サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

[最新版]オープンサーキットの評判を徹底調査!料金や速度を分かりやすく解説!

  /    
  プロバイダ

サクッと光

プロバイダ・オープンサーキットを検討する中で、気になるのが「オープンサーキットの評判」ですよね。

オープンサーキットは老舗だけあって信頼できるプロバイダです。

固定IPアドレスを使ったv6接続も可能で、インターネットのヘビーユーザーやゲーマーなどから支持されるプロバイダですよ。

さくまる

じゃあ、オープンサーキットの評判って実際どんな感じまる?
それに、料金や速度についても知りたいまる~!

そこで今回は、最新版のオープンサーキットの評判をはじめとした、次の7点についてご紹介します。

まずはオープンサーキットがどんなプロバイダなのか、実際の評判をもとに、特徴やメリットなどをチェックしていきましょう。

オープンサーキットはどんなプロバイダ?

さくまる

オープンサーキットって何だか名前がかっこいいまる〜。
一体どんなプロバイダなのかまる!

<プロバイダ・オープンサーキットの基本情報>
通常プランの
プロバイダ料金/初期費用
1,200円/1,500円
v6Neoの
プロバイダ料金/初期費用
1,800円/2,000円
契約期間 12か月単位
平均ダウンロード速度
(フレッツ光+オープンサーキット)
287.18Mbps
平均ダウンロード速度
(ドコモ光+オープンサーキット)
569.21Mbps
無料メールアドレス なし
キャンペーン プラス1ヶ月お得キャンペーン
プラス2ヶ月お得キャンペーン
Amazonギフト券5,000円進呈(当ページ限定!)
申込~開通までの流れ ①(未契約の場合)フレッツ光を契約
②オープンサーキットに新規申し込みを行う
③(未契約の場合)フレッツ光の開通工事
④インターネットの利用開始!
公式サイト https://www.open-circuit.ne.jp/lp/ipoe-az/

※別途フレッツ光の利用料が必要です
※税抜き料金です

オープンサーキットは1999年に設立された老舗のインターネットサービスプロバイダです。

実績は20年以上に及んでいますが、比較的にユーザー数が少ないため、穴場としてインターネットのヘビーユーザーを中心に人気のプロバイダになっています。

引用:オープンサーキット

さくまる

サイトの外観は、老舗プロバイダだけあってひと昔前のインターネットを思い出すまるね!
でも、紹介しているサービスは「IPv4 over IPv6」に「固定IPコース」…
どれも最新規格で、速度重視の人には垂涎ものの内容まるよ~!

【結論】2020年、プロバイダ「オープンサーキット」の評判

それでは、2020年現在のオープンサーキットの評判はいいのでしょうか?

今回は口コミ・サービス内容を分析して、オープンサーキットの総合評価を一覧にまとめました。

<プロバイダ・オープンサーキットの総評>
評価 コメント
通信速度 ★★★★★(5/5点) ゲーマーでも満足できる高速通信
月額料金 ★★★☆☆(3/5点) 平均ラインの料金
キャンペーン内容 ★★★★☆(4/5点) 月額料金割引キャンペーン
エリアの広さ ★★★★★(5/5点) 基本的に日本全国契約可能
カスタマーサポート ★★★★☆(4/5点) ❶ 電話が繋がりやすい
❷ 土日祝も問い合わせできる
総合評価
5点満点中4.2点

オープンサーキットは、基本的に光回線が通じていれば日本全国で契約可能です。

また、料金は平均ラインで速度にも定評があることから、総合評価はなんと4.2点の高評価。

さくまる

なるほどだまる。
オープンサーキットなかなか評判良さそうだまる〜

次項から詳しくオープンサーキットのメリットや注意点をご紹介していきますね。

オープンサーキットを契約する6つのメリット

それでは、オープンサーキットの契約にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

今回評判を調査して分かった、オープンサーキットを契約するメリットは次の6つ。

  1. 平均通信速度が高速!
  2. 次世代高速通信「v6Neo」「V6Direct」がゲーマーから好評
  3. 月額料金はコースによって変わる
  4. 最短5分でプロバイダの乗り換え・変更できる
  5. 1か月だけのお試し利用も可能
  6. クレジットカード払いなら違約金が発生しない
    ★クリックで各項目にジャンプします
さくまる

それぞれ詳しく解説していくまる!

メリット1.平均通信速度が高速!(口コミあり)

まず、一番の魅力は平均速度が高速だということ。

通常コース(フレッツ光コース)では「IPv4通信」を行います。

利用者の多いプロバイダではIPv4通信をした場合、混雑しやすいため通信速度は低下しがちです。

しかし、オープンサーキットはユーザー数が比較的にまだ少ないため、平均通信速度が79.88Mbpsも出るんですよ!

次の表と比べみても、平均速度が79.88Mbpsあれば通常のインターネットの利用ではストレスを感じることは少ないと考えられます。

<ダウンロード速度の目安>
1Mbps ネットサーフィン・LNEなど
3Mbps HD画質のYouTube動画閲覧
ビデオ通話
5Mbps フルHD画質のYouTube動画閲覧
スマホでのオンラインゲーム
25Mbps 4K画質のYouTube動画閲覧
PCオンラインゲーム
さくまる

twitter上の口コミ評価も上々まる!

メリット2.次世代高速通信「v6Neo」「V6Direct」がゲーマーから好評(口コミあり)

さらにオープンサーキットでは、v6プラス接続にも対応しています。

「v6Neo」「v6Direct」のプランの通信速度はゲーマーの間でも好評です。

さくまる

v6プラスって何だまる?

前項でもご紹介しましたが、これまでのインターネットは「IPv4通信」を行っていました。

しかし、ネットの利用者数の増加に伴い、IPv4通信の利用者数も増加することに。

そこで、利用者数の少ない新しい通信規格「IPv6通信」を使えば、回線の混雑を避けて通信できるんです!

オープンサーキット-IPv4とIPv6接続解説
引用:オープンサーキット特設サイト

さらに、オープンサーキットの「v6Neo」「v6Direct」コースでは、IPv6通信とIPv4通信の両方が使えます。

さくまる

基本的にはIPv6通信でサクッとネット通信が楽しめつつ、
IPv4通信からの閲覧にしか対応していないサイトも閲覧できる…
まさに、イイトコどりの接続方式まるね!

\当ページ限定キャッシュバック!/
オープンサーキットについて詳しく見る
★オープンサーキットの公式ページへ移動します

「v6Neoコース」と「v6Directコース」の違い

オープンサーキットには「v6Neoコース」と「v6Directコース」があります。

さくまる

むむ?具体的には何が違うまる…?

それでは通常プランも含め、オープンサーキットのプランの違いを見ていきましょう。

<オープンサーキットコース別の違い>
プラン名 通常コース
(フレッツ光コース)
v6Neo V6Direct
平均ダウンロード速度 79.88Mbps
393.25Mbps
固定IPアドレスの利用 できない IPv6:半固定
IPv4:できない
IPv6:半固定
IPv4:固定IP1
オススメな人 ネットサーフィン、
SNSを中心にネットを使う人
通信速度重視の人
オンラインゲームをする人
頻繁に大容量データを送受信する人
固定IPアドレスが欲しい人
ゲームでポート開放をしたい人
本格的にFPSをしている人
頻繁に大容量データを送受信する人

表の「平均ダウンロード速度」を見ると、IPv4通信のみの「通常コース(フレッツ光コース)」よりも、IPv6通信を使った「v6Neoコース」と「v6Directコース」が遥かに通信速度が速いことがわかります。

また、同じく表からわかるとおり、「v6Neoコース」「v6Directコース」の違いは固定IPアドレスを利用できるかどうかです。

さくまる

固定IPアドレスがあると、こんなことができちゃうまる!

  • 自宅のサーバーをネット上で公開可能
  • 自宅のサーバーをリモートから管理できる(外部から自宅の端末にアクセス可能)
  • 独自ドメインを容易に設定できる
  • アクセスを制限してセキュリティ対策が可能
  • webカメラと固定IPアドレスを紐付けし監視カメラを設置できる
  • ポート開放が可能
  • ネットワークトラブル時の対処が容易(バックアップ環境を整えやすい)

固定IPアドレスが必須の方はv6Directの契約がおすすめ。

一方で、通信速度の速さ重視で特に固定IPアドレスにこだわりがないなら、料金が割安のv6Neoで十分ですよ!

\当ページ限定キャッシュバック!/
オープンサーキットについて詳しく見る
★オープンサーキットの公式ページへ移動します

「v6Neoコース」「v6Directコース」利用者の口コミ

オープンサーキットではIPv6通信ができることで、オンラインゲームユーザーから好評の声が寄せられています。

さくまる

ランクAに分類されるプロバイダは今のところないから…
事実上、オープンサーキットは規制が少ないオススメのプロバイダだまる!

\当ページ限定キャッシュバック!/
オープンサーキットについて詳しく見る
★オープンサーキットの公式ページへ移動します

メリット3.月額料金はコースによって変わる

オープンサーキットの月額料金は、コースによって変わります。

<オープンサーキットの料金一覧>
通常コース
(フレッツ光コース)
v6Neoコース V6Directコース
月額料金(プロバイダ料金のみ) 1,200円 1,800円 4,700円
初期費用 1,500円 2,000円 5,000円

利用用途に合わせてコースが選べるのは、オープンサーキットのメリットだといえますね。

さくまる

それぞれのコースはこんな人にオススメまる!

  • 通信速度より、月額料金の安さ重視
    「通常コース(フレッツ光コース)」
  • 通信速度重視で、固定IPアドレスがいらない人
    「v6Neo」
  • 通信速度重視で、固定IPアドレスも欲しい人
    「v6Direct」

特に、個人契約で固定IPアドレス+v6プラス通信ができるプロバイダは滅多にありません。

もしも固定IPアドレスが欲しくて、尚且つ速度重視の方には、まさオープンサーキットはに「こんなサービスが欲しかった!」というプロバイダですね。

メリット4.最短5分でプロバイダの乗り換え・変更できる(口コミあり)

オープンサーキットをフレッツ光のプロバイダとして契約する場合、最短5分で導入できます。

現在フレッツ光を契約中ならプロバイダの乗り換え変更を即座にできることは嬉しいですよね。

特に回線速度にストレスを感じてプロバイダの乗り換えを検討するなら、すぐに改善されることに越したことはありませんね。

メリット5.1か月だけのお試し利用も可能

オープンサーキットはクレジットカードで支払いなら、1か月払いが可能です。

そのため、クレジットカード払いにすれば1ヶ月だけお試しに契約し、満足できない場合には1ヶ月で解約もできます。

※翌月まで料金は発生しますが、初月無料なので実質一ヶ月分の料金だけでお試しできる仕組みです。

メリット6.クレジットカード払いなら違約金が発生しない

オープンサーキットには違約金が約款上はありません。

そのため、契約期間中に解約しても違約金を請求されることはありませんよ。

しかし、オープンサーキットの料金を「まとめ払い」している場合は注意が必要です。

さくまる

オープンサーキットで1か月払いできるのは、クレジットカード限定なんだまる!

支払い方法
クレジットカード 1か月払い
口座振替 6か月分のまとめ払い
コンビニ払い、銀行振込 12か月のまとめ払

まとめ払いをチョイスしていた場合、解約したからといって先払い分は返金されません。

もしも長期間利用する予定がない場合は、クレジットカード払いにして違約金なしで解約することをオススメしますよ。

オープンサーキットを契約する3つの注意点とは?

IPv6通信ができる・違約金ナシなど、メリットが多いオープンサーキット。

しかし、オープンサーキットの契約には、次の3つの注意点があります。

  1. 別途ネット回線を契約しないとネットは使えない
  2. 無料メールアドレスはもらえない
  3. ルーターは自分で準備する必要がある
さくまる

申し込み前に注意点まで、しっかり把握するまる!

注意点1.別途ネット回線を契約しないとインターネットはできない

オープンサーキットは、回線業者ではなくプロバイダです。

プロバイダとは、インターネットと光回線などの橋渡しをする事業者のこと。

プロバイダとは?解説
引用:フレッツ光東日本 公式サイト

そのため、オープンサーキット(プロバイダ)だけを契約しても実際に回線は引き込まれません。

インターネットを利用したいなら別途フレッツ光などの回線を契約しないといけないということです。

さくまる

オープンサーキットだけを契約すれば
インターネットに接続できるわけではないまるね~

注意点2.無料メールアドレスはもらえない

他社プロバイダならメールアドレスが無料で付与される場合もあります。

しかし、オープンサーキットにはメールサービスがありません。

そのためオープンサーキットをプロバイダに選んだなら、別途無料メールなどのサービスを自分で用意する必要があります。

さくまる

最近はGmailやYahoo!メールみたいに
フリーのメールアドレスサービスも増えてきているし
そこまで大きなデメリットではなさげまる

注意点3.ルーターは自分で準備する必要がある

オープンサーキットではルーターのレンタルサービスをしていないことも注意点です。

インターネットに接続するためには必ずルーターが必要です。

そのため、光回線のルーターレンタルサービスを利用するか、自前で購入し準備する必要がありますよ。

なお、v6プラスのサービスを申し込む場合には、v6プラス対応のルーターを準備する必要があります。

ルーターがv6プラスに対応していなければ、v6プラスのコースを申し込んでも高速通信はできません。

おすすめのv6対応ルーターは「NECのAterm WG2600HS」

自前でv6対応ルーターを準備するなら、おすすめはNECのAterm WG2600HSです。

Aterm WG2600HS

価格帯は8,000円〜8,500円程度で、v6対応ルーターの中では決して高額ではありません。

さくまる

もちろん、もっと安価なルーターもたくさんあるまるが…
安かろう悪かろうよりも、ほどほどの価格で安定しているルーターを選んでおけば安心できるまる!

NECのAterm WG2600HSの詳細な機器仕様は、こちらのページをご参考ください。

オープンサーキットの申し込みから開通までの流れ

それでは、オープンサーキットの申し込みから開通までの流れを見ていきましょう。

すでにフレッツ光の回線が開通している場合には下記の手順でオープンサーキットが開通します。

  1. メールアドレスの確認
  2. オンライン申し込み(メールの返信にURLが記載されているのでそこから申し込み)
  3. 支払い手続き(メールの返信から指示に従って手続き)
  4. オープンサーキットの開通

通常コースだと5分〜2時間程度、v6Neo・v6Directコースは1〜24時間程度で開通しますよ。

ただし、固定IPアドレスの付与には1〜10営業日ほどかかりますので注意しましょう。

さくまる

v6プラスを初めて利用するなら、v6プラス対応ルーターの準備も忘れちゃダメまるよ!

光回線をまだ利用していない場合には、最初に光回線を開通させなければいけません。

例として、「これからフレッツ光を契約する場合の申し込みから開通までの流れ」をご紹介します。

  1. フレッツ光を申し込む
  2. 回線工事
  3. 光回線の開通
  4. メールアドレスの確認
  5. オンライン申し込み(メールの返信にURLが記載されているのでそこから申し込み)
  6. 支払い手続き(メールの返信から指示に従って手続き)
  7. オープンサーキットの開通

\当ページ限定キャッシュバック!/
オープンサーキットについて詳しく見る
★オープンサーキットの公式ページへ移動します

オープンサーキットの導入自体に工事は不要

オープンサーキットの導入自体に、開通工事は不要です。

さくまる

開通工事が発生するのは、光回線の設備部分まる!

すでに光回線を利用しているなら、開通工事は発生しませんので安心してくださいね。

※光回線が未開通なら、立ち合いの元で光回線の開通工事が必要になります。

\当ページ限定キャッシュバック!/
オープンサーキットについて詳しく見る
★オープンサーキットの公式ページへ移動します

オープンサーキットのよくある質問5選

最後に、オープンサーキットのよくある質問をまとめました。

さくまる

次の項目から詳しく解説するまる!
契約前に疑問を解消していくまるよ!

オープンサーキットに通信制限はある?

通常コース(フレッツ光コース)を契約している人に限り、通信量が多いと帯域制限がかけられるケースがあります。

ですが、v6Neoコースやv6Directコースを契約している場合には帯域制限の対象外です。

オープンサーキットの通信速度が遅い・繋がらない時はどうする?

まずは下記の手順で対処してみましょう。

  1. ルーターやONUを再起動する
  2. 「v6Neo」「v6Direct」を契約しているなら、ルーターやLANケーブルの規格を確認しよう
  3. WiFiを「5G」に切り替えてみよう
  4. 通信障害が発生していないか確認しよう

もしもこの手順でも改善されない場合には、プロバイダもしくは回線側に障害が発生している可能性もあります。

また、通常コース(フレッツ光コース)を契約中の場合は、回線が混雑してネットに繋がりにくいことも考えられますよ。

もしも繋がりやすさや通信速度を重視する場合には、v6Neoやv6Directのコースを選択してくださいね。

\当ページ限定キャッシュバック!/
オープンサーキットについて詳しく見る
★オープンサーキットの公式ページへ移動します

途中からコースの変更はできる?

オープンサーキットは、途中からでもコース変更が可能です。

通常コース(フレッツ光コース)からv6プラスが利用できるv6Neoやv6Directに変更する場合は、希望するコースに新規申し込みを行います。

新たなコースが開通した後に、別途元のコースの解約手続きを行います。

さくまる

解約手続きをしないと、2重で料金が発生するので注意するまる!

※1光回線につき、IPv6接続のコース(v6Beoやv6Direct)は併用できません。
v6Neoとv6Directコース間でコース変更する場合には、追加で申し込みを行った時点で、元のコースは自動解約扱いになります。

各種コース変更にかかる手数料は下記の通りです。

<コース変更にかかる手数料>
固定IP1コースへの変更の場合(税抜) 5,500円
(初期費用と同額)
新たなコースの初期費用(税抜) 通常コース 1,500円
v6Neoコース 2,000円
v6Directコース 5,000円
その他 ルーター変更など 1,100円

コースの変更では、新たに契約したコースの初期費用がかかります。

また、新規コースの料金は翌月から発生して、変更月は元のコースの料金が請求されます。

<コース変更の手順>
通常コースからv6プラスコースへの変更
  1. 新たなコースを申し込む
  2. 元の通常コースの解約
v6Neoからv6Directへのコース変更
v6Direct からv6Neoへのコース変更
  1. 新たなコースを申し込む
  2. 自動で元のコースが解約される
ルーターの変更
  1. 変更届け出フォームから申請
  2. 「その他連絡事項」に「ルーターの変更希望」と書いて提出

解約方法と違約金は?

オープンサーキットの解約方法は、次のとおりです。

  1. 「契約番号」と「お客様番号」を確認する
  2. 解約受付ページ」から解約を申請
さくまる

オープンサーキットの解約には、
次の4点をチェックしておくまる!

  • 契約1年以内の解約なら、解約日の前日までに解約日を指定して申請する
  • 契約1年以上の解約なら、解約の2ヶ月前までに申請が必要
  • 解約日に利用済みの未払金があると解約できない
  • オープンサーキット発行のアカウントで接続が切断されている

また、解約申請後の解約日の変更は、前倒ししかできません。

解約日を後ろ倒しにはできませんので、ご注意ください。

オープンサーキットの解約違約金

前項でもご紹介しましたが、オープンサーキットに違約金はありません。

しかし、まとめ払いをしている場合は基本的に返金処理がないため注意が必要です。

1年以内での解約
★解約日の前日までに
解約日を指定して申請
1年以上契約して解約
★解約の2ヶ月前までに
解約を申請
クレジットカード払い 翌月まで支払い
(初月無料と相殺される)
解約月までの支払い
口座引き落とし
(6か月払い)
返金処理なし 解約月までの支払い
コンビニ払い・銀行振込
(12か月払い)
返金処理なし 返金処理なし

解約月の月額料金は日割りにはなりませんので、ご注意ください。

また、月末で解約して翌月の初日に接続が認められた場合には、解約にはならずに翌月の料金も発生しますのでご注意ください。

オープンサーキットの問い合わせ先が知りたい

オープンサーキットの問い合わせ窓口は「既に契約中の方」と「これから利用を考えている人」によって異なります。

これからオープンサーキットを申し込みたい人は、次の窓口から問い合わせを行います。

(新規申し込みの場合)オープンサーキットの問い合わせ窓口
電話番号 082-827-0899
問い合わせ時間(平日) 10:00~18:00
問い合わせ時間(土日祝) 13:00~18:00
オンライン申し込み窓口 https://www.open-circuit.ne.jp/lp/ipoe-az/

なお、新規申し込みと合わせた問い合わせであれば、公式ページオンライン申し込みのボタンから、申し込みと同時に「その他連絡事項」へ問い合わせ内容を記載することをおすすめします。

さくまる

オンライン申し込みのページ限定で、5,000円分のAmazonギフト券がもらえてお得だまる!

また、既に契約中の方は、こちらのお問い合わせフォームから問い合わせを行います。

通常、24時間以内を目安に返答がます。

しかし、内容によっては時間がかかるケースもありますよ。

さくまる

オープンサーキットが繋がらない時は、問い合わせ前に「メンテナンス・障害情報」のページを確認しておくとスムーズまる!

まとめ

オープンサーキットは20年以上サービスを続ける老舗のプロバイダです。

総合評価も高く、特にゲーマーやインターネットのヘビーユーザーから評判がいい傾向にあります。

<プロバイダ・オープンサーキットの総評>
評価 コメント
通信速度 ★★★★★(5/5点) ゲーマーでも満足できる高速通信
月額料金 ★★★☆☆(3/5点) 平均ラインの料金
キャンペーン内容 ★★★★☆(4/5点) 月額料金割引キャンペーン
エリアの広さ ★★★★★(5/5点) 基本的に日本全国契約可能
カスタマーサポート ★★★★☆(4/5点) ❶ 電話が繋がりやすい
❷ 土日祝も問い合わせできる
総合評価
5点満点中4.2点

オープンサーキットには複数のコースがあります。

コース選びに悩んだら、次のポイントをチェックして選んでみてくださいね。

    <通常コースがおすすめなのはこんな人>

  • ネットサーフィンを主に行う人
  • SNSを主に使う人

    <v6Neoコースがおすすめなのはこんな人>

  • 通信速度重視の人
  • 趣味でオンラインゲームをしている人
  • 頻繁に大容量データを送受信する人

    <v6Directコースがおすすめなのはこんな人>

  • 固定IPアドレスが欲しい人
  • ゲームでポート開放をしたい人
  • 本格的にFPSをしている人
  • 頻繁に大容量データを送受信する人

通信速度が速い・コース内容の充実度・違約金ナシなど、魅力が多いオープンサーキット。

特に、通信速度の速さを重視したい人はぜひ申し込みを検討してみてくださいね。

\当ページ限定キャッシュバック!/
オープンサーキットについて詳しく見る
★オープンサーキットの公式ページへ移動します

さくまる

プロバイダをしっかり吟味して、
快適なネット環境を手に入れるまる!

  編集部イチオシ記事

イメージ

【2020年】速度重視の人におすすめのプロバイダはここ!高速光回線も紹介

「光回線の速度が遅いから、プロバイダを変えて解決したい」という方は多くいらっしゃいます。 実際にプロバイダはインターネットの速度に関わってき … 

サクッと光

【最新】フレッツ光を安くする5つのポイント|料金の見直しで通信費を抑えよう

フレッツ光の料金を見直したいなら、まずは料金明細の確認をしましょう。 実際、何にいくら支払っているかを把握したうえで、以下のポイントをチェッ … 

  関連記事

 - プロバイダ

[最新版]オープンサーキットの評判を徹底調査!料金や速度を分かりやすく解説!

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

Copyright© サクッと光 , 2020 All Rights Reserved.