サクッと光

インターネットの基礎知識から一番お得な光回線の選び方などをわかりやすくまとめた情報サイト

WiMAXの初期費用の項目は?費用の目安やプロバイダによる違い

  /    
  ネットまるごと完全比較

WiMAXを申し込むとき、気になるポイントのひとつが最初にかかる「初期費用」の金額です。

そこでこの記事では、契約時にどれくらいのお金を用意しておけばいいのか、費用の目安をお伝えするとともに、プロバイダごとの違いについても詳しくご紹介します。

現在WiMAXの申し込みを検討している方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

WiMAXにかかる初期費用の項目

WiMAXの初期費用は実はかなりシンプルで、「契約事務手数料」の3,000円のみです。

これはどのプロバイダを選んでも必ず発生する費用で、3,000円という金額も全プロバイダ共通になります。 過去に手数料無料キャンペーンが開催されたケースもないため、申し込み時には支払うものと考えておきましょう。

Broad WiMAXで口座振替を指定して申し込む場合の注意点

初期費用で1点だけ注意しておきたい例外が、プロバイダにBroad WiMAXを選ぶ場合です。

Broad WiMAXは他社より割安な月額料金といわれています。料金の支払い方法として口座振替が選べることにメリットを感じている人が多いようですが、口座振替を指定して申し込むと契約事務手数料3,000円にプラスして初期費用18,857円が必要になります

この初期費用は以下の条件を満たせば支払わずに済むため、Broad WiMAXの利用を検討している方は把握しておきましょう。

  • Broad WiMAXの公式サイトから申し込む
  • 支払い方法にクレジットカードを選択する
Broad WiMAXの申し込みはコチラから

Broad WiMAX

WiMAXで初期費用が無料の項目とは?

本来であれば初期費用として負担が発生するものの、WiMAXでは無料となっている項目があります。

これらの項目の支払いがないことはWiMAXを利用するメリットのひとつでもあるので、具体的に見ていきましょう。

端末料金

新規契約をする場合、WiMAXでWi-Fi接続を行う際に必要な端末(ルーター)の料金は基本的に無料です。

たとえばスマホなら、機種本体の代金が数万円かかることも珍しくありません。初期費用の中でもっとも大きな負担を強いられる項目になるところですが、WiMAXでは最新機種も含めてすべて無料なので、気軽に使い始めることができます。

工事費用

WiMAXには固定回線のような開通工事が一切必要ないため、工事費用も発生しません。

申し込みをすれば最短で翌日には端末が届き、自分で簡単な設定をするだけですぐにインターネットに接続できます。

WiMAXと光回線(固定回線)の初期費用の違いは?

WiMAXと光回線(固定回線)、どちらのサービスを利用するか迷っている方もいるのではないでしょうか。

WiMAXと光回線はどちらもインターネットに接続するためのサービスですが、光回線の場合は原則として工事費用が必要になることから、WiMAXに比べるとどうしても初期費用が高くつきます。

主要光回線各社の初期費用を、一覧表でチェックしてみましょう。

光回線会社 初期費用
工事費用 契約手数料
フレッツ光
1万8,000円
800円
So-net光
2万4,000円
3,000円
@nifty光
1万8,000円
2,000円
ドコモ光
1万8,000円 → 実質無料
3,000円
auひかり
3万7,500円 → 実質無料 (ただし撤去工事費2万8,800円が必要)
3,000円
ソフトバンク光
2万4,000円 (他社から乗り換えの場合は実質無料)
3,000円

※戸建ての場合、価格は税抜

光回線会社によっては条件次第で工事費用が実質無料になるケースもあります。

しかし、WiMAXの初期費用はBroad WiMAXを除いて、基本的に一律3,000円です。ほとんどの場合、光回線よりも少ない負担で利用を開始できるといえるでしょう。

WiMAXの初期費用はいつ払うのか

続いて気になるのが「初期費用を支払うタイミングはいつか」という疑問ですが、基本的には利用開始月の利用料金と合わせて請求されます。

初月分の請求には初期費用3,000円が含まれていますので、「利用料金が思っていた金額と違う」「なぜか高くなっている」と慌てないようにしましょう。

プロバイダ選びで重要なのは初期費用ではない!

WiMAXの初期費用はプロバイダごとの違いがないため、プロバイダを選ぶ際の比較ポイントとしてはもっと別の点に注目する必要があります。

重視すべきポイントのひとつは、プロバイダ独自のキャンペーンによるキャッシュバック額や割引額を考慮した実質的な月額料金です。実際に支払う料金がもっとも安いプロバイダを選べば、WiMAXをお得に利用できます。

主要プロバイダの実質料金の比較

WiMAXの主なプロバイダが設定している月額料金に、キャッシュバックや割引を加味して計算し直した実質料金の比較をしてみましょう。

計算方法は以下の通りです。

実質料金=初期費用+月額料金×36ヶ月-割引額-キャッシュバック額

■料金の比較条件

  • 最新機種W06を使用
  • クレジットカード払い
プロバイダ 月額料金 キャッシュバック 3年間実質料金
通常プラン ギガ放題 通常プラン ギガ放題
GMOとくとく
BB(CB)
3,609円
1か月目~2か月目:3,609円
3か月目~36か月目:4,263円
34,500円
2,734円
3,352円
GMOとくとく
BB(割引)
1か月目~2か月目:2,170円
3か月目~36か月目:2,690円
1か月目~2か月目:2,170円
3か月目~36か月目:3,480円
2,000円
2,689円
3,435円
JPWiMAX
1か月目~3か月目:2,800円
4か月目~24か月目:3,500円
25か月目~36か月目:4,100円
10,000円
3,447円
Broad WiMAX
1か月目~24か月目:2,726円
25か月目~:3,326円
1か月目~2か月目:2,726円
3か月目~24か月目:3,411円
25か月目~:4,011円
0円
3,009円
3,656円
So-net WiMAX
1か月目~12か月目:2,780円
13か月目~:3,695円
1か月目~12か月目:3,380円
13か月目~:4,379円
0円
3,473円
4,129円
UQ WiMAX※1
3,880円
0円
4,380円

※2020年1月時点での料金です。

※別途事務手数料3,000円がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

※1:別途端末料金15,000円がかかります。(3年間実質合計金額に含んでいます)

同じWiMAX回線を使えるサービスでも、選ぶプロバイダによって支払い料金には大きな差が生まれます。

2020年1月時点で、主要プロバイダの中でもっとも実質料金が安いのは「GMOとくとくBB WiMAX」です。

端末代金が無料なのはもちろん、高額キャッシュバックキャンペーンか月額料金割引キャンペーンを選んで契約できるので、通常プラン・ギガ放題プランともにどのプロバイダよりもリーズナブルにWiMAXを利用できます。

「とにかく一番お得なWiMAXプロバイダと契約したい」という方にオススメできるプロバイダといえるでしょう。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

お得にWiMAXの利用を始める方法

最後に、実際に申し込む際に押さえておきたいポイントをまとめてご紹介します。

これからWiMAXを申し込む予定の方は、ぜひチェックしてみてください。

プロバイダの公式サイトで申し込む

先ほどご紹介した実質料金は、プロバイダが開催しているキャンペーンを適用した場合の金額です。

キャンペーンを確実に適用し、キャッシュバックといった特典を受け取るためにも、契約の際には必ずプロバイダの公式サイトから申し込みましょう。

プランはギガ放題を選ぶ

WiMAXには選べる2つの料金プランがあり、一見すると通常プランのほうが月額料金も安く、気軽に始めやすいように思えます。しかし、通常プランには月間のデータ通信量に7GBまでという上限があります。

この上限を超えると月末まで速度制限がかかり最大128kbpsの低速モードでしか通信できなくなるため、人によっては大きなストレスを感じるでしょう。

一方、ギガ放題プランには月間データ通信量の上限はありません。3日間で10GBの利用を超えると発生する短期の速度制限はあるものの、制限されるのが翌日の夜間のみで速度も最大1Mbpsとネットサーフィン程度の利用ならほぼ影響がないレベルのため、通常プランよりもはるかにコスパがよくなっています。

あらかじめ月に7GB以上利用すると分かっている場合や制限を気にせずインターネットを楽しみたい場合には、最初からギガ放題プランで契約するのがオススメです。

機種は最新のものを選ぶ

多くのプロバイダの公式サイト経由で申し込む場合、基本的にルーターの端末代はどれを選んでも無料です。

WiMAXの通信速度は選ぶ機種によって大きく左右されます。機種ごとに出せるスピードには上限があり、発売時期が新しい機種ほど最大通信速度もどんどん向上しています。

「性能のいい機種でストレスなく通信したい」という方は、迷わず最新機種を選びましょう。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

まとめ

WiMAXの初期費用は原則として一律3,000円のため、プロバイダを選ぶ際には実質の利用料金がいくらになるのかという点をチェックするのがもっとも重要なポイントになります。

また、現在のところ主要プロバイダの中でもっとも実質料金が安いのはGMOとくとくBB WiMAXであることがわかりました。

GMOとくとくBB WiMAXから申し込めば、2020年1月時点で最新機種を選んでも34,500円の高額キャッシュバックか、大幅割引キャンペーンで2,170円~から契約できます。

今回ご紹介した内容を参考に、GMOとくとくBBでお得にWiMAXを利用してみてください。

GMOとくとくBBの選べる特典!

Aキャッシュバックキャンペーンをみる

B月額割引キャンペーンをみる

  関連記事

 - ネットまるごと完全比較