サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

WiMAXのオススメは?2020年オススメの申し込みプロバイダを徹底比較!

WiMAXを申し込む際にどのWiMAXがいいのか迷う人は少なくはありません。

WiMAXの性能や通信速度はどこで申し込んでも同じですが、料金やキャンペーン内容はプロバイダによって異なります。

WiMAXのプロバイダ選びで重要なのは、キャッシュバックや月額料金割引などの特典を含めたトータルの実質料金や、自分に合ったサービスが受けられるかということです。

2020年1月時点で実質料金がもっとも安いプロバイダはGMOとくとくBB WiMAXですが、口座振替ができるBroadWiMAXがオススメですよ。

また、WiMAXのプランやどの機種がオススメか迷っている方に向けても、失敗しない選び方をお教えしますので参考にしてくださいね。

オススメのWiMAX申込窓口

A高額キャッシュバックのGMOとくとくBB WiMAX

B口座振替で最安値のBroad WiMAX

WiMAXの契約窓口はどこがいいの?

WiMAXの契約には家電量販店と、ショップの店頭、Webでの申し込みの3種類があります。

家電量販店にはお得なキャンペーンは少ないですが、お店独自のポイントサービスが付与されるといったメリットがあるでしょう。

また、ショップの店頭ならお得なキャンペーンがほとんどない代わりに、対面で安心して契約できるというメリットがあります。

しかし、これら申し込み窓口は料金面の特典でインターネットから契約できるプロバイダの公式窓口には及びません。

安くお得に申し込みたいのであればインターネットからプロバイダ窓口で申し込みをしましょう。

WiMAXのギガ放題を利用するのがおすすめの人

WiMAXのプランには基本的に、データ通信が月7GBまでできるプランと、無制限でデータ使い放題のギガ放題があります。

ただし、WiMAXの電波や機器を提供するUQWiMAXをはじめ、プロバイダ数社では7GBプランの新規申し込みをすでに終了しているので、今後はどのWiMAXプロバイダでもギガ放題プランだけの提供になるかもしれませんね。

ギガ放題のプランでは、月間のデータ通信利用量は基本的に無制限で利用できます。

ただし、3日間で10GB以上の通信を行うことで、約8時間おおむね1Mbpsの速度制限にかかってしまいます。

7GBプランでは月に7GB以上データ通信をしてしまうと、最大128kbpsの厳しい速度制限を受けて当月中は解除されませんので、基本的には使い放題のギガ放題プランの方が便利に利用できるでしょう。

WiMAXのギガ放題がオススメの方を、まとめてみました。

  • オンラインゲームで遊ぶ人
  • 動画サービスを頻繁に利用する人
  • ビデオ会議などビジネスで多く利用する人
  • 24時間インターネットで取引を行っている人
  • オンライン英会話教室など勉強でインターネットを使用する人

さらにくわしく、WiMAXがオススメできる理由を解説していきましょう。

オンラインゲームで遊ぶ人

オンラインゲームで遊ぶ人には、ギガ放題がオススメです。

オンラインゲームは大容量のデータ通信を行い、セッションが切れてしまうとゲームのプレイ自体に支障が出るからです。

もしも7GBの契約でゲーム中に制限に達した場合には、すぐに128kbpsに制限されてしまい、その後思うように遊ぶことはできません。

オンラインゲームを堪能したい方には、たっぷりとデータ量を使えるギガ放題を選びましょう。

動画サービスを頻繁に利用する人

動画サービスを頻繁に利用する人も、WiMAXのプランはギガ放題がオススメです。

YouTubeはもちろん、ニコニコ動画の利用やHuluなどのVODサービスを利用するなら、ギガ放題でなければ7GBのデータ量ではすぐに上限値に達してしまうからです。

ビデオ会議など複数人でビジネスで利用する人

ビジネスでWiMAXを利用する場合にもギガ放題がオススメです。

データ通信量が多いビデオ会議などで利用するのであれば、会議の進行に影響が出ないよう、無制限での契約プランを選びましょう。

また、1台のWiMAXを社内で共有するなら、月に7GBのデータ容量はファイルの送信などですぐに上限に達してしまう可能性がありますよ。

24時間インターネットで取引を行っている人

株やFXのトレーダーなど、24時間インターネットで金融取引をしている方もギガ放題のほうが安全です。

万が一の場合に通信が遅くなり、取引にミスがあっては取り返しがつきません。

通信速度は高速に保っておきましょう。

毎日勉強でインターネットを使用する人

オンライン英会話でなど、インターネットを利用した勉強を毎日している方にもギガ放題がオススメです。

単なるテキストの閲覧なら問題はありませんが、オンラインでビデオ学習動画やビデオ通話での学習を行うなら、7GBの通信量では不足するでしょう。

WiMAXの徹底比較!オススメのWiMAXを条件別に紹介します!

WiMAXの通信速度、端末性能などはどのプロバイダで契約しても同じですが、月額料金やキャンペーンは申し込んだ会社によって大きく異なりますよ。

2020年1月時点でWiMAXのオススメプロバイダはどこなのか、料金やキャッシュバックなどの特典を3年間の契約期間でギガ放題プランを契約した場合で比較してみました。

■料金の比較条件

  • 最新機種W06を使用
  • ギガ放題プラン
  • クレジットカード払い
プロバイダ 月額料金 キャッシュバック 3年間実質料金 口座振替の有無
GMOとくとく
BB(CB)
1か月目~2か月目:3,609円
3か月目~36か月目:4,263円
34,500円
120,660円
JPWiMAX
1か月目~3か月目:2,800円
4か月目~24か月目:3,500円
25か月目~36か月目:4,100円
10,000円
124,100円
GMOとくとく
BB(割引)
1か月目~2か月目:2,170円
3か月目~36か月目:3,480円
2,000円
123,660円
DTI WiMAX
1か月目~2か月目:0円
3か月目:2,590円
4か月目~36か月目:3,760円
0円
129,670円
Broad WiMAX
1か月目~2か月目:2,726円
3か月目~24か月目:3,411円
25か月目~36か月目:4,011円
0円
131,626円
BIGLOBE WiMAX※1
1か月目~3か月目:2,980円
4か月目~36か月目:3,980円
7,000円
155,480円
カシモWiMAX
1か月目:1,380円
2か月目~24か月目:3,580円
25か月目~36か月目:4,079円
0円
135,668円
So-net WiMAX
1か月目~12か月目:3,380円
13か月目~36か月目:4,379円
0円
148,656円
UQ WiMAX※1
3,880円
3,000円
154,680円
@nifty WiMAX※1
1か月目~2か月目:3,670円
3か月目~36か月目:4,350円
0円
178,240円
au WiMAX※2
4,880円
0円
178,680円

※2020年1月時点での料金です。

※別途事務手数料3,000円がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

※1:別途端末料金がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

※2:別途端末料金がかかります。(店舗にてご確認ください)

各プロバイダを比較してみた結果、ギガ放題プランを一番安い料金で利用できるのはGMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバック窓口で、実質料金は3年間で120,660円です。

さらにくわしく、オススメのWiMAXプロバイダについて解説していきましょう。

一番安いのはキャッシュバックキャンペーンがある「GMOとくとくBB WiMAX」!

一番安くてお得に利用できるWiMAXのプロバイダは、GMOとくとくBB WiMAX です。

GMOとくとくBB WiMAXで最大34,500円のキャッシュバックをもらえば、3年間のトータル料金が120,660円と最安値ですよ。

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックは契約から11か月後に届くメールから手続きを行い、翌月に指定した口座へ振り込まれます。

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバック申請方法や注意点を解説した記事もあわせてチェックしてくださいね。

GMOとくとくBB WiMAXへの申し込みはコチラから

高額キャッシュバックキャンペーン!

キャッシュバックの受け取りが不安な人は月額料金割引特典で契約しよう

GMOとくとくBB WiMAXでは、高額のキャッシュバックを受け取る特典と、キャッシュバックが少ない代わりに月額料金が大幅に割引される特典の2種類が用意されています。

3年間のトータルの料金を比較すると、キャッシュバックを受け取った方が3,000円お得です。

しかし、キャッシュバックの受け取りは利用開始から1年後で、手続きも必要です。

キャッシュバックの申請が面倒な方や、月額料金から自動的に割引してほしい方は、月額料金割引キャンペーンを選ぶといいかもしれませんね。

GMOとくとくBB WiMAXへの申し込みはコチラから

割引キャンペーン 月額2,170円(税抜)~!

クレジットカードがない人はBroad WiMAXがおすすめ!

クレジットカードがなくても契約ができるプロバイダの中で一番安いのが、BroadWiMAXです。

ただし、口座振替にしてしまうと18,857円の初期費用無料キャンペーンが受けられないことを覚えておきましょう。

また、BroadWiMAXでは他社モバイルルーターからの乗り換えの場合、支払った違約金相当を最高19,000円まで負担してくれるので安心です。

Broad WiMAXについてまとめた記事で口座振替できる他社プロバイダとの料金比較を行っていますのでご覧ください。

Broad WiMAXの申し込みはコチラから

Broad WiMAX

契約期間に縛られたくない場合には「縛りなしWiFi」

実は、WiMAXサービスはどのプロバイダにも契約期間が存在します。

契約期間に解約することで、高額な契約解除料を請求されることになるでしょう。

しかし、WiMAXのようなモバイルルーターの中には契約期間が存在しない「縛りなしWiFi」というサービスがあります。

WiMAXは使ってみたいけど契約解除料が気になって契約できないという方は「縛りなしWiFi」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

縛りなしWiFiの申し込みはコチラから

契約期間なし!縛りなしWiFi

WiMAXの機種端末を比較!最新機種はなにが優れているのか?

大きさや速度などWiMAXの人気機種のスペックを、表で比較してみましょう。

  モバイルルーター ホームルーター
機種名 W06 WX05 HOME L02 HOME01
速度
下り最大867Mbps
上り75Gbps(※1)
下り最大440Mbps
上り75Gbps(※1)
下り最大867Mbps
上り75Gbps(※1)
下り最大440Mbps
上り75Gbps(※1)
大きさ
約W128×H64×D11.9mm
約W111×H62×D13.3mm
約W93×H178×D93mm
約W70×H155×D100mm
重さ
約125グラム
約128グラム
約436グラム
約338グラム
連続通信時間
約9時間
約14時間
接続台数
最大16台
同時接続10台
最大42台
同時接続22台

※1:Wi-Fi接続時のau 4G LTE網への接続、提供エリアなど一定の条件下の最大速度

※2:2020年1月時点の情報

WiMAXの機種は持ち運び可能なモバイルルーターと、自宅のコンセントにつなげてWi-Fi環境をつくるホームルーターに分かれています。

モバイルルーターなら最新機種のW06が、ホームルーターならHOME L02がオススメです。

最新機種なら一定の条件を満たせば、高速通信が期待できますよ。

端末代金はプロバイダによって無料の場合と、15,000円~20,000円の場合がありますので契約時に確認しておきましょう。

まとめ

WiMAXの契約でオススメのプロバイダは、GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックキャンペーンです。

2020年1月時点で34,500円の高額キャッシュバックが受け取れ、3年間の実質料金がどのプロバイダよりも安いからです。

しかし、キャッシュバックの受け取りは契約から1年後なので、手続きが面倒だと感じる方はGMOとくとくBB WiMAXの月額料金割引キャンペーンを選びましょう。

また、クレジットカードを持っておらず口座振替でWiMAXサービスを利用したいのであれば、BroadWiMAXがオススメです。他社からの乗り換えでも、契約解除料金を最大19,000円まで負担してくれます。

契約プランは1か月のデータ利用量が無制限の「ギガ放題プラン」を選ぶと、快適に利用できるでしょう。

WiMAXの機種は速度やスペックが向上している最新機種を選びましょう。モバイルルーターならW06が、ホームルーターならHOME L02がオススメです。

WiMAXでいつでもどこでもインターネットを利用できるライフスタイルを手に入れてみてはいかがでしょうか。

オススメのWiMAX申込窓口

A高額キャッシュバックのGMOとくとくBB WiMAX

B口座振替で最安値のBroad WiMAX

  関連記事

 - インターネット完全ガイド, 今更聞けないネット選びの基礎知識