サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

WiMAX(ワイマックス)を比較!お得なプロバイダとその理由

WiMAXを比較!お得なプロバイダとその理由

WiMAXはどのプロバイダで契約しても品質にそこまでの大差はありませんが、お得にWiMAXを利用できるかは、プロバイダごとに開催されているキャンペーンの内容で決まります。

WiMAXのプロバイダは数十社もありますが、キャンペーン内容を軸に検討すれば選択肢は多くありません。

ここではWiMAXを契約するうえでオススメのプロバイダをご紹介しますので、どこで申し込もうか迷っている人はぜひ参考にしてください。

WiMAX(ワイマックス)を比較する上で見るべきポイント

WiMAXのプロバイダを選ぶポイント

WiMAXのプロバイダを比較するときに重要なポイントは3つです。

  • 利用料金
  • キャンペーン内容
  • サポート体制

申し込む前に上記のポイントを押さえていれば、お得なWiMAXのプロバイダがわかるようになります。

①プロバイダの概要/価格

WiMAXの申し込み先を選ぶときは、検討している事業者がどんなプロバイダなのか、設定されている利用料金は安いのかが、最初にチェックするべきポイントです。

WiMAXのプロバイダは数十社ありますが、業界や市場での信頼度やネームバリューに違いがあり、設定されている利用料金も異なります。

信頼度が高く、設定されている利用料金が安いプロバイダをチェックすることが、お得なプロバイダ探しの近道です。

②キャンペーン内容

キャンペーン内容もWiMAXのプロバイダ選びのポイントです。

WiMAXを取り扱うほとんどのプロバイダは、割引やキャッシュバックなどのキャンペーンを開催していますが、どれだけお得なのかはプロバイダごとに差があります。

キャンペーン内容を比較したうえで、もっともお得度が高いプロバイダを選ぶとよいでしょう。

キャッシュバックを実施しているプロバイダを選ぶ場合、特典が現金と商品券のどちらでもらえるのかもチェックしておきましょう。

現金、商品券のどちらでキャッシュバックをもらいたいかによって、自分が申し込むべきプロバイダが決まります。

③サポート体制

サポート体制の充実度もプロバイダを選ぶときの重要項目です。

サポート体制もプロバイダごとに異なり、電話窓口とWebで問い合わせを受け付けているプロバイダ、Webでしか問いあわせができないプロバイダなどがあります。

契約したあとの万が一に備えたい人は、連絡方法もチェックするべきポイントです。

【最新】2019年11月版!WiMAX(ワイマックス)でお得なプロバイダとは!?

WiMAXのプロバイダは数十社ありますので、どこで申し込めばお得なのか悩むのも無理はありません。

そんな方々のために、キャンペーンを実施中で利用料金を安くできるプロバイダを厳選しました。注意点としてあまりお得ではないプロバイダもご紹介します。

JPWiMAX

キャンペーン内容
  1. 総額10,000円Amazonギフト券プレゼント
  2. 3年間ずーっと割引
月額料金 1~3ヶ月目:2,800円
4~24ヶ月目:3,500円
25ヶ月目以降:4,100円

JPWiMAXは2019年にサービスがはじまったばかりのプロバイダですが、フォン・ジャパンが運営していますので信頼できる事業者といえます。

フォン・ジャパンは以前から世界150ヶ国で2,000万以上の公共フリーWi-Fiを設置している事業者で、ソフトバンクがフォンのルーターを配布・販売していた時期があります。

料金は安めに設定されていて、10,000円分のAmazonギフト券プレゼントが用意されていますのでお得度が高いです。

GMOとくとくBB

キャンペーン内容 以下2つのどちらかが選択可能。
  1. 34,800円キャッシュバック
  2. 月額割引
月額料金 ギガ放題プラン

【キャッシュバック】
1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円

【月額割引】
1~2ヶ月目:2,170円
3~36ヶ月目:3,480円
37ヶ月目以降:4,263円

ライトプラン 【キャッシュバック】
3,609円

【月額割引】
1~2ヶ月目:2,170円
3~36ヶ月目:2,690円
37ヶ月目以降:3,609円

GMOとくとくBBは20年以上プロバイダ事業を展開している会社で、フレッツ光やドコモ光のプロバイダとして人気ですので、安心して申し込める窓口のひとつです。

最大で34,800円の高額キャッシュバックを実施していますので、実質利用料金の安さはトップクラスです。

キャッシュバックをもらうには契約してから11ヶ月目に手続きが必要で、手続きを忘れると特典が無効になる注意点はありますが、この点に注意さえしておけば問題ありません。

契約後に手続きを忘れないか不安な人向けの月額割引コースも用意されていますので、GMOとくとくBBはコースの間口が広いプロバイダといえるでしょう。

DTI WiMAX

DTI WiMAX
キャンペーン内容 6,000円還元(12ヶ月間500円割引)※条件が特殊
月額料金 ギガ放題プラン 1~2ヶ月目:0円3ヶ月目:2,590円4ヶ月目以降:3,760円
ライトプラン 3,500円

DTIも20年以上インターネットプロバイダの事業を行っている会社ですので、GMOとくとくBBと並んで信頼できるプロバイダです。

ライトプランの利用料金はさほど安くありませんが、ギガ放題プランの月額料金は安めに設定されています。

条件こそ特殊ですが、NTTグループのクレジットカードを作成してDTIの利用料金の支払いに利用すれば、クレジットカードの利用料金から1年間500円割り引かれる6,000円還元も受けられます。

Broad WiMAX

キャンペーン内容
  1. 月額割引初期費用18,857円が無料
  2. 契約解除料負担のお乗換えキャンペーン
月額料金 ギガ放題プラン

1~2ヶ月目:2,726円
3~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円

ライトプラン 1~24ヶ月目:2,726円
25ヶ月目以降:3,326円

BroadWiMAXは他のプロバイダと比べると歴史は浅いですが、それでも10年以上にわたってインターネット回線の事業を展開しています。

他社と比べて歴史が浅いと聞くと不安を感じるかもしれませんが、BroadWiMAXは料金が格安になる月額割引を実施中ですので、検討すべきプロバイダのひとつです。

他社のWiMAXプロバイダやワイモバイルのポケットWi-Fi、ソフトバンクエアーの違約金負担キャンペーンも開催中ですので、Wi-Fiルーターの買い換えやプロバイダの乗り換えを考えている人にもオススメできます。

カシモWiMAX

カシモ WiMAX
キャンペーン内容 月額割引
月額料金 ギガ放題プラン 【新端末プラン】
1ヶ月目:1,380円
2~24ヶ月目:3,580円
25ヶ月目以降:4,079円

【最安級プラン】
1ヶ月目:1,380円
2~24ヶ月目:3,480円
25ヶ月目以降:4,079円
ライトプラン 【新端末プラン】
1ヶ月目:1,380円
2~24ヶ月目:2,980円
25ヶ月目以降:3,379円

【最安級プラン】
1ヶ月目:1,380円
2~24ヶ月目:2,880円
25ヶ月目以降:3,379円

カシモWiMAXは格安SIMなどの事業を展開しているMEモバイルによるプロバイダで、月額割引キャンペーンが魅力です。

しかし、月額割引には新端末プランと最安級プランの2種類があり、最新の高スペックルーターを選ぶと2~24ヶ月目の月額料金が100円高くなるデメリットがあります。

@nifty WiMAX

キャンペーン内容 最大23,100円キャッシュバック
月額料金 ギガ放題プラン 1ヶ月目:0円
2~3ヶ月目:3,670円
4ヶ月目以降:4,350円
ライトプラン

1ヶ月目:0円
2ヶ月目以降:3,670円

@niftyはGMOとくとくBBと並ぶほどの老舗プロバイダのひとつで、光回線が主流になる前から多くの人から利用されている事業者です。

WiMAXのプロバイダとしても人気で、その理由はキャッシュバックか割引どちらかのキャンペーンが受けられるところにあります。

ただし、@niftyではキャッシュバックの金額は頻繁に変わりますので、確実にお得に契約したい人は他社も検討した方がよいでしょう。※現在はキャッシュバックを実施しておりません。

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAX
キャンペーン内容 10,000円キャッシュバック
月額料金 3,980円

BIGLOBEも認知度が高いプロバイダで、比較的安心して申し込めますBIGLOBEの魅力は月額割引ですが、他のプロバイダほど利用料金は安くならないので優先順位は低めです。

So-net WiMAX

So-net WiMAX
キャンペーン内容 月額割引
月額料金 ギガ放題プラン 1~12ヶ月目:
3,380円
13ヶ月目以降:4,379円
ライトプラン 1~12ヶ月:2,780円
13ヵ月目以降:3,695円

So-netはNURO光のプロバイダとして知られていて、WiMAXの取り扱い窓口としても認知されている事業者です。

So-netは月額割引を開催中ですが、利用料金が安くなる期間は契約してから1年間だけですので、お得度は他社と比べると見劣りします。

UQ WiMAX

UQ WiMAX
キャンペーン内容なし
月額料金3,880円

UQ WiMAXはWiMAXの回線サービスそのものを運営するUQコミュニケーションによるプロバイダで、数あるプロバイダのなかでも本家的な立ち位置です。

au WiMAX

キャンペーン内容 なし
月額料金 ギガ放題プラン 1~24ヶ月目:4,380円25ヶ月目以降:4,880円
ライトプラン 1~24ヶ月目:3,696円25ヶ月目以降:4,196円

皆さんご存じの携帯会社「au」はWiMAXを取り扱う窓口の一つで、名前を聞いただけで安心して契約できると思われがちですが、割引・キャッシュバックキャンペーンは実施されていません。

プロバイダの選び方

ざっと紹介しただけでも利用料金を安くできるプロバイダは10社ありますので、どれを選ぶべきか悩まされます。どのプロバイダを選ぶべきか悩んだら、以下の3つを基準にしてみるといいでしょう。

  1. 実質月額が安いのか
  2. サポート体制は充実しているか
  3. 最新の機種に対応しているか

上記の3つのポイントで判断すれば、本当にお得なプロバイダはどこなのか見分けられるでしょう。

実質月額で比較した際にお得になっているか

WiMAXのプロバイダを選ぶうえで最重要ポイントは、3年間の実質利用料金が安くなるかどうかです。

キャンペーンによる還元はプロバイダごとに違いますので、特典を受けて実質料金がどれだけ安くなるかによって選ぶべきプロバイダは決まります。先ほどご紹介したプロバイダ11社の3年間での実質料金を比較しました。

プロバイダ 月額料金 端末代金 キャッシュバック CB受け取り期間 3年間実質料金
JPWiMAX 1~3ヶ月目:2,800円
4~24ヶ月目:3,500円
25ヶ月目以降:4,100円
0円 10000円 ①即日:10000円分 124,100円
GMOとくとくBB(CB) 1〜2ヶ月:3,609円
3〜36ヶ月:4,263円
0円 34,800円 12ヶ月目 120,360円
GMOとくとくBB(割引) 1~2ヶ月目:2,170円
3~36ヶ月目:3,480円
37ヶ月目以降:4,263円
0円 0円 125,660円
DTI WiMAX 1~2ヶ月目:0円
3ヶ月目:2,590円
4ヶ月目以降:3,760円
0円 129,670円
Broad WiMAX 1~2ヶ月目:2,726円
3~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円
0円 131,626円
@nifty WiMAX(CB) 1〜2ヶ月:3,670円
3〜36ヶ月:4,350円
1円(初回のみ) 158,241円
カシモWiMAX(新端末) 1ヶ月目:1,380円
2~24ヶ月目:3,580円
25ヶ月目以降:4,079円
0円 135,668円
カシモWiMAX(最安級) 1ヶ月目:1,380円
2~24ヶ月目:3,480円
25ヶ月目以降:4,079円
0円 133,368円
So-net WiMAX 1~12ヶ月目:3,380円
13ヶ月目以降:4,379円
0円 148,656円
BIGLOBE 1~36ヶ月:3,980円 19,200円※① 10,000円 155,480円
UQ WiMAX 3,880円 15,000円 4ヶ月目 154,680円
au WiMAX 1~24ヶ月目:4380円
25ヶ月目以降:4,880円
0※② 166,680円

※①:24カ月間800円のデータ端末代相当値引き適用後
※②:24カ月間1,170円のデータ端末代相当値引き適用後

上の表で3年間に負担する実質の料金を見比べてみますと、お得なプロバイダTOP3は以下の3社です。

  1. 位 JPWiMAX
  2. 位 GMOとくとくBB
  3. 位 DTI

キャッシュバック、割引のどちらを実施しているかでキャンペーンを受ける方法は違いますが、注意点さえ押さえておけばどちらのキャンペーンが開催されていても問題はありません。

基本的に上記3社を軸にしてプロバイダを選ぶといいでしょう。

サポート体制は充実しているか

利用料金が安いだけでなく、万が一のときのために、サポート体制が充実しているプロバイダかどうかも要チェック項目です。

ほとんどのプロバイダは電話とWebの両方でサポートを受け付けていますが、なかには電話かWebのどちらかでしかサポートしてくれない事業者もあります。ここでご紹介しているプロバイダは、電話とWebの両方でサポートしてくれます。

最新の機種対応はしているか

最新のWi-Fiルーターの取り扱いをしているかどうかも、プロバイダ選びのポイントです。

最新のWi-Fiルーターが使えるかどうかで通信速度の速さが決まります。古い機種では機能性で劣るからです。

屋外でWi-Fiを使う場合は電池の持ち時間も変わりますので、この点も考慮しましょう。ここでご紹介しているプロバイダはすべて最新のWi-Fiルーターを取り扱っていますが、古い機種しか取り扱っていないプロバイダもありますので要注意です。

ルーターの選び方

どのプロバイダで申し込んでも、利用するWi-Fiルーターを選べますが、先ほどご説明したとおりどの機種を使うかで通信速度や接続状態の安定度、電池の持ち時間が決まります。機能性がよいWi-Fiルーターを使えるようにしましょう。

①通信速度は高速か

WiMAXを契約するときは、機種ごとの通信速度のチェックが必須です。WiMAXではWi-Fiルーターの機種ごとに最大通信速度が異なります。

必ず最大通信速度どおりの回線スピードが出るわけではありませんが、WiMAXに限らず実際に出る通信速度の速さは最大通信速度に比例します。

機能性がよいWi-Fiルーターを使うために、利用するWi-Fiルーターを選ぶときは最大通信速度が一番速い機種を選びましょう。

②最新の機種対応になっているか

使おうとしているWi-Fiルーターが最新機種かどうかも見逃せないチェックポイントです。最新機種は最大通信速度が速いだけでなく、高性能なアンテナが搭載されていますので接続状態も安定するようになっています。

古い機種はアンテナ性能が最新ルーターほど良くありませんので、外出す時に接続が安定しない可能性が高くなります。

③電池は長持ちするか

モバイルWi-Fiルーターを購入して屋外でもWi-Fiを使おうと思っている人は、電池の持続時間も確認しておきましょう。電池の持ち時間も機種ごとに異なり、新しい機種ほど外で電池切れが起きにくくなります。

④他機能は充実しているか

他の機能面も充実しているかもチェックしておくといいでしょう。Wi-Fi TXビームフォーミング搭載は押さえておきたいところです。

Wi-Fi TXビームフォーミング搭載であればWi-Fiルーターとデバイスの接続状態が安定しますので、最大通信速度やアンテナ性能とあわせて搭載有無を確認しましょう。

オススメのルーター

WiMAXのルーターの性能をまとめて比較

先ほどご説明した選び方を軸にすると、オススメのWiMAXルーターは3つまで絞られます。

  • Speed Wi-Fi NEXT W06
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05
  • Speed Wi-Fi HOME L02

上記4つの機種はどれも優秀なWi-Fiルーターですが、どれを選ぶかは通信速度や電池持ちのどれを重視するかで変わってきます。

Speed Wi-Fi NEXT W06

W06
最大通信速度WiMAX2+:588Mbps
ハイスピードプラスエリアモード:867Mbps
電池の持ち時間連続通信:約9時間
連続待受:約800時間
備考高性能ハイモードアンテナ内蔵Wi-Fi TXビームフォーミング搭載

とにかく通信速度が速いモバイルルーターがほしい人にオススメなのがW06です。W06は最大通信速度が867Mbpsとなっていて、モバイルルーターのなかではもっとも高速です。高性能ハイモードアンテナ内蔵ですので接続状態の安定性も優秀です。

Speed Wi-Fi NEXT WX05

WX05
最大通信速度440Mbps
電池の持ち時間連続通信時間:最大約18時間
連続待受:最大400時間
備考WiMAXハイパワー対応

屋外での電池持ちを優先したい人にはWX05がオススメです。

WX05ではあらゆる通信モードが利用でき、モード次第では最大で約18時間まで電池が持続します。

電池の持続時間が長くなるモードを使用すると通信速度が遅くなりますが、通信速度重視のモードでも約8時間は電池が持ちます。

高性能アンテナは非搭載ですが、電波が弱いときでも通信速度が出るWiMAXハイパワー対応ですので接続状態の安定性も高めのルーターといえます。

Speed Wi-Fi HOME L02

L02
最大通信速度867Mbps
電池の持ち時間ホームルーターのため内蔵なし
備考高感度アンテナ内蔵Wi-Fi TXビームフォーミング搭載

屋内だけでWi-Fiを使うつもりの人は、ホームルーターHOME L02が最適です。

HOME L02はホームルーターのなかでもっとも高速な通信が可能で、高感度アンテナ内蔵ですので接続状態も安定しやすく、機能性の良さは申し分ありません。

WiMAX(ワイマックス)比較まとめ

WiMAXの契約が可能なプロバイダは何社もありますが、キャンペーンを開催中のプロバイダのなかから厳選すれば選択肢はかなり絞られます。とくにお得でオススメなのは以下の3社です。

プロバイダ 月額料金 端末代金 キャッシュバック CB受け取り期間 3年間実質料金
JPWiMAX 1~3ヶ月目:2,8004~24ヶ月目:3,50025ヶ月目以降:4,100 0円 10,000円 ①即日:10000円分 123,800円
GMOとくとくBB(CB) 1~2ヶ月目:3,6093ヶ月目以降:4,263 0円 35,000円 12ヶ月目 120,360円
GMOとくとくBB(割引) 1~2ヶ月目:2,1703~36ヶ月目:3,48037ヶ月目以降:4,263 0円 125,660円
DTI WiMAX 1~2ヶ月目:03ヶ月目:2,5904ヶ月目以降:3,760 0円 129,670円

 

どのプロバイダで契約する場合でも利用するWi-Fiルーターを何種類かから選べますが、オススメは以下の4つです。

機種 W06W06 WX05WX05 L02HOME L02
最大通信速度 WiMAX2+:588Mbps
ハイスピードプラスエリアモード:867Mbps
440Mbps 867Mbps
電池持ち時間 連続通信:約9時間
連続待受:約800時間
連続通信時間:最大約18時間
連続待受:最大400時間
ホームルーターのため内蔵なし
備考 高性能ハイモードアンテナ内蔵Wi-Fi TXビームフォーミング搭載 WiMAXハイパワー対応 高感度アンテナ内蔵Wi-Fi TXビームフォーミング搭載

通信速度や接続の安定性、電池の持ち時間のどれを重視したいかで利用するWi-Fiルーターを選ぶといいでしょう。

  関連記事

 - スマホをもっと上手く使う, 今更聞けないネット選びの基礎知識