サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

携帯代をもっと安く済ませたい!料金を大幅に抑える9つの節約術

  /    
  スマホをもっと上手く使う

料金解説

毎月のコストの中でも大きいところを占めているのが「携帯料金」ですよね。携帯・スマホは今ではもう無くてはならないもので使わないわけにはいかないのですが、やはり毎月の金額が気になります。

そんなわけで見直そうとは思っているのですが、会社も多いしプランも毎回変わるしでとても複雑。途中で面倒くさくなって結局そのまま、高いお金を払い続けている人もいるようです。

ですが、ちょっと見方を覚えれば実はとってもシンプル。簡単にコスト削減することが出来るんです。

 

まず携帯電話の料金の内訳が大きく分けて以下の3つに分けられます。

  • 通話料+データ定額+オプション

それではこれらを一つずつ見直していって、毎月の負担をもっと軽くしていきましょう。

スマホ1、通話料

インターネットが主となっているスマホですが、本来は「電話」ですので、そのための基本料と通話するごとの通話料がかかってきます。

ちょっと長電話してしまうと3,000円とかが一気に増えたりするので、節約するならまず注目したいポイントです。

というわけでまずは通話料金の節約方法からまとめていきましょう。

料金プランは一番安いやつを選ぶ

今まではずっと、基本料金を上げるにつれて無料通話が増えていく料金プランでした。MとかLとか選べましたよね。

しかし現在はどのキャリアでも「電話かけ放題プラン」になっており、毎月2,700円程度の基本料金で24時間無料で電話出来るようになっています。今まで電話を多くしていた人はとても安くなるんじゃないでしょうか。

しかし、この基本料金がかなり高いですよね。なので、かけ放題で使っている人はそうではない基本料金の一番安いプランに変更しましょう。これだけで1,000円以上安くなるはずです。

電話はLINEを使う

基本料金は下がってもその分通話料金が増えては意味がありませんよね。ですが、今ではスマホアプリのLINEを使えば通話料がかからずに電話することが出来ます。

LINEがない前はスカイプがありましたけど当時はノイズが入ったりして会話しづらかったんですが、LINEは全然違和感なく電話することが出来ます。

今ではもう常識的な使い方ですが、もし「知っているけど使ってない」という人は是非LINEで電話するようにしましょう。

固定電話も活用する

プランにもよりますが、一般的に携帯から携帯にかけると30秒20円くらいしますが、もし家に固定電話があれば、それが光なら60秒16円ほどでかけられるはずです。

通話料は倍以上安くなると思うので、家にいる時には家の電話を使うとまた節約が出来ます。

スマホ2、オプション

毎月基本料金よりも高いお金を払っているあなたは、基本料金以外の追加料金、つまりオプションが付きすぎているのかもしれません。

他の人よりも高い料金を払っている人は、使っていないオプションが付けすぎていることがほとんどです。これはもったいないですね。

100円200円のものでも毎月支払い続けていくものになるのでちゃんと見直していくことが大事です。次にオプションを見直していきましょう。

必要なオプションといらないオプション

全てのオプションは使えば得をしたり役に立つはずです。しかし、使わなければまったく意味のないものになります。

契約する時には「もしかしたら使うかも」ととりあえず付けておいている場合が多いですが、今一度本当に必要なものだったのかを見直してみましょう。

また、月々の保証サポートはもしもの時に安心ですが、買い替え時が近くなってきたら解約すると節約になります。

過去の登録

昔付けていたオプションも、時が経つと必要のないものになりえます。見直しを頻繁にしない人は「思わぬオプションが付きっぱなしだった」なんてことがあるかもしれません。

例えばガラケー時代に登録していたサイト。ただお金だけ払っている状態なので直ちに解約しましょう。

また、「登録した3つの番号が24時間通話無料」というオプションもありましたが、今ではLINEを使えば料金かからずに電話することが出来るのでここも節約ポイントですね。

キャリアから「使ってないオプションがありますけど外しますか〜?」なんて連絡は入らないので、定期的に見直しはしていきましょう。

見直し方

基本的には2年に一度、機種変更の時に一緒に料金も見直してもらうのが一般的でしょうか。しかし、新サービスも随時増えているので、節約をしたいのであればもっと頻繁に見直すにこしたことはありませんね。

オプションの見直しは各ショップでもカスタマーでも簡単に相談することが出来ます。オプションの場合は解約抑止をされることなんてないと思うので、ちょっと高いなと思ったらまずは相談してみましょう。(マイページから自身で見直すことも出来ます。)

スマホ3、データ定額

今一番節約出来るポイントがこの「データ定額プラン」。インターネットをどれだけ使うかでプランを選ぶのですが、この料金に悩まされている人が多いのではないでしょうか。

でも、節約のために少ない容量を選んでしまうと、足りなくなった時に追加することになって逆に高くつくこともあります。

また何より、データ定額を節約しすぎて使いたくても使えない状態になるのはせっかくスマホを持った意味がありませんし、逆にもったいないです。

 

そんなバランスの難しいデータ定額ですが、実はもっと安く、賢く使う方法がありますので、こちらもまとめていきましょう。

Wi-Fiを使う

Wi-Fiとは、ようはスマホをインターネット回線で繋ぐことです。スマホ自体で通信するとスマホの通信料がかかってしまいますが、Wi-Fiを繋ぐとインターネット回線側で通信されるので、データ容量を使わずにネットが使うことが出来るんですね。

もし自宅や会社などよくいるところにインターネット回線が引いてあれば、Wi-Fiを使いましょう。これにより、例えば今まで5GB使っていたものが2GBになれば、データ定額の容量を下げることで毎月もっと安くなります。

光回線のセット割を使う

自宅のインターネット回線をキャリアとセットにすると割引が入ります。

この割引がかなり大きく、まとめるだけで割引が入るので他社でバラバラの人や、これからネットも引く予定がある場合は是非セットでまとめると節約になります。

詳しくは↓でまとめていきます。

あなたに合ったおすすめのネット回線はこれだ!

「インターネットを引きたいけどどこを選べばいいか分からない!」

そんなあなたに、インターネット回線を選ぶポイントをお伝えします!

インターネット回線を選ぶポイントは毎月の料金だけではありません。

たとえば、スマホとのセット割申し込み特典がある回線を選べばより通信費を節約できますよ。

※使っているキャリアを選んでください。解説している場所までジャンプします。

携帯キャリアがauの方はこちら

携帯キャリアSoftBankの方はこちら

携帯キャリアがドコモの方はこちら

是非あなたのインターネット回線選びの参考にしてみて下さいね!

auを使っているならauひかり《最大60,000円キャッシュバック!》

auを使っている人に一番おすすめな光回線が「auひかり」です。

家族のauスマホ一台につき、携帯料金が500~1,000円割引されるので、通信費の大幅節約に!

さらに、KDDI独自の回線を利用しているので、シェアの大きいNTT回線よりも回線が混み合いづらい=回線速度が出やすいのも特徴。

auを使っているなら、auひかりを第一に考えましょう。

月額料金(戸建て) 5,100~4,900円
月額料金(マンション) 3,800円
工事費実質無料
乗り換え時 違約金最大30,000円還元
+
最大25,000円キャッシュバック
スマホとのセット割 auスマホ1台につき最大1,000円割引

ちなみにauひかりを申し込むなら、auひかりの正規代理店「フルコミット」からの申し込みがオススメですよ。

最短翌月末に最大60,000円のキャッシュバックがもらえます。

auひかり フルコミットのキャッシュバックキャンペーン
  • ネット回線+ひかり電話で60,000円キャッシュバック!
    ※ネット回線のみでも必ず50,000円キャッシュバック!
  • 電話で口座番号を伝えるだけだから手続きが簡単!
  • 最短翌月にキャッシュバックを受け取れる!
フルコミットへの申し込みはコチラから

auひかり

関連記事:auひかりの代理店「フルコミット」はおすすめ?

So-net光プラス《auひかりがエリア外の方は必見!全国エリア対応!》

auひかりを契約したくても「auひかりが提供エリア外だった・・・。」と契約が出来ない場合もあります。そんな方は「So-net光 プラス」を検討しましょう。

NTTの回線を使った光回線なので、auひかりがエリア外だった方も契約できるかもしれません!

So-net光プラスはauひかりと同じくauスマホの料金を割引してくれる「auスマートバリュー」に対応しています。

v6プラスに対応しているので、回線が混雑しておこる速度低下も回避できますよ!

月額料金(戸建て) 3,980円(3年間)
月額料金(マンション) 2,980円(3年間)
工事費 実質無料
キャリア割引 auスマホ1台につき最大1,000円割引

So-net光プラスを申し込むのであれば、サービス提供元であるSo-netの公式サイトから申し込むのがお得ですよ。

auひかりと違いキャッシュバックはありませんが、3年間月額料金が割引されて月々の料金が抑えられます。

So-net光プラス

  • 月額料金を3年間割引!
  • 戸建てタイプ:3,980円(3年間)
  • マンションタイプ:2,980円(3年間)
So-net光からの申し込みはコチラから

【So-net 光 コラボ】

関連記事:So-net光プラスの評判・口コミをチェック!

SoftBankをお使いの方は「NURO光」がオススメ!

SoftBankのスマホを使っている方にまず検討してもらいたいのが「NURO光」です。

NURO光は契約できるエリアこそ限られていますが、月額料金も諸々込みで安く、最大速度も2Gbpsと他の光回線にはない魅力があります!

そして、SoftBankスマホとのセット割が適用できるので、携帯料金も節約できます。

月額料金(戸建て) 4,743円
※無線LAN・セキュリティ込み
月額料金(マンション) 1,900~2,500円
工事費 実質無料
スマホとのセット割 SoftBankスマホ1台につき最大1,000円割引
提供エリア 関東・関西・東海・九州・北海道

NURO光を申し込むならサービス提供元である「So-net」の特設ページから申し込むのがおすすめです。

開通から2ヵ月後に45,000円のキャッシュバックがもらえますよ。公式窓口というのも安心ですね。

【公式】NURO光

  • 45,000円キャッシュバック!
  • 開通から2か月後に振り込み
  • 有料オプション加入不要
NURO光への申し込みはコチラから

NURO 光

関連記事:NURO光のキャンペーン比較!

ソフトバンク光《スマホがSoftBankでNURO光がエリア外の方にオススメ!》

SoftBankスマホを使っていてNURO光がエリア外だった方は、セット割で携帯料金を割引できる「ソフトバンク光」がオススメですよ。

確かに、ソフトバンク光のプロバイダ「Yahoo!BB」は利用者が多いので、そのまま使うと混雑して速度が遅くなりやすいデメリットがあります。しかし無料オプションの「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」を利用すると、混雑を避けられますよ。

月額料金(戸建て) 5,200円
月額料金(マンション) 3,800円
乗り換え特典 ①違約金最大100,000円還元
②24ヶ月間1,000円割引
or
24,000円分の商品券
スマホとのセット割 SoftBankスマホ1台につき最大1,000円割引

ソフトバンク光を申し込むなら代理店「STORY」から申し込みましょう。

有料オプション不要で2ヵ月後に33,000円キャッシュバックがもらえますよ!

ソフトバンク光 正規販売代理店STORY

  • 最短2カ月後に33,000円キャッシュバック!
  • 有料オプション加入不要!
  • 申請手続きもカンタン!工事完了時に電話して手続き完了!
STORYへの申し込みはコチラから

ソフトバンク光

関連記事:ソフトバンク光のキャンペーン比較!

docomoのスマホを使っているなら「ドコモ光」!

docomoのスマホを利用中なら唯一セット割が適用できる「ドコモ光」がおすすめですよ!

「v6プラス」に対応したプロバイダを契約すると、回線の混雑を避けられて快適に通信できます。

月額料金(戸建て) 5,200円
月額料金(マンション) 4,000円
工事費無料
2019年9月1日~
特典dポイント最大10,000pt
スマホとのセット割 《ギガホ・ギガライト》
docomo回線一台につき最大1,000円割引
《カケホーダイ&パケあえるプラン》
データプランから100~3,500円割引

ドコモ光を申し込むなら、GMOとくとくBBからの申し込みがおすすめですよ。

高性能無線LANルーターが無料でレンタルできる上に、最大20,000円のキャッシュバックがもらえます!

ドコモ光のプロバイダGMOとくとくBB
  • 最大20,000円キャッシュバック!
  • v6プラス対応無線LANルーターを無料レンタル
  • 訪問サポート初回無料
  • セキュリティサービスが1年間無料
GMOとくとくBBへの申し込みはコチラから

GMOとくとくBBのドコモ光

※もっと詳しく見たい場合は《インターネット回線を比較》こちらの記事も参考にしてください。

まとめ

以上知っておきたい携帯電話の節約術でした。

今までよりも簡単に、そしてセットでお得になりますので、是非家族みんなでお得に使って下さい!

  関連記事

 - スマホをもっと上手く使う