サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

WiMAXと光回線ならどちらを選ぶべき?サービスを比較!

  /    
  インターネット完全ガイド, ネットまるごと完全比較

インターネット回線の導入を考えている方の中には、思い切って光回線を引くべきか、それとも、手軽にはじめられるWiMAXを導入するのか、お悩みの方もいるかもしれません。

WiMAXと光回線は、インターネットを利用できるという点は同じですが、サービスの特徴はまったく異なります。そのため、インターネットの使い方によって、どちらが向いているのかが変わってくるのです。

そこでこの記事では、光回線とWiMAXの特徴やオススメのポイントについてご説明します。この記事を参考に、自分に適したインターネット回線を選択してみてください。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

WiMAXと光回線はどちらがオススメなの?

WiMAXと光回線は、どちらがオススメなのでしょうか? 

それぞれが異なる特徴をもっているので、どちらの方がよいとは一概にはいえません。光回線の料金や速度、サービス内容などについて、表にまとめてみました。

比較内容 WiMAX 光回線
料金相場
2,500円~4,500円
3,500円~6,000円
通信速度
最大1.2Gbps
最大1Gbps~10Gbps
速度制限
3日で10GBなどの制限あり
無制限
サービス内容
持ち運び可能端末にすれば外出時にも使える
家の中のみで使える

月額料金が安いのはWiMAXですが、光回線は通信速度が速く通信が安定しています。

通信速度はそこまで求めないから安い方がよい人はWiMAXが適していますし、家で高画質の動画を家でよく観るという人は光回線の方がよいでしょう。 このように、それぞれの特徴を理解して、自分に合った回線を選ぶことが重要です。

WiMAXの利用に向いている人

WiMAXの方が向いている人とは、どのような人なのでしょうか? WiMAXの方がオススメの人についてご説明していきますので、自分がどこに当てはまるのかを考えてみてください。

利用料金を抑えたい人

WiMAXは光回線に比べて月額料金が安いので、料金を抑えたい人に向いています。

  料金相場
WiMAX
2,500円~4,500円
光回線 マンション
3,500円~5,000円
戸建て住宅
4,500円~6,000円

WiMAXは一戸建てでもマンションでも使う通信回線は同じなので、値段も一緒です。 一方、光回線は一戸建てとマンションにわかれており、基本的にはマンションの方が安いです。

上記の表を見ると、光回線の中でも安いマンションタイプと比較してもWiMAXより高いことがわかります。 したがって、料金を抑えたいなら、断然WiMAXの方がオススメです。

外出先で頻繁にインターネットをする人

光回線は室内で回線工事を行い引き込んだ回線を利用するものですから、家でしか使えません。一方、WiMAXなら、持ち運び可能な通信端末を選べば外出先でもインターネットを使えます。

外出先で頻繁にインターネットを利用する人や、外出先での利用がスマホのデータ容量では足りない人に、WiMAXは向いています。

工事不要で利用したい人

WiMAXの大きなメリットとして、家に届いた端末の設定をすれば、すぐに使えるようになるという手軽さがあります。

しかし、光回線は家で光回線の工事をしなければなりません。工事日を予約したいのに予約がなかなか取れなかったり、工事日に立ち会うのが難しかったりという理由で、光回線を敬遠する人も多いでしょう。

WiMAXは導入の手間がほとんどないため、一人暮らしの人や、引っ越しが多く面倒な工事をしたくない人などは、工事不要のWiMAXがオススメです。

オススメのプロバイダはどこ?

では、オススメのWiMAXはどこなのでしょうか? WiMAXは料金が安いといっても、回線によってキャッシュバックや月額料金は大きく異なります。

ここでは、月額料金とキャッシュバック額から、3年間の実質月額料金の合計金額を比較してみました。

■料金の比較条件

  • 最新機種W06を使用
  • ギガ放題プラン
  • クレジットカード払い
プロバイダ 月額料金 キャッシュバック 3年間実質料金
GMOとくとく
BB(CB)
1か月目~2か月目:3,609円
3か月目~36か月目:4,263円
34,500円
120,660円
GMOとくとく
BB(割引)
1か月目~2か月目:2,170円
3か月目~36か月目:3,480円
2,000円
123,660円
JPWiMAX
1か月目~3か月目:2,800円
4か月目~24か月目:3,500円
25か月目~36か月目:4,100円
10,000円
124,100円
DTI WiMAX
1か月目~2か月目:0円
3か月目:2,590円
4か月目~36か月目:3,760円
0円
129,670円
Broad WiMAX
1か月目~2か月目:2,726円
3か月目~24か月目:3,411円
25か月目~36か月目:4,011円
0円
131,626円
カシモWiMAX
1か月目:1,380円
2か月目~24か月目:3,580円
25か月目~36か月目:4,079円
0円
135,668円
UQ WiMAX※
3,880円
3,000円
154,680円
BIGLOBE WiMAX※
1か月目~3か月目:2,980円
4か月目~36か月目:3,980円
7,000円
155,480円

※2020年1月時点での料金です。

※別途事務手数料3,000円がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

※1:別途端末料金がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

上記の表を見てもわかるとおり、3年間の実質料金最安で選ぶなら「GMOとくとくBB WiMAX」で高額キャッシュバック窓口から申し込むのがお得です。

ただし、GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取りは契約から12ヶ月目なので、受け取り忘れが心配な方や申請手続きが面倒な方は月額料金大幅割引キャンペーンも選べますよ。

また、2番目に実質料金が安く、2020年1月時点で端末到着後にAmazonギフト券10,000円分が即日受け取れる「JPWiMAX」がオススメです。

なお、クレジットカード支払いではなく口座振替で契約したい場合は、BroadWiMAXやUQ WiMAXがよいでしょう。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

光回線の利用に向いている人

この章では、光回線の特徴と、どのような人なのかをご説明します。

主に自宅でインターネットをする人

光回線は、物理的に家まで光回線を引いて使うため、家でしか使えません。

自宅でインターネットを利用することが多い人や、外出先のインターネットの通信容量がスマホで足りているという場合は、光回線がよいでしょう。 WiMAXよりも高速の光回線を利用する方が向いています。

安定した通信をしたい人

光回線は有線で家まで回線がつながれているため、通信が安定しています。 一方、WiMAXは基地局から端末までが無線通信なので、電波や障害物によって干渉される場合があります。

つまり、WiMAXよりも光回線の方が、圧倒的に通信が安定しています。 とくに、WiMAX2+は使用する周波数帯が高いため、障害物を回り込むのが苦手なので通信がより不安定になりやすいです。

そのため、高画質の動画をよく観る人や、ネットゲームをする人には、通信が安定している光回線がオススメです。

大容量の通信や高速通信がしたい人

光回線の場合、無制限プランを選べば通信制限はありません。

一方、WiMAXの場合、無制限プランでも3日で10GB以上通信すると速度制限がかかります。大容量の通信をする場合は、WiMAXの通信制限に引っかかってしまう場合があります。

そのため、通信制限に縛られることなく、大容量の通信や高速通信を使いたい場合には、光回線の利用が向いています。 また、家族全員が大容量で使用する場合も、光回線の方がオススメです。

オススメの光回線はどこ?

光回線を引く場合、具体的にどの回線を選べばよいのでしょうか?

オススメの光回線を4つ、月額料金と工事費用、解約料について比較してみました。

光回線 月額料金 工事費用 解約料
戸建て 集合住宅
auひかり
5,600円
3,400円~5,000円
戸建て:37,500円
集合住宅:30,000円
戸建て:9,500円
集合住宅;7,000円~9,500円
ドコモ光
5,200円~5,400円
4,000円~4,200円
戸建て:18,000円
集合住宅:15,000円
戸建て:13,000円
集合住宅:8,000円
ソフトバンク光
5,200円
3,800円
2,000円~24,000円
9,500円
NURO光
4,743円
1,900円~2,500円
40,000円
9,500円

※価格は税抜

※2020年1月時点

※各種割引・キャッシュバック適用前の料金をもとに比較

上記の表を見てもわかるとおり、NURO光の月額料金がもっとも安いことがわかります。とくに、集合住宅の月額料金が安いので、マンションやアパートにお住まいの方はオススメです。

NURO光への申し込みはコチラから

NURO 光

光回線を選ぶときは、月額料金だけではなく、お使いのスマホのキャリアとあわせて選択しましょう。なぜなら、スマホと光回線をセットで利用すればセット割が適用され、スマホの料金の割引を受けられるからです。

下記にスマホのキャリアによって選ぶべき光回線について、ご説明します。

・au

スマホがauの場合、auひかりにすれば「auスマートバリュー」が適用されます。スマホの月額料金が、500円~1,000円ずっと割引され続けるのです。

auが回線事業者となっているauひかりで統一してもいいですし、auひかりがエリア外の場合は、So-net光でもauスマートバリューを適用できます。

フルコミットへの申し込みはコチラから

auひかり

・SoftBank

スマホがソフトバンクの場合、NURO光であればソフトバンクの「おうち割光セット」が適用され、スマホ料金から最大1,000円の割引を受けられます。 ソフトバンク光でも割引を受けることはできますが、NURO光の方が光回線の料金が安いので、対象エリア内の場合は、NURO光がオススメです。

NURO光がエリア外の場合は、ソフトバンク光を利用して、おうち割光セットを適用させましょう。

STORYへの申し込みはコチラから

ソフトバンク光

・docomo

スマホがドコモの場合は、ドコモ光一択です。

「ドコモ光セット割」が適用され、スマホのプランが「ギガホ」「ギガライト」なら永年最大1,000円、「カケホーダイ&パケあえる」なら100円~3,500円の割引を受けられます。

最新キャンペーン情報を見る

GMOとくとくBBのドコモ光

WiMAXと光回線の併用に向いている人

WiMAXと光回線のどちらを契約しようか迷っている人の中には、併用がオススメの人もいます。

自宅でも外でも快適にネット利用がしたい人

自宅でも外でも、場所に縛られることなく、どこでも快適にインターネットを利用したい人は、WiMAXと光回線の併用が向いています。

併用すれば、家では光回線で安定した通信ができ、外出先でもインターネットが使えます。

家で動画視聴やネットゲームなど大容量の通信を行い、外出先でもインターネットが欠かせないという人は、どちらも利用する方がよいでしょう。

速度制限に縛られたくない人

家の中でも外でもインターネットを頻繁に利用し、速度制限に縛られたくないという人も併用が向いています。

家の中では必ず光回線を使い、WiMAXは外出時だけ使うようにすれば、WiMAXデータ量を抑えられて通信制限に引っかかりにくくなります。

WiMAXは3日間10GB以上利用すると速度制限がかかってしまいます。10GBというのは、高画質のネット動画を何時間も観ることで、簡単に超えてしまう程度のデータ量です。

したがって、速度制限に縛られずにインターネットを楽しみたいのであれば、光回線と併用するのがオススメです。

WiMAXと光回線の併用のポイントは?お得な併用の仕方をご紹介

WiMAXと光回線を併用する際には、どのようなことに注意すればよいのかについてご説明します。

自宅では光回線のみを使用する

自宅では光回線、外ではWiMAXを利用するようにすれば、WiMAXの「3日間で10GB」の速度制限を回避しやすくなります。

光回線は基本的に無制限に使えますから、自宅ではできるだけ光回線を使いましょう。

格安SIMも検討しよう

WiMAXと光回線の両方を利用するとなると通信費が高額になってしまいます。

それを避けるためには、格安SIMとWiMAXを合わせて使い、通信費を抑えましょう。

まとめ

今回の記事では、WiMAXと光回線の特徴の違いや、オススメの人についてご紹介してきました。

WiMAXは工事をすることなく、どのような場所でも利用でき、光回線に比べて安いので、料金を抑えたい人や、すぐに利用したい人、自宅以外の場所でもインターネットを利用したい人に向いています。

一方で、光回線はWiMAXに比べて安定した高速通信を、通信容量の制限を気にすることなく、利用できます。そのため、高画質の動画を楽しむなど、安定した高速で大容量の通信を行いたい人や、家で家族と一緒にインターネットを利用したい人に向いています。

また、光回線を選択する場合には現在お使いのスマホとセット割引が可能な回線を選ぶとさらにお得に利用できますよ。

どのような場所でも通信容量を気にすることなく、インターネットを楽しみたい人には、WiMAXと光回線の併用がオススメです。使い方を工夫すれば、WiMAXの通信制限を気にせずに、いつでもインターネットを楽しむことができるでしょう。

WiMAXと光回線は、それぞれ異なる特徴をもっていますので、ご自身がどのように利用したいのかをしっかりと見極め、この記事を参考に適した回線を選択してください。

NURO光への申し込みはコチラから

NURO 光

  関連記事

 - インターネット完全ガイド, ネットまるごと完全比較