サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

WiMAXのレビューは?サービス・機種・プロバイダの評判を徹底解説!

  /    
  インターネット完全ガイド, 代理店の評判・口コミ

WiMAXの契約を検討している方の中には、「やっぱり実際に使っている人の感想を見ないと決められない」という方も多いのではないでしょうか。

今回は、WiMAX利用者のレビューを「サービス内容」「機種」「プロバイダ」それぞれの角度からピックアップします。

総合的にオススメのプロバイダもあわせてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

GMOとくとくBB WiMAXへの申し込みはコチラから

キャッシュバックキャンペーン

【結論】GMOとくとくBB WiMAXがオススメ!

具体的なレビューをご紹介する前に、今回まずお伝えしたいのが「WiMAXを契約するならGMOとくとくBB WiMAXがオススメ」ということです。

GMOとくとくBB WiMAXはレビューで評判がいいだけでなく、契約時に2020年1月時点で34,500円ものキャッシュバックを受けることができ、実質の月額料金が格安です。

料金プラン 月額料金
標準 キャッシュバック適用後(実質)
ギガ放題プラン
1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円(1ヶ月あたり平均4,227円)
3,352円
7GBプラン
3,609円
2,734円

※2020年1月時点、価格は税抜
※契約期間が3年の場合

ユーザーに人気のWiMAXをお得に契約したいという方は、ぜひGMOとくとくBB WiMAXの利用を検討してみてください。

GMOとくとくBB WiMAXへの申し込みはコチラから

キャッシュバックキャンペーン

WiMAXサービスに関するレビュー

それではいよいよ、WiMAXのサービス内容に関するレビューをチェックしていきましょう。

WiMAXの場合、プロバイダごとの違いは月額料金や契約時のキャンペーンのみで、使用する回線自体はどのプロバイダを選んでも同じです。

そのため、回線速度や対応エリアも基本的には全プロバイダ共通になりますので、これからご紹介するレビューを参考にしてみてください。

回線速度

WiMAXの速度について、利用者の口コミをみてみましょう。

回線速度についてはおおむね満足のレビューが多いものの、場所や時間帯によっては遅くなるという声もありました。 利用者が集中しやすい夜間は回線が混雑し、一時的に速度が落ちることもあるようです。

一方、夜でも昼間と変わらず快適だという声もあり、体感速度は利用している環境によって変わるのかもしれません。

速度制限

WiMAXには3種類の速度制限があります。

速度制限の条件 速度制限後の速度 速度制限後の期間
ギガ放題プラン 3日間に10GB以上通信
おおむね1Mbps
条件到達翌日18時~翌々日2時
ハイスピードプラスエリアモード(LTE通信)で1か月に7GB以上通信
最大128kbps
月末
7GBプランで1か月に7GB以上通信

3日で10GB以上の短期制限はギガ放題プランでも適用されることから、使い心地が気になる方も多いでしょう。

しかし、ユーザーの中には「(条件的には)速度制限されているはずなのに実感がない」という感想を口にしている人も多く、とくにギガ放題の速度制限は制限がかかる時間が限られていることから気付かずに過ごしてしまう人もいるようです。

一方、大量のデータ通信を日常的に行うヘビーユーザーからは、「自分には合わなかった」という声も寄せられています。

速度制限がない完全無制限のWi-Fiルーターを探している方は、どんなときもWiFiがオススメですよ。

どんなときもWiFiの詳細を見る

どんなときもWiFi

対応エリア

WiMAXを契約する際には、WiMAXのエリア検索ページから利用可能エリアを確認しておきましょう。

肝心の使えるエリアについては、利用者の間でも「WiMAX=広い」という認識が定着しているようです。 ただし、どのサービスにもいえることですが、山間部といった田舎ではまだ対応が追い付いていないこともあります。

契約前にはよく行く場所が提供エリア内か、必ず確認してくださいね。

WiMAXのモバイルルーターのレビュー

WiMAXで使えるモバイルルーター本体のレビューをご紹介します。 機種ごとにまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

W06

W06は2020年1月時点の最新機種で、無線接続時はシリーズ最速の最大867Mbps、USBによる有線接続など条件を満たした場合は最大1.2Gbpsという速さを誇ります。

期待値が高い分、レビューでは「もう少し速度が出てもいいのに」という声もチラホラあがっているようですが、実用的には十分快適に利用できる端末といえます。

WX05

WX05は利用者の間で優秀な端末と評価が高く、速度も出ると評判です。

NEC製であることから品質が安定していると考える人も多く、昔からNEC製端末をリピートしている人にとっては信頼できる機種といえるでしょう。

W05

W05も下り最大758Mbpsと機種の性能は申し分なく、体感速度としても速さに満足している人が多いようです。

 

WX04

WX04は国産のWiMAXルーターとしては初めて4G LTE通信に対応したこともあり、発売当初は注目を集めた機種です。

WX04は一部のユーザーから端末のボタンの位置について不満があったものの、速度の評判は上々でした。

W04

W04は2017年発売でありながら2019年最新機種と比べても遜色がないほどバッテリーの持ちがよく、充電を忘れがちな方や外で長時間作業をする方に評判がいい機種です。

速度制限中もとくにストレスがないという声も見られることから、安心して使えるルーターといえるでしょう。

WX03

WX03はそれ以降の機種に比べてサイズがひと回りコンパクトで、重量も20~30グラム軽いことが特徴です。

速度や電波の強さも申し分なく、全体的に評判のよい機種といえます。

W03

W03は端末にSIMロックがかかっていない点を評価するレビューが多く、ユーザーの環境によって自由度の高い使い方をできるところが人気のようです。

専用のクレードルも販売されており、有線での安定した接続を行うこともできます。

WX02

WX02は最新機種まで含めた歴代のWiMAX端末の中でもかなりの薄さ(9.3ミリ)を誇り、重量も95グラムと最軽量級です。

そのデザインのシャープさが気に入っているユーザーの声が多く寄せられていました。

W02

最近の端末に比べると、機種自体の対応速度が下り最大220Mbpsと見劣りするW02ですが、当時の利用者からの評判は上々だったようです。

WXシリーズではWX03まで対応していなかった4G LTE回線(ハイスピードプラスエリアモード)も利用できます。

WX01

WX01は2015年3月の発売でありながら、2020年現在でもチラホラ愛用者のいる人気機種です。

バッテリーの寿命を迎えているケースもあるようですが、速度的には十分実用できるレベルでしょう。

W01

新しい機種に乗り換えた利用者の中にもデザインはW01が一番好きだったという人がいるほど、初期ならではのシンプルさが評価されている機種です。

W01も経年劣化からバッテリーが膨らんでいることに悩むユーザーの声が見られました。

ホームルーターのレビュー

WiMAXルーターには、持ち運びに便利なモバイルルーターのほかに自宅でコンセントにつないで使えるホームルーターがあります。

ここでは、ホームルーターのレビューを見ていきましょう。

HOME L02

2019年に発売されたHOME L02は、LANケーブルでつないだ有線接続で下り最大1.2Gbps、無線接続でも最大876Mbpsの高速通信が可能です。

口コミでも速度を絶賛する声が多く、ビームフォーミング機能が搭載されていることで、離れた部屋からの接続でもつながりやすさがアップしています。

HOME L01s/L01

長い間ホームルーターの人気機種だったL01sは、初期モデルでありながらWi-Fi端末の同時接続が最大42台まで可能で大人数が集まるイベント時にも重宝します。

また、同じWiMAXのモバイルルーターと互換性があるため、シーンに合わせて使い分けたい方にもオススメです。

HOME 01

HOME L01もビームフォーミング機能が搭載されたホームルーターで、安定した接続が可能です。

最大速度は下り440Mbpsですが、上りは最新のL02と同じ最大75Mbpsを誇っており、ファイルのアップロードがスムーズに行えます。

端末のアップデートは自動ではなく手動の操作が必要なため、注意が必要です。

プロバイダ別のレビュー

WiMAXを使い始める際、機種と同じくらい迷ってしまうのが「どのプロバイダを選べばいいのか」ということではないでしょうか。

ここからは、プロバイダごとのレビューをご紹介していきます。

UQ WiMAX

UQ WiMAXはWiMAX回線を提供している本家プロバイダということもあり、月額料金は公式価格でとくに大きな割引はありません。

電話窓口での丁寧な対応といった本家ならではの信頼感が魅力でしょう。

UQWiMAXの申し込みはこちらから

UQWiMAX

GMOとくとくBB WiMAX

料金の安さで選ぶなら、キャッシュバック額の大きいGMOとくとくBB WiMAXがオススメです。

レビューでもキャッシュバックに魅力を感じている声が多く、料金面ではもっともお得なプロバイダといえるでしょう。

事前のエリア判定が「○」だったにも関わらず自宅でWiMAXがつながらない場合、20日以内であれば違約金なしでキャンセルできるので安心して契約できます。

GMOとくとくBB WiMAXへの申し込みはコチラから

キャッシュバックキャンペーン

BIGLOBE WiMAX

WiMAXプロバイダの中には支払い方法がクレジットカードのみのところもありますが、BIGLOBE WiMAXでは口座振替が選べます。

更新月をメールで通知してくれるところも利用者に評判がいいようです。

BIGLOBE WiMAXの申し込みはコチラから

BIGLOBE WiMAX

@nifty WiMAX

@nifty WiMAXも安さにはそこそこ定評があるようです。

@nifty WiMAXは更新月が迫ると電話で連絡が来ます。 更新すると割引といった特典を受けられるため、メリットに感じる人がいる一方で、人によってはこういった電話連絡をしつこく感じてしまうケースもあるようです。

@niftyWiMAXの申し込みはコチラから

@niftyWiMAX

So-net WiMAX

光回線のプロバイダとしても人気が高いSo-netが運営するWiMAXプロバイダです。

WiMAXは現在3年契約が主流のため、「そんなに長く端末がもつのかな」と不安な方もいるのではないでしょうか。 So-netにはそういった不安を解消する機種変更サービスがあります。利用した期間に応じて無料、もしくは格安で新しい機種を手に入れられるため、「最新機種が出たら乗り換えたい」と考えている方も安心です。

So-net WiMAXの申し込みはコチラから

So-net WiMAX

Broad WiMAX

Broad WiMAXは契約時のキャッシュバックがない代わりに元々の月額料金が安く設定されています。

さらに、解約時にも指定の他社回線には違約金なしで乗り換えることができ、負担が少ないと評判のようです。

BroadWiMAXでは乗り換えで発生した他社の解約違約金も、最大19,000円まで負担してくれますよ。

Broad WiMAXの申し込みはコチラから

Broad WiMAX

カシモWiMAX

カシモWiMAXはリーズナブルな料金が人気のプロバイダです。

「申し込みの翌日には端末が手元に届いた」という喜びのレビューもありました。

カシモ WiMAXの申し込みはコチラから

カシモ WiMAX

レンタル利用できるTry WiMAXのレビュー

WiMAXには利用を検討している人向けに15日間無料で端末を貸し出してくれる「Try WiMAX」というサービスがあります。

申し込みから端末到着まで最短1日とスピーディーで、思い立ったときにすぐ試せるところが魅力です。

レンタル期間が約2週間とたっぷり設けられていますが、期限前にリマインダメールが届くため、うっかり返却期限を忘れてしまわないか心配という方も安心です。返却期限までゆっくりと使い心地を試せます。

有料のWiMAXレンタルサービスならFUJI Wifi

Wi-Fiルーターのレンタル会社・FUJI WifiのWiMAXプランは、いつ解約しても解約金がかかりません。

お試しで使ってみたい場合や近々引っ越しの予定がある場合に重宝します。

 

FUJI WiFiの申し込みはコチラから

FUJI WiFi

WiMAXの利用に向いている人

ここまでさまざまなレビューをご紹介してきましたが、「そもそもWiMAXってどういう人が利用するサービスなのか」「自分にWiMAXが向いているのかどうかよくわからない」という方もいるのではないでしょうか。

ここでは、WiMAXの利用に向いている人の条件をピックアップしました。

  • 格安で高速回線を使いたい人
  • 外出先でも利用したい人
  • 手間をかけずにすぐ利用を始めたい人

ぜひ参考にしてみてください。

格安で高速回線を使いたい人

モバイル通信サービスには現在さまざまな種類のものがありますが、中でもWiMAXは通信速度の速さが魅力のひとつです。

さらに、月間データ通信量が無制限のプランでもプロバイダによっては月額3,000円程度と格安になっています。 「とにかくお得にストレスなくインターネットを楽しみたい」という方に向いているといえるでしょう。

外出先でも利用したい人

WiMAXのモバイルWi-Fiルーターはどれも コンパクトなため、どこにでも気軽に持ち運べます。

公共無線LANがない場所でも好きなタイミングでWi-Fiに接続でき、出張や遊びで外に出かける機会の多い方は重宝するでしょう。

手間をかけずにすぐ利用を始めたい人

インターネットの申し込みというと、開通までに時間がかかる、工事の立ち会いが面倒くさいというイメージを持っている方が多いかもしれません。

しかしそれはすべて固定回線の話で、WiMAXなら工事は一切不要、ルーター本体が手元に届き次第すぐにインターネットを使い始められます。 とくにGMOとくとくBB WiMAXなら最短即日でルーターを発送してもらえるため、時間や手間をかけずにWi-Fi環境を整えたい方にぴったりです。

まとめ

実際の利用者のレビューをチェックして「自分もWiMAXを契約してみよう」と決心した方には、2020年1月時点で34,500円の高額キャッシュバックキャンペーンが受けられるGMOとくとくBB WiMAXからの申し込みをオススメします。

WiMAXはどのプロバイダを選んでも使用する回線自体は変わらず、速度や安定性に差はありません。

だからこそ、高額キャッシュバックで月額料金を安く抑えることができ、20日以内であれば違約金なしで解約手続きができるなど、プロバイダとしての対応も評判がいいGMOとくとくBB WiMAXを選ぶのが賢い選択といえるでしょう。

今回ご紹介した内容を参考に、ぜひ格安料金でお得にWiMAXを利用してみてください。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

  関連記事

 - インターネット完全ガイド, 代理店の評判・口コミ