サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

auスマートバリューとは?誰がどんな条件でいくら安くなるか徹底解説

  /    
  auひかり

サクッと光
さくまる

auスマートバリューを適用させて、料金を安くしたいな~

<auスマートバリューとは>
auのスマホ料金が1台あたり毎月500円~1,000円・最大10台まで割り引かれるサービスのこと。

適用条件は以下の通り。

今回はauスマートバリューの条件や、割引額・申し込み手順について解説していきます。

auひかりの申し込みはこちら

auスマートバリューとは?こんな人が対象です!

auスマートバリューとは、auのスマホや携帯電話と光回線などの通信サービスとのセット割のことです。

auスマートバリューが適用されると、auの契約プランにあわせて携帯電話側の月額料金から1台ずつ値引きされます。

auスマートバリューは家族間で最大10台まで、携帯電話やスマホ、タブレットが適用を受けられるのも特徴ですよ。

ただし、auスマートバリューが適用されるのは、以下の条件をすべて満たした人だけです。

auの携帯電話やスマホ、タブレットなどを利用している人が、スマートバリューの光回線やケーブルテレビ回線などを契約すると対象になりますよ。

もし、auスマートバリューが適用されるauひかりをこれから申し込みたいという方は、代理店フルコミットからの契約でauスマートバリューの割引とあわせて最大60,000円キャッシュバックが受け取れるのでさらにお得です。

フルコミットの申し込みはこちら

auひかりのキャンペーンについてはauひかりのお得なキャッシュバックや割引特典などをまとめた記事も参考にしてくださいね。

1.auの携帯電話契約がある人

auスマートバリューはauとのセット割なので、まずはauの携帯電話契約がないといけませんね。

auの携帯電話契約とは、具体的にauで以下の通信機器を契約していることをいいます。

  • スマートフォン
  • 携帯電話
  • 4G LTEタブレット
  • 4G LTE対応PC

auスマートバリューの割引は上記の端末で契約しているプランによって、1台あたり500円~1,000円の差があります。

また、上記の契約があってもプランによってはauスマートバリューの割引対象外になる場合がありますよ。

auスマートバリュー対応の契約プランとくわしい割引額はのちほど、auスマートバリューでいくら安くなる?の項目でお話しましょう。

2.auスマートバリュー対応の通信サービスを契約している人

auスマートバリューを適用させるためには、auの携帯電話契約とあわせて、auスマートバリューに対応した通信サービスを同時に利用していなくてはいけません。

また、auスマートバリューに対応する通信サービスを契約するだけでなく、適用条件としてオプションの加入が必要です。

主な通信サービスとオプションは、以下の3つにわけられます。

  • 光回線+ひかり電話
  • ケーブルテレビ+ひかり電話orテレビ
  • auスマートポート+指定プラン

それぞれの通信サービスと必須のオプションについて、さらにくわしく解説していきましょう。

光回線+ひかり電話

光回線の場合は、2019年12月時点で以下の回線事業者がauスマートバリューに対応しています。

対象固定通信サービス一覧:auスマートバリュー - 光回線引用:対象固定通信サービス:auスマートバリュー

光回線でauスマートバリュー適用させるには、ひかり電話のオプション加入が必須です。

ひかり電話は従来使われるアナログの電話線ではなく、おうちに導入した光回線を使って固定電話同等の通話サービスを行う電話オプションです。

1人暮らしの方や、スマホがあれば十分という方は「固定電話が不要」と感じるかもしれませんが、実際に電話サービスを使わなくてもオプションに加入すれば割引が適用できるので、ぜひ申込んでおきましょう。

ひかり電話はauひかりの場合、オプション料金が月額500円で、ひかり電話用の電話番号も発行され、家電量販店などで市販されている電話機があれば一般的な固定電話番号と同じように使えます。

また、auひかりではひかり電話の加入で最大37,500円の初期工事費が実質無料になったり、代理店フルコミットのキャッシュバックが増額になったりと、auスマートバリュー適用以外にもメリットは多いですよ。

auひかり春の画像 引用:フルコミット

ケーブルテレビ+ひかり電話orテレビ

おうちのインターネットが光回線ではなく、ケーブルテレビ回線を利用しているという方もいるでしょう。

契約しているケーブルテレビ回線がauスマートバリューの対象なら、光回線へ乗り換えなくてもセット割が適用できる場合があります。しかも、ケーブルテレビ回線なら会社によって、適用条件のオプションが電話サービス以外にテレビサービスも選べます。

<ケーブルテレビ回線のauスマートバリュー適用条件>

  • ネット+ひかり電話
  • ネット+テレビ
  • テレビ+ひかり電話

auスマートバリュー対象のケーブルテレビ回線は、2019年12月時点で全国展開しているJ:COMのほか、地域ごとに158局ありますよ。各地域の対象ケーブルテレビ回線はこちらから調べられますので、チェックしてくださいね。

auスマートポート+指定プラン

固定回線が必要ない方や、お住まいの事情で光回線やケーブルテレビの工事ができない方は、auのホームルーター「auスマートポート」でもauスマートバリューが適用されます。

auスマートポートでは、ホームルーターのWiMAX端末やプランがauスマートバリューの対象であれば適用されますよ。

  • WiMAX端末:WiMAX HOME 01・Speed Wi-Fi HOME L02・Speed Wi-Fi HOME L01s・
    Speed Wi-Fi HOME L01
  • 指定プラン:WiMAX 2+ フラット for HOME(2年契約)

auスマートポート、つまりauで契約するWiMAXのホームルーターは物件内で回線工事などは必要なく、小型の機器の電源プラグをおうちのコンセントに挿し込むだけでインターネットができる優れものです。

auスマートポート引用:auスマートポート:auスマートバリュー

auスマートバリューとセットで申し込めば、auのスマホや携帯電話の割引だけでなく、auスマートポートの月額料金も安くなるのが嬉しいですね。

auスマートポート:auスマートバリュー - 料金・割引引用:auスマートポート:auスマートバリュー

WiMAXプロバイダとの契約はauスマートバリューmineになる

auでWiMAXのホームルーターを契約するとauスマートポートというサービス名になり、auスマートバリューが適用されますが、WiMAXはau以外でも申し込みができます。

WiMAX自体はauの子会社であるUQWiMAXが端末や回線を提供しており、UQWiMAXはもちろん、GMOとくとくBB WiMAXやBroad WiMAXなどさまざまなプロバイダでも契約を受け付けていますよ。 ただし、WiMAXのホームルーターをau以外で契約するとauスマートバリューは適用にならず、「auスマートバリュー mine」が適用されます。

  auスマートバリュー auスマートバリューmine
適用条件 auの携帯電話契約 + auスマートポート auの携帯電話契約 + WiMAXプロバイダ(対応会社のみ)
対象契約数 1契約につき最大10回線 1契約につき1回線
携帯電話契約 への割引 1台あたり500円~1,000円/月 1台のみ500円~1,000円/月

※価格は税抜

auスマートバリューmineはルーター1台にスマホ1台だけが、最大1,000円割引になります。auスマートバリューmineの割引額についてはのちほど、auスマートバリューmineは割引額が違うの項目で説明しますよ。

また、auスマートバリューmineはすべてのWiMAXプロバイダで適用されるわけではなく、対象のプロバイダ会社でのみ受けられる点も注意したいポイントです。

auスマートバリューmine 対象プロバイダ引用:auスマートバリュー mine

WiMAXプロバイダについてはWiMAXの各プロバイダの料金や特典を比較した記事もご覧ください。

同一住所の人、もしくは50歳以上の別居家族も対象

auスマートバリューはauひかりなどの光回線やケーブルテレビ回線1契約につき、最大10台まで携帯電話料金の割引が受けられます。

ただし、誰でも適用できるわけではなく、基本的には同じ住所に住む家族だけですよ。 auスマートバリューを家族間で適用させる条件は、以下のとおりです。

  • 同一姓・同一住所
  • 異姓・同一住所・家族割加入
  • 50歳以上で別居の家族

たとえば、同じ物件に住んでいる同棲中のカップルではauスマートバリューが適用できません。同じ住所に住んでいるが結婚などで別性の場合や、50歳以上で別居の方は、家族だと証明する戸籍謄本などがあれば、適用が可能ですよ。

また、50歳以下の家族で住所が違う場合でも、割引を適用させる裏技があります。auの契約では契約住所と請求先住所が登録できるのですが、スマートバリューの適用には契約住所を一致させればいいので、auひかりの契約している住所に変更しておきます。請求書などauからの郵便物は「請求先住所」に届くので、実際に住んでいる住所とわけておけば問題ありません。

なお、割引額はそれぞれの携帯電話契約で利用しているプランによって1台ずつ金額が変わりますよ。

auスマートバリューでいくら安くなる?

auスマートバリューの適用条件がわかったところで、実際にどれくらい通信費が節約できるのか調べていきましょう。

auスマートバリューの対象になるauの新規受付中プランと、プランごとの割引額は以下のとおりです。

  プラン 割引額
スマホ
・新auピタットプランN(~1GB)
・auピタットプラン(s)(~1GB)
0円
・新auピタットプランN(1GB~7GB)
・auピタットプランN(s)(1GB~2GB)
500円
・auピタットプランN(s)(2GB~20GB)
・auデータMAXプランPro
・auデータMAXプラン Netflixパック
・auフラットプラン25 NetflixパックN
・auフラットプラン20N
・auフラットプラン7プラスN
1,000円
ケータイ
カケホ(3Gケータイ)
934円
タブレット
タブレットプラン20
1,000円

※価格は税抜

プランによっては3年目以降、割引額が変わる場合もありますが、基本的にauのスマホや対象通信サービスを契約している間は永年割引が受けられます。

auスマートバリューで実際いくら安くなるかシミュレーションしてみた

今現在、auのスマホや携帯電話だけお使いの方は、auひかりなどの通信サービスと有料オプションを契約してauスマートバリューを適用すると実際にいくら安くなるのか気になりますよね。

たとえば、家族4人でauのスマホを利用している場合の携帯電話料金をみてみましょう。

契約内容 月額料金
auフラットプラン7プラスN
5,480円×4
通話定額ライト (5分無料通話)
500円×4
家族割プラス
1,000円×4
通信費総額
19,920円

※価格は税抜

auを家族間で複数台契約すると、家族割プラスが適用されます。家族割プラスでは、3人以上で加入すると1台あたり1,000円が割引されますよ。

もし同じ家族がauひかりの戸建てプラン「ホーム 1Gbps」とひかり電話を契約し、auスマートバリューを適用させた場合の通信費総額をシミュレーションしてみましたよ。

契約内容 月額料金
ホーム1Gbps (ずっとギガ得)
5,100円
ひかり電話
500円
auフラットプラン7プラスN
5,480円×4
通話定額ライト (5分無料通話)
500円×4
家族割プラス
1,000円×4
auスマートバリュー
1,000円×4
通信費総額
21,520円

※価格は税抜

結果として、auひかりとひかり電話を利用した場合、auスマートバリューが適用されて月額1,600円通信費総額が増えました。 しかし、自宅で高速のインターネットが利用でき、スマホをWi-Fi接続すればデータ量も節約できます。

固定電話をお使いの方は、通話料や基本料金が安いひかり電話のおかげでさらに支払いを抑えられますよ。

1,600円で自宅のインターネットとひかり電話が整えられれば、お得ですよね。

auスマートバリューmineは割引額が違う

au以外でWiMAXのホームルーターを契約すると、auスマートバリューではなく、auスマートバリューmineになりましたね。

auスマートバリューmineで対象になるのはルーター1台あたり携帯電話やスマホが1台のみです。また、auスマートバリューmineはスマホ・携帯電話のみ割引が受けられ、タブレット向けプランは適用外ですよ。

対象プランもauスマートバリューと違い「新auピタットプラン」や「新auピタットプランN」は対象外ですので、ご自分の契約プランをしっかり確認しておきましょう。

auの契約プランごとのauスマートバリューmineの割引額は、以下のとおりです。

  プラン(新規受付中) 割引額
スマホ
auピタットプランN(s)(1GB~2GB)
500円
・auフラットプラン25 NetflixパックN
・auフラットプラン20N
・auピタットプランN(s)(2GB超~20GB)
1,000円
ケータイ
データ定額1
500円
・データ定額2/3
・カケホ(3Gケータイ)
743円
データ定額5
934円

※価格は税抜

同じauの契約プランでも、auスマートバリューとauスマートバリューmineでは割引額が違うこともあるとわかりました。

auスマートバリューに関するよくある質問と答え

auスマートバリューに関して、多く寄せられる質問とその答えをまとめましたよ。

auスマートバリューについて、不安や疑問がある方はぜひチェックしてくださいね。

auスマートバリューが適用されているか確認する方法は?

auスマートバリューが適用されているかは、My auやサポートセンターへの電話、auショップで確認可能です。

auスマートバリューとほかの割引特典は併用できる?

auスマートバリューは基本的にauが提供する割引サービスと、併用が可能です。

auスマートバリューと併用できる主なauとauひかりの割引特典は、以下のとおりです。

au auひかり
・家族割プラス
・毎月割
・初期費用相当額割引
・超高速スタートプログラム
・自動更新プラン割引

ただし、同じ契約者でauスマートバリューとauスマートバリューmineの併用はできません。

auで機種変更してもauスマートバリューは継続できる?

auスマートバリュー適用中にauで機種変更した場合でも、割引は変わらず継続されます。

ただし、auの携帯電話やスマホで契約しているプランを変更すると割引額が変わったり、対象外の場合は割引されなくなったりするので気をつけましょう。

auスマートバリューは法人名義でも申し込める?

auスマートバリューは法人や個人事業主名義でも申し込みできます。

会社の名前でauスマートバリューを適用させる条件は、対象の通信サービスとauのスマホやタブレットを同一屋号と同一住所で申し込むことです。

また、auではビジネス向けのauスマートバリューfor Businessも用意しています。適用条件や割引額は通常のauスマートバリューと変わりますので、気になる方は確認してみてくださいね。

auスマートバリューは申し込みが必要!

auスマートバリューは条件を満たすだけでは適用されず、必ず申込みが必要です。auスマートバリューを申し込んだら、翌月の請求分から割引が適用されますよ。

auスマートバリューの申し込みは、以下の窓口で受け付けています。

auスマートバリューの申し込みが24時間いつでもできるMy auでの手続きなら、5分ほどで完了しますよ。パソコンやスマホからMy auにアクセスしたら、au IDとパスワードを入力してログインし、申し込みができます。

ただし、My auやKDDIお客様センターの電話からは、4回線までしかauスマートバリューの申し込みができません。

次の項目では、auショップでauスマートバリューを申し込む際に必要なものを紹介します。

auスマートバリューの申し込み時に必要なもの

auショップでauスマートバリューを申し込む際には、以下のものを持参しましょう。

  • 印鑑
  • 本人の確認書類(原本)
  • 利用中のau携帯電話やスマホ端末
  • 家族関係を証明する書類(同一性・同一住所以外)

本人確認書類は運転免許証やパスポート、マイナンバー、健康保険証などがあれば問題ありません。

また、家族の分もあわせて申し込むなら家族であることを証明する書類として、住民票や戸籍謄本なども必要ですよ。

auスマートバリューの解約方法

auスマートバリューの適用は申込みが必要ですが、適用条件からひとつでも外れた場合は、自動的に解除されます。

auスマートバリューを解除しても、違約金などはとくにありません。ただし、auスマートバリューの適用条件であるauの携帯電話契約やauひかりの自動更新プランには解約にともない、解約違約金が発生する可能性がありますよ。

auひかりの解約違約金についてはauひかりの解約で発生する費用と解約金を0円にする方法をまとめた記事もご覧ください。

まとめ

auの携帯電話やスマホ、タブレットなどを利用中の方が条件を満たせば、セット割のauスマートバリューが適用されます。

auの携帯電話契約とあわせて適用条件となる通信サービスとオプションは、以下のとおりです。

  • 光回線+ひかり電話
  • ケーブルテレビ+ひかり電話orテレビ
  • auスマートポート+指定プラン

auスマートバリューが適用されると、携帯電話料金からプランによって1台あたり500円~1,000円が割引になり、実質価格を抑えてインターネットや光電話が契約できるとわかりましたよ。

auスマートバリューを適用するには、必ず申し込みが必要です。以下の窓口から、申し込み手続きを行いましょう。

ちなみに、auスマートバリューを解約したいときは、適用条件となる契約やオプションを1つでも解約すれば、自動的に割引も解除されますよ。

auスマートバリューが適用されるauひかりを契約するなら、代理店フルコミットで申し込むと最大60,000円のキャッシュバックが受けられますよ。

フルコミットから申し込む

  関連記事

 - auひかり