サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

ポケットWi-Fiが通信制限に!制限がかかる原因と対処法

  /    
  インターネット完全ガイド, ネットまるごと完全比較

「ポケットWi-Fiを利用していたら突然速度が遅くなってしまった」という経験がある人もいるでしょう。

ポケットWi-Fiを提供するサービス会社では、通信混雑を防ぐために通信制限が設定されています。そのため、規定の条件に達すると指定されている期間中は速度が遅くなってしまいます。

この記事では、ポケットWi-Fiサービスにおいて「速度の制限がかかる原因」と「対処法」について解説します。対策を身につけておけば、制限に怯えることもなくなります。

より快適な通信環境を手に入れるためにも、原因から探ってみましょう。

どうしてもポケットWiFiで速度制限がかかって困るという方は、完全無制限でインターネットを利用できるどんなときもWiFiを検討してくださいね。

【最新情報】どんなときもWiFiの通信障害

どんなときもWiFiでは、2020年2月から3月にかけて一部ユーザーの間で通信障害が発生しています。

〇2020年2月28日連日の通信不具合に関するお詫び
〇2020年3月19日通信障害発生のお知らせ

3月21日には”十分なサービスの提供ができない可能性が高い”として、希望するユーザーへ休止申込から3月末までの料金発生を免除する「回線休止」の措置をとることを案内しています。

〇2020年3月21日回線休止のご案内

回線の復旧も未定ですし、端末の在庫切れにより新規契約は予約受付のみというのが現状です。

※※2020年4月3日追記※※

4月3日現在、どんなときもWiFiの新規受付が停止しています。

今すぐポケットWi-Fiをお探しの方は、3日で10GB以上通信すると速度制限はありますが、無制限で通信できるWiMAXを検討してみましょう。

\最大34,700円キャッシュバック中/
WiMAX×GMOとくとくBBの詳細を見る
どんなときもWiFiへの申し込みはコチラから

どんなときもWiFi

ポケットWi-Fiに通信制限がかかる原因

ポケットWi-Fiのサービスにおいて、もっともストレスを感じるのが「通信制限」です。

その通信制限がかかる原因には、大きく分けて2つあります。

  • 契約しているデータ通信量を使い切った
  • 無制限プランで条件を満たして速度制限がかかる時間帯になった

どちらも、規定のデータ通信量を使い切ることで発生することは共通です。具体的にそれぞれの仕組みを解説します。

速度制限を回避するために必要な基本的な仕組みのため、チェックしておきましょう。

原因は利用可能なデータ通信量の上限に達したため

例えば月間データ使用量が7GBのBroad WiMAXのライトプランなど、上限ありのプランでポケットWi-Fiを使う場合、上限に達すると通信制限にかかります。

またWiMAXの場合、使い放題の「ギガ放題プラン」で契約していても、au回線を使用する「ハイスピードプラスエリアモード」での通信中は月間7GBの上限があります。そのため、7GBをオーバーすると通常のWiMAX回線も含めて月末まで速度制限がかかります。

ポケットWi-Fiサービスを使う際は、契約するプランや通信に使うモードにおける、データ通信量の上限の有無を確認するようにしましょう。

無制限プランでも通信制限にかかる

「完全無制限」と謳われていない限り、無制限プランで契約しているポケットWi-Fiサービスでも通信制限にかかることがあります。

例えばWiMAXの場合、直近3日間に10GB以上使用した際は、翌日18時~翌々日の2時まで速度が1Mbps程度に制限されてしまいます。「使い放題」と謳われているからといって、完全に自由に通信できるとは限らないことに注意しましょう。

無制限プランなのに完全無制限で使えないのはなぜ?

WiMAXやポケットWiFiなどの無制限プランで通信制限がかかるのは、ネットワークの混雑回避のためです。

自由に高速通信できるようにすると、何百人・何千人といった人が1日中動画を見たりオンラインゲームをしたりします。その結果、回線が混み合って常時速度が遅い……といった事態が発生してしまいかねません。

無制限プランでもあえて制限を設けることで、ユーザーの使いすぎを防ぎ、多くの人が快適に通信できるように調整しているのです。

ちなみに、WiMAXやポケットWiFiの使い放題プランでは「夜間のみ」制限がかかります。制限がかかっている数時間以外なら、本当に完全無制限で通信できます。

通信制限を解除する方法は?

通信制限を解除する方法は限られています。

基本的には「待つのみ」「使いすぎを防ぐ」など事前の対策を行うこととなります。 この項目では、主な通信制限の解除方法をまとめてみました。

現在ポケットWi-Fiを利用中、またはこれから契約予定の方は覚えておきましょう。

解除されるまで待つ

最もシンプルかつ安価な速度制限の解除方法は、解除まで待つことです。

例えばWiMAXのギガ放題プランで速度制限にかかってしまったら、制限が解除される深夜2時になるまで待ちましょう。

Y!mobileのポケットWiFiなら、深夜1時には制限が解除されます。 ただし、月の使用量の上限が設けられているプランやモードを利用している場合は、基本的に翌月まで待たないと制限が解除されません。

待っている間すっとインターネットが使えないことになってしまいます。そのため、月間上限があるサービスを使う場合は根本的に使いすぎないようにする対策が重要となるでしょう。

【無制限プランの場合】3日で10GB以上使わないようにする

無制限プランを利用している場合は、3日で10GB以上通信すると夜間に速度制限がかかるので、上限以下に通信量を抑えましょう。

動画再生やゲームソフト、アプリのダウンロードなどで連続して多くの通信量を使用すると、夜は毎日のように通信制限にかかってしまう可能性があります。

日々の使用量を抑えて、制限がかからないよう配慮することがポイントです。

データ容量を購入する

Y!mobileのポケットWiFiは、後から追加料金を支払うことによって速度制限を解除できます。

解除料は500円(税抜)で500MBのデータ容量が追加されます。

ただし、追加した容量は次の月に繰り越せないので、追加した場合は当月中に使い切りましょう。

通信制限がかからないようにするための対策

ポケットWi-Fiサービスで通信制限がかからないようにするためには、事前にさまざまな対策を行っておくと安心です。この項目では、通信制限の対策法をご紹介します。

ちょっとした工夫で通信制限が気にならなくなりますので、チェックしてみましょう。

無制限プランに変更する

WiMAXやPocket WiFiの場合、7GBなどの上限があるプランから無制限プランに変更しておくことで、月間データ使用量の上限をなくせます。

また、どんなときもWiFiのような数日~1か月単位の通信量が完全無制限のサービスなら、通信量を全く気にせず使えます。

まずは、プランの見直しからはじめましょう。

どんなときもWiFiへの申し込みはコチラから

どんなときもWiFi

使用状況をチェックしておく

毎日どれくらいのデータ量を使っているのか把握しておけば、使い方に気をつけて今後の速度制限を回避しやすくなります。

マイページやルーターの通信量表示画面から、こまめに使用状況をチェックしておきましょう。

使用量を意識して利用する

普段から使い過ぎないように使用量を意識しておけば、通信制限にかかるリスクは抑えられます。

特に動画を見たり、ゲームソフトやスマートフォンのアプリといった大容量ファイルを読み込んだりする際は、使用量が多くなりがちなので注意が必要です。

フリーWi-Fiスポットを利用する

外出先では積極的にフリーWi-Fiスポットを利用するようにすれば、ポケットWi-Fiの通信量消費を抑えられます。

例えばコンビニや喫茶店、レストラン、スーパー、駅といった場所ではフリーWi-Fiスポットが提供されていることがあります。スマホなどからも検索できるので、チェックしてみましょう。

自宅の固定回線を利用する

自宅にフレッツ光などの固定回線があるなら、ポケットWiFiは使わないようにしましょう。

自宅と外出先で回線を使い分けることで、ポケットWi-Fiの通信量消費を抑えられます。

外でのみポケットWi-Fiで通信するなら、動画を見たり大容量データをダウンロードしたりしても、速度制限にかかるリスクは軽減できるでしょう。

ほかのサービスに乗り換える

現在利用中のサービスに無制限プランがないなら、無制限プランに対応しているWiMAXやポケットWiFiなどほかのサービスに乗り換えを検討してみましょう。

また数日単位での制限もなしにしたい場合は、どんなときもWiFiのような数日単位の制限がないポケットWi-Fiサービスを選ぶのがおすすめです。

ポケットWi-Fiのサービス内容を比較してみた!

ポケットWi-Fiサービスにはたくさんの種類があります。それぞれの料金やデータ通信量、通信速度といった内容を比較してみましたので、どのような特徴があるのか見てみましょう。

契約先 月額料金 月間データ利用量 通信速度
どんなときもWiFi
1か月目~24か月目:3,480円
25か月目~:3,980円
無制限
(著しくネットワークを専有する場合、384kbpsに制限)
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
(D1)
縛りなしWiFi
縛りなし:3,300円
縛りあり(3年契約時):2,800円
無制限
(1日2GB以上通信時に当日の速度制限)
下り最大612Mbps
上り最大37.5Mbps
(603HW)
STAR WiFi
端末込みプラン:4,480円
(12か月利用割引+クーポン利用で実質3,373円~)
大容量SIMのみレンタルプラン:4,380円
(12か月利用割引+クーポン利用で実質3,282円~)
無制限
(速度制限について明記なし)
下り最大612Mbps
上り最大37.5Mbps
(601HW)
UQ WiMAX
3,880円
無制限
(直近3日間に10GB以上通信時、翌日18時~翌々日2時までおおむね1Mbpsに速度制限)
下り最大1.2Gbps
上り最大75Mbps
(W06)
GMOとくとく
BB(CB)
1か月目~2か月目:3,609円
3か月目~36か月目:4,263円
Broad WiMAX
1か月目~2か月目:2,726円
3か月目~24か月目:3.411円
25か月目~:4,011円
BIGLOBE WiMAX
1か月目~3か月目:2,980円
4か月目~36か月目:3,980円
au WiMAX
4,880円
ソフトバンク
PocketWiFi
7,480円
50GB
(データ上限を超えると月末まで128kbpsに速度制限限)
下り最大988Mbps
上り最大37.5Mbps
(802ZT)
ワイモバイル
PocketWiFi
4,380円
無制限無制限
(直近3日間に10GB以上通信時、当日18時~翌日1時までおおおむね1Mbpsに速度制限)
下り最大988Mbps
上り最大37.5Mbps
(803ZT)
ドコモ
Wi-Fi STATION
6,980円
30GB
(データ上限を超えると月末まで128kbpsに速度制限限)
下り最大1.2Gbps

※2020年1月時点、価格は税抜
※W06の最大通信速度はUSB接続・4×4MIMO・ハイスピードプラスエリアモード・ハイパフォーマンスモードかつ東京・埼玉・愛知・大阪で利用可能、Wi-Fi接続時は最大867Mbps
※802ZT、803ZTの最大通信速度は東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・京都・兵庫の一部エリア

見てのとおり、各社で料金や速度などの仕様が異なりますが「通信制限」という点も踏まえると、有利なのは「どんなときもWiFiでしょう。

どんなときもWiFiには、月間や数日単位での厳しい制限が一切なく「無制限で使い放題」と公式サイトでも謳われています。

速度制限がない完全無制限のポケットWi-Fiはあるの?

数日~1か月単位での通信制限がない、完全無制限で使えるポケットWi-Fiサービスは「どんなときもWiFi」が挙げられます。

また「大容量」サービスとして展開し、明確に「完全無制限」とは謳われていませんが、STAR WiFiも3日~1か月単位でのデータ量上限が存在しません。

そして契約期間の制限がない「縛りなしWiFi」も1日2GBの上限はありますが「月間通信制限なし」と謳われています。

この「完全無制限」と謳われる3社について紹介しますので、自分に合うサービス会社を選びましょう。

どんなときもWiFi

2年契約のレンタル式ポケットWi-Fiサービス「どんなときもWiFi」は、月間だけでなく3日単位でのデータ容量制限も存在しません。

「著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合」にのみ制限がかかりますが、不正利用やたくさんのパソコンを使った高負荷がかかる通信といった、一般の用途と異なる状況が当てはまる場合に適応されると公式に説明されています。

どんなときもWiFiはただ速度が速いだけでなく、ドコモとau、ソフトバンクの回線を自動的に切り替えながら通信するため、広い範囲で通信できるのも魅力です。

旅行でさまざまな地域に行く場合なども、電波状況が原因でインターネットに繋がりづらくなることがあります。そのようなトラブルにも強いのが「どんなときもWiFi」です。

また海外利用にも対応していて、普段使っているどんなときもWiFiのルーターを現地に持ち込めば、1日1GBを1,280~1,880円で通信可能となっています。

国内外で快適にインターネットを使いたい人は、どんなときもWiFiを検討してみましょう。

どんなときもWiFiへの申し込みはコチラから

どんなときもWiFi

縛りなしWiFi

縛りなしWiFiは、月間データ使用量の上限がないことが特徴です。しかし、1日2GB以上利用すると当日速度制限がかかります。

また、回線を提供するキャリアが大容量と判断した場合に別途速度制限がかかってしまいます。

1日の上限はあっても月間制限はないので、1か月(30日)で計算すると60GB程度は高速通信ができると考えられます。

さらに縛りなしWiFiは、契約期間がない「縛りなしプラン」を展開しています。いつでも解約金無しで解約できるのも見逃せません。

通信量の多さでは「どんなときもWiFi」を選んだほうが有利ですが、1年以内など自由なタイミングで解約できることも重視したい人は「縛りなしWiFi」がおすすめです。

縛りなしWiFiへの申し込みはコチラから

縛りなしWiFi

STAR WiFi

STAR WiFiは、月間や3日間のデータ容量制限がないポケットWi-Fiサービスです。契約期間の制限もありません。3日や1か月単位での上限を気にせず通信したい場合は、どんなときもWiFiと合わせて検討したい選択肢と言えるでしょう。

ただしSTAR WiFiは「大容量」と記載されているものの「完全無制限」という記載ではないため、何らかの制限が存在する可能性はあるので注意が必要です。

また公式サイトで配布されているクーポンを入力して契約すると、月額料金が通常料金の4,480円(税抜、端末込みプラン)から3,373円に割引されますよ。

STAR WiFiへの申し込みはコチラから

STAR WiFi

まとめ

ポケットWi-Fi各社では、契約するプランや使用するモードなどで速度制限が設定されています。申し込み前に制限の有無や内容を確認し、自分の使い方において制限の心配がない選択肢を選ぶようにしましょう。

制限にかからないためには、主に以下のような対策があります。

  • 無制限プランを利用
  • 使用状況を確認する
  • 使用量を意識して、使いすぎを防ぐ
  • 外ではフリーWi-Fiスポットを使う
  • 自宅の固定回線を使う
  • 他サービスへの乗り換えを検討してみる

他サービスへの乗り換えを検討している方には、どんなときもWiFiの利用をおすすめします。数日単位や1か月単位の制限なしでポケットWi-Fiサービスを使えますし、通信可能範囲が広いことも大きな魅力です。

どんなときもWiFiへの申し込みはコチラから

どんなときもWiFi

ぜひ参考にして、快適にインターネットを楽しみましょう!

  関連記事

 - インターネット完全ガイド, ネットまるごと完全比較