サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

WiMAXは速度制限なしではない!速度制限にかかるルールや快適に使う方法とは?

 WiMAXは「直近3日間に10GB以上通信すると、翌日18時~翌々日2時頃に速度が1Mbps程度に制限される」しくみになっています。利用を検討している方は、なんとかして速度制限なしでWiMAXを使う方法がないか気になっているのではないでしょうか。

そこでこの記事では、WiMAXの速度制限にかかるルールや快適に使う方法を解説します。速度制限について疑問や不安がある方は参考にしてください。

またモバイルルーターサービスの中には、WiMAXのような3日単位での速度制限がない「どんなときもWiFi」というサービスも存在します。速度制限無しで通信したい方は、どんなときもWiFiの口コミやくわしいサービス内容を解説した記事もチェックしてみてください。

どんなときもWiFiへの申し込みはコチラから

どんなときもWiFi

WiMAXで速度制限がかかる条件

WiMAXには以下の3つのプラン、通信モードについて、それぞれ通信量に応じた速度制限が存在します。

  • ギガ放題プラン
  • 通常プラン
  • LTEオプション(ハイスピードプラスエリアモード)

ここでは速度制限の内容について詳しく解説していきます。

【ギガ放題プラン】3日間で10GB以上使用する

ギガ放題は基本的に使い放題ですが、3日間で10GB以上使用した場合に限り、翌日18時~翌々日2時頃まで1Mbpsの速度制限がかかります。

速度制限中でも2時~18時までの間は低速にはなりませんが、夜間中心に通信している方は注意が必要です。

1Mbps制限時は、HDなど高画質な動画の再生や、アプリ、ゲームソフトのダウンロードなど、大容量の通信をする際に読み込み時間が長くなるのでご注意ください。

【通常プラン】月間で7GB使用する

WiMAXの通常プランでは、月間7GB使用すると通信制限がかかり、速度が最大128kbpsに制限されます。

通常プランの場合は、翌月になるまで制限が解除されることはありません。 制限中の速度は低画質な動画の再生やネットサーフィンなどの軽い用途でも読み込み時間が長くなってしまうので、快適に使うのは困難です。

通常プランでは速度制限にかからないよう、使い過ぎにはとくに注意しましょう。

【LTEオプション】月間で7GB使用する

WiMAXでLTEオプションを契約している方(3年契約なら基本的に無料で使えます)は、au 4G LTE回線で通信できる「ハイスピードプラスエリアモード」を利用できます。

ハイスピードプラスエリアモードの利用中は、月間データ使用量が7GBまでと定められているため、それ以上使うと最大128kbpsに速度が制限されてしまいます。

注意したいのは、ハイスピードプラスエリアモードで速度制限がかかると、ギガ放題の通常モードに戻しても制限は継続されてしまうことです。

ハイスピードプラスエリアモードの速度制限にかかると、ギガ放題プランでも翌月まで低速に悩まされ続けてしまいます。

ギガ放題プランを利用している方は、ハイスピードプラスエリアモードの通信で7GB到達前に、必ず通常モードに戻すように気をつけましょう。

WiMAXのプランによる速度制限の違い

WiMAXのプランによる速度制限の違いを一覧表でまとめましたので、確認してみましょう。

契約プラン 速度制限の条件 速度制限後の速度 速度制限後の期間
ギガ放題プラン 3日間に10GB以上通信
おおむね1Mbps
条件到達翌日18時~翌々日2時
ハイスピードプラスエリアモード(LTE通信)で1か月に7GB以上通信
最大128kbps
月末
7GBプラン 1か月に7GB以上通信

WiMAXで速度制限にかかると、通常プランやハイスピードプラスエリアモードでは送受信最大128kbps、ギガ放題はおおむね1Mbpsに制限されます。

ギガ放題の速度制限ならYouTubeにおける標準画質(480p)の動画視聴程度は問題なくこなせますし、ネットサーフィンやSNSもよほどたくさん画像を読み込むようなページでなければ快適に使えます。

しかし通常プランやハイスピードプラスエリアモードの速度制限中は、Webページの閲覧さえも読み込み時間がかかるほどに通信が遅くなるので、快適に使うのは困難です。

通常プランやハイスピードプラスエリアモードでは、制限にかからないよう使い方に細心の注意を払う必要があります。

WiMAX以外のモバイル通信サービスと速度制限の違いは?

WiMAX以外のモバイル通信サービスでも、速度制限を採用しています。

ただし速度制限の内容は各社で異なっているので、どれを選ぶか迷っている方は事前にしっかり確認しておく必要があるでしょう。

モバイル通信サービス各社の速度制限内容を一覧でまとめました。

契約先 速度制限の条件 制限後の速度 解除条件
WiMAX 無制限プラン 3日間で10GB以上を利用した場合
1Mbps
(翌日の18時〜2時)
直近の3日間で通信量が10GB以下になった時点
LTE通信が7GBを超えた場合
128Kbps
翌月以降
WiMAX 7GBプラン 1ヶ月間で7GB以上を利用した場合
128Kbps
翌月以降
Y!mobile
Pocket WiFi
無制限プラン
3日間で10GB以上を利用した場合
1Mbps
(翌日の18時〜1時)
直近の3日間で通信量が10GB以下になった時点
Y!mobile
Pocket WiFi
7GBプラン
1ヶ月間で7GB以上を利用した場合
128Kbps
翌月以降
docomo
Wi-Fi STATION
契約しているスマホのデータ量を超えた場合
128Kbps
翌月以降
Softbank
Pocket WiFi
契約しているスマホのデータ量を超えた場合
128Kbps
翌月以降
どんなときもWiFi 不正利用・ネットワークを占有レベルの大容量通信を行った場合
384Kbps
帯域制御の運用基準に関するガイドラインに準拠し個別対応
ドコモ・ソフトバンク・auのスマホ 契約しているスマホのデータ量を超えた場合
128Kbps
翌月以降

見てのとおり、WiMAXのギガ放題は、他社と比べても比較的制限が緩いことがわかります。Y!mobileのPocketWi-Fiにおける「アドバンスモード」もほぼWiMAXと同じ制限内容で1時間だけWiMAXより早く制限を解除してくれます。

もっとも制限が厳しくないのは数日や1ヶ月単位でのデータ利用上限がない「どんなときもWiFi」ですが、WiMAXはそれに次いで緩い制限と言えるでしょう。

どんなときもWiFiへの申し込みはコチラから

どんなときもWiFi

10GBの使用量の目安は?

WiMAXのギガ放題で制限にかかる条件「3日間に10GB以上の通信」は、実のところそこまで厳しくはありません。

10GBでどんなことができるか、簡単にまとめてみました。

利用内容 10GB到達の目安
動画再生
・超高画質:7時間
・高画質:13時間
・標準画質:47時間
・低画質:83時間
ネットサーフィン
32,071回表示
(Yahooトップページ)
メール
(500万画素の画像1枚添付時)
3,333通

ネットサーフィンやメールは膨大な回数を重ねなければ10GBに到達しないので、基本的に制限にかかることはないでしょう。

動画再生は、標準画質であれば朝から晩まで動画を見ない限りは3日間で10GBに到達することはほぼありません。

高画質(HD)でも1日あたり4時間以上動画を見るヘビーユーザーでなければ、他にアプリのダウンロードなどをしない限り制限されることはないでしょう。

超高画質(フルHD)でも7時間なので、動画再生を1日あたり2時間程度にとどめるなら速度は制限されません。

ただし、PS4のゲームソフトダウンロードなど大容量通信をたくさん行う場合は、動画再生などに比べて速度制限にかかりやすいので注意が必要です(ゲームソフトは1本で数GB〜数十GBあるものも多くあります)。

速度制限がかからないようにするための利用のポイント

WiMAXで速度制限がかからないようにするには、以下の2点に注意しましょう。

  • 通信量を把握しながら使用し、制限にかからないよう気を配る
  • 固定回線と併用し、自宅での通信量消費を抑える

それぞれ解説するので、利用にあたってチェックしておいてください。

通信量を把握しながら利用する

WiMAXのルーター画面に表示される通信量カウンターや、プロバイダのマイページを利用すればデータ使用量を確認できます。

「3日間で10GB」を超えないように、定期的に現在の通信量を確認しながら利用しましょう。 とくに動画を何本か見た後などは、通信量カウンターをチェックしてみて、後どのくらい通信できるか把握しておくことをオススメします。

固定回線と併用する

自宅にフレッツ光などの固定回線があるなら、自宅にいる間は固定回線を利用しましょう。

たくさんインターネットをする自宅では、WiMAXルーターではなく固定回線を使用するようにすれば、速度制限を気にすることなくインターネット回線を利用できて安心です。

WiMAXは完全無制限でなくとも問題ない理由

WiMAXには確かに速度制限がありますが、制限があっても実のところそれほど問題はありません。

その理由について詳しく解説していきます。

速度制限の時間は長くない

WiMAXをギガ放題プランで契約するなら、速度制限は18時~翌2時までの約8時間のみに限られます。

月末までずっと制限が続くわけでもなく、制限後速度もおおむね1Mbpsとそこまで遅くならないので、「高画質動画をずっと快適に見たい」などのこだわりがなければ我慢できる範囲でしょう。

また18時~翌2時以外の日中は速度制限がかからないので、制限中でも高速で通信できます。動画を高画質で見たい、アプリをダウンロードしたいという場合は制限外の時間帯に通信を行えばOKです。

データ通信量の少ないネット利用ならスムーズにできる

ギガ放題プランなら速度制限中でも、データ通信量が少ないWebページの閲覧や、YouTubeにおける標準画質の動画視聴程度は快適に使えます。 常に超高画質の動画を視聴したいなどのこだわりがなければ、速度制限はあまり気にする必要はないのです。

快適にWiMAXを利用するためのポイント

最後に、WiMAXを快適に使うために知っておきたい、申込みにおけるポイントを解説します。

適切なプラン、プロバイダ、機種を選んで、WiMAXを便利に活用してください。

ギガ放題プランを選ぶ

WiMAXにおける通常プランの速度制限は128kbpsと厳しく、使用できるデータ量も7GBと少なめです。

速度制限を気にせず快適に利用したい場合は、制限が夜間のみで制限中も1Mbpsで通信できるギガ放題プランを選びましょう。

プロバイダは格安のGMOとくとくBB WiMAXにする

WiMAXは、申し込むプロバイダによって通信速度が変わるわけではありません。

サービス自体は共通なので、違いは料金や適用できるキャンペーン内容です。 料金が安いプロバイダとして挙げられるのは、2020年1月時点で最大34,500円キャッシュバック(2019年8月時点)があるGMOとくとくBB WiMAXです。

支払額を抑えて快適に利用できるのでオススメといえます。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

機種は最新機種を選ぶ

WiMAXでは、選ぶ機種によって最大通信速度やつながりやすさが変わります。

快適にネットを利用したい場合は、性能の高い最新機種を優先して選びましょう。 たとえば2020年1月時点での最新ルーターW06は、有線接続やエリア内などの条件を満たせば下り最大1.2Gbps(Wi-Fi接続時は867Mbps)に対応しています。

まとめ

WiMAXのギガ放題プランなら、速度制限がかかっていても極端に速度が遅くて使いづらいということはありません。

快適に使い続けたい場合は、上限7GBで制限中は速度が遅すぎて快適に使いづらい通常プランでなく、ギガ放題プランを申し込むのがいいでしょう。

また、WiMAXを利用する場合は、高額キャッシュバックでお得に使えるGMOとくとくBBを選ぶのがオススメです。

どうしても速度制限なしでモバイルルーターを使いたい場合は、WiMAXでなく「どんなときもWiFi」を検討してみてはいかがでしょうか。

どんなときもWiFiへの申し込みはコチラから

どんなときもWiFi

  関連記事

 - インターネット完全ガイド, 今更聞けないネット選びの基礎知識