サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

ドコモ光の申込みは代理店経由がお得!申し込みの方法や流れも併せて解説します!

  /    
  ドコモ光

ドコモ光の申し込みについて

ドコモ光の申込みはドコモ公式(電話・インターネット・ドコモショップ)・プロバイダ・ネット代理店と、数多くの窓口からできます。

よりお得に契約したいなら、オススメはキャッシュバックが受けられるプロバイダやネット代理店です。

たとえばプロバイダGMOとくとくBBでは、最短翌月末にキャッシュバック最大20,000円が振り込まれるなど、お得なキャンペーンを実施中です。

ドコモ光×GMOとくとくBBの詳細を見る

申込みの方法や手続きの流れは、新規で申し込む場合転用で申し込む場合で異なりますので、申込み前にぜひご一読ください。

本記事では、ドコモ光の申込み窓口の一覧とお得に申し込む方法を解説したうえで、申し込みの流れや「オプションの申し込みの方法は?」「申し込みってキャンセルできる?」といった疑問にお答えします。

ドコモ光の申込み窓口を新規・転用・事業者変更別に紹介

ドコモ光の申込みと一口に言っても、まずは何を申し込むか(新規・転用・事業者変更)と、申し込み窓口をどこにするかを決めておく必要があります。

申し込み内容と申し込み窓口は以下のとおりです。

  • ドコモ電話窓口の場合:
    0120-800-000 (ドコモケータイから)局番なしの151
    受付:9:00~20:00(年中無休)
  • ドコモ公式サイトの場合:
    新規転用の用途に応じてアクセスし、手続きフォームに入力する
  • ドコモショップの場合:
    各店舗に来訪し手続きを行う
  • プロバイダ・代理店の場合:
    各代理店にて電話・Webサイトのいずれかの方法にて手続きを行う
    プロバイダ例) GMOとくとくBB So-net BIGLOBE ぷらら
    代理店例) ネットナビ

これだけの窓口があると、どれを使えばいいのかわからないですよね。

そこで、次からは各窓口のメリットやデメリット、オススメの窓口を紹介します。

各窓口のメリット・デメリットは?オススメなのはこんな人!

申し込み窓口には、公式(電話・インターネット・店舗)、ネット代理店(プロバイダ)の大きく分けて2つがあります。

それぞれのメリット・デメリットを以下にまとめました。

 
  メリット デメリット
電話窓口 その場ですぐに申し込みができる
聞きたいことがあるときに聞くこともできる
電話が混みあっている場合対応が遅くなることも
営業時間内での対応
公式サイト 24時間365日対応可能 聞きたいことがあった場合でもすぐに解決できない
ドコモショップ 対面でやりとりする安心感がある 店舗で待たされることも(来店予約がオススメ)
営業時間内での対応
プロバイダ・代理店サイト 24時間365日申し込み可能
独自のキャンペーンが充実
公式ならではの安心感はない

つまり、各窓口はそれぞれ以下のような方にオススメです。

  • 公式窓口(電話・サイト・ショップ):公式ならではの安心感を求める人
  • プロバイダ・代理店窓口:よりお得に申し込みをしたい人

ドコモ光の申込みが最もお得な窓口は代理店

ドコモ光の申込みを、よりお得にしたい!と考える方にオススメなのは代理店です。

なぜなら、ドコモ光の公式サイトやインフォメーションセンターからの申込では、以下の公式キャンペーンのみの適用となるからです。

  • 初期工事費無料キャンペーン(2020年9月1日~終了日未定)
  • dポイント最大10,000ptプレゼント
  • ドコモ光セット割
  • 光複数割

しかし、ドコモ光の公式窓口以外からの申込みであれば、公式キャンペーンに加えて窓口が独自に執り行うキャンペーンも適用できます。

さらに、代理店サイトであればキャッシュバックなどの特典が多めなので、お得さで選ぶなら代理店から申し込みましょう。

【2020年最新】最もオススメな窓口はGMOとくとくBB

ドコモ光キャンペーン

プロバイダ窓口のなかでも、特にオススメなのがGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBのキャンペーンサイト経由でドコモ光を申し込むと、新規契約・転用ともに20,000円のキャッシュバックがもらえます。

キャッシュバック条件として、ひかりTVなどの有料オプション加入も不要ですよ。

その他にも、以下のようなオススメポイントがあります。

  • キャッシュバック受取が5ヶ月後と比較的早い
  • v6プラス対応の高速無線LANルーターが無料レンタルできる
  • 訪問設定サポートが1回無料

気になる方は、以下のボタンからGMOとくとくBBのキャンペーン内容をチェックしてみてくださいね。

\有料オプション不要で20,000円キャッシュバック!/

ドコモ光×GMOとくとくBBの詳細を見る

ドコモ光の申込みの方法や申込後の流れを解説【新規の場合】

ドコモ光で新規に申し込む方法や流れを順に解説します。

  1. 申し込みの前に!確認しておきたい3つのポイント
  2. 申し込み窓口で申し込みの手続きをする
  3. 担当者の工事日の調整をする
  4. 工事に立ち会う
  5. 初期設定・利用開始

0.申し込みの前に!確認しておきたい3つのポイント

ドコモ光を新規で申し込む前に、手続きをスムーズにするためにも以下のことを事前に確認しておきましょう。

  1. 住所が利用可能エリアかどうか
  2. どの料金プランを選ぶか
  3. どのプロバイダを選ぶか

住所が利用可能エリアかどうか

利用予定の住所でドコモ光が利用できなければ意味がありません。

ドコモ光は光コラボなので、フレッツ光の提供エリアとまったく同じです。

まずは以下の公式サイトにアクセスし、お住まいの住所が利用可能エリアかを確認しましょう。

 
  NTT東日本エリア NTT西日本エリア
フレッツ光
エリア検索ページ
フレッツ光東日本 エリア検索ページ フレッツ光西日本 エリア検索ページ
対応都道府県 ◆北海道
◆東北(青森・山形・秋田・岩手・宮城・福島)
◆甲信越(新潟・長野・山梨)
◆関東(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬)
◆北陸(富山・石川・福井)
◆東海(愛知・静岡・岐阜・三重)
◆関西(大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山・滋賀)
◆中国(広島・岡山・山口・島根・鳥取)
◆四国(香川・愛媛・高知・徳島)
◆九州・沖縄(福岡・大分・佐賀・宮崎・長崎・熊本・鹿児島・沖縄)

もしエリア外だった場合にとれる対処法は以下です。

  • エリア拡大要望を出す
  • 他社光回線またはケーブルテレビのインターネットを使う
  • モバイルWi-Fiルーターを使う

ドコモ光のエリアについて詳しく紹介した記事もありますので、あわせて参考にしてください。

どの料金プランを選ぶか

ドコモ光は、選択するプロバイダをどれにするかや、CATV(ケーブルテレビ)を選ぶかによって、月額料金が変わります。

ドコモ光の場合は以下のとおりタイプA・タイプB・タイプCの3種類があります。

 
  タイプA タイプB タイプC
料金 5,200円(ホーム)
4,000円(マンション)
5,400円(ホーム)
4,200円(マンション)
5,200円(ホーム)
4,000円(マンション)
プロバイダ ドコモnet・GMOとくとくBB・plala・
biglobe・DTI・hi-ho・BB-excite・
エディオンネット・SYNAPSE・
楽天ブロードバンド・01光コアラ・
ANDLINE・@nifty・ic-net
・@ネスク・SIS・TiKiTiKi
・Tigers.net
OCN・ASAHINET・@TCOM・TNC・
チャンプルーネット・WAKWAK
各CATV

光回線を少しでも安い料金で使いたいなら、タイプAを選ぶのがオススメです。

ドコモ光の料金についてまとめた記事もありますので、あわせて参考にしてください。

どのプロバイダを選ぶか

ドコモ光では、全部で24社のプロバイダのなかから選べます。

ドコモ光の料金はプロバイダ込みですので、特典内容や速度を比較して選ぶのがオススメです。

当サイトでオススメなのは、GMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBであれば、以下のとおり料金面だけでなく、速度や特典でもメリットがたくさんあります。

特にこだわりがない、決められないという方は、とりあえずGMOとくとくBBを選択しても損はありませんよ。

GMOとくとくBBが気になる方は、以下のリンクをクリックして詳細をチェックしてみましょう。

ドコモ光のプロバイダについて詳しく解説した記事もありますので、あわせて読んでみてくださいね。

ドコモ光の申込みの方法や申込後の流れを解説【新規の場合】

ドコモ光を新規で申し込む場合の流れは以下のとおりです。 順に見ていきましょう。

  1. 申し込み窓口で申し込みの手続きをする
  2. 担当者の工事日の調整をする
  3. 工事に立ち会う
  4. 初期設定・利用開始

1.申し込み窓口で申し込みの手続きをする

まずはお好みの窓口で申し込みの手続きをしましょう。

申し込みの際は、以下の書類を準備しておきましょう。

電話・インターネット経由で申し込みの場合も、後日本人確認書類のコピーの郵送を求められます。

  • 契約者の氏名や住所などの情報(本人確認書類原本)
  • ドコモユーザー:契約中の携帯電話やスマホの電話番号とネットワーク暗証番号
  • ドコモユーザー以外:ドコモ光の支払い用の銀行口座、クレジットカード番号など

なお、ドコモユーザーじゃない方に関しては、店舗でしか申込ができないので注意してください。

申し込みおよび手続き完了後、契約書が郵送されます。

捨てずにかならずとっておきましょう。

2.担当者と工事日の調整をする

後日、ドコモの担当者より、工事日の調整を行うための電話がかかってきます。

工事には立ち会いが必要ですので、立ち会いができる日にちを選びましょう。

もしも、この工事が確定したあとに工事日の変更を行いたい場合や、聞きたいことがある場合は、ドコモサービスセンターに連絡しましょう。

◆ドコモサービスセンター

電話番号:0120-766-156
またはドコモケータイから局番なしの15715
受付時間:9:00~21:00(年中無休)

3.工事に立ち会う

工事日当日になったら、担当者が来訪します。

常に張り付いている必要はありませんが、何か聞かれた場合などにすぐに対応できる体制はとっておきましょう。

4.初期設定・利用開始

工事が完了したら、初期設定を行ってインターネットがつながることを確認します。

  • ONU(一般的にモデムやホームゲートウェイとよばれるもの)とパソコンをLANケーブルで接続する
  • プロバイダから届いた「ユーザーID」、「パスワード」をONUまたはルーターに登録
  • インターネットに接続できることを確認する
  • 必要に応じて、パソコンやタブレットなどでWi-Fiが使えるよう設定する

ドコモ光で無線LANルーターがレンタルできる窓口で申し込んだ場合は、付属のマニュアルに従って設定を行ってください。

ルーターによっては、情報がすでに登録されており、接続しただけでインターネットが使えるものもあります。

設定がうまくいかないという方は、最初の31日間は無料で使えるネットトータルサポートの利用も検討してみましょう。

ドコモ光の申込みの方法や申込後の流れを解説【転用・事業者変更の場合】

本章では、転用や事業者変更の場合の流れを解説します。

  1. NTTに連絡し転用承諾番号(または事業者変更承諾番号)を取得する
  2. 各窓口に転用の申し込みをする
  3. 利用開始

1.NTTに連絡し転用承諾番号(または事業者変更承諾番号)を取得する

まず連絡すべきはNTTです。

フレッツ光からドコモ光に転用する場合は、以下の窓口に連絡して転用承諾番号を取得します。

次の手続きは、承諾番号発行後の14日の期間以内に行う必要があることに注意しましょう。

◆フレッツ光東日本
インターネット:光コラボレーション(転用)のお手続き
営業時間:8:30~22:00(年末年始を除く)
電話:0120-140-202
営業時間:年中無休9:00~17:00(年末年始を除く)

◆フレッツ光西日本
インターネット:光コラボレーションモデルをご検討・ご利用中のお客さま
※「該当するお手続きをお選びください」の欄で、「フレッツ光から光コラボへの変更」を選択します
営業時間: 7:00~翌1:00(年末年始を除く)
電話:0120-553-104
営業時間:年中無休9:00~17:00(年末年始を除く)

また、光コラボから他社光コラボへと変更するための事業者変更の申請は、NTTでなく光コラボ事業者(ドコモ光、ソフトバンク光など)に問い合わせる必要があります。

以下の表を参照し、各窓口に問い合わせてください。

 
  電話番号 受付時間 電話以外の発行方法
ドコモ光 0120-800-000 9:00~20:00(年中無休) ドコモショップでも取得可能
ソフトバンク光 0800-111-2009 10:00~19:00(年中無休) 電話のみ受付。
ソフトバンクショップでの発行は不可
So-net光 0120-45-2522 9:00~18:00
(1月1日・2日・メンテナンス日を除く)
マイページでも取得可能
ビッグローブ光 0120-907-505 9:00~18:00(年中無休)
OCN光 0120-506506 10:00~19:00 (日曜・祝日・年末年始を除く)
ぷらら光 固定電話から:009192-33
ひかり電話から:0120-971391
携帯電話から:050-7560-0033
10:00~19:00 (年中無休)
@nifty光 0570-03-2210 10:00~19:00 (年中無休)
@TCOMヒカリ 0120-805633 平日:10:00~20:00
土日祝:10:00~18:00
AsahiNet光 取得窓口から手続きを行う
※AsahiNet光の契約書類に記載されたIDとパスワードが必要
DMM光 0120-660-481 10:00~18:00
(年末年始を除く)
DTI光 0120-830-501 10:00~17:00
(土日祝を除く)
hi-hoひかり 0120-212-587 10:00~18:00
(土日祝を除く)
Marubeni光 0120-152-602 9:15~18:00(平日のみ)
TNC光 0120-696927 平日:10:00~20:00
土日祝: 10:00~18:00
U-NEXT光 0120-010-987 9:00~20:00(年中無休)
WAKWAK光コラボ 0120-309092 10:00~19:00
(年末年始を除く)
エキサイト光 専用ページからのみ発行
エディオン光 0120-15-1570 10:00~20:00
(年末年始を除く)
楽天ひかり 0800-600-0111 9:00~18:00(年中無休)

なお、事業者変更承諾番号は発行から15日間が期限です。

15日以内に事業者変更を行わない場合は、事業者変更承諾番号を再発行する必要がありますので注意が必要です。

2.各窓口に転用または事業者変更の申し込みをする

次に、希望の光コラボへ転用または事業者変更を申し込みましょう。

申し込みの際は、以下の書類を準備しておきましょう。

電話・インターネット経由で申し込みの場合も、後日本人確認書類のコピーの郵送を求められます。

  • 契約者の氏名や住所などの情報(本人確認書類原本)
  • ドコモユーザー:契約中の携帯電話やスマホの電話番号とネットワーク暗証番号
  • ドコモユーザー以外:ドコモ光の支払い用の銀行口座、クレジットカード番号など

なお、ドコモユーザーじゃない方に関しては、店舗でしか申込ができないので注意してください。

また、転用や事業者変更の場合は工事が発生しませんが、フレッツ光でADSLを使っていて光に変更する場合などは工事が必要になります。

不安があれば工事や設定変更の必要はないかを確認しておくといいでしょう。

申し込みおよび手続き完了後、契約書が郵送されます。

捨てずにかならずとっておきましょう。

3.利用開始

転用の場合は、特に工事や設定変更は必要ありません。

ただし、転用のタイミングで契約内容を変更した場合は、工事や設定変更が発生する可能性がありますので注意してください。

不安があれば、窓口の担当者に確認しておくといいでしょう。

事業者変更の場合は、転用先でプロバイダが変わる場合はIDの設定変更が必要です。

こちらを参考にして、設定変更を行ってください。

また、事業者変更でも、契約内容の変更で工事が発生する可能性がありますので、念のため担当者に確認しておくといいでしょう。

ドコモ光のオプションを申し込む方法

ドコモ光のオプションは、ネット回線の申し込み時と同時に申し込めます。

また、契約・利用開始後に個別で申し込みたい場合は、以下の問い合わせ窓口から申し込みましょう。

◆ドコモインフォメーションセンター(電話)

  • 電話番号:0120-800-000 ドコモケータイから局番なしの151
  • 受付時間:9:00~20:00(年中無休)

ドコモ光の光電話を申し込む方法

ドコモ光の光電話オプションを新規に申し込む場合も、上記窓口(ドコモインフォメーションセンター)を利用しましょう。

ナンバーディスプレイなどのオプションを入れたい場合も申し込みと同時に相談しましょう。

ちなみに、光電話を新規に導入する場合は、回線工事とは別に追加の工事が必要となりますので注意してください。

なお、転用・事業者変更を行う場合は、必ず電話番号の乗り換えを行いましょう。

電話番号の乗り換えは、申し込み手続きの際に「光電話の番号を引き継ぎたい」と希望を伝えればOKです。

ドコモ光の光電話について詳しく解説した記事もありますので、あわせて参考にしてください。

ドコモ光を申し込んだ後にキャンセルする場合は書面の送付が必要

ドコモ光を申し込んだ後でも、初期契約解除制度を使ってキャンセルすることは可能です。

「初期契約解除制度」が利用できるのは、ドコモ光の申し込み日またはドコモ光の契約書類が届いた日付から8日以内です。

ドコモ光の申し込みをキャンセルしたい場合は、以下の書面送付先へキャンセルの旨を記載した書面を送付しましょう。

また、問い合わせる場合は以下の窓口に問い合わせましょう。

◆書面送付先
〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-16-3 アーバンネット池袋ビル3F
株式会社ドコモCS ドコモ光サービスセンター

  • 電話番号:0120-766-156
    またはドコモの携帯から:局番なしの15715
  • 受付時間:10:00~20:00(年中無休)

書面に記載する内容は以下のとおりです。

  • ご契約者名(フリガナ)
  • ご契約住所
  • ご連絡先電話番号
  • ドコモ光の契約を解除したい旨
  • 受付時にお渡し(郵送)される「ドコモ光契約申込書」の受取日
  • ドコモ光ご契約ID
  • ドコモ光と対となる携帯電話回線の番号(ペア携帯回線を設定されている場合)
  • 書面発送日

なお、工事が済んでいる場合は工事費用や利用開始日からの月額料金(日割り)が請求されますのでご注意ください。

まとめ

ドコモ光の申し込みは、以下の窓口が利用できます。

  • ドコモ光公式(電話・インターネット)
  • 店舗(ドコモショップ)
  • プロバイダ
  • ネット代理店

よりお得にドコモ光を契約したいなら、オススメはプロバイダGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBのキャンペーンサイト経由の申し込みで、公式特典に加えて、ドコモ光の新規・転用ともに最大20,000円のキャッシュバックがもらえます。

\有料オプション不要で20,000円キャッシュバック!/

ドコモ光×GMOとくとくBBの詳細を見る

ぜひご自身に合った窓口で、ドコモ光をはじめてみてくださいね!。

  関連記事

 - ドコモ光