サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

WiMAXの評判や口コミ情報まとめ!利用すべきプロバイダは?

  /    
  WiMAX

WiMAXは光回線に比べて月額料金が安く、持ち歩きが可能なWi-Fi端末を選べば外出中にも使えるというメリットがあります。

しかし、通信速度の実測値が気になる、通信制限に引っかかることはないのか心配という声も耳にします。

WiMAXは3日間で10GB以上データ通信を行わない方や、光回線よりも安くインターネットを利用したい方にオススメです。

結論として、これからWiMAXの契約をお考えなら高額キャッシュバックで他社プロバイダよりも安く利用できる「GMOとくとくBB」がお得ですよ。

今回はWiMAXを使っている人の評判や口コミ、WiMAXを契約する際に損をしない方法についてもご説明します。WiMAXの利用をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

WiMAX×GMOとくとくBBの詳細を見る

評判からわかったWiMAXがオススメな人

WiMAXを実際に使っている人の評判から、どんな人にオススメなサービスなのか考えてみましょう。

結論として、こんな方にWiMAXはオススメできます。

  • 3日間10GBの速度制限が気にならない人
  • インターネット料金を抑えたい人

3日間10GBの速度制限が気にならない人

WiMAXは3日間のデータ使用量が10GBを超えると、翌日の18時から26時までの間、速度制限がかかります

速度制限がかかると、通信速度は1Mbpsに制限されます。1Mbpsの速度とはSNSの利用やメールの送受信、YouTubeの動画再生などを問題なく視聴できる速度ですので、用途によっては速度制限がかかっても気にならないでしょう。

ただし、速度制限を受ける「18時~26時」の時間帯は、もっともインターネットを使う人が多い時間帯です。この時間帯に、高画質の動画やゲームをしたいと考えている人にとって、速度制限は厳しいものといえます。

速度制限の対象となる10GBとは、たとえば高画質の動画をスマホで約16時間観た場合のデータ量です。そこまでデータ量を消費しない人であれば、速度制限を気にすることなく利用できます

したがって、3日間で10GB以上を使うことがない人、速度制限がかかったとしてもあまり気にならない人、18時から26時の時間帯にあまりインターネットを利用しない人には、WiMAXが向いています。

インターネット料金を抑えたい人

WiMAXの料金は月額4,000円程度で、平均で5,000円ほどの光回線に比べると安い設定です。

そのため、スマホと併用してデータ通信料を抑えたい人や光回線よりも通信料を安く済ませたい人に、WiMAXが向いています。

WiMAXの速度についての評判

WiMAXの速度に関しては、ゲームやネットの利用はサクサクとできて問題ないようです。

ただし、場所によっては通信が途切れることもあり、使いすぎると速度制限による制限を受けたり、通信速度が遅い時間があったりするなど、使いづらい面もあります。

ここでは、WiMAXの速度についての実際の評判をご紹介していきます。

ゲームもサクサク!

WiMAXの速度についての口コミをご紹介します。

https://twitter.com/wifihajimete/status/1198830437415522304

毎日WiMAXの通信速度を測定していると日によって速度が異なるそうですが、基本的に問題ない速さのようです。

事前のエリア判定では△でも、実際は充分速い速度が出ることもあるようです。

いろいろなセットアップを行っても消費した通信量は1.34GBで済んだため、高画質の動画を長時間観ることなく、普通に利用する程度であれば速度制限を気にしなくてもよいようですね。

WiMAXの速度制限内容はしっかりと明記されているので、データ使用量をチェックしていれば、自分で調節ができるようです。

速度が遅い

逆に、速度が遅いという口コミはあるのか、探してみました。

この方は、WiMAXの通信速度が今まで5~6Mbps出ていたのに100Kbpsまで急に落ちてしまったようです。隣にビルが建って電波が遮断されたのが原因ではとのことでしたので、周りの環境によって、通信速度が遅くなる可能性があるようです。

この方は、WiMAXの通信エリアギリギリでアンテナが1本しか立っていないとのこと。お住まいのエリアが通信エリアにしっかり入っているのか、事前に確認した方がよいでしょう

中には、対応エリアマップには入っているはずなのに、実際にその場所に行ってみたら圏外だったという方もいました。対応エリアには入っているのに、周りのビルなどの干渉によって電波が届かない場所もあるのかもしれません。

このように、自宅だけではなく、よく使う場所が対応エリアに入っているかの確認はもちろん、実際に使ってみて圏外にならないことを確認する必要がありそうですね。

ピンポイントエリア判定でエリア内かを確認!

WiMAXでは、ピンポイントエリア判定のサービスを導入しています。

ピンポイントエリア判定では、住所を入力することで電波状況の目安を確認でき、自宅や職場などで問題なく利用できるかが確認できますよ。

ただし、判定結果がよくても屋内や地下などでは通信速度が遅くなったり、圏外になったりする可能性もありますので、あくまで参考情報としてご利用ください。

不安な人は「Try WiMAX」でお試しできる!

Try WiMAXとはUQ WiMAXで利用できるサービスで、15日間無料でUQWiMAXをお試しで使うことが可能です

実際の端末を利用できるため、通信速度の確認や電波がつながるどうかの確認ができます。気になる方は、ぜひ利用してみてください。

速度制限にかかってしまった…

WiMAXを使っていて、実際に速度制限にかかってしまった人はいるのでしょうか?

Twitterの口コミを確認してみました。

実際に3日で10GBの速度制限にかかってしまったこの方は、他の回線に変更しようか検討中とのこと。他回線に変えたくなるほど、速度制限後の速度は遅すぎるということなのでしょう。

この方は、知らないうちにWiMAXの速度制限とハイスピードエリアモードの月間7GB制限に引っかかっていたようです。

ハイスピードエリアモードとは、WiMAX2+以外にもauの4G LTE回線を使うことで、通信エリアが拡大し、最大1.2Gbpsの高速回線が利用可能です。 ただし、ハイスピードエリアモードには月間7GBという通信制限があり、この制限を超えると月末まで最大128Kbpsという超低速になってしまいます。

3日で10GBの速度制限は、3日間のデータ量の合計が10GBを切れば終わります。しかし、ハイスピードエリアモードの制限は、月末まで通信速度を復活させる手段がありません。

そのため、一度制限されると使い勝手が悪い状態が長くつづいてしまいます。

速度制限がかかると、ネットサーフィンをしてもタイムアウトし、Twitterは文字情報しか読み取れないという状態になるとのことでした。 上記のような評判から、使い方次第で速度制限がかかり、制限中は非常に遅くなることがわかります

そのため、速度制限にかかりたくない場合には、データ量を使いすぎないように注意しましょう。

3日間10GBの速度制限を避けたいのなら、WiMAXではなく、「どんなときもWiFi」を選ぶという選択肢もあります。

【最新情報】どんなときもWiFiの通信障害

どんなときもWiFiでは、2020年2月から3月にかけて一部ユーザーの間で通信障害が発生しています。

〇2020年2月28日連日の通信不具合に関するお詫び
〇2020年3月19日通信障害発生のお知らせ

3月21日には”十分なサービスの提供ができない可能性が高い”として、希望するユーザーへ休止申込から3月末までの料金発生を免除する「回線休止」の措置をとることを案内しています。

〇2020年3月21日回線休止のご案内

回線の復旧も未定ですし、端末の在庫切れにより新規契約は予約受付のみというのが現状です。

※※2020年4月3日追記※※

どんなときもWiFiの新規受付が停止しています。

今すぐポケットWi-Fiをお探しの方は、3日で10GB以上通信すると速度制限はありますが、月間容量は無制限で通信できるWiMAXを検討してみましょう。

\最大30,000円キャッシュバック中/
WiMAX×GMOとくとくBBの詳細を見る

「どんなときもWiFi」は完全無制限というわけではないものの、「3日間10GBの利用で速度制限がかかる」といったような通常利用時の縛りはありません。

そのため、不正利用やツールなどによる大容量のデータ使用など問題のある使い方をしない限り、無制限に使うことが可能です。

どんなときもWiFiの詳細を見る

料金に関する評判

WiMAXの月額料金は、たとえばUQWiMAXのギガ放題なら2年間自動更新でずっと3,880円です。

光回線は月額5,000円が平均的な費用ですから、通信料を安く抑えられるでしょう。

通信料金を抑えられる!

WiMAXの通信料金に関する口コミを見てみましょう。

スマホは通話のみプランにしてWiMAXのモバイルルーターを使うと、通信料金を毎月5,000円も節約できるという方がいました。とても賢い使い方ですね。

自宅でWiMAXのホームルーターを使うと、光回線よりも月額料金が安く済むという方もいました。自宅がWiMAXのエリアに入っているなら、光より安いWiMAXを使うメリットは大きいでしょう。

WiMAXは容量制限がない、ケーブルやルーターなどの機器で部屋がごちゃごちゃすることがない、何より料金体系が明瞭という口コミがありました。

安いだけでなく、わかりやすいというのは大きなメリットですね。

このようにWiMAXは光回線よりも利用料金が安い、通信料金を抑えられるというメリットがあるためオススメです。

料金が高い…

一方で、WiMAXは料金が高いと感じるという口コミもありましたので、ご紹介します。

この方は、WiMAXの料金が5,000円を超えてしまい、料金が高いと感じています。WiMAXにはいくつものプロバイダが存在し、料金設定はプロバイダによって異なるので注意が必要です。

この方は、WiMAXの違約金がもっとも高い時期に解約したため、19,000円もかかってしまったようです。

解約をする際には、更新月がいつかを確認して検討しましょう

損をしないためのWiMAXの契約方法

WiMAXを使う場合、どのプロバイダを選ぶかで月額料金が異なります。

プロバイダごとの実質料金について比較してみました。

【WiMAXのプロバイダ比較】

プロバイダ名 月額料金 3年間 実質料金 キャッシュバック額 口座振替
GMOとくとくBB
1~2か月目:3,609円
3か月目以降:4,263円
122,897円
28,000円
×
JPWiMAX
(新規受付終了)
1~3か月目:2,800円
4~24か月目:3,500円
25か月目以降:4,100円
119,000円
Amazonギフト券 11,000円分
×
BroadWiMAX
1~3か月目:2,726円
3~24か月目:3,411円
25か月目以降:4,011円
131,626円
なし
So-net WiMAX
1~12か月目:3,380円
13か月目以降:4,379円
145,276円
なし
×
UQWiMAX※1
3,880円
153,800円
0円

※2020年9月時点での情報です。
※ギガ放題プラン、最新端末WX06を契約した場合の金額です。
※別途事務手数料3,000円がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)
※1:別途端末料金がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

上記の表を見てもわかるとおり、実質料金を比較した結果もっともオススメなのが、「GMOとくとくBB WiMAXです。

口座振替を利用したいなら、月額料金は若干高くなりますが「BroadWiMAX」か「UQWiMAX」を選びましょう。

同じWiMAXでも、プロバイダによって月額料金やキャッシュバック額が大きく異なります。そのため、月額料金をしっかり比較してもっともお得なプロバイダを選んでくださいね。

機種は「W06」がオススメ

オススメのモバイルルーターはどの機種なのでしょうか?ここでは、WiMAXでオススメの機種をご紹介します。

【WiMAX機種一覧】

機種名 下り最大速度 ハイスピードエリアモード
W06
1.2GB
対応
WX06
440Mbps
対応
W05
758Mbps
対応

もっともオススメの機種は、通信速度が最速で「au 4G LTEモード」が使えてハイスピードエリアモードにも対応しているW06です

とくに、ハイスピードエリアモードを使いたい方は、必ず対応している機種を選びましょう。

安さを追求するなら「GMOとくとくBB」がオススメ

上記の月額料金や3年間の実質料金の比較表でもっとも安かった、「GMOとくとくBB」がもっともオススメのプロバイダです。 そこで、GMOとくとくBBのサービスについて、詳しくご紹介します。 【GMOとくとくBBの料金表】

  料金 備考
事務手数料
3,000円
 
端末機種代
0円
 
送料
0円
最短で即日発送
月額料金
1~2か月目:3,609円
3か月目以降:4,263円
 
キャッシュバック
28,000円
端末発送後11か月目にメールにて申し込み
3年間実質料金
122,897円
 
解約違約金 ・端末発送月とその翌月を1ヶ月目とした1ヶ月目~12ヶ月目までのご解約の場合:19,000円(税抜)
・13ヶ月目~24ヶ月目までのご解約の場合:14,000円(税抜)
・25ヶ月目以降、契約更新月以外のご解約の場合:9,500円(税抜)
契約期間は3年間

なお、支払いはクレジットカード払いのみですので、注意しましょう。

WiMAX×GMOとくとくBBの詳細を見る

対応端末は最新機種を取りそろえています。

モバイルルーターはW06、WX06、ホームルーターならL02、HOME02です。

オプションには以下のようなものがありますので、必要に応じて、オプションを選んでください。

  • 安心サポート
  • 月額300円で、端末の故障時に無料保証を受けられます。

  • 安心サポートワイド
  • 月額500円で、水濡れ故障時にも無料保証を受けられます。

  • 公衆LAN
  • 月額362円で、モバイル端末を持っていなくても外出先で公衆無線LANが使えます。

  • インターネット安心セキュリティ
  • 月額500円で、コンピューターウィルスの被害からパソコンやスマホを守れます。

まとめ

この記事では、WiMAXのTwitterでの口コミやプロバイダ比較、WiMAXを実際に使っている人の具体的な口コミをもとした使い勝手についてご紹介してきました。

3日で10GBの速度制限についてはヘビーに使いすぎなければ問題なさそうですが、エリアや周りの環境によっては通信速度が遅く感じる場合もあります。

月額料金に関しては、多くの方が安いと感じていましたが、プロバイダによっては高くなることもあります。

プロバイダごとの料金を比較すると、GMOとくとくBBがもっとも安いという結果でした。

WiMAXの導入をお考えの方は、具体的な使い勝手や料金、プロバイダの比較などを行い、ご自分に合ったプロバイダを選んでみてください。

WiMAX×GMOとくとくBBの詳細を見る

  関連記事

 - WiMAX