サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

WiMAXとは?無線通信でインターネット生活を充実させよう!

  /    
  ネットまるごと完全比較

いつでもどこでも快適なインターネット環境が手に入るWiMAX

WiMAXにはさまざまなサービスが存在するため、実際に契約を考えていてもどれを選べばいいのかよくわからなくなってしまう人もいらっしゃるでしょう。

そこで本記事では、WiMAXの基本からメリットや口コミ情報、WiMAXがオススメの人のタイプ、Pocket WiFiとの機能比較についてご紹介いたします。

WiMAXの契約を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

WiMAXとは持ち運べる無線インターネット!

WiMAXとは、持ち運び可能な無線インターネット回線です。

家でも出先でも、快適にインターネットが楽しめます。 それでは、WiMAXについて、まずはどういったものなのか、そしてどんな人にオススメなのかをご説明していきます。

WiMAXとは?

WiMAXとは、もともと通信規格の名前です。携帯電話で用いられている3GやLTEのような通信規格の一種です。街の中に設けられた基地局からWiMAXの端末が電波を受け取り、PCや携帯電話とWi-Fi接続をします。

WiMAXは通信規格名でしたが、端末の商品名としても用いられるようになったため、通信機器の一種という認識が広がりました。

WiMAXはこんな人にオススメ!

WiMAXは「外出先でインターネットを使う人」や「光回線の工事ができない人」、「より安全に通信したい人」にオススメです。

それでは、具体例を交えながら、解説していきましょう。

外出先でインターネットを使う人

WiMAXは、持ち運び可能なインターネット回線です。

家はもちろん、外出先のカフェや大学キャンパス内、移動中の電車の中など、場所を問わずにインターネットの利用ができます。

メールでのやり取りが多い人やブログを頻繁に更新したい人など、出先でも場所を選ばずにインターネットが使えるのでとても便利です。インターネット環境があれば、移動中もインターネット通信を楽しむことが可能です。

光回線工事ができない人

光回線とは、有線で接続する必要があるので、物理的に回線を家の中に引き込む工事を行う必要があります。

ところが、下記の場合には光回線の工事を行えません

  • 3階建て以上の光回線が対応不可のマンションなどに住んでいる場合
  • 社宅や賃貸物件で工事が行えない場合
  • 対応エリア外の地域に住んでいる場合

しかし、WiMAXは、対応エリア内であればどのような建物に住んでいても利用できます。なぜなら、WiMAXは基地局と電波でやり取りを行うため、光回線のように工事を行って有線でつなぐ必要がないからです。

より安全に通信したい人

外出先でも安心・安全なインターネット環境が欲しいという人にもWiMAXはオススメです。

最近では駅や図書館など、公衆の回線も整備されつつありますが、安心して通信できるかというと、まだまだ疑問が残ります。 ネットショッピングなど、インターネットでは個人情報をやり取りする機会も多いため、安全なインターネット環境は重要です。

その点、WiMAXは通信が暗号化されているため、外出先でも安心して利用できます。 また、WiMAXは接続台数の設定や、接続台数の確認が簡単です。パソコンとスマホの両方で使いたい場合には、接続台数を最大2台に設定すると、知らない人に回線を利用されることもありません。

WiMAXとPocket WiFiを比較しよう

WiMAXと同様に持ち運べるインターネット回線に、ワイモバイルが提供するPocket WiFiがあります。

まずは、それぞれの特徴についてまとめた下表をご覧ください。

  UQ WiMAX ワイモバイル Pocket WiFi
料金プラン ギガ放題 :月額3,880円 ベーシックプラン: 月額3,696円
データ制限なしのアドバンスプラン加入: 月額4,380円
通信エリア 日本全国の都市部 日本全国の都市部
スペック 下り最大867Mbps※1 下り最大988Mbps

※1 東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリアでは下り最大1.2Gbps

同様のサービスを提供しているWiMAXとPocket WiFiですが、このようにいくつかの違いがあることがわかります。

料金とプランの比較

WiMAXは月のデータ通信量に制限のないギガ放題プランが、月額3,880円(UQWiMAXの場合)です。

Pocket WiFiは、月額3,696円から利用できますが、月のデータ通信量は7GBまでとなっており1か月に7GBを超えた場合、最大128kbpsの速度制限が月末までかかります。

データ通信制限を無くすにはアドバンスプランへの加入が必要で、その場合の利用料金は月額4,380円です。

ちなみに、この項目ではUQ WiMAXのギガ放題プランについてご紹介していますが、WiMAXを契約できるのはUQ WiMAXだけではありません。 WiMAXは多くのプロバイダ(販売元)がサービスを提供しておりそれぞれ料金や実施しているキャンペーンに大きな違いがあります。

のちほどくわしく解説しますが、2020年1月時点で番安くWiMAXを契約できるのは「GMOとくとくBB WiMAX」です。月額の利用料金はギガ放題で割引適用後の金額が最安で2,170円です。

WiMAXのプロバイダ選びに関する記事も、ぜひチェックしてみてください。

GMOとくとくBB WiMAXへの申し込みはコチラから

割引キャンペーン 月額2,170円(税抜)~!

通信エリアの比較

WiMAXもPocket WiFiも通信可能エリアというものがあります。

日本全国の都市部はほぼカバーされていますが、山間部などでは利用できないこともあるため注意が必要です。 たとえば、東京近郊の対応エリアは、下の図のようになっています。

WiMAXの対応エリア WiMAXの対応エリア より引用

Pocket WiFi 対応エリアPocket WiFiの対応エリア

WiMAXもPocket WiFiも都市部分に関してはしっかりとカバーしていますが、山間部については非対応のエリアがあることがわかります。さらに細かく見ていくと、山間部付近でも対応エリアに微妙な違いがあります。 公式ホームページではピンポイントでの対応状況を確認できますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

機器スペックの比較

つづいては、WiMAXとPocket WiFiの最新機種(2020年1月現在)のスペックを比較してみましょう。

  WiMAX Pocket WiFi
機種名 Speed Wi-Fi NEXT W06 803ZT
通信速度 下り最大1.2Gbps ※高速通信は東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリアのみ 下り最大988Mbps
稼働時間 約9時間 約12時間
エリア 日本全国の都市部 日本全国の都市部
サイズ 約128×64×11.9mm 約112×67.5×15.6mm
重さ 約125g 約153g

比較表から、通信速度はWiMAXの方が速く、稼働時間はPocket WiFiの方が長いことがわかります。どちらにもメリットがあるので、ご自身の使い方に合わせて選ぶことが重要です。

WiMAXでもPocket WiFiでも、機器選びで迷ったときには、最新機種を選びましょう。なぜなら、通信速度、バッテリーの持ちなど、快適性は日々大きく進化しているからです。

契約前に見たい!WiMAXの評判は?

多くのメリットがあるWiMAXですが、いざ契約しようとなると実際に利用している人の評判が気になるものです。

そこでTwitterなどに投稿されている口コミをチェックします。

通信に関する評判

まずは、通信速度に大満足というツイートからご紹介します。

契約翌日に、端末が届いているというのも見逃せないポイントです。

こちらの方も満足されている様子が伝わってきます。PCでの利用を想定されているようですが、かなり快適な環境となるでしょう。 一方でこんなツイートもありました。

通信制限に到達し、動画が読み込めない状態になっています。 詳細に関しては『通信量は無制限だが「短期制限」はある!』で説明しますが、ギガ放題プランでも3日間で10GBを越えると速度制限の対象となってしまいます。

料金プランに関する評判

WiMAXの料金に関する評判をチェックしてみました。

 

WiMAXの料金は契約するプロバイダによって、変わります。プロバイダによっては月額料金からの割引キャンペーンを実施している場合もありますよ。

BroadWiMAXを契約中の方は、月額料金割引が終了するタイミングで新たに割引が受けられるプロバイダへ乗り換えるようです。

多くのプロバイダでは契約期間が終わる2年~3年をめどに割引の適用が受けられなくなってしまうので、WiMAXを賢く契約するなら、解約金がかからない契約更新月に解約し、特典が充実したプロバイダに新規契約するのがオススメですよ。

プロバイダの詳細についてはのちほど『プロバイダを選んで契約する』にて詳しくお伝えしますが、WiMAXをお得に利用するためにはプロバイダ選びも重要です。

WiMAXを格安スマホと併用して、通信費を節約できたという人もいます。

キャリアスマホの大容量プランを契約すると、たとえばソフトバンクで50GBまでデータ通信ができるウルトラギガモンスター+ならスマホ代が1か月に7,000円ほどです。

WiMAXでデータ通信し放題のギガ放題を契約するとUQWiMAXで月額3,880円ですので、格安スマホのデータ利用量が一番小さいプランと併用すると総額5,000円ほどに通信費が抑えられますよ。

WiMAXを使うメリットと注意点

WiMAXを使うメリットと注意点について解説します。 それぞれの内容をしっかりと見極めて、ご自身にあった契約を検討しましょう。

WiMAXを使うメリット

まずは、WiMAXならではのメリットについてご紹介します。 メリットには、以下の3つの要素があります。

配線を考える必要がない

WiMAXの大きなメリットは、配線を考える必要がないことです。ひかり回線ですと、ONUやルーターを物理的に配線しなくてはなりませんし電源も必要です。

配線を考慮した家具の配置が必要になったり、部屋をオシャレな雰囲気で統一したいという場合に、ONUやルーター、配線が生活環を醸し出してしまったりすることもあります。

一方、WiMAXであれば物理的な配線は不要です。充電を済ませておけば電源につなぐ必要もありません。スマホを使う程度の気軽さでインターネット回線が利用できるというのは大きなポイントです。

工事が不要なのですぐに使える

工事が不要というのもWiMAXならではの大きなメリットです。ひかり回線など、固定の回線には基本的に開通工事が必要となるため、インターネット回線の開通まで時間が必要です。引っ越しが多くなる春などは工事が立て込んでおり、1ヵ月以上待たされることも珍しくありません。

また、工事日程が平日のみに限定されている場合も多く、立ち合いが必要ですから、忙しい社会人にとっては大きなネックとなってしまうでしょう。

一方、WiMAXであれば工事を行うことなく、契約が済めばすぐに端末が送られてきますから、簡単な設定ですぐにインターネット回線を利用できますよ。 そのため、引っ越し先ですぐにインターネットを使いたい人や、転勤が多いという人にとくにオススメです。

通信制限を気にせずに使える

WiMAXには月間のデータ通信量に制限のないプランが用意されています。

高画質の動画やオンラインゲームなど、通信量は増える傾向にありますから、通信量を気にすることなくインターネットが楽しめるというのは見逃せないポイントです。

月のデータ通信量は無制限ですが、短期間でのデータ通信量があまりに多くなりすぎると一時的に速度制限がかかりますので注意しましょう。

WiMAXを使う際の注意点

WiMAXの利用に際し、注意しておきたいポイントがあります。契約をする前に、以下について検討しておきましょう。

通信量は無制限だが「短期制限」はある!

WiMAXでは、データ通信量無制限のプランが用意されています。このプランでは「月のデータ通信量」に制限はありません

ただし、短期間であまりに多くのデータ通信を行いますと、速度制限の対象となってしまいます。

速度制限のボーダーラインは、「直近3日間で10GB以上のデータ通信」です。ボーダーラインを超えた通信を行っていると短期制限の対象です。速度制限期間は翌日18時頃から翌々日2時頃まで、通信速度は最大1Mbpsです

速度制限とは、個人が単独で無茶な使い方をして回線に負荷をかけるのを防止するために設けられた制限です。10GBといいますと、高画質動画15時間ほど視聴可能なデータ量ですから、一般的な使い方をしている限り、それほど気にする必要はありません。

また、速度制限がかかるのは夜間のみですし、1Mbpsの速度は確保されているため、メールのやり取りといった最低限の利用は問題なく可能です。

WiMAX!契約完了までの3ステップ

WiMAX契約までの3つのステップについてご紹介します。  

使用場所がエリア内か確認する

最初のステップとして、エリアの確認を行います。

WiMAXを契約していても、通信エリア外では使えません。自宅、学校、職場周辺など、主に使うであろう場所が通信エリア内にあるのをしっかりと確認しておきましょう。 通勤・通学時に利用する方は、該当する経路についても確認をしてくださいね。

WiMAXの詳細なエリアはWiMAXのサイトから確認しましょう。 契約をするか迷っている人も、まずはエリア対応状況について確認してみてください。

契約場所を選択する

使用場所が通信エリア内であれば、いよいよ契約です。

WiMAXにはさまざまなプロバイダがサービスの提供をしています。それぞれ月額の利用料金や各種サービスなどが異なっているため、お得にWiMAXを利用するためには、プロバイダ選びが重要です。

プロバイダを選んで契約する

WiMAXを販売しているプロバイダは、20社以上あります。

どのプロバイダと契約しても「WiMAX」という通信回線自体は同じですから、通信速度、対応エリアに関してはほぼ同様です。 一方で、キャンペーン割引やサービス等は、プロバイダごとに大きく異なります。

たとえば、初期費用を徹底的に抑えられるプロバイダや、乗り換えでお得になるプロバイダなど、各社が趣向を凝らしています。どのプロバイダがお得か比較する際には、契約期間中の月額料金総額からキャッシュバックなどの特典で受けられる金額を引いた「実質料金」を算出してみましょう。

2020年1月時点で主要プロバイダの割引適用後の料金や、キャッシュバック金額、3年間利用した場合の実質料金を比較してみましたよ。

■料金の比較条件

  • 最新機種W06を使用
  • ギガ放題プラン
  • クレジットカード払い
プロバイダ 月額料金 キャッシュバック 3年間実質料金
GMOとくとく
BB(CB)
1か月目~2か月目:3,609円
3か月目~36か月目:4,263円
34,500円
120,660円
GMOとくとく
BB(割引)
1か月目~2か月目:2,170円
3か月目~36か月目:3,480円
2,000円
123,660円
JPWiMAX
1か月目~3か月目:2,800円
4か月目~24か月目:3,500円
25か月目~36か月目:4,100円
10,000円
124,100円
DTI WiMAX
1か月目~2か月目:0円
3か月目:2,590円
4か月目~36か月目:3,760円
0円
129,670円
Broad WiMAX
1か月目~2か月目:2,726円
3か月目~24か月目:3,411円
25か月目~36か月目:4,011円
0円
131,626円
カシモWiMAX
1か月目:1,380円
2か月目~24か月目:3,580円
25か月目~36か月目:4,079円
0円
135,668円
ASAHIネット WiMAX
1か月目~3か月目:0円
4か月目~36か月目:4,290円
0円
144,570円
So-net WiMAX
1か月目~12か月目:3,380円
13か月目~36か月目:4,379円
0円
148,656円
UQ WiMAX※
3,880円
0円
157,680円
BIGLOBE WiMAX※
1か月目~3か月目:2,980円
4か月目~36か月目:3,980円
7,000円
155,480円
@nifty WiMAX※
1か月目~2か月目:3,670円
3か月目~36か月目:4,350円
0円
178,240円

※2020年1月時点、価格は税抜

※別途事務手数料3,000円がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

※1:別途端末料金がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

現在、一番お得に契約できるのは「GMOとくとくBB WiMAX」です。 2020年1月時点でGMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックキャンペーンを利用して、34,500円キャッシュバックを受け取るのが、もっとも実質料金が安いからです。

GMOとくとくBB WiMAXでは端末代金も無料ですので、初期費用もかけずに最新機種を利用できますよ。

ただし、GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックは契約から約1年後に受け取り手続きをして、振り込まれます。キャッシュバックの受け取りが不安な方や手続きが面倒な方は、月額料金からの大幅割引キャンペーンも選べますよ。

どこのプロバイダにするか迷ったら、「GMOとくとくBBWiMAX」がオススメです。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

料金プランを決めて申し込み!

上記でご紹介した「GMOとくとくBB WiMAX」をはじめ、ほとんどのプロバイダではデータ通信量無制限のギガ放題プランと月のデータ通信量が7GBまでのプランが選べます。

仕事でのみ利用しており、基本的にメールのやり取りしか使わない場合であれば、月額料金の安い7GBプランがオススメです。7GBプランはその名のとおり、1か月のデータ利用量が7GBまでです。

もし、動画視聴やオンラインゲームなど1日にインターネットを利用する機会が多い方であれば、迷わずギガ放題プランを選択しておきましょう。7GBプランでは1か月のデータ利用量を超えると月末まで最大128kbpsの厳しい速度制限がかかります。

ギガ放題プランなら3日間で10GB以上通信するとおおむね1Mbpsの速度制限が約8時間かかりますが、データ通信量に気を付けていれば無制限に高速通信が楽しめるからです。

ご自分のインターネット利用量を考えながら、ぴったりのプランを選びましょう。

まとめ

今回の記事ではWiMAXを利用するときのメリットと注意点、オススメのポイント、そして口コミなどをご紹介してきました。

WiMAXは光回線とは異なり、工事不要で利用できます。開通工事を待つ必要もありませんし、立ち合いも工事費用の支払いも必要ありません。

契約を行ったらすぐに端末が発送され、手元に届き次第、対応エリア内であればどんなところでもすぐに利用できます。

WiMAXではギガ放題プランが用意されているため、データ通信量を気にすることなく動画やオンラインゲームを楽しめます。ただし、3日間で10GB以上の通信を行うと翌日の18時から翌々日の2時まで通信速度が1Mbpsに制限されてしまうため、注意してください。

契約する際にはプロバイダ各社のキャンペーンや実質料金を比較して、メリットを感じる契約先を決めましょう。

2020年1月時点では、高額キャッシュバックか月額料金からの大幅割引が受けられるGMOとくとくBB WiMAXがオススメですよ。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

  関連記事

 - ネットまるごと完全比較