サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

WiMAXはギガ放題が安心?公式ではわからないギガ放題のメリットデメリットを解説!

WiMAXのギガ放題プランは、3日間で10GB以上使うと翌日18時~翌々日の2時まで約1Mbpsに低速化する制限があります。どんなときもWi-Fiのように完全使い放題のモバイルWi-Fiではありません。

月間データが使い放題で低速化しても速度はある程度出ます。そのため、YouTubeや動画配信サービスで映画やドラマを見る人には、WiMAXのギガ放題プランはオススメです。

この記事では、WiMAXのギガ放題プランのメリットデメリット、オススメのプロバイダなどをご紹介しています。 お得な値段でデータがたっぷり使えるモバイルWi-Fiを探している人は、しっかりチェックしてみてください。

GMOとくとくBB WIMAXの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

WiMAXのギガ放題が向いている人

WiMAXのギガ放題プランは、月間通信量が無制限のプランです。無制限なので1か月に何GB使っても追加料金を支払う必要はありません。

しかし、3日で10GB使い切ると、翌日18時~翌々日22時は約1Mbpsに低速化します。

WiMAXのギガ放題について、特徴を踏まえたうえでオススメできるのはこんな人です。

そんなWiMAXのギガ放題プランの利用が向いている人の特徴をご紹介します。

動画サービスを頻繁に利用する人

月間通信量が無制限なので、動画サービスをよく使う人にWiMAXのギガ放題プランはオススメです。

参考までに、スマホで普通に視聴できる画質で、人気の動画サービスを1時間視聴したときに消費する通信量の目安を調べてみました。

動画サービス 画質 通信量 再生速度
YouTube
360p
約0.2GB
約500Kbps
Hulu
~480p
約0.5GB
約~1.4Mbps
Netflix
~288p
約0.25GB
約500Kbps
U-NEXT
144p~288p
約0.2GB
約500Kbps
Amazonプライムビデオ
~288p
約0.3GB
約500Kbps

※2020年1月現在の情報

どの動画サービスも画質144p~480pの動画なら1時間で約0.2 GB~0.5GBしかデータは使いません。 約25時間~50時間の連続再生をしなければ、10GB以上データを使うことはまずないでしょう。

たとえば、YouTubeの画質360pの動画は約50時間視聴しないと、10GB以上データを使うことはありません。720pの高画質の動画を視聴しなければ、速度制限にひっかかることはめったにありませんよ。

そのため、ギガ放題プランの速度制限にひっかかる機会は少ないと予想できます。 もし速度制限がかかっても、低速化したときのWiMAXのギガ放題プランの速さは約1Mbpsです。

Huluを除いて動画をストリーミング再生するのに1Mbpsも速さは必要ありません。 一部の高画質の動画を除き、144p~480p程度の動画なら問題なく視聴できるので、WiMAXのギガ放題プランは、動画よく見る人にオススメのモバイルWi-Fiです。

スマホ以外にも通信機器を接続する人

スマホ以外にパソコンやPSP、プリンターなど通信機器に接続する人も、WiMAXギガ放題プランの利用が向いています。

月間通信量が無制限なので、複数の通信機器に接続しても、ストレスなく利用ができるでしょう。

また、WiMAXの最新機種は、10台以上の通信機器と接続できます。参考までにWiMAXのモバイルルーター人気機種の同時接続台数をご紹介します。

  • W06:最大接続台数16台
  • WX05:最大接続台数10台(Wi-Fi接続時)

持ち運びができて同時接続できる端末台数が多いので、スマホ以外の通信機器に接続したい人はWiMAXのギガ放題プランを使ってみるとよいでしょう。

固定回線代わりに家族で利用したい人

1か月の通信量が使い放題なので、固定回線代わりに家族で使いたい人にもWiMAXのギガ放題プランはオススメです。

モバイルルーターでも10台以上の通信機器と接続できますが、自宅で使いたい人のために最大40台の通信機器と接続できるホームルーター HOME L02もあります。

W06とHOME L02には、従来の機種と比べて電波の送受信を強化する次の機能が搭載されています。

■W06の機能
・高性能ハイモードアンテナ:電波の受信性能が高く、通信速度が約20%アップ
・TXビームフォーミング:電波の送信感度が高く、通信速度が約20%アップ
■HOME L02の機能
・TXビームフォーミング:電波の送信感度が高く、通信速度が約30%アップ
・4本の高感度アンテナ:360度全方位カバーするので、電波をしっかり受信
・ベストポジション:端末が自分で電波を受信しやすい置き場所を探す機能

上記の機能が搭載されたW06とHOME L02は、無線通信でも安定した通信品質を保つので、家族で同時にインターネットを使っても快適な速さで利用できます。

勉強でインターネットを使用する人

オンライン英会話などインターネットで勉強する人にもWiMAXのギガ放題プランは向いています。1か月のデータが使い放題なので、追加料金を払うことなく好きなだけ勉強ができるでしょう。

オンライン英会話はSkypeを使って行いますが、Skypeのビデオ通話(高品質)の推奨速度は約500Kbpsです。ギガ放題プランは、速度制限時でも約1Mbpsの速度があるので、勉強中に画像が途中で切れたり、遅くなったりする心配がありません。

速度制限の期間も翌日18時~翌々日の2時までと8時間だけです。短時間で解除されるので、勉強の妨げにはならないでしょう。

ギガ放題にすることで得られるメリットとは?

WiMAXのプロバイダではほとんどの場合、次の2つの料金プランのどちらかを選べます。

  • 1か月のデータ上限7GBまでの通常プラン
  • 1か月のデータ容量上限なしのギガ放題プラン

実体験からWiMAXのギガ放題プランを使うメリットと注意点を簡単にご説明します。どちらのプランにすべきか迷っている人はご覧ください。

【メリット1】通信容量が大幅に増える

WiMAXのギガ放題プランは通常プランと比べて1か月の通信量が無制限であるため、使える通信量が大幅に増える点がメリットです。一方、通常プランは1か月に7GBしか使えません。

他社モバイルWi-Fiでも1か月で使える通信量の上限を設けている場合があり、スマホキャリアの大容量データプランも多くて30GB~50GB程度です。

WiMAXのギガ放題プランは3日で10GB以上使うと速度制限がかかりますが、1か月では100GB近いデータ通信が高速でできる計算になるので、他社モバイルWi-Fiと比べたら比較的ゆるい条件です。

  • 速度制限の時間:翌日18時~翌々日2時
  • 速度制限時の速さ:約1Mbps
  • 速度制限解除の条件:速度制限の時間を超えると自動的に解除

速度制限の解除に追加料金を支払う必要はありません。時間がすぎると自動的に速度制限が解除されます。

また、最新機種W06のWi-Fi接続時の下り最大速度は558Mbpsと十分な速さです。

毎月定額でデータが使い放題なうえに速度も速いので、WiMAXのギガ放題プランは利用メリットの多いモバイルWi-Fiといえます。

【メリット2】速度制限後でも速い

WiMAXは速度制限後もおおむね1Mbpsと他のモバイルWi-Fiに比べて速度が速いところがメリットです。ほとんどのモバイルWi-Fiで速度制限がかかると約128Kbpsに低速化します。

おおむね1Mbpsの速度が出ていれば、標準画質の動画は見られる程度なので安心ですね。

WiMAXには次の2つの通信モードがあります。

  • ハイスピードモード:標準の通信モード、WiMAX2+の通信網にアクセス
  • ハイスピードプラスエリアモード:au 4G LTE網にアクセス、Wi-Fiルーターの通信モード設定で変更可能

ハイスピードプラスエリアモードとは、WiMAX2+でインターネットに接続できない場所で使うときの補助機能です。

ハイスピードプラスエリアモードに切り替えると、auスマホと提供エリアが全く同じなので、WiMAX2+の電波が届きにくい地下や郊外でもWiMAXが利用できます。

ハイスピードプラスエリアモードにすると、最新機種W06のWi-Fi接続時の最大速度は下り867Mbps、上り75Mbpsと速くなり便利です。

以下の条件がすべて揃うと、W06で下り最大速度1.2Gbpsの高速通信が期待できます。

  • ハイスピードプラスエリアモード
  • 東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリア
  • USB3.0以上のType-Cケーブルで有線接続
  • ハイパフォーマンスモードで4×4MIMO設定をON

ハイスピードプラスエリアモードに切り替えると通常よりも速度が速くなり、WiMAX2+回線が提供エリア外でも利用できるのでぜひ活用しましょう。

ただし、ハイスピードプラスエリアモードを1か月に7GB以上利用した場合は、最大128kbpsの厳しい速度制限が月末までかかることを覚えておきましょう。

通常プランよりも料金が上がることは理解しておこう

WiMAXのギガ放題プランは「使える通信量が多い」、「速度が速い」と何かとメリットが多くあります。

ただし、便利な反面、WiMAXのギガ放題プランは、通常プランと比べて月額料金が約1,000円高くなることを覚えておきましょう。

また、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えると、プロバイダにより月額料金にプラスでLTEオプション料が1,005円かかることもあります。LTEオプション料は、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えなければ支払う必要はありません。

1か月で1回しかハイスピードプラスエリアモードを使わなくても、1,005円かかるので注意しましょう。

GMOとくとくBB WIMAXやBroad WiMAXなどハイスピードプラスエリアモードに切り替えても、LTEオプションが無料で使えるプロバイダもあります。なるべくLTEオプションが無料で使えるプロバイダを選ぶとよいでしょう。

オススメのWiMAX一覧比較

WiMAXは同じギガ放題プランでもプロバイダにより月額料金やキャンペーンの内容、契約期間中の実質料金が異なります。

WiMAXはどのプロバイダを選んでも、速度と対応エリアはすべて同じです。ほとんどのプロバイダで最速スピードが出る最新機種W06が使えます。

速度・対応エリア・端末が同じなら料金の安いプロバイダを選んだほうがお得です。 人気プロバイダ10社で、下記条件でギガ放題プランの月額料金、キャッシュバック料金、実質料金を比較して表にまとめてみました。

「WiMAXはプロバイダがありすぎてオススメがわからない」と、困っている人はしっかりチェックしてみてください。

■料金の比較条件

  • 最新機種W06を使用
  • ギガ放題プラン
  • クレジットカード払い
プロバイダ 月額料金 キャッシュバック 3年間実質料金
GMOとくとく
BB(CB)
1か月目~2か月目:3,609円
3か月目~36か月目:4,263円
34,500円
120,660円
GMOとくとく
BB(割引)
1か月目~2か月目:2,170円
3か月目~36か月目:3,480円
2,000円
123,660円
JPWiMAX
1か月目~3か月目:2,800円
4か月目~24か月目:3,500円
25か月目~36か月目:4,100円
10,000円
124,100円
DTI WiMAX
1か月目~2か月目:0円
3か月目:2,590円
4か月目~36か月目:3,760円
0円
129,670円
Broad WiMAX
1か月目~2か月目:2,726円
3か月目~24か月目:3,411円
25か月目~36か月目:4,011円
0円
131,626円
カシモWiMAX
1か月目:1,380円
2か月目~24か月目:3,580円
25か月目~36か月目:4,079円
0円
135,668円
ASAHIネット WiMAX
1か月目~3か月目:0円
4か月目~36か月目:4,290円
0円
144,570円
So-net WiMAX
1か月目~12か月目:3,380円
13か月目~36か月目:4,379円
0円
148,656円
UQ WiMAX※
3,880円
3,000円
154,680円
BIGLOBE WiMAX※
1か月目~3か月目:2,980円
4か月目~36か月目:3,980円
7,000円
155,480円
@nifty WiMAX※
1か月目~2か月目:3,670円
3か月目~36か月目:4,350円
0円
178,240円
au WiMAX※2
4,880円
0円
178,680円

※2020年1月時点での料金です。

※別途事務手数料3,000円がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

※1:別途端末料金がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

※2:別途端末料金がかかります。(店舗にてご確認ください)

3年間の実質料金の最安値は、GMOとくとくBB WIMAXの120,660円です。34,500円の高額キャッシュバックが適用されるキャンペーンを利用して、お得にWiMAXが使えます。

ただし、GMOとくとくBB WIMAXのキャッシュバックがもらえるのは契約を結んでから12か月後です。端末を発送した月を含めて11か月後に、GMOとくとくBB WIMAXから「キャッシュバックの受け取り手続きの案内」のメールが届きます。GMOとくとくBB WIMAXからメールが届く時期をカレンダーやリマインダーに登録して、キャッシュバックのもらい忘れのないようにしましょう。

キャッシュバックのもらい忘れが心配な人のためにGMOとくとくBB WIMAXでは、月額料金の大幅割引キャンペーンも行っています。割引キャンペーンを適用した実質料金は2,000円のキャッシュバックを含めて123,660円です。

大幅割引キャンペーンの2,000円キャッシュバックも、受け取り時期は契約から12か月後です。しかし、キャッシュバックをもらい忘れた場合の実質料金でも125,660円と、他プロバイダと比べてお得な値段であることに変わりありません。

とくにプロバイダにこだわりがない場合は、3年間の実質料金が最安値のGMOとくとくBB WIMAXをオススメします。

GMOとくとくBB WIMAXの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

ギガ放題で制限がかかったときの速度について

ギガ放題プランで速度制限がかかったときの速度は通信モードで異なります。

通信モード別に速度制限がかかったときの速度を表にまとめて比較してみました。

  速度制限の条件 速度制限後の速度 速度制限後の期間
ハイスピードモード 3日間に10GB以上通信
おおむね1Mbps
条件到達翌日18時~翌々日2時
ハイスピードプラスエリアモード(LTE通信)
1か月に7GB以上通信
最大128kbps
月末

auスマホのLTE網にアクセスするハイスピードプラスエリアモードの状態で、1か月に7GB使うと約128Kbpsまで低速化します。

ハイスピードプラスエリアモードの状態で7GB使い切ってからハイスピードモードに戻しても、月間データが使い放題のギガ放題プランであろうと低速化は解除できません。低速化を解除するには、翌月まで待つ必要があります。

約128Kbpsの速度とは、ホームページを開くだけでも時間がかかる速さです。ストレスなく操作できるのは、メールやLINEでテキストのみのメッセージを送るくらいでしょう。

ハイスピードプラスエリアモードで低速化すると翌月まで解除できないので、ハイスピードプラスエリアモードの利用はWiMAXがつながりにくいときに限定することをオススメします。

どんなときもWiFiなら使い放題

【最新情報】どんなときもWiFiの通信障害

どんなときもWiFiでは、2020年2月から3月にかけて一部ユーザーの間で通信障害が発生しています。

〇2020年2月28日連日の通信不具合に関するお詫び
〇2020年3月19日通信障害発生のお知らせ

3月21日には”十分なサービスの提供ができない可能性が高い”として、希望するユーザーへ休止申込から3月末までの料金発生を免除する「回線休止」の措置をとることを案内しています。

〇2020年3月21日回線休止のご案内

回線の復旧も未定ですし、端末の在庫切れにより新規契約は予約受付のみというのが現状です。

今すぐポケットWi-Fiをお探しの方は、3日で10GB以上通信すると速度制限はありますが、無制限で通信できるWiMAXを検討してみましょう。

ポケットWi-Fiのオススメは?主要10社を徹底比較!

ここまでの説明を読んで「WiMAXのギガ放題プランは使いにくい」と思った人にオススメするのが、どんなときもWiFiです。

どんなときもWiFiは、完全使い放題のモバイルWi-Fiです。ほかのモバイルWi-Fiのように 1日~3日間の通信量の制限は一切なく、月間通信量も使い放題です。利用者が増える時間帯にとくに通信品質を保つため、一時的な速度制限をかける心配もないので安心して利用ができます。

データが完全使い放題なだけでなく、どんなときもWiFiには次のメリットがあります。

  • ドコモ・au・Softbankと3回線にアクセス可能
  • 月額料金3,480円と安い
  • 端末レンタル料は無料
  • 口座振替でも料金の支払いが可能
  • レンタルできる端末は海外でも利用可能

最大速度は150Mbpsで、実効速度も平均20 Mbps~30MbpsとWiMAXほど速くはありません。しかし、大手携帯電話会社3社の通信網にアクセスするため、人が住まない山間部など以外なら全国各地で使えると考えてよいでしょう。

月額料金は最初の2年間は3,480円です。2年目以降も3,980円とお得な値段で使えます。完全データ使い放題で、月額料金4,000円以下で使えるコストパフォーマンスに優れたモバイルWi-Fiといえます。

WiMAXのギガ放題プランだと少し物足りない人、WiMAXがつながりにくいエリアに住む人は、どんなときもWiFiがオススメです。

グッド・ラックへの申し込みはコチラから

どんなときもWiFi

まとめ

WiMAXのギガ放題プランは月間通信量が使い放題なだけで、3日で10GB以上使うと翌日18時~翌々日2時まで約1Mbpsに低速化する速度制限があります。

しかし、月間データが使い放題なので、下記の利用ならストレスを感じることなく使えます。

  • 低画質・標準画質の動画サービスの利用
  • スマホ以外の通信機器に接続
  • 固定回線代わりに家族で利用
  • オンライン英会話などインターネットで勉強

2020年1月現在、WiMAXのギガ放題プランが最安値で使えるプロバイダは、GMOとくとくBB WiMAXです。WiMAXのギガ放題プランを使ってみたい人は、GMOとくとくBB WIMAXから申し込んでみてください。

WiMAXのギガ放題プランの速度制限が少し不満な人は、完全使い放題のどんなときもWiFiがオススメです。WiMAXのように3日で10GBの速度制限が一切ありません。

WiMAXのギガ放題プラン、どんなときもWiFiとそれぞれの特徴をしっかりと確認したうえで、自分や家族の利用スタイルに合うモバイルWi-Fiを選びましょう。

GMOとくとくBB WIMAXの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

  関連記事

 - インターネット完全ガイド, 今更聞けないネット選びの基礎知識