割引キャンペーン)
auひかりでは工事費が37,500円かかりますが、同額の割引が入るので実質負担はありません。これもauひかり全体でのキャンペーンです。
50,000円(代理店限定キャッシュバック)←ココに注目!
この窓口から申し込むことで代理店+プロバイダから口座に振り込まれる金額です。この金額が窓口独自で受けられるキャッシュバック額です。
40,000円(紹介キャンペーン)
代理店によっては、一緒に誰かと申し込むとキャッシュバックが増加するキャンペーンがあります。この場合は1人紹介するごとに20,000円、2人まで紹介することができます。

上記の場合、auひかりの契約で窓口独自のキャンペーンとして必ず受けられるのは、50,000円のキャッシュバックだけです。

また、キャッシュバックの条件として知人などをインターネット契約に誘うのは、トラブルの元になる可能性もあるのでよく考えましょう。

はっきりと公式特典としてのキャンペーン額と、代理店限定のキャッシュバック額をわけて明記されている会社は、わかりやすいですね。

キャッシュバック条件のオプションなどをチェック

キャッシュバックを受けられる窓口から申し込む時には、キャンペーンの適用条件もしっかりとチェックしたいポイントですよ。

たとえば、ある代理店では高額キャッシュバックの条件として、auひかりの契約とは別に「モバイルルーター」や「ウォーターサーバー」などの加入も提示している場合があります。

ただし、適用条件となるオプションがもともと利用したいものや、契約者にとってメリットを感じるものだったら、その分キャッシュバックが多く受け取れる場合もありますので、メリットと感じる人もいるでしょう。

代理店を選ぶ時にはオプションなどの条件がないところか、光電話やセキュリティソフトなど必要なものを条件としているところのどちらかを、ご自分の希望にあわせて選びましょう。

受け取り時期や申請方法もチェック

キャッシュバック窓口の多くはキャッシュバックを指定した銀行口座に振り込んでくれますが、振り込まれるまでの期間や申請手続きをする時期もそれぞれ違います。

キャッシュバックを受け取るための手順も契約先によって異なりますので、申し込む際にはしっかりと把握しておきましょう。

たとえば、以下の申請方法と振り込み時期を掲げる代理店から、申し込むとします。

  • 10ヶ月後に届くメールに送信日から1か月以内に返信をすると、翌月末にキャッシュバック

もし10ヶ月後に申請手続きをしなくてはいけないことを忘れていて、メールの確認ができなかったり、期限までに返信が出来なかったりすると、キャッシュバックを受け取り損ねてしまいます。

契約から時間がたつので、申請時期を忘れてしまいそうで不安な方や、複雑な手続きは面倒な方は簡単な申請方法でauひかりの開通後すぐにキャッシュバックを受け取れる窓口を選びましょう。

たとえば、代理店のフルコミットでは、申し込み時に口座番号を告げるだけで、翌月末には自社分のキャッシュバックが振り込まれますよ。

残りのSo-net分のキャッシュバックは別途、受取り手続きをしなくてはいけません。しかし、開通から4か月後に申請用メールが届き、口座の登録後は早くて数時間後に現金が振り込まれまるので忘れにくいといえるでしょう。

さらに、キャッシュバックの申請時期などをしっかりメモしておくなどの対策をとっておけば、なお安心ですね。

auひかりを申し込んでキャッシュバックを受け取る手順

auひかりをもっとも実質料金の安いGMOとくとくBBから申し込んで、キャッシュバックを受け取るまでの手順を確認しておきましょう。

先にキャッシュバック受取りの流れを把握しておけば、もらい忘れが発生しにくくなります。

  1. GMOとくとくBBの料金割引&キャッシュバック窓口高額キャッシュバック窓口を選んでアクセスする
  2. プランや契約者情報を入力し、auひかりを申込む
  3. auひかりの開通工事が行われる
  4. 申込月を含む11か月目にGMOとくとくBBからメールが届く
  5. メールの受信日の翌月末日までに返信をして振込口座の登録をする
  6. メールを返信した日が属する月の翌月末にキャッシュバックの半額が振り込まれる
  7. 申込月を含む23か月目にGMOとくとくBBからメールが届く
  8. メールの受信日の翌月末日までに返信をして振込口座の登録をする
  9. メールを返信した日が属する月の翌月末にキャッシュバックの残額が振り込まれる

GMOとくとくBBのキャッシュバックを確実に受け取るために、とくに気をつけたいのは以下の2つです。

  • 申込手続きをした月の11か月目と23か月目に届くメールを見逃さない
  • メールが届いた翌月末日までに必ず返信をして手続きを済ませる

メールはGMOとくとくBBとの契約時に作成した、GMOとくとくBBのプロバイダメールアドレスに届きます。

メールからキャッシュバックを振り込んで欲しい口座を登録しますが、手続きできる期限はメールの受信日の翌月末日までです。 手続きできる期限をすぎてしまうと、キャッシュバックが受け取れなくなるので、メールに気が付いたらすぐに登録しておきましょう。

2回ある申請のタイミングもスマホのスケジュールなどに登録したり、リマインダーアプリを利用したりするといいですね。

どこから申し込んでも受け取れる公式キャッシュバック

KDDIが実施しているauひかりの公式キャンペーン「auひかり新スタートサポート(他社解約違約金負担キャッシュバック)」は、公式窓口はもちろん、プロバイダや代理店などどこから申し込んでも受け取れます。 ただし、公式のキャッシュバックも適用条件や申請手続きが必要ですよ。

auひかり新スタートサポートの適用条件は、以下のとおりです。

  • auひかりの申込みから遡って1か月以内まで、他社の固定回線や他社モバイルデータ通信端末を契約している
  • 「ずっとギガ得プラン」、「光電話」、「電話オプションパックEX」を新規で申込む
  • auひかりの申込月から12か月以内に「スタートサポート共通申請書」で申請手続きをする
  • 申請書の送付までにau WALLET プリペイドカードを申し込む(郵便為替での還元は不要)

他社回線からauひかりに乗りかえて、auひかり新スタートサポートを受け取る手順も確認しておきましょう。

  1. 他社回線の解約から1か月以内にauひかりを申込む
  2. auひかりの開通工事が行われる
  3. au WALLET プリペイドカードを申し込む(郵便為替での還元は不要)
  4. 申込月から12か月以内に「スタートサポート共通申請書」と他社回線の解約違約金明細のコピーをKDDIに送付する
  5. 申請の受付からau WALLET での還元なら約1か月後、郵便為替なら約1か月半~2か月後に還元される

ちなみに、他社解約違約金のキャッシュバック額は契約するauひかりのプロバイダによって違います。

auひかり 新スタートサポート ホーム - 還元額引用:au新スタートサポート

Asahi NetとDTIを選んだ方は、解約違約金キャッシュバックの上限が最大15,000円です。

auひかりのキャッシュバックに関するQ&A

auひかりのキャッシュバックは金額も高いので非常に魅力的ですが、他社回線よりもキャンペーンが充実していることに逆に不安を感じる方や、受取りに関する疑問がある方も多いようです。

最後にauひかりのキャッシュバックに関して、多く寄せられている質問に答えていきましょう。

auひかりのキャッシュバックはどうして高額なの?

auひかりのキャッシュバック額は、他社の光回線と比べても高いです。

回線事業者 キャッシュバック額
auひかり
最大61,000円
NURO光
45,000円
ソフトバンク光
最大33,000円
BIGLOBE光
最大25,000円
ドコモ光
15,000円
ぷらら光
最大35,000円

せっかく光回線を引くならより多くの特典が受けられるとうれしいですが、auひかりだけなぜこんなにキャッシュバック額が高いのか気になっている人もいるようです。

auひかりでは、運営元のKDDIとプロバイダからそれぞれ特典を用意できるうえに、代理店を経由するとさらに独自の特典を足して契約者に還元ができます。 プロバイダも現在8社から選べるので、プロバイダ会社同士でも競争が起き、より多くの高額キャッシュバックを提示して自社で契約してもらえるように努力を続けています。

そのため、auひかりは自社のプロバイダと一体型になっている回線事業者などと比べても、特典が充実しているのです。

auひかりのキャッシュバックが増額になるひかり電話は契約するべき?

auひかりの申込窓口によってはキャッシュバックの受取り条件として、ひかり電話の加入が必須の場合があります。

ひかり電話は月額500円のオプション料金がかかりますが、auスマホとのセット割「auスマートバリュー」を適用するために必須のオプションです。また、auひかりの初期工事費用割引や、他社解約違約金のキャッシュバックを受けるための適用条件ですよ。

auユーザーの方や他社回線からの乗りかえの方などもともと光電話を契約するつもりなら、オプションの申込みでキャッシュバックが受けられたり、増額したりするのはうれしいですよね。

たとえば、先ほど紹介した代理店のフルコミットではauひかりの契約のみなら50,000円のキャッシュバックですが、光電話も同時に申し込むと60,000円に上乗せされますよ。

auひかりの詳細を見る

auひかりちゅらでもキャッシュバックはもらえる?

同じauひかりでも、沖縄県にお住まいの方はauひかりちゅらが契約できます。

auひかりちゅらはauひかりと料金も運営会社も、ホームページも違います。そのため、受けられるキャンペーンも異なりますよ。

auひかりちゅらでは2020年3月時点で、最大50,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

auひかり ちゅら -キャッシュバック引用:auひかり ちゅら

沖縄県でauひかりの利用を検討している方は、ぜひチェックしてみましょう。

auひかりのキャッシュバックに関する問い合わせ先は?

auひかりのキャッシュバックについて、申請方法や適用条件などに疑問がある場合や、いつ受け取れるのか問い合わせたいときもありますよね。

auひかりの公式特典である、auひかり新スタートサポートについては、auひかりに直接問い合わせましょう。

  • KDDIお客様センター(0077-7078、受付時間:9時~20時)へ電話する
  • メールで問い合わせる

プロバイダや代理店窓口の限定キャンペーンについては、KDDIとは別で実施しているものなので上記ではわからない場合があります。

プロバイダや代理店キャンペーンは、契約した窓口に問い合わせましょう。キャッシュバックの受け取りまでは、必ず契約先の会社名や電話番号を控えておいてくださいね。

まとめ

auひかりのキャンペーンを受けられる窓口を12社で比較した結果、実質料金をもっとも安くできるのは、GMOとくとくBBの61,000円キャッシュバック窓口料金割引&30,000円キャッシュバック窓口だとわかりました。

また、最大60,000円のキャッシュバックを契約から4か月以内に受け取れる代理店窓口フルコミットもオススメですよ。

ただし、キャッシュバックキャンペーンには適用条件や申請手続きなど、注意すべき点もいくつかあります。

キャッシュバックの受け取りに不安を感じた方や、手続きをしなくても確実に特典を得たい方は、大幅に月額料金を値引きしているプロバイダ・So-netからの申込みも検討してみてくださいね。

  関連記事

 - 代理店の評判・口コミ