サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

【保存版】WiMAX(ワイマックス)徹底比較!2019年最新版 WiMAXオススメランキング

  /    
  インターネット完全ガイド, ネットまるごと完全比較

WiMAXを選ぶためにやっておくべきことはプロバイダの比較です。

月額料金プランやキャッシュバックキャンペーンなどの特典を十分に比較・検討せずに契約してしまうと2~3万円損することもあるからです。

とはいえ、WiMAXを申し込めるプロバイダは多数あり、すべての公式サイトを隅々まで確認するには相当な時間がかかってしまいますね。

この記事では契約してから「こんなはずじゃなかったのに……」と後悔しないためにも、WiMAXを契約するために欠かせないポイントとプロバイダの選び方を解説します。

同時に、申し込むのにもっともオススメなプロバイダをご紹介します。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

WiMAX徹底比較!選び方の3つのポイント

WiMAXの契約で失敗しない選び方のポイントは以下の3つです。

  • プロバイダ
  • WiMAXの契約プラン
  • ルーターの機種

共通認識として持っておきたいのが、WiMAXはプロバイダによって通信速度やサービスなどに大きな違いはなく、どれだけお得に契約できるかが失敗しないプロバイダ選びのカギとなっていることです。

このことを踏まえたうえで、それぞれについて詳しく解説していきます。

1.プロバイダ

WiMAXの利用料金やキャンペーンは契約するプロバイダによって異なります。 各プロバイダの詳細は後述しますが、WiMAXの契約年数は基本的に3年で設定している会社が多いですよ。そのため、目先の月額料金よりも3年間の合計金額で考えるのが賢い選び方です。

また、実質料金にはプロバイダごとに実施しているキャッシュバックキャンペーンなどの割引額も含めて計算しますが、実際にキャッシュバックが受け取れなかった場合は実質料金が高くなってしまうので以下の点に注意しましょう。

  • キャッシュバックは契約後すぐに受け取れない場合もある
  • 途中解約してしまうとキャッシュバックが受け取れない
  • 手続き可能期間が短い(お知らせメールを受け取ってから1ヶ月間程度)
  • お知らせメールがプロバイダから提供されたメールアドレスに送られてくる

契約後にキャッシュバックのもらい忘れを防ぐため、申請時期をメモしたり、スケジュールアプリに登録したりするなど対策をとっておきましょう。

2.WiMAXの契約プラン

WiMAXのプランは基本的に2パターンから選びます。

プロバイダによって名称や取り扱いが異なることもあるので注意してください。 それぞれのプランの特徴は以下の通りです。

  • 通信量7GBの「通常プラン」|データ通信量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかる
  • 通信量無制限の「ギガ放題プラン」|月間のデータ通信量の制限はなく、自由にインターネット接続ができる
    ※データ通信量が3日間で10GBを超えると、翌日18時~2時まで通信速度が1Mbpsになります

プロバイダによっては2つのプランの料金差は1,000円程度あります。自分の利用スタイルに応じて選ぶようにしましょう。

3.ルーターの機種

WiMAXの契約においてルーター選びは重要です。ルーターには大きく分けて2種類あります。

  • 外出先でもインターネットを使いたいならモバイルルーター
  • 光回線の代わりとして導入を検討しているならホームルーター

詳しくは後述しますが、上記のようにモバイルルーターとホームルーターでは用途が違うため、どの機種を選ぶのかは別途比較をする必要があります。

自分の利用目的についてしっかりと決めてから、どちらかを選択するか検討しましょう。

ルーターの機種で比較

現在、WiMAXでは基本的に5つの機種が提供されています。

ほとんどのプロバイダでは機種代金は0円となっているため、金額で比較する必要はありません。 各ルーターのスペックとオススメの機種をご紹介しながら、失敗しないために選び方のコツを説明します。

ルーターの種類

WiMAXのルーターは以下のように大きく2種類に分けられます。

  • モバイルルーター:小型で持ち運び可
  • ホームルーター:大型で据え置き型

モバイルルーターはバッテリーが内蔵されており、持ち運びに便利です。自宅だけでなく、外出先でもインターネットを使いたいという人に選ばれています。

ホームルーターは据え置き型タイプで、固定回線の代わりとして使われます。気軽に外へ持ち出すことはできませんが、工事不要でWi-Fi電波が強力なのが特徴です。

プロバイダによってはモバイルルーターのみの取り扱いという場合もあります。

各ルーターのスペック比較表

現在、各プロバイダで取り扱いがあるモバイルルーター2機種のスペックをみてみましょう。

機種名
W06
WX05
発売日
2019/1
2018/11
重さ
125g
128g
大きさ
W128 ×H64 ×D11.9mm
W111 ×H62 ×D13.3mm
SIMサイズ
Nano IC
Nano IC
下り最大通信速度
558Mbps
440Mbps
上り最大通信速度
75Mbps
75Mbps
WiMAX2+
au4GLTE
最大連続通信時間
7時間10分(ハイパフォーマンス)
8時間10分(おまかせ一括設定:通信速度を優先)
11時間40分(バッテリーセーブ)
14時間(おまかせ一括設定:バッテリー持ちを優先)
10時間(au 4G LTE)
8時間(au 4G LTE)
最大連続待受時間
800時間
700時間
バッテリー容量
3,000mAh(取り外し可能)
3,200mAh(取り外し可能)
通信技術
4×4MIMO/CA
4×4MIMO/CA
Wi-Fi対応規格
IEEE802.11 ac/n/a/g/b
IEEE802.11 ac/n/a/g/b
Bluetooth接続
タッチパネル
最大接続台数
16台(Wi-Fi)
10台
3台(Bluetooth)
3台(Bluetooth)
メーカー
HUAWEI
NECプラットフォームズ

次に、ホームルーター2機種のスペックも確認していきます。

機種名
Speed Wi-Fi HOME L02
WiMAX HOME 01
重さ
約436g
約338g
大きさ
約H178×W93×D93mm
約H155×W70×D100mm
回線の種類
WiMAX2+、au 4G LTE
WiMAX2+、au 4G LTE
下り最大通信速度
867Mbps(Wi-Fi)/1.0Gbps(LANケーブル)
440Mbps
上り最大通信速度
75Mbps
75Mbps
最大接続台数
42台
22台
Wi-Fi対応規格
IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯),n/g/b(2.4GHz帯)
IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯),n/g/b(2.4GHz帯)
WiMAXハイパワー
×
ビームフォーミング
NFCタッチ接続
×
スマホ確認・設定
簡単引越し
メーカー
HUAWEI
NECプラットフォームズ

オススメのルーターの機種

WiMAXでは持ち運びに便利なモバイルルーターがとくに人気です。

上記でご紹介した2機種のなかでもオススメなのが、最新機種であるW06です。 W06なら下り最大1.2Gbpsという高速通信対応で、データ容量の大きな動画でもサクサク視聴できます。

ただし、以下の条件を満たした場合のみ最大通信速度1.2Gbpsが期待できます。

  • ハイスピードプラスエリアモード
  • 東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリア
  • USB3.0以上のType-Cケーブルで有線接続
  • ハイパフォーマンスモードで4×4MIMO設定をON

無線接続の場合は、下り最大867Mbpsです。

また高性能ハイモードアンテナが搭載されたことでアンテナ感度が向上し、これまでつながりにくかった場所でも安定した通信速度で接続できるようになったのもメリットです。

バッテリーだけで考えるとWX05も魅力的ですが、W06には通信速度と省電力のバランスを3つのモードから選択できるパフォーマンス設定が搭載されているので、長時間使用したい外出時などでも安心です。

WiMAXの契約プランで比較

WiMAXの契約プランは基本的に以下の2種類です。

  • 通信量7GBの「通常プラン」:3,609円(税抜)
  • 通信量無制限の「ギガ放題プラン」:4,263円(税抜)

上記に記載した料金はGMOとくとくBBを参考にしたものですが、1,000円近く差が出ています。では、どちらのプランを選べばよいのでしょうか。

契約プランの種類

2つのプランの大きな違いは、月間で使用できる通信量にあります。

とはいっても、自分がどれだけの通信量を使用するのか把握できていない人もいるかもしれません。データを見てみると、実はほとんどの人が、そこまで多くの通信量を使用しません。

スマートフォン・MVNOの月額利用料とサービス利用実態(2015年12月) - 株式会社MM総研引用:株式会社MM総研調べ|スマートフォン・MVNOの月額利用料とサービス利用実態

上記のMM総研が実施したアンケート調査結果によると、スマートフォンの月間通信量は50%以上が3GB以下の使用量であることが分かっています。しかし、これはモバイル通信のみの調査結果のため、スマホやパソコン、タブレット、ゲーム機など複数の機器との接続を考えている人はギガ放題プランがオススメです。

また、通常プランの上限通信量である7GBで利用できるサービスの目安は以下の通りです。

メールの送受信
およそ14,630通(1通あたり500KB)
ホームページの閲覧
およそ24,430ページ(1ページあたり300KB)
動画の視聴
およそ31時間30分(1分あたり4MB)
音楽のダウンロード
およそ1,750曲(1曲あたり4MB)

参考:[モバイルデータ通信]「7GB」のパケット通信量でどのようなことができますか?|ソフトバンク

初月は7GBの通常プランで契約してみて、どうしても足りないと感じるようなことがあれば、途中で通信量無制限のギガ放題プランに変更するといったこともできます。

また決められた容量を超えても追加料金は発生しませんが、速度制限がかかります。 通常プランは月間7GBを超えると「最大128Kbps」、ギガ放題プランは3日間で10GBを超えると「1Mbps程度」という速度になってしまうため注意が必要です。

各契約プランの比較表

2つの契約プランを一覧表でまとめてみましたので、ご自分にとってどちらがマッチしているかチェックしてくださいね。

  通常プラン ギガ放題プラン
月額料金(プロバイダによって異なる)
月額2,726円〜
月額3,411円〜
ハイスピードモード利用(WiMAX2+回線)
月間7GBまで
使い放題
ハイスピードプラスエリアモード利用(au 4G LTE回線)
月間7GBおよび3日間で10GB ※超過後の速度制限は最大128Kbps
制限後の通信速度
最大128Kbps
1Mbps程度(3日間で10GB超えた場合)

オススメ契約プラン

通常プランとギガ放題はどちらの契約ブランを選ぶのが無難なのでしょうか。決め手となる基準はいくつかありますが、そのなかでも重視したいのが速度制限です。

WiMAXでは一定の使用量を超えると速度制限にかかってしまいます。具体的には以下の3パターンです。

  • 通常プラン|月間で7GB(最大128kbpsの速度制限)
  • ギガ放題プラン|3日間で10GB(1Mbps程度の速度制限)
  • 4G LTE利用時両プラン共通|月間で7GB (最大128kbpsの速度制限)

少し厳しいように感じますがギガ放題プランであれば、日常的な利用なら速度制限を気にする必要はありません。

しかし、7GBの通常プランのおける最大128kbpsの速度制限は一般的なWebサイトの検索だけでも約5秒かかってしまうなど、ストレスを感じるシーンも多いでしょう。

「7GBの通常プランだと容量が足りないかも……」と感じているのであれば、月々の通信量が無制限で使えるギガ放題プランに切替えることをオススメします。

プロバイダで比較

失敗しないWiMAX選びの決め手はプロバイダといっても過言ではありません。

WiMAXはプロバイダによって回線や速度は変わりませんが、月額料金やキャンペーンは各社違います。どのプロバイダがいいか比較するなら、料金割引やキャッシュバック額を加味した実質料金でチェックしてみましょう。

主要プロバイダ7社の月額料金、キャッシュバックキャンペーンのほか、多くのWiMAXユーザーが選ぶギガ放題プランで3年間利用した場合の実質料金を一覧表でまとめてみました。

■料金の比較条件

  • 最新機種W06を使用
  • ギガ放題プラン
  • クレジットカード払い
プロバイダ 月額料金 キャッシュバック 3年間実質料金
GMOとくとく
BB(CB)
1か月目~2か月目:3,609円
3か月目~36か月目:4,263円
34,500円
120,660円
GMOとくとく
BB(割引)
1か月目~2か月目:2,170円
3か月目~36か月目:3,480円
2,000円
123,660円
JPWiMAX
1か月目~3か月目:2,800円
4か月目~24か月目:3,500円
25か月目~36か月目:4,100円
10,000円
124,100円
Broad WiMAX
1か月目~2か月目:2,726円
3か月目~24か月目:3,411円
25か月目~36か月目:4,011円
0円
131,626円
So-net WiMAX
1か月目~12か月目:3,380円
13か月目~36か月目:4,379円
0円
148,656円
UQ WiMAX※
3,880円
3,000円
154,680円
BIGLOBE WiMAX※
1か月目~3か月目:2,980円
4か月目~36か月目:3,980円
7,000円
155,480円

※2020年1月時点での料金です。
※別途事務手数料3,000円がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)
※1:別途端末料金がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

さらにプロバイダ各社の特徴や違いをご紹介していきますよ。自分のニーズに合ったプロバイダを選びましょう。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB WiMAXでは2020年1月時点で最大34,500円のキャッシュバックか、月額料金割引キャンペーンを選べます。

実質料金はWiMAXプロバイダでもっとも安く、キャッシュバックキャンペーンを選んで契約した場合、3年間で支払う額は120,660円です。ただし、キャッシュバックの受け取りは契約から11か月後に申請手続きを行い、約1年後に振り込まれます。

すぐに特典を受けたい方や手続きが面倒だと感じる方は、月額割引キャンペーンを選びましょう。

また、WiMAX料金の支払いで毎月100ポイントのGMOポイントが付与され、1ポイント1円で月額料金の割引や、GMOサービスの利用ができるのは大きなメリットです。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

Broad WiMAX

Broad WiMAXの魅力は、何といっても月額料金の安さです。

Webからの申し込みで初期費用18,857円の全額割引キャンペーンだけでなく、他社プロバイダからの違約金無料・乗り換えキャンペーンなど、お得な特典が盛りだくさんです。

キャッシュバックキャンペーンは行っていないものの、通常プランの月額料金が2,726円、ギガ放題プランは3,411円となっています。

Broad WiMAX 月額料金引用:Broad WiMAX

キャッシュバックはありませんが、安い月額料金でお得にWiMAXが利用できるのは大きなメリットに感じるのではないでしょうか。

Broad WiMAXの申し込みはコチラから

Broad WiMAX

JPWiMAX

JPWiMAXは2018年サービス開始と比較的新しいプロバイダで、ギガ放題プランの月額料金が3,500円と安く契約できるのが魅力です。

JPWiMAX 月額料金割引引用:JPWiMAX

また、Amazonギフト券総額10,000円分のキャッシュバックキャンペーンが実施されており、利用開始後すぐに受け取りが可能なのも大きなメリットのひとつです。

ただし、月間7GBの通常プランは取り扱っていません。

JPWiMAXの申し込みはコチラから

JPWiMAX

So-net WiMAX

So-netは、大手らしくサポート体制が充実しています。

24時間年中無休で電話サポートの対応が行われているだけでなく、カスタマーサポートの品質も評判が良いため、安心してWiMAXを利用できるでしょう。

また、2020年1月現在、3年契約限定で月額利用料金の大幅割引キャンペーンが実施中で、3年間実質総額で1~2万円が割引されるのも大きなメリットです。

So-net WiMAXの申し込みはコチラから

So-net WiMAX

UQ WiMAX

UQ WiMAXなら、WiMAXのさまざまな不安や悩みを解消してくれます。

WiMAXを15日間無料でお試しできるレンタルサービス「Try WiMAX」を行っており、契約前に通信状況やサービスエリアなどを確認できます。

UQWiMAXの申し込みはこちらから

UQWiMAX

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXは契約期間が1年で、契約から12か月後以降はいつ解約しても違約金がかかりません。もし、1年以内に解約しても違約金が1,000円なので長期間WiMAXを利用する可能性が低い方も安心です。 

クレジットカード払いだけでなく、口座振替支払いや銀行引き落としにも対応しています。

BIGLOBEは大手で信頼度も高いプロバイダのひとつです。問い合わせサポート体制が充実しており、電話問い合わせにも土日を含む毎日対応してくれるのも魅力です。

BIGLOBE WiMAXの申し込みはコチラから

BIGLOBE WiMAX

料金以外にプロバイダの違いはある?

では、プロバイダ選びの基準に料金以外のポイントはあるのでしょうか。

すべてのプロバイダでは共通して、UQコミュニケーションズが管理するWiMAXの通信回線やauの4G LTE回線を使用しています。

どのプロバイダと契約しても、モバイルルーターの端末機種はもちろんのこと、サービス提供エリア、通信回線速度、速度制限などに大きな違いはありません

WiMAX契約前に抑えておきたい10のポイント

WiMAXを契約するか迷っている人もいるのではないでしょうか。

自分のライフスタイルに合うものを選ぶためには、他のモバイル回線や光回線、ADSLといった固定回線と比較して何がメリットなのかを見極めることが大切です。

実際にWiMAXを使ってみるとさまざまなメリットを感じることができます。 そこでWiMAX契約前におさえておきたい10のポイントについてご紹介します。

1.工事不要!即日利用できる!

WiMAXを利用する最大のメリットは工事不要であることです。

光回線やADSLといった固定回線だと、利用の前に工事日程を組まなければならず、必要なときにすぐに使うことができないというデメリットがあります。

WiMAXなら端末が届いたその日から使用可能です。引越しをしてもエリアサービス内なら面倒な手続き不要で、そのまま使い続けることができます。

2.通信速度が速い!

自宅内外に関係なく高速インターネットを使えるのは魅力のひとつです。

WiMAXの通信速度は条件を満たした場合、下り最大1.2Gbpsの高速通信が可能で、サクサク快適にインターネットが楽しめます。これは他のモバイル回線と比較しても高水準のスピードです。

エリアも全国主要都市の人口カバー率は、99%を超えています。地下鉄や地下街、空港などでもエリア拡大中のため、つながるエリアも年々ひろくなってきています。

3.小さく軽いのでどこでも持ち運びが可能!

通信速度は固定回線に劣るものの、WiMAXなら外出先でもインターネット接続可能です。

最新機種の「W06」だとサイズが約128×64×11.9mmで、重量も約125gとスッキリコンパクトサイズになっています。鞄の中に入れて持ち歩いても邪魔に感じることはありません。

家の中でも置き場所に困ることなく、部屋の中がスッキリします。 少し電波が悪いなと感じたらすぐに窓側へ配置して対応できる気軽さもWiMAXが選ばれる理由のひとつでしょう。

4.配線がなくお部屋がスッキリ!

固定回線を使っていると、配線が邪魔で掃除しにくいというデメリットもあります。

WiMAXは固定回線のような配線工事をする必要がなく、部屋の中がコードだらけになる心配もありません。部屋の中をいつでもスッキリ保つことが可能です。

インターネット接続するための機器は端末ひとつで完結するのも固定回線との大きな違いです。置き場所など余計な心配をすることなく利用できます。

5.複数デバイスで同時利用!

WiMAXは端末1台で複数のデバイスに接続可能です。

機種名 最大同時接続台数
W06
Wi-Fi16台 / USB1台
WX05
Wi-Fi10台 / Bluetooth3台 / USB1台

同時に接続できるデバイスの台数は使用する機種によって異なりまが、固定回線の代わりにWiMAXを使ってインターネット環境を一本化することも十分に可能です。

6.通信費用が格安!

光回線の平均的な費用は以下の通りです。

  • 戸建て:5,300円
  • マンション:4,200円

一方でWiMAXならインターネット使い放題のギガ放題プランで、GMOとくとくBB WiMAXの月額料金割引キャンペーンなら2,170円~利用でき、光回線よりも通信費用を安く抑えることができます。

また、光回線やADSLといった固定回線は工事が必要です。工事費用は15,000~25,000円と高額なため、少しでも節約をしたいという人にはWiMAXがオススメです。

7.スマホのデータプラン費用を安く抑えることができる!

スマホ料金の高さに頭を抱えている人もいるのではないでしょうか。

最近では格安スマホなど安いプランも登場しているものの、通信速度などの問題によってキャリアからの乗り換えには難色を示している人も少なくありません。

キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)の料金プランはデータ容量で変わります。

  データ容量 月額料金
ピタットプラン
~1GB
2,980円
フラットプラン20
~20GB
6,000円
データMAXプラン
無制限
8,980円

上記の図はauの料金プランの一部を参考にして作成したものです。データ無制限プランなどが登場しているものの、やはりWiMAXと比べると高くなってしまいます。

スマホのデータ容量を最小限に抑えてWiMAXを契約することで、使えるデータ容量が増えるだけでなく、月々の費用も節約できます。

8.外出時の急な仕事の対応ができる!

外出先で急にインターネット環境が必要になることは少なくありません。

スマホのテザリングでも対処可能ですが、そもそもテザリングに対応していなかったり、使いすぎるとデータ容量がすぐに超過してしまったりなどのデメリットが考えられます。

WiMAXなら持ち運び可能なので外出先でも活躍してくれます。 ギガ放題プランなら基本的に無制限で使えるためデータ容量を気にせずにインターネット接続が可能です。

9.外出先がWi-Fi利用可能スポットかどうか考える必要なし!

外出先でもインターネットにつなげる方法がWi-Fiスポットの利用です。

国内でも徐々にWi-Fi利用可能な場所は増えてきていますが、その数は決して多いとはいえません。 とくに地方ではWi-Fiスポットを探すだけで相当な時間がかかってしまいます。

WiMAXはサービスエリア範囲内であれば、いつでもどこでもインターネット接続が可能ですので、わざわざカフェなどに入ってWi-Fi接続する必要もなくなります。

10.外でもYouTubeやゲームを気にせず利用できる!

スマホ一台所有しているだけで、さまざまなことができます。 電車や待ち時間にYouTubeやゲームなどで時間をつぶすこともあるのではないでしょうか。

しかし、データ容量を気にして長時間の利用は控えている人もいるかもしれません。 このような悩みもWiMAXなら解決してくれます。

ギガ放題プランを契約すればデータ容量の心配をする必要がないため、外出先でも思う存分インターネットを利用できます。

各プロバイダのキャンペーン情報

WiMAXの料金を少しでも安くするためには、キャッシュバックキャンペーンの利用は欠かせません。各プロバイダでは独自の特典キャンペーンを定期的に行っています。

どのプロバイダで契約するのか、キャンペーンの内容から判断するのも決め手のひとつです。 2020年1月現在のキャンペーン情報をご紹介します。

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBBのキャッシュバックは2020年1月時点で、どの機種を選んでも最大34,500円です。業界でも随一の高額キャッシュバックキャンペーンを行っていますよ。

キャッシュバックを受け取るために必要な手続きは、利用開始後11ヶ月目に送られてくる「口座情報登録メール」から振込口座を登録するだけと簡単ですが、2つの注意点があります。

  • 口座情報登録メールはGMOのプロバイダで設定したアドレスに送られてくる
  • 振込口座の登録はメールが送られてきてから1ヶ月以内に行わなければいけない

これらの情報を知らずに過ごしていると、キャッシュバックが受け取れないことも十分に考えられるため、しっかりと把握しておきましょう。

また、利用開始後に以下のような行為を行った場合はキャッシュバックが受け取れません。

  • 途中解約
  • 料金の滞納

これらの注意点をしっかりと確認して、手続きをするようにしてください。

また、キャッシュバックの受け取りに不安を感じる方は、月額料金からの大幅な割引が受けられるキャンペーンも選べますよ。

GMO とくとくBBWiMAX 月額2,170円〜引用:GMOとくとくBB WiMAX

最安で2,170円という低料金でWiMAXが利用できますので、どちらがいいかしっかり吟味して決めてくださいね。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

Broad WiMAX

2020年1月時点で、Broad WiMAXで行われているキャンペーンは以下の3つです。

  • 初期費用0円!Web割キャンペーン
  • 最新機種含む全端末無料キャンペーン
  • 違約金当社負担乗換えキャンペーン

端末代金無料キャンペーンは、他のプロバイダでも実施しているところもあります。しかし、他社のWiMAXプロバイダやソフトバンクエアーの解約違約金を最大19,000円まで還元するキャンペーンは、BroadWiMAX独自の特典ですよ。

また、BroadWiMAXの初期費用0円キャンペーンは適用条件として「クレジットカード払い」でお申込み、「指定オプションサービスに初回加入」した場合のみとなっています。

Broad WiMAXの申し込みはコチラから

Broad WiMAX

JPWiMAX

JPWiMAXのキャッシュバックは、Amazonギフト券総額10,000円です。現金ではありませんが、他のプロバイダと比較してキャンペーン特典の受け取りが早いのが特徴といえます。

受け取り方法は、端末に同梱されている契約IDを申請URLに入力するだけです。そのため、複雑な手続きが原因でキャッシュバック受け取りに失敗する心配もありません。

JPWiMAXの申し込みはコチラから

JPWiMAX

So-net WiMAX

So-net WiMAXのホームページまたは電話から申し込んだ人を対象に、月額大幅割引キャンペーンが実施されています。

対応機器は以下のとおりです。

  • Speed Wi-Fi NEXT W06
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05
  • Speed Wi-Fi HOME L02
  • WiMAX HOME 01

割引額はこちらをご覧ください。

So-netWiMAX 月額料金引用:So-net WiMAX

So-net WiMAXの申し込みはコチラから

So-net WiMAX

UQ WiMAX

WiMAXの提供元であるUQ WiMAXでは、大幅な料金割引や高額キャッシュバックは実施していませんが、auのスマホや携帯電話とのセット割が適用できます。

auスマートバリューmineはauの携帯電話契約のプランによって、月に500円~1,000円の割引が受けられますよ。

また、auの格安スマホキャリア・UQmobileとも「ギガMAX月割」が適用できます。

UQWiMAXの申し込みはこちらから

UQWiMAX

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBEでは端末代金がかかるかわりに、端末の購入者に向けて7,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

契約の翌月にはキャッシュバックの申請用メールが届き手続きができますので、すぐに特典を受け取れますよ。

BIGLOBE WiMAXの申し込みはコチラから

BIGLOBE WiMAX

まとめ

WiMAXの契約で失敗しない選び方のポイントは以下の3つです。

  • プロバイダ
  • WiMAXの契約プラン
  • ルーターの機種

この中でも最重要ポイントはプロバイダ選びです。各プロバイダの特徴や違いをしっかりと見極めなければならず、ただ料金が安いだけで選ぶと大きく損をすることもあります。

本当に自分にとって魅力的なプロバイダはどこなのかをしっかりと判断して、お得にWiMAXを契約してください。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

  関連記事

 - インターネット完全ガイド, ネットまるごと完全比較