サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

フレッツ光の評判が悪いって本当?注意点と本当におすすめできる光回線を紹介

  /    
  フレッツ光

イメージ

誰もが一度は耳にしたことがある光回線事業者「フレッツ光」。
言わずと知れた大手で信頼度が高く、申し込みを検討している方も多いのではないでしょうか。

しかし、フレッツ光の評判を見てみると、意外にも落とし穴が多いことがわかります!

さくまる
フレッツ光は料金が高く、速度が遅いという評判も多いまる!

今回は、フレッツ光を実際に使っている人の評判・口コミを調査し、フレッツ光の実態に迫ります。
本当におすすめできるサービスなのか、ご自身に合ったサービスなのかがわかりますよ!

結論、フレッツ光より光コラボのほうがおすすめ

フレッツ光ユーザーからの口コミを総括した結果、今からインターネットを契約するならフレッツ光より光コラボ回線がおすすめだとわかりました。

その理由は以下のとおりです。

  • フレッツ光と同じ回線を使っているのに料金は光コラボのほうが安い
  • フレッツ光と同じ回線を使っているのに速度は光コラボのほうが速くなりやすい

かんたんにまとめると、光コラボはフレッツ光のアップグレード版といえます。
なぜなら、光コラボなら高品質なフレッツ光回線に加え、混雑を避けて速度が安定する「IPv6」で通信できたり、キャッシュバックなどのお得な特典も受け取れたりするからです。

光コラボがおすすめできる理由については、記事内の「フレッツ光より光コラボをおすすめする5つの理由」でくわしく解説しているので、そちらも参考にしてください。

評判からわかったフレッツ光3つのメリット

フレッツ光ユーザーの口コミを調べてみると、フレッツ光には以下3つのメリットがありました。

  1. 全国で契約できる
  2. サポートの対応が良い
  3. 引越しでの移転手続きがスムーズ

この3つのメリットは他社回線にも当てはまることが多いので、フレッツ光が特別に秀でているというわけではありません
しかし、フレッツ光のメリットであることに変わりはないので、まずはこのメリットをくわしく解説していきましょう。

全国で契約できる

フレッツ光は日本全国で契約できる光回線です。
他社回線の中には一部地域でしか利用できないものもあるので、これは高ポイントですね。

ただし、フレッツ光は東日本と西日本で契約先が違います。
対応エリアの確認先も違うので、契約を検討している人は以下の公式サイトからチェックをしてみましょう。

<フレッツ光東日本>
 電話番号:0120-116116
 受付時間:9:00~17:00(年末年始を除く)
 HP:こちらから
<フレッツ光西日本>
 電話番号:0120-116116
 受付時間:9:00~17:00(年末年始を除く)
 HP:こちらから

サポートの対応が良い

フレッツ光は大手事業者なだけあって、安心感の強さは大きなメリットです。
その証拠にフレッツ光ユーザーの多くはフレッツ光のサポートに対して好印象を受けています。

https://twitter.com/ruru_092/status/1112618092369068034

この方は、フレッツ光の設定がおかしいけど何がおかしいのかわからず、フレッツ光のサポートに連絡した結果、サポートの方が原因を見つけて解決してくれたとツイートしています。
原因不明の不具合が起きてもフレッツ光のように丁寧なサポートを受けられると安心ですね。

夜間にメールを送ったにもかかわらず、翌日電話をかけてくれるというのはすばらしい対応ですね!
しかも電話をかけてきた時点で原因を特定し、早急に代わりのホームゲートウェイを送る対応までしてくれるとは、さすが大手事業者です。

このように、困ったときはすぐ対応してくれたり、わからないことにも親切丁寧にサポートしてくれたりする点は、フレッツ光の大きなメリットといえるでしょう。

引越しでの移転手続きがスムーズ

フレッツ光は日本全国で利用できる光回線なので、契約中に引越しをすることになってもスムーズに移転手続きができます。
フレッツ光の移転手続きはWebから連絡を入れるだけで完了しますし、わからないことがあれば電話で問い合わせることも可能です。

<フレッツ光東日本>
 電話番号:0120-116116
 受付時間:9:00~17:00(年末年始を除く)
 HP:こちらから
<フレッツ光西日本>
 電話番号:0120-116116
 受付時間:9:00~17:00(年末年始を除く)
 HP:こちらから

フレッツ光は全国で利用できるので、近々引越し予定のある人や転勤が多い人でも安心して契約できます。

評判からわかったフレッツ光5つのデメリット

冒頭でもお話したとおり、フレッツ光ユーザーの口コミを総括すると、フレッツ光には以下5つのデメリットがあることがわかりました。

  1. 比較的料金が高い
  2. キャッシュバックなどの高額還元キャンペーンがほぼない
  3. 速度が遅い
  4. プロバイダと契約がわかれる
  5. セキュリティソフトのサービスがあまり充実していない

ひとつずつユーザーの口コミを交えながら解説していきましょう。

比較的料金が高い

フレッツ光以外の回線はインターネットの基本料金にプロバイダ料金が含まれています。
しかし、フレッツ光はインターネットの基本料金に別途プロバイダ料金(500~1,200円/月)が加算されるため、料金が高くなってしまうのです。

どれだけフレッツ光の料金が高いのか、フレッツ光と他社回線の月額料金を比較してみましょう。

戸建て マンション
フレッツ光 東日本 4,700円+プロバイダ料 3,350円+プロバイダ料
西日本 4,300円+プロバイダ料 3,250円+プロバイダ料
ドコモ光 5,200円 4,000円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
So-net光 2,980円 1,980円
auひかり 5,100円 4,050円
NURO光 4,743円 1,900~2,500円
eo光 2,953円 2,953円

※価格はすべて税抜
※各種割引を適用後、1年目の料金を記載

実際に口コミを見てみると、フレッツ光ユーザーも料金の高さがネックとなっているようです。

この方はフレッツ光でプロバイダを@niftyにしているとありますね。
フレッツ光の場合、プロバイダを@niftyにすると、毎月1,100円のプロバイダ料金が追加されるので、月額料金は5,800円(東日本・戸建ての場合)です。

プロバイダを@niftyにしたいのであれば、ドコモ光で月額5,200円になるので、この方も見直したほうがお得ですね。

キャッシュバックなどの高額還元キャンペーンがほぼない

フレッツ光は「にねん割」などの割引特典で月額料金が多少安くなりますが、それ以上の特典がもらえることはめったにありません。
その点、他社回線の多くは代理店やプロバイダなどの窓口を通して契約すると、以下のように事業者独自の高額キャンペーンを手にできます。

  • 数万円の高額現金キャッシュバック
  • 最新ゲーム機のプレゼント
  • 最新高機能無線ルーターを永年無料レンタル

今やインターネット契約時に豪華特典がつくのは常識なので、高額還元キャンペーンが適用されないフレッツ光は損な気分になってしまうかもしれません。

速度が遅いという評判が多い

フレッツ光はNURO光を除く他社回線同様、最大通信速度が1Gbps(1,000Mbps)となっています。
しかし1Gbpsはベストエフォートなので、口コミを見てみると実際はそこまで速度が出ていないことがわかります

この方は速度を計測した結果、実測値は89.2Mbpsだったとツイートしていますね。
実測値は1Gbpsに到底およびませんが、89Mbpsも出ていれば4Kのような高画質動画もサクサク視聴できるので、特に問題はないでしょう。

この方は18Mbpsしか出ていませんが、回線速度は10Mbpsもあれば快適にWeb閲覧ができるので、問題ない速度といえます。
ただし、ping値は34と高いので、頻繁にデータ通信を行うオンラインゲームだと、カクカクして重く感じる可能性があるでしょう。

このように、フレッツ光の実測値は1Gbpsに届かないものの、通常利用の範囲なら問題ないレベルの速度が出ていることがわかります。
しかし、さらに口コミを見ていくと、「問題ない」とツイートしている方と同じくらい「遅い」と感じている方がいました

それでは、実際に遅いと感じている方の口コミをご紹介していきましょう。

この方は3.4Mbpsと、非常に遅い速度しか出ていません。
3.4MbspだとYouTubeの標準画質がギリギリ視聴できるレベルなので、快適度は低いでしょう。

この方はさらに遅く、2.3Mbpsと一桁になっています。
午後9時はネット利用者が多くなる時間帯なので回線速度は遅くなりがちですが、それにしても2.3Mbpsは遅すぎるので不便さを感じるレベルです。

このようにフレッツ光の実測値にばらつきがあるので、安定した高速通信を期待している人にとっては満足度の低い結果となっています。

プロバイダと契約がわかれる

フレッツ光は、別途プロバイダとも契約しなくてはなりません。
インターネットとプロバイダの契約先が別になると、以下の点でデメリットが生じてしまいます。

  • プロバイダ料金が別途かかるので月額料金が高い
  • 解約などの手続きをする際は、フレッツ光とプロバイダの2ヶ所へ連絡が必要なので面倒
  • プロバイダとフレッツ光で更新月が違うことがあるので、解約時に注意が必要
  • トラブルが生じた際は内容に応じて問い合わせ先が変わるので、わかりにくい

以下の口コミからもわかるとおり、プロバイダとインターネットの契約先がわかれる点については、フレッツ光ユーザーもあまり良い印象をもっていないようです。

ネットにくわしくない人にとって、プロバイダ契約が別で必要となるのはハードルが高いものです。
どの回線でもプロバイダ契約は必須ですが、ネットにくわしくない人はネットとプロバイダが一体型になっている回線を契約しましょう。
プロバイダ一体型の回線なら何かあっても同じ窓口に連絡するだけで解決できるのでスムーズです。

フレッツ光は解約時にフレッツ光とプロバイダの両方に連絡が必要です。
2ヶ所への連絡は面倒ですが、フレッツ光解約時にプロバイダの解約手続きを忘れてしまうとプロバイダ料金が永遠に支払われてしまうので、注意する必要があります。

セキュリティソフトのサービスがあまり充実していない

インターネットを使う上でかかせないのがセキュリティソフトです。
最近は契約特典としてマカフィーなどのセキュリティソフトを無料で利用できる光回線も増えていますが、フレッツ光のセキュリティサービスはあまり充実していません。

ドコモ光を例に、フレッツ光東日本のセキュリティサービスの充実度を比較してみましょう。

フレッツ光東日本 ドコモ光
月額料金 400円 350円
(ドコモnetの場合、12ヶ月間無料)
セキュリティ内容 ・リアルタイムスキャン
・迷惑メール/詐欺メール判定
・不正サイトへのアクセスブロック
・不正アプリのインストール前ブロック
・URLフィルター
・SNSの設定チェック
・マルウェア対策
・ファイアウォール
・危険サイト対策
・迷惑メール対策
・虚弱姓対策
・シュレッダー機能
※価格はすべて税抜

このように、料金や内容を比較すると、フレッツ光のセキュリティソフトは充実度が低いことがわかります。
料金も高めですし、無料期間もありません。

結局、フレッツ光はおすすめできる?

ここまでの口コミや調査結果を総括すると、フレッツ光は以下のような人におすすめの光回線といえます。

  • 大手事業者の安心感を重視する人
  • 特定のプロバイダでインターネットを契約したい人

ただし、フレッツ光はこれ以外に飛び抜けた特徴はありません。
さらに特定プロバイダを希望する人も、光コラボ回線を契約したほうが同じプロバイダを安く契約できる可能性があります

したがって、「絶対にフレッツ光じゃないと嫌だ!」という人以外は、「2020年最新のおすすめ光コラボを紹介!【スマホキャリア別】でご紹介している3つの回線をおすすめします。

なぜフレッツ光より光コラボのほうがおすすめできるのかについては、次の項目でさらにくわしく解説していきます。

フレッツ光より光コラボをおすすめする5つの理由

フレッツ光より光コラボをおすすめする理由は、以下のとおりです。

  1. 料金が安い
  2. スマホのセット割が適用される
  3. キャッシュバックなどの特典が豊富
  4. エリアがフレッツ光と同じ全国区
  5. 速度が速くなる可能性がある

①料金が安い

フレッツ光より光コラボの料金が安くなる理由は、2つあります。

  • 月額料金にプロバイダ料が含まれている
  • 工事費が完全または実質無料になる

どれだけ料金に差が出るのか、フレッツ光と代表的な光コラボの月額料金と工事費を比較してみましょう。

月額料金 工事費
戸建て マンション 戸建て マンション
フレッツ光 東日本 4,700円+プロバイダ料 3,350円+プロバイダ料 2,000~18,000円 2,000~15,000円
西日本 4,300円+プロバイダ料 3,250円+プロバイダ料 18,000円 7,600~15,000円
ドコモ光 5,200円 4,000円 18,000円
※特典で無料
15,000円
※特典で無料
ソフトバンク光 5,200円 3,800円 2,000~24,000円
※乗り換えの場合実質無料
So-net光 2,980円 1,980円 24,000円
実質無料

※キャンペーンにより実質無料
※価格はすべて税抜
※各種割引適用後、1年目の料金を記載

フレッツ光のプロバイダ料は月額1,000円前後なので、工事費と合わせると光コラボより2万円以上も高くなります
2万円の差は非常に大きいので、プロバイダ料と工事費がかからない光コラボがいかに優秀かわかります。

②スマホのセット割が適用される

光コラボは対象スマホキャリアを契約することで、セット割が適用されます。
セット割が適用されると以下のようにスマホ料金が安くなるので、大変お得です。

対象スマホキャリア セット割名称 最大割引額
ドコモ光 ドコモ ドコモ光セット割 永年-1,000円/月
ソフトバンク光 ソフトバンク おうち割 光セット
So-net光 au auスマートバリュー

※価格はすべて税抜

セット割では、インターネット契約1回線につき最大10回線(ドコモ光は最大20回線)の家族スマホを割引対象にできます。
家族に対象スマホユーザーが多いほど毎月の通信費は安くなるので、インターネットを契約する際はセット割になる回線を優先して選択しましょう。

ちなみにフレッツ光はセット割を実施していないので、これも光コラボを選ぶべき大きなポイントといえます。

③キャッシュバックなどの特典が豊富

インターネット回線は公式サイトから契約できますが、プロバイダや代理店から契約すると窓口独自のキャンペーンと公式キャンペーンの二重取りができます

光コラボでは、公式の窓口も以下のように豪華なキャンペーンを豊富に提供しているので、大変お得です。

事業者名 公式+窓口のキャンペーン内容
フレッツ光 東日本 最大79,999円キャッシュバック
※法人・SOHO・個人事業主限定
西日本
ドコモ光 ・最大20,000円のキャッシュバック
・5,000円分のdポイントプレゼント
・v6プラス対応の無線ルーターを永年無料レンタル
ソフトバンク光 ・最大34,000円のキャッシュバック
・乗り換えユーザーは解約時に発生した違約金を最大10万円まで負担
・乗り換えユーザーは工事費相当額を一括キャッシュバック、または毎月かかる工事費分割分を相殺
So-net光 ・戸建て60ヶ月、マンション48ヶ月間の月額料金大幅割引
・v6プラス対応の無線ルーターを永年無料レンタル
・無料訪問サポート

※価格はすべて税抜

フレッツ光は公式キャンペーンを用意していないので、窓口のキャッシュバック特典しかもらえません。
しかも、キャッシュバックをもらうためには、下記のような厳しい条件を満たさなくてはならないので、もらえる可能性はとても低いです。

<フレッツ光のキャッシュバック条件>

  • 法人・SOHO・個人事業主が対象
  • 即日申し込み
  • ポケットWiFi同時契約
  • 有料オプション契約
  • 指定プロバイダ契約

その点、光コラボはネットを申し込むだけでも豪華な特典をもらえるので、ネットをよりお得に契約したいのであれば、光コラボがおすすめです。

④エリアがフレッツ光と同じ全国区

光コラボはフレッツ光回線をそのまま利用しているので、対応エリアはフレッツ光同様、日本全国です。
対応エリアはそのままで、豪華な特典が上乗せされ月額料金が安くなるので、フレッツ光よりおすすめといえます。

⑤速度が速くなる可能性がある

今、インターネットは「IPoE IPv6」や「v6プラス」といったサービスを使うと、安定した高速通信が利用できます。
IPoE IPv6とは、従来の回線よりも通信可能な回線数が大幅に増えた次世代の接続方式です。
また、v6プラスとは従来の回線と新しい回線の両方に対応したサービスです。

本来、インターネットは18時以降やお昼など、利用者が多い時間帯になると回線が混雑し、速度が落ちやすくなります。
しかし、「IPoE IPv6」や「v6プラス」は混雑しやすい通信回線を自動的に避けてくれるので、いつ接続してもサクサク快適に利用できます

フレッツ光もオプションを申し込むことで「IPoE IPv6」が使えますが、使うためには「IPoE IPv6に対応しているプロバイダと契約しなければなりません。
フレッツ光の場合、「IPoE IPv6」対応のプロバイダは限られているので、確実に使いたいのであれば、はじめから対応している光コラボの契約がおすすめです。

2020年最新のおすすめ光コラボを紹介!【スマホキャリア別】

光コラボを選ぶ際は、ご自身のスマホキャリアとのセット割が適用できる回線を選びましょう
セット割は大人数での利用なら年間数万円規模の割引になり、割引も永年続くので、インターネットをお得に契約したいなら適用するのがおすすめです。

ここでは、ドコモ・ソフトバンク・auの三大キャリア別にセット割が適用できる光コラボ回線をご紹介していきます。
お得な特典が適用される申込窓口も紹介しているので、あわせてご覧ください。

ドコモユーザーにおすすめ「ドコモ光」

ドコモ光は、ドコモの端末とセット割が組める唯一の光コラボ回線なので、ドコモユーザーがネットを契約するならドコモ光一択です。

【ドコモ光概要】

スマホ割 割引額 最大-1,000円/月
対象回線数 最大20回線
月額料金 戸建て 5,200円
マンション 4,000円
事務手数料 3,000円
工事費
※新規契約者はキャンペーンで無料
戸建て 18,000円
マンション 15,000円
キャンペーン内容 ・最大20,000円の現金キャッシュバック
・5,000円分のdポイントプレゼント
・v6プラス対応の無線ルーターを永年無料レンタル
2年間の実質料金 戸建て 127,800円(実質月額:5,325円)
マンション 99,000円(実質月額:4,125円)
速度 最大速度 1Gbps
IPv6対応
契約期間 2年

※価格はすべて税抜

ドコモのセット割は、毎月最大1,000円の割引が永年適用されるだけでなく、ファミリー割引グループに登録されている最大20回線のドコモ端末が割引対象になっています。
家族にドコモユーザーが多い人は、家庭の通信費を一気に安くできるので、ぜひドコモ光を契約しましょう。

ドコモ光は、フレッツ光のようにプロバイダを選択できる光回線です。
GMOとくとくBB」は、いつでも安定した高速通信が利用できる「v6プラス」に対応したプロバイダなので、速度を重視したい人はGMOとくとくBBがおすすめです。

ちなみに、ドコモ光はGMOとくとくBBから申し込むことで以下の特典も受け取れます。

  • 最大20,000円の現金キャッシュバック
  • 5,000円分のdポイントプレゼント
  • v6プラス対応の無線ルーターを永年無料レンタル

\最大20,000円キャッシュバック+5,000dポイントプレゼント!/

ドコモ光×GMOとくとくBBの詳細を見る

ソフトバンクユーザーにおすすめ「ソフトバンク光」

ソフトバンクユーザーなら、「おうち割 光セット」が適用されるソフトバンク光がおすすめです。

【ソフトバンク光概要】

スマホ割 割引額 最大-1,000円/月
対象回線数 最大10回線
月額料金 戸建て 5,200円
マンション 3,800円
事務手数料 3,000円
工事費
※乗り換えユーザーはキャンペーンで実質無料
戸建て 2,000~24,000円
マンション
キャンペーン内容 ・最大33,000円キャッシュバック
・乗り換えユーザーは解約時に発生した違約金を最大10万円まで負担
・乗り換えユーザーは工事費相当額を一括キャッシュバック、または毎月かかる工事費分割分を相殺
2年間の実質料金 戸建て 94,800円(実質月額:3,950円)
マンション 61,200円(実質月額:2,550円)
速度 最大速度 1Gbps
IPv6対応
契約期間 2年

※価格はすべて税抜

ソフトバンク光は「おうち割 光セット」を適用させるために、「光BBユニットレンタル」「Wi-Fiマルチパック」「電話サービス」の3オプションを月額500円で契約しなければなりません。
ただし、3つのオプションの月額料金は「おうち割 光セット」の割引で相殺されるので、実質無料です。

「おうち割 光セット」が適用されれば家族間で最大10台までのソフトバンクスマホを割引対象にでき、最大1,000円の割引を永年適用されます。
また、「おうち割 光セット」を適用させるために契約した「光BBユニットレンタル」があれば、「IPv6高速ハイブリッド」機能が使えるようになるので、常に安定した高速通信が可能です。

ちなみに、ソフトバンク光は代理店STORYから申し込むと最大34,000円の現金キャッシュバックがもらえるので、お得です。
キャッシュバックにあたってオプション加入は不要、申し込み確認の電話口でキャッシュバック手続きも完了するためもらい忘れがありません!

\最大34,000円キャッシュバック!/

ソフトバンク光の詳細を見る

auユーザーにおすすめ「So-net光」

auユーザーなら、「auスマートバリュー」が適用されるSo-net光がおすすめです。

【So-net光概要】

スマホ割 割引額 最大-1,000円/月
対象回線数 最大10回線
月額料金 戸建て 2,980円
マンション 1,980円
事務手数料 3,000円
工事費
※キャンペーンにより実質無料
戸建て 24,000円
マンション
キャンペーン内容 ・月額料金大幅割引
・v6プラス対応の無線ルーターを永年無料レンタル
・無料訪問サポート
2年間の実質料金 戸建て 74,520円(実質月額:3,105円)
マンション 50,520円(実質月額:2,105円)
速度 最大速度 1Gbps
IPv6対応
契約期間 2年

※価格はすべて税抜

「auスマートバリュー」が適用されると、auスマホの料金から毎月最大1,000円の割引が永年続きます。
割引は家族間で最大10回線までですが、auスマートバリューは50歳以上の家族なら同居していなくても割引対象にできる点が大きなポイントです。

また、So-net光はv6プラスに対応しているため、常に安定した高速通信を利用できます。
キャンペーンでv6プラス対応の無線ルーターも無料提供してもらえるので、速度面も安心です。

So-net光にはキャッシュバックキャンペーンはありませんが、最初の2年間は月額料金から毎月3,000円の割引が適用されます。
月額料金割引は申請不要で自動的に割引が適用されるので、初月から確実に割引を適用させたい方はSo-net光を契約してみましょう。

\2年間ずっと割引が続く!/

So-net光プラスの詳細を見る

まとめ

フレッツ光はインターネットの大手事業者なので、サポートの丁寧さや引越し手続きのスムーズさには定評があります。
しかし料金面やキャンペーン内容、実測値やセキュリティソフトの充実さなどにおいてはユーザーからの評価が低いことがわかりました。

これらのことから、大手事業者という安心を最優先したい人以外は、フレッツ光と同じ設備を安くお得に利用できる光コラボ回線がおすすめです。

光コラボはスマホキャリアとのセット割が適用される回線を選ぶことで、家庭の通信費も一気に落とすことができます。
ドコモユーザーなら「ドコモ光」、ソフトバンクユーザーなら「ソフトバンク光」、auユーザーなら「So-net光」の組み合わせが今もっともおすすめなので、ぜひ検討してみてください。

  関連記事

 - フレッツ光