サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

auひかりでSo-netを選ぶメリット!料金を抑えたい&キャッシュバックが欲しい人にオススメ

  /    
  ネットまるごと完全比較

auひかりは8社からプロバイダが選べますが、プロバイダ会社によって速度や料金は変わりません。ただし、どのプロバイダを選ぶかによってキャンペーンが違うので、お得度も大きく変わりますよ。

ずばり、auひかりのプロバイダで月額料金を抑えたい方や開通後すぐにキャッシュバックが受け取りたい方はSo-netがオススメです。

So-netの公式特典では月額料金の大幅割引キャンペーンが受けられますし、So-netを選んで申し込むauひかりの代理店サイトでは最短で開通の翌月に最大60,000円のキャッシュバックがもらえますよ。

auひかりのプロバイダとSo-netの申込窓口の特典をさらにくわしく比較しながら、あなたにぴったりの契約先をご紹介します。

また、So-netではNTTの光回線を使った光コラボのSo-net光も提供しています。光コラボはauひかりと比べて提供エリアが広く、auひかりが契約できなかった人にもオススメできますよ。

auひかり×So-netとSo-net光の月額料金や速度も比較しますので、どちらを契約しようか迷っている方もぜひ参考にしてくださいね。

※2019年12月サクッと光調べ

auひかり×So-netのキャンペーン窓口

A【So-net公式窓口】最大57,500円!月額料金割引実施中

B【代理店フルコミット】最大60,000円!キャッシュバック

auひかり×So-netの契約がオススメできる人

結論として、こんな人はプロバイダをSo-netにしてauひかりを申し込むのがオススメです。

  • auひかりの月額料金をどこよりも安くしたい人
  • キャッシュバックをすぐに受け取りたい人

auひかりではプロバイダを8社から選んで申し込みができますが、プロバイダをどこにするかによって支払い金額やキャンペーンが変わる場合がありますよ。

auひかりのプロバイダによって変わることと変わらないことを、一覧表でまとめてみました。

プロバイダで変わること プロバイダで変わらないこと
・月額料金からの値引き額
・キャッシュバック特典
・工事費無料特典
・プロバイダオプションの無料期間
・最大通信速度
・月額基本料金

auひかりはプロバイダ料金が月額料金に含まれており、プロバイダ会社によって金額がかわることはありません。また、auひかりが契約者に向けて実施する違約金負担キャンペーンやセット割のauスマートバリューなど公式キャンペーンは、基本的にどこから申し込んでも適用されますよ。

ただし、auひかりの初期工事費実質無料キャンペーンに関しては、プロバイダ会社によって割引額が変わり、全額工事費分が無料になるケースと、一部負担しなくてはならないケースがあります。

また、auひかりのプロバイダは独自に月額料金からの割引やキャッシュバックを用意しており、代理店サイトからプロバイダを限定して申し込めば、高額のキャッシュバックが受けられることもあります。

一覧表でプロバイダ8社と代理店フルコミットのキャンペーンを比較して、もっとも特典が多いのはどこか確認してみましょう。

申込窓口 特典 振込時期
So-net
最大57,500円割引
So-net
(代理店フルコミット)
最大60,000円キャッシュバック
最短翌月
GMOとくとくBB(CB)
最大61,000円キャッシュバック
開通後12か月&24か月
GMOとくとくBB(割引)
最大38,500円割引&
30,000円キャッシュバック
開通後12か月&24か月
BIGLOBE
50,000円キャッシュバック
開通後12か月&24か月
DTI
38,000円キャッシュバック
非公開
@nifty
最大7,000円割引&
30,100円キャッシュバック
開通後12か月&24か月
au one net
10,000円キャッシュバック
開通後4か月
@TCOM
Asahi Net

※価格は税抜

もっとも特典額が大きいのは、GMOとくとくBBの最大61,000円キャッシュバックです。

ただし、GMOとくとくBBのキャッシュバックの振込時期は、auひかりの開通後約1年後と2年後に申請を行った翌月です。開通から時間が経ってから申請手続きが必要なこと、振り込みの時期が1年~2年も先であることを考えると、もらい忘れが発生する可能性もありますので、注意が必要です。

So-netはGMOとくとくBBに次いで、特典総額が多いですよ。So-netを選んでauひかりを申し込む際には、以下の窓口とキャンペーンが選べます。

さらにくわしく、2つの窓口とキャンペーンについて説明していきましょう。

auひかり×So-netのキャンペーン窓口

A【So-net公式窓口】最大57,500円!月額料金割引実施中

B【代理店フルコミット】最大60,000円!キャッシュバック

【So-net公式窓口】月額料金大幅割引キャンペーンの詳細

So-netの公式窓口では、auひかりの基本料金から大幅な割引を実施しています。

月額料金割引特典 - auひかり - So-net引用:So-net auひかり

So-netの月額料金割引はお住まいのタイプや、契約するプラン(契約期間)によって変わりますよ。

So-net公式 auひかり料金割引引用:So-net auひかり

さらに、So-netはauひかりの開通月の月額料金が無料です。たとえば、So-netの月額料金割引でもっとも割引額が高い、戸建て住宅のずっとギガ得プランを契約する方は開通月+36か月間で総額57,500円安くなります。

また、auひかりのプロバイダをSo-netにすると、auひかりの初期工事費用相当額が月額料金から割り引かれるので、工事費用分の負担もありません。auひかりの工事費は戸建てで37,500円、マンションで30,000円と高額ですので、月額料金割引とあわせてさらにお得ですね。

初期工事費用の割引キャンペーンは、プロバイダ会社によっては全額無料にならないこともあるので、初期費用を抑えたい方は割引内容もしっかり確認しましょう。

工事費分全額割引 工事費分一部割引
・So-net
・GMOとくとくBB
・au one net
・@TCOM
・DTI
・@nifty
・Asahi Net
・BIGLOBE

キャッシュバックの申請手続きが面倒な方や、確実にコストを下げられる月額料金割引での還元を受けたい方は、So-netの公式サイトをチェックしてみてくださいね。

So-netへの申し込みはコチラから

【So-net ×auひかり】

【代理店フルコミット】最大60,000円キャッシュバックの詳細

代理店フルコミットでは、auひかりとSo-netの申し込みで最大60,000円のキャッシュバックが受けられます。

フルコミット引用:フルコミット

フルコミットのキャッシュバックで最大額の60,000円を受け取る条件は、auひかりのプロバイダをSo-netで指定し、オプションのひかり電話を同時に契約します。

ひかり電話は月額500円の有料オプションですが、auスマートバリューの適用や戸建てでauひかりの初期工事費割引を受けるための条件でもありますので、申し込んで損はありませんよ。

また、もしauのスマホや携帯電話がなく、auスマートバリューが適用されなくても問題ない方は、オプションの加入なしでもauひかり×So-netの申し込みで50,000円のキャッシュバックがもらえます。

ただし、フルコミットのキャッシュバックは自社分とSo-netからの振込分にわかれています。フルコミットのキャッシュバックの内訳は、以下のとおりです。

フルコミット キャッシュバックの内訳引用:フルコミット

フルコミットの自社分キャッシュバックは、auひかりの申込み時にオペレーターへ振込口座の番号を伝えるだけで、最短で開通の翌月末には振り込みが行われますよ。残りのSo-net分も開通から4か月後にSo-netから届く申請メールから手続きすると、数日後には指定口座に現金が振り込まれます。

auひかりの申込みでキャッシュバックがすぐにほしい方や、複雑な申請手続きはしたくないという方に、フルコミットのキャンペーンはオススメできますよ。

フルコミットへの申し込みはコチラから

auひかり

auひかり×So-netのキャンペーンを解説!

auひかりでSo-netを選ぶと、So-netの公式窓口や代理店サイトから充実した特典が受けられるとわかりましたが、それぞれの特典は窓口限定のキャンペーンなので、併用はできません。

ただし、So-netの用意するプロバイダ特典でも申込窓口に限らず、必ず適用されるものがありますよ。

また、auひかりの公式キャンペーンも、どの窓口からでも受けられます。 auひかり×So-netでどの窓口から申し込んでも受けられる公式特典を、確認しておきましょう。

So-netの窓口共通キャンペーン

どの窓口から申し込んでも受けられるSo-netのプロバイダキャンペーンは、以下のとおりです。

  • カスペルスキー最大12か月無料
  • So-net安心サポート最大12か月無料
  • So-netくらしのお守りワイド
  • 初期工事費相当額割引
  • 解約時に指定回線への乗り換えでauひかりの回線撤去費用をキャッシュバック

So-netは大幅割引やキャッシュバックなどの申込み特典に注目しがちですが、インターネットを安心して使うためのオプションや機能が無料で使えるのも大きなポイントです。

パソコンやスマホをウィルスから守ってくれるセキュリティソフト「カスペルスキー」や、auひかりの初期設定やプロバイダ設定がわからないときに電話や遠隔操作でサポートしてくれる「So-net安心サポート」が最大1年間無料で利用できるので、初心者の方も不安なく申し込めますね。

また、So-net独自の特典として、auひかりの解約時に戸建て住宅で発生する回線撤去費用をキャッシュバックしてくれるサービスもあります。auひかりの回線撤去費用は28,800円で解約費用が高額になりやすいので、相当額を負担してもらえるとうれしいですね。

ただし、auひかり解約時の回線撤去費用をキャッシュバックしてもらえるのは、So-net光への乗り換えた方のみです。So-net光については、のちほどauひかり×So-netとSo-net光の違いは?の項目で説明しましょう。

auひかりの公式キャンペーン

auひかりでは公式キャンペーンとして、プロバイダや申込窓口に限らず、以下の特典を用意しています。

  • auスマートバリュー
  • auひかり新スタートサポート(他社解約違約金負担)
  • 超高速スタートプログラム
  • 安心ネットフィルター

auの携帯電話やスマホをお使いの方にとって見逃せないのが、セット割のauスマートバリューですよね

auスマートバリューの適用で最大10契約まで、1台あたり500円~1,000円が携帯電話料金から割り引かれますよ。 くわしくはauスマートバリューの適用条件や割引額を解説した記事をご覧ください。

また、他社回線からauひかりへ乗り換える方は、解約費用を最大30,000円までキャッシュバックしてもらえる「auひかり新スタートサポート」が受けられますよ。

auひかりの高速プラン5Gbps・10Gbpsの契約で月額料金割引が受けられたり、家族をインターネットトラブルから守る「安心ネットフィルター」が最大3か月無料で利用できたりと、嬉しい特典もぜひ活用しましょう。

auひかり×So-netの速度を調査!契約者の評判は?

auひかりではプロバイダによって、速度に大きな差はありません。なぜなら、どのプロバイダでも最新の通信規格・IPv4/IPv6デュアルスタックが利用でき、回線の混雑を回避していつでも快適に接続ができるからです。

また、auひかりは自社の敷設した独立回線を利用しており、auひかりの契約者しか同じ回線を共有していません。 一方、国内でインターネット利用者シェアがNo.1のフレッツ光や、ドコモ光やソフトバンク光などはすべて同じNTTの光回線を共有しています。

そのため、利用者が多い時間帯や週末などは回線が混みあい、一時的に速度が遅くなったり、接続が途切れたりという声が契約者からも寄せられていますよ。 回線自体の利用者数が少ないauひかりは、比較的速度が安定しており、高速通信にこだわりたい方にも評判がいいのが特徴です。

auひかり×So-netの速度に関する評判

独立回線のauひかりは基本的にプロバイダによって変化がないと説明しましたが、実際の速度を測定できるみんなのネット回線速度では、こんな気になるデータが紹介されていますよ。

auひかり×So-net 速度引用:みんなのネット回線速度 auひかりのプロバイダ速度ランキング

auひかりのプロバイダ8社のうち、2019年12月21日時点でSo-netの平均ダウンロード速度は250.6Mbpsで3位でした。

速度は利用者の地域や時間帯にも左右されますが、プロバイダによっても若干の違いがあるようですね。

auひかりでSo-netを利用している方の速度に関する評判を、いくつかのぞいてみましょう。

福島県で日曜日の21時台にauひかり×So-netの速度測定をした方は、下り460Mbps、上り745Mbpsと高速通信できている様子をアップしていますね。まさにインターネット利用者が多い「ゴールデンタイム」にこれほど安定した速度で接続できているのは、フレッツ光や光コラボの利用者からすると魅力的なのではないでしょうか。

実際にフレッツ光でプロバイダOCNからauひかりのプロバイダSo-netに乗り換えた方も、NTT回線なら接続が不安定になりやすかった22時台の速度の違いに喜んでいます。 速度にこだわりを持っている方でも、auひかりでSo-netを契約すれば安定した通信が期待できそうですね。

auひかり×So-netの申し込み手順

今回ご紹介したauひかり×So-netの窓口2つのうち、So-netの公式サイトの特典はとくに申請手続きなど必要ありません。

So-netの公式サイトからauひかりの申込み手続きを行うだけで、月額料金割引キャンペーンが受けられますよ。 もし、auひかりの代理店フルコミットから申し込んで最大60,000円のキャッシュバックを受けるなら、申請手続きが必要です。

受け取りまでの流れを確認しておきましょう。

  • 代理店フルコミットのサイトからauひかりとSo-netを申込む
  • 契約内容の確認の電話でフルコミット分のキャッシュバック振込口座を伝える
  • KDDIの担当者とauひかりの開通工事日を調整する
  • 開通工事の実施
  • auひかりの宅内機器を設置し利用開始
  • 開通翌月にフルコミット分のキャッシュバックが指定口座に振り込まれる
  • 開通から4か月後にSo-netからキャッシュバック申請用のメールが届き、振込口座を登録する
  • 手続きから数日中にSo-net分のキャッシュバックが指定口座に振り込まれる

auひかりの申し込みから開通まで、戸建てタイプで通常1~2か月の期間がかかります。あらかじめauひかりの設備が導入されているマンションの場合は、1~2週間で利用開始できることもありますよ。

フルコミットのキャッシュバックキャンペーンは振り込みが2回にわかれていますが、1度目の申請手続きは申込み時に口頭で、2度目の申請はSo-netから届くメールで口座を登録するだけですので簡単です。

ぜひ、お得な窓口からauひかり×So-netを申し込んでくださいね。

auひかり×So-netのキャンペーン窓口

A【So-net公式窓口】最大57,500円!月額料金割引実施中

B【代理店フルコミット】最大60,000円!キャッシュバック

So-netへの問い合わせ先

So-netのキャンペーンや契約内容について問い合わせをしたいときは、下記の窓口で確認しましょう。

契約プランの変更や支払い料金の確認などは、24時間365日手続きできるSo-net マイページがオススメですよ。

auひかり×So-netの解約方法

auひかりを解約する場合は、契約しているプロバイダへ解約の連絡をします。auひかりでSo-netを契約している場合は、So-netで手続きすればauひかりへの解約連絡は不要ですよ。

So-netを契約している方がauひかりを解約する手順は、以下のとおりです。

  • So-netサポートデスク(0120-80-7761)に連絡をする
  • (戸建てにお住まいの方のみ)auひかりの回線撤去工事を行う
  • KDDIやSo-netからレンタルしていた機器を返却する
  • auひかりの違約金や解約月の料金を支払う

auひかりを解約する場合は、以下の解約費用が発生する可能性がありますよ。

タイプ
料金プラン
解約金
(更新月以外の解約)
回線撤去費用
(戸建てのみ)
auひかりホーム
ずっとギガ得プラン
15,000円
28,800円
ギガ得プラン
9,500円
標準プラン
0円
auひかりマンション
タイプG タイプV
9,500円
都市機構
タイプE・F
ギガ・ミニギガ
7,000円
標準プラン
0円

auひかりの解約についてはauひかりのくわしい解約方法や違約金をまとめた記事も参考にしてくださいね。

auひかりのプロバイダ変更方法

auひかりは契約するときならプロバイダを選べますが、契約後のプロバイダ変更はできません。

auひかりで他社プロバイダを利用している人がSo-netに変更するときは、一度auひかり自体を解約して、新規で契約しなくてはいけませんよ。

解約時にはauひかりの違約金や回線撤去費用が発生する場合もあるので、よく確認のうえ、手続きしてくださいね。

auひかり×So-netとSo-net光の違いは?

So-netでは自社のインターネットサービスとしてSo-net光も提供しています。So-net光はauひかりと同じくauスマートバリューも適用され、その名のとおりプロバイダももちろんSo-netです。

結論として、auひかりが提供エリア内の方はauひかりでSo-netを、auひかりの提供エリア外の方は光コラボのSo-net光を申し込むのがオススメです。なぜなら、auひかりはSo-net光よりも料金の安さと独立回線ならではの高速通信が期待できるからです。

auひかりとSo-net光の違いを、一覧表でまとめてみましたので比較してみましょう。

  auひかり (So-net) So-net光
プロバイダ
So-net
回線
KDDIの独立回線
光コラボ
速度
最大1Gbps
5Gbps
10Gbps
最大1Gbps
エリア 戸建て
関西・東海以外
全国
マンション
全国
月額料金
(割引後、工事費込)
戸建て
3,500円
3,980円
マンション
2,100円
2,980円
セット割
au

auひかりのSo-netとSo-net光の最大の違いは、利用する回線が違う点です

。auひかりはKDDIの敷設した光回線を使いますし、So-net光はフレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光と同じく、NTTが敷設した光回線を利用する光コラボです。 利用する回線が違うと、回線速度も提供できるエリアも変わりますよ。

NTTの光回線はインターネット回線としても老舗ですし、日本全国ほとんどの場所で利用ができます。一方、auひかりは自社で回線を敷設しているので、NTTの光回線に比べるとまだ提供エリアが限られています。

auひかりでSo-netを契約しようか、光コラボのSo-net光を申し込もうか迷っている人は、まず提供エリアの検索をして、自宅でどちらも契約できるのかを調べましょう。

So-net光の提供エリアは回線元のフレッツ光東日本・西日本の公式サイトで検索します。

auひかりは速度面で光コラボより安定しているという声もありますが、So-net光もNTTの光回線が混雑した状態を自動的に回避してスムーズに接続するIPv6 IPoE(v6プラス)が無料で利用できます。

So-net 光の速度測定結果(実測値)引用:みんなのネット回線速度 So-net光

みんなのネット回線速度でSo-net光の平均速度をみると、auひかり×So-netの平均下り速度250.6Mbpsには劣りますが、平均下り速度200Mbps以上の安定した数字が出ているので、問題ないといえますよ。

auひかりが提供エリア外で、速度の速い光コラボを探している方は、So-net光を検討してみましょう。

プロバイダ・So-netが利用できる2つの光回線

auひかり×So-netの申し込みはコチラ

So-net光の申し込みはコチラ

まとめ

結論として、こんな人はauひかりのプロバイダをSo-netにするのがオススメです。

  • auひかりの月額料金をどこよりも安くしたい人
  • キャッシュバックをすぐに受け取りたい人

auひかりでSo-netを選ぶ場合、以下のキャンペーン窓口が選べますよ。

So-netの公式サイトからauひかりを申し込めば、戸建てタイプで最大57,500円分の割引が3年間受けられます。キャッシュバックが受け取れるか不安な方や、毎月の料金を安くしたい方には嬉しいですね。

また、auひかりの代理店サイトフルコミットから申し込むと、So-net分とあわせて最大60,000円のキャッシュバックが受け取れますよ。申請方法も、申込み時に口頭で口座を伝え、So-netから届くメールで申請手続きをするだけで、開通から4か月後にはすべてのキャッシュバックがもらえます。

もし、独立回線のauひかりが提供エリア外だった方は、全国的に利用できる光コラボのSo-net光を検討してみましょう。

速度はauひかりの方が期待できますが、So-net光もIPv6 IPoE(v6プラス)での接続ができるので、ある程度安定した速度で利用できますよ。

uひかり×So-netもSo-net光もお得な月額料金割引やキャッシュバックキャンペーンをうまく活用して、後悔しないインターネット契約をしてくださいね。

auひかり×So-netのキャンペーン窓口

A【So-net公式窓口】最大57,500円!月額料金割引実施中

B【代理店フルコミット】最大60,000円!キャッシュバック

  関連記事

 - ネットまるごと完全比較