サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

2ch(ネット)からわかるWiMAXの評判は?オススメのプロバイダはどれ?

  /    
  WiMAX

これからWiMAXの利用を検討しているなら、実際に使っている人の評判が気になるのではないでしょうか。

この記事では、ネット(2chやSNSなど)におけるWiMAXの評判について確認していきます。

<結論>

  • オススメ端末W06をはじめ、速度については好評
  • プロバイダGMOとくとくBBのキャンペーンが豊富

通信速度の速さルーターの性能などについて、使った人の感想を知っていれば安心できます。事前にデメリットを理解しておけば対処もスムーズにできるので役立つことが多いでしょう。

実際にWiMAXを使っている人の声を知りたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

WiMAXサービスに関するネットの評判

まずはWiMAXの回線速度や速度制限、そして通信エリアといった基本的なサービスに関する評判をチェックしていきましょう。

回線速度の評判

WiMAXにおける回線速度の評判は賛否ありましたが、どちらかというと好意的な意見が多く見受けられました。

こちらの口コミでは下り78.6Mbps・上り10.8Mbpsが出ていて、十分速いと満足していることがわかります。 たとえばNetflixで最高画質「UHD」の動画を見る場合は25Mbps以上の回線速度が推奨されていますが、こちらの口コミの計測結果なら十分条件は満たせているといえるでしょう。

逆に速度が遅いという口コミもあり、下り5.83Mbps・上り0.89Mbpsが出ていました。
WiMAXは自宅で使う場所における電波の入り方や、地域によって速度が若干変わってきます。

今回取り上げた口コミはあくまで一例で、自分の使う環境でどのくらいの速度が出せるかは、実際にWiMAXルーターを使ってみなければわかりません。

どのくらい速度が出るか心配な方は、UQ WiMAXで提供されている「Try WiMAX」サービスを利用し、15日間無料でルーターを試してみるのもオススメです。

速度制限の評判

WiMAXでは、「直近3日間に10GB以上通信すると、翌日18時~翌々日2時頃まで速度がおおむね1Mbpsに制限される」という速度制限が設定されています。

速度制限についての口コミも調査してみました。

1つ目の口コミでは、Huluで動画たくさん見た結果、速度制限にかかったことが語られています。速度制限中は、公式に謳われているとおり速度が「おおむね1Mbps」に制限されていることがわかります。

2つ目の口コミでは、速度制限が終わればしっかり速度が回復していると語られています。
2時ではなく3時頃に制限が解除されたとのことですが、理由として考えられるのは、2時の時点で継続的に通信をしていて、制限の解除が反映されていなかったことです。

もしも速度制限が2時になっても解除されなかったら、いったんルーターを再起動して、制限が解除されるかどうか試してみてください。

速度制限中は1Mbps程度に制限されるWiMAXですが、速度制限中も問題なく使えているという口コミも見つかりました。

1MbpsでもSNSやネットサーフィン、標準画質の動画再生くらいなら問題なくこなせます。
口コミを投稿している方は、高画質動画の再生やアプリダウンロードなど、速度が求められる使い方をしていないため、「何も問題ない」と判断できたと考えられるでしょう。

制限中の速度にとくに不満を感じていない人がいる一方で、遅くて限界を感じてしまっているという声もありました。

以上のとおり、速度制限についても意見は賛否わかれています。

速度制限についてより正確に判断したい場合は、やはりUQ WiMAXで「Try WiMAX」サービスを利用するなどして、実際に制限にかかった状態を体感してみるのがオススメです。

通信エリア(繋がりやすさ)の評判

WiMAXは、サービスが提供されているエリア内で通信できます。
日本全国広い範囲がサービス提供エリア内となっていますが、地域によってはエリア外の場所もあります。

契約前にはWiMAXのエリア検索ページから利用可能エリアを確認しておきましょう。

実際に通信エリアについて語られている口コミを、チェックしてみましょう。

都心ではなく郊外でもつながるという声が見つかりました。WiMAXは山間部など、人が少ないエリアだと回線が通っておらず繋がりづらいケースがありますが、上記ユーザーの場合は問題なかったようです。

2つ目の口コミでは、使う場所によって通常のWiMAX回線とau 4GLTE回線を使うハイスピードプラスエリアモードを切り替える必要が生じていて、手間がかかると語られていました。

田舎だとエリア内でも圏外になるケースもある、と利用を断念した声も見つかりました。 以上のとおり、地域によって繋がりやすさは異なり、サービス提供エリア内でもつながらないケースもあるようです。

心配な場合は「Try WiMAX」で実際に使ってみるのがよいでしょう。

WiMAXの機種に関するネットの評判

WiMAXのルーターは毎年さまざまな新機種が発売されています。

2020年6月時点での最新ルーターは、下り最大440Mbpsでバッテリーの耐久性が売りのWX06です。

2020年6月時点で契約できる、主なルーター3つに関する評判をチェックしてみましょう。

W06の評判

W06は下り最大1.2Gbps対応の高速ルーターですが、実際にどのくらいの速度で通信できているかを調べてみました。

上記口コミでは、下り158Mbpsの高速が出ています。
仕様上の速度には届かないまでも非常に高速な結果で、基本的に何をするにも不満は生じないでしょう。

ただし場所によって速度は変化しているようで、「自宅では電波状況が悪い」という問題もあるようです。

2つ目の口コミでは、下り3.74Mbpsで速度が遅いと不満の声が上がっていました。 口コミを踏まえて考えると、ルーターの性能自体は問題なく、高速で通信できるかどうかは使う場所の電波状況が重要となるようです。

WX06の評判

WX06は、2020年1月に発売された下り最大440Mbps対応のルーターで、日本メーカーのNECが製造しています(W06は中国のファーウェイ社製)。

WX06はバッテリー持ちが良く、最大14時間も通信できるのが魅力です。WX06を実際に使った人の声を調べてみました。

バッテリー重視なら、WX06をオススメする声が見つかりました。

過去(1世代前)のルーターより、速度が上がったという声も見つかりました。

速度を重視するならW06、バッテリー重視ならWX06を検討するのがよいでしょう。

L02の評判

L02は自宅のコンセントに接続して使う「ホームルーター」です。

下り最大1.0Gbps(ハイスピードプラスエリアモード利用かつLANケーブル接続時、東京・埼玉・愛知・大阪の一部エリアのみ)対応の高速タイプで、最大40台の機器を接続できるのが特徴となっています。

速度は10~25Mbps程度しか出ていないという声もありましたが、安定はしているようですね。L02は基本的に外には持ち出せないホームルーターですが、コンセントさえあれば車の中でもインターネットができているようです。

WiMAXはモバイルルーターもホームルーターも共通して、置く場所で速度が変わります。実際に、置く場所を変えたら速度が改善されたという声も見つかりました。

自宅で電波状況を改善させる場合は置く場所を調整する以外に、金属製のボウルをルーターの近くにおいてアンテナ代わりにするなどして、うまく通信できる状態に調整しましょう。

WiMAXのプロバイダに関するネットの評判

WiMAXは、さまざまなプロバイダから申し込むことができます。

プロバイダごとに異なる月額料金が設定されていたり、キャンペーン内容が異なっていたりするのでチェックが必要です。

申し込み前にプロバイダに関する評判をチェックしておけば、キャンペーン内容やサービス内容について納得できたり、なにか注意点がある場合は事前に対処できたりするでしょう。

GMOとくとくBB WiMAXの評判

GMOとくとくBB WiMAXは高額キャッシュバックキャンペーンが展開されているプロバイダで、2020年6月時点では最大27,200円のキャッシュバックを受け取れます。

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックキャンペーンは人気が高く、実際にキャッシュバックがあることを理由にGMOとくとくBB WiMAXを契約しようか悩んでいる声も見つかりました。

GMOとくとくBB WiMAXでは申込みから11ヶ月後にキャッシュバックの案内メールが届き、メールから手続きをすればキャッシュバックを受けられる仕組みです。

口コミの中には、キャッシュバックを受け取り忘れてしまったという声も見つかりました。

口コミを踏まえると、GMOとくとくBBのキャンペーンはお得ですが、キャッシュバックメールが届くタイミングをカレンダーにメモしておくなどして、受け取り忘れに注意しましょう。

また、キャッシュバックの受け取りが不安な方は、月額割引キャンペーンを選びましょう。

GMOとくとくBB WiMAX WiMAXではキャッシュバック以外に、月額料金が2か月間2,590円という低価格で利用できる割引キャンペーンも用意しています。

他社プロバイダと比較した結果、キャッシュバックによるもらい忘れの心配もなく、確実に毎月の支払額を減らせるGMOとくとくBB WiMAXの料金割引キャンペーンを評価している声もありました。

どちらのキャンペーンを選んでも、端末代金無料などの特典はもれなく受けられますよ。

あなたがメリットを感じる方のキャンペーンを選んで、ぜひお得にWiMAXを契約してくださいね。

Broad WiMAXの評判

Broad WiMAXは、キャンペーンが充実しているプロバイダです。

以下のようにさまざまな特典やキャンペーンを利用できるのが特徴で、とくに他社から乗り換える場合は乗り換え費用を大幅に抑えられるのでお得です。

  • 2年間の月額料金の割引が受けられる
  • ルーター代が無料
  • 他社WiMAXやSoftBank Air、Y!mobileのPocket WiFiから無料で乗り換えられる
  • サービスに不満の場合、ソフトバンク光などの指定回線へ違約金なしで乗り換えられる

WiMAXを使ってみて不満や不都合があったときも、違約金や契約期間に縛られることなく無料で提携している他社サービスに乗り換えできるので、安心できますね。

実際にBroadWiMAXからどんなときもWiFiへ解約金なしで乗り換えた方の口コミがありました。

https://twitter.com/epiporo/status/1202852644802314242

BroadWiMAXを利用している方も、満足してインターネットができているようです。

他社から乗り換えを考えている方やアフターサービスの充実を重視する方は、Broad WiMAXを検討してみてはいかがでしょうか。

Broad WiMAXの詳細を見る

UQ WiMAXの評判

UQ WiMAXは、WiMAX回線を手がけているUQコミュニケーションズが提供しています。キャンペーンは特設サイトから申し込めば2020年6月時点で、3,000円のキャッシュバックがもらえます。

UQWiMAXは「本家」とも呼ばれ、回線事業者が自ら提供しているという安心感もあるようです。

ただし、料金については、高いのではという意見も上がっています。

https://twitter.com/ominae7575/status/1085683260384923650

料金の安さを重視する場合は、高額キャッシュバックがあるGMOとくとくBB WiMAXなど、他のプロバイダとしっかり比較したうえで検討したほうがよいでしょう。

UQ WiMAXの詳細を見る

BIGLOBE WiMAXの評判

BIGLOBE WiMAXはキャッシュバックや月額割引など、時期によって異なるキャンペーンが展開されています。 口コミでは、キャンペーンについて触れている内容がいくつか見つかりました。

キャッシュバックがあるとして、BIGLOBEをオススメしている声がありました。速度も動画再生程度なら問題ないと語られています。

また、WiMAXプロバイダで口座振替ができる会社は限られているので、クレジットカードを持っていない方や支払いに使いたくない方にも選ばれているようですね。

プレゼントがもらえるが受け取れるまでの待ち時間が長いなど、キャンペーン内容がいまいちと感じるケースもあることがわかります。 申込みの際は、現在展開されているキャンペーンの内容をしっかり確認し、納得の上で申し込みましょう。

上記口コミだとプレゼントの発送時期が書かれていなかったと語られているので、疑問点や不安なことがある場合は事前に問い合わせて確認するのもオススメです。

BIGLOBE WiMAXの詳細を見る

JP WiMAXの評判

JP WiMAXは、月額割引とAmazonギフト券のプレゼントにより、割安でサービスを利用できるのが特徴のプロバイダです。

Amazonギフト券10,000円分還元により割安になるとして、サービスを魅力的に感じている声が見つかりました。

同じような口コミが他にもいくつか見つかりましたが、ルーター発送までの待ち時間が長いのが難点として語られています。 GMOとくとくBB WiMAXやBroad WiMAXなど、プロバイダの中にはルーターを最短即日発送してくれるものもあります。

すぐにWiMAXを使い始めたい場合はキャッシュバック額なども比較しつつ、即日発送のプロバイダを選んだほうがいいでしょう。

JPWiMAXの詳細を見る

@nifty WiMAXの評判

@nifty WiMAXでは、フレッツ光やドコモ光などのプロバイダとしても有名な@niftyが展開しています。

キャンペーン面では2020年6月時点でキャッシュバックなどはありませんが、実際に利用している方からは契約後のアフターサービスに高評価の声が聞かれました。

契約期間更新近くにはしっかりと連絡があり、新機種の割引サービスも受けられるため、そのまま@nifty WiMAXを利用し続けることにした人もいました。多くのプロバイダでは2年や3年の契約期間終了後に契約者自身から何かアクションを起こさない限り、自動更新になってしまうので、知らない間に契約更新月が過ぎていたということもあります。

@nifty WiMAXは契約更新のタイミングを教えてくれるというのは、良心的だといえますね。

こちらの方も「@nifty WiMAXのサポートは信頼できる」と言っています。初めてWiMAXを契約する方など、サポートを重視したい方には注目したいプロバイダですね。

@niftyWiMAXの詳細を見る

評判からわかるオススメのプロバイダは?

ここまで見てきた評判を踏まえると、オススメのプロバイダは高額キャッシュバックキャンペーン月額料金の大幅割引キャンペーンが選べるGMOとくとくBB WiMAXです。

口コミを見るとキャッシュバックキャンペーンを受け取れなかった人もいましたが、受け取れなかったのはメールの確認忘れが原因なので、しっかりチェックしておけば確実にもらえますよ。

また、GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックだけでなく、最新機種でも端末代無料で手に入れられたり、ルーターを最短即日で発送してくれるといったメリットがあります。

また、ウイルス対策ができるセキュリティサービス「インターネット安心セキュリティ」を、通常月額500円(税抜)のところ1年間無料で使えるのも嬉しいポイントです。

口コミを見ると速度やつながりやすさには賛否あったWiMAXですが、GMOとくとくBB WiMAXで申し込むなら20日以内に無料キャンセルができます。他社プロバイダでも「初期契約解除制度」で8日以内ならキャンセル可能ですが、WiMAXを使い続けて大丈夫かどうかじっくり判断できるのも、GMOとくとくBB WiMAXで申し込む大きなメリットといえるでしょう。

お得なキャンペーンを駆使してWiMAXを活用したい方は、GMOとくとくBB WiMAXでの申込みを検討してみてはどうでしょうか。

まとめ

WiMAXは使用しているエリアや機種が人によって異なるため、口コミを調べてみると賛否両論ありました。

速度については電波状況が良ければ100Mbps以上など高速が出ることもあり、速度を求めている方はWiMAXを使う価値が十分にあるといえるでしょう。速度や繋がりやすさについて心配な場合は、事前にUQ WiMAXで「Try WiMAX」を利用し、実際に体感してみるのがオススメです。

また、申し込み時に選ぶプロバイダはいろいろありますが、評判や実際のサービス内容を踏まえて考えると、高額キャッシュバックキャンペーン月額料金の大幅割引キャンペーンが選べるGMOとくとくBB WiMAXを選択肢に入れてみてくださいね。

  関連記事

 - WiMAX