サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

モバイルWi-Fiを徹底比較!比較のポイントやおすすめは?

  /    
  インターネット完全ガイド, ネットまるごと完全比較

モバイルWi-Fiルーターを契約する際、選択肢がたくさんあり、どのポケットWi-Fiを契約するべきか悩んでしまう方もいるでしょう。

「安さを重視したい」「対応エリアが広くないとダメ」「通信量を気にせずに利用したい」「契約期間に縛られたくない」など重視したいポイントはそれぞれです。

そこで今回はモバイルWi-Fiの契約を検討している方に向けて、モバイルWi-Fiルーターを提供する主要事業者12社を以下のポイントから徹底的に比較していきます。

各モバイルWi-Fiルーターの最新機種も比較していますので、ぜひ参考にしながらご自分にあったモバイルWi-Fiを見つけてくださいね。

GMOとくとくBB WiMAXへの申し込みはコチラから

キャッシュバックキャンペーン

【最新情報】どんなときもWiFiの通信障害

どんなときもWiFiでは、2020年2月から3月にかけて一部ユーザーの間で通信障害が発生しています。

〇2020年2月28日連日の通信不具合に関するお詫び
〇2020年3月19日通信障害発生のお知らせ

3月21日には”十分なサービスの提供ができない可能性が高い”として、希望するユーザーへ休止申込から3月末までの料金発生を免除する「回線休止」の措置をとることを案内しています。

〇2020年3月21日回線休止のご案内

回線の復旧も未定ですし、端末の在庫切れにより新規契約は予約受付のみというのが現状です。

今すぐポケットWi-Fiをお探しの方は、3日で10GB以上通信すると速度制限はありますが、無制限で通信できるWiMAXを検討してみましょう。

ポケットWi-Fiのオススメは?主要10社を徹底比較!

モバイルWi-Fiを選ぶ際に比較すべきポイント

モバイルWi-Fiを選ぶ際は、次の4つのポイントに注目して比較して選んでいきましょう。自分のこだわりのポイントがあるなら、それを合わせることでより最適なサービスが絞られます。

  • 対応エリア
  • 利用料金
  • 通信速度
  • 速度制限

では、くわしくポイントを解説していきましょう。

対応エリア

モバイルWi-Fiを検討するとき、自分の生活圏が対応エリアになっている会社はどこか、まず確認しましょう。

モバイルWi-Fiは電波が受信できる対応エリア以外では、利用できません。

また、対応エリアは広い方が便利に利用できます。自宅やその周辺、勤務先はもちろん、旅行先や出張先でも利用できるに越したことはありませんね。

のちほど紹介する対応エリアの比較の項目も、参考にしてください。

利用料金

モバイルWi-Fiを検討する上で大切なのは、料金という方も多いのではないでしょうか。月額利用料金は安いほど、通信費を抑えられるのでいいですね。

しかし、モバイルWi-Fiは月額料金だけで決めるのではなく、スマホとのセット割やそのほかの割引オプションなどを含めたトータル的な「実質利用料金」で比較していきましょう。その上で一番安いポケットWi-Fiはどれかを見極めることをおすすめします。

のちほど、主要12社のモバイルWi-Fiで利用料金の比較を行いますので、参考にしてくださいね。

通信速度

通信速度は速い方がストレスなくインターネットを利用できます。

モバイルWi-Fiは機種によって通信速度の最大値のスペックが異なりますので、契約前に気になる機種の通信速度を確認するようにしましょう。

モバイルWi-Fi各社が発売する最新機種の通信速度の比較ものちほど、紹介しますよ。

速度制限

速度制限の条件も契約前に確認しておきましょう。契約しているデータ容量を使い切ってしまうと、速度制限がかかってしまいます。

速度制限にかかると128kbps~1Mbpsの速度に低下してしまい、快適にインターネットを利用できない可能性もありますよ。

モバイルWi-Fiを契約する際は、できるだけ無制限プランを選んでおくと安心です。しかし、無制限プランにも高速通信できる上限があり、速度制限にかかってしまう可能性がありますよ。

のちほど速度制限の比較の項目で、各社の速度制限をくわしく紹介しています。

主要モバイルWi-Fiサービスを徹底的に比較してみた!

主要モバイルWi-Fiサービス12社を以下の4つのポイントで徹底的に比較してみました。

各社どのような特徴があるのか、一緒に確認していきましょう。

対応エリアの比較

モバイルWi-Fiサービスごとの対応エリアを、一覧表でみてみましょう。

契約先 エリア
docomo
Wi-Fi STATION
docomoの通信エリア
WiMAX WiMAX2+の通信エリア
及びauの通信エリア
Softbank
Pocket WiFi
Softbankの通信エリア
Y!mobile Softbankの通信エリア
どんなときもWiFi docomo、au、
Softbankの通信エリア
縛りなしWiFi WiMAX2+
もしくはSoftbankの通信エリア

モバイルWi-Fiの対応エリアは利用する回線によって、異なります。

たとえば、docomoのWi-Fi STATIONは携帯電話と同じdocomoのLTE回線を使うので、docomoの通信エリア内なら基本的に利用できます。

また、WiMAXはUQWiMAXやGMOとくとくBB WiMAXなどさまざまな会社で契約できますが、利用する回線はどのプロバイダも共通してWiMAX2+とauのLTE回線なので、対応エリアも同じです。

どんなときもWiFiはNTTdocomo、au、Softbankの3キャリアの通信網に対応しているため広域エリアで利用できます。

ご自分が生活するエリアや移動範囲などを考えながら、つながりやすいモバイルWi-Fiサービスを検討しましょう。

利用料金の比較

モバイルWi-Fiは契約する会社によって、月額料金割引やキャッシュバックなどの特典に差があります。

本当にお得な契約先を比較するなら、基本の月額料金や端末代金などの初期費用の合計からキャンペーンで受けられる金額を引いた実質料金に注目しましょう。

主要なWiFiサービス12社の割引適用後の料金やキャッシュバック、端末代金などを加味した実質料金を比較してみました。

契約先 月額料金 月間データ利用量 キャッシュバック 端末代金 3年間利用した場合の実質料金(税抜)
GMOとくとくとくBBWiMAX(CB)
1か月目~2か月目:3,609円
3か月目~36か月目:4,263円
無制限※1
34,500円
0円
120,660円
縛りなしWiFi
3,300円
無制限※2
0円
0円
121,800円
JP WiMAX
1か月目~3か月目:2,800円
4か月目~24か月目:3,500円
25か月目~:4,100円
無制限※1
10,000円※3
0円
124,100円
Broad WiMAX
1か月目~2か月目:2,726円
3か月目~24か月目:3.411円
25か月目~:4,011円
0円
0円
131,626円
どんなときもWiFi
1か月目~24か月目:3,480円
25か月目~:3,980円
完全無制限
0円
0円
134,280円
カシモWiMAX
1か月目:1,380円
2か月目~24か月目:3,580円
25か月目~36か月目:4,079円
無制限※1
0円
0円
135,668円
BIGLOBE WiMAX
1か月目~3か月目:2,980円
4か月目~36か月目:3,980円
7,000円
19,200円
155,480円
UQ WiMAX
4,380円
3,000円
15,000円
154,680円
ワイモバイル PocketWiFi
4,380円
無制限※1
0円
10,800円※2
171,480円
au WiMAX
4,880円
無制限※1
0円
店舗にて確認
178,680円※1
ドコモ Wi-Fi STATION
6,980円
30GB
0円
23,760円
278,040円
ソフトバンク PocketWiFi
7,480円
50GB
0円
24,546円
299,280円

※2020年1月時点での料金です。

※別途事務手数料3,000円がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

※1:3日間で10GB以上通信すると速度制限あり

※2:1日で2GB以上通信すると速度制限あり

※3:Amazonギフト券での還元

※4:端末代金18,000円割引適用後

※5:別途端末料金がかかります。

比較した結果、もっとも実質料金が安いモバイルWi-Fiベスト3は以下のとおりです。

モバイルWi-Fiルーターの中でもっとも実質料金が安いのは、GMOとくとくBB WiMAXです。

一覧表ではキャッシュバックキャンペーンを受け取った場合の金額を算出しましたが、GMOとくとくBB WiMAXでは月額割引キャンペーンも選べます。 月額料金割引キャンペーンはキャッシュバックを受け取るより実質料金が3年間で3,000円高くなりますが、特典の受け取り手続きも不要で自動的に適用されるのが嬉しいポイントです。

また、2番目に安かった縛りなしWiFiは月額3,300円でいつでも解約が可能ですよ。

なお、表には含んでいませんが、スマホとのセット割が利用できるモバイルWi-Fiサービスもありますよ。もしもセット割が適用できそうなら、適用した後の料金も確認してみてくださいね。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

通信速度の比較

インターネットを快適に利用するためには、通信速度も十分でなければいけませんね。

モバイルWi-Fiは端末で電波を受信してインターネット環境をつくるので、通信速度は利用するルーターのスペックによって異なります。

モバイルWi-Fi各社の最新機種で、通信速度を比較してみましょう。

契約先 機種 下り速度 上り速度
docomo
Wi-Fi STATION
HW01L
1,288Mbps
131.3Mbps
WiMAX
W06
1,200Mbps※
75Mbps
Softbank
Pocket WiFi
802ZT
988Mbps※
37.5Mbps
Y!mobile
803ZT
988Mbps※
37.5Mbps
どんなときもWiFi
D1
150Mbps
50Mbps
縛りなしWiFi
603HW
612Mbps
37.5Mbps

※有線接続など一定の条件を満たした場合

通信速度では、NTTのWiFi-STATIONとWiMAXの最新機種W06が下り最大速度1Gbps超えとスペックはほぼ同等です。

SoftbankとY!mobileのPocket WiFiも遜色ないスペックといえるでしょう。

ただし、最大通信速度はあくまでも理論上の上限値です。実際には混雑度合いや、通信環境によって速度は変わります。

あくまでもベストエフォートサービスだと理解して利用を検討するといいでしょう。

速度制限の比較

モバイルWi-Fiでは無制限でデータ通信ができるプランを提供している会社がほとんどです。

しかし、「無制限」とはいえ高速通信で利用できるデータ通信量の上限が決まっている場合もあり、上限を超えると低速な速度制限がかかる可能性もありますよ。

モバイルWi-Fi各社の速度制限を、比較してみましょう。

契約先 速度制限の条件 制限後の速度 解除条件
docomo
Wi-Fi STATION
契約しているスマホのデータ量を超えた場合
128Kbps
翌月以降
WiMAX 無制限プラン 3日間で10GB以上を利用した場合
1Mbps(翌日の18時〜2時)
直近の3日間で通信量が10GB以下になった時点
LTE通信が7GBを超えた場合
128Kbps
翌月以降
WiMAX 7GBプラン 1ヶ月間で7GB以上を利用した場合
128Kbps
翌月以降
Softbank
Pocket WiFi
契約しているスマホのデータ量を超えた場合
128Kbps
翌月以降
Y!mobile
Pocket WiFi
無制限プラン
3日間で10GB以上を利用した場合
1Mbps(翌日の18時〜1時)
直近の3日間で通信量が10GB以下になった時点
Y!mobile
Pocket WiFi
7GBプラン
1ヶ月間で7GB以上を利用した場合
128Kbps
翌月以降
どんなときもWiFi 不正利用・ネットワークを占有レベルの大容量通信を行った場合
384Kbps
帯域制御の運用基準に関するガイドラインに準拠し個別対応
縛りなしWiFi 1日に2GB以上を利用した場合
128Kbps
翌日以降

速度制限がもっともゆるいポケットWiFiは「どんなときもWiFi」です。

動画視聴やオンラインゲームなど、大容量のデータ通信をある程度行っても基本的には速度制限がかかりませんよ。

WiMAXやPocketWiFiのように3日間で10GB以上のデータ通信で速度制限がかかるシステムに不安を感じる方は、どんなときもWiFiがおすすめです。

どんなときもWiFiへの申し込みはコチラから

どんなときもWiFi

ポケットWi-Fiの申し込み先でおすすめなのは?

ポケットWi-Fiの申込先は、条件によっておすすめが異なります。

それぞれの条件別におすすめのポケットWi-Fiをご紹介していきましょう。

安さで選ぶなら「WiMAX」

ポケットWi-Fiの中でも「料金の安さ」に重点をおいて選んでいくなら「WiMAX」の利用がおすすめです。

WiMAXにもたくさんのプロバイダがありますが、とくに以下の3社がおすすめですよ。

それぞれのプロバイダの特徴を解説していきましょう。

WiMAXを最安値で利用したいならGMOとくとくBB WiMAX

2020年1月時点、GMOとくとくBB WiMAXでギガ放題を申込み、キャッシュバックキャンペーンを受け取った場合の実質料金は120,660円とモバイルWi-Fiの中でも最安値になっています。

月額料金からの大幅割引キャンペーンを選べば3年間の実質料金は123,660円ですが、それでも他社WiMAXプロバイダと比べて安い金額で契約できますよ。

運営元はGMOインターネット株式会社です。フレッツ光やドコモ光のプロバイダとしても人気がある会社なので、信頼できますよ。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

口座振替対応のWiMAXならBIGLOBE WiMAX

WiMAXはクレジットカード払いしかできないプロバイダーも多いですが「BIGLOBE WiMAX」なら口座振替にも対応しています。

また、2020年1月時点で口座振替に対応しているWiMAXのプロバイダーは「UQ WiMAX」と「Broad WiMAX」「BIGLOBE WiMAX」の3社ですが、口座振替の場合は料金が変わったり、キャンペーンが受けられなかったりします。

BIGLOBE WiMAXは口座振替でも月額料金が変わらず、キャッシュバックも受けられるので、クレジットカードをお持ちでない方は嬉しいですね。

BIGLOBEはインターネット事業を幅広く展開するプロバイダーのため、知名度もあり安心して利用できますよ。

BIGLOBE WiMAXの申し込みはコチラから

BIGLOBE WiMAX

他社からの乗り換えなら「Broad WiMAX」

他社からの乗り換えを検討しているなら「Broad WiMAX」がよいでしょう。他社からの乗り換えで、契約解除料金を19,000円まで負担してもらえます。違約金負担キャンペーンの対象はWiMAXだけではなく、Softbank AirやPocket WiFiも含まれます。

ただし、BroadWiMAXは口座振替に対応していますが、キャンペーンの対象はクレジットカード払いの方のみなのでご注意ください。

Broad WiMAXにキャッシュバックはないものの月額料金からの割引を受けられるので、毎月の料金を確実に安く抑えられますよ。

Broad WiMAXの申し込みはコチラから

Broad WiMAX

広いエリアで使いたいなら「どんなときもWiFi」

「どんなときもWiFi」は、NTTdocomo、au、Softbankの3キャリアのLTE網に対応しているため、エリアが広いのが特徴です。海外でも107か国で利用ができますよ。

国内外問わず、広い移動範囲で利用を考えているなら「どんなときもWiFi」がよいでしょう。

また、どんなときもWiFiは3日間の最大通信量の設定などもなく、本当の意味で無制限での利用が可能です。

広いエリアで通信量を気にせずモバイルルーターを利用したい方には、おすすめの契約先ですよ。

どんなときもWiFiへの申し込みはコチラから

どんなときもWiFi

契約期間に縛られたくないなら「縛りなしWiFi」

縛りなしWiFiは契約期間が決まっていない、レンタルWiFiルーターです。

縛りなしWiFiなら最低利用期間の1か月を過ぎれば、いつでも無料で解約ができますよ。

縛りなしWiFiは通常月額料金3,300円ですが、契約期間が定められた縛っちゃうプランで3年契約なら月額料金2,800円で利用することもできます。

ユーザーの好みに応じたプランをチョイスできるのも魅力といえるでしょう。

縛りなしWiFiへの申し込みはコチラから

縛りなしWiFi

モバイルWi-Fiルーターを選ぶときはこのポイントも確認しよう!

モバイルWi-Fiルーターを選ぶときは、先に挙げた通信速度や速度制限、対応エリア、利用料金のほかにも、次の3つの点に注目して選んでいくといいでしょう。

  • バッテリーの持ち時間
  • サイズや重量
  • 同時接続可能台数

各モバイルWi-Fiルーターのスペックを、一覧表で総合的にまとめてみました。

  通信速度 連続可能通信時間 同時接続台数 利用回線
docomoWiFi-STATION HW01L
下り最大:1,288Mbps
上り最大:131.3Mbps
4G:6時間
LTE:11時間3G:7時間
17台
docomo回線
Softbank Pocket WiFi
802ZT
下り最大:988Mbps※
上り最大:37.5Mbps
12時間
16台
Softbank回線
Y!mobile
803ZT
下り最大:988Mbps※
上り最大:37.5Mbps
12時間
16台
Softbank回線
WiMAX
W06
下り最大:1.2Gbps※
上り最大:75Mbps
9時間
16台
WiMAX2+
auLTE
どんなときもWiFi
D1
下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
12時間
5台
docomo、au、
Softbank回線
縛りなしWiFi
(WX05の場合)
下り最大:440Mbps
上り最大:75Mbps
14時間
10台
WiMAX2+
auLTE
縛りなしWiFi
(603HWの場合)
下り最大:612Mbps
上り最大:37.5Mbps
8.5時間
(省電力ON時)
14台
Softbank回線

※有線接続など一定の条件を満たした場合

一覧表でみると、通信速度の速さや同時接続台数が多いのはdocomoのWiFi-STATIONです。

バッテリー容量の上では縛りなしWiFiやWiMAXで取り扱っているWX05がハイスペックです。

機種によってスペックが異なりますので、自分のこだわりたいポイントで選んでいくようにしましょう。

とくにこだわりたいポイント3つを、さらに解説します。

バッテリーの持ち時間

モバイルルーターは持ち運んで利用するケースが多いため、バッテリー容量も重要なポイントです。

外出先でバッテリー切れになると結局利用することができません。できるだけ大容量のバッテリーを積んでいるタイプがおすすめです。

サイズや重量

サイズや重量も、持ち運びするアイテムとして大切な要素です。できるだけ軽量でコンパクトなほうが持ち運びしやすいでしょう。

ただし、サイズ感には好みもありますので、自分に合ったサイズのものを選ぶことがポイントです。

同時接続可能台数

モバイルWiFiルーターは、同時接続台数も決まっています。自分1人でスマホだけを接続する予定なら、接続台数はあまり気にしなくてもよいかもしれません。

家族みんなで利用したい場合や、スマホだけではなくパソコンやタブレットも一緒に接続するケースを想定しているなら同時接続台数はできるだけ多い方がよいでしょう。

契約前に何台まで接続できるのかをしっかり確認することも必要です。

まとめ

主要なモバイルWi-Fiルーター12社を徹底的に比較していきました。

3年間のトータルの実質料金でモバイルWi-Fiルーターを選ぶなら以下の3社がおすすめです。

インターネット料金を抑えられ、WiMAX2+回線を使った快適な高速通信ができるGMOとくとくBB WiMAXなら、総合的にも満足ができるモバイルWi-Fiサービスを利用できるでしょう。

もし、短期的にモバイルWi-Fiを利用したいなら、いつでも解約ができる縛りなしWiFiもよいでしょう。

通信量を気にせずに広いエリアで利用したいなら、完全無制限でインターネットができるどんなときもWiFiもおすすめです。

モバイルWiFiを選ぶ際には端末スペックなどもしっかり確認し、自分が何にこだわりどういった使い方をしたいのかを十分に検討した上で選んでみてくださいね。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

  関連記事

 - インターネット完全ガイド, ネットまるごと完全比較