サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

【WiMAX】契約するならW06?基本スペックや性能を徹底分析!

「WiMAX W06」は2020年1月時点で、WiMAXを利用できる最新のモバイルルーターです。

今回は、WiMAX W06の基本的なスペックや性能、メリットや注意点をご紹介します。 また、前機種であるW05やWX05とも性能の比較をしているので、検討材料にお役立てください。

さらに、お得な申し込み方法もあわせて解説しますよ。 これからWiMAXを契約する方は、W06を無料で手に入れられるうえに高額キャッシュバックキャンペーンか大幅な月額料金割引キャンペーンが選べるGMOとくとくBB WiMAXがオススメです。

GMOとくとくBB WiMAXの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

WiMAX W06の基本スペック・性能は?

まずは、WiMAX W06の基本的なスペックや性能を紹介します。

【W06の機器情報】

機種名
Speed Wi-Fi NEXT W06
メーカー
HUAWEI
重さ
125g
大きさ
W128 ×H64 ×D11.9mm
バッテリー容量
3,000mAh
連続通信時間
9時間
最大連続待受時間
800時間
対応通信回線
WiMAX2+/au4GLTE
下り最大通信速度
1.2Gbps(Wi-Fi接続時は867Mbps)
上り最大通信速度
75Mbps
Wi-Fi対応規格
IEEE802.11 ac/n/a/g/b※2.4GHz/5GHz対応
最大接続台数
16台
対応OS
Windows®7/8.1/10
Mac OS X v10.9/v10.10/v10.11/v10.12/v10.13/v10.14/v10.15
※対応OSはすべて日本語版・英語版
カラーバリエーション
ブラック/ホワイト
ディスプレイサイズ
約2.4インチ

au 4G LTEにも対応しているので、通信できるエリアが広くなります。ただし、利用するにはオプション料金が必要で、月間で7GBを超えると、月末まで通信制限がかかってしまう点には注意しましょう。

また、同時接続が最大16台可能なので、パソコンやスマホ、タブレットなど、複数の端末で利用したい場合も便利に使えるでしょう。

【WiMAX W06】他機種(W05・WX05)との性能比較!

前機種のW05やWX05とW06の性能の比較をご紹介します。違いを把握して、ご自身に合っているものを選びましょう。

機種名 W06 WX05 W05
速度
下り最大867Mbps
上り75Mbps(※1)
下り最大440Mbps
上り30Mbps
下り最大758Mbps
上り112.5Mbps(※1)
大きさ
約W128×H64×D11.9mm
約W111×H62×D13.3mm
約W130×H55 ×D12.6mm
重さ
約125グラム
約128グラム
約131グラム
連続通信時間
約9時間
約14時間
約9時間
接続台数
最大16台
最大10台
最大10台

※1:Wi-Fi接続時のau 4G LTE網への接続、提供エリアなど一定の条件下の最大速度

※2:2020年1月時点の情報

サイズと重さに関してはW06と他機種の間にそれほど大きな差はありません。iPhoneなどの一般的なスマホよりも一回り小さいくらいのサイズです。 カバンやポケットに入れていても邪魔にならない大きさですが、置き忘れたり、落として紛失したりしないように注意が必要です。

また、最大通信速度は機種によって差がでます。

W06が一番早く、その速度は光回線に匹敵します。ただしこの数値は、あくまでもベストエフォートであるため、実際にこの最大速度が出ることはほぼありません。

また、下り最大1.2Gbpsの速度が期待できるのは、以下の条件をすべて満たした場合のみです。

  • ハイスピードプラスエリアモード
  • 東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリア
  • USB3.0以上のType-Cケーブルで有線接続
  • ハイパフォーマンスモードで4×4MIMO設定をON

しかしWi-Fi接続時でも最大867Mbpsの下り速度が出るので、実測値でも高速通信が期待できます。

連続通信時間もモバイルルーターを使用する上で大切な項目のひとつです。連続通信時間を比較すると、WX05がもっとも長くバッテリーが持ちます。

しかし、W06やW05の約9時間でも十分な連続通信時間だといえるでしょう。日中仕事で利用する場合でも、一般的な終業時間である8時間はカバーしているので、連続通信時間に関しては、どの機種を選んでも不便はほぼないでしょう。

WiMAX W06のメリットと注意点

機種のスペックについて解説してきましたが、ここからは、実際使う場合のメリットと注意点を解説します。

W06を利用する上でメリットとなるのは、主に以下の4点です。

また、契約前には以下の2点に気を付けましょう。

さらにくわしく、それぞれのポイントを解説していきます。

メリット1:下り最大通信速度が867Mbps

W06は有料であるハイスピードプラスエリアモードを使用すると最大1.2Gbpsですが、通常のWi-Fi接続時でも最大867Mbpsという高速通信が可能です。

このスピードはモバイルルーターとしてはトップレベルであり、光回線に近い速度です。ストレスフリーな通信が可能なので、スピード重視の人にオススメです。

ただし、Wi-Fi接続は、周辺の環境や障害物に大きく影響を受けます。室内での使用時には、その建物の構造や壁材などに注意しましょう。一般的に地下や窓が一切ない部屋、防音ルームはつながりにくいとされています。

メリット2:「au 4G LTE」に対応

WiMAX2+回線がつながりにくいとき、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えれば、利用できる範囲が広がります。

ハイスピードプラスエリアモードにするとau 4G LTEを利用して通信を行えるので、通信速度も高速になり、さらに対応エリアも広大になります。WiMAX2+がつながらないエリアでも、au 4G LTEはつながる可能性がありますよ。

ただし、ハイスピードプラスエリアモードは有料サービスであり、一度切り替えを行うと、別途1,005円が請求されます。日割り計算はできません。また、1ヶ月7GBを超えると通信制限がかかってしまうので、注意しましょう。

メリット3:持ち運びに合わせた軽量化

モバイルルーターはスペックも進化していますが、軽量化にも成功しています。W06はこれまでの機種よりも薄くなり軽くなったため、持ち運びのストレスも軽減できますよ。

メリット4:通信の安定性向上

WiMAX W06は前機種にはない「高性能ハイモードアンテナ」を搭載しているのでアンテナの感度が高く、安定した通信が可能となりました。つながりにくかった地下や建物の中なども、つながりやすくなっています。

さらにTXビームフォーミング機能により送受信性能が向上し、W05と比較するとWi-Fi電波受信速度が、約20%もアップしました。

注意点1:クレードルが廃止された

W06では、前機種まではあったクレードルが廃止となりました。

クレードルがあると、LANケーブルでの有線接続が可能です。そのため、自宅などで使用する際には、通信がより安定する有線接続を行う人も多数いました。

また、充電もしやすく、グレードルをルーターの置き場所とすることで、紛失防止になっていたというメリットもあります。

W06を有線で接続する方法は、「クレードルを使わずW06を有線接続できる?」で後述します。

注意点2:連続通信時間の減少

連続通信時間に関しては、WX05よりも減少しています。

WX05は約14時間の連続通信が可能ですが、 W06は約9時間となっているため、約5時間も減少したことになります。

この差が使用に関して大きな支障をきたすことはあまりないかもしれませんが、人によっては「困る!」というケースもあるかもしれません。WX05からW06に変更する人は、通信時間が短くなっている点に注意しましょう。

WiMAX W06をお得に申込むなら「GMOとくとくBB WiMAX」がオススメ!

WiMAXを契約するとき、どのプロバイダから申し込むかによって、お得度が大きく変わります。

2020年1月時点でもっともお得なプロバイダは、「GMOとくとくBB WiMAX」です。

プランを決める

WiMAXには、月間容量7GBの「通常プラン」と、月間容量無制限の「ギガ放題プラン」があります。

たとえばGMOとくとくBB WiMAXでキャッシュバック窓口を選んだ場合、通常プランとギガ放題プランでは以下の違いがあります。

プラン名 月間データ容量 月額料金
通常プラン
7GB
3,609円
ギガ放題プラン
無制限
※10GB/3日間の速度制限あり
4,263円

※2020年1月時点、価格は税抜

モバイルルーターを初めて契約するという人は、自分がどの程度のデータ通信を行うのかを把握していない場合が多いでしょう。そういった人はまず、ギガ放題プランを選択することをオススメします。

ギガ放題プランでは、直近3日間で10GBという短期容量制限はありますが、月間でのデータ容量制限はありません。普通に使っていれば3日間で10GBも使うことは少ないので、実質無制限だと思っていいでしょう。

しばらく使ってみてからのプラン変更も可能なので、自分がどのくらいデータ通信を行うのかを把握したら、無駄のないようにプランを調整していきましょう。

プロバイダを金額で選ぶなら「GMOとくとくBB WiMAX」

WiMAXは選択するプロバイダによってその通信の品質が変わることはありません。したがって、より安価であったり、キャッシュバックなどのキャンペーンが豊富であったりするプロバイダを選択することが「お得」への近道です。

GMOとくとくBB WiMAXは月額料金の安さ、キャッシュバック額の豪華さを考慮して1ヶ月あたりの実質料金を求めると、どのプロバイダよりお得であることがわかります。

■料金の比較条件

  • 最新機種W06を使用
  • クレジットカード払い
プロバイダ 月額料金 キャッシュバック 3年間実質料金
通常プラン ギガ放題 通常プラン ギガ放題
GMOとくとく
BB(CB)
3,609円
1か月目~2か月目:3,609円
3か月目~36か月目:4,263円
34,500円
2,734円
3,352円
GMOとくとく
BB(割引)
1か月目~2か月目:2,170円
3か月目~36か月目:2,690円
1か月目~2か月目:2,170円
3か月目~36か月目:3,480円
2,000円
2,689円
3,435円
Broad WiMAX
1か月目~24か月目:2,726円
25か月目~:3,326円
1か月目~2か月目:2,726円
3か月目~24か月目:3,411円
25か月目~:4,011円
0円
3,009円
3,656円
So-net WiMAX
1か月目~12か月目:2,780円
13か月目~:3,695円
1か月目~12か月目:3,380円
13か月目~:4,379円
0円
3,473円
4,129円
UQ WiMAX※1
3,880円
0円
3,000円
4,380円

※2020年1月時点、価格は税抜

※別途事務手数料3,000円がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

※1:別途端末料金15,000円がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

ちなみに、WiMAX回線を提供するUQWiMAXでは、2020年1月時点で通常プランの受付を終了しています。

GMOとくとくBB WiMAXでキャッシュバックを受け取るために、適用条件として有料オプションの加入などは必要ありません。契約から11か月後にキャッシュバックを振り込む口座を登録すれば、最短で翌月には34,500円が振り込まれますよ。

キャッシュバックの受け取り手続きが面倒だったり、忘れそうで不安だったりする場合は、月額料金からの大幅割引キャンペーンも選べます。

月額料金とは別に契約時には契約事務手数料3,000円が必要ですが、最新機種のW06を選んだとしても端末代金無料ですので初期費用を抑えて利用できますね。

GMOとくとくBB WiMAXの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

WiMAX W06に関するQ&A

一般的に問い合わせの多いWiMAX W06に関する質問を、Q&Aとしてまとめてみました。

クレードルを使わずW06を有線接続できる?

クレードルが廃止されてしまったW06で有線接続するためには、速度に対応したUSBケーブルが必要です。

USBの規格は3.0以上のものを選びましょう。 W06本体に搭載されているUSBケーブルポートの形状はType-Cなので、間違えずに購入しましょう。

LANケーブルでの有線接続は対応していないので、USB Type-CからLANケーブルポートに変換するアダプタを利用しても、データ通信はできません。

W06が充電できない場合には?

充電ができないとき、まず疑わしいのは、ACアダプタの故障です。他に使用できるACアダプタがあれば、それで充電できないかを確かめてみましょう。

また、電池が空になっている可能性があります。この場合は、30分以上充電してみるといいでしょう。

電池パックの端子が汚れているとトラブルの元となるので、キレイにしてあるかどうかを確認することもオススメします。

W06の周波数は変更できる?

Wi-Fiの周波数は2.4GHzと5GHzの2種類が存在します。それぞれに特徴があり、そのとき使っている周波数でなんらかの不具合があったときに、周波数を変更することで解決することがあります。

W06ではどちらの周波数にも対応していて変更も可能です。

通常、初期状態は2.4GHzです。変更手順は以下の通りです。

  1. ホーム画面「設定」から「通信設定」
  2. 「通信設定」の「Wi-Fi設定」から任意の周波数を選択

バッテリーの持ちが悪くなったら?

バッテリーの持ちが悪くなったと感じたら、それは一時的に動作が不安定になっていることが原因かもしれません。何年も使用し、バッテリーを消耗していなければ、その可能性が高いため、電源をオン・オフしてみてください。

また、バッテリーセーブモードを使用するのもいいでしょう。このモードを使用すると、通常モードよりもバッテリーを節約でき、長時間の使用が可能になる場合があります。

まとめ

WiMAXのW06は、これまでの機種からさらに進化したモバイルルーターです。

連続通信時間は多少減少していますが、下り最大速度1.2Gbpsの高速化や軽量化、速度を安定するための機能を搭載するなど、その他の性能は各段にアップしています。

また、W06をお得に契約するなら、機種代金が無料でキャッシュバックや月額料金割引特典も選べる「GMOとくとくBB WiMAX」がオススメです。モバイルルーターの契約をお考えの方は、ぜひ検討してみてください。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

  関連記事

 - インターネット完全ガイド, 今更聞けないネット選びの基礎知識