サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

WiMAXの速度制限を解除する方法はある?解除されない場合の対処法は?

WiMAXを利用する際に、速度制限について気になっている方は多いのではないでしょうか。

WiMAXのギガ放題プランは高速通信の利用量に上限がありませんが、速度制限にかかると夜間に速度が1Mbps程度まで制限されるので、制限中は読み込みに時間がかかってしまいます。通常プランやハイスピードプラスエリアモード使用時は7GBの上限があり、上限を超えると制限がかかります。

この記事ではWiMAXの速度制限を解除する方法はあるのか、解除されるのはいつなのかなどについて解説していきます。速度制限について心配がある方は参考にしてください。

どんなときもWiFiへの申し込みはコチラから

どんなときもWiFi

WiMAXの速度制限を解除する方法は?

WiMAXに速度制限があると聞いて心配なのは、速度制限を解除できるかどうかでしょう。まずは速度制限を解除できるかどうか解説します。

3日間10GB使用による速度制限の解除は不可能

WiMAXのギガ放題プランでは、3日間の間に10GB以上のデータを使用すると速度制限がかかり、制限を強制的に解除する方法はありません。

速度制限にかかってしまったら、解除されるまで待つしかないのです。ただし、ギガ放題プランの場合、制限後の速度はおおむね1Mbpsとなっています。

Webサイトの閲覧やSNSなど日常的な利用ではそれほどストレスを感じない方が多いでしょう。

通常プランの速度制限もすぐには解除できない

WiMAXの通常プランで7GBに達して速度制限にかかってしまった場合も、すぐには解除できません。

通常プランにおける速度制限は月末まで続くので、翌月になるまでは速度が低速化したままとなります。

ギガ放題プランへと切り替えれば7GBの月間通信量上限はなくなりますが、プランの変更が反映されるのは翌月からなので、変更すればすぐに高速に戻るわけではありません。

LTEオプション(ハイスピードプラスエリアモード)の速度制限解除も不可能

au 4GLTE回線を使って通信できるハイスピードプラスエリアモードは、契約中のプランに関わらず、月間7GBまでの使用と決まっています。

ハイスピードプラスエリアモードでの通信量が月間7GBを超えると速度制限がかかり、強制的に解除する方法はありません。

しかも、ハイスピードプラスエリアモードで制限がかかると、ギガ放題でも月末まで制限が続いてしまうので、上限到達前に通信設定を戻すように気をつけましょう。

速度制限が解除されるのはいつなの?

WiMAXにおける速度制限の解除時期は決まっているので、基本的に制限にかかったら解除されるまで待てばOKです。

ギガ放題プラン、通常プラン、LTEオプション(ハイスピードプラスエリアモード)における制限解除タイミングをまとめたので、ご覧ください。

ギガ放題プランの場合

ギガ放題プランの「直近3日間に10GB以上の使用」による1Mbps程度の速度制限は、通信量が10GBに到達した翌日18時から翌々日2時頃まで行われます。

制限がかかってから使用を控えれば、制限開始翌々日の2時には速度制限が解除されるということです。

また18時~2時以外の時間帯は、3日間に10GB以上通信していたとしても速度制限対象にはなりません。制限中でも快適に通信したい場合は、2時~18時の間に通信するようにするといいでしょう。

ただし制限対象外の時間帯の通信量は3日間10GBのカウント対象なので、高速通信可能な時間にたくさん通信していると、いつまで経っても夜間の速度制限は解除されないことにご注意ください。

通常プランやLTEオプションの場合

通常プランやLTEオプション(ハイスピードプラスエリアモード)で月間7GBを使用した場合は、翌月になるまで速度が128kbpsに制限されます。

時間帯によって高速に戻るようなこともないので、解除されるのをひたすら待つしかありません。

毎月のように速度制限にかかってしまうようなら、ギガ放題プランへの変更を検討するといいでしょう。

速度制限中の通信速度は?

WiMAXにおける速度制限中の通信速度は、以下のとおりです。

プラン・モード 速度制限中の通信速度
ギガ放題プラン
おおむね1Mbps
通常プラン
LTEオプション
(ハイスピードプラスエリアモード)
最大128kbps

ギガ放題プランの1Mbpsは、YouTubeで標準画質程度の動画を見たり、文字中心のLINEなどのSNSやメールをしたりする分にはとくにストレスなく通信できます。

通常プランやLTEオプションにおける制限速度の128kbpsの場合はWebページの閲覧もスムーズに行えないほどに速度が低下するため、快適な利用は困難です。制限中でも速度をなるべく落としたくないなら、ギガ放題プランを契約するのがいいでしょう。

ギガ放題プランを契約していてもLTEオプションを利用する際は、通信量7GB到達前に必ず通常モードに戻すように気をつけるのが大事です。

速度制限中ではないのに解除されないときの対処法

本来速度制限中ではない時間帯なのに制限が解除されない場合は、なんらかの問題が発生していると考えられます。

その場合の対処法を解説するので参考にしてください。

速度制限が本当に解除されたかを確認する

直近3日間の通信量が10GB未満にならない限り、夜間の速度制限は継続されます。ルーターの管理画面などから、直近3日間の通信量を改めて確認してみましょう。

速度制限中でも多くのデータを利用していたら、速度制限の期間が長引く可能性があるのでご注意ください。

接続を一度切断する

ずっと回線を繋いだままにしていると、速度制限が解除される時間になっても解除されない場合があります。

速度制限中に3日間10GBを超えるようなデータ通信をしていたというわけではなければ、一旦ルーターの電源を切って再起動してみてください。接続をし直してみれば制限が解除される可能性があるので試してみましょう。

電波が悪くないかを確認する

「速度制限が解除されていない」と勘違いしているだけで、実際は電波状況が悪いだけの可能性もあります。ルーターの管理画面をチェックして、アンテナがしっかり立っているか確認しましょう。自宅で使っているならルーターの設置場所を見直すと通信が改善されることがあります。

日によって電波状況は変わるので注意してください。普段使っている場所とは違うところでWiMAXを利用している場合は、一度提供エリアマップを確認してみるといいでしょう。

速度制限を気にすることなく快適にネットを利用する方法

最後に、WiMAXにおいて速度制限を気にせず快適にインターネットを使う方法を解説します。

速度制限について事前に対処しておけば、WiMAXを快適に使い続けられるでしょう。

ギガ放題プランを利用する

ギガ放題プランは通常プランに比べて速度制限のルールが緩めなので、制限にかかりづらいというのがメリットです。

長時間に渡って高画質な動画の視聴をする、大容量のゲームをダウンロードするといった使い方を控えれば、速度制限にかかることなく快適に使えます。

どうしても大容量の通信をする必要がある場合は、事前に速度制限にかかる(通信量が3日間で10GB以上になる)かどうかを確認しておき、制限中は通信を極力控えて制限解除までの時間を短く抑えましょう。

データ通信量の使用状況を確認しながら利用する

通信制限にかからないためには、こまめに現時点での通信量を確認することも大事です。

WiMAXでは、端末やプロバイダのマイページから数日間におけるデータ通信の使用状況を確認できます。

使用状況をチェックしながらうまく通信量の消費をやりくりすれば、3日間10GBの上限を超えないようにコントロールできるでしょう。

固定回線と合わせて利用する

自宅で光回線などを契約しているなら、うまく使い分けて自宅におけるWiMAXでの通信量消費を抑えましょう。

ギガ放題プランのWiMAXを外での利用のみにとどめるなら、よほどたくさん通信しない限り制限の心配はありません。

自宅で固定回線に切り替え忘れてずっとWiMAXで通信していると、速度制限にかかってしまう可能性があるのでご注意ください。

フリーWi-Fiスポットを利用する

外出先の場合、コンビニや喫茶店などでは無料で利用できるフリーWi-Fiスポットを使いましょう。

フリーWi-Fiスポットでの通信なら、速度制限中であっても快適に高速通信が行えます。

また大容量のアプリなどをダウンロードしたい場合は、WiMAXでなくフリーWi-Fiスポットへ足を運んでデータを読み込むのもいいでしょう。

スマホのテザリング機能を利用する

スマホでテザリングオプションに加入している場合は、スマホをルーター代わりとして使えるテザリング機能を活用しましょう。

スマホで契約している通信量の範囲内なら、ゲーム機やタブレット、パソコンなどで自由に通信できます。 ただしスマホ側の利用プランによっては、データ通信量が上限に達してスマホ側が速度制限にかかってしまうのでご注意ください。

とくに通信量1GB、2GBなどライトユーザー向けのプランの場合は気をつけましょう。

どんなときもWiFiを利用する

【最新情報】どんなときもWiFiの通信障害

どんなときもWiFiでは、2020年2月から3月にかけて一部ユーザーの間で通信障害が発生しています。

〇2020年2月28日連日の通信不具合に関するお詫び
〇2020年3月19日通信障害発生のお知らせ

3月21日には”十分なサービスの提供ができない可能性が高い”として、希望するユーザーへ休止申込から3月末までの料金発生を免除する「回線休止」の措置をとることを案内しています。

〇2020年3月21日回線休止のご案内

回線の復旧も未定ですし、端末の在庫切れにより新規契約は予約受付のみというのが現状です。

今すぐポケットWi-Fiをお探しの方は、3日で10GB以上通信すると速度制限はありますが、無制限で通信できるWiMAXを検討してみましょう。

ポケットWi-Fiのオススメは?主要10社を徹底比較!

WiMAXには速度制限がありますが、同じモバイルルーターサービスのどんなときもWiFiでは、他のユーザーに迷惑がかかるほどの大容量通信でない限り速度制限にはかかりません(制限時の速度は384Kbps)。

速度制限を一切気にせず自由に通信したい方は、どんなときもWiFiの利用を検討しましょう。

なお、通信速度については、どんなときもWiFiが下り最大150Mbps、WiMAXは1.2Gbps(W06の場合)と、WiMAXのほうが高速となっています。速度重視で速度制限はそれほど気にしない方はWiMAXのほうがいいかもしれません。

どんなときもWiFiの申し込みはコチラから

どんなときもWiFi

まとめ

WiMAXには、速度制限を強制的に解除する方法がありません。しかしギガ放題プランであれば制限のルールは緩いため(3日間で10GB)、比較的利用しやすいといえるでしょう。

どうしても速度制限が心配で、数日単位での通信量を気にせず通信したい場合は、3日10GBなどの制限がないどんなときもWiFiも検討してみましょう。

速度重視で速度制限はそれほど気にしない方は、高額キャッシュバックキャンペーンでお得に契約できるGMOとくとくBBでWiMAXを利用するのがオススメです。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

  関連記事

 - インターネット完全ガイド, 今更聞けないネット選びの基礎知識