サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

カシモWiMAXは最安ではなかった?本当におすすめのWiMAXはどこなのか

  /    
  WiMAX

 WiMAXにはさまざまなプロバイダがあります。どこを選んでも通信速度や端末の性能の差はないため、お得なプロバイダを選ぶのが重要です。

中でも、安いと噂のカシモWiMAXが気になるという方もいるのではないでしょうか。カシモWiMAXは安価な月額料金で契約できるのが魅力のプロバイダですが、最安のプロバイダではないことにご注意ください。

そこでこの記事では、本当にお得なWiMAXプロバイダはどこか、さらにカシモWiMAXの特徴やメリット・デメリット、契約方法について解説します。

記事を読めば、カシモWiMAXを選ぶべきかどうか判断できるようになります。ぜひ参考にしてみてください。

カシモ WiMAXの詳細を見る

カシモWiMAXは安い?おすすめのプロバイダはどこ?

カシモWiMAXは月額料金が安く設定されているのが特徴です。

以下の表に主なWiMAXプロバイダ9社・10種類の窓口における月額料金やキャッシュバック金額、3年間で支払う実質の合計金額(月額料金総額-キャッシュバック)をまとめました。

■料金の比較条件

  • オススメ機種W06を使用
  • ギガ放題プラン
  • クレジットカード払い
プロバイダ 月額料金 キャッシュバック 3年間実質料金
GMOとくとく
BB(CB)
1か月目~2か月目:3,609円
3か月目~36か月目:4,263円
27,200円
127,960円
GMOとくとく
BB(割引)
1か月目~2か月目:2,590円
3か月目~24か月目:3,544円
25か月目~36か月目:4,263円
3,000円
129,904円
JPWiMAX
(新規受付停止中)
1か月目~3か月目:2,800円
4か月目~24か月目:3,500円
25か月目~36か月目:4,100円
10,000円
124,100円
DTI WiMAX
1か月目~2か月目:0円
3か月目:2,590円
4か月目~36か月目:3,760円
0円
129,670円
Broad WiMAX
1か月目~2か月目:2,726円
3か月目~24か月目:3,411円
25か月目~36か月目:4,011円
0円
131,626円
カシモWiMAX
1か月目:1,380円
2か月目~24か月目:3,580円
25か月目~36か月目:4,079円
0円
135,668円
So-net WiMAX
1か月目~12か月目:3,380円
13か月目~36か月目:4,379円
0円
148,656円
UQ WiMAX
3,880円
+端末料金
0円
157,680円
BIGLOBE WiMAX
3,980円
+端末料金
15,000円
150,480円
@nifty WiMAX
(新規受付終了)
1か月目~2か月目:3,670円
3か月目~36か月目:4,350円
+端末料金
0円
178,240円

※2020年6月時点での料金です。
※別途事務手数料3,000円がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

各社の料金を比べてみると、カシモWiMAXが最安のプロバイダではないことがわかりました。

GMOとくとくBBやJP WiMAX、DTI WiMAXのようなもっと安いプロバイダも存在します。

一番安いのはGMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバック窓口

WiMAXを一番安く契約できるのは、キャッシュバックキャンペーンを利用したGMOとくとくBB WiMAXです。

最大27,200円の高額なキャッシュバックを受け取れるため、3年間の実質利用料金は一番安く抑えられます。 また、月額割引のキャンペーンを利用した場合もGMOとくとくBBのほうがカシモWiMAXより1万円以上割安です。

料金の安さを最優先にプロバイダを選ぶなら、カシモWiMAXよりもGMOとくとくBBを選ぶべきといえるでしょう。

キャッシュバックの受け取りが不安ならJP WiMAXもおすすめ!

※2020年6月時点の情報で、JPWiMAXは新規受付停止中です

JP WiMAXは11,000円分のAmazonギフト券によるキャッシュバックがもらえるプロバイダで、受け取りまでの待ち時間が短いのが特徴です。

申し込み時点でギフト券申請用URLが届き(申込完了メールに記載)、契約後に送られてくるルーターにギフト券申請用の「契約ID」が記載されています。申請用URLから契約IDを入力して申し込めば、すぐにAmazonギフト券が発行されます。

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバック受け取りは約1年後なので、受け取り忘れが心配な方もいるかもしれません。実質費用を安く抑えると同時に、キャッシュバックの受け取り忘れを防ぎたいという方は、JP WIMAXを選んでみてはいかがでしょうか。

JPWiMAXの詳細を見る

口座振替で支払いたいならUQ WiMAX

UQ WiMAXは口座振替に対応しているプロバイダの中でも格安なのが特徴です。月々3,880円(税抜)で、2年契約の中途解約をしたとしても違約金はわずか1,000円(税抜)となっています。

口座振替でWiMAXを使いたい方はUQ WiMAXを利用してみてはいかがでしょうか。ただし、UQ WiMAXでWiMAXを契約する場合、ルーターの購入代金が15,000円(税抜)かかることにご注意ください。

UQ WiMAXの詳細を見る

カシモWiMAXの特徴をご紹介

カシモWiMAXの特徴は、月額料金の安さを重視しているプロバイダであるという点です。カシモWiMAXの特徴や料金、対応機器について解説します。

カシモ WiMAXの詳細を見る

カシモWiMAXとは

カシモWiMAXはWiMAXプロバイダのひとつで、月額1,380円(税抜)から使えるので「業界最安級」であると謳われています。

ただし、1,380円(税抜)で使えるのは最初の1か月だけで、2か月目以降は3,580円(税抜、ギガ放題プラン)からと料金が値上がりすることにご注意ください。

カシモWiMAXの主な特徴を表にまとめました。

通信速度
下り最大1.2Gbps(W06)
提供エリア
日本全国のWiMAX2+、au 4GLTEエリア
契約期間
3年間(自動更新)
速度制限 ギガ放題プラン:3日間で10GB以上通信した際に翌日18時~翌々日2時まで1Mbpsに制限
ライトプラン、ハイスピードエリアプラスモード:月7GB超過後に月末まで128kbpsに制限
端末代金
0円

速度やエリア、速度制限内容は他社プロバイダと変わりません。WiMAXプロバイダは各社で契約期間が異なりますが、カシモWiMAXは3年契約となっています。

ルーターの購入代金もプロバイダごとに差がありますが、カシモWiMAXは0円で申込可能です。

カシモWiMAXの月額料金とキャッシュバック

カシモWiMAXの月額料金は、ギガ放題と7GB上限のライトプランのどちらで申し込むかによって異なります。

各プランの月額料金をまとめました。

  ギガ放題プラン ライトプラン
~1か月目
1,380円
2か月~24か月目
3,580円(W05は3,480円)
2,980円(W05は2,880円)
25か月目~
4,079円
3,379円

※価格は税抜
※2020年6月時点

2年間の月額料金が安く設定されている代わりに、キャッシュバックキャンペーンはありません。

カシモWiMAXの対応機器

カシモWiMAXでは据え置き型の「ホームルーター」と持ち運べる「モバイルルーター」で契約が可能です。

モバイルルーターはW06、WX05、W05から、据え置き型のホームルーターはL02、HOME01から選べます。

<モバイルルーター>

  W06 WX05 W05
下り最大速度
1.2Gbps
440Mbps
758Mbps
通信時間
540分
690分
540分
重さ
125グラム
128グラム
131グラム

※W05はハイスピードプラスエリアモード+一部エリア、W06はハイスピードプラスエリアモード+4×4MIMOオン+USB接続+東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリアで最大速度を出せる仕様です。

W05を選んだ場合のみ2か月~24か月目の月額料金が100円(税抜)安くなります。

ただし、W05は2018年登場の型落ちとなるので、最大速度が下り758MbpsとW06の1.2Gbpsより遅くなることを覚えておきましょう。

バッテリー持ちを重視するなら、W05を選べばもっとも長く通信できますし、 動画再生やオンラインゲームを快適にこなしたい方には、最高の性能で使えるW06をおすすめします。

<ホームルーター>

  HOME L02 HOME 01
下り最大速度
1Gbps
440Mbps
通信時間
コンセント接続
同時接続台数
42台
22台

※HOME L02はハイスピードプラスエリアモード+LAN接続+東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリアで最大速度を出せる仕様です。

自宅でしかWiMAX通信を行う予定がない方は、たくさんの機器をインターネットに接続できて電波を遠くまでしっかり飛ばせるホームルーターも候補に入れるとよいでしょう。

カシモWiMAXの利用をおすすめしたい人

以上のような特徴を持つカシモWiMAXをおすすめしたいのは、以下の5つに当てはまる方です。

  • キャッシュバックを受け取り忘れる可能性がある人
  • キャッシュバックの申請手続きが面倒な人
  • 申込時に不要なオプションをつけたくない人
  • わかりやすい料金体系がよい人
  • 解約する予定がない(3年間契約を続けられる)人

カシモWiMAXはキャッシュバックではなく月額割引でお得に使えるプロバイダです。

キャッシュバックを申請するのが面倒な方や忘れてしまいそうな方におすすめできるプロバイダといえるでしょう。 月額割引はオプションを申し込まなくても適用され、料金プランも2年間お得に使えるという複雑ではないしくみです。

ただし、契約期間が3年間と長めなので、3年間解約の予定がない方におすすめします。

3年だと長いと感じる場合、1年で解約するならBIGLOBE WiMAX、2年程度で解約するならUQ WiMAXといった他社プロバイダをご検討ください。

カシモ WiMAXの詳細を見る

カシモWiMAXを利用するメリット・注意点

カシモWiMAXには、メリットとデメリットがそれぞれ存在しています。

順番に解説するので、申し込み前にチェックしておきましょう。

メリット

カシモWiMAXのメリットは、以下の2つです。

  • キャンペーン特典の受け取り忘れの心配がない
  • 料金体系がわかりやすくてシンプル

それぞれについて詳しく解説します。

月額割引でキャンペーンの受け取り忘れがない

カシモWiMAXは月額割引でお得に使えるプロバイダなので、キャッシュバックキャンペーンはなく、受け取り忘れて損をする心配がありません。

スマホのカレンダーアプリに通知付きで書いておけばキャッシュバックの受け取り忘れは防げますが、どうしても心配な方は確実にお得に使えるカシモWiMAXを選ぶのがよいでしょう。

料金体系がわかりやすい

カシモWiMAXのプランは7GBと使い放題の2種類だけで、料金体系がわかりやすくなっています。 ほかのプロバイダでは、キャンペーンを適用するために有料オプションの加入が必須というケースもありますが、カシモWiMAXは不要です。

支払方法はクレジットカードのみで、支払方法の違いで料金が異なるといった複雑さもありません。

料金面での注意点は、W05を選ぶと2か月~24か月目に100円(税抜)安くなることです。初めてのWiMAXの契約でもわかりやすい料金体系なのは、メリットといえるでしょう。  

注意点

カシモWiMAXの注意点として考えられるのは、以下の3つです。

  • auスマートバリューmineを適用できない
  • 最安値ではない
  • 解約手数料が高い

それぞれの内容について見ていきましょう。

auスマートバリューmineが適用できない

カシモWiMAXではauスマートバリューmineが適用できません。

auスマートバリューmineとはauスマホとWiMAXをセットで申し込むことで月々最大1,000円(税抜)の月額割引を受けられるサービスです。

auユーザーでスマホ代を下げてお得に使いたい方は、GMOとくとくBBやUQ WiMAXのようなauスマートバリューmineに対応するプロバイダを選ぶとよいでしょう。

利用料金が最安値ではない

カシモWiMAXは月額料金の割引がありますが、実質料金の安さではGMOとくとくBBやJP WiMAXといったプロバイダのほうが勝っています。

月額料金を下げたい場合も、GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンのほうが割安です。

徹底的に安さを重視してWiMAXを契約したい方は、ほかのプロバイダもしっかりと比較して検討しましょう。

解約手数料が高額

WiMAXの更新月以外の解約手数料は、以下のとおりです。

継続利用期間 契約解除料
~12か月目
19,000円
13か月~24か月目
14,000円
25か月目以降(契約更新月以外)
9,500円
37か月目(契約更新月)
0円

※価格は税抜

ただし、カシモWiMAXだけが高額の違約金を支払わなければいけないというわけではなく、上記の契約解除料はGMOとくとくBB WiMAXやBroadWiMAXでも共通です。実質料金がカシモWiMAXより安価なJPWiMAXの場合、1年以内の解約手数料は30,000円となっています。

また、カシモWiMAXはUQ WiMAXといったプロバイダと違い端末代がかかりません。つまり「端末代が無料な代わりに解約手数料が高め」と考えるとよいでしょう。

カシモWiMAXの契約方法

カシモWiMAXの契約方法は、以下の手順になっています。

  1. WiMAXエリア検索ページから利用可能エリアを確認する
  2. 契約プランを決める
  3. 機種を選ぶ
  4. 商品が届く・使う

実際にルーターを使って通信状況を確認したい場合、UQ WiMAXのサービス「Try WiMAX」を申し込めば、最大15日間無料でルーターを借りられます。

また、解約手続きはカスタマーサポート(契約書類に番号が記載)へ当月20日までに連絡すれば当月末で解約可能です。21日以降に申し込むと翌月末解約になります。

まとめ

カシモWiMAXはキャッシュバックがない代わりに、月額料金が安く設定されているプロバイダです。

キャッシュバックの受け取り忘れが心配な方や手続きが面倒に感じる方は、カシモWiMAXを検討してみてはいかがでしょうか。

また、カシモWiMAXはルーター代が無料ですが、解約手数料が最大19,000円かかることにご注意ください。

3年間しっかり使って更新月に解約手続きをすれば無料で解約できるので、長期間の利用を考えている方におすすめです。

カシモ WiMAXの詳細を見る

  関連記事

 - WiMAX