サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

口座振替ができるWiMAXで最安のプロバイダはどこ?

  /    
  WiMAX

口座振替ができるWiMAXプロバイダで一番おすすめなのが、実質料金が一番安いBroad WiMAXです。

WiMAXプロバイダの多くは、クレジットカードでしか料金の支払いができません。しかし、Broad WiMAXのように口座振替ができるプロバイダもあるので、クレジットカードがない人でも気軽に利用できますよ。

ほとんどのプロバイダで最新機種を用意しているので、プロバイダごとの速度のちがいはありません。プロバイダを選ぶときに注目すべき点は、キャッシュバックや月額料金です。

また、口座振替だとクレジットカード払いと比べて、手続きの際に提出する書類や審査にかかる日数も異なります。プロバイダ選びに失敗しないよう。手続きに関することも申し込み前にしっかりチェックしましょう。

口座振替ができるWiMAXプロバイダの月額料金、初期費用、実質料金、手続きの流れや審査の日数、口コミ情報を比較してみました。

口座振替ができるWiMAXを探している人は要チェックですよ。

Broad WiMAXの申し込みはコチラから

Broad WiMAX

口座振替で契約することができるWiMAX一覧と各社の月額料金

2020年1月現在、WiMAXで口座振替ができるプロバイダは次の3社しかありません。

  • Broad WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • UQ WiMAX

口座振替ができるプロバイダで一番おすすめなのがBroad WiMAXです。最新端末W06を2年契約で使った場合の実質料金が一番安いからです。

WiMAXを選ぶときに一番重視することは、月額料金の安さとキャンペーン内容です。

実は、WiMAXはすべてのプロバイダでUQコミュニケーションズのWiMAX2+という通信網を使っています。そのため、どのプロバイダを選んでも、対応エリアや速度、料金プランは変わりません。

インターネットの速度を左右するWiMAXルーターもほとんどのプロバイダで最新機種W06を提供しています。対応エリア、速度がどのプロバイダを選んでも変わらないのであれば、1円でも安く使えるプロバイダを選ぶことをおすすめします。

口座振替ができるプロバイダの月額料金と、最新端末W06をギガ放題プランで2年使ったときの実質料金を比較して表にまとめてみました。口座振替ができるWiMAXプロバイダを探している人は参考にしてみてください。

■口座振替ができるWiMAXプロバイダの料金

プロバイダ名 Broad WiMAX UQ WiMAX BIGLOBE WiMAX
月額料金
1~2か月目:2,726円
3~24か月目:3,411円
25か月目以降:4,011円
3,880円
1か月目~3か月目:2,980円
34か月目~36か月目:3,980円
初期費用
18,857円
なし
なし
端末代
0円
15,000円
19,200円
事務手数料
3,000円
口座振替手数料
200円/月
なし
200円/月
代金引換手数料
300円
300円
400円
キャッシュバック
なし
なし
7,000円
2年間の実質料金
114,351円
118,320円
119,200円

※2020年1月時点の情報

※価格は税抜

表からわかるように、Broad WiMAXは月額料金が他プロバイダよりも安いので、2年間の実質料金も114,351円と最安値です。

ここからは、口座振替ができるWiMAXプロバイダの月額料金、キャッシュバックや契約の際に支払う初期費用などを1社ごとに詳しく見ていきましょう。

Broad WiMAX

Broad WiMAXは、次の2つの料金プランを用意しています。

  • 通常プラン:7GB
  • ギガ放題プラン:データ使い放題

どちらの料金プランも契約期間は3年。契約する人のほとんどが、定額使い放題のギガ放題プランを選びます。

BroadWiMAXのギガ放題プランを口座振替で支払った場合に必要な費用は、以下のとおりです。

月額料金
1~2か月目:2,726円
3~24か月目:3,411円
25か月目以降:4,011円
初期費用
18,857円
端末代
0円
事務手数料
3,000円
口座振替手数料
200円/月
代金引換手数料
300円
LTEオプション
0円
キャッシュバック
なし
2年間の実質料金
114,351円

※2020年1月時点の情報

※価格は税抜

口座振替だと初期費用として、事務手数料とは別に18,857円がかかります。ちなみに、クレジットカード払いを選ぶと初期費用がキャンペーンで無料ですよ。

しかし、BroadWiMAXは全機種の端末代が無料で月額料金割引も適用されるため、口座振替ができるプロバイダの中で2年間の実質料金は最安値です。

LTEオプションも無料で使えるので、WiMAXがつながりにくい、または圏外のエリアでも料金を気にすることなく利用できてお得です。キャッシュバックはありませんが、インターネット代を節約したい人におすすめのWiMAXといえます。

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXは、2019年10月から料金プランを改定して、現在は1年契約のギガ放題プランのみの提供となりました。

料金の支払い方法に口座振替を選択した場合の月額料金、初期費用や端末代など各種費用を表にまとめてみました。

月額料金
31か月目~3か月目:2,980円
4か月目~36か月目:3,980円
端末代
19,200円
事務手数料
3,000円
口座振替手数料
200円/月
代金引換手数料
400円
LTEオプション
1,005円
キャッシュバック
7,000円
2年間の実質料金
119,200円

※2020年1月時点の情報

※価格は税抜

これまでのギガ放題プランと比べて月額料金は少し安くなりました。しかし、以前のギガ放題プランでは無料で提供された下記料金が有料となります。

  • 端末代金
  • LTEオプション

特に端末代が大幅に値上がりして、実質無料だったものが全機種で19,200円支払う必要があります。しかも、口座振替だとクレジットカード払いとちがって端末代の分割払いは選べません。

申し込み後に端末が自宅に到着してから、代引きで端末代19,200円を一括で支払うこととなります。代引き手数料400円も発生するので、事務手数料も含めた初期費用の総額は、22,600円かかると考えてください。

今までよりも初期費用の総額が高くなった分、キャッシュバックの受け取り時期が早くなっています。2020年1月時点で実施中の7,000円キャッシュバックはBIGLOBE WiMAXで端末を受け取ってから翌月の2日目から数えて45日以内までに受け取ることができます。

10月19日に端末を受け取った場合は、11月2日から12月16日がキャッシュバックの受取期間と考えてください。 キャッシュバックがもらえても初期費用が高くて、毎月200円の口座振替手数料を支払うため、2年使った場合の実質料金は119,200円と3社の中でもっとも高いです。

しかし、1年契約の料金プランなので、13か月目からは契約解除料がかかりません。多少料金が高くても、口座振替で料金の支払いができて、短期間で乗り換える可能性がある人におすすめのプロバイダといえます。

UQ WiMAX

UQ WiMAXも2019年10月から料金プランが変わりました。現在はギガ放題プランのみの提供となります。

支払い方法に口座振替を選んだ場合の各種費用を表にまとめてみました。

月額料金
■2年自動更新あり:3,880円
■2年自動更新なし:1~25か月目:3,880円、26か月目:4,500円
■期間なし:4,050円
端末代
15,000円
事務手数料
3,000円
口座振替手数料
0円/月
代金引換手数料
300円
LTEオプション
1,005円
キャッシュバック
なし
2年間の実質料金
■2年自動更新ありと2年自動更新なし:111,120円
■期間なし:115,200円

※2020年1月時点の情報

※価格は税抜

料金改定で、契約期間が次の3種類から選択できるようなりました。

  • 2年自動更新あり
  • 2年自動更新なし
  • 期間なし

ずっと月額3,880円で使えるのは、2年自動更新ありのプランだけです。お得な値段で使える分、契約更新月以外に解約すると、1,000円の契約解除料を支払わなければなりません。そのほかの契約期間は、いつ解約しても契約解除料は発生しません。

ただし、2年自動更新なしだと25か月目以降は、月額料金が4,050円となります。期間なしプランは最初から月額料金は4,050円です。

料金を安く抑えるなら2年自動更新プランを選ぶとよいでしょう。

また、端末代金は無料ではなく、15,000円必要です。以前は3年契約のギガ放題プランで無料だったLTEオプションも、有料になりました。

端末代は、口座振替だと分割払いはできません。支払い方法は一括払いのみとなり、端末到着後に代引きで支払うこととなります。代引き手数料が300円かかるので、初期費用の総額は18,300円かかると考えてください。

ただし、Broad WiMAXやBIGLOBE WiMAXと違って口座振替手数料がないのが、UQ WiMAXならではの大きなメリットですね。 

口座振替で契約することができるWiMAXの各社支払日一覧

料金の支払い方法に口座振替を選択した場合、いつが支払日になるのか気になりますよね。 口座振替が選べるWiMAXプロバイダの料金の支払日を表にまとめてみました。

プロバイダ 支払日
Broad WiMAX
27日または3日
BIGLOBE WiMAX
26日
UQWiMAX
26日

Broad WiMAXは支払日を27日か3日のどちらか選ぶことができます。月末が給料日の人だと、27日よりも3日の支払いのほうが助かりますよね。

BIGLOBE WiMAXとUQWiMAXは26日と指定されていて、ほかの日を選ぶことができません。

口座振替時の必要書類、手続き、審査について

クレジットカード払いと比べて、口座振替は手続きのときに必要な書類や審査にかかる時間が異なります。口座振替は審査に1~2週間程度かかるため、クレジットカード払いのように即日発送というわけにはいきません。

クレジットカードは、ある程度の年収、年齢、借金が少ないなど一定の基準を満たしていないと、どの会社でも利用できません。クレジットカードを持っている人は、月額料金の支払い能力がある人とプロバイダが判断するので、審査は1日程度で終わります。

しかし、口座振替だと申し込みをした人が確実に料金を支払ってくれるのか、プロバイダ側はすぐに判断できません。プロバイダと金融機関の審査が必要となるので、申し込みから端末が到着するまで多少時間がかかると覚えておきましょう。

3つのプロバイダで手続きに必要な書類、手続きの流れ、審査の時間、申し込みから端末到着までの日数を表にまとめてみました。

プロバイダ 必要書類 手続き 審査 審査から端末到着まで
Broad WiMAX 本人確認書類のコピー 申し込み後に口座振替手続きのメールが届く 2~3日 1~2週間
BIGLOBE WiMAX 支払方法登録申込書 申し込み後、支払方法登録申込書を郵送 約1週間 2週間~1か月
UQ WiMAX ・本人確認書類のコピー
・預金口座振替依頼書(郵送の場合)
Web登録:本人確認書類をアップロード or
郵送:申し込み後に預金口座振替依頼書を送付
5日~1週間

※2020年1月時点の情報

※価格は税抜

上の表に記載した口座振替に必要な書類、手続きの流れ、審査にかかる日数など1社ごとに詳しく見ていきましょう。

Broad WiMAX

Broad WiMAXでは申し込みの際に本人確認種類のコピーを提出する必要があります。

申し込み前に以下のコピーを準備しておきましょう。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住基カード

20歳未満だと本人確認書類と合わせて親の同意書が必要です。20歳未満の人は親の同意書も申し込みの際に一緒に提出することを忘れないようにしてくださいね。

申し込みから端末到着までの流れは以下のようになっています。

■申し込みから端末到着までの流れ

  1. Webフォームか電話で申し込み手続きをする
  2. 2~3日後にBroad WiMAXの審査が完了し、メールで口座振替の手続きの案内が届く
  3. メール本文のURLにアクセスして、口座振替を行う銀行口座を登録する
  4. 銀行口座の登録が完了したら端末が到着する

Broad WiMAXではプロバイダ自体の審査は2~3日で終わります。サポートに確認したところ、金融機関が銀行口座を登録するのと端末の発送が前後することもあるとのこと。

銀行口座の登録が完了する前に端末が到着しても、インターネットに接続できないので注意してください。

申し込みが多いと口座振替の手続きから端末到着まで1~2週間かかることも。しかし、電話申し込みだと、担当オペレーターに「急ぎで使いたい」と伝えれば、優先して早めに手続きが終わるよう手配してくれます。早くWiMAXを使いたい人は、電話で申し込んでみるとよいでしょう。

基本的に申し込み月から翌月末には、口座振替が利用できます。たとえば、10月10日にBroad WiMAXに申し込んだ場合は、11月27日もしくは12月3日に以下の料金が口座から引き落とされると思ってください。

・10月分:日割りの月額料金+11月分:1か月分の月額料金

ただし、銀行口座の登録が間に合わない場合は、Broad WiMAXから料金支払いの振込用紙が届きます。口座振替ができるまで、振込用紙を使って料金を支払うこととなります。

端末は最短で3日後に到着し、混雑しているときは1~2週間かかる場合があります。

Broad WiMAXの申し込みはコチラから

Broad WiMAX

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXでは、基本的に申し込みの際に本人確認書類のコピーを提出する必要はありません。

申し込みから審査、端末到着までの流れを一緒に確認していきましょう。

■申し込みから端末到着までの流れ

  1. Web申し込みもしくは電話で手続きを行う
  2. 申し込みから2日~1週間程度で支払方法登録申込書が郵送で届く
  3. 支払方法登録申込書に必要事項を記入して返送
  4. 審査後、約1週間で端末が届く

申し込みから端末利用まで、2週間から1か月程度かかると考えておけばよいでしょう。

銀行が口座振替の口座を登録するのに1~2か月かかります。その間は、BIGLOBEから契約者の自宅に料金支払いの振込用紙が届きます。コンビニや近くの銀行に振込用紙を持って行って料金を支払いましょう。

口座振替は、都市銀行、地方銀行、ネット銀行など主要な金融機関に対応しています。ほとんどの人が口座振替を利用できるので安心してくださいね。

BIGLOBE WiMAXの申し込みはコチラから

BIGLOBE WiMAX

UQ WiMAX

UQ WiMAXは、申し込みの際に本人確認書類のコピーが必要です。

次のいずれかの書類を1つコピーして申し込みの際に提出するようにしましょう。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証+公共料金領収書 or 住民票(発効日より3か月以内で現住所記載のもの)など

20歳以下だと本人確認書類に加えて、下記2点も申し込みの際に必要なので準備してくださいね。

  • 親権者同意書
  • 親権者の本人確認書類

UQ WiMAXでは、口座振替の手続きはWebと郵送と2種類から選ぶことができます。それぞれの申し込みから端末到着までの流れを調べてみました。

■口座振替の手続きを郵送にした場合の申し込みから端末到着までの流れ

  1. Web申し込みもしくは電話で手続きを行う
  2. 申し込みから5日~1週間程度で審査が完了し端末が届く
  3. 端末到着から2~3日後に支払方法登録申込書が郵送で届く
  4. 支払方法登録申込書に必要事項を記入して返送

口座振替の手続きが郵送の場合、申し込みの際に本人確認書類を提出するので、口座振替の手続き前に審査が完了します。

審査の時間は5日から1週間程度。口座振替自体は、口座振替依頼書を送ってから1~2か月程度かかります。その間は、振込用紙を使ってコンビニや銀行で料金の支払いを行いましょう。

口座振替が可能な銀行も、全国各地のほとんどの銀行、信用金庫、ネット銀行に対応しているので安心ですね。

■口座振替の手続きをWebにした場合の申し込みから端末到着までの流れ

  1. Web申し込みの際に「ご利用料金のお支払い方法」画面で「口座振替手続き方法」の「Web申込」にチェックを入れ、案内に従って手続きを完了させる
  2. 申し込みから5日~1週間程度で審査が完了し端末が届く

申し込みと口座振替の手続きが一度に完了するうえ、印鑑の捺印や書類を送付する必要がありません。全国各地のほとんどの金融機関に対応しているので、特別な事情がない限りは、口座振替の手続きはWeb申込で行うのがおすすめですよ。

UQWiMAXの申し込みはこちらから

UQWiMAX

【結論】口座振替ができるおすすめのWiMAXはどれ?

月額料金や初期費用の安さ、手続きのシンプルさ、審査までの日数を3社で総合的に比較したところ、次の4つの理由でBroad WiMAXを一番おすすめします。

  • 実質料金がもっとも安い
  • 口座振替日が27日と3日から選べる
  • 手続きはすべてWebで完了する
  • 急ぎでWiMAXを使いたいときは、柔軟に対応してくれる

WiMAXは対応エリア、速度はどのプロバイダを選んでも変わりません。WiMAXルーターも3社で最新機種を用意しています。

WiMAXの使い勝手がどこを選んでも同じならば、月額料金が安く、各種費用の負担が少ないBroad WiMAXを選ぶべきでしょう。

口座振替の手続きがすべてWebで完了します。書類の記入や印鑑の捺印が不要で手続きがシンプルなとこもおすすめできるポイントです。電話申し込みなら急ぎで使いたいことを伝えれば、優先して早めに手続きをすませてくれるところも他の2社にないメリットといえますね。

Broad WiMAXの申し込みはコチラから

Broad WiMAX

口座振替に関しての各プロバイダごとのWiMAXの評判

最後に実際に口座振替が可能なWiMAXプロバイダのリアルな口コミをTwitterで調べてみました。

まずはBroad WiMAXの口コミを確認してみましょう。

口座振替に関することではありませんが、月額料金が安くてサポートが親切なのでBroad WiMAXが一番よいと思っている口コミです。キャッシュバックがもらえても、手続きが複雑で受け取りにも時間がかかるプロバイダも少なくありません。

申し込みをするだけで月額料金が安くなるBroad WiMAXは確かに良心的ですね。

次はBIGLOBE WiMAXの口コミです。

口座振替でBIGLOBE WiMAXに申し込んで、なかなか端末が届かないことに対する不満です。口座振替用紙とは、おそらく支払方法登録申込書のことでしょう。支払方法登録申込書の送付から端末受け取りまで約2週間かかります。

投稿からは支払い方法登録申込書を送ってどの程度たったのかわりませんが、予想より端末の受け取りが遅いことに対する不満なのでしょう。

最後はUQ WiMAXです。

口座振替で契約できるモバイルWi-Fiを探しているようです。クレジットカード払いのモバイルWi-Fiが多いなか、口座振替ができるプロバイダにUQ WiMAXをおすすめしています。

モバイルWi-Fiは基本的にクレジットカードで契約するプロバイダが多いので、口座振替のできるプロバイダを探すのに苦労しますよね。

口座振替ができるプロバイダ3社の口コミを調べてみたところ、料金が安くてサポートの対応がよいBroad WiMAXがおすすめといえます。

端末代金も最新機種を含む全機種で無料となるので、2年間使った場合の実質料金も114,351円と最安値で使えてお得です。

まとめ

口座振替が使えるWiMAXプロバイダ3社で一番おすすめなのは、実質料金が114,351円で最安値のBroad WiMAXです。

口座振替の手続きもWebですべて完結するので、面倒な書類の記入や印鑑の捺印がなくて手間もかかりません。急ぎでWiMAXを使いたいときは、担当オペレーターにその旨を伝えれば、審査や手続きの期間を短縮してもらうこともできますよ。

口座振替ができるWiMAXプロバイダを探している人は、安くて手続きが簡単なBroad WiMAXに申し込んでみてください。

Broad WiMAXの申し込みはコチラから

Broad WiMAX

  関連記事

 - WiMAX