サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

ポケットWi-Fiはソフトバンクで使うべき?安く利用する方法は?

ソフトバンクは、携帯電話だけではなくポケットWi-Fiのサービスも運営しています。しかし、携帯電話サービスの宣伝のほうが印象的で「ポケットWi-Fiサービスにはついてはよくわからない」という方もいるでしょう。

ソフトバンクのポケットWi-Fiにはデータ容量に限りがありますが、3大キャリアと比べると利用料金は高くありません。動画をあまり見ない人にとっては魅力的なポイントです。

ただし条件によっては他社の方が安い場合もありますので、ほかのポケットWi-Fiと比較してから契約しましょう。

ここではソフトバンクのポケットWi-Fiの料金やサービスの特徴についてご紹介します。

他社と比較することで、ソフトバンクのメリット・デメリットも見えてきます。自分に最適かどうかチェックしてみましょう。

ソフトバンク ポケットWi-Fiへの申し込みはコチラから

ソフトバンク ポケットWiFi

ソフトバンクの料金は高くないが容量に制限あり

ソフトバンクのポケットWi-Fiサービスには、以下2種類のプランがあります。

ただし、スマ放題Wi-Fiルータープランは2019年9月12日に新規受付を終了しています。

  • スマ放題Wi-Fiルータープラン(2019年9月12日に新規受付終了)
  • データし放題プラン

スマ放題Wi-Fiルータープランは、ソフトバンクのスマホありきのプランです。親となるスマホ回線で契約中のプランのデータ容量をポケットWi-Fiと共有します。

ポケットWiFi ソフトバンク引用:ソフトバンク データシェアプラス

ただし、スマ放題Wi-Fiルータープランが利用できるのはソフトバンクでスマホ回線を契約している場合に限ります。

ドコモやauの携帯を契約している人は、Wi-Fiルーターだけの「データし放題プラン」しか申し込みできません。 どちらのプランも「放題」とついていますが、使い放題にはなりません。

プランで決まっているデータ容量を使い切ると、更新日が過ぎるまで通信制限がかかります。

データし放題プランの場合は「毎月7GBまで」しか利用できません。7GBを使いきると月末の更新日が過ぎるまで低速のままです。

通信制限を受けると、最大通信速度が128Kbpsまで落ちてウェブサイトを見ることすら困難になります。

データ容量を気にせずにWi-Fiを使いたい人は、ほかのモバイルルーターを検討してみましょう。 ただし、ワイモバイルでポケットWi-Fiを契約しても、WiMAXで無制限プランであるギガ放題を契約しても、3日間で10GBの速度制限は存在します。

速度制限がまったくない、完全無制限のポケットWi-Fiを契約したいなら、どんなときもWiFiがオススメですよ。

どんなときもWiFiについてはのちほど、広いエリアで完全無制限で使える「どんなときもWiFi」の項目でくわしく紹介します。

ソフトバンクのポケットWi-Fiを、他社のモバイルルーターと比較してみましょう。

事業者 機種名 最大通信速度
ソフトバンク
802ZT
下り988Mbps上り:37.5Mbps
ドコモ
HW-01L
下り:1,288Mbps上り:131.3Mbps
au
W06
下り:1,237Mbps上り:75Mbps
WiMAX
W06
下り:1,237Mbps上り:75Mbps
どんなときもWiFi
D1
下り:150Mbps上り:50Mbps
縛りなしWiFi※
以下の4つからランダムで提供される。
・603HW
・W04
・WX05
・502HW
【603HW】下り:612Mbps上り:37.5Mbps
【W04】下り:440Mbps上り:37.5Mbps
【WX05】下り:440Mbps上り:75Mbps
【502HW】下り:187.5Mbps上り:37.5Mbps

ソフトバンクのポケットWi-Fiでもストレスなくウェブサイトやネット動画を見られますが、より高速通信を利用したいのであればWiMAXやドコモもオススメです。

ソフトバンクのポケットWi-Fiを利用するメリットは?

他社のモバイルルーターと比較すると、ソフトバンクのポケットWi-Fiは使い放題ではないので魅力は低くなります。しかし、動画をあまり見ないのであれば7GBを使い切る心配がありません。

用途別に7GBで利用できるインターネットの目安をまとめました。

用途 目安 1日ごとに利用可能な目安
高画質のネット動画の再生
約15時間
約5時間
標準画質のネット動画の再生
約40時間
約13時間
LINEの音声通話
約400時間
約133時間
LINEのビデオ通話
約30時間
約10時間
メールの送受信
約20,000通
約6,666通
ホームページの閲覧
約66,000回
約22,000回

ホームページを見たり、メールやLINEのメッセージを送ったりがメインであるライトユーザーの人であれば、ソフトバンクのプランで十分でしょう。

月に利用できるデータ容量が7GBまででも速度制限を受けるリスクが低いので、ソフトバンクのポケットWi-Fiを利用すると以下のコスト面でのメリットが受けられます。

  • 3大キャリアのなかでも料金が安い
  • SoftBank光との併用でおうち割光セットが受けられる

3大キャリアの中では料金が安い

auやドコモの料金と比較すると、ソフトバンクのポケットWi-Fiは安く設定されています。

キャリア プラン 利用可能データ量 月額料金
ソフトバンク スマ放題Wi-Fiルータープラン
親回線となるスマホの契約プランに準ずる。
980円
(親回線となるスマホの契約が必要)
データし放題プラン
7GB/月
3,696円
ドコモ
ギガライト
1GB~7GB/月
(利用したデータ容量で請求額が変わる)
1GB:2,980円
3GB:3,980円
5GB:4,980円
7GB:5,980円
ギガホ
30GB/月
6,980円
au WiMAX2+ フラット for DATA EX
無制限
4,380円

「動画をあまり見ない人」や「ウェブサイトの閲覧がメイン」の人向けという条件こそありますが、携帯電話と請求を一緒にできるメリットもあります。

通信関係の契約は、大手キャリアでまとめたいというこだわりがあるのであれば、ソフトバンクの料金プランは魅力的です。

おうち割 光セットの割引がある

ソフトバンクの光回線「SoftBank光」とポケットWi-Fiをセットで契約した場合「おうち割光セット」が適用されます。契約を切るまで、端末利用料金から毎月1,000円分が割引されます。

「自宅では固定回線」「外ではモバイルルーター」という使い分けを考えている人は、ソフトバンクのポケットWi-Fiを選ぶと費用面でお得になるのでオススメです。

ポケットWi-Fiセット割があったが現在は受付終了

ソフトバンクのスマホユーザーがソフトバンクのポケット Wi-Fiを利用すると「ポケットWi-Fiセット割」が受けられるメリットがありました。

ポケット Wi-Fiセット割を受けるとWi-Fiルーターの基本料金が永年毎月1,008円割引されますが、2019年9月12日に新規受付を終了しています。

ソフトバンクよりもお得にポケットWi-Fiを利用するためのポイント

ソフトバンクよりも快適でお得なポケットWi-Fiを利用するためには、以下3つのポイントをおさえておきましょう。

  • 無制限で利用できるプランにする
  • 料金が安いところにする
  • 最新機種で契約する

ライトユーザー向けでもソフトバンクより料金が安い事業者がありますので、他社と比較するのがオススメです。それでは、それぞれのポイントについて解説していきましょう。

無制限で利用できるプランにする

ソフトバンクのポケットWi-Fiには、月間データ容量が7GBまでと制限とされています。そのため、ソフトバンクのポケットWi-Fiがオススメできる人は「動画をあまり見ない」ライトユーザーに限られます。

データ量の消費を気にせず快適にモバイルルーターを使いたいのであれば、無制限プランのあるサービスを利用したほうがいいでしょう。

料金が安いところにする

ソフトバンクのポケットWi-Fiは3大キャリアの中では料金が安いものの、ほかのポケットWi-Fiにはさらに料金が安く設定されているものもあります。 そのため、ヘビーユーザーとライトユーザーのどちらであっても、より料金が安いところを選んだほうがお得です。

ソフトバンクより料金が安いポケットWi-Fiは後ほどご紹介します。

最新機種で契約をする

ソフトバンクよりも快適なポケットWi-Fiを利用するためには、他社で最新機種を契約しましょう。

最新機種のWi-Fiルーターなら通信速度やバッテリーの性能が高く、満足に利用できる可能性が高くなっています。

また、ポケットWi-Fiを利用する際は「端末代が0円」になるかどうかも重要なポイントです。

料金がお得なポケットWi-Fiを比較!

ソフトバンクよりも快適でお得なポケットWi-Fiを探すために、主要サービスである10社の以下6項目を比較表にまとめました。

  • 最大通信速度
  • 月額料金
  • データ通信量
  • 対応エリア
契約先 通信速度 月額料金 データ利用量 対応エリア
ドコモ
Wi-Fi STATION
下り最大:1,288Mbps
上り最大:131.3Mbps
6,980円
30GB
ドコモ
LTEエリア
au WiMAX
下り最大:1,200Mbps
上り最大:75Mbps
4,380円
無制限※1
WiMAX2+
auLTEエリア
ソフトバンク
PocketWiFi
下り最大:988Mbps
上り最大:37.5Mbps
3,696円
7GB
SoftBank
LTEエリア
ワイモバイル
PocketWiFi
4,380円
無制限※1
UQ WiMAX
下り最大:1.2Gbps
上り最大:75Mbps
3,880円
無制限※1
WiMAX2+
auLTEエリア
GMOとくとくとく
BBWiMAX(CB)
1か月目~2か月目:3,609円
3か月目~36か月目:4,263円
Broad WiMAX
1か月目~2か月目:2,726円
3か月目~24か月目:3.411円
25か月目~:4,011円
BIGLOBE WiMAX
1か月目~3か月目:2,980円
4か月目~36か月目:3,980円
どんなときもWiFi
下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
1か月目~24か月目:3,480円
25か月目~:3,980円
完全無制限
ドコモ・au
SoftBank LTEエリア
縛りなしWiFi
下り最大:612Mbps
or 440Mbps
上り最大:37.5Mbps
or 75Mbps
3,300円
無制限※2
WiMAX2+もしくは
SoftBank LTEエリア

※価格は税抜

※1:3日間で10GB以上通信すると速度制限あり

※2:1日で2GB以上通信すると速度制限あり

今はどのポケットWi-Fiも対応エリアが全国規模なので「料金の安さ」と「月間データ使用量」が比較のポイントです。

他社のポケットWi-Fiはソフトバンクより料金が安くデータ容量に制限がないので、お得なうえに快適にWi-Fiを利用したい人にオススメです。

安く利用したいならオススメのWi-Fiサービス5選

料金の安さと月間データ使用量を基準にすると、以下の「WiMAXのプロバイダ3社」と「ポケットWi-Fiのレンタルサービス2社」がオススメです。

WiMAXを最安値で利用できる「GMOとくとくBB」

とにかく利用料金の安さを求めたいのであれば、最有力の選択肢はWiMAXプロバイダのひとつ「GMOとくとくBB」です。

2020年1月の時点で最大34,500円キャッシュバックを開催中のため、WiMAXの実質利用料金が最安値です。

GMOとくとくBBで利用するポケットWi-Fiは「WiMAX」です。通信速度も速く使い放題なので、快適さも申し分ありません。

GMOとくとくBB WiMAXへの申し込みはコチラから

キャッシュバックキャンペーン

乗り換え時の違約金を負担してもらえる「Broad WiMAX」

すでにどこかのプロバイダでポケットWi-Fiを利用している場合は「Broad WiMAX」がオススメです。

Broad WiMAXは、他社のポケットWi-Fiから乗り換えるときの違約金を19,000円まで負担してくれます。そのため、費用をかけずに使い放題のWiMAXに契約できます。

さらに月額割引サービスを開催しているので、ソフトバンクよりも低料金でポケットWi-Fiを利用できる点も魅力です。

Broad WiMAXの申し込みはコチラから

Broad WiMAX

口座振替に対応している「BIGLOBE WiMAX」

クレジットカードを持っていない人、現金主義の人には「BIGLOBE WiMAX」がオススメです。

キャッシュバックや割引を開催しているWiMAXのプロバイダは、クレジットカード払いにだけに対応しているところばかりです。口座振替払いにすると、2万円近い初期費用が発生する会社もあります。BIGLOBE WiMAXは、初期費用が高額にならない口座振替対応プロバイダです。

利用料金の安さはGMOとくとくBBやBroad WiMAXと比べると劣りますが、ソフトバンクとほぼ同等の料金で「無制限」利用できます。

そのため、クレジットカード払いができない人やしたくない人にオススメのプロバイダです。

BIGLOBE WiMAXの申し込みはコチラから

BIGLOBE WiMAX

広いエリアで完全無制限で使える「どんなときもWiFi」

通信速度の速さよりも利用料金の安さを重視したいのであれば「どんなときもWiFi」も候補に入れておきましょう。

どんなときもWiFiは大手キャリア3社の回線を使えるので広いエリアで利用でき、データ容量も完全無制限です。

利用料金もソフトバンクより安く設定されています。そのため、どんなときもWiFiは「データ量」「受信エリア」「料金」どれも魅力的なサービスを提供しているプロバイダといえます。

どんなときもWiFiへの申し込みはコチラから

どんなときもWiFi

契約期間を気にせず利用できる「縛りなしWiFi」

利用料金の安さを重視したいのであれば、縛りなしWiFiもチェックしましょう。

縛りなしWiFiは名前のとおり「契約期間の縛りが無い」うえに、格安料金で利用できます。 利用できる回線は「WiMAX」か「ソフトバンク」のどちらかで提供されるルーターで決まりますが、基本的に利用したい回線やルーターは指定できません。

しかし、WiMAXとソフトバンクどちらも提供エリアが広いので、都心部から地方の人までが利用できるサービスです。

またソフトバンクにこだわっていた人にとっては、リーズナブルにポケットWi-Fiが利用できる別の手段となるでしょう。

縛りなしWiFiへの申し込みはコチラから

縛りなしWiFi

まとめ

ソフトバンクのポケットWi-Fiは、大手キャリアよりも利用料金が安いのが魅力です。しかし、利用できるデータ容量が「毎月7GB」までと厳しい制約があり、超えてしまうと月末の更新まで低速の制限がかかります。

動画を頻繁に視聴していると、すぐに制限がかかるデータ容量です。 データ容量に制限なく使いたい場合は、無制限プランのあるポケットWi-Fiにしましょう。

ご紹介したプロバイダーのなかには、ソフトバンクよりもお得に利用できるサービスもあります。

自分の条件や目的に合わせたWi-Fiサービスを選ぶことで、快適な通信環境を手に入れられるでしょう。

ソフトバンク ポケットWi-Fiへの申し込みはコチラから

ソフトバンク ポケットWiFi

  関連記事

 - インターネット完全ガイド, ネットまるごと完全比較