サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

ドコモ光×GMOとくとくBBの評判は実際どう?速度や特典に高評価の声!

  /    
  インターネット完全ガイド, 気になる口コミ・評判まとめ

ドコモ光のGMOとくとくbbの評判は良い!

ドコモ光のプロバイダの一つであるGMOとくとくBB。

実際に契約している人の評判が気になりますよね。

評判を調査した結果、GMOとくとくBBはドコモ光のプロバイダの中でも速度に関して評判がよく、一番オススメできることがわかりました。

なぜGMOとくとくBBは速度に関する評判がいいのか、他社プロバイダと何が違うのか、くわしく解説していきます。

一方で、GMOとくとくBBをドコモ光で利用する際にいくつか気になる評判も見つかりました。今回はGMOとくとくBBのオススメポイントとあわせて、気になる口コミや実際のところGMOとくとくBBをドコモ光で契約する際に、注意すべき点についても解説しています。

※Twitterの投稿は2019年12月当サイト調べ

評判を調査した結果、ドコモ光でGMOとくとくBBはオススメできる!

結論として、GMOとくとくBBは安定した速度でドコモ光が利用でき、料金の節約にもなるので、オススメできるプロバイダですよ。

ドコモ光のプロバイダであるGMOとくとくBBの評判を調査したところ、下記のようなメリットに満足しているとわかりました。

今回はそれぞれの項目について、実際にTwitterへ寄せられた口コミを紹介しながら、GMOとくとくBBをドコモ光で契約するメリットを解説していきましょう。

最新キャンペーン情報を見る

GMOとくとくBBのドコモ光

ドコモ光×GMOとくとくBBはとくに速度への評価が高い

ドコモ光でGMOとくとくBBを利用している方の口コミを調べると、速度に関する評判がよく目につきます。 GMOとくとくBBの速度に関して説明する前に、まずドコモ光の速度とプロバイダの関係について知っておきましょう。

ドコモ光で利用している光回線は、国内シェアNo.1のフレッツ光やソフトバンク光、OCN光など他社光コラボ事業者と同じものを共有しています。 株式会社MMRI総研が調査したインターネット回線の契約者をみても、同じNTTの光回線を使っている事業者は全体の7割前後であるとわかります。

ブロードバンド回線加入者数引用:MMRI総研 ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2019年3月末時点)

たくさんのインターネット利用者が同じ回線を使うので、当然夜間や週末など利用者が増える時間帯や曜日は回線が混み合い、ドコモ光の接続も不安定になってしまう可能性があります。

実際、ドコモ光の利用者からも時間帯による速度の差に困惑している声があがっています。

ドコモ光の提携プロバイダでは、速度が安定しない状況を改善するため、回線の混雑を避けてスムーズにインターネットを接続してくれる新規格の接続サービスv6プラスの提供をはじめています。

v6プラス GMOとくとくBB引用:GMOとくとくBBのドコモ光

ただし、v6プラスはドコモ光で契約できる24社のプロバイダすべてが提供しているわけではありません。

GMOとくとくBBはプロバイダの中でも速度に対するこだわりが強く、v6プラスの提供はもちろん、ドコモ光を接続した平均速度を公式サイトで公表しているほどです。

ドコモ光×GMOとくとくBBの速度の秘密公開引用:GMOとくとくBBのドコモ光

ドコモ光×GMOとくとくBBを利用している人の実測値は?

ドコモ光でGMOとくとくBBを利用している人の実際の速度を、Twitterからいくつか紹介しましょう。

21時から22時台はインターネットを利用する人が増える「ゴールデンタイム」なので、速度がとくに低下しやすい時間帯ですが、v6プラスで接続した結果、下り速度で431Mbpsもの高速通信ができた人がいました。

ドコモ光のプロバイダをGMOとくとくBBに変更した方も、速度が改善したようです。

ちなみに、インターネットの回線速度を調べられ、その結果を平均値としてランキング化しているみんなのネット回線速度では、ドコモ光のプロバイダで実測値平均がもっとも速い会社を紹介しています。

ドコモ光のプロバイダ速度ランキング引用:ドコモ光のプロバイダ速度ランキング

GMOとくとくBBはドコモ光のプロバイダ24社中、2019年11月27日時点で平均ダウンロード速度が216.25Mbpsで1位です。GMOとくとくBBは、実際の速度も速いことが証明されましたね。

一方でドコモ光×GMOとくとくBBの速度について気になる評判も

一方でドコモ光のプロバイダをGMOとくとくBBで契約しているにも関わらず、「速度が遅い」という評判をあげている人もいます。

GMOとくとくBBでv6プラス接続になっているはずなのに、非常に低速な実測値をアップしている人も。

v6プラスを利用するには、v6プラス対応のルーターを利用しなくてはいけません。もし、v6プラス対応のルーターを使用していてもドコモ光の速度が遅い場合は、以下の対処法を試してみてください。

  • v6プラスでしっかり接続できているか確認する
  • LANケーブルやパソコンなどの規格が高速に対応しているか確認する
  • v6プラス対応ルーター以外の機器を外して接続する
  • 有線接続で通信してみる
  • ドコモ光で契約している通信速度の上限を確認する

GMOとくとくBBの契約者ページでは、v6プラスで接続ができているか確かめる専用URL を用意しています。まずはv6プラスでインターネット接続できているかチェックしましょう。

LANケーブルなどの規格によっても、出せる速度が決まっています。v6プラス対応ルーターを接続しているLANケーブルは、ドコモ光の最大通信速度1Gbpsに対応した「CAT5e」以上のものを使っていますか?

v6プラスの速度が遅いのですが|GMOとくとくBB引用:GMOとくとくBB よくある質問 Q&A:v6プラスの速度が遅いのですが

また、v6プラス対応ルーターと接続機器のあいだに無線LANルーターやハブがある場合は、v6プラス接続できているのが中間地点にある機器までになっている可能性があります。ホームゲートウェイとv6プラス対応ルーターだけにして、接続してみましょう。

無線ではなく、v6プラス対応ルーターに直接有線接続しても、速度が向上する場合がありますよ。

集合住宅などによっては、物件に引き込まれた回線の速度自体がドコモ光の最大通信速度1Gbpsではなく最大100Mbpsの場合もありますので契約内容などを確認しましょう。

オンラインゲームユーザーからはドコモ光×GMOとくとくBBのv6プラスに不安の声も

GMOとくとくBBのv6プラスについては、一部のオンラインゲームユーザーから利用に不安を感じる声が聞かれました。

GMOとくとくBBのv6プラスでの接続では特定のポートが利用できない場合があり、PlayStation4やSwitchなどでオンラインゲームができないことがありますよ。ただし、すべてのオンラインゲームができないのではなく、一部のゲームが対応していないようです。

中には、以前v6プラスで接続できなかったオンラインゲームができるようになったという声もありました。

今後、改善する可能性もあるようですので、オンラインゲームができないことがネックだと感じている方はさらなる情報を期待しましょう。

ドコモ光×GMOとくとくBBは無線LANルーターのレンタルが無料

v6プラスを利用するにはサービスを提供するプロバイダと契約していなくてはいけませんが、v6プラスに対応したルーターを利用していることも必須条件です。

GMOとくとくBBでは、v6プラス対応の無線LANルーターを無料で貸し出していますよ。

GMOとくとくBB 無線LANルーター引用:GMOとくとくBBのドコモ光

さらに、通常v6プラス対応のルーターは利用時に設定が必要ですが、GMOとくとくBBで無料レンタルできるルーターは設定が完了した状態で契約者の元に届くので面倒がなく、設定ミスによりv6プラスが利用できないなどのトラブルも起こりにくいですよ。

GMOとくとくBBでは無料レンタルできるv6プラス対応ルーターを使用している人が多いので、v6プラスでもしっかり接続ができ、速度に対する高評価が多い理由にもつながっているのです。

GMOとくとくBBを選べばドコモ光を安く利用できる

ドコモ光のプロバイダ一体型プランは、どのプロバイダを選ぶかによって料金が変わります。

  タイプA タイプB
指定 プロバイダ
ドコモnet、plala、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、BIGLOBE、andline、Tigers-net.com、BBexcite、エディオンネット、hi-ho、スピーディアインターネットサービス、IC-NET、SYNAPSE、楽天ブロードバンドネスク、TiKiTiKi、01光コアラ
OCN、@TCOM、TNC、AsahiNet、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

月額料金

(戸建て)

5,200円
5,400円

月額料金

(マンション)

4,000円
4,200円

※価格は税抜

GMOとくとくBBが属するタイプAは、タイプBに比べて月額料金が戸建て・マンションともに200円安いです。 しかし、料金が安いからといってタイプAの速度が遅かったり、品質が悪かったりするわけではありませんよ。

GMOとくとくBBは速度面でも好評な上に、月額料金が抑えられるタイプAである点も、メリットと言えます。

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン

GMOとくとくBBでは公式サイトからドコモ光を申込むと、最大で20,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施しています。

また、GMOとくとくBBのキャッシュバックはドコモ光の開通月を含む4か月目に、GMOとくとくBBのプロバイダメールアドレスへ振り込み口座確認の連絡がきます。メールの送信日から翌月の末日までに口座の登録を済ませましょう。

キャッシュバック振込口座の登録をした月の翌月末、つまり最短でドコモ光開通から5か月後の末日に、GMOとくとくBBからキャッシュバックが振り込まれますよ。

最新キャンペーン情報を見る

GMOとくとくBBのドコモ光

ドコモ光×GMOとくとくBBは訪問サポートが1回無料

GMOとくとくBBでは限定特典として、ドコモ光の開通後の接続設定などにも利用できる訪問サポートが、1回無料で受けられます。

ドコモ光の有料オプション「ネットトータルサポート」(月額500円)を契約しても訪問サポートは受けられますが、最初の設定さえしてもらえればいいという方には、GMOとくとくBBの無料サービスはありがたいですよね。

訪問サポートでは以下の内容で設定などを行ってくれますので、ぜひ利用してくださいね。

GMO×ドコモ光公式キャッシュバック 引用:GMOとくとくBB

ドコモ光×GMOとくとくBBはセキュリティソフトも1年間無料

GMOとくとくBBではセキュリティソフトとして人気の高い「マカフィー マルチアクセス」(月額500円)が1年間、無料で利用できます。

GMOとくとくBB - マカフィー引用:GMOとくとくBB

最大3台までパソコンやスマホに設定できますので、家族のセキュリティもしっかり守れますね。

ドコモ光×GMOとくとくBBのサポートの評判

ドコモ光のプロバイダとしてGMOとくとくBBを選ぶと、速度面や料金面などでさまざまなメリットがありました。

しかし、GMOとくとくBBの評判には、サポート窓口について「電話がつながらない」という声や「対応が悪い」という気になる声も聞かれました。

GMOとくとくBBを利用中に、「インターネットがつながらない」「契約上のトラブルや不安がある」などの理由で問い合わせをしたいときは、以下のサポート窓口に連絡します。

ただし、GMOとくとくBBの電話窓口は時間帯や曜日によっては、つながりにくい場合もあります。GMOとくとくBBのサイトには電話がつながりにくい日や時間帯として、以下の記載がありました。

GMOとくとくBB 電話混み合う時間引用:GMOとくとくBB 問い合わせ

電話で問い合わせをする際には、上記の時間帯や曜日を避けるとスムーズかもしれませんね。 GMOとくとくBBのサポート対応については、納得のいく対応が得られなかったという声も聞かれました。

一方でこちらの方は、GMOとくとくBBのサポートに対して「神対応」だったと言っています。

https://twitter.com/yrpyy/status/1057229506690277376

サポートの対応に関しては、オペレーターによって当たりはずれがあるのかもしれませんね。

また、ドコモ光の契約内容の確認やオプション解約などは、GMOとくとくBBではなくドコモインフォメーションセンター(ドコモの携帯電話から:151、一般電話などから:0120-800-000)へ問い合わせるか、Mydocomoで24時間いつでも手続きができますよ。

GMOとくとくBBのキャッシュバックを受け取るまでの手順

実際にドコモ光とGMOとくとくBBを申し込んで開通工事を行い、キャッシュバックを受け取るまでの流れを確認しておきましょう。

  1. GMOとくとくBBの申し込みフォームから契約者情報などを入力する
  2. オペレーターから申し込み内容の確認やサービス詳細の電話がある
  3. NTTの工事担当者からドコモ光開通工事日の案内がある
  4. ドコモ光の開通工事が実施される
  5. ドコモ光開通月を含む4ヵ月後にキャッシュバックの案内メールが届く
  6. 登録があった翌月末日に口座へ振り込まれる

注意点として、キャッシュバック案内メールが届いた翌月末までに手続きをする必要があるので、忘れないように注意しましょう。

なお、ドコモ光は申込みから開通まで、約1か月程度の期間がかかります。ドコモ光の開通工事に関してはドコモ光の工事内容や工事費用をまとめた記事もあわせてご覧ください。

ドコモ光でGMOとくとくBBにプロバイダ変更する方法

ドコモ光を現在契約中の方で、速度に高評価が集まるGMOとくとくBBにプロバイダを乗り換えたいという方もいるでしょう。ドコモ光では契約中のプロバイダ変更が、簡単にできますよ。

ドコモ光のプロバイダ変更をする手順は、以下のとおりです。

  1. ドコモ光の窓口でプロバイダ変更手続きをする
  2. プロバイダ変更日にGMOとくとくBBでの接続が開始される
  3. ルーターなどにGMOとくとくBBのプロバイダ情報を設定する
  4. 旧プロバイダのレンタル機器を返却する

ドコモ光では以下の窓口で、プロバイダ変更手続きを受け付けていますよ。

・ドコモインフォメーションセンター(受付時間:9時~20時、年中無休)

 ドコモの携帯電話から:151、一般電話などから:0120-800-000

ドコモショップ(営業時間は店舗によって異なる)

ドコモ光でGMOとくとくBBにプロバイダを変更したい旨を伝えると、変更日までにGMOとくとくBBから接続などに必要なプロバイダ情報を記載した書類が送られてきます。

プロバイダ変更後はホームゲートウェイやルーターなどに新たなプロバイダ情報を入力しなければインターネットが接続できませんので、しっかり保管しておきましょう。

ちなみに、変更前のプロバイダ会社によっては解約時に違約金が発生する場合もありますが、ドコモ光利用中のプロバイダ変更の際は違約金が免除されますよ。

ただし、以前のプロバイダで利用していたオプションなどは自動的に解約されず、料金が請求され続けることもありますので、乗り換え時に確認しておいてくださいね。

まとめ

ドコモ光のプロバイダであるGMOとくとくBBの評判を調べたところ、速度が安定しているという声が聞かれましたよ。

GMOとくとくBBの速度に対して高評価が集まる理由として、v6プラスを提供していることと、v6プラス対応ルーターを設定済みの状態で無料レンタルできる点が挙げられます。夜間や週末など回線の混雑が原因の速度低下に悩んでいる方には、ぜひオススメしたいプロバイダです。

ドコモ光を契約するなら、快適なインターネットライフが期待できるGMOとくとくBBをプロバイダに選びましょう。最大20,000円がもらえるキャッシュバックキャンペーンも見逃せませんよ。

ドコモ光への申し込みはコチラから

GMOとくとくBBのドコモ光

  関連記事

 - インターネット完全ガイド, 気になる口コミ・評判まとめ