サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

WiMAXのプロバイダとは?契約のメリットや選び方

WiMAXのプロバイダとは?契約するメリット・選び方

WiMAXを契約する際は、たくさんのプロバイダの中から契約する選択肢を選ぶ必要があります。WiMAXはプロバイダごとに月額料金やキャンペーン内容が異るため、自分にとってお得なプロバイダを選ぶことが大事です。

この記事では、WiMAXのプロバイダの特徴や、プロバイダをしっかり選ぶメリット、オススメのプロバイダについて解説します。最後まで読んで、自分が選ぶべきプロバイダを見つけましょう。

WiMAXのプロバイダとは?

UQコミュニケーションズがWiMAXののサービス提供元

WiMAXのプロバイダとは、WiMAX回線などを手掛けている回線事業者「UQコミュニケーションズ」からサービスの提供を受けて、販売を行っている会社のことを指します。

GMOとくとくBBやSo-netなど、さまざまなプロバイダがWiMAXの申込みを受け付けていて、各プロバイダでは異なるキャンペーンが展開されていたり、月額料金が違っていたりします。

ただし異なるのは料金やキャンペーンのみ。使用する回線はWiMAXの提供元であるUQコミュニケーションズなので、通信速度やエリアの広さは共通していることにご注意ください。

プロバイダを利用して契約するメリット

WiMAXのプロバイダのメリットはこれ!

WiMAXをUQ WiMAXでなく、プロバイダを利用して契約すると、以下の2つのメリットが得られます。

  1. 利用料金が割安
  2. プロバイダ独自の、ドメインサービスやメールサービスなどを利用できるケースもある

それぞれの訳を解説しますので、プロバイダを探す前に確認しておきましょう。

利用料金が格安になる

選ぶプロバイダによっては、UQ WiMAXよりも利用料金を安くおさえられます。WiMAXとしては、より多くの人に利用してもらいたいと思っているので、プロバイダの自由にさせて利用者の都合に合わせる形を提供しています。

そのことによって、プロバイダ側も独自のキャンペーンでシェアを拡大できるWinWinのビシネスモデルを形成しています。

契約者は、月額料金をおさえられれば浮いた金額をほかのことに自由に使えるので、生活における負担が削減できます。

ただし、月額料金そのものの違いに加えて、キャンペーンによるキャッシュバックなどの還元によっても実質的な支払総額は変わってきます。

プロバイダを選ぶ際は、月額料金に加えてキャンペーン特典による還元も合わせて、自分にとって最も安い選択肢を選ぶことがポイントでしょう。

さくまる

ちなみに契約先はGMOのWiMAXが支払額が安くなるという理由で、オススメしているんだけど、すぐに契約先を比較したい方はこちらをクリックするまる!

ドメインサービスやメールアドレスを利用できる

WiMAXプロバイダの中には、独自のドメインサービスやメールアドレスの利用ができるものもあります。

独自ドメインサービスは、自分の名前などをURLに入れられるサービスです。たとえばGMOとくとくBBでは、年額1,200円(税抜)からドメインを取得可能となっているので、ブログを持っている人やホームページを作ろうと思っている人に向いています。

独自メールアドレスは、プロバイダが提供するアドレスでメールの送受信が可能になります。データはプロバイダのサーバーに保存されますので、自分のパソコンに負担がかかりません。

また、Gmailのようなフリーメールアドレスよりも、ウイルスチェックなどのサービスが充実しています。セキュリティに不安な人は、利用を検討してみても良いでしょう。

WiMAXの性能に違いはない

WiMAXをプロバイダから契約するにあたって、通信速度や速度制限などの仕様(性能)に違いがあるのではないかと疑問に感じたかもしれませんが……違いはありません。

どのプロバイダを選んでもWiMAX対応ルーターの性能やサービス内容に違いはなく、もちろんUQコミュニケーションズ提供であるUQ WiMAXとの差もありません。

ただしプロバイダによっては購入できるルーターの種類が限られていて、最新ルーターを使えない結果としてWiMAXの最大速度が制限されるケースはあります。

契約時点での最高スペックでWiMAXを利用したい場合は「最新・最高性能のルーターを選べる」プロバイダから契約しましょう。

プロバイダを選ぶ際のポイント

WiMAXプロバイダの選び方

WiMAXの申込みプロバイダを選ぶ際のポイントは、以下の3点です。

  1. 月額料金が安いこと
  2. キャンペーン料金を含め、実質料金が安いこと
  3. 提供されているサービスが充実していること

それぞれのポイントを解説していきます。最適なプロバイダが絞れてくるかもしれません。

月額料金が安いものを選ぶ

WiMAXは、同じルーターで契約する限りプロバイダごとで性能差が出ることはないので、単純に月額料金が安いプロバイダで契約するのが得です。

3年間(プロバイダによっては2年間)の定期契約期間における支払額を比べて、どれが最も安いか調べてみましょう。

キャンペーンを含めた実質料金が安いものを選ぶ

WiMAXでは、キャッシュバックなどの還元キャンペーンも展開されています。キャンペーンを行なっている場合は、キャンペーンによる還元と合わせての、実質料金の安さも考慮しましょう。

ただし、キャンペーン内容によってはキャッシュバックの受け取りまで長かったり、手続きが複雑だったりすることもあります。

「複雑な手続きをするのがめんどう」「簡単に受け取れるほうが良い」など、実質料金よりも手間を優先したい人は、自分の考えも考慮しつつベストな選択肢を選ぶことも重要です。

提供されているサービスが充実しているものを選ぶ

ドメインやメールなどのサービス以外にもドメイン独自のサービスをそれぞれ展開しています。

特典を重視する場合は、プロバイダのサービスを比較して、使いたいサービスが多いものを選ぶのがおすすめです。同じ内容でも各社で料金や充実度が異なっていることがあるので、しっかり比較して最良の選択肢を見極めましょう。

プロバイダの料金を比較!

WiMAXの大手プロバイダ5社における、3年プラン契約時の月額料金と特典、実質支払額の違いをまとめました。

  月額料金(税抜・ギガ放題プラン) 3年間の実質支払額・特典内容
GMO とくとくBB
GMOとくとくBB
最大3ヶ月間:3,609円
3ヶ月目〜:4,263円
120,360円(W06契約時の34,800円キャッシュバックを適用)
  1. 最大34,800円キャッシュバック
  2. ルーター代無料(選んだルーターにより、キャッシュバック額が変動)
DTI WiMAXDTI 1〜2ヶ月目:0円
3ヶ月目:2,590円
4ヶ月目〜:3,760円
126,670円
  1. ルーター代無料
Broad WiMAX
Broad WiMAX
最大3ヶ月間:2,726円
3〜24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目〜:4,011円
131,626円
  1. 初期費用18,857円割引(My Broad+安心サポートプラス契約が条件)
  2. 他社契約解除料負担ルーター代無料
BIGLOBE WiMAX
BIGLOBE
3,980円 155,480円(ルーター代金19,200円含む)
  1. 月額総額46,970円割引
UQ WiMAX
UQ WiMAX
3,880円 154,680円(ルーター代金1,500円含む)

※ルーターは、W06を選択する条件に設定しています。
※Broad WiMAXのオプション・My Broadサポートは月額907円(税抜)最大2ヶ月間無料。安心サポートプラスは550円(税抜)。初期費用割引時に申込みが必須ですが、不要な場合は端末到着後に解約できます。

表のとおり、各社で支払総額は大きく異なっています。

オススメはキャッシュバックの利用によりもっとも割安で利用できるGMOとくとくBBでしょう。なおBIGLOBEやUQ WiMAXでは、ルーターの購入代金が設定されていることに注意しましょう。

GMOとくとくBBでWiMAXを利用するメリット

GMOとくとくBBの魅力

GMOとくとくBBでWiMAXを利用するメリットは、キャッシュバックキャンペーンによる最大31,500円還元や最大3ヶ月感の月額割引に加えて、以下の3点です。

  1. 最安で最新ルーターを使える
  2. 最短当日には端末を発送してもらえるので、すぐに使い始められる
  3. 契約から20日以内なら、解約時の違約金なし

それぞれのメリットについて解説していきます。プロバイダ選びで迷っている人は、選択肢のヒントにしてみましょう。

最安値で最新ルーターを利用できる

GMOとくとくBBでは、最新のルーターを最安値で利用できます。WiMAXのルーター購入価格は各プロバイダで異なっています。たとえば最新のW06をUQ WiMAXで買うと、3,800円(税抜)かかります。

しかしGMOとくとくBBでは、ルーターごとにキャッシュバック額が異なる代わりに、どのルーターを選んでもルーター購入費用がかかりません。

ルーター購入費用をかけなくて済むうえに、W06など最新のルーターを取り扱っているので、古いルーターを我慢して使う必要もありません。

GMOとくとくBBを選ぶと、最安値で最新のWiMAXを使えるのは、1つの大きなメリットといえます。

最短当日で端末を発送してくれる

GMOとくとくBBでは、最短当日に端末を発送してくれるため、すぐにインターネットを開始できます。平日なら15時30分、土日祝日は14時までの申込みが、即日発送の期限です。送料もかからないので、一石二鳥と考えられるでしょう。

契約から20日以内なら違約金なしで解約ができる

GMOとくとくBBは、契約から20日以内なら解約時の違約金が不要になります。WiMAXはモバイル回線サービスであるため、場所によっては電波が届かず使えません。電波が弱くて速度が遅いこともあります。

そのようなとき、GMOとくとくBBなら契約から20日以内は、違約金を支払わずに解約できます。解約できる期間があれば、気軽に利用しやすいのもGMOとくとくBBでWiMAXを申し込むメリットと言えるでしょう。

他社でも同等のサービスは「初期契約解除制度」として提供されていますが「初期契約解除制度」は端末が届いてから8日目まで使える制度なので、20日より短いです。

ただし、GMOとくとくBBで20日以内の無料キャンセルを利用する際に負担してもらえるのは「契約解除料」のみなので、以下の費用はかかってしまうことに注意しましょう。

  • 事務手数料3,000円
  • 月額利用料
  • クレードル代金(購入した場合のみ)
  • WiMAXルーターの返送料

GMOとくとくBBを利用する際の注意点

GMOとくとくBBでWiMAXを利用する際の注意点は、以下の2点です。トラブルを避けるため、申し込み前に確認しておきましょう。

  1. キャッシュバックは、申請手続きをしなければ受け取れない
  2. 口座振替には非対応

キャッシュバックは申請手続きが必要

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンは、指定のタイミングで申請手続きを行わなければ特典を受け取れません。申請手続きはメールから行い、以下のような工程になってます。

  1. GMOとくとくBBで、キャッシュバック対象のルーターを申し込む
  2. 「端末発送月を含む11ヶ月目」に、GMOとくとくBBで発行された「基本メールアドレス」へキャッシュバックに関するメールが届く
  3. 案内メール送信日の翌月末までに、メールの案内に従って振込先登録をする
  4. 振込先登録の翌月末営業日に、キャッシュバック額が振り込まれる

必ずGMOとくとくBBから届く案内メールを確認し、忘れず手続きを行いましょう。メールが届くのは申し込みに使った他のメールアドレスでなく、GMOとくとくBBで発行される「基本メールアドレス」であることに注意しましょう。

なお、振込が行われる前にWiMAXを解約(料金未納での強制解約や、他社への乗り換えも含む)した場合はキャッシュバックを受け取れません。

口座振替に対応していない

GMOとくとくBBは、口座振替で料金を支払うことができません。口座経由で支払いたい人は不便に感じやすいので、必要に応じてBIGLOBE WiMAXなど「口座振替に対応する」プロバイダから申し込みしましょう。

まとめ

WiMAXでは、プロバイダ各社で月額料金や特典内容が異なっているので、しっかり見比べて自分に合う選択肢を選びましょう。

どれにすればいいかわからず悩んでいる場合は、キャッシュバックと月額割引を受けられるGMOとくとくBBを利用するのがおすすめです。

GMOとくとくBBのキャッシュバックを利用する場合は、受け取り時期や申請手続きを忘れないように注意しましょう。

  関連記事

 - スマホをもっと上手く使う, 今更聞けないネット選びの基礎知識