サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

JPWiMAXは契約すべき?料金がプロバイダ最安級になるキャンペーンも紹介

  /    
  WiMAX

JPWIMAXはお得?

ポケットWi-Fiを契約したくても、どこを選べばよいか悩んでいる方も多いでしょう。

JPWiMAXなら、月額料金を抑えられて、さらにキャンペーンを受け取るためのオプション加入などの条件がなく、即日受け取れます。

キャンペーン受け取り忘れが心配な人や月額料金を抑えたい人に、オススメのポケットWi-Fiです。

今回は、JPWiMAXのメリットや実質月額料金、キャンペーンなどを解説します。さらに、他社とも比較した結果もご紹介します。ポケットWi-Fiをどこにしようとお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

JPWiMAXがオススメな3つの理由!

JPWiMAXがオススメな理由は、3つあります。

他社と比較して月額料金が安い

JPWiMAXがもっともオススメな理由は、なんといっても、他社と比較して月額料金が安いことです。

JPWiMAXの月額料金

引用:【公式】JPWiMAX

最初の3か月は2,800円、4か月目から24か月目までは3,500円、そして、25か月目以降はずっと4,100円という安さです。

詳しい料金プランについては、のちほど詳しくご説明します。

オプション契約なしでもキャンペーンが満額適用される

JPWiMAXは、オプションを契約することなく、キャンペーンを適用できます。

一般的に、インターネット回線などの契約時のキャッシュバックなどのキャンペーンを適用させるためには、さまざまなオプションをつける必要があることがほとんどです。

そのため、キャッシュバックをもらったらすぐにオプションを解約するという、面倒な手続きをしている人も多いのではないでしょうか。なかには、オプションを外し忘れて、月額料金がかえって高くなってしまったという失敗をした人もいるかもしれません。

しかし、JPWiMAXなら、オプションなしでもキャンペーンが満額適用されるため、そのような手間は必要ありません。余計な手間いらずで、ずっと安い月額料金で利用できます。

端末が届いてすぐにAmazonギフト券がもらえる

JPWiMAXを契約すると、Amazonギフト券10,000円分がもらえます。面倒な手続きなく受け取れるため、もらい忘れの心配もありません。詳しくはのちほどご説明します。

JPWiMAXの料金プランは1種類でシンプル、月間データ量が無制限!

JPWiMAXの料金プランは非常にシンプルで、1種類しかありません。そして、その料金プランの月間データ量は無制限です。料金設定を詳しく見てみましょう。

<JPWiMAXの料金表>

初期費用(契約料+ルーター代)
3,000円
基本月額料金
4,880円
3年契約の月額料金
1~3か月
2,800円
4~24か月
3,500円
25か月目~
4,100円

<JPWiMAXの解約金>

解約時期
解約金
1年未満 30,000円
1~3年 25,000円
更新月 0円
それ以降 9,500円

上記の料金設定を見てもわかるとおり、月額料金は非常に安くなっています。ただし、その分違約金は高額になってしまいます。できれば3年は利用することを前提に契約しましょう。

月間データ量は無制限ですが、通信制限はあります。直近3日間で利用容量が10GBに達した場合、翌日18時頃~翌々日2時頃の約8時間、通信速度が1Mbpsに制限されます。普通に使っていればそこまで使うことはほとんどありませんし、制限されるのは8時間だけなので大きな影響はありませんが、長時間の動画閲覧などにはご注意ください。

JPWiMAXならキャンペーンの利用でプロバイダ最安級に!

JPWiMAXは、キャンペーンを利用すれば、プロバイダのなかでも最安級になります。キャンペーン内容は、以下のとおりです。

  • 最大3か月の月額料金が2,800円
  • Amazonギフト券10,000円プレゼント
  • 最短で即日発送

では、JPWiMAXのキャンペーンは他回線と比べてどれくらいお得なのでしょうか。

他社と比較した表が以下です。なお、最初の月額料金だけ割引しているケースが多いため、3年間の月額料金を調べてみました。(CB=キャッシュバックです。)

<キャンペーン比較>

 
月額料金
契約事務手数料
端末代金
キャッシュバック
CB受け取り期間
3年間実質料金
GMOとくとくBB
(キャッシュバック)

1~2ヶ月:3,609円

3~36ヶ月:4,263円

3,000円 0 34,800円 12ヶ月目 120,360円
JPWiMAX

1~2ヶ月:2,800円

3~24ヶ月:3,500円

25~36ヶ月:4,100円

3,000円 0 10,000円(Amazonギフト券) 即日 124,100円
GMOとくとくBB
(割引)

1~2ヶ月:2,170円

3~36ヶ月:3,480円

3,000円 0 0
125,660円
DTI WiMAX

1~2ヶ月:0円

3ヶ月目:2,590円

4~36ヶ月:3,760円

3,000円 0 0
129,670円
Broad WiMAX

1~2ヶ月:2,726円

3~24ヶ月:3,411円

25~36ヶ月:4,011円

3,000円 0 0
131,626円
BIGLOBE WiMAX(CB)
1~36ヶ月:3,980円 3,000円 0※① 10,000円 9ヶ月目 133,280円
カシモWiMAX
(新端末プラン)

1ヶ月目:1,380円

2~24ヶ月:3,480円

25~36ヶ月:4,079円

3,000円 0 0
133,368円
BIGLOBE
(割引)

1ヶ月:0円

2~36ヶ月:3,980円

3,000円 0※① 0
136,280円
UQ WiMAX
1~36ヶ月:3,880円 3,000円 3,800円 3,000円 4ヶ月目 143,480円
So-net WiMAX

1~12ヶ月:3,380円

13~36ヶ月:4,379円

3,000円 0 0
148,656円
@nifty WiMAX

1ヶ月:0円

2~3ヶ月:3,670円

3~36ヶ月:4,350円

3,000円 1円(初回のみ) 0 12ヶ月目 158,241円
au WiMAX
1~36ヶ月:4,880円 3,000円 0※② 0
178,680円

※①:24カ月間800円のデータ端末代相当値引き適用後

※②:24カ月間1,170円のデータ端末代相当値引き適用後

この表を見てもわかるとおり、JPWiMAXは、他社に比べて断然安くなっています。唯一、GMOとくとくBBでキャッシュバックキャンペーンを選ぶとJPWiMAXよりも安いですが、キャッシュバックをもらえるのが1年後であることを考えると、JPWiMAXの方にメリットがあるでしょう。

他社と比較した結果わかったことは、月額料金の安さを求めるならJPWiMAXが断然オススメ、ということではないでしょうか。

JPWiMAXへの申し込みはコチラから

Amazonギフト券10,000円分プレゼント

JPWiMAXの速度は他のWiMAXプロバイダと同じ

WiMAXは、どの会社でも同じ回線を使っているためスペックも同じなので、通信速度も変わりません。 通信速度の測定値口コミをTwitterで見てみましょう。Twitterで通信速度が速めの機種「W06」について検索してみました。 

https://twitter.com/shuhei_takada/status/1139709275670925312

この方は、都内の家で下り19.5Mbps出るということで、快適だそうです。

さらにこの方は、24.9Mbps出ています。 

この方も、測定値にまずまずと満足しているようです。

機種は速度が安定しやすいW06がオススメ

次に、オススメの利用端末についてご説明します。安定した速度を求めるなら、W06がもっともオススメです。

<Speed Wi-Fi NEXT W06のスペック表>

対応ネットワーク
WIMAX2+、au4GLTE
最大速度(下り/上り)
1.2Gbps/75Mbps
質量
約125g
サイズ
約W128×H64×D11.9mm
最大接続台数
16台
バッテリー使用時間
ハイパフォーマンス
約5~7時間
スマート
約6~9時間
バッテリーセーブ
約10~11時間
メーカー
HUAWEI

下りの最大速度は、ギガ越えの1.2Gbpsです。ただし、あくまでも最大速度なので、実測値はこの数値には至りません。とはいえ、じゅうぶん快適な速度を期待できます。また、バッテリーの持ちも長いため、外出先で使う際には最適です。

自宅利用なら据え置き型のL02がオススメ

自宅で利用したいなら、据え置き型のL02がオススメです。

<Speed Wi-Fi HOME L02のスペック表>

対応ネットワーク
WIMAX2+、au4GLTE
最大速度(下り/上り)
1.2Gbps/75Mbps
質量
約436g
サイズ
約H178×W93×D93mm
最大接続台数
40台
電源
ACアダプタのみ
メーカー
HUAWEI

最大接続可能台数は40台と大容量です。速度も十分出ますから、ファミリーなど大人数で使いたい方にオススメです。

実際にJPWiMAXを使っている人の評判は?

実際にJPWiMAXを使っている人はどう思っているのでしょうか?Twitterで「JPWiMAX」と検索してみました。

料金に関する口コミは、やはり安いという好印象のものが多かったです。 

この方は、アマゾンギフト券1万円はうれしい、月々の支払いも安い、強制加入のサポートなどもないと喜んでいました。 

いろいろな回線を調べて一番安い無制限の回線がJPWiMAXだったという方も。月額料金の安さには定評があるようです。 

速度に関しては、遅いときもあるが有線ネットよりも速いとおおむね満足しているユーザーがいました。通信速度については、とくに問題ないようです。

一方で、契約しても端末がなかなか届かないという口コミが多く見られました。

https://twitter.com/miikurucity/status/1157219715405606914

この方は、「2週間~1か月お待ち頂くことがあります」と聞いていたのに倍以上待ってもこなかったとのことです。 

1か月待っても来ないからこちらから連絡したらやっと反応があった、などという口コミもありました。

人気のため、品薄になっているようです。申込をしたのに端末が届かないという場合は、JPWiMAXのメール問い合わせからメールでお問い合わせください。

また、届いた端末でネットワークをつなげたらなかなかつながらない、速度が遅いという場合は、「初期契約解除制度」という制度を使えば、8日以内なら無料でキャンセルできます。初期契約解除制度の詳細については、のちほど詳しくご説明します。

JPWiMAXを契約する際の注意点

JPWiMAXを契約する際には、いくつかの注意点がありますのでご紹介します。契約前に、よく読むことをオススメします。

支払いはクレジットカードのみ

JPWiMAXの支払い方法は、クレジットカードのみです。口座振替などでは支払いができないため、ご検討の方は、ご注意ください。また、デビットカードも利用できません。

auスマートバリューmineが適用されない

WiMAXを提供しているプロバイダの多くが「auスマートバリューmine」に対応していますが、JPWiMAXでは適用されないことにご注意ください。

auスマートバリューmineとは、auスマホの月額料金が最大1,000円割引される、auユーザーにうれしいサービスです。

解約するタイミングによって費用が高額になる場合もある

解約タイミングによっては、解約金が非常に高額なことにご注意ください。

<JPWiMAXの解約金>

解約時期
解約金
1年未満
30,000円
1~3年
25,000円
更新月
0円
それ以降
9,500円

上記のとおり、更新月以外に解約すると解約金が高く、とくに3年以内だと25,000円~30,000円かかります。解約金を支払わずに解約したいなら、37か月目に解約する必要があります。また、自動更新なので、解約したいなら解約タイミングを逃さないようにしてください。

さらに、24か月以内に解約すると、SIMと端末の返却、または、契約残月数×1,600円の端末違約金が発生します。

たとえば、10か月で解約すると、30,000円の違約金プラス、36-10=26か月×1,600円=41,600円なので、総額71,600円の違約金が発生します。端末違約金を支払うくらいなら、端末を返却した方がよいでしょう。

JPWiMAXに関するよくある質問

JPWiMAXに関するよくある質問とその回答をご紹介します。

問い合わせ先は?

JPWiMAXの問い合わせ先は、以下のとおりです。

<お問い合わせフォーム>

サイトURL:https://jpwimax.jp/faq.php#contact

受付日時:24時間受付

<電話問い合わせ窓口>

電話番号:0120-545-618

受付日時:土日祝、年末年始を除く13:00〜19:00

まずは、いつでも問い合わせられる問い合わせフォームから問い合わせてみましょう。

解約方法は?

JPWiMAXの解約時には、端末の返却が必要な場合もあり、若干複雑ですので、解約フローをご説明します。

1. 電話、または、お問い合わせフォームで解約の連絡

まずは、解約の連絡をします。上記の問い合わせ先から、解約したい旨を伝えてください。

電話で連絡するのがもっとも早いのですが、なかなかつながらないという声もありました。まずは問い合わせフォームから解約連絡をし、3日ほどたっても返信がない場合に、電話連絡するのがよいでしょう。

2. SIM/端末の返却(24ヶ月以内の場合のみ)

24か月以内の解約の場合のみ、SIMと端末を返却します。端末を返却しないと、端末違約金が残りの月数×1,600円かかってしまいます。端末が欲しい場合は、端末違約金の金額を確認してから検討するのがよいでしょう。

3. 解約金の請求

解約金が決まり、解約金が請求されます。高額の解約金になる場合は、クレジットカードの支払額にご注意ください。

4. 解約手続き完了

解約金の清算が終われば、解約手続きは完了です。

キャンセルはできる?

契約してから8日以内にすべての機器を送り返すと、初回契約解除制度によって無料でキャンセルできます。

この制度の注意点は、以下のとおりです。

  • 契約事務手数料の3,000円は返金対象外
  • 機器の返送費用はユーザーの自己負担
  • 機器が最初にユーザーのもとに届いてから8日以内に返送しなければならない

問題なのは、最後の注意点です。機器が最初にユーザーのもとに届く日は、不在だった日も含まれます。

そのため、不在票が入っていた日から数えて8日以内に、すべての機器を返送しなければならないということです。

最初に機器が届いた日に不在で2,3日経ってしまうと、残りは5,6日しかありません。短い期間で、機器をセッティングして通信速度を確かめ、遅いと判断してから再度機器を梱包して送り返すというのは、意外とハードルが高いことです。

そのため、この制度を利用してキャンセルすることを考えているなら、最初からこの流れを考慮に入れておかなければ難しいかもしれません。もし、8日に間に合わなかった場合、30,000円の解約金がかかってしまうので、十分注意してください。

まとめ

JPWiMAXは、他社と比べて料金が安く、さらに、受け取りやすいキャッシュバックも用意されているプロバイダです。また、通信速度という点でも、口コミから問題ないことがわかります。

ただし、契約手続きを終えても、自宅に端末がなかなか届かないという口コミもありました。もし契約してもなかなか端末が届かないという場合は、問い合わせフォームなどから問い合わせるのがよいでしょう。

月額料金の安さやキャンペーン、通信速度を考えると、JPWiMAXはオススメのプロバイダです。WiMAXの契約を考えている方は、JPWiMAXを検討してみましょう。

JPWiMAXへの申し込みはコチラから

Amazonギフト券10,000円分プレゼント

  関連記事

 - WiMAX