サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

完全無制限「Mugen WiFi」は本当にオススメ?もっともお得に契約する全手順

イメージ

「Mugen WiFi」は、データ量上限・通信制限のない「完全無制限」のモバイルWiFiです。

月額料金は他社と比較してもお得な上に、高画質の動画がスムーズに視聴できるほど、通信速度の快適性が保たれています。

通信制限のある従来のWi‐Fiのストレスから解放されたい人は、Mugen WiFiであれば、きっと満足できるはずです。

今回は、Muugen WiFiのメリットや料金プランをはじめ、使い心地や注意点についても、詳しく解説します。

◆2020年4月最新情報

2020年4月現在、Mugen WiFiはコロナウイルス感染拡大の影響を受けており、新規受付を中止しています。

今すぐにポケットWiFiが必要な人は、3日で10GBの速度制限はありますが、キャッシュバックがもらえるWiMAXがおすすめですよ。

最大34,700円キャッシュバック!GMOとくとくBB WiMAX

Mugen WiFiは「完全無制限」のモバイルWiFi!

Mugen WiFiは通信が完全無制限のモバイルWiFiです。しかも、月額料金が業界最安クラスなのです。

Mugen WiFiには、高機能の機種G4の「アドバンスプラン」と、月額料金が安い機種U2sの「格安プラン」の二種類が用意されています。それぞれの機種の基本情報を以下の表にまとめました。

【Mugen WiFiの機種の基本情報】

 

アドバンスプラン 格安プラン
月額料金 3,880円 3,280円
機種名 G4 U2s
重量 88g 149g
カラー ブラック グレー
搭載機能 21ヶ国語の翻訳機能
充電器機能
なし
最大速度

下り:150Mbps
上り:50Mbps

連続稼働時間

約12時間
接続可能台数 最大5台
ブランド uCloudlink

月間データ量上限・通信制限がない!

Mugen WiFiのもっとも大きなメリットとして、月間データ量の上限がなく、通信制限がほぼ行われないことが挙げられます。

たとえば、WiMAXの速度制限は、「3日間で10GB以上」通信すると、「その翌日の18時頃から翌2時頃まで」、「おおむね1Mbpsの速度制限」が行われる、となっています。

10GBとはどれくらいの通信量かといいますと、高画質(HD)のYouTubeを約13時間視聴できるくらいです。半日ほどYouTubeを見続ければ、意外と簡単に超えてしまいます。

一方、Mugen WiFi の公式ホームページでは、次のような利用はなるべく控えてほしいという記述があるのみです。

・長時間の動画コンテンツの視聴やオンラインゲームのご利用
・大容量のダウンロード
・長時間のネット通話
・高解像度動画などの視聴
・複数機器の常時接続

参考:Mugen WiFi 公式HP

ただし上記のような利用をしていても、常識外の大容量のデータを通信しますと、約384Kbpsに速度制限されます。

しかし、WiMAXのように具体的な数値が規定されていない分、よほどのデータ量を使用しない限り、ほとんど通信制限は行われないと考えてよいでしょう。

業界最安値の月額料金

Mugen WiFiは格安プランですと、データ量無制限で月額3,280円と他の無制限WiFiと比べても業界最安級です

とはいえ、Mugen WiFiは非常に安く、オススメのモバイルWiFiです。

高画質動画の再生も問題ない実測速度

では、通信速度についてはどうなのでしょうか?公式データでは、下り150Mbps、上り50Mbpsとなっています。

実際はどうなのかを、さまざまな回線の実測値が集まる「みんなのネット回線速度」でみてみましょう。

平均Ping値 下り平均速度 上り平均速度
59.65ms 16.87Mbps 10.26Mbps

※2020年4月執筆時、245件の平均値

引用:みんなのネット回線速度

この中で最も重要なのは下り速度です。

Mugen WiFiの平均下り速度の16Mbpsだと、高画質動画も問題なく視聴できるレベルです。

海外でもそのまま使える

Mugen WiFiのメリットとして、海外でもそのまま使えるという点です。

使った日数分だけ料金がかかるので、使わない日があっても損することはありませんよ。

料金設定は次の通りです。

・アジア/ヨーロッパ/アメリカ/オーストラリア
1,200円/日

・中東/アフリカ/南米
1,600円/日

注意点として、海外で使用するときは高速で通信できるのは1日1GBまでです。

1GBを超過すると348Kbpsの速度制限になることは覚えておきましょう。

一般的なレンタルWiFiの場合、1日の利用料金以外にも補償プランやオプションの充電器やアダプタなどオプションだけで1,500円を超えるものが多いです。

しかも、訪問国や返却する場所、データ量などによっては、レンタル料がさらに跳ね上がることもあります。

他社と比較したとき、Mugen WiFiを海外で使うのは、手間がないことがわかりますね。

Mugen WiFiの料金プランを競合他社と比較!

Mugen WiFiの月額料金は他社と比べるとどうなのでしょうか?

Mugen WiFiも含め、多くのモバイルWiFiには2年間の契約期間が設定されており、その期間内に解約すると解約料がかかります。

2年間使う場合の、初月の事務手数料3,000円や割引などのキャンペーンを考慮した一ヶ月の実質料金を、さまざまな回線と比較してみました。

【他社との実質月額料金比較】

月額料金 2年間の
実質月額料金
備考
Mugen WiFi 3,280円 3,405円  
WiMAX 0~2か月目:2,726円
3~24か月目:3,411円
3,451円 25か月目以降:4,011円
どんなときもWiFi

3,480円

3,605円  
よくばりWiFi

3,450円

3,609円 事務手数料3,800円
めっちゃWiFi 3,480円 3,605円  
限界突破WiFi 3,500円 3,625円  

※料金はいずれも税抜き価格

※事務手数料はよくばりWiFiのみ3,800円、その他3,000円

長く使うなら、Mugen WiFiがもっともオススメといえるでしょう。

上記の表では、WiMAXが25ヶ月目以降に月額料金が上がります。

料金の面では以上のようなご案内になりますが、とはいえ、端末のスペックや通信速度、利用可能エリアなどを比較することも大切です。

Mugen WiFiで気をつけたい注意点

Mugen WiFiは無制限で使えて通信速度も十分です。さらに月額料金が最安級のオススメできるモバイルWiFiです。

しかし、Mugen WiFiを使う際に、気をつけたい点もあります。ここでは、Mugen WiFiの注意点についてご説明しますので、あらかじめ確認しておいてください。

支払い方法はクレジットカードにのみ対応

Mugen WiFiの支払い方法は、クレジットカードのみです。

銀行振り込みには対応していませんので、クレジットカードをお持ちでない方は、事前に用意しておく必要があります。

なお、銀行振り込みに対応しているモバイルWiFiサービスは、以下のとおりです。

・WiMAX(プロバイダはBIGLOBE、Broad WiMAX、UQ WiMAX)
・Y!mobile
・docomo
・au
・Softbank

このように、銀行振り込みに対応しているのは、モバイルWiFiの中では大手のWiMAXか、大手キャリアのドコモやソフトバンクなどです。

そしてこれら大手のサービスは、おおむね月額料金が高く、料金的に考えるとBIGLOBEくらいしかオススメできません。

どうしても銀行振り込みで支払いたい方は、上記のプロバイダより選択することになりますが、格安のモバイルWiFiを使いたい場合は、クレジットカードを用意しておくほか手はなさそうです。

すぐに端末が届かない場合がある

Mugen WiFiはその安さと使いやすさから人気が高く、しかも、申し込んだら即日配送手続きが行われます。すぐに使い始められるのも、Mugen WiFiの大きな魅力です。

ただし、その人気の高さのために在庫切れを起こすことが多く、端末がなかなか手元に届かない事態も発生しています。

最近では、Twitterの書き込みでもわかるように、2019年12月に在庫切れが発生しました。

また2020年2月にも、新型コロナウィルスにより入荷が遅延しているため、在庫不足が発生しています。

Mugen WiFiは原則的に即日発送されるため、在庫があればすぐに端末が届きます。

しかし、在庫不足の場合は、機種が入荷するのに時間がかかり、なかなか届かないこともありますのでご注意ください。

Mugen WiFiでは30日間無料お試しを実施中!

Mugen WiFiには、30日間無料お試し制度を設けています。

WiFiは環境に左右されやすいため、正式な申し込みをする前にぜひお試し制度を利用してみてください。使い勝手や通信速度について、実際に試すことは大切です。

いくら公式データで通信速度や機能を公表されていても、使い勝手はわかりません。

ぜひ30日間お試し申し込みページからお申し込みください。

Mugen WiFi 30日間お試し申し込み

正確には30日間無料で使えるのではなく、申し込みしてから30日以内に解約すれば全額返金されるサービスです。

全額返金の条件は以下のとおりです。

  • 申し込み日から30日以内に解約申し込みする
  • 問い合わせフォームに安心全額返金保証を希望する旨を記載し、「解約理由」「決済番号」を入力する
  • 返品時の「発送日時」が「申し込み日」から30日以内であること
  • Mugen WiFiの利用が初めてであること
  • 海外で利用した場合、海外での利用料金は発生する
  • 50GBを超える利用があった場合、9,000円の解約費用が発生する
  • 端末未返却の場合、翌月から24ヶ月分×1,000円の端末費用が発生する

なお、全額返金申請を受理された場合、端末の返却処理手数料が1,000円かかります。また、返却の際の送料は、申し込み者側の負担です。

30日間無料お試しの注意点

正確には30日間完全無料で試せるわけではなく、「手数料1,000円+端末の送料」がかかりますのでご注意ください。

さらに注意したいのが、30日間お試しを利用して全額返金してもらう際には、必ず30日以内に発送する必要があるという点です。

1日でも期間を過ぎれば解約できず、2年契約がスタートしてしまいます。そこで解約すると1年未満の解約となり9,000円の解約費用が発生するのです。

解約するつもりなら、申し込み日から計算していつまでに解約すべきかを、あらかじめ確認しておきましょう。

Mugen WiFiのユーザー評判は?

Mugen WiFiを実際に使っているユーザーは、どのような感想なのでしょうか?

Twitterで「Mugen WiFi」と検索した結果から、いい口コミや悪い口コミについて調べてみましたのでご紹介します。

いい口コミ

やはり、料金が安いという口コミが多いです。また、通信速度については、ものすごく速いという感想は少ないものの、これくらい出ていれば問題ないという口コミがみられました。

また以下のように、使い放題で月額料金が安いMugen WiFiに乗り換えを強く望んでいる方もいます。

月額料金の安さに関しては、以下のようにMugen WiFiを評価するユーザーが多いです。

この方のように、しっかりと料金比較やサービス比較をしてモバイルWiFiを賢く選べば、ご自身に合った回線に出会います。

前述の他サービスとの実質料金比較表をみてもわかるとおり、長く使い続けてもっとも安いのは、Mugen WiFiです。

通信速度が遅いという口コミが多いですが、この方は混雑する時間帯に下り23.2Mbps、上り10.4Mbps出ていれば御の字といっています。

通勤時間帯や深夜などは、どのネット回線も混雑するのは仕方がないかもしれません。そんな状況下でも最低限の速度が出ているのであれば、費用対効果を考えるとよい選択といえるでしょう。

悪い口コミ

悪い口コミには、やはり通信速度の遅さが目立っていました。

また、問い合わせ対応に対する返信の遅さへの不満もみられます。具体的な口コミをみてみましょう。

通信速度に関する書き込みに、Mugen WiFiは遅いというものもありました。時間やエリアによっては、遅い場合もあるようです。

ただしよく考えると、自宅で高画質の動画などを長時間利用したり、深夜にネットゲームで遊んだりすることが多い人でも、外出先で同じようにネット接続して遊ぶことは少ないはずです。

このような生活スタイルの場合、たとえば自宅用の固定回線と外出用のモバイルWiFiを分けて、複数のインターネット接続手段を準備しておくと、安く快適に利用できます。

キャンセル手続きをしたのに、手続きを受領した旨のメールなどがまったく届かないという書き込みを見つけました。

Mugen WiFiはその月額料金の安さなどから人気が高く、サポート対応の人員が不足しがちな側面もあるようです。

契約手続きの返信が来ない、キャンセル申請が通ったのかわからずイライラする、というユーザーもいます。

手続きに対するレスポンスが遅い場合は、メールなどで問い合わせましょう。

実際、上記の書き込みのように、メールで問い合わせたら、1時間ほどで返信がきたという方もいました。

Mugen WiFiの端末が届いたけれど、初期不良が出たという書き込みがありました。

初期不良が起こることもまれにあるのでしょう。このような場合も、すぐさま問い合わせフォームから問い合わせることをオススメします。

Mugen WiFiをもっともお得に申し込む手順

Mugen WiFiを申し込む手順について、詳しくご説明します。

1.Mugen WiFiの公式ページにアクセスする

Mugen WiFiの公式ページにある30日間お試し申し込みページから手続きします。

2.端末選択

最初に、端末を選択します。月額3,280円のMugen格安プランか、月額3,880円のMugenアドバンスプランかのどちらかを選んでください。

プランごとの詳細については、前述の「Mugen WiFiは「完全無制限」のモバイルWiFi!」をご覧ください。

3.オプション選択

以下のオプションの有無を選択します。

・Mugen補償プラン(月額500円)

端末を水没や全損した場合に、無料で新品に交換できるオプションです。

Mugen補償プランが未加入だと、新品に交換するためには20,000円かかります。

なお、初回申し込み時に加入する必要があり、途中で加入することはできないのでご注意ください。

・翌月配送予約

翌月1日からの契約です。

2020年2月現在、新型コロナウィルスによる影響で入荷が遅れているため在庫が不足しており、このオプションが強制的に選択されるようなっています。

※4月追記:Mugen WiFiの新規受付は停止中です。

4.申し込み情報①・②入力

申し込み情報①で氏名・生年月日
申し込み情報②で住所、電話番号、メールアドレスを入力します。

5.カード情報入力

最後に、支払いに使うクレジットカード情報を入力します。
あらかじめお手元にクレジットカードをご用意ください。

6.内容確認

入力した内容を確認して、問題がなければ申し込みを行います。

これで、申し込みは完了です。申し込み手続きはこのようにとても簡単で、ホームページよりいつでもできます。

店舗にわざわざ出向いて申し込みする必要はなく、フォーマットも見やすく簡潔な仕様です。

Mugen WiFiは2年以上使えば違約金なしで解約できる!

これまでみてきたように、Mugen WiFiは月額料金がお得です。一方で、契約期間の縛りや解約金などは発生するのでしょうか?

結論からいうと、Mugen WiFiは2年以上使えば、解約時の違約金は発生しません。違約金が発生する時期と、違約金の金額は以下のとおりです。

【Mugen WiFiの違約金】

解約時期 解約金 端末未返却有無と端末代金
1年未満 9,000円 端末返却が必要
未返却は契約月残数×1,600円の端末代金が発生
1~2年未満 5,000円
契約更新月以降 0円 端末返却および端末代金は不要

例として、5ヶ月で解約し、かつ、端末を返却しない場合を考えてみましょう。

まず、1年未満の利用ですので、9,000円の解約金が発生します。

さらに、解約後に端末を返却しなかった場合、契約月残数の19ヶ月×1,600円=30,400円の支払いが必要です。
合計39,400円という計算になるのです。

高額な違約金となるため、Mugen WiFiを契約するならなるべく2年以上使うことをオススメします。

また、やむを得ず契約期間内に解約する場合でも、端末代金が高額なため、なるべく端末は返却しましょう。

Mugen WiFiの解約方法

Mugen WiFiを解約する際にも、専用フォームから解約手続きを行います。手順は以下のとおりです。

1.Mugen WiFi解約申請フォーム」にアクセスする

2.「30日以内の申請」か「通常の解約」かのどちらかを選択する

3.解約の条件への同意を求められますので、「はい」を選択する

4.解約申請フォームに必要事項を入力する

5.端末の返送先を記録する

6.「送信」ボタンを押す

入力が完了し、返送先情報を記録したら、「送信」ボタンを押します。これで、解約申請は完了です。

まとめ

Mugen WiFiは月額料金がずっと変わらず、しかも3,280円という業界でも最安クラスのモバイルWiFiです。

月額料金が安いのにそのうえ、毎月のデータ使用量は無制限です。

常識外れの使い方をすれば制限されることはありますが、意外と軽く超えてしまう「3日間で10GB」のような通信制限はありません。

通信速度もまずまずという評判もあり、他回線と比較しても安くて使いやすい無制限のモバイルWiFiです。

外出先でスマホやタブレットでネットを使うことが多い、スマホの通信量が高額で困っている、などという人にオススメです。

申し込みはMugen WiFiの公式ページから簡単にできますので、興味がある方はぜひ無料お試しに申し込みをしてみてください。

  関連記事

 - スマホをもっと上手く使う