サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

インターネットの平均速度を解説!快適な目安や遅いときに試すべき12の対処法

  /    
  インターネット

インターネットの速度について気になっている方は多いでしょう。

さくまる

インターネットの速度は下りだと30Mbps以上、上りだと10Mbps以上あれば快適まる!

インターネットの速度はどの回線を使っているかによっても、大きく異なりますよ。

インターネットの種類 下り速度の平均 上り速度の平均
光回線
250Mbps前後
150Mbps前後
ホームルーター
30Mbps前後
5Mbps前後
ポケットWiFi
20Mbps前後
10Mbps前後

それぞれのインターネット回線ごとに速度が速いオススメの契約先も紹介しますね。

光回線で速度No.1!

・下り平均速度:469.26Mbps
・上り平均速度:404.24Mbps
・キャッシュバック:45,000円
・有料オプション加入不要

NURO光の詳細をチェック

光回線で速度No.2!

・下り平均速度:379.24Mbps
・上り平均速度:271.41Mbps
・キャッシュバック:60,000円
・違約金負担も実施中

auひかりの詳細をチェック

光コラボで速度No.1!

・全国で契約可能!
・下り:312.04Mbps
・上り: 215.35Mbps
・v6プラス対応

enひかりの詳細をチェック

モバイル回線で最速!

Broad WiMAX_ロゴ

・5G対応ルーター提供中!
・下り:55.36Mbps
・上り:15.1Mbps
・ホームルーターも速い!

Broad WiMAXの詳細をチェック

今回はインターネットを快適に使う目安や速度測定方法とあわせて、速度が遅いときの原因と対処法も解説します。

原因 対処法
周辺機器に問題がある
  • 機器を再起動してみる
  • 設置場所を変える
  • 周波数を変える
  • 有線接続をする
  • 高速通信に対応した機器に買い替える
  • レンタル機器は契約元に交換できないか問合せる
  • 接続機器に問題がある
  • パソコンはOSを最新にする
  • ブラウザのバーションを最新にする
  • キャッシュはこまめに消そう
  • 回線に原因がある
  • IPv6を利用する
  • 戸建てプランで契約する
  • 速度が速い回線を選ぶ
  • ぜひ参考にして、快適なインターネットライフを楽しんでくださいね!

    ※2021年7月時点の情報です。

    【今すぐ確認できる!】インターネットの速度測定

    まず、今使っているインターネットで実際に出ている速度はどのくらいなのかを知りましょう。

    光回線やホームルーター、ポケットWiFiに接続したパソコンやスマートフォンから、下の「スタート」ボタンを押すとインターネットの回線速度が測れます。

    わたしも以下の条件で実際に速度測定をしてみました!

    インターネット回線ドコモ光
    最大速度上り下り/最大1Gbps
    プロバイダーGMOとくとくBB
    接続方式IPoE+IPv4 over IPv6(v6プラス)
    パソコン製品名Lenovo ideapad 330
    プロセッサIntel(R)Core(TM)i5-7200U CPU
    @2.50GHz 2.71GHz
    接続方法有線LAN

    実際の速度測定結果が、こちらです。

    ダウンロード速度とアップロード速度のほか、オンラインゲームのラグを左右する「ping値」や「ジッター値」なども測定できますよ!

    さくまる

    ちょっと待って!速度に関係ある単語を一度おさらいしておきたいまる!

    インターネットの速度を知るうえで理解しておきたい単語は主に以下の4つです。

    ダウンロード速度 ・Webサイトを開いたり動画を見たりする際に必要
    ・数値が大きいほど速い
    アップロード速度 ・メールを送信したりYouTubeやSNSに動画を投稿する際に必要
    ・数値が大きいほど速い
    Ping値 ・サーバー間で行われる情報伝達にかかる時間のこと
    ・オンラインゲームのラグなどに大きく影響。
    ・数字が低いほどよい
    ジッター値 ・Ping値のブレのこと
    ・オンラインゲームのラグなどに大きく影響。
    ・数字が低いほどよい

    速度測定は利用する速度測定サイトによっても値が変わることがあるので、正確に調べたいなら複数のサイトを使うのがオススメです。

    インターネットの速度測定サイト3つを比較

    操作が簡単で表示がわかりやすい3つの速度測定サイトを厳選して、紹介していきます。

    オススメ速度測定サイト4選
    測定サイト 特徴
    Fast.com ・サイトを開くと自動で測定開始
    ・結果表示がわかりやすい
    みんなのネット
    回線速度
    ・地域ごとの平均速度がわかる
    ・回線ごとの速度ランキングがわかる
    ・上下、Ping値だけでなくジッター値も測れる
    Radish Network
    Speed Testing
    ・データが詳細まで出る
    ・測定時、東京と大阪のどちらのサーバーを使うかを選べる
    さくまる

    さらにくわしく各サイトを紹介していくまる!

    実際に速度測定した結果もお見せするので、サイトによって変化があるかチェックしてくださいね。

    Fast.com

    Fast.comはサイトを開いた瞬間に測定が始まり、どこのサイトよりも簡単に、そしてすぐに測定が終わります。

    画面も見やすく、さらにNetfixが運営しているサイトなので、信頼できますね。

    さくまる

    Fast.comで速度測定した結果がこちら!

    出典:Fast.com

    画面中央の大きな数字が下り、右下が上りの速度を表します。

    レイテンシは「通信にどのくらいの時間がかかるか」ということで、Ping値*であらわされます。

    アンロード済みレイテンシとは、ネットワークに他のトラフィックが存在しない際に、要求が出されてから応答が帰ってくるまでのデータの往復時間です。

    それに対してロード済レイテンシは、ネットワーク上でデータ使用量の多いアプリケーションを使用中の場合における、データの往復時間を意味します。

    みんなのネット回線速度(みんそく)

    みんそくは、とても特徴的な測定サイトです。

    • 地域ごとの平均速度を検索できる
    • 上下、Ping値だけでなく、ジッター値を測れる
    • 回線ごとの速度ランキングを利用できる

    みんそくで速度測定する際には回線タイプ、契約回線、プロバイダ、住んでいる地域や戸建てか集合住宅かなどを入力します。

    出典:みんなのネット回線速度測定
    ※地域ごとの平均速度やランキングのためのデータ収集として、測定前に簡単に住所などを入力する必要があります。
    さくまる


    アカウントなどの登録作業ではないから安心して!

    出典:みんなのネット回線速度測定

    速度測定が表示されると、文章でダウンロード・アップロード速度の評価が「超速い」「非常に速い」などと表示されるので分かりやすいですね。

    さらにページの下部ではお住まいの地域の平均速度との比較や、同じ回線事業者・プロバイダでの速度ランキングなども表示されますよ。

    Radish Network Speed Testing

    Radish Network Speed Testingはこの記事で紹介している測定サイトの中で、もっとも詳細なデータまで測れます。

    出典:Radish Network Speed Testing

    画面に表示されている「RTT」についてですが、簡単に言うと通信にどのくらいの時間がかかるかを表す数値で、オンラインゲームをする際に大きく影響します。

    • 測定前RTT:ブラウジングしているときの応答速度のブレ(負荷がかかっていないとき)
    • 測定中RTT:速度測定を行ったときの応答速度のブレ(負荷がかかったとき)

    RTTの測定前・測定中の結果が出ていますし、さらにグラフで見やすくまとめてくれているのはうれしいですね。

    また、測定のために東京と大阪にある測定用サーバーのどちらを使うかを選択し、より正しいデータをとれるようになっているのも使いやすいです。

    測定サイトを使った実測値結果のまとめ

    今回紹介した速度測定サイトの実測値結果をまとめました。

    測定サイト下り上りPing値*
    サクッと光
    (SPEEDTEST)
    256.7Mbps420.9Mbps11ms
    Fast.com
    560Mbps
    220Mbps
    8-10ms
    みんなのネット
    回線速度
    525.78Mbps
    270.61Mbps
    18ms
    Radish Network
    Speed Testing
    528.7Mbps
    180.9Mbps
    細かくRTTを測れる

    *:単位はms(ミリ秒=1/1000秒)

    サクッと光の速度測定結果はほかのサイトに比べてダウンロード遅く、アップロードが速い結果になりました。(複数回測りましたが、同じ傾向でした)

    測定サイトによって結果が変わる理由は以下の原因が挙げられます。

    【測定結果に影響する要因】
    • 測定サイトへのアクセス数の混雑により遅れる
    • 測定サイトのサーバー設置場所が違う(サーバーまでの距離が遠いと速度が遅く出る)
    • 測定サイトのサーバーまでの経路が違う
    • 測定サイトによる測定のためのコンピューターのスペックが違う

    4つの速度測定サイトを調べた結果から平均速度をとると、下り467.7Mbps上り273.1Mbpsでした。

    さくまる

    複数の速度測定サイトの結果を足して割れば、実測値平均がわかるから確かめてみるまる!

    「インターネットが遅い」と感じたとき、まずは実測速度と快適に利用する目安を比較し、記事で紹介する対処法を実践することで改善につながりますよ!

    快適なインターネット速度の目安!用途や種類で異なる

    では、インターネットの速度ごとに、快適にできることの目安をまとめて紹介します。

    さくまる

    自分の実測値平均速度と比べてチェックするまる!

    まずは、インターネットの下り速度で快適に利用できる目安を紹介していきましょう。

    速度の目安利用用途
    1Mbps・ホームページの閲覧
    ・メール受信
    3Mbps・YouTube動画(中程度の画質での視聴:720p)
    ・ビデオ通話
    5MbpsYouTube動画(高画質での視聴:1080p)
    ・オンラインゲーム(スマホ)
    30Mbps以上・オンラインゲーム(ゲーム機やパソコン)
    ・4K動画の再生

    基本的に下り速度は30Mbps以上出ていれば、どんな用途でも快適にインターネットができますね。

    ただし、オンラインゲームや動画を視聴する際にはソフトや画質などによって、快適に利用するために必要な速度が異なります。

    さくまる

    より安定した速度で利用したいなら100Mbps以上出るインターネット回線を選ぶ必要があるまる!

    続いて、上りのインターネット速度で目安をまとめました。

    速度の目安利用用途
    1Mbps・メールなどのテキストメッセージ送信
    ・データファイルの送信
    3Mbps・SNSの写真投稿
    ・ビデオ通話などの映像送信
    10Mbps・SNSの動画投稿
    ・YouTubeなどのライブ配信
    30Mbps以上オンラインゲーム

    オンラインゲームをしない方は、上り速度が10Mbps以上あれば問題なく利用できます。

    対戦型のオンラインゲームは相手の攻撃を受ける下り速度と、自分の攻撃を相手に送る上り速度のどちらも必要なので、上下30Mbps以上はほしいですね。

    オンラインゲームを楽しみたい方は、あわせてPing値が20以下だと快適だといえるでしょう。

    インターネット速度は光回線かモバイル回線で異なる

    インターネットは契約する回線の種類によっても、平均速度は変わります。

    さくまる

    インターネット回線には主に光回線・ホームルーター・ポケットWiFiと3つの種類があるまる!

    インターネット回線の種類ごとの平均速度や特徴を表でまとめたので、チェックしておきましょう。

    <インターネットの種類>
    光回線 ホームルーター ポケットWiFi
    平均速度
    下り:250Mbps前後
    上り:150Mbps前後
    下り:30Mbps前後
    上り:5Mbps前後
    下り:20Mbps前後
    上り:10Mbps前後
    月額料金
    5,000円前後
    4.000円前後
    3,000円前後
    工事の有無
    あり
    なし
    なし
    持ち運び
    最大接続台数
    無制限
    35台前後
    10台前後

    インターネット回線ごとの平均速度はのちほど紹介する、光回線10社とモバイル回線10社の実測度ランキングを元に算出しました。

    光回線の最新実測速度ランキングへジャンプ! モバイル回線の最新実測速度ランキングへジャンプ!

    インターネット回線の中でもっとも速度が速い光回線は、外の電柱などから自宅内に直接回線を引き込みます。

    引用:auひかり

    おうちに引き込んだ回線に有線で直接パソコンや無線LANルーターを接続してインターネットをするので、高速で通信ができますよ。

    一方、ホームルーターやポケットWiFiは専用の端末で無線のモバイル回線を受信するので、障害物があったり基地局から遠かったりすると速度が安定しません。

    さくまる

    だけどモバイル回線は端末さえ届けば工事不要で使えて、持ち運びもできるというメリットがあるまる!

    引用:Broad WiMAX

    とにかく速度を重視するなら光回線がオススメですが、集合住宅や賃貸物件にお住まいの方は管理会社や大家さんに開通工事の許可も取らなくてはいけません。

    また、自宅より外出先でもインターネットをしたいという方も、小型で持ち運び可能なポケットWiFiのほうが都合がいいですね。

    光回線やモバイル回線の中でも速度の速さは契約先によって異なるので、自分にあったサービスの中からより高速で利用できるものを選びましょう。

    インターネットの速度が遅い原因と対処法

    「インターネットの実測速度が目安より遅い!」という方に向けて、速度が遅い原因と対処法を紹介していきましょう。

    さくまる

    まずは速度が遅い原因と対処法を表にまとめたからチェックするまる!

    原因 対処法
    周辺機器に問題がある
  • 機器を再起動してみる
  • 設置場所を変える
  • 周波数を変える
  • 有線接続をする
  • 高速通信に対応した機器に買い替える
  • レンタル機器は契約元に交換できないか問合せる
  • 接続機器に問題がある
  • パソコンはOSを最新にする
  • ブラウザのバーションを最新にする
  • キャッシュはこまめに消そう
  • 回線に原因がある
  • IPv6を利用する
  • 戸建てプランで契約する
  • 速度が速い回線を選ぶ
  • 比較的簡単に試せる順番でくわしく解説していくので、ひとつずつ試してみてくださいね。

    周辺機器に問題がある

    「インターネットが遅い」「つながらない」と感じた時にまず確認すべきは、周辺機器です。

    さくまる

    まずは機器の再起動から順に確認してみよう!

    機器を再起動してみる

    まずはインターネットを接続するための機器を、再起動してみましょう。

    光回線なら壁の光コンセントに接続されているONUや無線LANルーターのコンセントを抜き、1~2分放置してまた挿し込みなおします。

    ホームルーターもコンセント式なので、端末からでている電源プラグを抜いてみてくださいね。

    ポケットWiFiは電源を長押しするなどして、再起動します。

    さくまる

    機器を再起動すると軽微なエラーや不具合が解消されることがあるまる!

    設置場所を変える

    無線LANルーターの位置を電波が広がりやすく干渉しにくい場所に変えるだけで、インターネットの速度が改善することがあります。

    ルーターの位置図

    出典:eo光公式ホームページ

    オススメの設置場所は以下の通りです。

    • 壁やドアを挟まない
    • 他の家電製品の近くは避ける(特に電子レンジと相性が悪い)
    • 高さ1m~2mの位置(床置きしない)
    • 水槽の近くは避ける
    • ルーターの周りに物が多いところは避ける
    • 布やカバーを被せない(熱を持ちやすくなる)
    • 部屋の角に置かない(電波が広がりにくい)
    • 鏡や金属の近くは避ける(電波が反射してしまう)

    また、端末本体で無線の電波を受信するホームルーターやポケットWiFiも、設置場所を移動すると速度改善ができたという声は多いですよ。

    場所を変えるだけで速度が大きく変わることもあるので、お悩みの方は一度場所を変えてみましょう。

    周波数を変える

    基本的に無線LANルーターやモバイル回線の端末などは、電波干渉を防ぐために電子レンジなどの近くに置くのは避けましょう。

    ただし、どうしても置かざるを得ないというときは、ルーターの周波数を2.4GHzから5GHzに変えるのがオススメです。

    2.4GHzと5GHzの特徴は以下の通りです。

    • 2.4GHz:電波干渉を受けやすいが、障害物(壁や床など)に強い
    • 5GHz:障害物(壁や床など)に弱いが、電波干渉を受けにい

    電子レンジなどの家電は2.4GHz前後の周波数の電波を使っていることが多いことからルーターが干渉しやすくなり、電波が安定しないので用途に合わせて使い分けましょう。

    有線で接続する

    オンラインゲームなど安定した高速通信を求める用途には、有線接続がオススメです。

    さくまる

    無線で接続するとどうしてもルーターの置き場所などの外的要因で速度が不安定になるまる!

    記事の冒頭で光回線(有線接続)の実測速度を紹介しましたが、同じ回線や条件で接続方法だけを無線接続にして測定しなおしてみました。

    【有線接続時の速度測定結果】

    【無線接続時の速度測定結果】

    有線接続と無線接続で実測速度の違いを比較したところ、下り速度は6倍、上り速度は10倍以上有線接続のほうが速いとわかりました!

    またさらにこだわりたいオンラインゲームユーザーは、一般的な無線LANルーターではなく、オンラインゲーム専用のゲーミングルーターを使いましょう。

    【ゲーミングルーターのイメージ】

    ゲーミングルーター イメージ図

      出典:ASUS公式ホームページ

    一般的なルーターではオンラインゲームを快適にできるほどの通信速度とPing値が出ず、プレイ中に止まってしまったり、動きが固くなることがあるからです。

    高速通信に対応した機器に買い替える

    周辺機器のスペックによっては、通信速度に大きく制限を受けるのでよく確認するようにしましょう。

    特に以下の3つの機器は、高速通信に対応したスペックのものを選びましょう。

    • 無線LANルーター
    • LANポート
    • LANケーブル
    さくまる

    たとえば、以下の条件で光回線を利用していると無線LANルーターのスペックまでしか速度が出ないまる!

    • 光回線の最大速度:1Gbps
    • 無線ルーターの規格:IEEE802.11a(最大速度54Mbps)
    • LANポートの規格:1000BASE-T(最大速度1Gbps)
    • LANケーブルの規格:CAT5e(最大速度1Gbps)

    回線速度がいくら速くても、周辺機器のスペック、規格によってはインターネットの速度が制限されてしまうのです。

    これを踏まえ、回線の最大速度に見合った周辺機器を選ぶようにましょう。

    さくまる

    それぞれどんなスペックのものがオススメか解説するまる!

    無線LANルーター

    光回線の最大通信速度がいくら速くてもルーターのスペックによって、インターネットの速度は大きく下がることがあります。

    インターネットが遅いと感じたら、ルーターをスペックのいいものに買い替えましょう。

    ルーターの選び方のポイントは以下の6つです。

    • 何人でインターネットを使うか
    • インターネットを使う場所の広さ
    • 中継器で中継させることは可能か
    • 最大速度
    • ルーターが対応している周波数
    • IPv6に対応しているか

    ルーターを使うシーンを具体的にして、用途に合った速度・周波数が出る製品を選びましょう。

    なお、IPv6は「IPoE+IPv4 over IPv6」という最新の接続方式を指しています。

    IPoE+IPv4 over IPv6で接続すると夜間など、回線が混み合い通信速度が遅くなる時間帯でも混雑を避けてつなげてくれるので、通信が安定するようになります。
    (IPv6については【IPv6に対応しているか】で詳しく解説しています。)

    無線LANルーターの規格は以下の通りです。

    規 格最大通信速度
    IEEE802.11a
    54Mbps
    IEEE802.11b
    11Mbps
    IEEE802.11g
    54Mbps
    IEEE802.11n
    600Mbps
    IEEE802.11ac
    6.9Gbps
    IEEE802.11ad
    6.8Gbps

    光回線の最大通信速度1Gbpsに対応するには、IEEE802.11ac以上のものがオススメです。

    LANポート

    LANポートのスペックは以下のとおりです。

    規 格最大通信速度
    10BASE-T
    10Mbps
    10BASE-TX
    100Mbps
    1000BASE-T
    1Gbps
    1000BASE-TX
    10Gbps

    LANポートも光回線の最大通信速度にあわせて、1000BASE-T以上を選びましょう。

    LANケーブル

    無線LANルーターやONUとパソコンなどをつなぐLANケーブルのスペックも重要です。

    LANケーブルが原因でインターネットが遅くなっているとしたら、確認するところは3つです。

    • 差し込み口(コネクタ)の破損
    • ケーブルの断線
    • 回線に対応していない

    「遅いな」と思ったら、まずは故障がないかどうかを確認しましょう。

    壊れやすいコネクタ部分に問題がないときは、規格を確認しましょう。

    赤枠部分に規格が印字されています。(写真はCAT5e)

    LANケーブル

    LANケーブルの規格は、以下のとおりです。

    規 格最大通信速度
    CAT5
    100Mbps
    CAT5e
    1Gbps
    CAT6
    1Gbps
    CAT6a
    10Gbps
    CAT7
    10Gbps
    CAT7a
    10Gbps
    CAT8
    40GBps

    LANケーブルをCAT8のものに買い替えたら速度が3倍になった人もいますよ。

    最大速度1Gbps以上の光回線やIPv6を利用する場合は、CAT5e以上のLANケーブルを選ぶと安心です。

    レンタル機器は契約元に交換できないか問合せる

    光回線事業者からレンタルするONUやモデムなどの機器は、ずっと電源を入れた状態で使われている方が多いと思いますが、高温になると通信速度が遅くなることがあります。

    「熱いな」と感じたらコンセントを抜いて電源を切り、時間をおいてから電源を入れ直してみてください。

    それでもインターネットの速度が戻らなければ故障や劣化が考えられるので、契約している事業者に問合せましょう。

    さくまる

    主な光回線事業者の問合せ先をまとめたまる!

    事業者 電話番号 受付時間
    フレッツ光
    (NTT東日本)
    0120-00013 24時間、年中無休
    フレッツ光
    (NTT西日本)
    0120-248995
    (東日本エリアからは0120-248842)
    24時間、年中無休
    OCN光 0120-047-540 24時間、土日祝、年末年始は除く
    ドコモ光 ・一般電話0120-800-000
    ・ドコモ携帯:113(局番なし、無料)
    24時間、年中無休
    ソフトバンク光 186+0800-111-2009 午前10時~午後7時、年中無休
    au光 0077-7079 午前9時~午後11時、年中無休
    eo光 ・昼間:0120-919-151
    ・夜間:06-7501-8617
    ・昼間:午前9時~午後9時、年中無休
    ・夜間:午後9時~午前9時、年中無休
    NURO光 0120-300-260 午前9時~午後6時、年末年始は除く
    So-net光 0120-80-7761 午前9時~午後6時、年末年始は除く

    接続機器に問題がある

    周辺機器に問題がない場合、インターネットを接続しているパソコンやタブレットなどが原因で速度が遅くなっている可能性があります。

    接続機器に問題がないかチェックすべき項目は、以下の4点です。

    それぞれのチェック項目の対処法を解説していきます。

    パソコンはOSを最新にする

    パソコンのOSは定期的に更新されるので、最新の状態にしましょう。

    たとえば、Windows10 HOMEであれば、ここ数年の更新状況をまとめると頻繁に更新されているのがわかります。

    バージョンリリース
    1709
    2017年10月17日
    1803
    2018年4月30日
    1809
    2018年11月13日
    1903
    2019年5月21日
    1909
    2019年11月12日
    2004
    2020年5月27日
    21H12021年5月19日

    OSのバージョンは、「ホーム→設定→バージョン情報→Windowsの仕様」で確認できます。

    もしバージョンが古いのであれば、以下の公式サイトからOSを最新のものに更新しましょう。

    ※Safariは、Windows用Safariのアップデートの提供は停止されており、Windows用Safari 5.1.7がWindows向け最終バージョンで、サポートはすでに終了しています。

    ブラウザーのバージョンが最新になっているか

    検索結果を表示するのに必要なブラウザーですが、古いと検索速度が遅くなったり、保全上も不利になったりします。

    更新して最新版にしておくのがオススメです。

    下記が日本で主に使われている4つのブラウザーの公式サイトURLです。

    上記から更新できるので、参考にしてみてください。

    さくまる

    自動更新してくれるようにも設定できるから、更新し忘れることがなくなって便利まる!

    なお「Edge」はWindows10の標準機能なので、Windows10の更新に合わせてアップデートされることになります。

    気になる方は、Windows updateがすべて終わっているかを更新用の公式ページからご確認ください。

    キャッシュが溜まっていないか

    キャッシュとはブラウザが表示したページのデータを保存し、次に同じページを表示する際に一度目よりも速く表示する仕組みのことです。

    ただし、キャッシュにはメリットだけではなく、注意点もあります。

    • メリット:一度開いたことのあるページを再度表示する時に、より速く表示できるようになる
    • 注意点:ためすぎると、ブラウザの動作が遅くなる

    キャッシュはブラウザごとに保存容量が決まっており、限界に達したら古いものから削除されていくようになりますが、その前に削除して快適な環境を維持しましょう。

    主なブラウザーごとの削除方法を紹介します。

    Google Chrome
    1. 画面右上メニューボタン→「設定」
    2. 「設定」画面下の「詳細設定を表示」
    3. 「プライバシーとセキュリティ」内の「閲覧履歴データを消去する」
    4. 削除したいチェックボックスをチェック、削除する期間を選択
    5. 「データを削除」
    Internet Exproler 11
    1. メニュー内「ツール」の「インターネットオプション(全般)」を開く
    2. 「閲覧履歴」の「削除」
    3. 「閲覧の履歴の削除」画面内、削除するチェックボックスをチェック
    4. 「削除」
    5. 「選択された閲覧の履歴が削除されました」の表示の確認
    Firefox
    1. 「メニュー」内の「オプション」
    2. 「詳細」内の「ネットワーク」
    3. 「キャッシュされたWebページ」→「今すぐ消去」
    Safari
    1. メニューバー「Safari」の「環境設定」
    2. 「環境設定」画面の「詳細」
    3. 「メニューバーに開発メニューを表示」のチェックボックスをチェック
    4. メニューバーに追加された「開発」→「キャッシュを空にする」
    Edge
    1. 画面右上メニューボタン→「設定」
    2. 「クリアするデータの選択」
    3. 削除したいチェックボックスにチェック→「クリア」

    ここでは、ローカル(ネットにつながず、手動でパソコン内部のみを動かす操作)でキャッシュを削除する方法についてブラウザーごとに紹介してきました。

    キャッシュ削除用のフリーソフトを用いる方法もありますが、データ保持の面でローカルで作業した方がより安全なので、こちらをオススメします。

    回線に問題がある

    周辺機器や接続機器に問題がなければ、大元の回線自体に問題があるということになります。

    最終的には高速通信が期待できる回線への乗り換えということになりますが、その前に以下のポイントを確認ましょう。

    さくまる

    回線自体の速度を改善する方法もあるから、参考にしてほしいまる!

    IPv6を利用する

    「夜はいつもネットが遅いなぁ…」と思った経験のある方は多いのではないでしょうか。

    夜間や週末など、インターネットを使う人が増える時間帯や曜日に集中して速度が遅い場合は回線の混雑が影響しています。

    回線の混雑が原因の速度低下には「IPv6」(IPoE+IPv4 over IPv6やv6プラスとも呼ばれます)で接続すれば、改善が期待できますよ。

    IPv6接続なら自動的に混んでいない回線を選んで接続してくれるので、「時間帯によって速度が遅くなる」という状況が改善できます。

    【イメージ図】

     IPv6サービス

      出典:@nifty IPv6サービス

    ただしIPv6で接続にする条件としては、「各種機器等がIPv6などに対応」していなければなりません

    • 回線業者やプロバイダが対応しているか
    • モデムやルーターが対応しているか
    • IPv6オプションに申込みが必要な場合手続きできているか

    上記すべてが対応していてはじめてIPv6での接続が使えるようになりますが、インターネットの速度が安定するのは本当に大きなメリットです。

    条件を満たせるようにプロバイダ会社などにしっかり確認しましょう。

    戸建てプランで契約する

    集合住宅で光回線を契約する場合、通信速度が戸建てよりも遅くなることがあります。

    理由として戸建てと集合住宅では、光回線を部屋まで引っ張るときの配線方法が異なる場合があるからです。

    【戸建て】

    戸建て光配線方式

      出典:BIGLOBE 光回線の工事ってどんなもの?期間や戸建てとマンションでの違いは?

    戸建ての場合、光ケーブルを電柱から家に引き込み、そのまま光コンセントまで引っ張っています。(光配線方式)

    一方で集合住宅では、光ケーブルを「共有スペース」に引き込み、さらに各世帯のコンセントまでは電話回線で引っ張るという方式をとっているところもあるのです。

    【集合住宅】

    集合住宅光配線方式

      出典:BIGLOBE 光回線の工事ってどんなもの?期間や戸建てとマンションでの違いは?

    この仕組みをVDSL方式と呼びます。(集合住宅でも光配線方式のところもあります)

    たとえば最大速度が最大1Gbpsの事業者だったとしても、VDSL方式だと大きく速度は下がってしまいますよ

    • 光配線方式:最大1Gbps
    • VDSL方式:最大100Mbps
    さくまる

    マンションでも戸建て住宅のように高速で利用したいまる!

    光回線事業者によっては集合住宅でも、自分専用の回線を自室まで直接引き込む戸建てプランを契約できる場合があります。

    ただし、専用の光回線を開通するためには大家さんや管理会社の許可を必ず取っておきましょう。

    なお、光配線方式かVDSL方式かは基本的に建物によって決まっていますが、管理者に交渉すればVDSL方式から光配線方式にする許可が下りる場合もあるので問い合わせておきましょう。

    速度が速い回線を選ぶ

    回線にはいくつかの種類がありますが、光回線はホームルーターやモバイルWi-Fiに比べて圧倒的に速度が速いので、速度を求める方は光回線を検討しましょう。

    また、光回線はNURO光やauひかりなど独自の回線設備を持っている業者と契約すると高速で利用できる傾向にあります。

    さくまる

    独立回線は自社のユーザーだけが回線を共有するから、混雑しにくく高速通信ができるまる!

    独立回線以外にはフレッツ光が使うNTTの光回線があり、ドコモ光やソフトバンク光、So-net光プラスなどもすべて同じ回線を使う光コラボ事業者です。

    【光コラボのイメージ】

    NTT西日本公式ホームページ│光コラボイメージ

      出典:NTT西日本公式ホームページ

    NTTの光回線は国内の広い地域で利用できますが、利用者が多いため「回線の混雑」が起きて通信速度が遅くなりがちですよ。

    ただし、独立回線は提供エリアが狭く、契約できる地域が限られるなどの注意点もあるので、求める速度とエリアなどを考えて選びましょう。

    【最新】光回線の速度ランキング!オススメ3選

    最新の主要光回線を実測値での平均速度が速い順にベスト10位までランキング化しました!

    さくまる

    実測値平均速度はみんなのネット回線速度測定を参考にしたまる!

    実測速度とあわせて、キャンペーンや契約期間中に支払う実質料金も紹介しているので参考にしてくださいね!

    光回線12社の料金・キャンペーン比較表
    順位 回線名 平均速度 エリア 契約期間 実質料金※1 キャッシュバック
    戸建て マンション
    1位 NURO光
    下り:469.26Mbps
    上り:404.24Mbps
    北海道・関東・
    関西・東海・九州
    2年
    4,030円
    1,736円~
    45,000円
    2位 auひかり
    下り:379.24Mbps
    上り:271.41Mbps
    関西・東海・
    沖縄県以外
    3年
    (マンションは2年)
    4,313円
    2,193円
    最大60,000円
    3位 enひかり
    下り:312.04Mbps
    上り: 215.35Mbps
    全国
    なし
    6,105円※3
    5,005円※3
    4位 excite MEC光
    下り:298.41Mbps
    上り:249.93Mbps
    全国
    なし
    6,508円※3
    5,271円※3
    5位 ソフトバンク光
    下り:293.05Mbps
    上り:187.75Mbps
    全国
    2年
    5,966円
    4,426円
    37,000円
    6位 DMM光
    下り:291.64Mbps
    上り:191.11Mbps
    全国
    2年
    5,944円
    4,800円
    7位 So-net 光プラス
    下り:282.26Mbps
    上り:196.11Mbps
    全国
    3年
    5,037円
    4,001円
    8位 フレッツ光
    (西日本)
    下り:242.32Mbps
    上り:183.49Mbps
    全国
    2年
    7,242円 ※5
    5,674円 ※5
    8位 フレッツ光
    (東日本)
    下り:242.32Mbps
    上り:183.49Mbps
    全国
    2年
    7,682円 ※5
    5,619円 ※5
    9位 OCN光
    下り:242.32Mbps
    上り:187.91Mbps
    全国
    2年
    5,691円
    4,171円
    最大40,000円
    10位 ドコモ光
    下り:236.04Mbps
    上り:181.21Mbps
    全国
    2年
    5,574円 ※5
    4,254円 ※5
    20,000円
    ※1:価格は税込、1Gbpsプラン(NUROは2Gbpsプラン)、マンションは16契約以上、プロバイダ一体型、実質料金=契約期間×月額料金(光電話込)+初期費用―(キャッシュバック・割引特典額)÷契約期間で計算
    ※2:みんなのネット回線速度に投稿された、各光回線の平均速度を掲載しています
    ※3:2年間の実質料金
    ※4:プロバイダSo-netの料金含む
    ※5:タイプAの料金を記載

    結論として、光回線で速度が速いベスト3は以下のとおりです。

    上記のランキング結果を踏まえて、オススメ回線をくわしく紹介しますよ。

    1位:光回線最速!NURO光

    NURO 光 4.5万円キャッシュバック- NURO 光

    NURO光の速度が速い理由としては以下の3つがあげられます。

    1. 最大2Gbps!他社回線の2倍の速さ
    2. 独立回線で通信経路が混雑しにくい
    3. IPv6が標準装備

    基本的に光回線は通常プランで最大1Gbpsと設定されていますが、NURO光は通常プランで最大2Gbpsと他回線の2倍速い速度が期待できます。

    他社回線とは共有しない、独自の回線を使った独立回線である点も高速で通信できる秘密ですよ。

    スマホセット割
    ソフトバンク
    最大速度
    2Gbps
    月額料金
    戸建て・マンションミニ:5,217円
    NURO光forマンション:2,090円~
    初期費用
    事務手数料:3,300円
    工事費:実質無料
    キャンペーン
    ・最大45,000円キャッシュバック□無線LANルーター無料
    ・セキュリティソフト無料
    関連記事
    NURO光の解説を読む

    ※価格は税抜

    さらに、NURO光は時間帯を問わずスムーズにインターネットを接続する通信規格・IPoE+IPv4 over IPv6が標準で利用できます。

    NURO光を実際に契約している人の評判をみても、他社回線からの乗り換えで速度が倍になったというこえがありました。

    NURO光の実測速度を測定した結果をアップしている人の中には、平均速度を上回る800Mbps以上が出たという声もあります。

    さらに、NURO光は公式窓口からの申込みでオプションなどの条件なしに、45,000円のキャッシュバックがもらえます。

    さくまる

    ただし、NURO光の提供エリアは以下のとおり限られているまる!

    北海道
    北海道
    関東
    東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県
    関西
    大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県
    東海
    愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
    九州
    福岡県、佐賀県

    NURO光のエリア内になっていても場所によっては一部エリア外などの可能性があるため、検討する際には事前にエリア確認をしましょう。

    速度を重視して回線を選びたい方は、ぜひ詳細をチェックしてみてくださいね!

    \45,000円のキャッシュバックが貰える!/

    NURO光のお得なキャンペーンと詳細をみる

    2位:独立回線でもエリアが広い!auひかり


    auひかりもNURO光同様、自社の独自回線を使っており高速通信が望めます。

    1. KDDI独自回線のため、混雑しにくい
    2. IPv6が標準装備
    3. 10ギガ・5ギガプランで超高速通信が可能

    auひかりは最大1Gbpsという速度ですが、親会社であるKDDI独自の回線ルートを持っているため光コラボなどの他回線よりも速度が速い傾向があります。

    またNURO光と同じく、IPoE+IPv4 over IPv6が標準で利用できることも平均速度が速い理由の一つですよ。

    スマホセット割
    au
    最大速度
    1Gbps
    月額料金
    戸建てタイプ
    1年目:5,610円
    2年目:5,500円
    3年目以降:5,490円
    マンションタイプ:4,180円
    初期費用
    事務手数料:3,300円
    工事費:実質無料
    キャンペーン
    ・最大60,000円キャッシュバック□違約金負担最大55,000円キャッシュバック
    ・訪問サポート1回無料
    関連記事
    auひかりの解説記事を読む

    ※価格は税抜

    auひかりの契約者も速度に関して満足しているとの口コミをしています。

    上記の方はソフトバンク光からauひかりへの乗り換えで、速度が5倍になったそうです。

    ソフトバンク光は全国でサービスを提供するフレッツ光や他社光コラボと同じ回線を共有しており、夜間や週末など利用者が増えるタイミングで速度が低下しやすいです。

    さくまる
    auひかりは自社のユーザーだけが同じ回線を使うから、時間帯に関係なく速度が安定しているのがメリットまる!

    さらに、auひかりは高額キャッシュバックなどキャンペーンが充実している点も、オススメできるポイントです。

    auひかりの代理店サイトフルコミットからの申込みなら、最大60,000円のキャッシュバックが最短翌月末に振り込まれますよ。。

    NURO光がエリア外だった方には、2番目に選んでみてほしい光回線です。

    \最大60,000円のキャッシュバックが貰える!/

    auひかりのお得なキャンペーンと詳細をみる

    3位:光コラボ最速!enひかり

    enひかりは全国で契約可能な光コラボなので、NURO光やauひかりが提供エリア外だった方にオススメですよ!

    1. 「v6プラス」オプションの利用で快適に使える!
      (※「v6プラス」は月額198円)
    2. もともとの月額料金が安いため、「v6プラス」をつけても月々の支払いが4,500円以下!
    スマホセット割
    UQモバイル
    最大速度
    1Gbps
    月額料金
    戸建てタイプ:4,730円
    マンションタイプ:3,630円
    初期費用
    事務手数料:3,300円
    工事費:実質無料
    キャンペーン
    関連記事
    enひかりの解説記事を読む

    ※価格は税抜

    enひかりではオプションで「v6プラス」(月額198円)が利用でき、回線が混雑しやすい光コラボの混雑ポイントを避け、快適な通信ができます。

    また、enひかりは月額料金が安いため「v6プラス」を追加しても月々の支払いが戸建てタイプでも5,000円以下と安価ですよ!

    <enひかり 通常/IPv6オプション利用時の料金>
    戸建て マンション
    月額料金
    (通常)
    4,730円
    3,630円
    月額料金
    (v6プラスオプション含む)
    4,928円
    3,828円

    enひかりを契約している方は、速度はもちろん契約期間なしに利用できるという手軽さもオススメだと述べています。

    現在フレッツ光や他社光コラボをご利用中のかたも、工事不要で簡単にenひかりへ乗り換えられるのでぜひ検討してみましょう。

    \月々の支払額が安い!/

    enひかりの詳細を見る

    【最新】モバイル回線の速度ランキング!WiMAXが最強

    光回線の開通工事ができなかった方や、外出先でもインターネットをしたいという方は、できるだけ高速で使えるモバイル回線が気になりますよね。

    結論から述べると、モバイル回線はホームルーター・ポケットWiFiともにWiMAXが最強です。

    さくまる

    WiMAXは同じ窓口からホームルーターとポケットWiFiどちらでも契約できるまる!

    モバイル回線はWiMAXがオススメできる理由として、最新サービスの比較表をチェックしてみましょう。

    順位 種類 契約先実測速度 データ量 契約期間 実質月額※1 キャンペーン
    1位ポケットWiFi Broad WiMAX
    下り:55.36Mbps
    上り:15.1Mbps

    (Galaxy
    5G)
    無制限
    3年
    3,876円
    ・月額割引
    ・5,000円キャッシュバック
    ・初期費用0円!Web割キャンペーン
    ・違約金負担乗り換えキャンペーン
    2位ホームルーター Broad WiMAX
    下り:41.7Mbps
    上り:5.5Mbps

    (HOME02)
    無制限
    3年
    3,876円
    ・月額割引
    ・5,000円キャッシュバック
    ・初期費用0円!Web割キャンペーン
    ・違約金負担乗り換えキャンペーン
    3位ホームルーター モバレコAir
    下り:31.9Mbps
    上り:4.33Mbps
    無制限
    2年
    2,982円
    ・月額割引
    ・17,000円キャッシュバック
    ・違約金負担乗り換えキャンペーン
    4位ポケットWiFi それがだいじWiFi
    下り:22.99Mbps
    上り:8.95Mbps
    20GB
    2年
    3,850円
    5位ポケットWiFiクラウドWiFi
    下り:21.96Mbps
    上り:15.11Mbps
    100GB
    3,972円※3
    6位ポケットWiFi MONSTER MOBILE
    下り:19.5Mbps
    上り:8.86Mbps
    20GB~
    1年
    2,344円~
    7位ポケットWiFiZEUS WiFi
    下り:19.4Mbps
    上り:6.5Mbps
    20GB~
    2年
    2,020円~
    月額料金割引
    8位ポケットWiFi hi-ho Let’s Wi-Fi
    下り:17.41Mbps
    上り:8.92Mbps
    実質210GB
    2年
    4,323円
    ・事務手数料無料
    ・月額料金割引
    9位ポケットWiFi Mugen WiFi
    下り:14.27Mbps
    上り:8.12Mbps
    100GB
    2年
    3,450円
    ・10,000円キャッシュバック
    ・事務手数料無料
    10位ポケットWiFiどこよりもWiFi
    下り:14.09Mbps
    上り:10.64Mbps
    20GB~
    2年
    2,640円~
    ※すべて税込 ※1:実質料金=契約期間×月額料金+初期費用―(キャッシュバック・割引特典額)÷契約期間
    ※2:みんなのネット回線速度参照
    ※3:1年間契約した場合

    ホームルーターとポケットWiFiを提供する各社で比較しても、WiMAXの実測速度がもっとも速いとわかりますね。

    ではくわしく、WiMAXの速度の秘密やお得な契約窓口を解説しましょう。

    高速のWiMAXを契約するならBroad WiMAX

    WiMAXは独自のWiMAX2+回線とauのLTE回線を利用してインターネットを接続するので、高速で通信ができます。

    さらに、新機種としてWiMAXで初の5Gに対応したポケットWiFiやホームルーターをラインナップしていますよ。

    さくまる

    5GのポケットWiFiは2021年4月8日に発売開始した「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」まる!

    引用:Broad WiMAX

    また、ホームルーターも5G対応の「HOME 5G L11」が7月に発売予定ですよ。

    引用:Broad WiMAX

    WiMAXを申込む際には数社のプロバイダから契約できますが、月額料金やキャンペーンはどこから申込むかで大きく変わります。

    さくまる

    WiMAXの提供エリアや実測速度はプロバイダによってとくに変わらないから、キャンペーンなどで選ぶのがオススメまる!

    WiMAXを申込むなら、月額料金からの大幅割引キャンペーン5,000円のキャッシュバックを実施しているBroad WiMAXがオススメですよ。

    スマホセット割
    au・UQモバイル
    最大速度(下り)
    ホームルーター:440bps
    ポケットWiFi:2.2Gbps
    高速通信可能データ量 4Gプラン
    10GB/3日
    5Gプラン
    15GB/3日
    月額料金 4Gプラン
    0〜2ヶ月目:2,999円
    3〜24ヶ月目:3,753円
    25ヶ月目以降:4,413円
    5Gプラン
    0〜25ヶ月目:4,330円
    26ヶ月目~:4,763円
    初期費用
    事務手数料:3,300円
    端末代金:無料
    キャンペーン
    ・5,000円キャッシュバック
    ・いつでも解約サポート
    関連記事
    Broad WiMAXの解説記事を読む
    ※価格は税抜

    Broad WiMAXは他社回線からの乗り換えで最大19,000円まで違約金負担が受けられるので、お使いのモバイル回線が遅くてお困りの方も安心です。

    \モバイル回線で最速!/

    Broad WiMAXの詳細を見る

    インターネットの速度に関するよくある疑問をわかりやすく解説

    ここではインターネットの速度に関するよくある疑問をわかりやすく解説します。

    インターネットの最大通信速度は実際に出ないの?

    インターネット回線の公式サイトなどには速度に対するスペックとして「最大通信速度1Gbps」などと記載があります。

    さくまる

    つまり、1Gbpsの高速で利用できるってことじゃないの?

    最大通信速度の表示はあくまで「最大で1Gbpsの速度が出る可能性がある」という意味なので、実際に出ることはほぼありません。

    インターネットの速度は機器のスペックや接続方法、回線の混雑状況などの条件が複雑に関係してくるので、最大通信速度の表示通りにはいかないと理解しましょう。

    インターネット回線で実際に出る速度は、ユーザーの実測値や口コミを参考にしてくださいね。

    快適なインターネット速度の目安は?

    基本的に下り速度は30Mbps以上出ていれば、オンラインゲームや高画質の動画視聴も安心して利用できます。

    また、上り速度で快適に利用できる目安になるのは10Mbps以上ですが、オンラインゲームを楽しみたい方はこちらも30Mbps以上あるといいですね。

    インターネット速度が速いのはどの回線?

    インターネットは光回線・ホームルーター・ポケットWiFiそれぞれに、平均速度は変わります。

    基本的に速度にこだわるなら、自宅内に直接インターネット回線を引き込む光回線がオススメですよ。

    ただし、光回線は開通工事が必要なので、工事ができない物件にお住まいの方はホームルーターやポケットWiFiから実測値平均が速いものを選びましょう。

    光回線の最新実測速度ランキングへジャンプ! モバイル回線の最新実測速度ランキングへジャンプ!

    オンラインゲームを快適に遊ぶにはどうしたらいい?

    オンラインゲームが快適に遊べる速度は下り上りともに30Mbps以上ですが、通信速度をクリアしていても「Ping値」が大きければラグを感じることがあります

    通信速度が「1秒間に送ることのできるデータの容量」を意味するのに対して、Ping値は「サーバー間で行われる情報伝達にかかる時間」を表し、単位は「ms(ミリ秒=1/1000秒)」で表します。

    Ping値が小さいほどラグを感じることなくゲームができます。

    評価推奨Ping値
    かなり速い
    0~14ms
    速い
    15~30ms
    普通
    31~50ms
    遅い
    51~100ms

    また、ゲームタイプごとに推奨Ping値は以下のとおりです。

    ジャンル推奨Ping値
    FPS、TPS、格闘などの繊細なゲーム
    15ms以下
    MOBA、少し緩めなシューティングなど
    30ms以下
    MMORPG、MORPGなど育成や
    対CPUがメインになるゲーム
    50ms以下
    将棋、囲碁、TCGなど
    そこまでラグが気にならないゲーム
    100ms以下

    オンラインゲームをされる方は、上記の値を目安にしてみてください。

    なお、「Ping値を低くしたい」という方はこの記事で紹介した通信速度が遅いときの対処法と同じ方法で改善できますよ。

    まとめ

    インターネット速度の目安は利用用途により異なりますが、だいたい下り30Mbps、上り10Mbpsほどの速度があれば問題はありません。

    今使っているネット速度がどれくらいなのかは、この記事の【今すぐ確認できる!】インターネットの速度測定で確認できますよ!

    原因 対処法
    周辺機器に問題がある
  • 機器を再起動してみる
  • 設置場所を変える
  • 周波数を変える
  • 有線接続をする
  • 高速通信に対応した機器に買い替える
  • レンタル機器は契約元に交換できないか問合せる
  • 接続機器に問題がある
  • パソコンはOSを最新にする
  • ブラウザのバーションを最新にする
  • キャッシュはこまめに消そう
  • 回線に原因がある
  • IPv6を利用する
  • 戸建てプランで契約する
  • 速度が速い回線を選ぶ
  • 速度を改善するための対処法を試しても遅い場合は、速いインターネット回線への乗り換えを検討してみましょう。

    光回線で速度No.1!

    ・下り平均速度:469.26Mbps
    ・上り平均速度:404.24Mbps
    ・キャッシュバック:45,000円
    ・有料オプション加入不要

    NURO光の詳細をチェック

    光回線で速度No.2!

    ・下り平均速度:379.24Mbps
    ・上り平均速度:271.41Mbps
    ・キャッシュバック:60,000円
    ・違約金負担も実施中

    auひかりの詳細をチェック

    光コラボで速度No.1!

    ・全国で契約可能!
    ・下り:312.04Mbps
    ・上り: 215.35Mbps
    ・v6プラス対応

    enひかりの詳細をチェック

    モバイル回線で最速!

    Broad WiMAX_ロゴ

    ・5G対応ルーター提供中!
    ・下り:55.36Mbps
    ・上り:15.1Mbps
    ・ホームルーターも速い!

    Broad WiMAXの詳細をチェック

    ぜひ参考にして、快適なインターネットを手に入れてくださいね!

      編集部イチオシ記事

    インターネット 安い

    【2021年最新】インターネットランキング!光回線とモバイル回線で一番安いのは?

    一番安いインターネットを契約するには、まずそれぞれの回線の相場を知っておきましょう。 どれくらいの金額だと「安い」のかわかれば、お得なインタ … 

    イメージ

    非公開: 【2021最新】光回線40社を比較!元販売員が本当におすすめする光回線5選

    「自分に最も合うインターネット光回線を知りたい!」 「インターネットはどれを選んだらいいの!?」 インターネット回線はかなり多くの会社が提供 … 

    【2021年】速度重視の人におすすめのプロバイダはここ!高速光回線も紹介

    「光回線の速度が遅いから、プロバイダを変えて解決したい」という方は多くいらっしゃいます。 実際にプロバイダはインターネットの速度に関わってき … 

      関連記事

     - インターネット

    インターネットの快適な速度の目安│測定方法や遅いときの対処法も解説! | サクッと光

    インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

    Copyright© サクッと光 , 2021 All Rights Reserved.