サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

WiMAX W05のクレードルの性能や利用のメリットまとめ

  /    
  WiMAX

WiMAXのルーター・W05やWX05を購入する場合は、オプション品として販売されているクレードルもチェックしておきましょう。

クレードルがあれば自宅内で安定したインターネット接続が可能になるので、PCやゲームを長時間行う方には購入をオススメします。

この記事では、W05やWX05においてクレードルを購入するのがオススメな人がどんな人かについて、メリットを踏まえつつ解説します。

また、これからWiMAXを申し込む方はWX05とクレードルが無料で手に入るうえに、高額のキャッシュバックが受けられるGMOとくとくBB WIMAXをチェックしてくださいね。

WiMAX×GMOとくとくBBの詳細を見る

クレードルの利用がオススメの人とは?

WiMAXのルーターでクレードルを使用するのがオススメなのはどのような方でしょうか。

おおまかにいうと「自宅でしかWiMAXを利用せず、電波がしっかり届く場所に固定して使いたい方」に向いているのがクレードルです。

ここでは、クレードルの特徴を踏まえて利用をオススメしたい方について詳しく解説します。

クレードルとは?

まずはWiMAXのクレードルとはどのようなものなのか、特徴や役割ついてまとめましたのでご覧ください。

  • クレードルとはルーターを立てて置けるスタンドのこと
  • 本体を立てられるだけではなく、有線接続用のLANポートが備わっている
  • LANポートにLANケーブルを接続すれば、パソコンやゲーム機との有線接続が可能
  • 有線接続は無線に比べて安定・高速で通信しやすいのがメリット

クレードルは有料で、auのオンラインショップではWX05の場合、3,200円(税抜)で販売されています。

ただし、WiMAXプロバイダによっては無料でクレードルをセット購入できるケースもあります。

クレードルの利用がオススメの人

WiMAXでクレードルを利用するのがオススメなのは、以下の3つに当てはまる方です。

それぞれ詳しく解説するので、自分にとってクレードルが本当に必要かどうか悩んでいる方はぜひご覧ください。

有線接続が必要な人

LANケーブルを使ってゲーム機やパソコンと有線接続したい方は、クレードルの購入が必須です。

WiMAXルーターにはUSBポートしかなく、通常は有線LANでの接続ができません。クレードルがあれば有線接続で安定した通信が行えます。

ただし、最新の「W06」はクレードルがなくてもUSBケーブルを使ってほかの機器との有線接続が可能です。

「有線で接続できればLANケーブルを使う必要はない」という方は、無理にクレードル対応のW05やWX05といった機種を選ぶ必要はありません。

自宅で固定してWiMAXを使用したい人

自宅で固定してWiMAXを使いたい方は、クレードルを用意するとよいでしょう。

ルーターは置く場所によって電波強度が変わります。わずかなズレでも速度が大きく変化しますが、電波がしっかりと届く場所にクレードルを置けば、調整の手間が省けます。

また、いつもクレードルにルーターを置いておくようにすれば、部屋の中でなくしてしまう心配もありません。

充電をよく忘れる人

充電をよく忘れるという方は、クレードルにルーターを置く習慣をつければ充電忘れを回避できます。

WiMAXルーターがクレードルに刺さっていて、なおかつクレードルが充電器と接続されていれば充電できているので、外出するときにバッテリーが切れている心配もありません。

ただし、ずっと充電した状態だと「過充電」になり、バッテリーが劣化して寿命が短くなる恐れがあります。クレードルの上に何日も置いたままにするのはやめましょう。

WiMAX W05のクレードルを利用する際の注意点

WiMAXでクレードルを利用する際の注意点は、以下の4点です。それぞれの内容について、購入前にチェックしましょう。

充電自体はクレードルなしでも行える

WiMAXルーターの充電自体はクレードルがなくてもできるので、充電のためだけに購入する必要はありません。

ルーターにUSBケーブルを接続すれば、充電器で充電できます。

外出時しか使わない場合は必要ない

WiMAXを外でしか利用しない、つまり、有線接続をしたり自宅で電波が届く場所を調整したりする必要がない場合はクレードルがなくても問題ありません。

たとえば、自宅に光回線がある方や家ではほとんど通信しない方は、ルーター単体で使用するのがよいでしょう。

クレードルは購入費用がかかる

WiMAXルーターのオプション品であるクレードルは有料なため、別途費用が発生します。

WX05のクレードルはauオンラインショップにおいて3,200円(税抜)で販売しています。 なお、WX05は2018年発売の比較的古い端末です。すでに取り扱いがないショップもあるのでご注意ください。

ただし、機種代金が無料のGMOとくとくBB WiMAXでは、WX05の申し込みでクレードルも無料で提供しています。あわせて高額キャッシュバックキャンペーンも受けられるので、クレードルも一緒に申し込みたいという方はぜひチェックしてみましょう。

WiMAX×GMOとくとくBBの詳細を見る

他の機種との互換性なし

WiMAXルーターはどれも形状が異なり、他機種用のクレードルの使い回しはできません。

W05用のクレードルが必要なら、W05用として販売されているクレードルを購入する必要があります。

W06でクレードルが廃止になった理由

2019年発売の最新WiMAXルーター「W06」では、クレードルが廃止されています。

つまり、有線LANでの接続には対応していないのでご注意ください。ここでは、クレードルが廃止になった理由について見ていきます。

高性能ハイモードアンテナが搭載された、LANケーブルでの接続ニーズが減った

最新機種W06でクレードルの商品展開が廃止になった理由として考えられるのは、主に以下の2つです。

  • 高性能なハイモードアンテナ搭載で、無線でも安定した接続ができるようになったため
  • Wi-Fi接続が主流となり、パソコンやゲーム機とLANケーブルで接続するニーズが減ったため

ただし、USBケーブルを使ってゲーム機やパソコンと有線接続することは可能です。

手持ちの機器がUSBでのインターネット接続に対応していれば、W06でも有線接続できるので無駄になることはありません。

クレードルを利用するメリットとデメリットを踏まえた上で、それでもW05のクレードルを購入したいと感じた方は、最後に利用者からの評判や口コミをご覧ください。

クレードルの評判・口コミをチェック!

最後に、W05のクレードルの評判や口コミを取り上げます。

W06からはクレードルが廃止されているので、クレードルを使いたい方は評判もチェックしつつ検討しましょう。

https://twitter.com/sasanta12/status/1020500368222969856

W05でクレードルを使うことで、前に使っていたルーターから3倍近く下り速度が上がったという声がありました。上り速度も2倍程度に上昇しており、新しいルーター+クレードルの性能は十分であることがわかります。

ただし、必ずしもクレードルの利用で速度が向上するとは限らず、2つ目の口コミのように「むしろ速度が下がった」という意見もいくつか見受けられました。

理由としては、クレードルを使うことで電波の届き方が変わったか、もしくはルーターで使うLANケーブルが古いといったほかの原因が考えられます。

以上のとおり、クレードルの利用には賛否の声がありました。現在W05を使っていて速度に悩んでいる方は、改善できる可能性もあるので、購入を検討してみてもよいでしょう。

まとめ

WiMAXルーターにはオプション品としてクレードルが販売されているものもあります。

W05やWX05はクレードル対応で、クレードルを使えば有線LAN接続ができ、充電台としても使えます。

一方、最新のW06はUSBケーブルを使った有線接続には対応していますが、クレードルやLANケーブルでの有線接続には対応していません。

クレードルの利用を考えている方は、今回の解説を参考に、自分にとってクレードルが必要かどうかじっくり検討してみてください。

WiMAXを申し込むなら、WX06とクレードルのセットや最新機種が端末代金無料のGMOとくとくBB WIMAXがオススメです。

WX06とクレードルセットでは2020年6月時点で27,200円のキャッシュバックが受けられますよ。

WiMAX×GMOとくとくBBの詳細を見る

  関連記事

 - WiMAX