サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

WiMAXでおすすめの契約先選びのポイント!おすすめのWiMAXはどれ?

  /    
  インターネット完全ガイド, ネットまるごと完全比較

この記事にたどり着いたということは、WiMAXの契約を決めたはいいけどどこのプロバイダから申し込めばいいのか悩んでいるのではないでしょうか。

WiMAXには大手だけでも10社を超えるプロバイダがあり、キャンペーン内容や特典、利用料金などが大きく異なります。そのために迷うのは仕方ありません。

結論からいえば、2020年1月時点でおすすめのプロバイダは、高額キャッシュバックか月額料金割引キャンペーンが選べる「GMOとくとくBB WiMAX」です。 GMOとくとくBB WiMAXはほかのプロバイダと比較しても実質料金が安いので、おトクに申し込むことができますよ。

では、どのようにプロバイダ選びをすればいいのか、そのポイントや契約を申し込むための手順などをご紹介します。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

WiMAXでおすすめの契約先はプロバイダ!

WiMAXには3つの契約する窓口があります。

  • 家電量販店
  • auショップの店頭
  • プロバイダ(代理店)のサイト

店舗で契約できるのは「家電量販店・auショップ」などで、身近に感じる人もいるのではないでしょうか。逆にサイト経由の申し込みだと不安に感じてしまうかもしれません。

しかし、WiMAXでおすすめの申込窓口はインターネット上で契約できるプロバイダです。 なぜなら、サイト経由だと人件費や運営費用があまりかからない分、キャッシュバックや割引などの特典が充実しているからです。

また、プロバイダでは積極的にキャッシュバックなどのキャンペーンが実施されています。そのため、実店舗で契約するよりもおトクに申し込むことが可能です。

プロバイダの選び方のポイント

では、一体どこのプロバイダからWiMAXを申し込めば良いのでしょうか。

数十社あるプロバイダを比較していくのは大変です。本当にお得なプロバイダ選びをするために、いくつかのポイントを押さえておくことで選びやすくなります。

間違ったプロバイダ選びをしないためにも、2つのポイントをご紹介します。

性能面の比較の必要はない

すべてのプロバイダでは、回線元であるUQ WiMAXを利用しています。同じ回線を利用しているため、以下の機能面はすべてのプロバイダで共通です。

  • 通信速度:最大1.2Gbps
  • 速度制限のルール:3日間で10GB
  • サービスエリア:全国
  • 最新機種:W06

つまり、どのプロバイダで契約しても、通信条件が悪くなることは一切ありません。また、WiMAXの申し込みから解約までもプロバイダ1社のみで完結できます。

実質料金を重視する

契約するプロバイダによって、WiMAXの速度や機能は変わりません。そのため、プロバイダを選ぶときは「実質料金」に注目して選びましょう。

ただ月額料金が安いという理由ではなく、初期費用やキャッシュバックなど割引額を差し引いた3年間の合計金額=実質料金で決めます。

キャッシュバックを用意していても月額料金が高かったり、オプション料金などで水増しするプロバイダも存在します。本当におトクなプロバイダはどこなのか、しっかりと計算して比較することが大切です。

2020年1月時点で主要プロバイダ6社の実質料金を、一覧表で比較してみました。

料金の比較条件

  • 最新機種W06を使用
  • ギガ放題プラン
  • クレジットカード払い
プロバイダ 月額料金 キャッシュバック 3年間実質料金
GMOとくとく
BB(CB)
1か月目~2か月目:3,609円
3か月目~36か月目:4,263円
34,500円
120,660円
GMOとくとく
BB(割引)
1か月目~2か月目:2,170円
3か月目~36か月目:3,480円
2,000円
123,660円
JPWiMAX
1か月目~3か月目:2,800円
4か月目~24か月目:3,500円
25か月目~36か月目:4,100円
10,000円
124,100円
Broad WiMAX
1か月目~2か月目:2,726円
3か月目~24か月目:3,411円
25か月目~36か月目:4,011円
0円
131,626円
カシモWiMAX
1か月目:1,380円
2か月目~24か月目:3,580円
25か月目~36か月目:4,079円
0円
135,668円
So-net WiMAX
1か月目~12か月目:3,380円
13か月目~36か月目:4,379円
0円
148,656円
UQ WiMAX※
3,880円
3,000円
154,680円
BIGLOBE WiMAX※
1か月目~3か月目:2,980円
4か月目~36か月目:3,980円
7,000円
155,480円

※2020年1月時点での料金です。
※別途事務手数料3,000円がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)
※1:別途端末料金がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

GMOとくとくBB WiMAXは34,500円キャッシュバックと月額料金からの大幅割引キャンペーンが選べます。 GMOとくとくBB WiMAXでいずれの特典を選んでも、実質料金はWiMAXプロバイダの中でもっとも安いとわかりましたよ。

さらにくわしく、各プロバイダの特徴やおすすめポイントを紹介していきましょう。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

WiMAXの契約で人気の高いおすすめ主要プロバイダ

失敗しないWiMAX選びの決め手は、プロバイダといっても過言ではありません。

ここからはWiMAXの比較ではなく、各プロバイダの特徴や違いをご紹介していきます。自分のニーズに合ったプロバイダ選びをしたい人は、チェックしてくださいね。

本当に契約すべきプロバイダはどこなのか、料金やキャンペーン、サービスなどがおすすめのプロバイダについて解説していきます。

WiMAX最安値!GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAXでは最大34,500円のキャッシュバックか、月額2,170円~大幅割引キャンペーンが選べます。

WiMAXプロバイダの中では最安値で契約できるので、料金を抑えて利用したい方におすすめです。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

乗り換えで他社解約金を負担!Broad WiMAX

Broad WiMAXの魅力はWiMAXプロバイダで唯一、乗り換えで発生した他社解約違約金を最大19,000円まで還元してくれることです。

Broad WiMAXへの乗り換えで解約費用負担が適用されるのは、ADSL/光回線/ケーブルTV/モバイルWiFiなど全てのインターネット回線を使っていた方が対象となります。

ほかにも端末代金無料や、クレジットカード払い&Webからの申し込みで初期費用18,857円の全額割引など、おトクな特典が多いですよ。

Broad WiMAXの申し込みはコチラから

Broad WiMAX

契約期間1年!短期間利用ならBIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXの特徴はデータ通信無制限のギガ放題プランを、契約期間1年で利用できることです。

他社WiMAXプロバイダでは通常、契約期間が2~3年と設定されており、契約期間内の解約でたとえばJPWiMAXの場合、最大30,000円という高額の違約金が請求されます。

BIGLOBE WiMAXなら最低利用期間の1年を過ぎれば、いつ解約しても違約金はかからず、さらに1年未満で解約しても違約金は1,000円なので安心ですよ。

長期間WiMAXを利用するかわからない方は、BIGLOBE WiMAXの契約を検討しましょう。

また、クレジットカード払いだけでなく、口座振替支払いにも対応しているのが嬉しいですね。

BIGLOBE WiMAXの申し込みはコチラから

BIGLOBE WiMAX

15日間無料レンタル!UQ WiMAX

WiMAXの全プロバイダが利用するWiMAX2+回線やルーター端末の提供元でもあるUQ WiMAXなら、WiMAXのさまざまな不安や悩みを解消してくれます。

WiMAXは利用するエリアでWiMAX2+の電波を受信できなければ、インターネットが接続できません。UQWiMAXでは希望端末を15日間無料でお試しできるレンタルサービス「Try WiMAX」を行っているので、契約前に通信状況やサービスエリアなどを確認することができます。

サポート面でも全国に実店舗があり、電話やメール、チャットでも問合せを受け付けているので、安心感がありますね。

UQWiMAXの申し込みはこちらから

UQWiMAX

24時間電話サポート!So-net WiMAX

So-net WiMAXも大手プロバイダなので、サポート体制が充実しています。

24時間年中無休で電話サポートの対応が行われているだけでなく、カスタマーサポートの評判もよいため安心してWiMAXを利用することができます。

また、2020年1月現在、3年契約で月額利用料金の大幅割引キャンペーンが実施中です。36か月間の間、月額料金からの割引が受けられるので、毎月のコストを抑えられますね。

So-net WiMAXの申し込みはコチラから

So-net WiMAX

月額1,380円~!カシモWiMAX

カシモ WiMAX最大のメリットは、月額料金から最大3,299円の大幅割引が受けられる点です。

カシモWiMAX 月額料金引用:カシモ WiMAX

1ヶ月目限定ですが、月額1,380円は業界でも最安値級。それ以降も「カシモおトク割引」や「カシモ長期割引」が適用されるので、長期的に割引特典を受けられますよ。

キャッシュバックキャンペーンは実施していませんが、毎月の料金から確実に割引を受けたい方におすすめです。

カシモ WiMAXの申し込みはコチラから

カシモ WiMAX

JP WiMAX

2020年1月時点でJP WiMAXの実質料金は124,100円と、GMOとくとくBB WiMAX(割引)の123,660円に次いで安いですよ。

2018年サービス開始と比較的新しいプロバイダですが、ギガ放題プランの月額料金が2,800円~など、ほかのプロバイダと比べても安く契約することができます。

また、料金割引キャンペーンとあわせて、Amazonギフト券10,000円分でのキャッシュバックキャンペーンが実施されており、端末到着後すぐに受け取りが可能なのも大きなメリットのひとつです。

JPWiMAXの申し込みはコチラから

JPWiMAX

WiMAXの利用におすすめのルーター

WiMAXの契約においてルーター選びは重要です。 WiMAXは毎年新機種が出ており、スペックも高くなっています。迷ったら、最新機種を選ぶといいですね。

2020年1月時点で、ラインアップされている主要機種は以下の4つです。

  • ホームルーター:HOME L02、HOME 01
  • モバイルルーター:W06、WX05

各端末の特徴について詳しく解説します。

HOME L02

HOME L02のスペック一覧は、以下のとおりです。

機種名
HOME L02
重さ
436g
大きさ
H178×W93×D93mm
回線の種類
WiMAX2+、au 4G LTE
下り最大通信速度
867Mbps
上り最大通信速度
75Mbps
最大接続台数
42台
Wi-Fi対応規格
IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)n/g/b(2.4GHz帯)
WiMAXハイパワー
ビームフォーミング
NFCタッチ接続
スマホ確認・設定
簡単引越し
メーカー
HUAWEI

下り最大通信速度は867Mbpsと、コンセントにつなぐだけで高速インターネットアクセスが可能です。またW06と同様に有線接続ならギガビット通信対応になるなど、データ容量の大きな高画質動画もコマ切れなくサクサク視聴できます。

さらに、指向性を持った特定方向からの電波を受信することができる4本の高感度アンテナを4方向に配置することで360度全方位をカバーしてくれます。

アンテナ性能を向上させたことにより、安定した通信を体感できるだけでなく、自宅のどこにいても問題なくインターネット接続が可能です。

HOME 01

HOME 01のスペック一覧は、以下のとおりです。

機種名
HOME 01
重さ
338g
大きさ
H155×W70×D100mm
回線の種類
WiMAX2+、au 4G LTE
下り最大通信速度
440Mbps
上り最大通信速度
75Mbps
最大接続台数
22台
Wi-Fi対応規格
IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)n/g/b(2.4GHz帯)
WiMAXハイパワー
ビームフォーミング
NFCタッチ接続
スマホ確認・設定
簡単引越し
メーカー
NECプラットフォームズ

HOME L02と同様にホームルーターとして契約できる機種です。

高性能なワイドレンジアンテナとμSRアンテナを搭載し、広い範囲で安定した通信ができます。ただし、下り最大通信速度440Mbpsと、高速通信が可能なL01よりは性能が劣ってしまいます。

それでも、インテリアに溶け込むホワイトボディとスリムなフォルムで場所を選ばず好きな所に置くことができます。コンパクトサイズで置き場所に困らないのが、HOME 01のいい点です。

W06

モバイルルーター・W06のスペック一覧は、以下のとおりです。

機種名
W06
発売日
2019/1
重さ
125g
大きさ
W128 ×H64 ×D11.9mm
SIMサイズ
Nano Ic
下り最大通信速度
558Mbps (LTE使用時867Mbps)
上り最大通信速度
75Mbps
対応通信回線 WiMAX2+
au 4G LTE
バッテリー容量 440Mbps通信
7時間10分
220Mbps通信
11時間40分
au 4G LTE
10時間
通信技術
4×4MIMO/CA
Wi-Fi対応規格
IEEE802.11 ac/n/a/g/b
Bluetooth接続
タッチパネル
最大連続待受時間
800時間
メーカー
HUAWEI

下り最大通信速度は558Mbps (LTE使用時867Mbps)と、これまでにない高速通信を体感することができます。

さらに、USBケーブル接続時のハイスピードプラスエリアモードでは下り最大1.2Gbpsになるなど、光回線と比較しても劣ることないスペックが最大の特徴です。

また、高性能ハイモードアンテナを搭載したことでアンテナ感度が向上し、従来の機種ではつながりにくかった場所でも、しっかりと電波をキャッチします。

安定した通信環境を作りだしてくれるため、ストレスフリーで高画質動画も快適に楽しめます。

WX05

WX05のスペック一覧は、以下のとおりです。

機種名
WX05
発売日
2018/11/1
重さ
128g
大きさ
W111×H62×D13.3
下り最大通信速度
440Mbps
上り最大通信速度
30Mbps
対応通信回線 WiMAX2+
au 4G LTE
バッテリー容量 440Mbps通信
8時間6分
220Mbps通信
14時間
au 4G LTE
8時間
通信技術
4×4MIMO/CA
Wi-Fi対応規格
IEEE802.11 ac/n/a/g/b

モバイルルーターとして活用できるWX05は、下り最大440Mbpsの通信速度に加えて広いエリアに対応した4G LTE通信も使えます。

バッテリー容量は強力で220Mbps通信なら合計で14時間通信可能です。

また、W06よりもコンパクトサイズなので、ズボンのポケットなどにも収納できます。普段はカバンを持ち歩かないという人には最適なサイズかもしれません。

WiMAXの契約を申し込むための手順

WiMAXの契約で失敗しないためには、以下の手順で申し込むことをおすすめします。

  1. 利用端末を決める
  2. 利用プランを決める
  3. プロバイダを決めて申込む

どのプロバイダーにも共通することは、WiMAXはプロバイダによって通信速度やサービスなどに違いはありません。

ポイントは「どれだけおトクに契約できるか」が失敗しない選び方のカギとなってきます。このことを踏まえたうえで、それぞれの手順について詳しく解説していきます。

1.利用端末を決める

WiMAXはまず、利用する場所やサイズによって2種類にわかれます。

  • モバイルルーター|小型・持ち運び可
  • ホームルーター|大型・据え置き型・持ち運び不可

モバイルルーターにはバッテリーが内蔵され、持ち運びに便利です。自宅だけでなく外出先でもインターネットを使いたい人や一人暮らしの人に重宝されています。外で使うことが多くなるため、通信速度だけでなくバッテリー容量にも注目したいところです。

ホームルーターは据え置き型タイプで、自宅でのみ使用できるルーターです。バッテリーが内蔵されておらず、コンセントに接続して使用します。そのため、外に持ち出して利用することはできませんが、モバイルルーターよりも強い電波を発信します。

ホームルーターなら最大接続台数も42台と多いので、家族で1台のWiMAXをシェアする場合でも安定した通信が期待できますよ。

特にこだわりがないのであれば、通信速度が速く安定した通信で楽しめる最新機種を選んでおくのがおすすめです。

2.利用プランを決める

通信プランは以下の2パターンから選ぶことになります。

  • 通信量7GBの「通常プラン」3,609円(税抜)
  • 通信量無制限の「ギガ放題プラン」4,263円(税抜)

上記で示した金額は一例ですが、1,000円近く差がでています。どちらのプランを選ぶかについては、それぞれ2つのプランの特徴を把握することが大切です。

  • 通常プラン|データ通信量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限にかかる
  • ギガ放題プラン|データ通信量の制限はなく、自由にインターネット接続ができる

ただし、ギガ放題プランでデータ通信量が3日間に10GBを超えると、翌日18時~深夜2時までおおむね1Mbpsになる速度制限がかかります。

ご自分のインターネット利用目的や頻度にあわせて、プランを選びましょう。

3.プロバイダを決めて申し込む

WiMAXはプロバイダによる通信速度やサービスの違いもないため、プロバイダを選ぶ基準は実質料金の安さを重視しましょう。

つまり、2020年1月現在においてWiMAXをおトクに申し込みたいという方は、実質料金が最も安かったGMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。

GMOとくとくBBでは、2020年1月時点で最大34,500円キャッシュバックが受けられます。キャッシュバックを受け取るためには、利用開始後11ヶ月目にGMOとくとくBBから送られてくる「口座情報登録メール」に記載の方法で振込口座を登録しましょう。

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックを確実に受け取るために、以下の2点を抑えておいてくださいね。

  • 口座情報登録メールはGMOのプロバイダで設定したアドレスに送られてくる
  • 振込口座の登録はメールが送られてきてから1ヶ月以内に行わなければいけない

これらの情報を知らずに過ごしていると、キャッシュバックが受け取れないことも十分に考えられるため、しっかりと把握しておきましょう。

電波が不安な人はどんなときもWi-Fiがおすすめ!

WiMAXエリアを確認して、エリア外だったときはどうすればいいのでしょうか。

WiMAXの電波が届くのか不安な方や、提供エリア外だった方には「どんなときもWi-Fi」がおすすめです。

どんなときもWiFiはドコモ・ソフトバンク・auのLTE回線から、そのエリアでもっとも安定して通信できる回線を選んで接続してくれます。 速度制限もなしで利用できるモバイルルーターなので、海外でも利用可能できますよ。

CMでも話題を集めており、少し気になっているという人もいるのではないでしょうか。

初期費用
3,000円
月額料金
3,480円
2年間総額
86,520円
契約期間
2年

※価格は税抜

料金の安さに圧倒されてしまいそうですが、注意点が3つあります。

  • 口座振替の場合は月額3,980円
  • ルーターはレンタルで解約時に返却
  • 下り最大150Mbps(WiMAXは下り最大1.2Gbps)

WiMAXと比べると通信速度の遅さが気になりますが、YouTubeでHD動画を視聴するなら問題ない程度です。何よりも「速度制限なし」で利用できる点が大きなメリットです。

WiMAXはギガ放題であっても一定の条件を満たすと速度制限にかかるのに対して、どんなときもWi-Fiなら基本的にはデータ量無制限で使用可能です。

WiMAXで少しでも不安が残るというのであれば検討してみても良いかもしれません。

まとめ

WiMAXはいろいろなプロバイダから申し込むことができます。

その中でも2020年1月時点でもっとも実質料金が安くておトクにWiMAXを申し込めるプロバイダは「GMOとくとくBB WiMAX」でした。

今なら最大34,500円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。 キャッシュバックの受け取りを忘れてしまう可能性がある場合、月額割引キャンペーンを選びましょう。

それでも、ほかのプロバイダよりも安くWiMAXを手に入れることができます。自分のライフスタイルに合ったプランや端末で契約するようにしましょう。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

  関連記事

 - インターネット完全ガイド, ネットまるごと完全比較