サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

Broad WiMAXの魅力は月額料金だけじゃなかった!?わかりやすく解説

  /    
  インターネット完全ガイド, 代理店の評判・口コミ

Broad WiMAXは人気の高いWiMAXプロバイダのひとつです。

契約期間中の実質料金は業界最安値にはなりませんが、下記のようにほかのWiMAXプロバイダにはないメリットがたくさんあります。

  • 月額料金が安い
  • 他社解約違約金を最大19,000円負担
  • 条件を満たせばBroad WiMAXを解約するときの違約金も0円
  • 料金の支払いは口座振替でもOK
  • 店舗での端末受け取りもOK、最短で申し込み日には利用可能

そのため、WiMAXのプロバイダを選ぶときにBroad WiMAXを候補に考える人も多いですよ。 利用メリットも含めて他社との料金比較、申し込み前の注意点、口コミ情報などBroad WiMAXのよいところも悪いところも包み隠さずすべてご紹介します。

「Broad WiMAXを使ってみたい!」と考える申し込み前の人、すでにBroad WiMAXを利用中で「このまま継続利用すべき?」と迷っている人は、ぜひ確認してみてください。

Broad WiMAXの申し込みはコチラから

Broad WiMAX

月額料金だけじゃない!Broad WiMAXとは?

Broad WiMAXは、月額料金が安いことで人気のあるWiMAXプロバイダです。

Broad WiMAXを含めた人気プロバイダ10社の月額料金、3年間の実質料金を以下の条件で比較して表でまとめてみました。

■料金の比較条件

  • 最新機種W06を使用
  • ギガ放題プラン
  • クレジットカード払い
プロバイダ 月額料金 キャッシュバック 3年間実質料金
GMOとくとく
BB(CB)
1か月目~2か月目:3,609円
3か月目~36か月目:4,263円
34,500円
120,660円
JPWiMAX
1か月目~3か月目:2,800円
4か月目~24か月目:3,500円
25か月目~36か月目:4,100円
10,000円
124,100円
GMOとくとく
BB(割引)
1か月目~2か月目:2,170円
3か月目~36か月目:3,480円
2,000円
123,660円
DTI WiMAX
1か月目~2か月目:0円
3か月目:2,590円
4か月目~36か月目:3,760円
0円
129,670円
Broad WiMAX
1か月目~2か月目:2,726円
3か月目~24か月目:3,411円
25か月目~36か月目:4,011円
0円
131,626円
BIGLOBE WiMAX
1か月目~3か月目:2,980円
4か月目~36か月目:3,980円
7,000円
155,480円
カシモWiMAX
1か月目:1,380円
2か月目~24か月目:3,580円
25か月目~36か月目:4,079円
0円
135,668円
So-net WiMAX
1か月目~12か月目:3,380円
13か月目~36か月目:4,379円
0円
148,656円
UQ WiMAX
3,880円
3,000円
154,680円
@nifty WiMAX
1か月目~2か月目:3,670円
3か月目~36か月目:4,350円
0円
178,240円
au WiMAX
4,880円
0円
178,680円

※2020年1月時点の情報

※別途事務手数料3,000円がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

※1:別途端末料金がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

最新機種W06でギガ放題プランを3年使ったときのBroad WiMAXの実質料金は、131,626円と5番目の安さです。

GMOとくとくBBやJP WiMAXなどと比較すると、やや実質料金が高くなります。しかし、月額料金の割引は申し込みをするだけで適用されるので、キャッシュバックのような面倒な手続きを行う必要もありません。

割引期間も長く、最初の数か月しか割引きしないプロバイダが多いなか、ギガ放題プランが24か月目まで3,411円と相場よりも安い値段で使えます。

Broad WiMAXはギガ放題プランが3,000円台で使えるため、月額料金の安さに注目されがちです。 しかし、Broad WiMAXを使うメリットは、月額料金の安さだけではありません。

ここからは、あまり知られていない他プロバイダにはないBroad WiMAXの利用メリットを詳しくお伝えします。

他社からの乗り換えを考えているならBroad WiMAX

Broad WiMAXには、最大19,000円分の他社契約解除料を負担するキャンペーンがあります。

契約解除料の負担は他プロバイダでは行っていませんので、Broad WiMAXならではのメリットですよ。

インターネット回線は、契約更新月以外に解約すると基本的に高額な解約違約金を支払わなければなりません。

タイミングよく契約更新月に解除できれば違約金を支払わずに済みますが、契約更新月はほとんどの通信事業者・プロバイダで1か月~3か月程度しか設けていません。しかし、そうタイミングよく契約更新月に解除することはむずかしいですね。

その点、Broad WiMAXは契約解除料を最大19,000円も負担してくれるのでお得です。 乗り換えの際に支払う初期費用が節約できるので、実質、業界最安値級の安さといってもよいでしょう。

Broad WiMAXは条件を満たせば解約違約金が0円で安心!

Broad WiMAXは、解約規約金が0円で他社Wi-Fiに乗り換えできる唯一のWiMAXプロバイダです。

Broad WiMAXには「いつでも解約サポート」と呼ばれる無料のオプションサービスがあります。 いつでも解約サポートが指定するインターネット回線への乗り換えであれば、契約更新月以外の解約でも違約金が0円になるので便利です。

しかも、専任のオペレーターが現在のBroad WiMAXの利用状況を確認したうえで、あなたに最適な乗り換え先の回線を案内してくれます。

解約違約金が0円で安心して別のインターネット回線に乗り換えできるところも、Broad WiMAXにしかないメリットといえるでしょう。

Broad WiMAXの特徴

Broad WiMAXは、通信サービスの株式会社リンクライフが提供するWiMAXプロバイダです。

ここからは、Broad WiMAXの月額料金、キャンペーン、取り扱うWiMAXルーター、速度、利用メリット、注意点などを詳しくご紹介します。

Broad WiMAXの月額料金、キャッシュバック

Broad WiMAXのキャンペーンは、月額料金の割引だけでキャッシュバックはありません。

Broad WiMAXでは、次の2種類の料金プランを用意しています。

  • ギガ放題プラン:定額使い放題
  • ライトプラン:1か月のデータ量7GB

プランとライトプランの基本月額料金、LTEオプションを使った場合の料金を表にまとめました。

ギガ放題プラン
1か月目~2か月目:2,726円
24か月目:3,411円
25か月目~:4,011円
ライトプラン
1か月目~24か月目:2,726円
25か月目~:3,326円
LTEオプション
無料

※価格は税抜き

WiMAXの月額料金の相場は、ギガ放題プランが3,500円~4,500円、通常プランが3,000円~3,500円前後です。 24か月目までは、Broad WiMAXは両方の料金プランで相場より安い値段で利用できます。

LTEオプションも、何度使っても料金は発生しません。 LTEオプションとは、端末の接続エリアをWiMAX2+からau 4G LTE網に切り替える機能です。

WiMAXには、次の2種類の通信モードがあります。

  • ハイスピードエリアモード:WiMAX2+
  • ハイスピードプラスエリアモード:au 4G LTE

通常、WiMAXはWiMAX2+の通信網にアクセスして、インターネットに接続します。 しかし、地方や山間部など一部地域はWiMAX2+の対応エリア外です。

LTEオプションはWiMAX2+の対応エリア外やつながりにくい場所でインターネット接続するときの補助機能です。 端末の通信モードを切り替えるとインターネットの接続先が、WiMAX2からau 4G LTEに変わります。

au 4G LTEの通信網はauのスマートフォンと同じなので、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えると全国各地でWiMAXが使うことが可能です。

Broad WiMAXの対応機器

Broad WiMAXに申し込むと、次の4機種から好きな端末を選べます。

  モバイルルーター ホームルーター
機種名 W06 WX05 L02 HOME01
速度
下り最大867Mbps
上り75Gbps(※1)
下り最大440Mbps
上り75Gbps(※1)
下り最大867Mbps
上り75Gbps(※1)
下り最大440Mbps
上り75Gbps(※1)
対応エリア
WiMAX2+
au 4G LTE
重さ
約125グラム
約128グラム
約436グラム
約338グラム
連続通信時間
約9時間
約14時間
接続台数
最大16台
同時接続10台
最大42台
同時接続22台

※1:Wi-Fi接続時のau 4G LTE網への接続、提供エリアなど一定の条件下の最大速度

※2:2020年1月時点の情報

Broad WiMAXでは、W06とWX05の2種類のモバイルルーターとL02とHOME 01の2種類のホームルーターから選択できます。 W06とL02は、それぞれモバイルルーターとホームルーターの最新機種です。

4機種ともWiMAX2+とau 4G LTEの通信網に対応しています。

モバイルルーターのW06とWX05は、一世代前の機種と比べて電波の送受信の感度を上げる機能を搭載しています。 そのため、通信が不安定になりやすい屋内やオフィス街でのインターネット使用にも、ストレスを感じません。

とくにW06は下記条件を満たせば、下りの最大速度1.2Gbpsと光回線並みの速さになります。

  • ハイスピードプラスエリアモード
  • 東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリア
  • USB3.0以上のType-Cケーブルで有線接続
  • ハイパフォーマンスモードで4×4MIMO設定をON

L02も以下の条件を満たせば、最大速度1Gbpsと光回線と同じくらいの速さで快適なインターネットが楽しめます。

  • ハイスピードプラスエリアモード
  • 東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリア
  • LANケーブルに接続

機種選びに困ったら、モバイルルーターはW06、ホームルーターはL02と最新機能が搭載された新機種を選んでおけば間違いないでしょう。

通信速度

最新機種W06を例にして、速度制限がかかる前と速度制限がかかったときの通信速度を比較して表にまとめました。

料金プラン 速度制限前 速度制限後
ギガ放題プラン ハイスピードモード
最大558Mbps
約1Mbps
ハイスピードプラスエリアモード
最大867Mbps
約128Kbps
ライトプラン ハイスピードモード
最大558Mbps
約128Kbps
ハイスピードプラスエリアモード
最大867Mbps
約128Kbps

※1:速度はWi-Fi接続時

※2:2020年1月時点の情報

速度制限前の最大速度は、あくまでも通信環境がよいときの理論上の最大速度です。 WiMAXの通信速度は、使う場所や時間帯で大きく変化します。

通信速度測定サイトみんなのネット回線速度で調べてみたところ、W06の直近3か月の平均実効速度は2020年1月18日時点で46.84Mbpsでした。平均40Mbpsの速度で使えると考えておいてよいでしょう。通信環境がよいときは、150Mbps以上の速さがでるところもありますよ。

ギガ放題プランはひと月に使えるデータ量の上限がないプランですが、厳密にいうと速度制限があります。 ハイスピードモードで3日間で10GB以上使うと、翌日18時から翌々日2時まで約1Mbpsに低速化します。

約1Mbpsに低速化しても、ネットサーフィンやSNSに投稿するぐらいなら問題もなくインターネットが操作できるでしょう。 YouTubeも360pの低画質の動画であれば、ストレスなく視聴できます。

速度制限がかかる時間も約8時間と短いです。 ギガ放題プランのハイスピードモードで速度制限がかかっても、そこまでストレスを感じることはないでしょう。

しかし、ギガ放題プランでもハイスピードプラスエリアモードに切り替えた状態で7GB以上使うと、約128Kbpsまで低速化します。 この状態で低速化してしまうと、ギガ放題プランでも翌月まで解除できません。

ライトプランは、もともと1か月に使えるデータ量が7GBと決まっています。そのため、通信モードに関係なく7GBを使い切ってしまうと、翌月まで速度は約128Kbpsのままです。

約128Kbpsに低速化すると、Google検索すらまともにできません。 ギガ放題プランのハイピードプラスエリアモードとライトプランを使う人は7GB以上使ってしまわないよう注意しましょう。

提供エリア

Broad WiMAXは、UQコミュニケーションズが提供するWiMAX2+の通信網を使っているので、全国各地の都市部で利用できます。

WiMAX2+がつながりにくいエリアや提供エリア外でも、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えれば、auのスマートフォンの通信網にアクセスしてインターネット接続を行います。

auのスマートフォンは全国の幅広い地域で使えるので、Broad WiMAXも全国各地で使えると考えて問題ないでしょう。 自分の住むエリアでBroad WiMAXが使えるか確認したい人は、WiMAXのエリア確認ページから確認してください。

Broad WiMAXを利用するメリット

Broad WiMAXには、料金が業界最安値級の安さである以外にも次の4つの利用メリットがあります。

  • 他社乗り換えキャンペーン
  • いつでも解約サポート
  • 端末が最短即日で発送
  • 口座振替が可能

これらの利用メリットについて、ひとつひとつ詳しく解説します。

他社乗り換えキャンペーン

Broad WiMAXでは、下記Wi-Fiを利用中の人に限り解約違約金を最大19,000円負担する乗り換えキャンペーンを行っています。

■違約金負担キャンペーン対象の他社Wi-Fiサービス

  • 他社WiMAX
  • SoftBank Air
  • ワイモバイル Pocket WiFi

契約更新月以外に解約すると、他社WiMAXでは9,500円~19,000円程度、SoftBank Airとワイモバイルでは9,500円の解約違約金を支払わなければなりません。しかし、Broad WiMAXの他社乗り換えキャンペーンを使えば、解約違約金を無料できる可能性があります。

無料にならなくとも、解約違約金を全額支払う必要はありません。

2020年1月時点で、他社違約金を負担するキャンペーンを実施するWiMAXプロバイダはBroad WiMAXだけです。

契約更新月以外にWiMAXに乗り換えると、以前使っていた回線の違約金だけでなく、新しい回線の端末代や3,000円の事務手数料が発生します。 初期費用をなるべく安く抑えてWiMAXに乗り換えたい人は、他社乗り換えキャンペーンのBroad WiMAXに申し込むとよいでしょう。

いつでも解約サポート

違約金0円で解約できる「いつでも解約サポート」というオプションサービスがあるところも、Broad WiMAXのメリットです。

WiMAXを実際に使ってみて「速度が遅い」「つながりにくい」と思ったときに、Broad WiMAXが指定するインターネット回線に乗り換えできるサービスです。

乗り換えする時期に、とくに決まりはありません。 Broad WiMAXが指定するインターネット回線であれば、違約金0円で好きなタイミングで乗り換えできて便利です。

乗り換え先のインターネット回線は、下記の中から好きな会社を選べます。

<いつでも解約サポートの対象となる乗り換え先>
■モバイル回線

  • SoftBank Air
  • どんなときもWiFi
  • NEXT mobile
  • Broad LTE

■光回線

  • ソフトバンク光
  • auひかり
  • So-net光プラス
  • ビッグローブ光
  • broad 光
  • Yahoo!BB
  • ドコモ光
  • NURO光
  • ピカラ光
  • コミュファ光

選択肢が多いので、満足のいく乗り換え先がきっと見つかることでしょう。

【最新情報】どんなときもWiFiの通信障害

どんなときもWiFiでは、2020年2月から3月にかけて一部ユーザーの間で通信障害が発生しています。

〇2020年2月28日連日の通信不具合に関するお詫び
〇2020年3月19日通信障害発生のお知らせ

3月21日には”十分なサービスの提供ができない可能性が高い”として、希望するユーザーへ休止申込から3月末までの料金発生を免除する「回線休止」の措置をとることを案内しています。

〇2020年3月21日回線休止のご案内

回線の復旧も未定ですし、端末の在庫切れにより新規契約は予約受付のみというのが現状です。

※※2020年4月3日追記※※

4月3日現在、どんなときもWiFiの新規受付が停止しています。

今すぐポケットWi-Fiをお探しの方は、3日で10GB以上通信すると速度制限はありますが、無制限で通信できるWiMAXを検討してみましょう。

\最大34,700円キャッシュバック中/
WiMAX×GMOとくとくBBの詳細を見る

どれを選んでよいか迷ったときは、いつでも解約サポートのオペレーターがおすすめのインターネット回線を教えてくれます。

いつでも解約サポートは、Broad WiMAXに申し込むと自動的に付与される無料のオプションサービスです。 ただし、比較的新しく始まったサービスなので、2018年より前にBroad WiMAXに申し込んだ人には付与されていないかもしれません。

2018年以前からWiMAXを使っている人は、念のため下記窓口、Webサイトに問い合わせてみるとよいでしょう。

いつでも解約サポートの窓口0120-187-727(営業時間:平日11時~18時)

当日店舗で受け取れる、最短即日で発送される

Broad WiMAXの店舗は端末を受け取ることもできるため、最短で当日中にはWiMAXが使えます。

Broad WiMAXには下記エリアに店舗があります。

  • 東京都:渋谷、秋葉原
  • 埼玉県:大宮
  • 大阪府:梅田

※2020年1月時点

上記エリアの近くに住んでいて、「早くインターネットを使いたい」「端末の操作に自信のない」人は、店舗で端末を受け取るとよいでしょう。くわしい店舗の場所はBroad WiMAXの公式サイトからチェックしてください。

また、平日13時までの申し込みに限り、端末の即日配送を行っています。 料金の支払い方法にクジレットカード払いを選んだときは、端末の送料もかかりません。

一部地域を除き、下記から届けてほしい時間帯を選択できます。

  • 午前中
  • 12~14時
  • 14~16時
  • 16~18時
  • 18~20時
  • 19~21時

※申し込み状況やエリアにより指定できない場合もあり

土曜日に即日配送してもらいたい場合は、Broad WiMAXのサポートに電話すれば、対応してもらえる可能性もあります。 急ぎでWiMAXを使いたい人は、サポートに相談してみてください。

口座振替ができる

Broad WiMAXは、口座振替で料金の支払いができる数少ないWiMAXプロバイダです。

口座振替ができるところもBroad WiMAXの人気の理由といえるでしょう。 ただし、口座振替では初期費用や口座振替手数料が発生するため、クレジットカード払いよりも3年間の実質料金は高くなります。

下記条件でクレジットカード払いと口座振替で、どれだけ料金が変わるのかを比較して表にまとめました。 料金を口座振替で支払いたい人は参考にしてみてください。

■料金の比較条件

  • 最新機種W06を使用
  • ギガ放題プラン
料金 クレジットカード 口座振替
月額料金
1か月目~2か月目:2,726円
3か月目~24か月目:3,411円
25か月目~36か月目:4,011円
初期費用
0円
18,857円
端末代
0円
事務手数料
3,000円
その他費用
なし
口座振替手数料:200円/月
代引手数料:300円
3年間の実質料金
131,626円
157,701円

※2020年1月時点の情報

料金の支払いに口座振替を選ぶと、3年間の実質料金は157,701円です。 クレジットカード払いよりも、実質料金が26,075円も高くなります。

また、口座振替はクレジットカード払いと比べて審査に時間がかかるので、端末到着まで最短で3日かかります。

申し込みが多いと1週間~2週間ぐらいかかる場合もあると覚えておきましょう。 急ぎで使いときはBroad WiMAXのサポートに相談してみてください。

Broad WiMAX利用の注意点

月額料金の割引や他社乗り換えキャンペーン、いつでも解約サポートなどサービスが充実している反面、Broad WiMAXを利用するうえで2つの注意点があります。

  • クレジットカード支払いでないとキャンペーンが適用されない
  • 有料オプションの加入が必要

2つの注意点について詳しく説明しますので、申し込み前に目を通しておいてください。

クレジットカードでないとキャンペーンが適用されない

Broad WiMAXにはお得なキャンペーンがたくさんありますが、多くはクレジットカード払いを選択しないと適用されません。

下記キャンペーンは、料金の支払いに口座振替を選ぶと適用されないので注意しましょう。

  • 初期費用18,857円の全額割引キャンペーン
  • 他社Wi-Fi乗り換えキャンペーン

有料オプションの加入が必要になる

初期費用の割引キャンペーンの適用には、申し込みの際に次の有料オプションに加入する必要があります。

有料オプション 月額料金 内容
安心サポートプラス
550円
端末故障時の無料修理サービス
My Broadサポート
907円
PCやスマホの設定や操作に関するサポート

2つの有料オプションに加入しなければ、クレジットカード払いでも初期費用18,857円は無料になりません。

有料オプションは、端末到着後に無料で解約できますので必要がなければ、端末を受け取ったらすぐに解約しましょう。 解約しないとWiMAX利用料金に加えて、毎月1,207円ものオプション料金を支払うはめになるので、即解約することおすすめします。

Broad WiMAXの口コミや評判

実際にBroad WiMAXを使っている人のリアルな意見をTwitterで調べてみました。

この人がBroad WiMAXを選んだ理由は料金の安さです。WiMAXはどのプロバイダを使っても速度と対応エリアが変わりません。料金の安さでプロバイダを選ぶのは、ある意味賢い選択だといえるでしょう。

固定回線の代わりにBroad WiMAXで契約してホームルーターを使っているようです。プロバイダ契約と工事なしで、毎月3,411円でインターネットが使い放題のため、固定回線と比べると割安です。

これはいつでも解約サポートのことでしょう。一般的にWiMAXの解約金は9,500~19,000円かかります。0円で乗り換えできるのはお得です。

https://twitter.com/ominae7575/status/1085683260384923650?s=20

UQ WiMAXよりも3年間の実質料金が安いことに満足するつぶやきです。機種・対応エリア・速度が変わらないのであれば、実質料金が約25,000円安いBroad WiMAXを使ったほうがよいでしょう。

初期費用の高さに対する不満のようです。口座振替で料金を支払いたいのであれば、初期費用の割引キャンペーンの適用条件が「クレジットカード払い」「2つの有料オプション加入」と2つあるのは少し厳しいかもしれません。

Web割キャンペーン違約金に関するコメントです。のちほどで詳しく説明しますが、Web申し込みで初期費用の割引が適用された場合、2年以内の解約だと「通常の違約金+Web割キャンペーン違約金9,500円」を支払わなければなりません。 初期費用が無料になる反面、短期間の解約は高額な違約金が発生するので注意が必要です。

口コミを見る限りでは、月額料金の安さにひかれてBroad WiMAXを選ぶ人が多いようです。 相場よりも月額料金が安いので、「他プロバイダよりお得だ」との声が目立ちました。

いつでも解約サポートで、違約金0円で好きなタイミングで乗り換えできることもおおむね好評でした。

一方、Web申し込みの初期費用の割引がクレジットカード払いしか適用されないことや、2年以内の解約だと違約金が割高になることに対する不満も見逃せません。

しかし、Broad WiMAXのキャンペーンは手続きがシンプルで、申し込みをすれば確実に月額料金が割引されることに変わりありません。

面倒な手続きなしで確実にインターネット代を節約したい人に、Broad WiMAXはおすすめのプロバイダといえるでしょう。

Broad WiMAXの契約方法

Broad WiMAXの契約方法をご説明します。 今までの説明を読んで「Broad WiMAXに申し込みたい!」と思った人はチェックしてみてください。

まずは対応エリアを確認しよう

申し込みの前に自宅やその周辺がWiMAXの対応エリアか、プロバイダGMOとくとくBBのエリアチェックにて確認しましょう。

より詳細な接続状況が知りたい人は、ピンポイントエリア判定で確認するのがおすすめです。 自宅や職場の住所だけでなく、建物の種類や階数まで細かく指定してWiMAXが使えるかを確認できます。

ピンポイントエリア判定の結果が「〇」だと、WiMAXが問題なく利用できます。そのままBroad WiMAXに申し込んでよいでしょう。

ピンポイントエリア判定の結果が「×」だとWiMAXは使えません。別のモバイルWi-Fiを利用しましょう。

ピンポイントエリア判定の結果が「△」「△~〇」と出たら、WiMAXの対応エリア内でも端末の設置場所によりインターネットがつながりにくい可能性があります。

スムーズにインターネットができるか心配な人は、Broad WiMAXに申し込む前にTry WiMAXを試してみてください。 Try WiMAXとは、UQ WiMAXが提供する無料のお試しサービスのことです。 15日間完全無料でWiMAXのお試し利用ができます。

ピンポイントエリア判定の結果が「△」「△~〇」の人は、万一のことを考えて契約前のお試し利用をおすすめします。

申し込みの流れ

WiMAXの対応エリア内であることがわかったら、Broad WiMAXの公式サイトのWebフォームから申し込みします。

申し込みフォームの重要な選択項目を詳しく解説するので、チェックしてください。

端末を選択する

「ご希望の商品の選択」で下記を順番に選択します。

1.端末の選択

下記の中から使いたい機種を選びます。

  • W06
  • WX05
  • L02
  • HOME01

2.カラーの選択

1で選んだ端末の色を選びます。色が選べるのはW06とWX05のモバイルルーターだけです。

ホームルーターはホワイトしかありません。

3.クレードルや充電器の有無

下記機種を選ぶと次の選択肢が表示されます。

  • W06とWX05:充電器
  • WX05:クレードル

必要に応じて選択しましょう。

■注意点
端末にはType-C変換コネクタしか同封されていません。
端末を充電するには、充電器やUSB Type-Cケーブルが必要です。
USB Type-Cケーブルとは、スマートフォンやタブレット、デジカメなどの充電やデータ転送の際に使うケーブルのことです。 自宅にUSB Type-Cケーブルがあれば、充電器は「希望する」にチェックを入れる必要はありません。
自宅にUSB Type-Cケーブルがなくても、家電量販店で1,000円前後とお手頃価格で売っています。
Broad WiMAXの充電器(1,800円)よりも安く手に入れたい人は、家電量販店での購入がおすすめです。

プランを選択する

次は料金プランの選択です。

プラン種別の選択で「ギガ放題プラン」か「ライトプラン」のどちらかを選びましょう。 おすすめは1か月のデータが無制限で使える「ギガ放題プラン」です。

月額料金プランの選択で「●●月額最安プラン(3年)」となっていることを確認します。

■注意点
「●●auスマホ割プラン(3年)」にするとauスマホの月額料金は割引されても、初期費用1万8,857円の割引は対象外です。
「最安プラン」から変更しないよう注意してください。

クレジットカード払いにする

お支払い方法の選択で「クレジットカード」を選びましょう。 クレジットカードでないと初期費用の割引は適用されません。

どうしても口座振替で料金を払いたい人以外は、クレジットカードの選択をおすすめします。

オプションに加入する

サポートオプションの選択画面で、下記が選択されているか確認します。

  • 安心サポートプラス
  • MyBroad サポート

この2つのオプションのチェックを外すと、初期費用の割引は適用されないので注意しましょう。

画面下の「お客様情報の入力へ進む」をクリックして、お客様情報入力画面で氏名、住所など個人情報を入力して申し込みが完了です。 受付完了後に、申し込み内容確認メールが届きます。

端末の到着・受け取り

端末の到着後は、簡単な端末の初期設定を行えばすぐに利用できます。

Broad WiMAXは、東京の渋谷・秋葉原、埼玉の大宮、大阪の梅田と4店舗あります。 申し込みの際のお客様情報の入力欄で「店舗受取希望」にチェックを入れれば、店舗で受け取ることも可能です。 端末の操作に自信がなく店舗まで行ける人は、店舗受け取りを選ぶのもよいでしょう。

ただし、店舗での端末受け取りは基本的にクレジットカード払いの人だけです。 料金の支払いに口座振替を選ぶことのできる受取店舗は、渋谷と秋葉原のみです。 口座振替で端末を店舗で受け取りたい人は、オペレーターに電話で相談してみてください。

Broad WiMAXの解約方法

Broad WiMAXの解約方法や解約時に発生する違約金、オプションを解約する方法を解説します。確認して参考にしてください。

解約方法と連絡先

Broad WiMAXを解約するときは、次の解約専用ダイヤルに電話して、オペレーターに解約したいことを伝えます。

Broad WiMAX解約受付窓口:0120-5212-7322(営業時間:平日11時~18時)

当月中に解約したいときは、25日までに連絡するようにしましょう。 26日~末日に連絡しても、Broad WiMAXの締め日の都合で解約を受け付けることができず、翌月1日以降に再度連絡しなおすことになるので注意してください。

解約窓口は、月曜日と、火曜日から土曜日の午前中はつながりにくくなっています。 また、毎月1~3日、20~25日も電話が混雑しやすいようです。 5日~19日の火曜から土曜日の午後に電話すると、比較的つながりやすいでしょう。

解約時の違約金(解約解除料)

解約前に確認しておきたいことが解約金ではないでしょうか。

Broad WiMAXは、契約更新月以外に解約すると契約解除料を支払わなければなりません。

Broad WiMAXの更新月と契約解除料を表にまとめました。

契約期間 契約解除料 Web割 キャンペーン違約金 解約金合計
0か月目~12か月目
19,000円
9,500円
28,500円
13か月目~24か月目
14,000円
23,500円
25か月目~36か月目
9,500円
9,500円
37か月目
0円
0円
38か月目~72か月目
9,500円
9,500円
73か月目
0円
0円

Broad WiMAXでは、ギガ放題プランもライトプランも基本的に3年契約の料金プランです。

契約更新月は3年に1度で、契約から37か月目の1か月間しかありません。 37か月目以降はとくに解約の連絡をしなければ、自動的に3年ごとに契約が更新されます。

Web申し込みのキャンペーンが適用された人は、24か月以内の解約だと通常の契約解除料に加えてWeb割キャンペーン違約金も支払わなければなりません。

いつでも解約サポートの対象となるインターネット回線への乗り換えなら、いつ解約しても解約金は0円です。

Broad WiMAXの利用者の多くは、初期費用が割引されるWeb経由で申し込みをしているでしょう。 24か月以内の解約だと2万円以上の解約金が発生するので、いつでも解約サポートを使って無料で解約することをおすすめします。

オプションの解約

初期費用の割引を受け取るために申し込んだ2つの有料オプションは、Broad WiMAXのお客様サポートサイトで解約できます。

解約手順を紹介するので、下記を参考にしてみてください。

  1. ログインIDとパスワードを入力して、お客様向けサポートサイトにログインします
  2. 「ご契約内容の変更」をクリックして、「オプション解約申請フォーム」を選択
  3. 画面が変わったら必要事項を入力して、入力内容を確認したうえで送信します
  4. 受付完了のメールが届いて、解約完了

Broad WiMAXで起こるトラブルと対処法

Broad WiMAXでは、端末が故障したときの無料修理サービスがあります。 しかし、端末を紛失や盗難にあったときの補償はありません。

端末が故障したときの修理サービスを受けるには、申し込みの際に月額550円の「安心サポートプラス」というオプションサービスに加入しなければなりません。

安心サポートプラスでは、下記故障に限り無料で端末を修理してくれます。

  • 説明書どおりに使って壊れた場合
  • 水漏れで壊れた場合(6か月以上の利用が必須)

安心サポートプラスに加入しない場合の修理、交換は以下の金額が発生します。

  • 修理:5,000円~
  • 端末交換:19,000円

故障が心配な人は、Web割で申し込んだ後に安心サポートを解約しないでそのまま残しておくとよいでしょう。

端末の紛失や盗難したときの補償については、とくにありません。 公式サイトでは端末の紛失や盗難にあったときは、カスタマーセンター(0570-783-055)に連絡して解約処理を行うと書かれています。

一度、解約して再度契約するので、その際にもう一度事務手数料を3,000円支払わなければなりません。 しかし、端末が見つかるまで一時的に回線休止の措置をとってくれるという体験談もあります。

端末の紛失・盗難の場合は、まずはBroad WiMAXのカスタマーセンターに相談してみましょう。

まとめ

Broad WiMAXは、その特徴からこのような人におすすめのプロバイダといえます。

  • 面倒なキャッシュバックの手続きなしに安い値段でWiMAXを使いたい
  • すぐにキャンペーンの特典を受け取りたい
  • 毎月のインターネット代を節約したい
  • 最速のWiMAXルーターを無料で使いたい
  • 申し込んですぐにインターネットを使いたい
  • 口座振替で料金を支払いたい
  • Broad WiMAXに乗り換えるときの違約金を負担してほしい
  • 契約更新月を気にすることなく、好きなときに解約したい

これらの特徴にひとつでも当てはまるものがある人は、業界最安値級の月額料金でインターネットができるBroad WiMAXを使ってみてはいかがでしょうか。

今よりインターネット代が、大幅に節約できるかもしれません。

  関連記事

 - インターネット完全ガイド, 代理店の評判・口コミ