サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

エディオン光を勧められたけどどうなの?料金や評判をまとめてみた

  /    
  気になる口コミ・評判まとめ

今フレッツ光では、光コラボレーションモデル(フレッツ光の回線を他社にレンタルするモデル)を始めました。

それにより様々な企業が光回線ビジネスに参入出来るようになったんです。

そして家電量販店のエディオンからも新しい光回線サービスが始まりました。

一体どんな光回線なのか。フレッツ光とはどう違うのか。

などなど気になることをまとめてみたので気になる人は是非チェックしてみてください。

エディオン光の料金は2種類ある

エディオン光には「フレッツ光から乗り換え」と「auユーザー向け」の2つの料金プランがあります。

どちらを選ぶかによって料金が変わりますので、お得な方を選んでみてください。

※紹介しているのはネットの基本料金で、プロバイダー料金が別途かかります。

乗り換え割

フレッツ光から乗り換える場合は「乗り換え割」が適用になります。詳細はコチラ↓

  1・2年目 3年目 4年目 最終価格
ファミリー 3,560円 4,010円 3,910円 3,560円
マンション 2,880円 2,980 2,930円 2,780円

毎年料金が変わりちょっと分かりづらいプランですが、カンタンに噛み砕いて説明すると、

  • 始めの2年間は安く使える
  • 3年目には料金が戻るが、1年ごとに100円ずつ安くなっていく(マンションは50円ずつ)

というイメージです。ファミリー(戸建)の場合だとフレッツ光が5,000円ほどしたので結果安くなりますし、毎年安くなっていくので長く使い続けるメリットもあります。

auセット割

auのスマホを使っている人にはセット割が適用になり、基本料金から1,200円の割引が入ります。 それにより乗り換え割よりも安く、さらに毎年変わらずに一律の料金で使い続けることが出来ます。

詳細はコチラです↓

 auセット割 A A
ファミリー(戸建) 3,200円 3,900円
マンション 2,000円 2,700円

auセット割にはプランがAとBの2種類あり、それによって料金が変わります。

プランはauで契約しているデータ定額のプランによってかわります。内訳はコチラ↓

  • A:データ定額5/8/10/13・ LTEフラット・プランF(IS)シンプル・LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
  • B:データ定額2/3・ジュニアスマートフォンプラン・シニアプラン・電話カケ放題プラン

家族合わせて何台かauを持っている人もいるかと思いますが、auの利用台数は関係ありません。また、複数ある場合はAのプランのスマホで登録することで安い方で契約することが出来ます。

プロバイダー

2つの料金プランを選んだら、それとは別にプロバイダーを契約する必要があります。

ほとんどのプロバイダーが対応しているので、現在フレッツ光で使っているプロバイダーがあればそのまま引き継いで切り替えることが出来ます。

そうすることにより面倒な変更作業や、違約金などもかかりませんし、メールアドレスもそのまま継続利用出来ます。

ちなみに「エディオン光に切り替えと同時にプロバイダーも見直したい」という人は、エンジョイネットに変更して、エディオンカードで支払うと毎月800円の格安料金で利用することも出来ます。

その他の気になること

他にも気になるようなことをまとめてみました。

光電話やテレビなどオプションは今まで通り

オプションも今まで通り同じように同じ料金で使うことが出来ます。

  • ひかり電話:500円
  • リモートサポート:500円
  • ひかりテレビ:660円~

ネットセキュリティは各プロバイダーで

インターネットのウイルス対策に関してはそれぞれ選んだプロバイダーで契約しましょう。エディオン光が推奨しているエンジョイネットでも月額料金でセキュリティオプションを付けることが可能です。

また、セキュリティに月額払いたくない場合は量販店、それこそエディオンにセキュリティソフトが売っているので、いずれかで対策をしましょう。

違約金は4,000円

解約した場合には違約金として4,000円が最後の請求に乗ってきます。

ちなみに他社インターネットやケータイ電話のほとんどが今では「2年契約」になっていますが、エディオン光ではそういった期間の縛りはなく、いつ解約しても必ず4,000円かかります。

ですが、なかなか更新月を狙って解約することも難しいですし、他社と比べると安いので(ほとんど9,500円)良いとも悪いとも言えないところです。

フレッツ光から切り替える際は転用でカンタン

光回線に入る時は必ず工事が必要でした。しかし今回はフレッツ光の回線をそのまま使うので、転用手続きをするだけで工事もいらずカンタンに切り替えが出来ます。(新規の場合は必要)

キャンペーンはやっていません

フレッツ光といえばお得なキャンペーンが目玉でしたよね。エディオンでも他の代理店でもパソコンが0円になったりやゲーム機のプレゼントがあってお得感がありました。

しかし、現在のところそういったキャンペーンは見当たりません。工事もいれず従来のままで安く出来るサービスなので、キャンペーンをするまでの予算がないようで、他社もしていないことが多いです。

なので今回は、キャンペーンで得をするのではなく、毎月のランニングコストでお得をするという風なイメージですね。

エディオン光のメリットと総合評価評判

エディオン光の特徴をまとめると、auユーザーがお得に使えるというところです。

ファミリー(戸建)でauセット割にすれば3,200円。さらにエンジョイネットを選べば月々800円。 合わせても4,000円で利用できるようになります。フレッツ光が6,000円以上したので大分安くなります。

しかし、4,000円程度ならもっと安い光回線もありますし、もうちょっとエディオンという量販店を活かした特徴があると良かったですよね。(家電が安く買えたりポイントが多くついたり)

フレッツ光よりは大分安くなるのでメリットは大きいですが、あえてエディオン光を選ぶ理由が見つからないのが正直な評価です。

auひかりの方が断然安い

「フレッツ光よりももっと安くしたい」と言う場合、一番安くお得に使えるのは実は「auひかり」になります。

なぜなら、auひかりならスマートバリューが適用になるので、持っているauの台数分安くなりますし割引額も多いからです。

エディオン光の「auセット割」ではauスマホ1台が1,200円引きになるものですが、auひかりで適用になる「auスマートバリュー」は、auスマホの利用料金から1台に付き割引が入るので、auユーザーはこの「auスマートバリュー」の方がお得になるんです。

さらに独自の回線を持っているauひかりでは50,000円もの現金キャッシュバックを受ける事が出来るので圧倒的にお得になります。

auスマホを2台持っていた場合の比較はコチラ↓

  合計 ネット プロバイダ auユーザー割 キャッシュバック
エディオン光 4,000円 4,400円 800円 ▲1,200円
auひかり 2,380円 5,200円 なし ▲1,410円×2台 60,000円

auユーザー割はプランによって異なります

エディオン光のauセット割ではauが何台あっても変わりませんが、auひかりならスマホ1台に付き1,410円割り引いてくれるスマートバリューと合わせれば実質かなり安く使えることが分かります。

もちろん家族でたくさん使っていればもっとお得になりますし、今後増える分にも適用になるので、お得感があります。

さらにキャッシュバックも多く口コミ・評判もいいので、auユーザー関わらず全ての人が得をする光回線です。

auひかりへの申し込みはコチラから

【auひかりキャンペーン】

auひかりがエリア外の東海エリアではコミュファ光。四国エリアの人はピカラ光がオススメです。

コミュファ光を迷ってる人は必見!評判・口コミをまとめて評価してみた

四国に住んでる人はかなりトクする!ピカラ光の料金・評判・キャッシュバックまとめ

まとめ

以上エディオン光のまとめでした。

確かにフレッツ光と比べると安くはなりますがこれといった特徴はなく、「エディオンに良く行く」いう人のメリットはありません。

またキャッシュバックもないので、auユーザーはauひかりでまとめるのが一番お得です。

是非参考にしてみてくださいね。

auひかりキャンペーン窓口ランキングTOP3

ひかり営業マンが徹底比較した「一番オススメのauひかり代理店サイト」をランキング形式で紹介します。「たくさんあってどこから入ればいいのか分からない」というあなたは是非参考にしてみて下さい。

キャンペーンの詳細な解説も見たい方はauひかりのキャッシュバックを比較した記事をご覧くださいね。

1位:フルコミット【最大60,000円キャッシュバック】

auひかり フルコミットのキャッシュバックキャンペーン

  • ネット+電話で60,000円キャッシュバック!
  • ネット回線のみでも必ず50,000円キャッシュバック!
  • 有料オプション加入不要!
  • 電話で口座番号を伝えるだけで手続き完了!
  • 最短翌月にキャッシュバックを受け取れる!

当サイトが調べた中で最も好条件のキャッシュバックを行なっていたのが、代理店のフルコミットです!

不要なオプションの加入は必要なく、キャッシュバックの還元も早いですよ。

満額を受け取るためには光電話だけ加入が必要ですが、「auとのセット割」や「工事費無料」の条件になっているので、損はありません。

代理店分のキャッシュバックは翌月末に、プロバイダSo-net分のキャッシュバックは半年後にもらえます。

手軽に早く高額なキャッシュバックをもらいたい方はフルコミットがオススメですよ。

フルコミットのキャンペーン詳細を見る

代理店フルコミットの紹介記事はこちら

2位:GMOとくとくBB【一番安く契約するなら!】

auひかり GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン

  • 一番安くauひかりを申し込むならGMO!
  • ▼選べる二つのキャンペーン
  • ①最大61,000円キャッシュバック
  • ②最大30,000円キャッシュバック+月額割引
  • キャッシュバックは11か月後と23か月後の2回
  • auひかり電話500円/月が36か月間無料
    ※マンションは24か月間

「一番安くauひかりを申し込みたい!」そんなあなたは、プロバイダ「GMOとくとくBB」のキャンペーンがオススメです。

GMOとくとくBBでは二つのページでキャンペーンを行っていますが、戸建ての方は「最大30,000円キャッシュバック+月額割引」、マンションの方は「最大61,000円キャッシュバック」のキャンペーンを選ぶとそれぞれ一番安くauひかりを契約できますよ。

ただし、1つだけ注意点が。

それはキャッシュバックの受け取りが、11か月後と23か月後の2回に分けられていることです。

手続き自体忘れてしまう可能性もあるので、スマホのカレンダーに記入しておくなど対策しておきましょう!

GMOとくとくBBの詳細記事はこちら

3位:So-net【キャッシュバックよりも割引派のあなたは】

auひかり So-net割引キャンペーン

  • 月額料金割引実施中
    戸建て:3,480円(3年間)
    マンション:1,980円(2年間)
  • 工事費込みでこの値段!
  • auひかり電話500円/月が60か月間無料
    ※戸建てのみ
  • 引っ越し後の心配も不要。撤去工事費を負担してくれる

プロバイダの一つである「So-net」では、月額料金を大幅に割引してくれるキャンペーンを用意しています。


確かに総額を考えるとGMOとくとくBBのほうが安いです。


しかし、「キャッシュバックは手続きとかめんどくさいから月々安く使いたい!」といった方にはSo-netがシンプルで一番おすすめですよ!


auひかり×So-netの詳細を見る

auひかり×So-netのメリットは?


auひかりのキャンペーンについてもっと詳しく知りたい方は「auひかりキャッシュバックランキング」も参考にしてみて下さい。

  関連記事

 - 気になる口コミ・評判まとめ