サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

【完全版】インターネット光回線16社をジャンル別に徹底比較

  /    
  ネットまるごと完全比較

料金や速度で比べてサクッとわかる 光回線16社を徹底比較

「インターネットを引きたい!」
「安くて速い回線に乗り換えたい!」

ここ数年で光回線はかなり増えていて、どこが1番安いのか、そもそも何が違うのかさえも分からない状態で困ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そんなお困りの方に、インターネット回線の営業を行っていた私が、各光回線の月額料金やお得な情報を比較してみました。
より多くの光回線の中から一番いいものを選ぶために、考えるべきポイントの解説を交えながらお伝えしてまいります。

新しい光回線をお探しの方は、是非チェックしてみて下さいね!

オススメ記事:【最新版】一番安いインターネット!光回線ランキングTOP10

【知っておきたい!】光回線を選ぶ際のポイント

まず、それぞれの光回線を比較する前に、一番いい光回線を選ぶポイントをお伝えします。

  • 月額料金はお得かどうか
  • キャッシュバックや月額料金割引は適用されるのか
  • 工事費はいくらかかるのか
  • 通信速度はどれくらいなのか

それでは順に解説していきます。

月額料金はお得かどうか

それぞれの光回線によって、また戸建てかマンションによっても月額料金は以下の表のように異なります。

光回線 戸建て:月額料金 マンション:月額料金
auひかり 5,100円 3,800円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円
So-net光プラス 3,980円〜 2,980円〜
NURO光 4,743円 2,500円

上記の表のように、各光回線によって月額料金は様々です。

スマホとのセット割ができる

お使いのスマホの会社が、光回線のサービスも提供している場合には、スマホ+光回線のセットでスマホ料金が安くなる「セット割」があります。
主なスマホのキャリアでは、以下のようになっています。

携帯会社 光回線 セット割名 割引額
au auひかり auスマートバリュー 最大1,000円
Softbank ソフトバンク光 おうち割 光セット 最大1,000円
docomo ドコモ光 (新)ドコモ光セット割 最大1,000円
(旧)ドコモ光セット割
最大3,500円

このように、光回線だけではなくお使いのスマホを基準に選ぶと、通信費を節約できてお得に使えますよ♪

キャッシュバックや月額料金割引は適用されるのか

光回線によっては、お申込み時に数万円の高額キャッシュバックがもらえるところがあります。
例えば、主な光回線のキャッシュバックとしては以下のような感じになっております。

光回線 キャッシュバック額
auひかり 最大60,000円
ソフトバンク光 最大33,000円
ドコモ光 最大20,000円&dポイント5,000pt
NURO光 最大45,000円

キャッシュバック以外にも、月額料金が数年間割引で提供されている回線もあります。
長い目で見て、月々の料金が安いのは嬉しいですよね♪

工事費はいくらかかるのか

こちらも各光回線の事業者により、様々です。
申し込みの際に、光回線の初期費用については申し込み先のサイトなどでよくチェックしましょう。
「工事費無料」としている事業者も少なくないので、その点も含めて光回線を選ぶとお得です♪

通信速度はどれくらいなのか

料金も大切ですが、インターネットは長く使っていくものなので通信速度も選ぶうえで大切なポイントとなってきます。

光回線 速さの快適度 通信速度
auひかり 〇~◎ 最大1Gbps
ソフトバンク光 最大1Gbps
ドコモ光 最大1Gbps
So-net光プラス 最大1Gbps
NURO光 最大2Gbps

このように、NURO光だと他回線に比べて2倍もの速度でインターネット通信ができます。
詳しくは、1番速度が速い光回線は!?で解説していきます。

光回線の選び方

光回線を選ぶときは、月額料金だけ比較するのではなく「スマホとのセット割」や「申し込みで受けられる特典」にも注目することで、損をせずお得に契約できます。

サクッと光編集部で調査した結果、持っているスマホ・携帯によって次のチャートのように選ぶのが最も良い選択であることがわかりました!

オススメの光回線
一番いい光回線を選ぶためにもぜひ参考にしてみてくださいね!

インターネット16回線を分かりやすく比較♪

それでは早速比較していきたいと思うのですが、今回比較する回線数はなんと16回線。聞いたことがあるものから知らなかったものまで集めて、より多くの回線を比較出来るようにしました。

しかし、16回線全てを比較するのは難しいし、全部見ていたらキリがありませんよね。なので、それらを大きく4つのジャンルに分けて、見分けやすいようにまとめてみました。

それぞれジャンル別に分かりやすく解説していますので、あなたにピッタリの光回線を選んでみて下さい。それでは紹介していきます。

ジャンル1:ケータイ会社の光回線×3

ケータイ会社 ホーム
マンション
特典 CB
auひかり 5,100円
3,800円
工事費無料 最大60,000円
ソフトバンク光 5,200円
3,800円
工事費無料 最大33,000円
ドコモ光 5,200円
4,000円
無線LAN無料 最大20,000円・dポイント5,000pt

auひかり:ずっとギガ得プラン ドコモ光:タイプA

今安くインターネットを使いたいなら「ケータイ会社が出している光回線」から選ぶことが最もおすすめです。

何故なら、スマホとセットにすることで割引が入るからですね。光回線は数多くありますが、セットにすることでオンリーワンに安い回線となるんです。

また、スマホの割引以外にも高額キャッシュバックが魅力で、他と比較してもとにかく安くてお得に申し込むことが出来ます。

ケータイ3キャリアのスマホユーザーは是非セットにしてまとめてみましょう。

auひかり

auひかり

  • ホーム:月額5,100円
  • マンション:月額3,800円
  • 最大60,000円キャッシュバック

ソフトバンク光

ソフトバンク光

  • ホーム:月額5,200円
  • マンション:月額3,800円
  • 最大33,000円キャッシュバック

ドコモ光

ドコモ光

  • ホーム:月額5,200円
  • マンション:月額4,000円
  • 最大20,000円&5,000ptキャッシュバック

ジャンル2:プロバイダーの光回線×5

プロバイダー ホーム
マンション
特典 CB
So-net光プラス 3,980円〜
2,980円〜
月額料金大幅割引
OCN光 5,100円
3,600円
12,000円
BIGLOBE光 4,980円
3,980円
工事費無料 25,000円
@nifty光 4,500円〜
3,400円〜
15,000円
DMM光 4,820円
3,780円
工事費無料

※スマートフォンの場合は横にスクロールします。

プロバイダーや通信系の会社が出している光回線。これらは「光コラボレーション」といって、NTTフレッツ光の回線を使って提供している光回線になります。

プロバイダーが出している光回線はこの5回線よりもたくさんありますが、これらには全て以下の共通点があります。

  • フレッツ光から乗り換える場合はそのまま「転用」出来るので工事が入らない&フレッツ光の違約金も免除
  • SIMのセット割がある
  • NTT回線の加入者が多いので混雑しやすい(速度が遅い)
  • これらの回線はサービス開始から日が浅いので、サポートが不十分な場合も

「フレッツ光からの乗り換えがカンタン」というメリットはありますが、SIMカードの割引は数百円程度でどれも少額です。

また、評判もまちまちですし、スマホキャリアの光回線と比べるとキャッシュバックも少ないので「これらのプロバイダーに特別なこだわりがある」という場合でなければ、プロバイダーの光回線を選ぶメリットは少ないです。

So-net光

So-net光プラス

  • ホーム:月額3,980円〜
  • マンション:月額2,980円〜
  • 月額料金大幅割引キャンペーン

OCN光

OCN光

  • ホーム:月額5,100円
  • マンション:月額3,600円
  • 12,000円キャッシュバック

BIGLOBE光

BIGLOBE光

  • ホーム:月額4,980円
  • マンション:月額3,980円
  • 25,000円キャッシュバック

@nifty光

  • ホーム:月額4,500〜円
  • マンション:月額3,400〜円
  • 15,000円キャッシュバック

DMM光

DMM光

  • ホーム:月額4,820円
  • マンション:月額3,780円
  • 工事費無料

ジャンル3:地域限定の光回線×6

光回線 エリア ホーム
マンション
特典 CB
NURO光 関東+東海+関西 4,743円
2,500円
工事費無料 45,000円
コミュファ光  東海 5,130円
3,880円
工事費無料 最大35,000円
eo光 近畿+福井 4,953円
3,524円
工事費無料 10,000円
ピカラ光 四国 4,600円
3,400円
工事費無料 25,000円
メガエッグ 中国 4,200円〜
3,200円〜
工事費無料 20,000円
BBIQ光 九州 4,700円
3,800円〜
20,000円

※スマートフォンの場合は横にスクロールします。

エリア限定で提供している光回線もあります。その地域でしか申し込めないのと、県外に引越す場合には引き継ぎが出来ないデメリットがありますが、

  • 料金が安い!
  • キャンペーンが多い!

という、なんとも嬉しいメリットがあります。

もしあなたの地域の光回線があればとってもお得なので是非チェックしてみて下さい。

NURO光

NURO光

  • ホーム:月額4,743円
  • マンション:月額2,500円
  • 45,000円キャッシュバック

コミュファ光

コミュファ光

  • ホーム:月額5,130円
  • マンション:月額3,380円
  • 30,000円キャッシュバック

eo光

eo光

  • ホーム:月額4,953円
  • マンション:月額3,524円
  • 10,000円キャッシュバック(商品券)

ピカラ光

ピカラ光

  • ホーム:月額4,600円
  • マンション:月額3,400円
  • 25,000円キャッシュバック

メガエッグ

  • ホーム:月額4,000円〜
  • マンション:月額2,200円〜
  • 20,000円キャッシュバック

BBIQ光

BBIQ光

  • ホーム:月額4,700円
  • マンション:月額3,800円〜
  • 20,000円キャッシュバック(商品券)

ジャンル4:定番の光回線×2

定番光回線 ホーム
マンション
特典 CB
フレッツ光 6,100円
4,250円
5,000円
ケーブルテレビ 6,000円
5,200円
5,000円

フレッツ光:東日本にねん割OCN

「インターネット」と聞いてまず思い付くのがこの2回線ですよね。こちらも特徴をまとめてみたいと思います。

【メリット】

  • 加入者が多くて安心
  • 知名度がある

【デメリット】

  • 料金が高い
  • 加入者が多くて回線が混みやすい

昔から長く提供し続けていて知名度もあるので「迷ったら定番の回線にしておけば間違いない」と思っている人も多いと思います。

ですが現在ではキャッシュバックなどのキャンペーンも無くなり、値下げもなかなかしないので今では「高い回線」となってしまいました。

他にももっと安い光回線が新しく出てきているので、今から昔定番だった回線を契約するメリットはほとんどありません。

FLETS光

フレッツ光

  • ホーム:月額6,100円
  • マンション:月額4,150円
  • 5,000円キャッシュバック

JCOM

J:COM

  • ホーム:月額6,000円
  • マンション:月額5,200円
  • 5,000円キャッシュバック

あなたが選ぶべき光回線はコレ!

数多くの光回線をジャンル別にまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。あなたにとってピッタリの光回線は見つかりましたでしょうか。

「たくさんありすぎて結局どれを選べばいいか分からなかった!」

というあなたのために、次には紹介した光回線の中からオススメを紹介していきますので、最後にこちらを参考にしていただければと思います。

「スマホとセット」にするのが1番おすすめ

数多くの光回線を比較すると、毎月の料金はほとんど横並びで、大きくは変わりませんでした。

しかし、スマホと同じ光回線にした場合に限り、セットで1,000円以上もの割引が入るため、あなたにとってオンリーワンに安くなる光回線に変わります。

せっかくスマホを使っているのにわざわざ光回線をバラバラで持つ理由もありませんよね。もしあなたがau、ドコモ、ソフトバンクのスマホを使っているなら是非まとめてみましょう。

au割引対象の光回線

auの携帯・スマホをお持ちの方は次の順に光回線を検討しましょう。

  1. 関西・東海・沖縄以外にお住まいならまずは「auひかり」
  2. auひかりを申し込んだけどエリア外だった…という方は「So-net光プラス」
  3. 関西にお住まいなら「eo光」
  4. 東海にお住まいなら「コミュファ光」

上記4つの光回線はどれも「auスマートバリュー」対象でauスマホとの割引が適用できます。

契約しているau回線1つ1つから割引がかかるので、通信費の大幅な節約が見込めますよ!

まずは最大60,000円キャッシュバックが最短翌月末にもらえるauひかりから検討してみましょう。

auひかりのデメリットとしては、NTTの回線と比べて提供エリアが狭く契約したくてもできない場合があります。

エリア外だった場合は、月額料金が3年間大幅に割引されるSo-net光プラスがオススメですよ。

そのほか関西にお住まいなら「eo光」、東海にお住まいなら「コミュファ光」といった風に選ぶとそれぞれ特典が多くオススメです。

auひかりのキャッシュバックキャンペーン詳細は次のページをご覧ください。

auひかりの詳細を見る

ドコモ割引対象の光回線

docomoのスマホ・携帯をお使いの方は、光回線で唯一スマホとのセット割が適用されるドコモ光一択です。

ギガホ・ギガライトを契約していると1回線ずつ、旧データプラン・シェアパックを契約していると主回線から割引されます。

ドコモ光を契約するなら速度面・特典面どちらをとってもお得に契約できるGMOとくとくBBから申し込むのがオススメです!

高性能無線LANルーターが無料でレンタル出来たり、最大20,000円のキャッシュバックと5,000dポイントがもらえますよ。

混雑を回避して通信できる方式「v6プラス」を採用しているため速度に関する評判がいいのも安心できます。

ドコモ光×GMOとくとくBBの詳細を見る

ソフトバンク割引対象の光回線

SoftBankのスマホをお使いの方は「1.NURO光」、「2.ソフトバンク光」の順に契約を検討しましょう。

どちらもSoftBankとのセット割である「おうち割光セット」の対象ですが、単純に速度が速くて料金や特典もお得なNURO光をできれば契約したいところです。

  NURO光 ソフトバンク光
月額料金 4,743円 5,200円
キャンペーン 4.5万円キャッシュバック 最大3.3万円キャッシュバック
乗換時、違約金を10万円まで負担
乗換時、2.4万円分の割引か商品券
最大速度 2Gbps 1Gbps
提供エリア 北海道
関東:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県
関西:大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県
東海:愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
九州:福岡県、佐賀県
全国

しかし、NURO光のデメリットとして、提供エリアが都市部中心で狭いため、契約したくてもできないことも。

まずはNURO光のエリア確認をしてみて、エリア外だったらソフトバンク光を検討してみましょう。

関連記事:NURO光とソフトバンク光の決定的な違い!それぞれオススメできる人を解説

1番お得な光回線は!?

「スマホ関係なく安くてお得な光回線を選びたい!」

そんな時には、毎月の料金だけでなく「キャンペーン」も合わせて比較すると、1番お得な光回線が見えてきます。

いくら毎月安い光回線があったとしても、工事費が別途かかったり、キャッシュバックがなかったりすると「ネット料金が安い光回線」ではあるけど「お得な光回線」ではありませんよね。

というわけで、それらも合わせた「お得」な2つの光回線を紹介します。

auひかり(キャッシュバックNO.1)

auひかりのネット料金は5,100円ですが、利用2年目には100円割引の5,000円、3年目からは4,900円で使えるようになる嬉しい料金プランになっています。

さらに、キャンペーンとしては工事費無料と、最大60,000円のキャッシュバックを行っています。

他社と比べた中でも1番キャッシュバックが高額なので、スマホ関わらずお得に申し込みたいならオススメです。

auひかりの詳細を見る

NURO光(エリア限定)

NURO光のネット料は4,743円と破格。もちろんプロバイダー料などの追加料金もかからないので、ネットを使うだけならこの料金で使えます。

さらに工事費も無料ですし、45,000円のキャッシュバックも行っています。

関東、東海、関西エリアに住むあなたにはオススメ出来るお得な回線です。
NURO光の詳細を見る

1番速度が速い光回線は!?

昔は「遅くていいから安いのがいい!」なんて人が多かったのですが、今ではスマホで動画を見たりアプリをしたり、また3DSやPS4などのゲーム機もネットに繋げられるので「速度」がとっても重視されるようになりました。

せっかくネットを引いても遅ければ意味がありませんし、「繋がらない!」なんてトラブルがあった日にはストレスも溜まりますよね。これは絶対に避けたいところです。

というわけで、少しでも速い光回線を選ぶポイントなのですが、なんと上で紹介した「お得な光回線」と、まさかの「同じ」となってしまいました。

「安くて速いなんて本当かよ」と一瞬思ってしまいますが、その理由も合わせてまとめたいと思います。

NURO光(2Gbpsが速すぎる!)

光回線の最大速度はどれを見てもほとんどが1Gbpsですが、NURO光だけは倍の2Gbps。つまり、他社よりも2倍速い光回線と言えます。

速度重視で選びたいあなたは是非NURO光がオススメです。
NURO光の詳細を見る

auひかりが速くてお得な理由

キャッシュバックも高額でさらに速度も速いauひかり。その理由は「auひかり独自の回線を持っている」ということがあげられます。

分かりやすく言うと、NTTのフレッツ光では回線を全国にまで広げているため、ほとんどの人が申し込めるのですが、その代わりに「加入者が多すぎて回線が混みやすい」という状況が生まれてしまいます。

auひかりも独自の回線を持っているのですが、NTTほどエリアが広くないために、逆に混雑を起こしにくいのでスイスイと速度を出せるんですね。

また、auひかりは回線の混雑を避けて通信する「IPv4/IPv6デュアルスタック」という通信方式を採用しています。

その他の光回線だとオプションとして加入が必要だったりしますが、そのまま使うだけで混雑に悩まなくていいのはうれしいですね。

こんな理由から、auひかりは安定して速く使えるということになります。

auひかりの詳細を見る

まとめ

以上16回線もの光回線を紹介してきましたが、良い光回線は見つかりましたでしょうか。
光回線を選ぶ際には、以下のポイントを中心に選んでみてくださいね!

  1. 月額料金はお得かどうか
  2. キャッシュバックや月額料金割引は適用されるのか
  3. 工事費はいくらかかるのか
  4. 通信速度はどれくらいなのか

また、おすすめの光回線をまとめると、こうなりました。
オススメの光回線

是非参考にして、お得で快適なインターネット環境を作ってみて下さいね!

  関連記事

 - ネットまるごと完全比較