サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

WiMAXとドコモのスマホは併用すべき?料金の比較と利用のポイント

  /    
  WiMAX

スマホの通信料がとても高くて困っている方や、他の回線を併用したいけど何がよいのかわからないなどとお悩みの方は、意外と多いものです。

お使いのスマホがドコモの場合、WiMAXを併用するとお得になる場合があります。ドコモのスマホを安いプランに変更して、無制限プランのWiMAXを併用すれば、通信量が多い人は料金を抑えられる場合があるのです。

さらに、GMOとくとくBBを通してWiMAXを契約すると、高額なキャッシュバックをもらえます。

この記事では、ドコモのスマホとWiMAXを併用すべきパターンや料金比較について詳しくご説明します。

WiMAX×GMOとくとくBBの詳細を見る

WiMAXとドコモのスマホの併用がオススメの人

ドコモのスマホユーザーなら誰もがWiMAXを利用すべきというわけではありません。

ここでは、どのような人が併用に向いているかをご説明します。

ドコモのスマホだけでは通信量が不足する人

ドコモのスマホだけではデータ通信量が足りないと感じる場合には、WiMAXとの併用が向いている可能性が高いです。なぜなら、WiMAXならスマホよりも多くのデータ通信量を安い通信料で確保できるからです。

たとえば、外出先ではスマホ、自宅ではWiMAXなどと使い分けることで、通信料金を抑えることも可能です。

場所を選ばずに自由にWi-Fiに接続したい人

WiMAXを利用すれば、スマホ利用と同じ感覚で自宅でも外出先でもWi-Fiに接続できます。

また、WiMAXを通信量無制限にして自宅用にすれば、スマホの通信は外出先だけになるので、通信料金を抑えることができます。

このように、WiMAXと併用すれば、いつでもどこでもネット利用が可能になるだけでなく、通信料を安くできるのです。

タブレットやパソコンでもWi-Fiを利用したい人

スマホだけではなく、タブレットやパソコンでWi-Fiを利用したいという場合にも、WiMAXの併用が向いています。

なぜなら、スマホだけの契約をしている場合、基本的には動画やインターネットの閲覧がスマホでしかできないからです。

もちろん、テザリングすることでタブレットやパソコンでもネット通信ができますが、毎回設定する手間がかかります。

そのため、WiMAXを併用すると、Wi-Fi通信でタブレットやパソコンをいつでも利用できるようになるので、便利です。

ドコモのスマホでWiMAXを利用したらお得?オススメのWiMAXとは?

ドコモのスマホと併用するなら、なるべく安いWiMAXを使いたいもの。

そこで、ドコモのスマホとWiMAXの月額料金に割引やキャッシュバックを加味した3年間の実質料金を、比較してみました。

ぜひ、WiMAXを選ぶ際の参考にしてみてください。

【ドコモのスマホとWiMAXの料金比較】

プロバイダ 月額料金 キャッシュバック 3年間実質料金
ドコモのスマホ(ギガホ)
6,980円
なし
254,280円
ドコモ Wi-FiSTATION
1,000円
なし
36,000円(別途ギガホ、または、ギガライトの利用料が必要)
GMOとくとく
BB(CB)
1か月目~2か月目:3,609円
3か月目~36か月目:4,263円
31,000円
122,897円
JPWiMAX ※新規受付停止中
1か月目~3か月目:2,800円
4か月目~24か月目:3,500円
25か月目~36か月目:4,100円
10,000円
119,000円
DTI WiMAX
1か月目~2か月目:0円
3か月目:2,590円
4か月目~36か月目:3,760円
0円
125,910円
Broad WiMAX
1か月目~2か月目:2,726円
3か月目~24か月目:3,411円
25か月目~36か月目:4,011円
0円
127,615円
カシモWiMAX
1か月目:1,380円
2か月目~24か月目:3,580円
25か月目~36か月目:4,079円
0円
131,589円
So-net WiMAX
1か月目~12か月目:3,380円
13か月目~36か月目:4,379円
0円
145,276円
BIGLOBE WiMAX
3,980円
15,000円
146,500円
UQ WiMAX
3,880円
3,000円
153,800円
@nifty WiMAX (新規受付終了)
1か月目~2か月目:3,670円
3か月目~36か月目:4,350円
0円
173,890円

※価格は税抜
※2020年9月時点、WX06利用の場合
※別途事務手数料3,000円がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

ドコモのスマホ、ドコモのポケットWi-Fiの料金とWiMAXの料金を比べると、WiMAXのほうが安いことがわかります。中でも、2020年9月現在申し込み可能な窓口のなかではGMOとくとくBB WiMAXがもっとも安いという結果でした。

これからWiMAXの導入を検討している方は、上記の比較結果を参考にしてみてください。

【GMOとくとくBBのWiMAX】キャッシュバック詳細をみる

WiMAXとドコモのスマホを併用した場合としない場合の料金や性能を比較

WiMAXとドコモを併用した場合とドコモのスマホ単体で利用した場合の料金や性能には、どのような違いがあるのでしょうか?

ここでは、ドコモのスマホ(ギガライト)と一般的なWiMAXとドコモのスマホ(ギガホ)単体の、月額料金・通信速度・速度制限・データ使用量を比較してみました。

料金や性能にどれだけの違いがあるのかを、見てみましょう。

【WiMAXとドコモのスマホを併用した場合としない場合の性能比較】

  ドコモのスマホ(ギガライト)
とWiMAX併用
ドコモのスマホ(ギガホ)単体
月額料金
ドコモ(ギガライト):2,980円
+WiMAX:平均3,000円
=5,980円
6,980円
通信制限
WiMAXの3日間で10GB
月間30GB
速度制限
128kbps
容量超過後1Mbps
データ使用量
ギガライト<ステップ1>:1GB
WiMAX:無制限
30GB

※価格は税抜

両者を比較したところ、併用するほうが料金は安いのに使用できるデータ量は無制限であるのに対し、ドコモのスマホ単体の場合は月30GBという制限があるのに料金が高くなっています。

WiMAXは速度制限がかかると128kbpsと非常に遅いですが、3日間で10GBという通信制限は一日に何時間も動画を視聴しなければ引っかかりません。 そのため、そこまでヘビーにデータを使わなければ、気にする必要がない通信制限です。

両者の性能を比較すると、明らかに併用するほうがお得ということがわかります。

ただし、月に1GBまでしかデータを使わないなど、データ使用量が少ない方であれば、ドコモのギガライトにしたほうが安く済みます。

WiMAXと併用することでお得になるのは、高画質の動画をよく観るなど、データ使用量が多い人です。したがって、ご自身が普段どれくらいのデータ量を使うかによって、併用するかしないかを選びましょう。

WiMAXでオススメのプロバイダ3社

それでは、WiMAXを利用する際には、どのプロバイダを選べばよいのでしょうか?

WiMAXはプロバイダによって料金やキャッシュバック、割引などが大きく変わります。そこで、オススメのプロバイダを3社ご紹介します。

一番安いのはGMOとくとくBBのキャッシュバック

他のプロバイダに比べてもっとも料金が安いプロバイダが、GMOとくとくBB WiMAXです。

GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバック額が2020年9月時点で最大31,000円と高額ですから、WiMAXに新規加入をお考えの方にオススメです。

料金面を最優先で考えて選ぶのなら、GMOとくとくBB WiMAXを検討しましょう。

【GMOとくとくBBのWiMAX】キャッシュバック詳細をみる

キャッシュバックの受け取りが不安ならJP WiMAXもオススメ!

GMOとくとくBBのキャッシュバックは魅力的ですが、受け取るまでに1年ほどかかるという難点があります。そのため、キャッシュバックの受け取りに不安を感じる方は、端末受け取りと同時にAmazonギフト券10,000円が受け取れるJP WiMAXがオススメです。

JP WiMAXは端末に同封されているAmazonギフト券申請コードを使って申請すれば即日還元を受けられるうえに、月額料金からの割引きも行っていますよ。

確実に特典を受け取りたいなら、JPWiMAXを選ぶとよいでしょう。

注意:JPWiMAXは2020年9月現在新規受付停止中です!

JPWiMAXの詳細を見る

口座振替で支払いたいならBroad WiMAX

Broad WiMAXは口座振替に対応しているプロバイダの中でも格安です。したがって、口座振替による支払いをしたいなら、Broad WiMAXがオススメです。

Broad WiMAXの詳細を見る

WiMAXとドコモのスマホを併用する際の注意点

WiMAXとドコモのスマホを併用すると、料金を抑えられてデータ量を増やせるという大きなメリットがあります。

しかし、併用する際には、いくつかの注意点があります。 ここでは、注意しないとメリットを得られない、併用の際の注意点についてご説明します。

通信量が少ない人には割高になる

ドコモのスマホとWiMAXを併用する場合としない場合の料金やデータ使用量の比較をしたとおり、通信量が少ない人は併用すると割高になってしまいます。

たとえば、月に1GBまでしか使わないのであれば、月額2,980円のギガライトのステップ1で十分です。しかし、ドコモのスマホとWiMAXを併用すると月額5,000円以上かかってしまいます。

月に利用する通信量があまり多くない人は、併用するとかえって利用料金が割高になってしまいますから、普段からあまりデータを使用しない人は、スマホのみで十分といえるでしょう。

回線を切り替えて使うのを忘れない

ドコモのスマホのデータ通信量も合わせて利用する場合には、回線を切り替えて利用することを忘れないように注意してください。

たとえば、自宅では無制限プランのWiMAXを使い、外出先でのみスマホを使うという方法があります。しかし、切り替えを忘れて自宅でもスマホのデータ量を使ってしまうと、無駄になってしまいます。 あらかじめ、自宅ではWiMAXのWi-Fi通信を使うように、スマホやパソコンのネットワーク設定をしておきましょう。

また、ドコモのギガライトプランはデータ使用量に応じて料金が変わるプランであるため、WiMAXでのデータ通信を優先する必要があるのです。

併用する際には、もっとも効率のいい使い方を心がけてくださいね。

どのプランがもっともお得なのかを考える

ドコモのスマホとWiMAXのプランは、どれとどれを組み合わせればもっともお得なのかをしっかりと確認しましょう。

ドコモはギガライト、WiMAXはギガ放題のプランにすることで、データ通信量を多く確保しつつ、利用料金を抑えられます。

もちろん、どのプランがぴったりなのかは普段のネットの使用状況によって異なります。 たとえば、外出先にスマホで7GB以上のデータ量を使ってしまうなら、ギガライトよりギガホのほうがお得です。そのため、いつ、どこで、どれくらいデータを使っているのかを考慮して、プランを検討することが大切です。

まとめ

ドコモのスマホを使っているが月額料金が高くて悩んでいるという方は、WiMAXも併用することで料金を抑えることができるかもしれません。

この記事では、併用することで得られるメリットや、WiMAXのプロバイダごとの料金比較、併用時の注意点などをご説明しました。

2020年9月時点で最大31,000円の高額キャッシュバックを受け取れるGMOとくとくBB WiMAXは、プロバイダの中でも実質料金が最安で利用できます。

ドコモのスマホとWiMAXの併用をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

【GMOとくとくBBのWiMAX】キャッシュバック詳細をみる

  関連記事

 - WiMAX