サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

WiMAXの口コミはよいの?よい評価と悪い評価を徹底解説!

WiMAXの口コミは良い?良い評判も悪い評判も徹底解説

WiMAXに限らず、インターネット回線を契約する際は、申し込み前に口コミを確認しておくのがとても大切です。実際のユーザーからの口コミを見ることで、機能面やサービス内容が自分に合っているか判断しやすくなるでしょう。

ここではピックアップした口コミをもとに「WiMAXの評判はよいのか」について解説していきます。WiMAXを使いたいけど、光回線とWiMAXのどちらを使うか悩んでいる人は参考にしてみましょう。

WiMAXの口コミ評価

以下の4つのポイントに関して、WiMAXの評価を口コミから調査しました。

  • 通信速度
  • 速度制限
  • 対応エリアや繋がりやすさ
  • 端末性能

通信速度の口コミ

WiMAXの通信速度は、最大速度が867Mbpsと、口コミでは高速通信ができると評判です。

なかには「Wi-Fiルーターを窓際などに置けば通信速度が速くなる」という口コミもありますので、速度が思っていたよりも遅いと感じたら試してみるのもよいかもしれません。

建物の構造・立地から電波を受けにくい可能性もあります。

速度制限の口コミ

WiMAXは「ギガ放題プラン」に加入すれば使い放題になるサービスですが、3日間で10GB使うと速度制限がかかります。

WiMAX 3日で10GB使うと速度制限

速度制限に対しては「見たい動画が見られない」「ダウンロードが途中で切れた」など、欲が満たせないことからネガティブなイメージを抱かれがちです。しかし、再生画質の設定を変えるなど一工夫すればとくに問題はありません。

「高画質設定で動画が見られないのは嫌だ」と思っている人もいますが、1日4時間以上の動画視聴をしない限り、3日間で10GBを超えることはありません。

対応エリアや繋がりやすさの口コミ

WiMAXに限らずポケットWi-Fiは、提供エリアが狭いのではと思われがちですが、スマホやタブレットの急速な普及により、広い範囲で使えるようになっています。地上はもちろんですが「ハイスピードプラスエリアモード」を使えば地下鉄での通信も可能です。

しかし、いまだにWiMAXの提供エリアではない一部地域もあります。契約する前に自宅やよく行く場所に「電波が届いているのか」確認しておきましょう。

ただしハイスピードプラスエリアモードは(7GB以上使用すると速度制限がかかってしまうので、使い放題だと勘違いしないように注意しておきましょう。

端末性能の口コミ

WiMAXのルーターの性能をまとめて比較

WiMAXを契約するとき、いくつかの機種からWi-Fiルーターを選べます。製造された時期などによって機能性に差がありますので、口コミを参考にしっかり比較しておきましょう。

最新の高スペックルーターでサクサク高速通信に満足している人もいれば、バッテリー消耗が激しいと不満を持つ人とさまざまです。

WiMAXが現在販売している最新主要ルーターの性能を比較してみましょう。

機種 W06W06 WX05WX05 HOME L02L02
最大通信速度 WiMAX2+:588Mbps
ハイスピードプラスエリアモード:867Mbps
440Mbps WiMAX2+:588Mbps
ハイスピードプラスエリアモード:867Mbps
バッテリー
持ち時間
連続通信:約9時間
連続待受:約800時間
連続通信時間:最大約18時間
連続待受:最大400時間
ホームルーターのため内蔵なし
備考 高性能ハイモードアンテナ内蔵Wi-Fi TXビームフォーミング搭載 WiMAXハイパワー対応 高感度アンテナ内蔵Wi-Fi TXビームフォーミング搭載

上記の3機種は今まで販売されたWiMAXよりも最大速度が速かったり、アンテナ性能も優れたものです。上記以外の古いルーターを選んでしまうと通信速度が思うほど出ない場合がありますので、ルーター選びも大切です。

また、WiMAXはどのルーターを選んでも対戦型オンラインゲームには向いていない側面があります。用途別に使用感をのせている口コミもありますので、自分と同じ使用環境の口コミを探してみるとよいでしょう。

主要プロバイダに関する口コミ

WiMAXのプロバイダを選ぶポイント

WiMAXを取り扱うプロバイダは数十社ですが、評判の良し悪しはプロバイダごとに異なります。主要のWiMAXプロバイダの口コミをチェックしましょう。評判の良し悪しが違う理由は、キャンペーンの内容とサポート体制にあるようです。

UQ WiMAXの口コミ

UQ WiMAXは回線を展開するUQコミュニケーションズが運営するプロバイダなので、本家的な立ち位置にあり安心して契約できると思われがちですが、評判の良し悪しは分かれています。

UQ WiMAXによい印象を抱いている人は、店舗があることを理由に挙げています。

https://twitter.com/M_iraaaa/status/911243025220698112

GMOとくとくBBの口コミ

GMOとくとくBBはWiMAXプロバイダのなかでもっとも高額なキャッシュバックを開催しており、実質の利用料金が大幅に安くできることで好評を得ています。

https://twitter.com/TkkoTkko8/status/1140469400421584896

キャッシュバックがお得な代わりに「キャンペーンを受ける方法が難しい」と感じている声も見かけるので、人によって向き不向きは分かれるようです。

https://twitter.com/choo_rip/status/1142793045726785538

手続きが難しいと感じる人も、方法と注意点をしっかり押さえておけば簡単にキャッシュバックがもらえます。契約後の手続きが不要な月額割引コースも用意しているので、間口が広いプロバイダといえます。

またGMOとくとくBBでは「サポート窓口の対応が良かった」との口コミが挙がっています。

https://twitter.com/awaji_yuta/status/1059352894145581057

サービス内容・対応ともに定評があり、他のプロバイダよりもGMOとくとくBBに好印象を抱いている口コミもありました。

BIGLOBEの口コミ

BIGLOBEは固定回線のプロバイダとして有名ですが、キャンペーンがお得なWiMAXのプロバイダとしても知られています。

定期的に「キャッシュバック」か「月額割引」を実施しているBIGLOBEはお得にWiMAXを契約できるプロバイダとして評判です。その反面、オンライン上での解約ができない点に不満を抱いている人もいます。

電話解約は、時間帯によってつながりづらいという口コミもあれば、すぐつながってスムーズに解約できたという口コミもあります。サポートセンターの時間を確認して電話する必要はあります。

@niftyの口コミ

@niftyも固定回線のプロバイダとしてだけでなく、WiMAXのキャンペーンプロバイダとして人気の事業者です。

@niftyは、タイミングが良ければ2万〜3万円もの高額キャッシュバックがもらえますが、キャンペーンプランが1ヶ月ごとに変わるのでいつでもオススメのプロバイダというわけではありません。

@niftyが実施するキャンペーンの内容を見て、キャッシュバックの金額が3万円以下であれば、他のプロバイダとも比較してみましょう。その月によっては他のキャンペーンの方がお得なこともあります。

so-netの口コミ

So-netも以前から固定回線のプロバイダとして名が通っていて、WiMAXでも月額割引などのキャンペーンを実施中のプロバイダとして人気です。So-netの口コミを調査したところ、3年間の月額利用料金がずっと低額との声がありました。

3年間の利用料金が月額3,280円になるのは事実でしたが、So-netにはキャンペーンの内容が変わりやすい特徴もあります。

2019年7月からは、割引金額が減り月額料金が値上がりしました。さらに、So-netでWiMAXを契約した際に月額料金が3,380円になるのは最初の1年間だけで、13ヶ月目以降は4,379円です。

利用期間 月額料金
1~12ヶ月目 3,380円
13ヶ月目以降 4,379円

サポート体制に不満を感じる人は見かけませんでしたが、キャンペーンの内容が変わりやすいので自分に合っている料金プランかどうか、しっかり情報収集しましょう。

口コミからわかるWiMAXのメリット・デメリット

次に、さまざまな口コミを分析してWiMAXのメリットとデメリットをまとめてみましょう。デメリットに対する対策が見えてくれば、WiMAXを選ぶメリットが膨らむかもしれません。

メリット デメリット
  1. 通信速度が速い
  2. 性能がWi-Fiルーターが揃っている
  3. キャンペーンプロバイダでの契約で実質利用料金が安くなる
  1. 3日で10GB使うと速度制限を受ける
  2. 提供エリア外、接続が安定しない地域がある
  3. オンラインゲームには不向き
  4. キャンペーンの内容を比較して契約プロバイダを決める必要有

メリット

口コミから見えるWiMAXのメリットは3つです。

  • 通信速度が速い
  • 性能がWi-Fiルーターが揃っている
  • キャンペーンプロバイダでの契約で実質利用料金が安くなる

WiMAXは、最大通信速度が867Mbpsと高速です。性能がよいWi-Fiルーターを使えば実際に出る速度も速くできます。契約するときのWi-Fiルーター選びで通信速度は左右されますが、最新モデルを利用すれば通信速度は安定します。

最新のWiMAXルーターは性能が高いので、あとでご紹介するデメリットへの対策をしておけば十分快適な回線になるでしょう。

キャンペーンを行っているプロバイダで契約して、利用料金を安くできるところもWiMAXの魅力です。WiMAXを取り扱うプロバイダのほとんどはキャッシュバックか割引どちらか(もしくは両方)のキャンペーンを開催しているので、利用料金を安くできるチャンスがあふれています。

デメリット

口コミから見えるWiMAXのデメリットは5つあり、契約前の備えが必要です。

  • 3日で10GB使うと速度制限を受ける
  • 提供エリア外、接続が安定しない地域がある
  • オンラインゲームには不向き
  • キャンペーンの内容を比較して契約プロバイダを決める必要有

WiMAXの契約では、ギガ放題プランでインターネット使い放題になりますが、3日間で10GBを超えて使うと翌日の18時から翌々日の2時まで速度制限がかけられます。

速度制限がある点はたしかにデメリットですが、1Mbps出ていれば標準画質で動画は見られます。よほど画質への強いこだわりがない限り、致命的なデメリットになりません。

10GBでは高画質動画を約13時間、標準画質動画を約47時間まで楽しむことができます。10GBを超えて制限がかかるということは、それだけ長時間動画を見ているとことになります。10GBというボーダーラインは、健康的にもほどよいサービスプランかもしれません。

データ容量の目安
UQ WiMAX:データ量の目安

2つ目のデメリットは「提供エリア」です。2019年現在でも、まだWiMAX提供エリアは限られています。契約する前に、家やよく出向く外出先が提供エリア内かどうか確認しておきましょう。

WiMAXの提供エリアは、UQ WiMAX公式サイトのサービスエリアページで確認できます。

UQ WiMAX サービスエリアページ
https://www.uqwimax.jp/wimax/area/ 

「ピンポイントエリア判定を見る」を選んで、「住所からピンポイント判定」を選択します。WiMAXを利用しようと思っている場所の住所を入力すると「○△×」で提供エリアなのかを教えてくれます。

○と判定されば提供エリア内なので、安心して好きなプロバイダでWiMAXを申し込めます。しかし、WiMAXは応答速度が不安定なので、オンラインゲームでインターネット回線を利用したい人には不向きです。

また、キャンペーン実施中のプロバイダは何種類もありますので、特典内容を比較して契約先を選ぶ必要があります。「毎月の負担を減らしたいのか」「契約中の総額を安くしたいのか」自分が求めるキャンペーンを選びましょう。

WiMAXを取り扱うプロバイダのサポートに対する評判は、賛否両論です。対応が悪いのは誰しもストレスになります。対応が親切だったという口コミを探して、プロバイダを選ぶ参考にしてみましょう。

WiMAXの利用が向いている人

口コミを総合的に分析すると、WiMAXの利用が向いているのは次の項目に当てはまる人です。

  • 料金の安さを重視している人
  • ポータビリティを重視している人
  • 工事不要で手軽に利用を始めたい人

料金の安さを重視している人

低コストでインターネットを使いたい人にWiMAXをオススメする理由は、プロバイダごとのキャンペーン契約で利用料金を安くできるからです。

光回線の利用料金は戸建てで月額5,000円、マンションで月額4,000円が相場です。3年契約で負担する費用は、144,000〜180,000円と高額になります。

住居タイプ 月額料金 3年間の負担費用
戸建て 5,000円 180,000円
マンション 4,000円 144,000円

※主要サービスの相場料金を記載しています。

WiMAXの基本月額も「ギガ放題プランで4,380円」と安くはありませんが、キャンペーン開催中のプロバイダで契約すれば光回線よりも安くなります。キャンペーンを実施しているプロバイダを中心に、WiMAXを3年間利用する場合の負担費用をまとめました。

月額料金端末代金キャッシュバック3年間実質料金
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
(キャッシュバック)
4,263円0円34,800円120,360円
JP WiMAX
JPWiMAX
3,500円0円10,000円124,800円
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
(割引)
3,480円0円0円125,660円
BIGLOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAX
3,980円19,200円10,000円155,480円
Broad WiMAX
Broad WiMAX
3,411円0円0円131,626円
nifty WiMAX
@nifty WiMAX
4,350円1円
(初回のみ)
0円158,241円
so-net WiMAX
So-net WiMAX
4,379円0円0円148,656円
UQ WiMAX
UQ WiMAX
3,880円15,000円3,000円154,680円

上記の表を見てのとおり、キャンペーン開催中のプロバイダで契約すればWiMAXは光回線よりも低料金の回線になります。

ポータビリティを重視している人

外でWi-Fiを使いたいと思っている人もいるのではないでしょうか。WiMAXは持ち運びができるポケットWi-Fi対応事業者なので、外でのWi-Fi持ち運びが可能です。

ポケットWi-Fiを利用すれば外でもインターネットが使い放題になるので、家と外の両方で動画を見たい、仕事でもWi-Fiを使おうと考えている人にもWiMAXは向いています。

工事不要で手軽に利用を始めたい人

通常、インターネットの固定回線を契約すると配線工事が必要になります。工事費用を負担する場合もありますので、インターネット回線の契約が面倒と感じている人も少なくありません。

WiMAXは固定回線と違って工事が不要なので、初期工事費用がかからず契約手続きが簡単です。WiFiルーターのボタンを押せばすぐにインターネットにアクセスできます。

安さ重視で選ぶならオススメはGMOとくとくBB

GMOとくとくBBの魅力

利用料金の安さを重視してWiMAXのプロバイダを選ぶのなら、オススメは「GMOとくとくBB」です。

最大34,800円のキャッシュバックがもらえる「GMOとくとくBB」は他社よりも還元額が高く、実質利用料金を安く設定できます。

キャッシュバックをもらうには11ヶ月目に手続きが必要ですが、注意さえしておけば無事に受けられます。手続きが面倒と感じる人向けに、自動適用される月額割引コースもありますので「GMOとくとくBB」は選びやすいプロバイダといえます。

キャッシュバックと月額割引コースのどちらを選んでも、実質利用料金は格安になるのが魅力です。

プロバイダ 1~2ヶ月目 3~36ヶ月目 37ヶ月目以降
GMOとくとくBB
(月額割引)
2,170円 3,480円 4,263円
GMOとくとくBB
(キャッシュバック)
3,609円 4,263円 4,263円
UQ WiMAX 3,880円    

※ギガ放題プランで比較をした場合

月額料金で比べても格安なことが見てとれますが、3年間の実質支払い額で比べると、他社よりも20,000円以上お得になることもあります。

「GMOとくとくBB」は20年以上もプロバイダ事業を行っている老舗なので信頼性も持ち合わせています。

まとめ

WiMAXは「通信速度の評価が良く」「端末の性能も高く」「キャンペーンプロバイダで申し込めば利用料金を安くできる」回線です。

ウェブサイトや動画を見るのがメインで、利用料金を「安くしたい」人にとってWiMAXは優良回線といえるでしょう。

プロバイダではさまざまな口コミがあるなか、GMOとくとくBBは料金プランやサポート体制に定評があります。

もしWiMAXの回線にするのなら料金の安さだけではなく、サポートも充実している「GMOとくとくBB」がオススメです。

  関連記事

 - スマホをもっと上手く使う, 今更聞けないネット選びの基礎知識